国立西洋美術館蔵、ジュルジュ・ドゥ・ラ・トゥール筆『聖トマス』と『クラーナハ展ー500年後の誘惑』

★簡単な紹介

2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)

国立西洋美術館

HP→http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2016cranach.html

TBSのHP→http://www.tbs.co.jp/vienna2016/


これまた大昔、中学生か小学校高学年の頃から知ってる絵師。
当時は「クラーナハ」じゃなくて「クラナッハ」だった。


1:
作品番号:82
「マルティン・ルター」

作品番号:85
「マルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボラ」

私にとってクラーナハと言えばルター。
そうそう、この2枚の絵です。
帽子を被ってるのと被ってないの。
実物を見て分かったのが、小さい事、小さい事(@_@)。
会場で無料で配布している目録に大きさが書いてないので正確な数値は不明ですが、
日本の画材の大きさだと、6号Fか4号F位です。

改めて見ると、マルティン・ルター、英語訛りならマーティン・ルーサー、
私が愛する鹿島アントラーズに多大な貢献をしたジーコだ(笑)。

ただ、この2枚、それだけ。
なんの感興も起こさず。


2:
残りの絵も退屈。
聖書とギリシャ神話と金持ちの絵だけ。
平板で職人の絵ばかり。


3:
そんな中で、同時代の同国と言う事なんでしょうが、
デューラーの銅版画、エングレイヴィングが出展されていました。

作品番号:17
「騎士と死と悪魔」

作品番号:90
「メレンコリア I」

5月に町田の国際版画美術館で見て以来。
改めて見ると、絵が漂わす雰囲気がクラーナハとは段違い。
「騎士と死と悪魔」は前回気付かなかった魅力爆発(笑)。
町田で私はクロード・メランの「聖顔」に完璧に撃破されてましたナ(笑)。

この展覧会、クラーナハの本邦初の回顧展なんですが、
主役はデューラーでクラーナハが引き立て役になってます。
オマケにデューラーの版画は31cm×26cmと更に小さい。


4:
デューラーと同様にクラーナハを吹き飛ばし、ブチ破った絵が常設展にありました。

ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥール
聖トマス

参考、国立西洋美術館のHP→https://www.nmwa.go.jp/jp/collection/2003-0002.html

4-1:
この絵を見る前に見ていたのが、ヤーコプ・ファン・ロイスダールを初めとした17世紀オランダ絵画。
この頃のオランダの風景画は、全体に褐色なんですな。
だから、遠目からも、「お、オランダの風景画だ」と分かります。
はい、今回も(笑)。

江戸前期以前から日本画の植物画や風景画の植物は緑青を使い文字通り「緑滴る」なんですが、
同じ頃のオランダの森はロイスダール初め褐色がかった緑なんです。
どう見ても美しくない。
自然観の違いは間違い無く、当時の欧州人にとっては自然は親しいものでもなく近しいものでもなかったのでしょう。
敵対するものだったのでしょう。
日本人にとっても単純に近しいだけのもでなかったのは、
長谷川等伯の「松林図屏風」や「竹鶴図屏風」を見れば厳しいものであったのも分かります。
それでも、日本人にとっては一線を画すものでなかったのは確かです。

、とこんな事を考えながら見ていて、ふと絵の前から離れ振り返ると、
何と、
光り輝く絵が1枚ある(@_@)。
それも、ロイスダールと同じく褐色しか使ってない、
明度は高いけど。
オマケに一目で分かる有名な作品。

4-2:
構成と表現について。

色は褐色を中心にまとめてあります。
槍を右上⇔左下の斜線に使い、
頭を画面上、左に傾げ左上⇔右下の斜線に使い構図の中心にしています。
槍は直線なので、右上⇔左下の線はこれだけ。
左上⇔右下の実際の線が無くこれだけだは弱くバランスが取れないので、頭が作る斜線と平行する斜線をつくってます。
それが、画面上から、
右肩⇔白い布⇔左手
右腕上腕⇔右手
の斜線を作ってます。

光が当るのは、
両手、禿頭(=とくとう)、両肩に掛けた布(→コートかも)、槍。
両手、頭、槍は画面上の斜線を作り、両肩に掛けた布は垂直線を作ってます。
両手、頭、槍が表わすのは当然信仰心を表し、一方、布は画面のバランスと安定感を与えてます。

その他、線、三角形で大きさと色のバランスを取ってますが、文字で説明するのは分かりにくいのでパス(笑)。
それでも一つだけ書くと、画面左端の縦長の影が構成上とても巧く、バランスが非常にいい。
見ていて気持ち良くなる構成の良さです。

また、上記のHPの写真では分からないのですが、両手の指をエドゥワール・モネの「笛を吹く少年」と同じく汚しています。
なぜ?
「笛を吹く少年」は労働者階級を表していますが、聖トマスは、イエスの教えを説く「種まく人」です。
仏教なら雲龍図ですね。
種をまく人なら農夫ですから、両手の指が汚れていて当然です。

4-3:
さて、
強い赤とか使ってないし、明度が高いとは言え使ってるのは褐色で地味。
それでも視線と心を捉えて離さない雰囲気を漂わせています。
光の当たる部分(槍、両手、頭)を強調し、暗闇で際立たせていますが、
地味な物を着て、槍を持った単なるジジィの絵(笑)なんです。
それでも、カラヴァッジョと同じく非常に「強い」絵です。

よく見ていると、カラヴァッジョの「エッケ・ホモ」みたいに3D風の飛び出す絵でも、
鈴木其一の「夏秋渓流図屏風」の渓流の様に動きがある絵でもありません。

人間の視覚は動きに敏感だし、私の経験では心の方も実際に動きが無い絵でも動きを感じられると捉えられます。
しかし、この「聖トマス」は動きも動きを想像させる描写もありません。
それでも、視線と心を捉えます。
何か、強固で動かないモノがあります。
何か、なぜか?

よく見ると分かってきました。
これまた、上記HPでは分からないんですが、槍の裏側に槍と直交する線があります。
画面上、その左端には光を当て、強調しているのが分かります。
何でしょう?
十字架と捉えて間違いありません。

そう、信仰心を雰囲気で表している、と捉えて間違いありません。
揺るぐことない、「動かない」強固な信仰心を表しているのです。
殉教する事も厭わない信仰心です。
この敬虔な信仰心と言うのは日本人には分かりにくく、私CYPRESSも日本人なので分かりにくい。
聖トマス」を見ると、想像の手掛かりくらいは掴めた気がします。

キリスト教絵画の真髄ではないでしょうか?
「信念に殉ずる」、西欧の考え方と生き方に改めて触れ圧倒されました。






タグ ラ・トゥール カラヴァッジョ 聖トマス 鈴木其一 マネ






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『カラヴァッジョ展』

★簡単な紹介

2016年3月1日(火)~6月12日(日)

国立西洋美術館

HP→http://caravaggio.jp/


1:
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)も小学生の頃から知ってます。
有名な「バッカス」とか「果物籠を持つ少年」とか、ね。

こう言った子供の頃の憧れの様な物に50年近く経ってから会えるとは…(^.^)。
とても幸運だし、とても幸せな事です(^.^)。

今回は来たのは、カラヴァッジョとカラヴァジェスキと言われるカラヴァッジョに影響され模倣した画家達の作品。
カラヴァジェスキの中でも有名なのは、あのジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥールであります。
ラ・トゥールをカラヴァジェスキの一人には違いないでしょうが、今回他のカラヴァジェスキと比べると、作品の力が明らかに違い、
「継承者」と言った方がいいですね。


2:
さて、今回来たカラヴァッジョの真筆は、次の11点

展示番号1:「女占い師」
展示番号7:「トカゲに噛まれる少年」
展示番号9:「ナルキッソス」
展示番号13:「果物籠を持つ少年」
展示番号14:「バッカス」
展示番号19:「マッフォエオ・バルベリーニの肖像」
展示番号25:「エマオの晩餐
展示番号34:「メドゥーサ」
展示番号40:「洗礼者聖ヨハネ」
展示番号42:「法悦のマグダラのマリア」
展示番号50:「エッケ・ホモ」(Ecce Homo)

真筆かどうか不明で帰属は、次の1点

展示番号41:「子羊の世話をする洗礼者聖ヨハネ」


ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥールは次の2点

展示番号33:「煙草を吸う男」
展示番号48:「聖トマス」


2:
やはりカラヴァッジョはカラヴァジェスキの作品とは、明らかに違いますな。
絵の持つ色々な力が、カラヴァッジョの方が遙かに強い。

2-1:
カラヴァジェスキと比べると、まず、絵に無駄がありません。
背景を描かず人物を強調しています。
背景が在るのは「洗礼者聖ヨハネ」(展示番号40)だけです。
人物の表情にも誇張や演出が無いし、ポーズにも関しても同様です。
グエルチーノの「手紙に封印をする聖ヒエロニムス」(展示番号45)の大袈裟なポーズとは段違い。
ラファエロの様な曲がりくねって誇張されたマニエリスムから脱してないんでしょう。

誇張が無いので、とても自然なんです。

2-2:
カラヴァッジョは写実描写力も大したものです。
特に顔の描写は、巧い。
「トカゲに噛まれる少年」
「果物籠を持つ少年」
「バッカス」
「メドゥーサ」
この4点に描かれてるのは、どう見てもイタリア人。
サッカーのアレッサンドロ・デル・ピエロ、自転車のフランチェスコ・モゼールの御先祖ではないか、と想像出来る顔です。
また、
エッケ・ホモ
に描かれているユダヤの総督ピラトも、どう見てもイタリア人でしょう。


3:
展示番号1:「女占い師」
現在の日本人にはカラヴァッジョの頃の風俗や衣装は分からず、その意味も不明ですが、
左側の女性が右側の男性より身分に差があるのは、分かります。
指先の描写です。
明らかに汚れ肌荒れし、炊事洗濯や労働をしている指です。
エドゥアール・マネの有名な「笛を吹く少年」と同じ表現です。


4:
展示番号9:「ナルキッソス」
「田」字型構図(笑)。
汀に何か所が白い剥落の様な物があります。
近付いて見ると剥落ではなく、絵具の白です。
全体の明度が低いので、汀を強調して陸と水がある事を見る人間に教えてる訳ですな。


5:
展示番号7:「トカゲに噛まれる少年」
どう見てもイタリア人の少年(笑)。


6:
展示番号13:「果物籠を持つ少年」
どう見てもイタリア人の少年(笑)。

この絵も変なんだよなぁ…(笑)。
背景です。
背景の明暗の境目の形。
画面左側が
左上→右下
になる斜線。
画面右側が半円形。

別にこういう形と線にしなくても絵の構成のバランスが崩れる事無さそうです。

う~ん、またしても謎です(笑)。


7:
展示番号14:「バッカス」
御存じローマ神話のワインの神様。
これもどう見てもイタリア人(笑)。
レモンが描かれていますが、傷んでいます。

気になる描写がありまして、それが赤ワインが入ったグラス。
これだけ透視図のルールから外れ、どうやら上から見ている様に描かれています。
トロンとした表情から解釈すると、かなり酔っていて酒をこぼしそうになってますな。

この写実表現(笑)。


8:
展示番号25:「エマオの晩餐
これぞ正しく「劇的表現」であります。
臨場感と現実感が非常に強い。
その場を、キリストの復活を目撃した様な感覚になります。

写実描写力だけでなく、空間感覚も優れてなければこの臨場感を出せません。

凄いワ、この人(@_@)。

この作品を見ていて気になるが右側後の女性。
画面左側の暗部に対してバランスを取るために光りを当てているのですが、
少々目立ち過ぎているんです。

ルカ傳24章30~31節からなのですが、その前後にも晩餐を取る場所とそこの人々の描写が無いので、
解釈不可。

視線が中央のイエスではなく、このオバサンへと流れちゃうんです。
カラヴァッジョの様な優れた絵師が意味も無く作品全体のバランスを崩すはずが無く、
何かを象徴したり、意味を持たせているのは間違いありません。
それは、何?
分かりません(涙)。
でも、まぁ、いいか(笑)。


9:
展示番号34:「メドゥーサ」
どう見てもイタリア人(笑)。


10:
展示番号42:「法悦のマグダラのマリア」
世界初公開だそうな。

でもね、気になるのがマグダラのマリアの右の前腕と右手。
これが、女性にしては太過ぎ、大き過ぎ。
なんでカラヴァッジョはこんな描写にしたんでしょう?
またしても謎であります。


11:
展示番号50:「エッケ・ホモ」(Ecce Homo)
「この人を見よ」の意。
ヨハネ傳19章5節から

>爰(ここ)にイエス茨の冠冕(かんむり)をかむり、紫色の上衣をきて出で給へば、ピラト言ふ
「見よ、この人なり」

これを題材にしています。

11-1:
この絵が今回の回顧展で一番凄かった。
最初に見た時、
画面右の総督ピラト、イエスの後で衣をイエスに掛けようとする男、
この二人が飛び出してきた(@_@)。
3D映像の様で、ビックリしました(@_@)。
こんな存在感や現実感がある人物画は初めてです(@_@)。

11-1-1:
単に存在感があるのではなく絵の中の役割では、上半身裸で光りが当る明部になるイエスに対し、
ピラトは黒い衣と帽子を被り絵の中の暗部になり、目立たず明部のイエスの引き立て役です。
しかし、実物を見ると明るいイエスではなく、暗いピラトの方が存在感が強く視線がピラトへ向かうのです。

人間の視線は、事物に明暗が在る時、必ず最初に明るい方へと向かいます。
ところがこの絵では、暗いピラトの方に存在感と力があるので、信じられませんが、ピラトの方へと向かうのです。

この絵の主題、主役は題名の通りピラトであって、イエスではありません。
ゲッセマネで捉えられたイエスに罪を見出せなかった総督ピラト。
しかし、民衆はイエスが救い主ではなかったため、落胆、怒り、死刑を要求します。
ピラトは民衆がイエスを見れば罪が無いのが分かるだろうと、民衆の前にイエスを連れ出し、
「この人を見よ」
と言います。

だから、ピラトの方が目立ち、ピラトの方へ視線が向かって何の問題もありません。

どうやるとこんな存在感がある絵を描けるのか、全く不明、
まぁ、素人なんだから当然か(笑)。

11-1-2:
さて、ピラトの描写も見事です。
聖書を読めば分かりますが、ピラトは「こいつ、面倒な事を起こしやがって」と思ってます。
ユダヤの祭りの一つ過越祭では恩赦をするのが習わしで、ピラトはイエスを無罪放免にしよとしますが、
民衆はイエスではなく、強盗犯のバラバを要求しました。
民衆がイエスを死刑にしなければ暴動が起きるのは目に見えていて、そうなればユダヤの総督ピラトの責任問題です。
暴動が起きれば今迄ユダヤ人に対し高圧的、挑戦的言動をし、侮辱、挑発を繰り返しましたから、命の危険もあります。
罪の無い人間を死刑にするのも、いつの時代でも好ましい事ではありません。

この辺の苦渋がこの絵のピラトの表情からよく伝わってきます。

そしてこのピラトがどう見てもイタリア人(笑)。
まぁ、ピラトはローマから派遣されてるから当然イタリア人(笑)。

並の絵師ではありませんゼ、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(@_@)。

11-1-3:
ピラトの白い顎鬚、これは画面構成上、明度の変化で脇役とも言える動きの始点になっています。
左上へ向かうと、
白い顎鬚(明)→男の左手、イエスの顔、男の右手(中間の明度)→背景(暗)

左下へ向かうと、
白い顎鬚(明)→ピラトの手、イエスの裸の上半身(中間の明度)→背景(暗)


11-2:
次に目立つのが、イエスの後で衣を掛けようとしている男。

11-2-1:
ヨハネ傳19章2節に兵士達が茨で冠を作りイエスの頭に載せ、紫の衣を着せたと書いてあります。
聖書に記述が正しいとすれば、イエスに紫の衣を着せるのはピラトが”Ecce Homo”を言う前ですから、
この絵の様にはなりません。

この絵ではイエスは左手で何かの棒を持っていますが、ヨハネ傳に記述は無く、
イエスの捕縛に関して棒が出て来るのはマタイ傳27章28節~29節。

>その衣をはぎて、緋色の上衣をきせ、茨の冠冕(かんむり)を編みて、その首(こうべ)に冠らせ(かむらせ)、
葦を右の手にもたせ且(かつ)その前に跪づき、嘲弄して言ふ「ユダヤ人の王、安かれ」

衣の色も違うし、葦の棒を持ってる手も違います。

まぁ、いいか(笑)。

11-2-2:
題材から考えると、イエスとピラトだけで十分ですが、なぜもう一人加えたのでしょうか?
画面構成上、バランスを取るためでしょう。
人物では、光、色、その二つから成る力の中間域になってます。
画面左から右へ、光と色は、
明→中→暗
となってます。
逆に背景では、
暗→中→明
です。

男が頭に巻いている白い布があります。
これはピラトの白い顎鬚と同じで、画面上の脇役とも言える動きを加えてます。
男が首を傾げているので
左上→右下
となっています。

この直線状に進むと、
白い布→背景(中間の明度)→ピラトの黒い帽子
(=明→中→暗)
になります。

白い布と同じ角度の平行線を左下へと向かうと、同様に
白い布→イエスの顔(中間の明度)→暗い背景
(=明→中→暗)

こうして複数の動きを画面に加え、退屈さを失くす、
まぁ、カラヴァッジョならこれ位出来て当然(笑)。

11-2-3:
この絵でもイエスに衣を掛けようとしてる男の右前腕と右手が少々大き過ぎる様に見えます。


12:
カラヴァッジョを初めて本物を見ました。
その特徴は、

非凡な写実描写力
明暗を強調した照明(?
背景を省略し画面を単純化

そして生まれる
劇的効果。
確かに本とかに書いてある通りです。
単に明暗の差が大きいために劇的効果が生まれる訳ではありません。
現実感と臨場感、これが強い。

視線と心を捉える描写、
そして漂わせる雰囲気はカラヴァッジョ独自でとても素晴らしい。



13:
展示番号33:「煙草を吸う男」
ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥール
東京富士美術館蔵

ロウソクの灯りで照らされる人物を描いたラ・トゥールの典型的な作品。
ロウソクの赤みを帯びた暖かい光、カラヴァジェスキとは全く違い、ラ・トゥール独自のもの。
いいよねぇ(^.^)。





タグ カラヴァッジョ ラ・トゥール エマオの晩餐 エッケ・ホモ 東京西洋美術館





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
25位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

吉田羊 春風亭昇太 芳根京子 市原隼人 門脇麦 高橋メアリージュン 相葉雅紀 卯花墻 長次郎 稲葉天目 油滴天目 曜変天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 雪舟等楊 雪村周継 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 大倉孝二 村井國夫 中村蒼 福田ゆみ 鈴木省吾 瑛蓮 篠原篤 平成館 東京国立博物館 鈴木亮平 平岡祐太 坂口健太郎 金田明夫 吉岡里帆 富澤たけし 八木亜希子 松たか子 有線七宝 超絶技巧 濤川惣助 東京都庭園美術館 並河靖之 無線七宝 シシド・カフカ 木野花 住田萌乃 ヤオ・アイニン 山本未來 キムラ緑子 工藤阿須加 新井浩文 黒木瞳 渡辺大 高畑充希 大島蓉子 佐藤二朗 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 手塚とおる 風間俊介 山田美紅羽 篠川桃音 桜田ひより 水谷豊 三國連太郎 新田次郎 緒形拳 新克利 高倉健 秋吉久美子 田中要次 小堺一機 柄本時生 山本茂美 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 原田美枝子 地井武男 森次晃嗣 木下ほうか 川崎紘菜 山田涼介 新川優愛 篠井英介 ディーン・フジオカ 土屋太鳳 岩田剛典 田中直樹 津田寛治 川津明日香 佐野勇斗 稲垣来泉 菱田春草 解体新書 佐竹署山 小田野直武 サントリー美術館 秋田蘭画 石原さとみ 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 青木崇高 モネ 向井潤吉 モディリアーニ デトロイト美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 アルチンボルド 伊藤かずえ バベルの塔 ブリューゲル ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 曽我蕭白 円空 出光美術館 長澤芦雪 正倉院 アメリカン・スナイパー 小林よしのり 戦争論 続・タイム・トラベラー カラヴァッジョ ラ・トゥール 鈴木其一 聖トマス マネ 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 雪松図屏風 長谷川等伯 松林図屏風 曜変天目茶碗 円山応挙 油滴天目茶碗 藤花図屏風 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 雲の糸 みかんの花 海の星 望郷 メッサーシュミット スピットファイア― ハインケル 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 本多力 中村倫也 光宗薫 佐々木心音 三田真央 久松郁美 やべきょうすけ 満島真之介 山本裕典 森田藻己 宮川香山 東京藝術大学 恵順 朝顔図屏風 富田靖子 坂井真紀 横山歩 寺尾聰 高畑裕太 村上虹郎 真剣佑 石井杏奈 滝藤賢一 三宅弘城 片桐仁 松尾幸美 宅間伸 木村文乃 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 時計じかけのオレンジ 福山翔大 小室哲哉 浦沢直樹 20世紀少年 富士眞奈美 仲代達矢 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 ダリ展 京都市美術館 ルノワール 黒島結菜 八木莉可子 菊池風磨 竹内涼真 川瀬巴水 吉田博 林田悠作 滝沢沙織 赤間麻里子 小島梨里杏 小野塚勇人 ジュディ・オング 山田将之 鈴之助 妹尾青洸 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 風神雷神図屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 伊藤若冲 ダ・ヴィンチ ボッティチェリ 拙宗等揚 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 石井ふく子 大和書房 大空真弓 橋田壽賀子 Amazon 再販制度 府中市美術館 泰明画廊 松坂恵子 川栄李奈 尾藤イサオ 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 シャーロット・ケイト・フォックス 橋爪功 松田芹香 松下由樹 渡辺舞 加藤清史郎 寺田心 山本耕史 太田記念美術館 保栄堂版 広重 東海道五十三次 北斎 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 青木木米 与謝蕪村 池大雅 富岡鉄斎 浦上玉堂 狩野元信 田能村竹田 発艦 着艦 T45 成宮寛貴 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 デューラー メラン エングレーヴィング ビュラン Leola 濱田龍臣 西岡徳馬 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 高野野十郎 目黒川 目黒区美術館 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 中村研一 佐伯祐三 和田三造 安田靫彦 岡本太郎 安井曾太郎 岸田劉生 田村孝之介 北蓮造 今野浩喜 野波麻帆 竜星涼 光琳 夏秋草図屏風 燕子花図屏風 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 風神雷神図 ティーチャ 富士三十六景 千絵の海 名所江戸百景 六十余州名所図会 原安二郎 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 カキツバタ 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 高浮彫 釉裏紅 釉下彩 暗花 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 村上弘明 陣内孝則 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 チェン・ダオミン カストラート 鞏俐 陳道明 森川葵 高良健吾 伊藤歩 真飛聖 甲本雅裕 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 蓮佛美沙子 和久井映見 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 江戸東京博物館 糸巻きの聖母 福山庸治 牛乳を注ぐ女 天文学者 水差しを持つ女 レンブラント 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 平澤宏々路 中島裕翔 多岐川裕美 サンダーバード 木皿泉 薬師丸ひろ子 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 弓をひくヘラクレス ブールデル 中村勘九郎 立川談志 宮川大輔 田邊哲人 松本喜三郎 谷汲観音像 当麻蹴速 野見宿禰 生人形 安本亀八 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 龍安寺方丈庭園 枯山水 秋冬山水図 小堀遠州 抽象画 カンディンスキー 抽象芸術 松岡茉優 星野源 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 CD ブルーレイ 再販売価格維持制度 DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 小林清親 写楽 歌麿 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー 1984年 明日、ママがいない オーウェル 華氏451度 図書館戦争 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 入江長八 鏝絵 伊豆の長八 松崎町 葵わかな 城田優 神田沙也加 川平慈英 西内まりや 内山理名 尾美としのり 藤原道長 投入堂 西新井大師 總持寺 冷泉家 蔵王権現 三佛寺 山田望叶 上川隆也 馬場園梓 太賀 市川由衣 大原櫻子 中島美嘉 稲森いずみ 窪塚俊介 小林涼子 山下リオ 蒔絵 初音蒔絵調度 貝桶 沈金 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 歌川国芳 国芳 種田陽平 クリスチャン・ベール 石川達三 生きている兵隊 昭和史 半藤一利 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 高畑勲 ピノキオ ディズニー 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 櫻井淳子 宮地雅子 内館牧子 すぐやる課 儒教 中庸 高杉真宙 吉本美優 桐原亮司 ロバート・ハインデル 熊川哲也 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大英博物館 大乗寺 松に孔雀図 大瀑布図 相国寺 氷図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 封印作品の謎 スペル星人 安藤健二 遊星より愛をこめて 高橋二三 丸山智己 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 中原丈雄 金すんら 石田えり 中野裕太 山西惇 水原希子 池津祥子 足立梨花 近藤芳正 郷ひろみ 星月夜 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 菊地成孔 東福寺本坊庭園 重森三玲 カメラオブスクラ ローズ ベット・ミドラー 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 阿部サダオ 「PIECE OF WISH」 MY 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 フェラーリ シューマッハ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 狩野永徳 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 椿かおり SAYUKI 清野とおる 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 歌川広重 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 原田泰造 高橋真唯 岩井堂聖子 村井良大 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 永島瑛子 ベンガル 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 不破万作 柴田理恵 安藤玉恵 古田新太 長塚京三 大滝秀治 古谷一行 乾山 仁清 狩野重信 狩野探幽 狩野尚信 狩野常信 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 陳坤 劉燁 小さな中国のお針子 リウ・イエ チェン・コン ジュウ・シュン 周迅 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 横山大観 川端龍子 山種美術館 牧進 加山又造 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 麿赤兒 早乙女太一 上野の森美術館 ボストン美術館 東京国立近代美術館 岡倉天心 下村観山 フォ・ジェンチイ サン・バオ モォ・イエン 莫言 故郷の香り グオ・シャオドン 霍建起 リー・ジア 大林宣彦 転校生 団時朗 大谷亮介 中田喜子 筒井真理子 はろるど アントラーズ 鹿島 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 西山潤 研ナオコ 石井トミコ 平愛梨 上原陸 田辺修斗 藤原薫 橋本愛 杉田成道 眉村卓 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 藤本隆弘 中村ゆりか 井上真樹夫 財前直見 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 広島平和資料館 原爆の絵 平和データベース 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 故宮博物院 翠玉白菜 NHKスペシャル アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン シスタームーン オラトーニ 石塚英彦 冨木宗行 冨木宗好 高瀬好山 アートシーン 明珍 自在置物 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 遊井亮子 三浦理恵子 LiLiCo 石田ニコル 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 中村梅雀 六平直政 デサント本社 ルコック・スポルティフ マイヨージョーヌ 日月烏鷺蒔絵額 清水三年坂美術館 村田コレクション 村田理如 白山松哉 あべまみ 復活の日 ザ・スタンド 動物農場 蝿の王 21世紀少年 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 自在 刺繍絵画 金工 薩摩焼 印籠 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER スモーキングガン 決定的証拠 イヴ・モンタン ジェームズ・ガーナ― ジョン・フランケンハイマー アイルトン・セナ 藤城清治 影絵 風の又三郎 オーヴェールの教会 青の愛 キェシロフスキ トリコロール 原発敗戦 船橋洋一 福島第一原発 伏字 検閲 江藤淳 閉ざされた言語空間 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 大虐殺 ソルジャー・ブルー 神田隆 栄光のル・マン スティーヴ・マックイーン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 国本圭一 狙撃 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 大木隆行 関根勤 戦力外捜査官 TAKAHIRO 有川浩 大後寿々花 渡邉このみ 三上博史 陳凱歌 呉天明 チェン・カイコ― 酒井美紀 山西省日本軍残留問題 奥村和一 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 橘らい四郎 ゆきゆきて神軍 奥崎謙三 原一男 今村昌平 新版画 デビット伊藤 イングマール・ベルイマン マックス・フォン・シドー 第七の封印 ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 ラファエル前派 オフィーリア ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 栃木 棄民 田中正造 谷中村 渡良瀬遊水池 足尾銅山 足尾鉱毒事件 慈恵病院 眞葛博物館 渡蟹水盤 小林正樹 切腹 武満徹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 本郷奏多 ミッキー・カーチス 京野ことみ なぞの転校生 岩井俊二 桜井美南 宮里駿 赤の愛 チュイトウ シャルトルの大聖堂 ステンドグラス 王妃の紋章 チョウ・ユンファ 秋菊の物語 バラン 大怪獣 逸見東洋 大田区立郷土博物館 石倉三郎 小林古径 奥村土牛 コリント前書第13章 ジュリエット・ビノシュ 愚行の輪 小松左京 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR