『Mother』その19

色々その6

1:
2010年8月4日発売のザテレビジョンで第65回ドラマアカデミー賞が発表されました。

Mother→最優秀作品賞
松雪泰子→主演女優賞
田中裕子→助演女優賞
芦田愛菜→新人賞
水田伸生→監督賞
坂元裕二→脚本賞

六冠です。
男優賞と主題歌賞は逃しました。
納得の結果です。

2:
私が観た児童虐待を扱った連ドラは、
『高校教師』1993年
(→児童ではないけど高校生=未成年なので含める)
『永遠の仔』2000年
『池袋ウエストゲートパーク』2000年
(→これも未成年)
『白夜行』2006年
Mother』2010年
5本に共通するのは虐待された子供かその子供に関わる人間が犯罪を犯します。
それだけ虐待は強力で人の心まで侵すと言う事。
5本共脚本は虐待に負ける人々について。
虐待に勝つ脚本は書けんのでしょうか?
Mother』は演技陣が素晴らしかったから、虐待に勝つ脚本だったら『セカチュウ』に並ぶドラマ史上に残る傑作になっていたでしょう。

3:
人種差別を考えれば分かる通り人の「情」はいいものとは限りません。
愛情や同情も、状況によっては正しい道を取るとは限りません。
情を導くのが知です。主人公の鈴原奈緒は大学の研究室で渡り鳥の研究をしていましたからもう少し知的に行動しなければおかしい。
オマケに奈緒の設定は1993年の『高校教師』の羽村隆夫(真田広之)と同じ。

4:
このドラマの脚本は、手を抜いている気がします。
児童虐待に関わる公的機関、非営利団体、弁護士、養護施設、教師、法律問題等を調査研究する手間を省き、手っ取り早く水戸黄門型にした気がします。
それで主題を児童虐待ではなく母性にして逃げたような気がして仕方ありません。
17年前の人気ドラマと同じものが多いので脚本家とプロデューサーの志が低いとしか考えられません。

5:
私は『Mother』をけなしているのではありません。
毎回の様に画面に釘付けになった佳作だから、不満も書くのです。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その18

色々その5

書き忘れた事

奈緒と継美が再会する迄の12年。

1:
長いか、短いか?
勿論長いです。
誘拐という犯罪の重大さが12年です。
しかし、奈緒はその長さに耐えた様です。

12年…

奈緒が誘拐せずに継美の件を公的機関に届けていたら、継美の保護者になるのに一週間?一ヶ月?
臨時教員とは言え、渡り鳥の研究を続けていた真面目な(はずの)学究ですから、保護者として適していませんかな?

「犯罪は金にならない」
の典型です。
そしてここまで見事に表わしたドラマは他に観たことありません。

2:
Mother』のHPの掲示板にも書いてありますが、12年後、実際に12歳年を取った奈緒と継美を私も観たい。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その17

最終話

放送終了直後、また出ました:
『「あめふりくまのこ」愛菜ちゃんver着うた(R)』
先着15,000名無料ダウンロード

放送を観ながらケータイのメールで記事を書いてたんで、即アクセス&即ダウンロード。間に合いました。
23:12には15,000名達成。
ん~、凄いネ。

1:
DVDbox買います。
Amazonでも予約受け付け開始。
blu rayは、さすがにまだ高いから出ません。

2:
今回も画面に釘付け。

3:
また髪の場面が出ました。
坂元裕二脚本家も母親が娘の髪を手入れする光景が好き?
葉菜うっかりさんが継美と奈緒の髪を切りました。
絆、愛情、思いやり、感謝(→継美が作ってくれた水色のネックレスに対して)等を表してますが、プロの理容師ですから、娘と孫娘を美しくしたいという気持ちもあるでしょう。

4:
葉菜うっかりさんが犯した犯罪、説得力があり納得行きます。
母親は偉大です。勿論父親でも同じ状況なら同じ事をやるでしょう。
どういう事かと言うと、『クリフ・ハンガー』の冒頭と同じ様な事です。
(→勘違い(涙)。正しくは『バーティカル・リミット』でした(涙))

5:
奈緒と継美が別れる場面、ち~と継美の物分かりが良過ぎます。
継美が丘の向う側へ行くと言う事は、問題を一つ解決し一つ大人になったと言う事。
この時、奈緒の方を一回も振り返らなかった事からも分かります。

6:
最後の場面、付け加えるべきかどうか、制作首脳陣は悩んだんじゃないでしょうか?
個人的には。必要かどうか、分かりません。
超法規的な結末にしなかったのは大変素晴らしい。

7:
葉菜うっかりさんの病名が急性骨髄性白血病。
TV版『セカチュウ』のアキと同じ

8:
その他は、DVDboxが出てから。
三か月後が楽しみ(^_^)v。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その16

色々その4

芦田愛菜が案内した『最終回PR番組』(関東と中京のみ)を観ると、

1:
芦田愛菜、巧いね。
例えば、第一話で奈緒に一生お母さんと言えると聞かれ、「お母さん」と泣き声で言うところなんか、見事。

2:
第十話の最後、継美が奈緒に電話を掛け「お母さん、会いたいよう」と泣きます。
奈緒が法を犯したから継美を悲しませるんです。

3:
他にも書く事あるけど、DVD出てから。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その15

色々その3

1:
2010年6月20日(日)朝日、テレビ欄、『TVダイアリー』。
Mother』のプロデューサー次屋尚の第四回。

> しかし、このドラマにおいて、どんな結末がハッピーエンドなのか。そこに正解はない。

→なんて書いてありました。
という事は、奈緒と継美が母娘になる可能性は低そう。

2:
奈緒が継美を誘拐した事。
このドラマで一番問題になるのがこの点。
継美を虐待から守る、という動機は問題有りませんが、その守り方が大問題です。
出来るだけ早く警察や藤子の知り合いの弁護士(いれば、の話)に相談し、合法的に保護すべきでした。
奈緒が自分でも意識しない「母性」に従って継美を誘拐したのは、仁美が感情的に継美を虐待したのと、ある意味、同じ事。
自分の行為の結果が自分と継美にどうなるか、奈緒も仁美も考えていません。
(→奈緒が逮捕されれば継美と別れねばならず、継美を再び悲しませる)
仁美と違いかなり知的な奈緒でも冷静に、論理的に対処出来ませんでした。

3:
奈緒の動機と、迅速にまた積極的に継美を保護した事は賞讃すべきです。
しかし誘拐は全く別の問題です。
動機が手段を正当化しちゃ困ります。

4:
このドラマと同じ様な作品がマーティン・スコセッシ監督+ロバート・デニーロ+ジョディ・フォスター=『タクシー・ドライバー』。
13歳の売春婦アイリス(フォスター)を救うために殺人まで犯したトラビス(デニーロ)。
娯楽映画としては非常に面白い。
しかし、法律から考えると目的が手段を正当化してる困った映画。
積極性と早さを尊ぶアメリカらしく、トラビスの行為を扱う新聞は英雄扱いの脚本になっています。
またアイリスの父親からトラビスに感謝の手紙が届きますが、娘のために貴方に殺人を犯させてしまった事を残念に思う等一切書かれていない脚本です。

5:
Mother』では奈緒を英雄扱いしてませんから遥かに穏当で理性的な脚本です。

6:
継美を誘拐した事を子供を守るためならどんな事でもする「母性」と捉えられます。
しかし、虐待から救った後の「育てる」がありません。

7:
さて、最終話を観ないとどうなるか分かりませんが、「母性」に代表される情的な話になるのは間違いないでしょう。
この辺が日本のエンタメ界の限界でこの55年間全く新たな展開無し。
私が脚本を書くなら、ジャーナリスト藤吉俊輔(山本耕史)の代わりに弁護士を登場させます。少なくとも俊輔を弁護士にします。
例えば、

「奈緒の動機は理解されても誘拐は許されませんから、奈緒と継美が母娘になるのは望み無し。
「そこで奮闘する女弁護士と藤子。弁護費用と活動資金不足のために自宅を手放さねばならない藤子。
「そして、その結果は…」

個人的にはこういう話の方が好きです。

8:
ま、どんな話になるか、最終話が楽しみ楽しみ(^_^)。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その14

第十話

1:
奈緒、懲役1年執行猶予3年、
ん~、ちょっと甘いか、でも動機を考えれば妥当。
何回でも書きますが、正義のためなら何をやっても許されちゃ困ります。
少なくとも奈緒が犯罪者である事を継美は喜びますかな?自分のために奈緒が犯罪を犯したら継美は自分を責めませんかな?
この点だけでも、動機がいかに正しくても、誘拐をすべきではありません。

尤も裁判長も奈緒の動機を理解したから執行猶予を付けたのは間違いありません。

このち~と甘い判決と対比して明らかになるのが奈緒の継美への愛情、継美の奈緒への愛情、奈緒と継美の絆、
そして人々の思いやりと愛情。

2:
最後、室蘭の児童擁護施設から奈緒に電話する継美。
新しい生活を楽しく話しながらも最後に奈緒に言ったのが、

いつ迎えに来てくれるの?
いつ迎えに来てくれてもいいように準備をしてあるんだよ。
もう一度誘拐して。

いや、またやられました。こんな事言うんじゃないかと心の準備をしてましたが、やられました…
脚本と演出がいいんだなぁ。
継美の設定が巧いんです。
健気な、というか健気な振りをして奈緒を悲しませないようにする継美。でも強く頭がいいだけでなく母親を恋しがる、やはり7歳の継美。抱き締めてあげる必要がある幼子の継美。
かなり魅力的な継美。
それを完璧に表現した芦田愛菜。見事です。

3:
第十話迄では、ある意味、一番弱いのが奈緒。
葉菜うっかりさんと鈴原藤子、それに妹達から慰められ応援されてます。
ここが道木仁美との違い。微笑みと涙を見せられる人が回りにいるかいないかの違いです。

4:
田中裕子の演技に注目が集まってますが、高畑淳子もいい。鈴原藤子の普段のしっかりした言動は、社長である事を納得させます。

5:
しかし、このドラマの一番の欠点もこの「社長」にあります。
奈緒が連れて来た継美が誘拐されたかもしれないと分かった時点で、弁護士と相談し善後策を考えるはずです。
どの程度の会社の社長かは描写も説明も無いので分かりませんが、弁護士の一人や二人位知っていて当然でしょう。
自分の子供の事だから母性が全面に出て冷静に判断出来ないというのがこのドラマの主題に添っているのでしょう。
しかしその役割は葉菜うっかりさんが担当しています。
こういう情的な部分は葉菜うっかりさんに任せ、藤子には何とか情に流されず(→悪い意味ではありません)知恵を出して欲しかった。
た、だ、し、
次回最終話で藤子は知恵を絞り出してくるかもしれません。

6:
奈緒はよーーーーーーーーーーやく、葉菜うっかりさんに抱き締めてもらい涙を流せました。やはり親子の関係は何歳になっても変わりません。
この時、葉菜うっかりさんは入院中でベッドの中。
葉菜うっかりさんの左側(画面上手)に奈緒。
TV版『セカチュウ』のアキとサクと同じ位置です。

7:
そして今回も画面に釘付け。
佳作の立派な証明です。
次回最終話で脚本の坂元裕二がどの様にして奈緒と継美を合法的な、また言い訳のいらない母娘にするか、興味津津。

8:
その他。
来季のこの曜日と時間のドラマ『ホタルノヒカリ2』の予告も入りました。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その13

色々その2

1:
さて芦田愛菜
数日前、芦田が出た作品を調べて初めて名前の正しい読み方が分かりました。

あしだ まな

です。
ずっと「あいな」だと思ってました(汗)。

2:
DVD発売決定。
2010年9月22日
\18,200+消費税
詳しくは『Mother』のケータイサイト↓

http://myntv.jp/10920.chtml

Amazonではまだ受け付けてません。

…個人的にはどうしようかなぁ。。。買う気にはなってますが、最終話を観てからですね。
…、と第十話を観る前に書いたら、ドラマの最後に発表とプレゼントのお知らせがありました。あらら~。タダなら欲しい(笑)。

3:
『「泣き顔スマイル」愛菜ちゃんver着うた(R)』
無料ダウンロード、番組終了時から先着1万ダウンロード限定。
Mother』ケータイサイトで。

→まぁ無料だから取っておくかとダウンロード。
私は2010年6月16日(水)22時56分でした。
23時2分に見たら、1万ダウンロード達成。すげー。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その12

第九話

1:
朝日朝刊、2010年6月6日(日)、「今日の番組」の中の「TVダイアリー」。『Mother』のプロデューサー次屋尚の2回目の登場。
ここで、次屋プロデューサー、芦田愛菜を絶賛してます。
ま、当然か(笑)。

ちょっと演技が不自然と言うか、癖があると言うか、まぁ五歳ですからね、まだ。
素晴らしい、と言っていいかもしれません。
笑い方は子供にしか出来ない、(しかも全く無意識な)、幸福を音で表わす笑い方だから、大した五歳の女優です。
それでも『薔薇のない花屋』に出ていた七歳の八木優希と比べると、苦しい。
2年後、七歳になった時の芦田愛菜の演技を、是非、是非、是非、是非、是非観たい。
芦田愛菜、応援してるゾ。
ガンバレ。

2:
奈緒と継美は、引き裂かれました。
超法規的にならず大変好ましい。
「正義のためなら何をしてもいい」、じゃ困ります。
奈緒は罰を受けてからやり直せばいいんです。

3:
勿論悲しい今回の結末です。
しかし脚本の坂元裕二は観る人間に心の準備をさせる演出をやってます。
3-1:
「橋を渡る」
私が他の記事で何回も書きましたが、「橋を渡る」は決心、決定、変化を象徴します。
今回、冒頭で継美と葉菜うっかりさんが橋を渡ります。
奈緒が二人と違う道を歩む事を暗示してます。
3-2:
堤防を歩く三人
奈緒、継美、葉菜うっかりさんが堤防を歩きます。進む方向は?陸へ向かいます。
出帆、出港、旅立ちとは逆の方向です。
三人揃って新たな生活を始める事はない、と暗示してます。
その中で継美一人だけがカモメを追い海の方へ行きます。
継美は一人だけで新たな生活を始める、と暗示してます。
3-3:
こういうのを親切な演出と言いませんかな?

4:
おまけに奈緒と継美を引き裂く時、別れの時間を与えたし、継美を引き離したのは葉菜うっかりさん。
坂元裕二脚本家、三人のために出来る限りの事をしました。

5:
「橋を渡る」もう一回
5-1:
熱川の街で奈緒は橋を渡ったり戻ったり。
継美と逃げるか、罰を受けるか、奈緒の迷いです。
5-2:
最後、警察の車で連れ去られる奈緒。車は勿論橋を渡ります。継美は奈緒を追い橋を渡りますが、対岸までは行きません。別れだからです。

6:
奈緒、第九話まできて、ようやく、初めて、大声を上げました。逮捕が決定的になった時に呼んだのが
「継美!」
母です。
そして奈緒は連行される時に、ようやく、初めて葉菜うっかりさんを
「お母さん」
と呼びました。
二人との今生の別れを覚悟しましたね、奈緒。

7:
芽衣、今回いい事を言いました。
「親は他人の目を見るんじゃなくて、子供の目を見るんでしょ」
いい台詞だけどかなりわざとらしい。
芽衣が子供を生むと決心し母親になり人として成長した事を示しています。
この「母親」と「人として成長」が見え見えで興覚め。いい台詞だからもう一工夫欲しかった。

8:
この芽衣の台詞や奈緒御一行様の行き先があまりにも簡単に警察に分かったりとか、今回は脚本の作りの荒さが目立ちます。
それでも仕上がりは良く、今回も画面に釘付け。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その11

第八話

1:
出ました、顔の真ん中に三角定規がある女優(笑)。
ま、冗談はさておき、尾野真千子の三角定規鼻がよく分かるのは髪で顔を隠してないから。
尾野演じる仁美が髪をまとめたり、上げてるのは一人で一生懸命怜南(=継美)を育てていた頃。
仁美が髪を上げなくなるのは浦上真人が仁美のアパートに出入りするようになってから。
顔を見せられないから。自分に嘘を吐いているから。自分を騙し納得させようとしているからです。
そして浦上に熱を上げてる時に髪を上げるのは、怜南(=継美)を置いて浦上と海に行き怜南(=継美)に電話を掛ける時。
この時の仁美の涙は、怜南(=継美)への愛情、怜南(=継美)に辛く当たる自分への自己嫌悪。

2:
松雪泰子も巧いけど、尾野真千子も巧いなぁ。
三角定規の付根にある二個のおっきな目で語る語る。
特に絶望で無気力になった時の目の表情が良い、非常に良い。あれで何かキッカケがあると突然キレ、何をしでかすか分からん恐ろしさがあります。

3:
奈緒の方は久し振りに声を荒げました。
仁美が継美を殺しかねなかった室蘭での一件を奈緒が責めた時。
そして罰を受ける覚悟も伝えます。

4:
今回も母が娘の髪を手入れする場面がありました。
仁美は怜南(=継美)の髪を三つ編みにしますが、友達と遊びに行く事に気を取られ巧く出来ず。
奈緒は継美の未来を語りながら梳します。
二人の心にあるものの違いを明らかにする髪の手入れの仕方の違いです。

5:
芽衣は中絶していませんでした。
ん~、やられました。
(しま美さん、本当によく観てましたね(^_^)v)

6:
最後に仁美、怜南(=継美)が誘拐されたと訴えます。
奈緒が継美の本当の母になるための試練が始まりました。

7:
↑これ、やはり少し無理があります。
奈緒が自分の境遇を仁美に伝えない事。
仁美が奈緒の境遇を知れば考えがかなり変わるはずです。逆ギレしと誘拐を警察に訴える可能性が低くなるでしょう。
でもそうなると、『Mother』が早く終わるか(笑)。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その10

色々その2
1:
中絶について
胎児に重大な欠陥があり誕生後苦しむのが分かっていたらどうするか?
妊娠のいつから胎児を人間とみなすのか、子供に対する愛情、親の倫理問題等の他に治療費も問題になります。
誰にでも簡単には答を出せるはずがありません。
中絶するにしろ生むにしろ親はなぜ障害を作ってしまったのか自分を責めるのは間違いありません。中絶の場合はさらに子供の命を奪った自責の念も加わります。
自責と後悔は薄れても消える事はなく一生続くでしょう。
さて鈴原芽衣の場合、医療費に関しては両方の親が面倒を見てくれそう。だとしたら、子供に機会を与えたい。
でも手術以外でも看護や世話で大変な手間(とお金)が掛かるでしょう。
そして子供が味わう苦痛。

それでも手術して回復する可能性があるなら、中絶しないかな…

2:
松雪泰子
を観たのは『フラガール』と『容疑者Xの献身』だけで断言しにくいんですが、不幸な女性をやると中々宜しい。
「人生、キレイごとじゃ生きて行けないのよ」という怨念が肩の辺りに漂ってますが、生きる重荷に肩が潰されていません。
肩の重さを支えているのが『容疑者Xの献身』では石神への好意、『Mother』では継美への愛情。
こんな事が松雪の表情や立ち居振る舞いから伝わって来ます。
いい女優です。
他の役も観たい。

3:
母親が娘の髪を梳す
第七話でも奈緒が継美の髪を梳します。
これがいいんだなぁ(^_^)v。
そこにあるのは、母と娘の愛情、親密さ、絆、穏やかさ、そしてその背景にある平和。
非常に美しい日常生活の一場面。
母親と娘だから出来る事であって、父親と息子には出来ないなぁ…。
母親と娘は格好つけるためにやっているのではありません。言い換えるとその美しさを意識していません。
たとえ奈緒と継美の様に生物学的な母娘でなくても、その穏やかな美しさは変わりません。

髪を手入れし飾る事を始めた太古より男共の目を楽しませてきた母と娘のこの光景、その美しさは万古不易。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その9

第七話

1:
出てきましたね、道木仁美。
継美の生物学的母親。
心が荒んだ仁美、さすが尾野真千子、いいね。

2:
葉菜うっかりさん、奈緒を捨てた理由が『嫌われ松子の一生』でしたか。
葉菜うっかりさんが理容師の資格を取ったのは受刑中に間違いないでしょう。

3:
今回は「緩」の回。協奏曲の第二楽章。小休止。
だからと言って弛んでる訳じゃありません。
継美と葉菜うっかりさんとの親密な間柄が微笑ましく、いい。「お母さんて、眉毛と眉毛がくっつくの」なんて台詞、いい、大変いい。
しかしそれだけではなく観ている人間に疑問を起こさせ、次回への興味を繋いでます。
まず、葉菜うっかりさんが犯した犯罪は何?
犯罪を犯した理由は?
どうやら仁美は子供を虐待する様な母親ではなかったらしい。ではなぜ虐待する様になったのか?
継美は誰の元に行くのか?
奈緒と継美は新しい戸籍を手に入れ別人になるのか?

4:
芽衣の中絶、何にも描写なし。

5:
このまま平穏無事に終わるはずがありません。
次回が楽しみ。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その8

第六話
1:
ついに継美の正体が奈緒の家族にバレました。
奈緒が養子である事も二人の妹にバレました。
葉菜うっかりさんは入院。
藤子は奈緒を戸籍から抜き二人の妹を守ります。
俊輔は葉菜うっかりさんに接近。
そして、
仁美が東京にやって来ました。
分水嶺です。
物語は後半へ。

2:
今回は室蘭へ一人で帰ろうとした継美が婦人警官に保護され、そこへ探しに来た奈緒が見つける場面。
継美が「お母さん」と奈緒に駆け寄ります。

これにはやられました。

継美と奈緒の絆、結び付き、愛情。
二人の関係はハッキリしました。
親子です。
次回以降、奈緒は母親として感じ考え行動する、と予想。藤子の様に。

3:
藤子は予想通り奈緒を諭しましたが、二人の子供を守るために奈緒の戸籍を抜くことに同意。
藤子の行動に冷たい女だと怒る方もいると思いますが、脚本から考えると奈緒の行動の鏡のイメージです。
二人共自分の子供を守る母親なんです。
冷血と思われようが、誘拐犯と後指差されようが、子供を守るためには自分が犠牲になる事を厭わない母親です。
こういう母性の演出だとは分かりますが、それでも藤子の考えは情に流され過ぎてます。会社社長という設定ですから、冷静になり知恵を使って欲しい。会社社長なんですからこういう難問を何回か解決し乗り越えて来たはずです。

4:
芽衣は中絶しちゃいました。婚約者の同意があるといともあっさりと。
ん~、これが日本人の中絶に対する意識なんでしょうか。
芽衣には第七話の最後まで悩んで欲しかった。
私が脚本家なら芽衣の婚約者には、少なくともしどろもどろにさせます。

5:
今回もう一つ物足りないのが、奈緒の戸籍を抜く場面とそれ以降で誰も継美を慰めない事。
継美は自分が原因で皆が言い争いになったのを分かってるはずです。
理想を言えば藤子おばあちゃんが「継美は悪くないのよ。みんな継美のことは大好きよ。」と言ってあげて欲しかった。

6:
藤子の代わりに奈緒と継美を守りに現われた葉菜うっかりさん。
自分の命が長くない事を知っていますから、母親として二人のために命を犠牲にする覚悟でしょう。
また葉菜にも奈緒だけでなく、奈緒の代わりに心配してくれる柚川珠実医師(市川実和子)がいます。
こんな具合に『Mother』では一人の人間(女性)に対し愛情を与えない人間と与える人間がいます。

7:
今回は脚本の穴や弛みがありますが、一人で帰ろうとした継美が「お母さん」と奈緒に駆け寄る場面では、やはり釘付け。
HPの「ストーリー」によると次回はいよいよ葉菜うっかりさんが奈緒を捨てた理由が分かり、仁美が奈緒と継美に会います。
来週が待ち遠しい。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その7

第五話
英語系なんで「凄い」という形容詞を避けるようにしてますが、この『Mother』は、
凄い
わ。
物語に釘付けになり、次週の放送が待遠しいのは、去年の『リミット~刑事の現場2~』と『外事警察』以来。
1:
観ている人間を釘付けにする力が非常に強い。
この第五話の前半は、次のものが詰め込んであり釘付け。
・奈緒と生みの母の葉菜うっかりさんとの母娘としての再会。
・奈緒と藤吉俊輔(山本耕史)との対峙(→「対決」という程のものではない)。
・俊輔の事情。
2:
奈緒は俊輔に強請られ予想通り豹変(予想が当たり(^_^)v)。
俊輔は奈緒の決意にち~と圧倒され、攻撃の矛先を収めます。とりあえず休戦。
取材していた虐待児を救えなかった過去がありそのために奈緒を強請るのを止めるっていうのは、説得力がある脚本。
俊輔はそれ程悪人じゃないから、今後奈緒と継美に協力しそう。
(→HPの「ストーリー」#6を参照)
3:
奈緒は第五話まで来てようやく感情を表わし大きな声を初めて出しました。
原因は葉菜うっかりさんが自分の生みの母だと分かったから。
奈緒は押し殺していますが、自分にとって生みの母が一番の問題なんです。
4:
そして第五話後半は、幼い奈緒が藤子に心を開くまでの話。
前半の緊張感がほぐれますが、二人の愛情のおかげでやはり画面から目を離せません。
悪くない脚本です。
5:
そして最後は、今迄影を潜めていた仁美(尾野真千子)がいよいよ現われて来ました。
6:
奈緒の育ての母藤子を演じる高畑淳子、HPの掲示板では田中裕子程注目されてませんが、中々宜しい。

7:
さて、ここまで自分が書いたものを読み直すとあらすじと同じ。感想にも評にも分析にもなってない(涙)。
Mother』に負けてるって言う事。
考えてる暇が無い程釘付けになるドラマです。
一言で表わすと、やはり、

凄い





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その6

Mother』色々その1
1:
HPの掲示板を見ると、奈緒の誘拐を弁護する人が多い。
、と言うか、「あれは保護」とか弁護する人しかいません。
人の気持ちとしては当然でしょう。私もそう思います。
奈緒が継美を助けたのは正しい事です。

2:
し、か、し、

正義のためなら、何をしても許されるのか?正義のためなら、法を破ってもいいのか?

許されません。

奈緒のやった事は正しい事ですが、やり方が間違ってます。

2-1:
第四話で奈緒は継美の特別転入のために、夫からの暴力を装い自分を傷付けます。
2-1-1:
この行為も検察側(と仁美[継美の生みの母]の弁護士がいれば)には、奈緒が誘拐を隠すための行為と捉えます。
また奈緒の一連の違法行為が許されたとしても、関係機関は違法行為を繰り返した奈緒を継美の保護者に認めない恐れがあります。
2-1-2:
また奈緒は大学の研究室で鳥の調査をしていた設定ですから、大卒は当然として大学院の修士課程も修了しているかもしれません。
これだけの高等教育がありながらも違法行為を繰り返したという事は、倫理観や公徳心に欠け保護者に適さないと関係機関から判断される恐れもあります。
2-2:
自分を助けてくれた奈緒が「犯罪者」だとしたら、継美は喜べるはずがありません。継美は無条件に奈緒に感謝出来ません。
生みの親の仁美が自分に酷くするのは自分のせいだと思った様に、奈緒を「犯罪者」にした原因は自分だと再び自分を責めるはずです。
2-3:
以前にも書いた通り奈緒が罪を償わない限り、奈緒と継美だけでなく二人に関わった人々全員が不幸になる恐れがあります。

3:
一つ疑問なのが、なぜ奈緒は継美の虐待について関係機関と育ての母に相談し助けを求めなかったのでしょうか?
この点は第四話まででは、何も語られていません。

4:
奈緒には母親が二人います。継美にも二人いると捉えていいでしょう。
四人の母親の中で犯罪も犯さず倫理的にも正しい事をしているのは、奈緒の育ての母鈴原藤子(高畑淳子)だけです。奈緒の生みの母葉菜うっかりさんは後悔と負い目があるのは明らかで、奈緒の行為を叱らず諭しません。
奈緒と仁美は感情的です。
そうなると奈緒と継美を救えそうなのは、第四話までを観た限りでは奈緒の育ての母藤子しかいません。藤子は社長をやってる設定ですから感情的になり過ぎず理性を働かせそうな予感がします。

5:
ではなぜ、こういう脚本になったのでしょう?
HPに書かれているこのドラマのテーマ、

母性

のためでしょう。
かわいそうな子供のためなら、女性はどんな事をしてでも助けるという事の様です。
それも「本能的に」、です。
母性というものを肯定的に捉えるのは何の問題もありませんが、そのために法を犯すことは全く別の事であり許されません。
奈緒が第四話までにやった事はタクシードライバーや水戸黄門と同じです。

6:
奈緒と継美が親子になり幸福になる事を願うのは私も同じです。
そのために一番重要な事は奈緒の罪の償い方です。
最悪奈緒に実刑判決が下り懲役刑になり継美が奈緒の出所を待ち親子になれる方が、「超法規的」に親子になれるより遥かにいい。
Mother』がドラマとして成功する鍵は奈緒の罪の償い方にあります。「超法規的」にこの問題を解決しなければ傑作になる可能性があります。
(葉菜うっかりさんと藤子が奈緒より重要になりそうな予感が…)
脚本の坂元裕二の腕次第です。

ガンバレ、坂元裕二、応援してるゾ!



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その5

第四話その2
1:
ドラマ中盤、奈緒が暗い部屋の中で寝ている継美の手を握り、それから紙を取り出し折り目に合わせて折ります。
そうすると紙飛行機完成。
この場面が最後の場面に繋がってます。
まず葉菜うっかりさんが継美の手を握り、奈緒の独白「あの日の母親の手の感触はよく覚えている」。
そして継美が飛ばした青い紙飛行機。葉菜うっかりさんが折ったのは間違いなく(=同じ形)、葉菜うっかりさんが自分の生みの親だと奈緒が気付いたのも間違いないでしょう。
取れないのも眼帯のためばかりではなく、同じ形に気付き呆然としたからでは?

…、と気付いたのは『Mother』HPの掲示板に書いてあったから。私は奈緒の母親としての決意に圧倒され、そこまで頭が回りませんでした(笑)。

2:
HPの掲示板、かなり盛り上がってますから関心のある方は入ってみて下さい。

ケータイ:
http://myntv.jp/sys/bbs/entry/?bbs_id=58

PC:
http://www.ntv.co.jp/mother/bbs/index.html

3:
奈緒がやった事は、動機はどうであれ、誘拐には変わりなく、継美の母仁美(尾野真千子)の虐待と同じく犯罪には変わりありません。
奈緒と継美が幸福になるには、奈緒が罪を償わなければなりません。
藤吉俊輔が本性を表わし二人に近付いた目的を明らかにしたのは、正に奈緒が罪を償わなければならない事を暗示してます。
奈緒は知恵を振り絞って難題を一つづつ解決しなければなりません。

4:
HPの「ストーリー」を見れば分かりますが、次回、問題は更に酷くなります。

…ガンバレ、奈緒、継美!
~by 俺~


(次回予告でもあるHPの「ストーリー」は更新が早く、放送が終わると次回の「ストーリー」が載ってます。)

5:
さて奈緒の妹芽衣のお腹の子供。障害があります。中絶可能の期限は2週間後。つまり第六話までにはどうするか決めねばなりません。
個人的にはTV版『セカチュウ』と『愛と死をみつめて』のファンですから、中絶には反対。命は貴重だし生きる事は素晴らしいから。
出来れば芽衣のお腹の子にも生きる機会をあげたい。
しかし、生まれながら障害を持ち生まれた瞬間から苦痛に満ちた人生を自分が送るとしたら?
現在の私は健康で幸福だから人生を素晴らしいと言えるのであって、芽衣のお腹の子供の様に生まれた時から肉体的な苦痛に悩まされるとしたらどうでしょうか?
中絶に反対し、生きる事は素晴らしいと言えるでしょうか?

簡単には答を出せません。
2週間後までの宿題。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その4

第四話
1:
凄い内容になって来ました。

2:
継美の特別転入のために自らを傷付けた奈緒。
継美の母になるための決意を見せました。

…溜息、特大な溜息が一つ。

第四話は、これだけで十分でしょう。母は偉大です。

3:
藤吉俊輔(山本耕史)も目的を表わしました。ただまだ奈緒の決意を知らず、我が子を守る母親が豹変する事も知らないのでしょうか?
山本耕史が悪役?私が観た限りでは初めてですね。

4:
第四話もいくつか書く事があるんですが、継美のためなら自ら傷付く事を厭わない奈緒に圧倒され書く気を失いました。

母親は偉大です。
そして母親の偉大さを光らせるのが子供を虐待する母親。
もう一つは傍観者。

…とりあえず身の回りにそれらしき事が無いので安心の溜息。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その3

第三話
1:
そう言えばこのドラマ、ハイビジョンのビデオじゃなくてフィルムで撮影してます。
第三話まで観ないと分かんないんだから、情けねぇ…(涙)。

2:
第三話、そしてこのドラマ前半の山場が、
鈴原奈緒は生物学的な母、望月葉菜と出逢い、実の母とは知らずに、ハッキリと記憶に残る母との別れを話す場面。
二人共30年に渡り自ら押し殺し、また時と共に自然に薄れて行った悲しみ。しかし決して消えてない悲しみと今でも血が滲む心の傷。
30年間悲しみと対決し疲れた心。
この場面約5分、音楽、効果音無し。

2-1:
奈緒の話の内容がとんでもなく重大な事ですから、観てる人間が釘付けになって当然。
それでもそれでも、松雪泰子田中裕子の穏やかな演技がいい。特に二人の悲しみとの対決で疲れ希望を持つ事を止めた気怠さがいい。
高気圧におおわれ安定した穏やかさではなく、厚い雲が垂れ籠め、天気が崩れるかもしれず安心出来ない、一時的かもしれない穏やかさがいい。
どちらにしろ穏やかさには違いありません。

2-2:
若い方には奈緒の方に肩入れをしたくなるかもしれません。
勿論捨てられた奈緒は当時5歳で自分では何も出来ませんから完全に被害者です。
しかし他人の事を考えられる様になると、母親葉菜のした事は許されませんが、一方的に責める気にはならないはずです。
奈緒を憎み、無関心に、冷血に、捨てたのではなく、
涙を流さなくても心から血を流しながら捨てたのは明らかです。
(→次回以降で分かるはず)
奈緒が捨てられた日の事を30年も経ちながらあれ程ハッキリと覚えていて、いつまでも人込みの中から母親を見つけだそうとした事を知った時の衝撃、どんなものだったのでしょう。
(→その衝撃を示すのが、葉菜が涙以上に流す水道)。

2-3:
奈緒が小声で話すのも納得行きます。

希望を持つ事を止めた穏やかさがあるんです。
希望が無いから失望や絶望が無く平穏なんです。
既に涙を流し過ぎたんです。
悲しみの過飽和になっていて、次に心から血を流すとどんな酷いことになるか、どうなるか分からないんです。
(それでも継美を誘拐し自ら波乱を引き寄せてます)

→奈緒はこんな状態の様です。

3:
脚本に小さな甘さがありますが、全体的には合格の出来以上、かなり出来がいい。
音楽を最小限にし役者の演技を中心にした作りが成功してます。演技陣はやりがいがあるんではないでしょうか。
そして出来を良くしている第一の要因が、継美を演じる子役の芦田愛菜

4:
ただ主題歌が、ドラマの視聴者の関心を掴む力強さと比べると、弱過ぎます。
『ラスト・フレンズ』で宇多田ヒカルが歌った『Prisoner of love』みたいなドラマに合い歌自体も魅力的な主題歌は、非常に稀だという事です。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その2

第二話
1:
そう言えば鈴原奈緒(松雪泰子)、常に小声。
人目を避けてきた人生の習慣でしょう。
その理由は何でしょう?また大きな声で喋る時は来るのでしょうか?

2:
奈緒と継美の危うい母娘関係、ちょっとした緊張感があり観ている人間の関心を引き止めます。
二人にしたらちょっと大変なことになっているんだけどね(笑)。

3:
継美(怜南)に対し生物学的な母の仁美、誘拐的な母の奈緒。
と思ったら「この娘にしてこの母あり」。
奈緒にも二人の母がいます。生物学的な母の望月葉菜(田中裕子)、育ての母鈴原藤子(高畑淳子)。
へぇ~面白くなってきましたねぇ。

4:
そして最後、奈緒は葉菜と歩道橋の上ですれ違います。
葉菜は藤子と約束した通り奈緒とは会わない人生を選んだ事(選ばざるを得なかった、かも)を表してます。
しかし、継美と葉菜は同じ側にいます。
(→答は予告編で流れた通り葉菜は継美と親しくなります)
非常に好奇心を刺激する演出です。母娘、祖母と孫娘、どうなるんでしょう?
この三人の出逢いには無理がなく巧い脚本です。

5:
しかし、ももこさんの家での一連の場面はちょっと苦しい。
ももこさんが市の施設に引き取られる時、継美が隠れている所から飛び出すんですが、あれはももこさんを引き取りに来た人達に見つかるでしょう。
ま、他の場面の出来が悪くないので許される範囲内ですな。

6:
継美の生物学的な母の仁美、殆ど触れられていません。どの様に脚本で扱われるか、これも興味深く楽しみ。

7:
ももこさんの家の場面で菜の花畑や菜の花が出て来ます。
花言葉は、
「豊かさ、財産」
登場人物達にとって豊かさと財産は何でしょう?



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Mother』その1

★簡単な紹介

〇放送
2010年4月14日~6月23日
水曜日 22:00~22:54
全11回
日本TV系

〇スタッフ
脚本:坂元裕二
演出:水田伸生
プロデューサー:次屋尚、千葉行利

〇出演者
芦田愛菜
松雪泰子
高畑淳子
田中裕子
尾野真千子
山本耕史

★評

観るか迷ったドラマ。
意外と良かったので観る事に決定。

第一話

1:
幼児虐待の話だから虐待を描かねばなりませんが、惨い描写や子供の悲鳴を入れるのは悪趣味だし、実際のところ、そんな場面は入れられるはずがありません。
このドラマでは子供に痣を付けることもなく、視聴者の想像力に訴える描き方で、成功してます。
視聴者の関心の捉え方が巧く、ある意味、力強い作りになっています。
視聴者の関心を掴むという第一話の役割を完璧に果たしました。

2:
露骨に虐待行為とその結果を表さないのは好ましいのですが、虐待される道木怜南の髪がキレイ過ぎるしツヤツヤし過ぎ。もう少し汚く出来なかったのでしょうか?
髪の手入れが行き届いてないと、最後の場面で鈴原奈緒に髪を梳される事の意味が強調出来たんですが…

3:
渡り鳥がキーワードの一つの様ですが、継美と名前を与えられた道木怜南は生みの母の元へ戻るのでしょうか?

4:
鈴原奈緒が道木怜南を不憫に思い誘拐するのは、脚本と演出のおかげで疑問の余地を挟ませません。
しかし、なぜ警察等へ届けず誘拐という方法を選んだのか?ま、この点は、次回以降に御期待、でしょう。

5:
道木怜南は新しい名前に渡り鳥を望んだのに、結局「ツグミ(継美)」を与えられ受け入れます。
またしても「母親」の言う通りになりました。新しい母親との関係の第一歩も母親の言う通りにする事。
ん~、生みの母との関係と変わらんのでは?鈴原奈緒との暮しも何やら怪しいですゾ。

6:
道木怜南を演じる子役、芦田愛菜、所々怪しげな点はありますが合格の出来。でも八木優希と比べるとちと苦しい。
秘密があるのが見え見えの鈴原奈緒を演じる松雪泰子、いいですね。
最近気になっている尾野真千子は道木怜南の母親仁美役。三角定規型(笑)の鼻で直ぐに分かりますが、今のところは誰でも出来る役で実力を発揮してない感じ。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
38位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

芳根京子 和田アキ子 梅沢富美男 門脇麦 市原隼人 高橋メアリージュン 道枝駿佑 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 春風亭昇太 桂文枝 加藤晴彦 伊藤若冲 クリスティーズ 山口桂 吉田羊 ボス 雪舟等楊 ブリューゲル 雪村周継 長次郎 カフェ・パウリスタ 長谷川利行 樂家 道入 尾形乾山 本阿弥光悦 了入 加山又造 相葉雅紀 卯花墻 油滴天目 曜変天目 稲葉天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 森村誠一 人間の証明 ミュシャ スラヴ叙事詩 瑛蓮 大倉孝二 中村蒼 篠原篤 福田ゆみ 鈴木省吾 平成館 東京国立博物館 金田明夫 平岡祐太 坂口健太郎 鈴木亮平 松たか子 富澤たけし 吉岡里帆 八木亜希子 東京都庭園美術館 超絶技巧 有線七宝 無線七宝 並河靖之 濤川惣助 木野花 シシド・カフカ 住田萌乃 ヤオ・アイニン 山本未來 キムラ緑子 新井浩文 黒木瞳 工藤阿須加 渡辺大 大島蓉子 高畑充希 佐藤二朗 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・パオティエン リー・ウェイ 菊豆 風間俊介 手塚とおる 山田美紅羽 篠川桃音 水谷豊 桜田ひより 新克利 三國連太郎 秋吉久美子 緒形拳 新田次郎 高倉健 田中要次 小堺一機 柄本時生 野麦峠 女工哀史 山本茂美 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 地井武男 原田美枝子 川崎紘菜 木下ほうか 山田涼介 新川優愛 篠井英介 ディーン・フジオカ 土屋太鳳 稲垣来泉 津田寛治 岩田剛典 川津明日香 田中直樹 佐野勇斗 小田野直武 解体新書 菱田春草 秋田蘭画 サントリー美術館 佐竹署山 菅田将暉 加賀丈史 江口のり子 本田翼 石原さとみ 青木崇高 モディリアーニ モネ 向井潤吉 デトロイト美術館 クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン 根津美術館 圓山應擧 アルチンボルド 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 出光美術館 円空 長澤芦雪 仙厓 曽我蕭白 正倉院 戦争論 小林よしのり アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー ラ・トゥール 聖トマス カラヴァッジョ 鈴木其一 マネ 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 曜変天目茶碗 長谷川等伯 円山応挙 雪松図屏風 藤花図屏風 油滴天目茶碗 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 石川進 大塚周男 今井悠貴 望郷 みかんの花 海の星 雲の糸 ハインケル スピットファイア― メッサーシュミット ポルト・リガトの聖母 新国立美術館 佐々木心音 中村倫也 光宗薫 三田真央 久松郁美 やべきょうすけ 本多力 満島真之介 山本裕典 森田藻己 恵順 宮川香山 東京藝術大学 朝顔図屏風 坂井真紀 横山歩 富田靖子 高畑裕太 村上虹郎 寺尾聰 真剣佑 石井杏奈 三宅弘城 滝藤賢一 松尾幸美 片桐仁 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 時計じかけのオレンジ 福山翔大 浦沢直樹 小室哲哉 仲代達矢 富士眞奈美 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 ルノワール 菊池風磨 竹内涼真 八木莉可子 黒島結菜 吉田博 小島梨里杏 小野塚勇人 赤間麻里子 滝沢沙織 林田悠作 ジュディ・オング 妹尾青洸 山田将之 鈴之助 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 八ッ橋図屏風 風神雷神図屏風 紅白梅図屏風 MEGUMI ダ・ヴィンチ 銅鏡 ボッティチェリ 拙宗等揚 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 橋田壽賀子 石井ふく子 大空真弓 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 尾藤イサオ 川栄李奈 松坂恵子 小芝風花 徳井義美 蘭寿とむ マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 倉光泰子 水野美紀 加藤清史郎 松下由樹 シャーロット・ケイト・フォックス 松田芹香 山本耕史 寺田心 渡辺舞 橋爪功 広重 保栄堂版 北斎 太田記念美術館 東海道五十三次 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 富岡鉄斎 狩野元信 浦上玉堂 池大雅 青木木米 田能村竹田 与謝蕪村 着艦 発艦 T45 成宮寛貴 町田市立国際版画美術館 デューラー 柄澤齊 メラン ビュラン エングレーヴィング Leola 濱田龍臣 西岡徳馬 飯豊まりえ 藤田弓子 松井愛莉 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 岸田劉生 岡本太郎 佐伯祐三 安井曾太郎 安田靫彦 和田三造 田村孝之介 中村研一 北蓮造 竜星涼 野波麻帆 今野浩喜 風神雷神図 光琳 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 燕子花図屏風 ティーチャ 名所江戸百景 原安二郎 六十余州名所図会 千絵の海 富士三十六景 坂上忍 矢柴俊博 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 カキツバタ 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 高浮彫 暗花 釉下彩 釉裏紅 大人計画 松尾スズキ 皆川猿時 村上弘明 陣内孝則 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 カストラート 鞏俐 妻への家路 陳道明 チェン・ダオミン 高良健吾 森川葵 真飛聖 伊藤歩 甲本雅裕 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 和久井映見 蓮佛美沙子 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 牛乳を注ぐ女 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 高田彪我 象彦 三井記念美術館 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 平澤宏々路 多岐川裕美 中島裕翔 サンダーバード 木皿泉 薬師丸ひろ子 弓をひくヘラクレス 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 中村勘九郎 宮川大輔 立川談志 田邊哲人 松本喜三郎 生人形 谷汲観音像 当麻蹴速 安本亀八 野見宿禰 聖プラクセディス 聖女 マグリット 植田正治 抽象画 カンディンスキー 抽象芸術 小堀遠州 龍安寺方丈庭園 枯山水 秋冬山水図 松岡茉優 星野源 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 加賀まりこ 上島竜兵 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 DVD CD ブルーレイ 再販売価格維持制度 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 神奈川県立歴史博物館 小林清親 歌麿 写楽 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー 1984年 明日、ママがいない オーウェル 華氏451度 図書館戦争 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 松崎町 入江長八 鏝絵 城田優 葵わかな 神田沙也加 川平慈英 内山理名 西内まりや 尾美としのり 投入堂 蔵王権現 三佛寺 總持寺 西新井大師 藤原道長 冷泉家 山田望叶 上川隆也 大原櫻子 市川由衣 馬場園梓 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 窪塚俊介 小林涼子 山下リオ 蒔絵 初音蒔絵調度 貝桶 沈金 水上剣星 塚地武雄 歌川国芳 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 生きている兵隊 クリスチャン・ベール 半藤一利 昭和史 石川達三 種田陽平 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ピノキオ ディズニー 高畑勲 松下洸平 黒川智花 中条あやみ 警部マクロード すぐやる課 儒教 中庸 内館牧子 櫻井淳子 宮地雅子 桐原亮司 高杉真宙 吉本美優 ロバート・ハインデル 熊川哲也 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 氷図 大乗寺 松に孔雀図 相国寺 大英博物館 大瀑布図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 安藤健二 封印作品の謎 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 丸山智己 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 中原丈雄 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 足立梨花 近藤芳正 郷ひろみ 星月夜 三遠法 大はしあたけの夕立 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 床嶋佳子 鶴見信吾 山口馬木也 藤井流星 歌川椎子 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 東福寺本坊庭園 菊地成孔 重森三玲 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 阿部サダオ 「PIECE WISH」 OF MY 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 シェル フェラーリ シューマッハ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 中村橋之助 佐野亜裕美 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 零士 夜王 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 狩野永徳 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 NHKアーカイブス 紺野美沙子 未来からの挑戦 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 歌川広重 狩野永祥 小林正寛 岡本信人 高橋真唯 村井良大 原田泰造 岩井堂聖子 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 不破万作 柴田理恵 安藤玉恵 古田新太 長塚京三 大滝秀治 古谷一行 狩野常信 仁清 狩野重信 狩野尚信 乾山 狩野探幽 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 小さな中国のお針子 ジュウ・シュン チェン・コン 陳坤 リウ・イエ 劉燁 周迅 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 横山大観 山種美術館 川端龍子 牧進 速水御舟 名樹散椿 ダンカン 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 岡倉天心 東京国立近代美術館 サン・バオ フォ・ジェンチイ 莫言 リー・ジア 霍建起 モォ・イエン グオ・シャオドン 故郷の香り 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 中田喜子 大谷亮介 はろるど アントラーズ 鹿島 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 上原陸 西山潤 研ナオコ 田辺修斗 石井トミコ 藤原薫 平愛梨 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 藤本隆弘 中村ゆりか 財前直見 井上真樹夫 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 広島平和記念資料館 被爆再現人形 中国新聞 広島平和資料館 原爆の絵 平和データベース 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 翠玉白菜 故宮博物院 NHKスペシャル アンギラス 強き蟻 矢島健一 ブラザーサン オラトーニ シスタームーン 石塚英彦 高瀬好山 明珍 冨木宗好 冨木宗行 アートシーン 自在置物 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 山崎光 真夏の方程式 石田ニコル LiLiCo 三浦理恵子 遊井亮子 没後90年 永井大 蔦の細道図屏風 松島図屏風 六平直政 中村梅雀 ルコック・スポルティフ マイヨージョーヌ デサント本社 白山松哉 日月烏鷺蒔絵額 清水三年坂美術館 村田コレクション 村田理如 あべまみ ザ・スタンド 21世紀少年 復活の日 蝿の王 動物農場 波濤図屏風 今井雅之 自在 牙彫 刺繍絵画 薩摩焼 金工 印籠 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 風の又三郎 藤城清治 影絵 オーヴェールの教会 キェシロフスキ 青の愛 トリコロール 原発敗戦 福島第一原発 船橋洋一 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 大虐殺 ソルジャー・ブルー キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 神田隆 栄光のル・マン スティーヴ・マックイーン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 戦力外捜査官 関根勤 TAKAHIRO 大木隆行 有川浩 渡邉このみ 三上博史 大後寿々花 呉天明 陳凱歌 チェン・カイコ― 酒井美紀 橘らい四郎 奥村和一 山西省日本軍残留問題 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 今村昌平 ゆきゆきて神軍 奥崎謙三 原一男 新版画 デビット伊藤 マックス・フォン・シドー 第七の封印 イングマール・ベルイマン ステファノ・ディオニジ ジェラール・コルビオ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 迎賓館 七宝花鳥図三十額 オフィーリア ミレイ ラファエル前派 オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 谷中村 栃木 棄民 田中正造 足尾銅山 足尾鉱毒事件 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 武満徹 切腹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 桜井美南 本郷奏多 ミッキー・カーチス 岩井俊二 京野ことみ 宮里駿 なぞの転校生 赤の愛 チュイトウ シャルトルの大聖堂 ステンドグラス チョウ・ユンファ 王妃の紋章 秋菊の物語 大怪獣 バラン 逸見東洋 石倉三郎 小林古径 奥村土牛 ジュリエット・ビノシュ コリント前書第13章 愚行の輪 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR