『日曜美術館 至宝が伝える 天平の文化~第68回 正倉院展~』

★簡単な紹介

○放送
2016年10月30日(日)
午前9:00~9:45
NHK Eテレ


正倉院展は毎年2週間しか開催されないし、奈良なんて僻地だから行く気にもなれず、
オマケに美術好きの掛かり付け医によると「見せてやる」と言う悪い雰囲気らしいので、
更に行く気を失っております。

東京国立博物館で大々的な展覧会をやらないかなぁ。

昨年に続きNHK Eテレの「日曜美術館」で観ました。

さて、印象的だったのは…


1:
漆胡瓶
(しっこへい)

ペルシャ風の漆の水差し。
唐で作られ、日本へ伝わったらしい。
表面の草花、鹿、鳥などの文様は銀を切り抜いて貼り付ける「平脱」と言う技法。
漆は経年変化で変形しやすいので、この漆胡瓶の様に漆が剥げたり割れたりせず、
表面の銀の文様が剥げたりしないのは、長年謎だったとか。
奈良時代、710年から794年、の物だから、1,300年は経ってる訳です(@_@)。

素地は木、木胎。
長年、編まれていると思われていましたが、X線検査により違うと判明。
横向きの筋があり、側面は階段状になっていると判明。
薄く細い帯状の木を巻き上げて作った「巻胎(けんたい)」と言う技法で作ったと判明。

特に乾燥に強いとか。
だから殆ど作品が変形しないとか。

…漆芸品の知識は全く無いので、ただただ感心するのみ。


2:
白葛箱
(しろかずらのはこ)

経典等を収める箱で、作品名どおりアケビや葛を編んで作った物ですが、
この編み方が未だによく分かってないらしい。
滋賀県の水口細工と言うのがこの編み方に近いけど、編み目に隙間が出来、違っています。
箱の各部を作り、それぞれを編んで繋げるのですが、どうしても繋ぎ目に歪みが出来、
この点が白葛箱と決定的に違うとか。

滋賀の水口細工も戦後廃れ、技術の復興に7年も掛かったくらいですから、そうは簡単に分からんでしょう。
それにしても、1,300年前にこんな素晴らしい物を作れたとは…(溜息)。

水口細工も悪くありませんが、編み目に隙間が無いこの御物には敵いませぬ(溜息)。


3:
大幡残欠
(だいばんざんけつ)

幡(ばん)は旗の意で、聖武天皇の一周忌、一周忌斉会で使われた旗だとか。

下部が大幡脚(だいばんのあし)
この二つは日本で作られた綾と言う絹織物。

浅緑地鹿唐花文錦大幡脚端飾
(あさみどりじしかからはなもんにしきのだいばんのきゃくたんかざり)
幡の脚の一番下の飾り。
錦と言う高価な織物。織物の中で最も華麗なため、中国で「金」と等しい「帛(はく、=絹の織物)」と言う事で「錦」の文字が作られたとの事。
しかも、こんな高価な織物を切って使ったと言う事ですから、ビックリ(@_@)。

東大寺と盧舎那仏を作った聖武天皇ですから、それに対する思い、国が大きな力を注いだか分かると言ってましたが、
その通りでしょうね。


4:
感想

現在とは富の集中が比べ物にならぬ位一か所に集まっていましたから、正倉院御物に超絶品が集まって当然ですが、
それでもねぇ、こうやって見ると圧倒されます。
現在の超絶的お金持ちもこういう物を作っているんでしょうか?

自家用ジェットも悪くありませんが、芸術に金を使って欲しいもんです。
グッゲンハイム一族の様なお金持ちは現れるでしょうか?






タグ 正倉院






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 未踏の頂へ ~吉田博の挑戦~』

★簡単な紹介

○放送
2016年7月10日(日)
午前9:00~9:45
NHK Eテレ


1:
ついこの間まで千葉市美術館で大回顧展をやってたんだよなぁ…(溜息)。

2016年4月9日(土)~5月22日(日)
HP→http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2016/0409/0409.html

新聞に代表作「日本アルプス十二題 劔山の朝」の写真入りで公告が出ていたけど、白黒の活版だったんで全然魅力が分からず、
オマケに場所が千葉なんて辺境だから、見に行こうなんて全く思わず(溜息)。

現在郡山市美術館で巡回開催中

HP→https://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/022-now.html

この番組によると、次回東京でやるのは、何と来年2017年(@_@)。
でもやらないよりは遙かにいい!(^^)!。
でも、丁度1年後じゃん(@_@)。

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
2017年7月8日(土)~8月27日(日)


2:
版画は川瀬巴水の様に従来の浮世絵に西洋に技法を加え、新たな浮世絵の世界を作った物。
川瀬巴水同様にとてもいい。
ただそれだけ(笑)。

油彩や水彩の風景画も変にいじらず、技巧に走らず、これまた良いデス(^.^)。


3:
テレビで見た限りでは、文句なしに素晴らしい(^.^)。
後は、実物を見て心奪われるか、ガッカリするか、デス。
来年が楽しみであります(^.^)。






タグ 吉田博 川瀬巴水






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

美の巨人たち『葛飾北斎 「富嶽三十六景 山下白雨」』 と 日曜美術館『富嶽三十六景 北斎が見た富士を探せ』

○放送
美の巨人たち『葛飾北斎 「富嶽三十六景 山下白雨
2016年4月16日(土)
TV東京系
(放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/160416/)

日曜美術館『富嶽三十六景 北斎が見た富士を探せ』
2013年1月5日(月)
NHKEテレ


1:
どちらの番組も北斎富嶽三十六景の内、題名に地名が入ってない作品2点
山下白雨

凱風快晴

どこから見て描いたかを探りました。

PCと解析ソフトを使うと、
稜線の形
山頂の形
描かれている物の形と状態
から場所を特定出来るとか。

1-1:
まず、
凱風快晴
は、

朝日を浴びた富士山が見える→山梨県側
山頂がほぼ平らに見える
稜線の勾配が右の方が急に見える→北東側

以上3点を満たす場所が、

三つ峠(標高1785m)
ここからの富士山を更に標高を2倍にするとほぼ同じ形になる(@_@)。

1-2:
山下白雨
は、

山頂の剣ヶ峰が中央に見える→南西側、静岡県富士宮市白糸の滝
左側稜線下部に山塊がある→おそらく御坂山地だが、白糸の滝から御坂山地は見えない
→富士山の標高を2倍にし、更に上空2,500mから見る

そうすると、ほぼ同じ形になる(@_@)。

1-3:
先に放送された日曜美術館を観た時は、本当に驚きました。
20世紀になり、コンピューターが出現するまでは、おおよその場所は特定出来ても、
断定は出来なかったはずです。

北斎の「凱風快晴」と「山下白雨」だけでなく、
コンピューターや細密、精細に分析出来る機器が登場するまで、分析、特定出来ず理解が進まなかった絵画が多いはずです。
赤外線写真が発明、実用化されるまでは油彩の下に何が描かれているか全く不明でしたからね。

今後、作品を破損、劣化させることなく今迄以上に細密、精細に、正確に分析、解析出来る機器が実用化されると、
絵具の混ぜる割合、混ぜ具合、筆圧、筆致、重ね塗りの回数、方向、様々な癖、等も分かる様になり、
フェルメール、カラヴァッジョ、向井潤吉等の超絶技巧の秘密が明らかになるのも近いかもしれません。
更に贋作の鑑定も早く精確になるでしょう。


2:
二つの番組で調査、分析、特定、否、断定(笑)したのは、

「美の巨人たち」に出演したのは、
日本地図センター常務理事
田代博氏

「日曜美術館」の方は録画したBDを引っ張り出してきて再生すると、
筑波大学附属高等学校 東京都文京区
田代博先生

???

勤め先は違えど同じ名前だから調べてみると
同じ方でした(@_@)。
田代博氏のHPのプロフィール→http://yamao.lolipop.jp/profile.htm




タグ 凱風快晴 山下白雨 北斎 富嶽三十六景




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 民家巡歴 向井潤吉の戦後』

○放送
2016年2月21日(日)
NHKEテレ

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2016/0221/index.html

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 HP→http://www.mukaijunkichi-annex.jp/

向井潤吉って江戸時代に確立された「日本古来の茅葺き民家」を描く洋画家だよなぁ、って記憶があり、
『美の巨人たち』でやったなと調べると、2004年7月10日に放送されましたな。
『開運なんでも鑑定団』でも出た記憶があり、調べると2012年2月21日に偽物が出ていた(@_@)。
去年2015年に世田谷美術館へモネの「ラジャポネーズ」やエドゥアール・マネの「笛を吹く少年」を見に行った時に
向井潤吉アトリエ館」の宣伝をしてたけど、「笛を吹く少年」の魅力の圧倒され全く関心が向かいませんでした(笑)。

悪い絵じゃないと番組を観ると…


1:
やはり、いいねぇ~

日本の極普通の自然とその自然と寄り添い添い寝する民家、
とても美しい、魅力的(^.^)。

向井潤吉が描く民家は日本の自然と気候に合わせて作られた自然発生的な物。
だから日本の自然との相性が悪いはずがない(^.^)。

川合玉堂川瀬巴水、この辺の私が好きな絵師と同じ雰囲気を漂わせています。
川瀬巴水は都会の版画が少なくないんですが、当時の東京はまだ郊外の自然と同じ雰囲気を残していたんですなぁ…

そして、去年2015年の年末に見た雪舟等楊の「秋冬山水図」から、おそらくそれ以前からも続く日本の自然独自の雰囲気も漂わせています。


2:
先日フェルメールと共に見た17世紀のオランダ絵画の樹木と自然は、茶褐色。
この番組の向井潤吉を初め、日本の絵画では美しい緑。
17世紀日本では緑青を使い樹木、植物、自然を描いていたんですが、
この違い、差は何なんでしょう?


3:
向井潤吉アトリエ館では、現在「向井潤吉 西日本紀行」展を開催中。
行くぞう(^.^)。




タグ 向井潤吉 世田谷美術館 川合玉堂 川瀬巴水 雪舟等楊





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 「アートの旅 みつけよう美 夏編』 明治の生人形の方

★放送
2015年8月30日(日)
NHK Eテレ

ゲスト:片桐仁(多摩美版画科卒、ラーメンズの一人)

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0830/index.html


この回、記事にしてたと思ったら、してなかった(^_^;)。

1:
田中麗奈が訪れたいわさきちひろではなく、多摩美卒の片桐仁が訪ねた幕末から明治の生人形の方です。

そう、明治の超絶技巧工芸品の一つ。
熊本市内に二作品もあり、それを片桐君が訪ねます。


2:
まずは、

谷汲観音像」 松本喜三郎作 熊本市浄国寺蔵 明治4年

片桐君、ガラスケースのガラスを開けてもらい、見ている(@_@)。
いいなぁ…(笑)。
本で見たことありますが、やはり、デジタルHD放送の精細、透明感には敵わん。
片桐君、喜三郎の曾孫、秀一氏を訪れ見世物で展示された生人形の写真とか、喜三郎が桐で作り着色した蟹を見ます。
しかもこの蟹を、片桐君、手に取るんだもんなぁ…(垂涎)
いいよなぁ(笑)。


3:
お次は、

「相撲生人形」 安本亀八作 熊本市現代美術館蔵 明治23年

『美の巨人たち』で以前放送され、その写実振り、迫力に驚きました。
(参考:2013年1月26日放送 放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/130126/index.html)
日本書紀にある最古の相撲、出雲の国の野見宿禰(のみのすくね)が大和の国の当麻蹴速(たいまのけはや)を投げ飛ばす瞬間を作った物。

非常に片桐君が羨ましかったのが、収蔵庫から出し、分解された物を組み立てる作業まで見続けていた事。
いいよなぁ(笑)。、

更に、出来上がった物をエライ近くから見てる。
いいよなぁ(笑)。

今回気付いたのは、投げられる寸前の当麻蹴速(たいまのけはや)を後ろからワイア―で固定している事。
二人の足の裏にも固定用の輪っかが付いています。
一見すると自立している様に見えますが、少なくともワイア―の補助が無いと立たせていられません。


4:
熊本には「つくりもん」と言われる大きな像を作る伝統が360年もあるとか。
その伝統がこの様な超絶技巧の生人形を作り出したとか。
納得。




タグ 松本喜三郎 谷汲観音像 安本亀八 生人形 野見宿禰 当麻蹴速





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館  「アートの旅 みつけよう美 秋編」』 写真家 植田正治

★放送

2015年12月6日(日)
NHK Eテレ

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/1206/index.html

植田正治写真美術館HP→http://www.japro.com/ueda/

美の巨人たち 『植田正治 「砂丘シリーズ」』2006年10月28日放送
放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/061028/

1:
「美の巨人たち」で観たので10年近く前から知っていましたな。
マグリットみたいだなぁ、が当時の感想。


2:
今回、久し振りに観ると、確かにマグリットの『ゴルコンダ』を写真にするとこうなると納得。
でも、マグリット以上に雰囲気がいい。

逆にマグリットは絵じゃなくて、写真にした方がもっと良くなったかもしれません。
『ピレネーの城』は不可能でも、『ゴルコンダ』は人物画と言えるので出来そうです。


3:
砂丘と空、そして人物を数人、極普通のものを写しただけなのに、
どうしてこういう不思議な雰囲気の写真になるのだろう?

まぁ、それだけの事。
悪い意味じゃありません。
雰囲気を楽しみ、色々想像したりすれば十分じゃないでしょうか?


4:
ネットで「植田正治」を検索すると色々な写真があります。
慌しい日常を束の間忘れるには、とてもいい写真です。
普段、身の周りにいかに視線に不快な物、不愉快な物が多いか、
改めて分かります。
開高健先生風に言うと「視線を跳ね返すものが多い」です。
人間はどんな物事にも慣れますから、日常、不快な物を不快と感じなくなり、
不愉快な物を不愉快を感じなくなっています。
そういう事を改めて教えてくれる植田正治の写真です。



タグ 植田正治 マグリット



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」』

○放送
2015年12月12日(土)
TV東京系

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/151212/index.html

この絵、日本に来ていた(@_@)。
2007年に東京国立博物館に(@_@)。
当時のトーハクのHP→http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=481

この頃は漸く映画とドラマを再び観始め、絵画に関してはまだ熱が復活してなく、
上野に来た事さえ知らなかった(@_@)。

行きたかったなぁ(涙)。


1:
受胎告知」、聖書の一節から。

大天使ガブリエルがマリアに、
「お前さん、おめでとう。妊娠してる。男の子が生まれる。イエスと言う名前にしなさい」
マリアは、
「私は神のはしため、召使の女。おっしゃる通りになりますように」
(ルカ傳 第一章26節~38節)

を絵にしたもの。

多くの絵師が描いてます。
(参考、Wiki→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%97%E8%83%8E%E5%91%8A%E7%9F%A5)

その中でも、なぜか、フラ・アンジェリコに絵が好きなんです。
(いくつかありまして、全部紹介しているのは、このブログ→http://remove.jugem.jp/?eid=223)
(この方のブログ、「受胎告知」の記事が多い(@_@)。関心のある方は「受胎告知」のカテゴリーがあるので見て下さい)

小学生の頃に見て、なぜか分からんのですが、心を捉えられました。
そして、記憶が短絡してると思うのですが、なぜかフラ・アンジェリコの「受胎告知」を見た後、
今は亡き父方の祖父と中華料理屋でラーメンと鳥の唐揚げらしき物を食べています(笑)。

それから20数年後、『誰も行ったことのいない美術館』展(何と、模写だけの展覧会。1990年らしい。会場や美術館等不明)で再会。
この展覧会、マンテーニャの『死せるキリスト』とか、クリムトの『接吻』、ダリ『十字架の聖ヨハネ』等々、超有名どころがてんこ盛りで、
非常に面白かった。
その中の一枚にフラ・アンジェリコの『受胎告知』の模写があり、見て、足が釘付けになりました(@_@)。
残念ながら図録を持ってないので、どれだったかは不明。

その時以来、好きな絵、題材に決定的になりました。


2:
そして、あのフェルメールと並ぶ驚異の写実技法の持ち主、ダ・ヴィンチの『受胎告知』です。
この横長の絵はかなり前から知っていて、いつの日にか見たいと思っていたんですが、
21世紀になってから日本に来ていたとは(涙)。

さた、久し振りにじっと見ると、
テレビの画面からも、21世紀の俗世間とは全くかけ離れた雰囲気が伝わってきます。

衣服のシワを描写するための方法も面白かった。
腕の形の模型(→本当に形だけ)を作り、布を粘土を溶かした水に漬け、それを腕の形の模型に着ける。
そうするとシワが固まり、いくらでも時間を掛け描写出来る。

これにはただ感心するばかり。

また、正面から見るのではなく、右下から見るために描かれた事にも感心しました。

やはり、本物を見たい。
でも、フィレンツェまで行くには、遠いなぁ、金も根性もありませぬ(涙)。



3:
ところで、番組の中で消失点が背景の山にあり、高い山は神の象徴と言ってました。
この高い山に関しては、

>彼は大いならん、至高(=いとたかき)者の子と稱(=とな)へらん、
ルカ傳 第一章三十二節

この辺からも分かります。


4:
こんな感じで、久し振りに大変面白い回でした。




タグ ダ・ヴィンチ 受胎告知 美の巨人たち




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

『至宝にこめた天平の祈り 第67回正倉院展』

○放送
2015年11月1日(日)
NHKEテレ

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/1101/index.html

1:
明治時代の超絶技巧の工芸品と比べると、見劣りするかもしれませんが、
この正倉院の所蔵品は飛鳥時代後期から奈良時代中期の天平文化(AD650~750)の物だから差があって当然。
むしろ、明治より1,200年も前によくあれだけの物を作れた感心すべきでしょう。


2:
見に行きたいのですが、場所が毎年奈良(@_@)。
オマケに期間が2週間(@_@)。
行けるはずがない(涙)。


3:
それでも、オフセット印刷より鮮明なフルHDの映像で見る事が可能になった21世紀。
こういう点では良い時代になったもんです(^.^)。

今回の放送では有名な「紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)」をジックリ観ることが出来ました(^.^)。

驚いたのが、蛇紋岩をくり抜いて作った管楽器「彫石横笛(ちょうせきのおうてき)」。
そして同じく石で出来た尺八「彫石尺八(ちょうせきのしゃくはち)」。
岩をくり抜いたぁ~?
それも奈良時代、700年代ですゼ、皆の衆(@_@)。

ただ言葉を奪われ画面に目が釘付けになるのみ(@_@)。


4:
こんな感じで「魂消る」と言う言葉の由来がよく分かる工芸品ばかりでした。



タグ 正倉院



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち 正阿弥勝義「古瓦鳩香炉』

○放送
2015年11月7日(土)
TV東京系

番組HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/151107/index.html

これ、去年、三井記念美術館で見ました。
超絶技巧! 明治工芸の粋』
図録番号:2-02
この展覧会のチラシにも載ってます。
(参考 私の記事→http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-1758.html)


1:
これも、すんごい超絶技巧、細密写実の金工品(@_@)。
題名に入ってる古瓦を鉄で作り、古び具合が正に古瓦です。

蜘蛛の作りも素晴らしく、俊敏な飛び跳ねる動きを簡単に想像出来る雰囲気を漂わせています。

これも、単に超絶技巧と出来の素晴らしさに感嘆すればいい物です。


2:
それしても、フルHDの映像の美しさ、鮮明さ。
日本が誇る美術印刷もこれには敵わん。

画像を見るだけなら、本はいらずこういう番組で十分。



タグ 超絶技巧 本阿弥勝義 三井記念美術館



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち 本阿弥光悦 国宝「舟橋蒔絵硯箱」』

○放送

2015年10月10日(土)

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/151010/index.html

1:
徳川家康が本阿弥光悦に京都鷹峯に領地を拝領して、今年2015年で400年。
琳派を呼ばれる日本の芸術家達の祖が本阿弥光悦
琳派400年を記念し、『美の巨人たち』でもそれを祝し4週連続で琳派特集。


2:
すんげー作りの硯箱です。
東京国立博物館の所蔵品で、只今、京都国立博物館で展示中。
琳派誕生四〇〇年記念 特別展覧会 琳派京を彩る』の目玉の一つ。
HP→http://rinpa.exhn.jp/

直ぐに見たい方は京都へどうぞ(笑)。


3:
私の様な門外漢でも作りの素晴らしさが分かります。
一番印象的なのは、私の場合、光悦の文字を銀で作り貼り付けた事。
和歌を意匠や絵で表していたのを、本家本元の文字のした奔放さが素晴らしい。
オマケに直接墨や絵具で書かず、厚みのある銀にし立体化し、文字自体を工芸品としました。

江戸初期の作品であり以後続く琳派の自由な発想の源とも言える様な作品です。
同時に江戸時代の素晴らしい芸術の幕開け、と言ってもいいのではないでしょうか。




タグ 本阿弥光悦 琳派 舟橋蒔絵硯箱



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『貝桶 輪島塗の超絶技巧を題材にした番組』

○放送

ETV特集 『よみがえる超絶技巧 輪島塗 貝桶プロジェクトの2年』
2015年8月22日(土) NHKEテレ
HP→http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/150822.html


日曜美術館 『漆芸の極みをもとめて ~輪島塗・超絶技巧工房への旅~』
2015年9月6日(日) NHKEテレ
HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0906/index.html


日本の工芸品、その中でも「超絶技巧」付きは大好き(^.^)。
なぜなら、私の様な門外漢でも出来の良さがよく分かるから(笑)。

NHKEテレの二つの番組で同じ題材が放送されました。


1:
今回のプロジェクトの棟梁、漆芸家北村辰夫さんが30年前の徳川家の『初音の調度』を見て感動した事がキッカケだそうです。
徳川美術館蔵 国宝『初音蒔絵調度
HP→http://www.tokugawa-art-museum.jp/artifact/room5/07.html

江戸の技術を復活し、更に今迄にやらなかった事もやる。
蒔絵沈金(→鑿で彫りを入れ、色粉や金粉を入れる)を施し、立体感をだす事を目指したとか。

元になったのは毛利家ゆかりの貝桶
そして50人の職人集団を作り制作。
期間は2年。

2:
沈金師の若いおねーさん方、彫るまで、彫ってる時、かなり悩み、緊張していますが、当然です。
世界最高峰の工芸品を彫るのを失敗したら、「彫り」ではなく「傷」になるんですから。

それにしても、大変な手間が掛かっているのを目の当たりにしました。
「超絶技巧」と書くのは簡単ですが、実際行うのはとんでもない事がよく分かりました。

成金ではなく、本当のお金持ちしか頼めんゼ(^_^;)。


3:
この作品、名付けて
『菊蒔絵貝桶一式』
オーストラリアの美術品コレクター、ガンデル夫妻からのご依頼だとか。

日本人のお金持ちでこういう物を依頼する人、今いるんでしょうか?




タグ 蒔絵 沈金 貝桶 初音蒔絵調度



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 夢の応挙 傑作10選』

★放送
2015年7月12日(日)

番組HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0712/index.html

図版はネット上にあるんで、興味がある方は御自分で探して下さい。
簡単に見つかります。


1:
あの偉大な絵師圓山應擧の傑作十選。
今回の十選は、

『龍門鯉魚図』大乗寺、兵庫県美方郡香美町
右側の龍門がすげぇ~(@_@)。
こんな瀧の表現、言葉を奪うゼ(笑)。

『雪松図』三井記念美術館
はい、あの素晴らし屏風(^.^)。

『幽霊図(お雪の幻)』カリフォルニア大学バークレー美術館
脚の無い幽霊を初めて描いたのが應擧と言われています。

『牡丹孔雀図』相国寺 承天閣美術館 京都市上京区
見たい(笑)。

『写生図巻(甲巻)』千總コレクション 京都市中京区
千總(ちそう)は1555年弘治元年創業の京友禅の老舗(@_@)。

『藤花狗子図』個人蔵
日本画の題材として子犬を描き始めたのも應擧らしい。

『遊虎図』金毘羅宮 表書院 香川県琴平町
見事な襖絵(=障壁画)。虎の毛皮を元に猫を参考にして描いたとか。

松に孔雀図大乗寺
16面の障壁画。松の描写は相変わらず巧い。見たい(笑)。

大瀑布図相国寺
何と、絵を折って見せる(@_@)。下の方を床に下ろす、触れてる(@_@)。
こんな事考えた絵師、他におらんゼ(@_@)。

こんな絵、白人が考え付くはずなし

天才(@_@)。

氷図大英博物館
これ、とんでもない傑作(@_@)。
信じられん程単純な絵。
墨で鋭い直線を描き、氷の割れ目を表現。
茶道具の二つ折りの風炉先屏風(=ふろさきびょうぶ)として作られたらしい。
90度に曲げても、曲げない平面でも奥行き感あり(@_@)。
凄いのは90度に曲げても左右に続く直線が折れ曲がらない(@_@)。

鋭い直線で氷の冷たさを表してると番組で言ってる通りです。
風炉先屏風ならお客さん用ですから、明らかに夏用でしょう。
冷房の無い時代に涼しさを感じてもらおうとしたに間違い無し。

こんな絵、白人は考え付くはずなし。
抽象絵画を完全に圧倒、凌駕しています。

絵画的技術と絵心、そして思い遣りの素晴らしさ(^.^)。

天才(@_@)。


2:
そしてまたビックリしたのが、應擧が常に持ち歩いていたと言われる、
『写生雑録帳』
の実物がスタジオに出た(@_@)。

應擧、馬の体格の寸法まで測っている(@_@)。
人間の体格も測ってる(@_@)。
番組でも言っていたけど、ダ・ヴィンチと同じじゃん(@_@)。


3:
改めて圓山應擧の才能に圧倒されました。

白人の大部分の絵師を完全に圧倒、打ち負かしてます。
氷図』一枚で抽象絵画なんぞ存在価値が皆無なのを実証してます。

日本の絵師の素晴らしさに改めて脱帽。

圓山應擧の大回顧展を熱望


4:
素晴らしい回でした(^.^)。




タグ 圓山應擧 氷図 大瀑布図 松に孔雀図 大乗寺 相国寺 大英博物館



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ 幻の戦争画大作』

★簡単な紹介

○放送
2015年6月28日(日)
(再放送2015年7月5日夜)

番組HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0628/index.html

東京富士美術館のこの絵の展覧会のHP→http://www.fujibi.or.jp/anghiari.html


1:
ダ・ヴィンチが描いたと思われる『アンギアーリの戦い』の軍旗争奪場面。
番組HPによると、

>当時、フィレンツェ政庁舎であったヴェッキオ宮殿の大会議室の壁を飾るはずでした。

ダ・ヴィンチが絵を描こうとすると天候が急変し描けなかったとか、
古代ローマの技法を参考に油彩で漆喰壁に描き、
剥落しにくくするために火を入れた桶で炙り漆喰に吸い込ませようとしたら、漆喰が吸い込める量よりも絵具が多く溶け出した。

結局描かなかったのであります。

この辺の事情は全く知らなかったので、「へぇ~そうなんだ」状態の私CYPRESS(笑)。

2:
それより一番面白かったのは、
ガリレオ博物館主任研究員ヤコポ・トニーニ氏が素描などから3次元CGを製作し、絵を解析。
描かれている兵士たちは、ミラノ軍の兵士が旗竿を使い、フィレンツェ軍の兵士を馬から落とそうとしているとか(@_@)。
また、長い棒を持った兵士達の素描があり、川を飛び越えてる場面を合成したりした(@_@)。
こうして作られた3次元CGを少し放送。

当時の戦いをダ・ヴィンチがどのような絵にしようとしたか、想像の手がかりになり、非常に興味深く、興奮しました(^.^)。
コンピュータが発達した現在だから出来る事で、非常に面白い。

もう一つ面白かったのは、藝大の北郷悟先生と(多分)藝大生が、軍紀争奪の場面を立体復元した事(^.^)。
塑像で4頭の馬と4人の兵士を作り、彩色。
動きや時間の連続性をダ・ヴィンチは表現しようとしたのではないか、と北郷先生。
また、4頭の馬の内、左側の2頭は時計回りに動いているのが分かるとか(@_@)。
ダ・ヴィンチの意図を捉えようとする試みも面白いのですが、
この塑像の出来が凄くいいんだなぁ(^.^)。
実物を見てみたい(^.^)。

この塑像、東京富士美術館の所蔵品だとか(@_@)。
今回の展覧会で展示されています(^.^)。
HPで見られます。

でも、ヤコポ・トニーニ氏制作の3DCGは来てない(涙)。


3:
さて、東京都内の展覧会で見られるので、見る気になってきましたが、
都心からだと遠いんだようなぁ…(溜息)。
関東平野の西端で、JR八王子駅からバスで15分(@_@;)。

萎えてきました(笑)。




タグ ダ・ヴィンチ アンギアーリの戦い



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち フィンセント・ファン・ゴッホ 「星月夜」』

★放送
2105年6月6日(土)
TV東京系

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150606/index.html

図版Wikiから→http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/VanGogh-starry_night.jpg


1:
さて、この絵、20年位前に上野で見ました。
調べてみると、
MoMa展第一回
上野の森美術館
1993年
の事でした。

この時、アンリ・ルソーの代表作『眠れるジプシー女』も来てましたなぁ(遠い目)。
有名な絵で黒山の人だかりでしたが、画集で見た通り、静謐さと不思議さに満ちた中々の絵でした。
そして、『星月夜』の前も黒山の人だかり。
それでも暫くすると人だかりが薄れ、近付き隅から隅まで見て調べると、
「?」。
「あれ?」
よく見るとあちこちにキャンバスの地が見え、塗り残しが(@_@)。
下塗りも無く、純粋なキャンバスの繊維の目がハッキリ見える(@_@)。
な、何だ、これ?
1980年頃からゴッホの絵が来ると欠かさず見に行ってましたが、塗り残しがある作品は見たことなし。
色の塊で配置を考えたりしないで、一気に描きあげたのは明らかでした。

何だか手抜きみたいで、急速にこの絵に対する熱が冷めて行ったのを今でもハッキリ覚えています。

さて、今回の放送でもアップの連続で塗り残しが記憶通り、ある、ある、ある(笑)。
ゴッホの他の絵と違う『星月夜』、どんな風に放送されるか興味深く観ました。


2:
筑波大学の芸術系、齊藤泰嘉教授は星空の描写は北斎の『神奈川沖浪裏』から来ているのではないかと指摘しています。
(『神奈川沖浪裏
参考Wiki→http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0a/The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpg)

2-1:
この『神奈川沖浪裏』の画面構成は「規矩の法」だけでなく、「三遠法」が使われているとも齊藤泰嘉先生は指摘。
三遠法」文字通り下記の3種類の遠近法から成っています

深遠→手前の高い位置(山や波)から下を覗きこむ視点
高遠→下から上を見上げる視点
平遠→広く平らな場所を見る

更に画面中央(手前の波と奥の富士山)は西洋式の線遠近法が使われ、
三角形の相似形に組み合わせになり画面に奥行を与えていると齊藤先生は指摘しています。

そして、ゴッホの『星月夜』も同じ構成になっていると齊藤先生は指摘しています。

平遠法→画面中央から右側寄り
神奈川沖浪裏→波の底と船
星月夜→村の風景

深遠法→画面左側
    神奈川沖浪裏→船の舳先
    星月夜→糸杉の奥の大地

高遠法→画面左側
    神奈川沖浪裏→大波
    星月夜→糸杉と一面の夜空

線遠近法→画面中央付近
     神奈川沖浪裏→手前の小波と奥の富士山
     星月夜→小さい方の糸杉と奥の教会の尖塔

2-2:
瞬く星の数は「11」個。
この「11」と言う数は、
旧約聖書創世記、第三七章九節から来てるらしい。

>ヨセフ叉一の夢をみて之をその兄弟に述べていひけるは我また夢をみたるに
日と月と十一の星われを拝せりと

太陽と月はヨセフの両親、11の星は兄弟たちを表し、
兄弟たちから虐げられていたヨセフが将来彼らを救うという予知夢なんだとか。

つまり、ゴッホは創世記のこの部分を描こうとしてのではないか、
宗教画なのではないか、
とこの番組は解釈してます。

説得力がありますね。

2-3:
造形家の青木世一氏が『星月夜』の立体模型を作り、
『神奈川沖浪裏』の波を加えると、
見事に夜空と波が一致します(@_@)。
違和感皆無(@_@)。

2-4:
もう一つこの番組では解釈していて、それが次の事。
糸杉は西洋では墓地に植えられる事が多く死を象徴している、
(私も自己紹介の記事でこの件を書いています→http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-category-12.html)
そして死に引かれていく自分をこの絵でゴッホは繋ぎとめようとしていたのではないか、
月と11の星に願いを込めて。

ゴッホがこの『星月夜』を描いたのは、自分の精神状態に不安になりサン・ポール・ド・モーゾール修道院に入院していた時ですから、
この意見も説得力があります。


3:
改めて、ガッカリする事無く(笑)、落ち着いて見ると、

3-1:
また齊藤先生の解釈と青木氏の実証のおかげで『星月夜』の魅力や実力が分かってきました。
また、齊藤先生のおかげでゴッホの描写力と構成力にも感心しました。
ゴッホが『星月夜』を描いた時、北斎の『神奈川沖浪裏』を参考にしたか、手元に在ったか、分かりませんが、
塗り残しの多さから急いで一気に描きあげたのは間違いありません。
だとすると、参考にしたとしても手元に置いて見比べながら描かなかったと考える方が妥当でしょう。
大波、小波の形だけでなく、三遠法の構図も含め全てを覚えていて、まるで下描きがあるの様に描いたと考えても間違ってないでしょう。
ゴッホの描写力を考えると、実は簡単な事だったのではないでしょか?

3-2:
また今回気付いたのは、この『星月夜』、少々バランスが崩れています。
夜空が強過ぎ、地面が空を支え切れていません。
自分の精神状態の不安を表す意図的なことなのか、
それとも絵のバランスと取ろうにも取れない精神状態だったのか、
今となっては謎です。

ゴッホも模写した広重の『大はしあたけの夕立』の不安定の影響もあるかもしれません。
(参考→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312294)

3-3:
この放送のおかげで興味が湧いてきて、また見たくなりました。
でも、マンハッタンは熱海より遠い(笑)。
オマケにこの美術館、入場料がエラく高い。
何と、$25だぜ、\2,500以上(@_@)。
(参考→http://www.moma.org/visit/infoplans/japanese_plan#generalinfo_ja)



4:
今回番組のプレゼントが『星月夜』の収蔵元ニューヨーク近代美術館で売ってる『星月夜』柄の折り畳み傘。
この傘、日本でも売ってます。
東京は表参道のMoMA DESIGN STORE。
NY近代美術館の初の海外出店だとか。
通販もあり。
興味がある方はどうぞ。
HP→https://www.momastore.jp/momastore/products/detail/product_id/1443/



タグ ゴッホ 星月夜 北斎 神奈川沖浪裏 広重 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 永遠のモダン 京の春・重森三玲の庭』

★放送
2015年5月17日(日)
NHKEテレ

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0517/index.html

重森三玲について。
略歴、主な著書、主な庭→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/mirei_bio.html

最近の関連書籍、雑誌→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/book_list.html

重森三玲について少々詳しく→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/about_mirei01.html

重森三玲庭園美術館→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/association-jp.html

同庭園美術館見学予約→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/open_01.html



1:
maeboo.さんのブログの記事を見て重森三玲(1896~1975)を知り、
(maeboo.さんの記事→http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2015-05-09-1)
いつもの様に『日曜美術館』のHPを見てると、

何と!

「永遠のモダン 京の晴・重森三玲の庭」
の文字がある(@_@)。

こんなタイミングで放送されるとは、ビックリ(@_@)。

好奇心を刺激され観てみました。


2:
いや、これが久し振りの大穴、大当たり(^.^)。
大変興味深く、面白かった(^.^)。

江戸時代までの日本画と変わらん(@_@)。
ハッキリ言って全く同じ(@_@)。

植物、岩、砂と言う自然の中で、
自然の範囲を越えず、
自由奔放に、
庭を作りました。

写実の範囲の中で、
自由奔放に心(=想像力、閃き、色彩感覚、空間感覚等)を解き放った
偉大な絵師を全く同じです。

たらし込みと写実描写で描いた琳派の絵師に近いと思って観ていたら、
砂利に粗い熊手で描いた砂紋は尾形光琳の『松島図屏風』の波の表現と変わらん(@_@)
(参考 名古屋美術館での「ボストン美術館展」のHPから。松島図屏風→http://www.nagoya-boston.or.jp/boston-nippon/point/)
日本独自の紋様なんだなぁ。

これは大した芸術家ですゾ、重森三玲は。

立体的な日本画であります。

インタビューが残っていて、
>元禄時代以降、特に明治以降の庭は庭じゃない。
→これ、明治以降の日本画にも言えます。
川合玉堂、加山又造とか素晴らしいのですが、心のぶっ飛び具合が残念ながら敵ってないんです。

>石の方からどう組めばいいか語ってくる。
→この感覚、分かる気がします。
絵画も雰囲気を漂わせ、見ている人間がその雰囲気を感じられるのがいい作品で、非常に主観的なんです。
客観的な名画、名作なぞ無く、多くの人が雰囲気を感じられる作品は名作、名品、佳作、傑作なんです。


2:
「永遠のモダン」と言ってますが、日本人独自の古より綿々と受け継がれる美意識です。
日本画と変わりません。
日本人の「万古不変の美意識」ですよ。


3:
ジャズミュージシャンの菊地成孔氏が登場し、感銘を受けていらした。
この方の感じ方を観てると、間違い無く、江戸時代の日本画を見始めたら嵌りますゾ。


4:
日本庭園が日本画と同じ感性、美意識で作られ立体と平面との違いしか無いのを初めて知りました(^.^)。
久し振りに嬉しい驚きに遭いました(^.^)。
また、日本庭園という新たな美に出逢い、新たな楽しみが出来ました(^.^)。

欠点は、重森三玲が作った庭で東京近辺で公開してる所が無い(笑)。

5:
幸運と偶然に感謝。
maeboo.さんの記事が無ければ観なかったよなぁ。
maeboo.さんにも感謝です。



タグ 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち ヨハネス・フェルメール「天文学者」』

★放送
2015年5月16日(土)
TV東京系


放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150516/index.html


1:
やはり私の様な素人と違い予算があるTV番組。
絵画に描かれた物を調べる事が出来ます(^.^)。

1-1:
壁に書いてあるローマ数字は、
“MDCLXVIII”
=1668年
(1668=(M=1,000)+(D=500)+(C=100)+(L=50)+(X=10)+(V=5)+(III=3))

これは薄く、実物を近くでゆっくり見れないとよく分かりません。
勿論私も分かりませんでした(笑)。

1-2:
後に掛けてある絵は「モーセの発見」
旧約聖書「出エジプト記」から。
映画『十戒』(主演:チャールトン・ヘストン、ユル・ブリンナー)、最近だと『エクソダス:神と王』を見た方なら御存じ。
ユダヤの民を率いてエジプトから約束の地へと向かったモーセ。
モーセは大移動を行うために現在位置を知り、進む方向を知るために天文学の知識に長けていたと考えられています。

説得力有り。
私の様な素人にはどんな絵なのか、推理する事さえ不可能(笑)。

1-3:
机の上に広げてある本は、
「天文学・地理学案内書」
第二版
アドリアーン・マティウス著
1621年版
、と分かるそうです(@_@)。
描かれている挿絵から第二版だと分かるそうです(@_@)。

1-4:
天球儀の左上の描写は「おおぐま座」、中央は「うしかい座」。
神話の世界を暗示しているとか。
これも私の様な研究不熱心な素人にはお手上げ(笑)。

1-5:
天球儀の手前に置いてあるのは、アストロノーム(=天体観測器)。
これは当時の物がどんな物か調べなきゃ分かりません(@_@)。
日本で調べられるのかなぁ…


2:
下絵を作るために「カメラオブスクラ」を使ったとか。
空気感、つまり、空気中の水蒸気を表し、空気を描いてる訳です。
フェルメールの現存するアトリエからカメラオブスクラの画像を単になぞってるだけではないのも、
研究から分かってるとか(@_@)。

カメラオブスクラは「美の巨人たち」で今迄に数回取り上げれましたナ。


3:
まぁ、こんな能書き(笑)、知らなくてもいい絵です(笑)。
でも、知って損になる知識というものは一つも無いのも事実。
より楽しむには知っていた方が良いデス。

現在、新国立美術館で展示中。
お勧めの一枚です。
展覧会HP→http://www.ntv.co.jp/louvre2015/


4:
この絵の私の解釈と感想文は、
http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-2098.html




タグ 美の巨人たち フェルメール 天文学者 カメラオブスクラ 新国立美術館



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち 鈴木長吉「水晶置物」』

★放送
2015年5月9日(土)

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150509/index.html

またしても明治の超絶技巧細密写実描写工芸品(@_@)。
今回は鋳物。
そして、またしても「すげえ~」のみ(笑)。

藝大の「ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト 明治ニッポンの美」展で展示中。
2015年4月4日(土)~5月17日(日)

HP→http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2015/doubleimpact/doubleimpact_ja.htm


見に行きたいけど、可能性かなり低し(涙)。



タグ 鈴木長吉 水晶置物



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 光琳は生きている~琳派400年・現代作家たちの挑戦』

★放送
2015年4月5日

番組HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0222/index.html

1:
尾形光琳の絵画で2点だけある国宝の「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」。
そしてこの2点に触発されて作られた作品を紹介。

千住博→黒地に蛍光白を使って瀧を描く。
鴻池朋子→赤い牛革に「紅白梅図」の波模様を描き着物を作る。
杉本博司→デジタルカメラで「紅白梅図屏風」を撮影し、夜の「紅白梅図屏風」を作る。
合田誠→「燕子花図屏風」から「群娘図」を作る。
猪子寿之とチームラボ→CGとテクノロジーを使用。

触発されただけで、次の段階に進んでないなぁ。
鈴木其一(=すずききいつ)の「朝顔図屏風」が「燕子花図屏風」の触発されたのは見れば明らかで、
更に次に段階へ進み其一独自の絵になったのとは大違い。
才能が枯渇しているのか、志が低いのか、この5人の作品は残念でした。




タグ 尾形光琳 燕子花図屏風 紅白梅図屏風 鈴木其一 朝顔図屏風




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 狩野永徳 よみがえる実像~国宝 檜図屏風・平成の大修理~』

★放送
2015年3月1日

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0301/index.html

1:
実物を見てから放送を観ました。

観てると面白いんですが、「へぇ~」とか「ほぉ~」しか出て来ない番組。
絵を描くならともかく、修理とか修復なんてのは我等素人には手に負えませんから(笑)。

いい絵に関する番組ですから、録画保存しておきました。




タグ 狩野永徳 檜図屏風 東京国立博物館



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『日曜美術館 文明開化の光と影 ~小林清親「東京名所図」』

★放送
2015年2月22日(日)
NHK Eテレ

HP放送分→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0222/index.html

画像はネットで「小林清親」で検索すると色々あります。

1:
知らない芸術家は沢山いまして、この小林清親もその一人。
日曜美術館のこの放送で初めて知りました(^_^;)。

明治初期の東京の風景を浮世絵にした人です。

「水彩画を版画にした」と言う事で、確かにその通り。
雰囲気も悪くありません。

川瀬巴水と似た雰囲気の作品の数々です。
と言うか、川瀬巴水の方が後輩ですから、川瀬巴水の方が似てると言うべきでしょう。


2:
東京でも没後100年の回顧展が開催されます。

練馬区立美術館
2015年4月5日(日)~5月17日(日)
HP→https://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/kiyochika2015.html

これは絶対見に行きます。
今から楽しみ、楽しみ(^.^)。



タグ 日曜美術館 小林清親


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村










テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
25位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

吉田羊 春風亭昇太 芳根京子 市原隼人 門脇麦 高橋メアリージュン 相葉雅紀 卯花墻 長次郎 稲葉天目 油滴天目 曜変天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 雪舟等楊 雪村周継 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 大倉孝二 村井國夫 中村蒼 福田ゆみ 鈴木省吾 瑛蓮 篠原篤 平成館 東京国立博物館 鈴木亮平 平岡祐太 坂口健太郎 金田明夫 吉岡里帆 富澤たけし 八木亜希子 松たか子 有線七宝 超絶技巧 濤川惣助 東京都庭園美術館 並河靖之 無線七宝 シシド・カフカ 木野花 住田萌乃 ヤオ・アイニン 山本未來 キムラ緑子 工藤阿須加 新井浩文 黒木瞳 渡辺大 高畑充希 大島蓉子 佐藤二朗 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 手塚とおる 風間俊介 山田美紅羽 篠川桃音 桜田ひより 水谷豊 三國連太郎 新田次郎 緒形拳 新克利 高倉健 秋吉久美子 田中要次 小堺一機 柄本時生 山本茂美 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 原田美枝子 地井武男 森次晃嗣 木下ほうか 川崎紘菜 山田涼介 新川優愛 篠井英介 ディーン・フジオカ 土屋太鳳 岩田剛典 田中直樹 津田寛治 川津明日香 佐野勇斗 稲垣来泉 菱田春草 解体新書 佐竹署山 小田野直武 サントリー美術館 秋田蘭画 石原さとみ 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 青木崇高 モネ 向井潤吉 モディリアーニ デトロイト美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 アルチンボルド 伊藤かずえ バベルの塔 ブリューゲル ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 曽我蕭白 円空 出光美術館 長澤芦雪 正倉院 アメリカン・スナイパー 小林よしのり 戦争論 続・タイム・トラベラー カラヴァッジョ ラ・トゥール 鈴木其一 聖トマス マネ 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 雪松図屏風 長谷川等伯 松林図屏風 曜変天目茶碗 円山応挙 油滴天目茶碗 藤花図屏風 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 雲の糸 みかんの花 海の星 望郷 メッサーシュミット スピットファイア― ハインケル 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 本多力 中村倫也 光宗薫 佐々木心音 三田真央 久松郁美 やべきょうすけ 満島真之介 山本裕典 森田藻己 宮川香山 東京藝術大学 恵順 朝顔図屏風 富田靖子 坂井真紀 横山歩 寺尾聰 高畑裕太 村上虹郎 真剣佑 石井杏奈 滝藤賢一 三宅弘城 片桐仁 松尾幸美 宅間伸 木村文乃 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 時計じかけのオレンジ 福山翔大 小室哲哉 浦沢直樹 20世紀少年 富士眞奈美 仲代達矢 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 ダリ展 京都市美術館 ルノワール 黒島結菜 八木莉可子 菊池風磨 竹内涼真 川瀬巴水 吉田博 林田悠作 滝沢沙織 赤間麻里子 小島梨里杏 小野塚勇人 ジュディ・オング 山田将之 鈴之助 妹尾青洸 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 風神雷神図屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 伊藤若冲 ダ・ヴィンチ ボッティチェリ 拙宗等揚 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 石井ふく子 大和書房 大空真弓 橋田壽賀子 Amazon 再販制度 府中市美術館 泰明画廊 松坂恵子 川栄李奈 尾藤イサオ 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 シャーロット・ケイト・フォックス 橋爪功 松田芹香 松下由樹 渡辺舞 加藤清史郎 寺田心 山本耕史 太田記念美術館 保栄堂版 広重 東海道五十三次 北斎 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 青木木米 与謝蕪村 池大雅 富岡鉄斎 浦上玉堂 狩野元信 田能村竹田 発艦 着艦 T45 成宮寛貴 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 デューラー メラン エングレーヴィング ビュラン Leola 濱田龍臣 西岡徳馬 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 高野野十郎 目黒川 目黒区美術館 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 中村研一 佐伯祐三 和田三造 安田靫彦 岡本太郎 安井曾太郎 岸田劉生 田村孝之介 北蓮造 今野浩喜 野波麻帆 竜星涼 光琳 夏秋草図屏風 燕子花図屏風 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 風神雷神図 ティーチャ 富士三十六景 千絵の海 名所江戸百景 六十余州名所図会 原安二郎 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 カキツバタ 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 高浮彫 釉裏紅 釉下彩 暗花 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 村上弘明 陣内孝則 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 チェン・ダオミン カストラート 鞏俐 陳道明 森川葵 高良健吾 伊藤歩 真飛聖 甲本雅裕 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 蓮佛美沙子 和久井映見 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 江戸東京博物館 糸巻きの聖母 福山庸治 牛乳を注ぐ女 天文学者 水差しを持つ女 レンブラント 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 平澤宏々路 中島裕翔 多岐川裕美 サンダーバード 木皿泉 薬師丸ひろ子 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 弓をひくヘラクレス ブールデル 中村勘九郎 立川談志 宮川大輔 田邊哲人 松本喜三郎 谷汲観音像 当麻蹴速 野見宿禰 生人形 安本亀八 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 龍安寺方丈庭園 枯山水 秋冬山水図 小堀遠州 抽象画 カンディンスキー 抽象芸術 松岡茉優 星野源 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 CD ブルーレイ 再販売価格維持制度 DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 小林清親 写楽 歌麿 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー 1984年 明日、ママがいない オーウェル 華氏451度 図書館戦争 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 入江長八 鏝絵 伊豆の長八 松崎町 葵わかな 城田優 神田沙也加 川平慈英 西内まりや 内山理名 尾美としのり 藤原道長 投入堂 西新井大師 總持寺 冷泉家 蔵王権現 三佛寺 山田望叶 上川隆也 馬場園梓 太賀 市川由衣 大原櫻子 中島美嘉 稲森いずみ 窪塚俊介 小林涼子 山下リオ 蒔絵 初音蒔絵調度 貝桶 沈金 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 歌川国芳 国芳 種田陽平 クリスチャン・ベール 石川達三 生きている兵隊 昭和史 半藤一利 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 高畑勲 ピノキオ ディズニー 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 櫻井淳子 宮地雅子 内館牧子 すぐやる課 儒教 中庸 高杉真宙 吉本美優 桐原亮司 ロバート・ハインデル 熊川哲也 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大英博物館 大乗寺 松に孔雀図 大瀑布図 相国寺 氷図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 封印作品の謎 スペル星人 安藤健二 遊星より愛をこめて 高橋二三 丸山智己 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 中原丈雄 金すんら 石田えり 中野裕太 山西惇 水原希子 池津祥子 足立梨花 近藤芳正 郷ひろみ 星月夜 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 菊地成孔 東福寺本坊庭園 重森三玲 カメラオブスクラ ローズ ベット・ミドラー 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 阿部サダオ 「PIECE OF WISH」 MY 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 フェラーリ シューマッハ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 狩野永徳 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 椿かおり SAYUKI 清野とおる 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 歌川広重 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 原田泰造 高橋真唯 岩井堂聖子 村井良大 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 永島瑛子 ベンガル 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 不破万作 柴田理恵 安藤玉恵 古田新太 長塚京三 大滝秀治 古谷一行 乾山 仁清 狩野重信 狩野探幽 狩野尚信 狩野常信 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 陳坤 劉燁 小さな中国のお針子 リウ・イエ チェン・コン ジュウ・シュン 周迅 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 横山大観 川端龍子 山種美術館 牧進 加山又造 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 麿赤兒 早乙女太一 上野の森美術館 ボストン美術館 東京国立近代美術館 岡倉天心 下村観山 フォ・ジェンチイ サン・バオ モォ・イエン 莫言 故郷の香り グオ・シャオドン 霍建起 リー・ジア 大林宣彦 転校生 団時朗 大谷亮介 中田喜子 筒井真理子 はろるど アントラーズ 鹿島 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 西山潤 研ナオコ 石井トミコ 平愛梨 上原陸 田辺修斗 藤原薫 橋本愛 杉田成道 眉村卓 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 藤本隆弘 中村ゆりか 井上真樹夫 財前直見 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 広島平和資料館 原爆の絵 平和データベース 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 故宮博物院 翠玉白菜 NHKスペシャル アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン シスタームーン オラトーニ 石塚英彦 冨木宗行 冨木宗好 高瀬好山 アートシーン 明珍 自在置物 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 遊井亮子 三浦理恵子 LiLiCo 石田ニコル 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 中村梅雀 六平直政 デサント本社 ルコック・スポルティフ マイヨージョーヌ 日月烏鷺蒔絵額 清水三年坂美術館 村田コレクション 村田理如 白山松哉 あべまみ 復活の日 ザ・スタンド 動物農場 蝿の王 21世紀少年 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 自在 刺繍絵画 金工 薩摩焼 印籠 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER スモーキングガン 決定的証拠 イヴ・モンタン ジェームズ・ガーナ― ジョン・フランケンハイマー アイルトン・セナ 藤城清治 影絵 風の又三郎 オーヴェールの教会 青の愛 キェシロフスキ トリコロール 原発敗戦 船橋洋一 福島第一原発 伏字 検閲 江藤淳 閉ざされた言語空間 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 大虐殺 ソルジャー・ブルー 神田隆 栄光のル・マン スティーヴ・マックイーン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 国本圭一 狙撃 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 大木隆行 関根勤 戦力外捜査官 TAKAHIRO 有川浩 大後寿々花 渡邉このみ 三上博史 陳凱歌 呉天明 チェン・カイコ― 酒井美紀 山西省日本軍残留問題 奥村和一 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 橘らい四郎 ゆきゆきて神軍 奥崎謙三 原一男 今村昌平 新版画 デビット伊藤 イングマール・ベルイマン マックス・フォン・シドー 第七の封印 ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 ラファエル前派 オフィーリア ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 栃木 棄民 田中正造 谷中村 渡良瀬遊水池 足尾銅山 足尾鉱毒事件 慈恵病院 眞葛博物館 渡蟹水盤 小林正樹 切腹 武満徹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 本郷奏多 ミッキー・カーチス 京野ことみ なぞの転校生 岩井俊二 桜井美南 宮里駿 赤の愛 チュイトウ シャルトルの大聖堂 ステンドグラス 王妃の紋章 チョウ・ユンファ 秋菊の物語 バラン 大怪獣 逸見東洋 大田区立郷土博物館 石倉三郎 小林古径 奥村土牛 コリント前書第13章 ジュリエット・ビノシュ 愚行の輪 小松左京 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR