『ウルトラマン誕生』

★簡単な紹介
著:実相寺昭雄
刊:ちくま文庫 2006年6月10日


1:
ウルトラマン世代なんで軽い読み物として手にしました。
中身は題名の通りで、
ウルトラマンのできるまで』
ウルトラマンに夢見た男たち』
を合体させたとか。


2:
実相寺昭雄氏がウルトラセブン第8話「狙われた街」を監督し、その時の特技監督大木淳吉氏に後にインタビューし、
その中から(p.353) 、

>「そりゃあそうですよ。
特撮なんて、夢を見ようとしなかったら、スタッフのやってることなんかバカバカしいかぎりですよ。
でも、すばらしいのは分別さかりのおとなが、バカバカしいことに夢中になってるってことなんです。
もし、そういうことで冷めちゃうよう人だったら、特撮はやらないほうがいい…」


情熱を込めて入るのは分かりますが、大人が観たら真面な物が殆ど無いんだよなぁ、円谷作品は(溜息)。
子供は騙せても、大人は騙せませんゼ。

例えば、2014年のハリウッド版『ゴジラ』では、1950年代のアメリカの水爆実験はゴジラを殺すためだったと中々賢い。
東宝と円谷プロではこういう事を誰も考え付かんかったんかね?


3:
この本には重要な事が書いてあります。
特技監督の高野宏一氏の言葉。
p.229から

>「たしか『ゴジラの逆襲』のときだったと思うけど、大失敗をした思い出がある。
大阪城で、ゴジラとアンギラスが戦う場面で、四倍のハイ・スピードで撮影する予定が、
何かの拍子で回転が出ないんだ。
コマ落しみたいになっちゃって、下はすっ飛んじゃうし、ラッシュでは大目玉を覚悟したさ。

>ところが、おやじ(ブログ主注→円谷英二氏の事)は偶然の調子がおもしろい、というんだよ。
怪我の功名ってやつでさ、もちろんのラッシュは使わなかったけれど、そのシーンにはコマ落しもとり入れることになったのさ。
それまでは、巨大な怪獣だからハイ・スピードで動きに重みをもたせてっていう観念が固まっていただろう。
だから、コマを落した動きがやけに新鮮に思えたんだ。
でも、そのとき、おやじはやはりすごいと思ったね。
頭のきりかえがひどく柔らかで、失敗の中からも別の価値を引き出しちゃうんだもの。
いつも、子どものように好奇心をもってものをみていたなあ」

東宝と円谷プロの怪獣物がなぜプロレスになった理由がこれで分かりました(溜息)。
ゴジラ生みの親の巨匠があれでいいと決めちゃったんだから、東宝と円谷プロじゃ変えられるはずなし。
平成ガメラが出て来るまで続いた訳かぁ…(溜息)。


4:
実相寺昭雄氏の情熱と真剣に作ってきたのはよく分かりましたが…
東宝と円谷プロが関わった作品で真面なのは、無し。
『ウルトラQ』が、何とか見るに耐えられる程度。
着ぐるみとミニチュアセットで出来た怪獣映画の決定版を見たい。

悪口しか書いてませんが、私はウルトラマン世代で特撮作品のファンの一人。
大人の目に耐えられる作品を観たいだけなんです。



タグ ウルトラマン 実相寺昭雄



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『封印作品の謎2』

安藤健二
2006年3月21日初版発行
太田出版


1:
面白い。
よくあるドラマとは違い、謎が解明されていません。
それでも、警察系のドラマでもお馴染みの調査なんですが、
丹念に、真面目に調査しているのが大変よく分かり、この点が非常に好ましい。

最後には事件や問題が解決される警察系ドラマと違い解決されませんが、
事件解決の爽快感が無い代わりに、大変面白い。

改めて
『事実は小説より奇なり』
を実感しました。
世の中に出来事は人間の、特に脚本家の貧相な想像力が到底敵わぬ興奮と刺激と面白さに満ちているのです。


2:
今回のお題は以下の通りで、封印された理由か原因が解明されたのは第1章の『キャンディ キャンディ』のみ。

第1章 引き裂かれたリボン(『キャンディ キャンディ』)
第2章 悲しい熱帯(『ジャングル黒べえ』)
第3章 怨霊となったオバケ(『オバケのQ太郎』)
第4章 ウルトラマンとガンダムの間に(『サンダーマスク』)


3:
第1章 『キャンディ キャンディ』

この件の粗筋は、

原因はまず、原作者と作画者(→こんな日本語有る?マンガを描く人のこと)の確執。
もう一つは、日本のマンガに多い、原作者と作画者を使って週刊誌様に量産せざるを得ない現状が持つ問題が原因の一つ。

原作:いがらしゆみこ
作画:水木杏子

一言で言うと絵を描いていた水木が売れなくなり、いがらしに無断で『キャンディ キャンディ』の著作権ビジネスを始めたから。
いがらしの方はマンガ原作をやめ、児童文学の作家となり大金は稼がないものの地道に活動し、手堅く稼いでいた。

いがらしが「契約違反」で水木を提訴。
今度は水木はいがらしを「水木には著作権が無い」と反訴。
水木は、東京地裁、最高裁で棄却、敗訴が確定。

3-1:
マンガとかアニメに興味が無いんで、「ふ~ん、そうなんだ」位しか書けませんが…

水木は安藤健二からのインタビューの依頼を断ったので、実際の所、やはり詳細は不明。

3-2:
現在も状況は変わっていません。
参考Wiki→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3



4:
第2章 悲しい熱帯(『ジャングル黒べえ』)
藤子・F・不二雄作

「黒人差別をなくす会」の抗議を受けて回収、絶版になった様だが、
抗議した側、安藤健二の取材を受けず、不明。
された側、過去の事で不明。

4-1:
藤子不二雄の『オバケのQ太郎』の一編『国際オバケ連合』は実際に1989年7月に抗議を受けたのですが、
藤子・F・不二雄作『ジャングル黒べぇ』は不明。

筆者安藤健二が取材し辿り着いた意見は

p.114から
>出版界は70年代から続いた部落解放同盟の激しい糾弾運動におびえていた。
部落解放運動の影響を受けて出来た「なくす会」に、そのときの幻影を見てしまったのも無理も無いことだろう。

p.142から
>逆を言えば、どんな表現だって感じる人によっては差別になりうる。
絶対的な基準など、どこにもないのだ。
少なくとも出崎(ブログ主注:アニメ版『ジャングル黒べぇ』の監督出崎統の事)をはじめとした制作者サイドは「差別の意図はなかった」と証言している。
であれば、出版社サイドも「差別表現だ」と言う抗議を受けたなら、きちんと反論するなり、作品を封印するにしても読者に「こういう理由で差別にあたると判断した」を釈明すべきだったのではないか。


p.143から
>『ジャングル黒べぇ』は、80年代末の黒人表現自粛の波の哀れな犠牲者だったように思えてならない。
いくら部落解放同盟などの反差別表現の運動が盛んだった時期とはいえ、どこが差別なのかの議論すらされずに、製作元が作品を抹殺してしまった。
あまりにも悲しい結末だ。
問題があったのは作品ではなく、“糾弾を受けることへの恐怖”という、出版界に芽生えた心の闇ではないだろうか。
70年代の文明批判を熱帯のジャングルへの憧れは、「黒人差別」のレッテルを貼られて封印された。

4-2:
ふ~ん、なるほどね。
ハッキリとした事は不明ですが、この意見は説得力が強い。

4-3:
「なくす会」は手塚治虫にも抗議(p.105)。

>中でもターゲットにされた作品の数は、『手塚治虫漫画全集』を出している講談社が飛び抜けており、名作と名高い『ジャングル大帝』、『紙の砦』、『やけっぱちのマリア』など21点にも及んだ。
手塚プロは8社から出されている作品のうち、1コマでも黒人が描かれている百数十冊の出荷を一時停止した。
『漫画全集』は既刊300巻すべてが対象となった。

この時、講談社の役員は回収するしかないだろうと言いましたが、当時の講談社法務部長だった西尾秀和氏が反対し注釈を付け再出荷するようにしたとのこと。
西尾氏の一言が無ければ手塚治虫の漫画が地上から消えていたかもしれません。

4-4:
2013年12月27日(金)現在、
『ジャングル黒べえ』は発行されています。
Amazonでも売ってます。
参考Wiki→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E9%BB%92%E3%81%B9%E3%81%88


5:
第3章 怨霊となったオバケ(『オバケのQ太郎』)
藤子不二雄作

p.174から

>実は藤子作品で封印されているのは『オバQ』だけではない。
藤子Fと藤子Aによる合作とされた作品は、現在、ほとんど全てが絶版状態なのだ。

p.191から

>コンビ解消前に、漫画家本人たち以外の人間に生まれた感情的な問題が、現在まで合作が出ない理由だというのだ。

5-1:
へぇ~、そうなんだ、
としか書けません。
やれやれ。

5-2:
これも2013年12月27日(金)現在、復刊されています。
参考Wiki→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%90%E3%82%B1%E3%81%AEQ%E5%A4%AA%E9%83%8E


6:
第4章 ウルトラマンとガンダムの間に(『サンダーマスク』)
参考Wiki→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF

6-1:
製作費を出したのが、東洋エージェンシー、実際に作ったのはひろみプロ。
当時の社長だった斉藤ひろみの話。
p.232から

>「これは大変おかしなことがありましてね。
結局、企画制作という形では、ひろみプロがやったんですよ。
でも、日本テレビで放送が終わった後、代理店の東洋エージェンシーが『すべての権利は自分たちのところにある』と言ってきて、否も応もなくフィルムを持っていってしまったんです。
(ため息をつくような声で)力関係ですね…。
私どもは本当に小さな会社でしたから…。
東洋エージェンシーの言い分は『制作費を払ったのだから、海外売りを含めた全権利がある』ということでした。
こちらにはそういう契約をした覚えはなかったんですけどね」

1972年の作品で、フィルムと放映権を盗まれたも同然。
当時無かった、ヴィデオ、衛星放送、DVD、BD、ケーブルTV、地デジ、等々が現在存在し、
たとえ当時正式に契約し権利を譲渡していても、
これら新たな放送媒体や視聴媒体に関する権利を東洋エージェンシーが持ってるとは、まず、言えそうもないとのこと。

…なるほど、これでは放送出来ないし、DVDも出せんね。

6-2:
東洋エージェンシーは1977年に創通エージェンシーと改名し、1979年に『機動戦士ガンダム』を製作。
現在シリーズ関連商品の年間市場は1,000億円を越してるとか。

『ガンダム』の放送には、創通、サンライズ、名古屋テレビの間でロイヤリティーに関する契約が有るが、
サンライズは今も名古屋テレビに払っているが、創通は払ってないらしい。

齋藤ひとみは「もう幻でいい」と言い、名古屋テレビの方は「少年たちがガンダムに対して夢を抱いているのに、
こういう裏側のドロドロが表に出てくるのはよくないと思い、今も話し合いを続けている」そうだ。


7:
感想
戦う事を好まない日本人の性格が大変よく表れています。
打たれ弱い。
間違った事をしてないのに、反論しません。



タグ 安藤健二 封印作品の謎



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『円谷英二の映像世界』


1983年12月10日初版発行
実業之日本社刊
編集:山本眞吾


1:
円谷英二の研究書って意外な事に、この本以外無し。

Amazonで調べると円谷英二の生誕100年を記念して完全・増補版に変わっています。

題名からちょっと期待して買いましたが、円谷英二映画の礼賛ばかりで、ガッカリ(溜息)。
あんな低水準の映画を褒めてるから、日本の特撮物が発展、改善されないんです(溜息)。

特に「第2章 円谷英二主要作品論 池田憲章」はべた褒めで読むに耐えん。

そんな中でも、
「第1章 円谷英二論」の中の
「『ゴジラ』の誕生 竹内博」
は中々の力作。
ゴジラの製作史(=裏話、メイキング)なんですが、宣伝活動の話が非常に興味深く面白い。



タグ 円谷英二 ゴジラ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『封印作品の謎』

安藤健二著
初版:太田出版2004年10月
大和文庫2007年5月15日第一刷

怪奇大作戦』の第二十四話「狂鬼人間」が欠番になった事が書かれてると言うんで、読んでみると…

1:
全編に亘り批判的(英語なら”judgmental”、つまり「(いいか悪いか、善悪を)判断する」)でなく、客観的に事実を伝える内容で、
大変好ましい。

2:
取り上げられている「封印作品」は、

ウルトラセブン』第十二話「遊星より愛をこめて」
怪奇大作戦』第二十四話「狂鬼人間』
映画『ノストラダムスの大予言
ブラック・ジャック』第四十一話「植物人間」、第五十八話「快楽の座」
『O-157予防ゲーム』

まず、封印作品と言う物は、

>一方で封印作品は、誰が発売禁止にしたわけでもない。発売元が自主規制してるだけだ。

最後の『O-157予防ゲーム』以外、どうも発売禁止にしている理由がハッキリしていません。
文章が分かりにくいと言うのではなく、発売元が発売を躊躇っている理由がハッキリしていません。
各作品は表現が悪いと抗議を受けました。
ウルトラセブン』では被爆者団体。
怪奇大作戦』では精神障碍者団体。
ノストラダムスの大予言』では再び被爆者団体。
ブラック・ジャック』では脳性まひ患者団体とロボトミー被害者団体。
全て1970年代の事。

ウルトラセブン』は最初に放送された時に全話観たと思いますが、全く記憶に無く、
その他の作品も観たことなし、読んだことなし。
だから封印作品にすべきか、どうか判断のしようがありません。
本書に紹介されている内容からだと、発売を禁止にする程の内容ではなさそうです。

最近のDVDや本によく書いてある様に、

>「現在の観点では不適切な場面もありますが、資料性を考えてオリジナルのまま収録しました」
(→P.198)

と添えれば十分なんじゃないかなぁ。


3:
これら5作品の中でも一番キナ臭いのが『怪奇大作戦』。

>関係者が決して割らない重い口、そして企画書の流出、それらは「狂鬼人間」の封印を巡る暗い闇の一部にすぎない。
「狂鬼人間」が扱おうとした、“狂気”は、やはり一筋縄ではいかない。
(→P.134)


4:
これら5作品の共通するのが、差別と誤解を助長するという点。
作品が意図していた事とは、正反対に捉えられました。

>この時期、手塚は月に13回の締め切りに追われ、月平均312枚の原稿を描きあげたと言う。
(→P.256)

忙しかった手塚治虫が仕事に集中するために弁解や説明せず相手の言う通りにし出来るだけ早く解決しようとしたとしても、
他の3本はなぜ正しい事をしていたのに戦わなかったんだろう?

日本の特撮物が3本も有るのは、なぜだろう?



タグ ウルトラセブン 怪奇大作戦 ノストラダムスの大予言 ブラック・ジャック 手塚治虫 封印作品



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』

円谷英明著
講談社現代新書
2013年6月20日刊

まぁ、CYPRESSはウルトラマン世代で、日本の特撮物は大好きですが、出来の悪い物ばかりで文句ばっかり書いてます。
ミニチュアと特撮の出来の悪さは納得出来るんですが、脚本の悪さで作品の質を著しく落とし、これには我慢出来ません。
『ウルトラQ』のDVDboxは買いましたが、『ウルトラマン』以降のウルトラシリーズは買う気にならないのも脚本がお粗末過ぎるから。
『ウルトラQ』でさえ大した脚本じゃないんですが。

出来の悪さの原因が何か書いてあるんじゃないかと、読んでみると…

1:
私がウルトラシリーズで観ていたのは、
『ウルトラQ』
ウルトラマン
(『キャプテンウルトラ』→円谷プロじゃないけど)
『ウルトラセブン』

そして『帰ってきたウルトラマン』は少し。
後は観ていません。

出来の悪さの原因が少々書いてありました。

1-1:
『帰ってきたウルトラマン』の視聴率が振るわず(→それでも最低で14.3%)、次作の『ウルトラマンA』以降はコンセプトや設定がコロコロ変わったとか。
P,115から
>結局、ウルトラシリーズには、その時々で適当に変えてしまうご都合主義=「しょせん子供番組なのだから何をしても許される」という言い訳が、常に付随していました。

さらに著作権、商品化権収入のために、発売されるキャラクター商品に合わせた脚本と作ったとか。
P.136~137から
>スポンサーとテレビ局という両者の圧力にさらされた円谷プロは、どうしたら視聴率を上げられるか、どうしたら今の子供の好みに合わせられるかと右往左往し、
ついには、玩具として発売予定のメカの登場に合わせて、脚本を変えることにまで踏み込んでいました。

中略

>しかし、長年、商品化権ビジネスに頼り続けた円谷プロは、それに依存するあまり、いつしか立場が逆転して頭が上がらなくなっていたのです。

ふ~ん、これは説得力が強い。
私が文句を言っているのは、ゴジラ、ラドン、モスラ、ガメラ、ギャオス、大魔神で、キャラクタービジネス以前の作。
だからそのまま当て嵌められませんが、
>「しょせん子供番組なのだから何をしても許される」という言い訳が、常に付随していました。
これでしょう、これ。
人間は『羅生門』を観て分かる通り自分に都合が悪い事を言わない、書かないものです。
本多猪四郎、田中友幸、永田雅一、湯浅憲明、高橋二三等は特撮怪獣物を子供向けのゲテモノ映画だと小馬鹿にし、真面に作ろうとしなかった、
と思えて仕方ありません。
その一端がこの本から窺えました。

1-2:
こういう自らの失敗を書く英明氏、円谷プロを離れているためもあるでしょうが、偉い人です。

2:
脚本の悪さ以外の事を。

2-1:
円谷プロは不運や失敗が多いですが、
金庫番の優秀な番頭がいなかったのが不運。
まず、ゴジラやモスラの映画二次使用に対し東宝が著作権料を払わなかったのは痛かった。
(→P.26)
ウルトラシリーズは『ウルトラマン』の第一話から赤字(@_@)。
TBSは1本あたり550万を払ったけど、実際には約1,000万掛かった。
(→P.33)
また、東宝の出資を受け功罪色々有りますが、どんぶり勘定でもまがりなりにもやっていけたのは、東宝の援助と経理監査のおかげ。
それを円谷皐が株を買戻し、経理が甘くなったのは大変な痛手。
(→P.91)
おかげで会社を私物化。
(→P.147~152)

2-2:
その他、いい事が書いてありません、この本。

3:
最後に。

>祖父(筆者注→円谷英二)にとっては、映画もテレビ番組も、お金を儲けるためのビジネスではなく、夢を映像化する芸術作品そのものでした。
(→P.23)

遊びや趣味で金を稼ぐ事の難しさ。
作品作りに関しては、予算と時間以外に完璧に出来るでしょう。
しかし、世俗的な金、権利問題等で精力を奪われる芸術家。
さらにウルトラシリーズの様に大金を生む可能性が有る物は、それを奪おうとする手とも戦わねばならぬ芸術家。
満足いく特撮怪獣物が出来なくて当然。

ミニチュア特撮の将来は、無い、でしょう。



タグ 円谷英二 ウルトラマン


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
32位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

国立新美術館 スラヴ叙事詩 ミュシャ 鈴木省吾 福田ゆみ 篠原篤 村井國夫 瑛蓮 中村蒼 大倉孝二 東京国立博物館 平成館 稲葉天目 金田明夫 坂口健太郎 平岡祐太 鈴木亮平 八木亜希子 吉岡里帆 松たか子 富澤たけし 有線七宝 並河靖之 無線七宝 濤川惣助 超絶技巧 東京都庭園美術館 木野花 住田萌乃 シシド・カフカ ヤオ・アイニン 工藤阿須加 キムラ緑子 渡辺大 新井浩文 山本未來 黒木瞳 佐藤二朗 芳根京子 高畑充希 大島蓉子 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 篠川桃音 手塚とおる 風間俊介 山田美紅羽 桜田ひより 水谷豊 新克利 三國連太郎 緒形拳 秋吉久美子 高倉健 新田次郎 田中要次 小堺一機 柄本時生 女工哀史 野麦峠 山本茂美 志尊淳 ビリギャル 地井武男 森次晃嗣 原田美枝子 川崎紘菜 山田涼介 木下ほうか 新川優愛 ディーン・フジオカ 篠井英介 土屋太鳳 佐野勇斗 稲垣来泉 田中直樹 川津明日香 岩田剛典 津田寛治 秋田蘭画 小田野直武 佐竹署山 菱田春草 解体新書 サントリー美術館 青木崇高 石原さとみ 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 向井潤吉 モディリアーニ モネ デトロイト美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 アルチンボルド 伊藤かずえ ブリューゲル ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 曽我蕭白 円空 長澤芦雪 仙厓 出光美術館 正倉院 小林よしのり 戦争論 アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー 聖トマス ラ・トゥール 鈴木其一 マネ カラヴァッジョ 賀来千賀子 エデンの東 曜変天目 油滴天目 禾目天目 伊藤修子 油滴天目茶碗 曜変天目茶碗 円山応挙 藤花図屏風 松林図屏風 長谷川等伯 雪松図屏風 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 市原隼人 望郷 海の星 みかんの花 雲の糸 メッサーシュミット ハインケル スピットファイア― 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 久松郁美 本多力 三田真央 光宗薫 中村倫也 やべきょうすけ 佐々木心音 満島真之介 山本裕典 恵順 森田藻己 宮川香山 東京藝術大学 朝顔図屏風 富田靖子 横山歩 坂井真紀 高畑裕太 石井杏奈 真剣佑 村上虹郎 寺尾聰 滝藤賢一 片桐仁 松尾幸美 三宅弘城 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 福山翔大 時計じかけのオレンジ 小室哲哉 20世紀少年 浦沢直樹 富士眞奈美 細うで繁盛記 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 ルノワール 黒島結菜 菊池風磨 竹内涼真 八木莉可子 吉田博 川瀬巴水 赤間麻里子 小野塚勇人 小島梨里杏 林田悠作 滝沢沙織 ジュディ・オング 妹尾青洸 鈴之助 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 八ッ橋図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 風神雷神図屏風 MEGUMI 伊藤若冲 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 拙宗等揚 雪舟等楊 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 石井ふく子 大空真弓 橋田壽賀子 大和書房 Amazon 再販制度 泰明画廊 府中市美術館 門脇麦 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 川栄李奈 蘭寿とむ マルシア 徳井義美 瀬戸康史 永山絢斗 黒木華 水野美紀 藤原さくら 倉光泰子 山本耕史 シャーロット・ケイト・フォックス 松下由樹 橋爪功 加藤清史郎 渡辺舞 寺田心 松田芹香 北斎 広重 太田記念美術館 保栄堂版 東海道五十三次 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 与謝蕪村 狩野元信 青木木米 富岡鉄斎 池大雅 浦上玉堂 着艦 発艦 F14 T45 成宮寛貴 メラン ビュラン デューラー 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 エングレーヴィング Leola 濱田龍臣 西岡徳馬 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 岡本太郎 岸田劉生 安井曾太郎 安田靫彦 佐伯祐三 和田三造 中村研一 田村孝之介 北蓮造 野波麻帆 今野浩喜 竜星涼 風神雷神図 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 燕子花図屏風 夏秋草図屏風 光琳 ティーチャ 名所江戸百景 原安二郎 富士三十六景 六十余州名所図会 千絵の海 坂上忍 矢柴俊博 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 カキツバタ 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 高浮彫 釉下彩 釉裏紅 暗花 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ チェン・ダオミン カストラート 鞏俐 陳道明 妻への家路 高良健吾 森川葵 真飛聖 甲本雅裕 伊藤歩 鎌田敏夫 吉田羊 野村周平 和久井映見 蓮佛美沙子 品川徹 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 江戸東京博物館 糸巻きの聖母 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 牛乳を注ぐ女 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 多岐川裕美 平澤宏々路 中島裕翔 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 弓をひくヘラクレス 立川談志 宮川大輔 中村勘九郎 田邊哲人 生人形 松本喜三郎 安本亀八 谷汲観音像 野見宿禰 当麻蹴速 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 小堀遠州 龍安寺方丈庭園 枯山水 秋冬山水図 抽象画 抽象芸術 カンディンスキー 松岡茉優 星野源 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 再販売価格維持制度 CD ブルーレイ DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 写楽 歌麿 神奈川県立歴史博物館 小林清親 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー 1984年 オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 鏝絵 入江長八 松崎町 川平慈英 神田沙也加 葵わかな 城田優 内山理名 西内まりや 尾美としのり 三佛寺 蔵王権現 投入堂 西新井大師 藤原道長 冷泉家 總持寺 山田望叶 上川隆也 大原櫻子 馬場園梓 太賀 市川由衣 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 貝桶 蒔絵 沈金 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 歌川国芳 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 生きている兵隊 半藤一利 昭和史 石川達三 種田陽平 クリスチャン・ベール 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 儒教 櫻井淳子 中庸 すぐやる課 宮地雅子 内館牧子 吉本美優 高杉真宙 桐原亮司 熊川哲也 ロバート・ハインデル 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 氷図 大瀑布図 大乗寺 大英博物館 相国寺 松に孔雀図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 安藤健二 封印作品の謎 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 丸山智己 井原剛志 市川猿之助 相葉雅紀 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 星月夜 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ローズ ベット・ミドラー 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 MY 「PIECE WISH」 OF 阿部サダオ 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 フェラーリ シェル シューマッハ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 狩野永徳 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 紺野美沙子 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 歌川広重 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 原田泰造 村井良大 高橋真唯 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 柴田理恵 不破万作 安藤玉恵 古田新太 大滝秀治 長塚京三 古谷一行 狩野尚信 狩野重信 狩野常信 狩野探幽 仁清 乾山 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 リウ・イエ チェン・コン 劉燁 小さな中国のお針子 ジュウ・シュン 陳坤 周迅 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 横山大観 加山又造 牧進 川端龍子 山種美術館 名樹散椿 速水御舟 石田法嗣 ダンカン 早乙女太一 麿赤兒 ボストン美術館 上野の森美術館 岡倉天心 東京国立近代美術館 下村観山 莫言 故郷の香り モォ・イエン グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ サン・バオ 霍建起 転校生 大林宣彦 団時朗 大谷亮介 筒井真理子 中田喜子 はろるど アントラーズ 鹿島 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 平愛梨 藤原薫 石井トミコ 研ナオコ 田辺修斗 上原陸 西山潤 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 井上真樹夫 中村ゆりか 浅田美代子 財前直見 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 平和データベース 原爆の絵 広島平和資料館 渡瀬恒彦 オルセー美術館 イルカ なごり雪 広瀬すず 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 翠玉白菜 NHKスペシャル 故宮博物院 アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン シスタームーン オラトーニ 石塚英彦 明珍 冨木宗好 高瀬好山 自在置物 アートシーン 冨木宗行 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 LiLiCo 遊井亮子 三浦理恵子 石田ニコル 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 六平直政 中村梅雀 マイヨージョーヌ ルコック・スポルティフ デサント本社 白山松哉 村田コレクション 村田理如 日月烏鷺蒔絵額 清水三年坂美術館 あべまみ 21世紀少年 ザ・スタンド 復活の日 蝿の王 動物農場 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 刺繍絵画 自在 印籠 薩摩焼 金工 榎木孝明 夏秋渓流図屏風 見頃 應擧 MOZU BORDER スモーキングガン 決定的証拠 ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 藤城清治 風の又三郎 オーヴェールの教会 青の愛 トリコロール キェシロフスキ 福島第一原発 原発敗戦 船橋洋一 検閲 伏字 江藤淳 閉ざされた言語空間 大虐殺 キャンディス・バーゲン ソルジャー・ブルー ピーター・ストラウス 神田隆 栄光のル・マン スティーヴ・マックイーン 田宮二郎 加賀まり子 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 TAKAHIRO 関根勤 戦力外捜査官 大木隆行 有川浩 渡邉このみ 大後寿々花 三上博史 呉天明 陳凱歌 チェン・カイコ― 酒井美紀 山西省日本軍残留問題 橘らい四郎 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥村和一 ゆきゆきて神軍 今村昌平 奥崎謙三 原一男 新版画 デビット伊藤 第七の封印 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 谷中村 田中正造 棄民 栃木 足尾銅山 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 武満徹 切腹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 宮里駿 桜井美南 岩井俊二 本郷奏多 なぞの転校生 京野ことみ ミッキー・カーチス 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 チョウ・ユンファ 王妃の紋章 秋菊の物語 大怪獣 バラン 逸見東洋 種まく人 大田区立郷土博物館 石倉三郎 小林古径 奥村土牛 コリント前書第13章 ジュリエット・ビノシュ 小松左京 愚行の輪 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 カイユボット ブリヂストン美術館 ケリー・マクギリス トップガン アメリカの巨大軍需産業 広瀬隆 点描の画家たち 印象派を越えて ミレー クレラ―=ミュラー美術館 ニミッツ キャサリン・ロス マーティン・シーン お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR