『僕の生きる道』その6

> あ、花を運んだのは麗子先生ですよ・・・

→録画を確認すると、それからみどり先生が片付け、、、てない(汗)。

では、しろーとなのでごーいんに後付け解釈を:
水仙の花→白と黄色→卵白と卵黄→中村先生の生物の授業、発生→卵→=キリスト教の復活の象徴→中村先生の無事を祈る

この時点では麗子先生の方が中村先生を好ましく思っていた、としておきましょう。

(↑詐欺師の様に前言を翻し、弁舌皐月の薫風の如く爽やかな文字型人間(笑))

卵ねぇ~、1010っ娘さんの所でも書いた通りキリスト教の復活の象徴で、復活の象徴としては食傷デス。第三話以降どうなるでしょうか。


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『恋愛寫眞』その6

その6
第一印象その6
1:
日本でマヨネーズと言えばプラスチックのチューブに入った物が一般的。アメリカではガラス瓶入りも多く、松田龍平もNYでは瓶入りを使ってます。
日本でも瓶入りアメリカ製が手に入ります。「ベストフード」の物が多い様です。酸味が弱めでまろやかな味です。
2:
さて、温州みかん。仕事と才能の黒に対する愛情と恋の橙色。意外と簡単に手に入り、しかも分けるのも簡単。ただし酸っぱい物も多い。水っぽいだけで甘くも酸っぱくもない物もあるし、手に取った瞬間に痛んでるのが分かる物もある。
でも、でも、黒と対比して分かる様に鮮やかできれいなんです、見た目は。(最近は熟しても果皮が緑のままのスウィーティーがイスラエルから輸入されてます。3個298円位で出来は、温州みかんより遥かに良い。文旦とグレープフルーツの交配種。グレープフルーツ位の大きさ。アメリカから入って来るオロブロンコ(=white gold)も同じ物)
静流と誠人が食べた温州みかんは、酸っぱかった。温州みかんは、二人を幸福に出来なかった。でも、
「ありがとう、あたしのことを信じてくれて」
ん~?こんな酸っぺーもん喰わしといて、「ありがとう」はねーだろー?プリプリ(`ヘ´)。
「誠人はあたしの言った事を信じたでしょ、『誠人はプロになれるとあたしは信じてる』って言った事を」
剥いた温州みかんは、全部食べなくちゃいけないんです。酸っぱいからと言って誠人は簡単には捨てられないんです。新しい温州みかんを買えないから。
酸っぱい温州みかんを食べたということは、少なくとも、新しい温州みかんを手に入れる可能性があります。
そう、新しい人生の一歩を踏み出したんです。プロのフォトグラファーです。
酸っぱい温州みかんを食べる勇気=プロのフォトグラファーになれると信じる勇気
「それでいいの」と静流がキス。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『愛なんていらねえよ、夏』その6

第一弾

「光と影」と「虚と実」
このドラマの主人公はホストと「愛なんていらない」と嘯いているお嬢さん。
つまり二人を初め登場人物が言ってる事は字面通りには解釈出来ません。
嘘と本当を登場人物は使い分け、演出で観ている人間には「虚と実」を伝えてます。
制作側の都合で嘘と本当を辻褄合わせしてません。

登場人物が光に向かう(=順光)→嘘

登場人物が影に向かう(=逆光)→本当

またオルゴールと“Fly me to the moon”も→嘘
(元題が“In other words”=「言い換えると」だから)

なぜ「光=嘘」と「影=本当」になるのでしょう?
ん~、忘れました(笑)。最終話迄分析すると思い出すと思います。

第一話その5
光と影その1

1:
亜子が父親の葬儀でカサブランカを後に投げ捨てる場面
亜子、光の中
→嘘
つまり、父親が愛しい。

2:
レイジがお客様とベッドで身の上話
2-1:
レイジの顔半分:光の中
顔の残り半分:影の中
→言ってる事の半分だけ本当。
2-2:
お客様が「ウソ」と言うと、
レイジはお客様の方を向き「ウソ」。
→顔全部光の中=本当
→という事は言ってる事は嘘。二重否定だからレイジの身の上話は、やはり半分だけ本当。
2-3:
レイジ「ごめんね しばらく このままでいて」
顔をお客様から逸し影の中。
→本当
一人にしてくれって言うんじゃなくて、お金をくれるお客様でいてくれでしょう。
2-4:
このベッドの場面、お客様は最初から最後まで影の中。
つまりレイジに関心があります。
しかも「大丈夫 私がいるから」なんて言ってます。
真に受けてドンペリ飲み続けてくれるんでしょう。
…あ~何て素晴らしい、理想的なお客様…
~by レイジ~

3:
レイジ、奈留、季理子、公園の場面
レイジはニットキャップを被り目元は影の中
→本当
「金しか信じてない」、文字通りの意味です。
…この影の作り方、ドラマが進むとまた出て来ます。

4:
レイジが自宅屋上で自分の名前「レイジ」について語る場面
弱いですがレイジの顔に光を当ててます。タメゴローと比較すると分かります。
→嘘
自分で言ってる事を冗談と言ってます。
背景に入る街の喧騒が救急車のサイレン。心の病気の人、嘘で女性からお金を巻き上げる人、ここで~す、って言う演出。
救急車のサイレンの音が演出だと分かるのは、字幕に「(救急車のサイレン)」と入るから。
…光に向かうと嘘であるのが最初にハッキリする場面。

5:
ホテルで和田喜代美から\10,000,000「出資」して頂いたレイジがお金にキスし
「愛なんていらねえよ」
と宣う。
レイジの顔が影の中
→本当
…その他レイジが言ってる事も本当です。但し言ってる事は世間一般の考え方ではなくレイジの考え方。
…ビジネスパートナーと言うのは出資に見返りを求めない方。仕事で輝くレイジを見たい和田喜代美は理想的なビジネスパートナー。
…恋人と言うのはホストクラブでお金を使って下さる方。お金を使って頂ければお客様のお望みの言葉をかけ、お望みの振る舞いをするレイジです。

6:
レイジと真壁弁護士がタメゴローのアパートで出逢う場面。
この場面は光とオルゴールがあり、二重否定になってます。
6-1:
薄暗いアパートの一室なんで二人共影の中ですが、二人共光源に向いてます。
レイジ:廊下の向かい側のドアの窓
真壁弁護士:タメゴローのアパートの窓
→二人共、嘘
6-2:
「れいじ」と言う音に対し、
レイジ→「レイジ」
真壁弁護士→「礼慈」
と捉えてます。
6-3:
オルゴール(“Fly me to the moon”)が鳴ってますから、
→嘘
6-4:
嘘の嘘で二重否定になり、となりどちらも正しい。
やはり誤解してます。

7:
亜子の部屋で、レイジが来るのを待つ亜子と楓
楓、半分光に照らされて→嘘と本当、半々
性格が悪い亜子にうんざりしてます。



タグ 愛なんていらねえよ、夏 堤幸彦 広末涼子 渡部篤郎 坂口良子 森本レオ 西山繭子 藤原竜也 有吉弘行 ゴルゴ松本



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『世界の中心で、愛をさけぶ』その6

第一弾

第三話その2。

1:
アキ( 綾瀬はるか)がサク(山田孝之)を抱き締める場面

ここはサクの描写が良い。
アキが両腕を差し延べますが、サクは顔を背けます。
「男の子は泣かないの」が刷り込まれていますから、女の子に涙を見せるのは恥ずかしい。弱味を見せるのも恥ずかしい。だから柔らかな女体を抱く許しを得てるのに女の子の腕の中に行けないんです。
この男の子の誇り(=見栄)の演出が素晴らしい。アジサイの山でのキスの場面でのアキの恥じらいと対になってます。
そして重なるサクがじいちゃんに抱かれた幼い日の思い出。最後の場面、2004年のサク(緒形直人)が明希(桜井幸子)に抱き締めてもらう事へ繋がります。
抱き締めてもらう事の幸せ、です。
ここで疑問になるのが、なぜサクは抱き締めないか?サクが抱き締めるとどうなるか?
今生の別れの挨拶(=サクのことが大好き)と捕らえる事も可能ですが、明希が当てはまりません(→ドラマが終わっちゃう)。ま、これから分かるでしょう。

2:
ペダルの軽さ

『恋愛寫眞』の終盤、遺体が宙に浮く構図のモーグの場面を思い出します。心の防御反応のため死を実感出来ないサク。物理的な刺激で死を実感し心を揺さぶられました。軽さを感じさせたのがアキだから、アキの死を暗示、というか連想。

3:
ビン入りコーク

「タコ焼きパパさん」でサク達が飲むコークがビン入り。今でもあるので不自然ではありませんが、何やら怪しい。
1987年は缶入りだとプルタブが取れる缶がまだ多い。そんな缶入り2004年には無いからビン入りにした訳です。
賢い演出です。
(缶入り飲料で思い出すのはデ・パーマの『カジュアリティーズ・オブ・ウォー』。ベトナム戦前期を舞台にしてるので、米兵の飲む缶入りバドはプルタブが無く底に「穴開け器」〔?名前が分かりません〕付!!!!!驚きました。私が子供の頃の缶入りジュースには確かに底に付いてました。驚きの演出です)

4:
『世界の中心で、愛をさけぶ』第三話までは大変素晴らしい出来栄えです。これ程興奮させる作品は『いら夏』以来。特に初恋物語としては史上最高になりそうな予感。

5:
コロッケ

ドラマとは全く無関係ですが、ジャガイモコロッケには挽き肉の代わりに、細かく刻んだベーコンを入れると香りが良くなり美味。
ベーコンは炒めない事。炒めると堅くなり食べられません。



タグ 世界に中心で、愛をさけぶ 綾瀬はるか 山田孝之 堤幸彦 三浦友和 手塚理美 緒形直人 高橋克実 桜井幸子 田中幸太郎





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『竜馬伝』その3

『龍馬伝』第22回、新撰組が出てきました。鎖帷子を着て完全に戦闘モード、やる気満々。
近藤勇を演じるは原田泰造。
厳つい顔と長身で見掛けは大変良い。特に秀でた頬骨は闘争心を連想させ中々の侍顔。
お笑い芸人に侍顔を見つけたのは鈴木圭プロデューサー?慧眼に感心。
原田泰造、これからどんな演技をするか興味津津。

★まとめ
と、これでお終い。
音楽の騒々しさとやたらと喚く岩崎弥太郎(香川照之)に辟易し、観るのを止めました。
岩崎弥太郎が喚くのは演出ではないかと思います。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『竜馬伝』その2

さて第二回
1:
ん~、稲刈り後だし柿が実ってるから秋なのに相変わらず秋の光と影ではありません。
どういう事、大友監督?
日本の四季では秋の影が一番強い。
梅雨前の初夏は陽射しが強く太陽の高度が高く湿度も低く影も強いんですが、陽射しの方が遥かに強く影の強さや存在感を打ち消してます。
また太陽の高度が高く影が長く伸びずさほど目立ちません。
ところが秋になると湿度は同じ位ですが、太陽の高度が下がり影が長くなり存在を主張します。
同時に太陽光も橙色が強まり透明感と強さの方は弱まり、影がくっきりし存在感が強くなります。
日本の秋の光と影はこういうものなのに『竜馬伝』の光は全く違います。
こういう出来の悪い映像表現では佳作になる可能性はかなり低い。
2:
岩崎弥太郎→鳥刺し→モーツァルト『魔笛』のパパゲーノ→おしゃべり→口が達者→頭がいい→商売上手→三菱財閥
、という事かな。
3:
タイトルの竜馬の足元に注目。
身分と関係無い「靴」を履いてます。
これは武田鉄矢主演の『幕末青春グラフィティ坂本竜馬(1982年、日本テレビ)』でも出てきました。
「靴」ではなく「シューズ」と言ってました。
竜馬伝』本編でもこれから出てくるでしょう。
4:
竜馬演じる福山雅治の顔つきが良い。使命感皆無の普通の青年の顔。この顔つきが今後どう変わるか楽しみ。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『竜馬伝』その1

★簡単な紹介

〇放送
2010年1月3日~11月28日
日曜日 20:00~20:45
全48回
NHK総合

〇スタッフ
脚本:福田靖
演出:大友啓史
プロデューサー:土屋勝裕

〇出演者
福山雅治
香川照之
八木優希
広末涼子
貫地谷しほり
田中泯
近藤正臣


★評

竜馬伝』初回、ん~、セットとロケ地は良い。中心となる役者達も良い。
平井加尾を演じた広末涼子、上目遣いで笑う表情は『愛と死をみつめて』のミコさんと同じ表情。その平井加尾の子役をやったのが八木優希。私の好みの役者の中で二番目に若い。
福山雅治香川照之、共に問題無し。というかかなり良い。

と、舞台なら問題無いのですが、他に問題が多い。

1:
まず光が駄目。季節感皆無。
1-2:
夏の場面、次のものを結び付けているでしょう:
・下士の不条理な境遇と酷暑
・幼年自体の竜馬の楽しかったとは言えない武士の子供としての生活と酷暑
光が全く暑くない。『羅生門』の雑木林の陽射しの強さ、『隠し砦の三悪人』の隠し砦がある白い山肌が放つ暑さ、こういうものがありません。
下着の代わりに汗で全身が覆われた様な不快感を想像出来ない光です。
だから下士の生活の惨めさがイマイチ伝わって来ません。
また木々の葉の色が薄過ぎあれでは春の木々。
1-2:
次に秋の場面になっても光の色が変わらないし、影も変わらず、背景に稲刈りを待つ水田と彼岸花が入りモズの鳴き声を入れただけ。

2:
オーケストラの音楽が大袈裟だしうるさ過ぎます。音楽の助けが必要な下手な役者はいません。

3:
黒船の場面。
疾風怒濤の幕末の到来を告げるのに21世紀になっても嵐のCGを使う貧弱な想像力。

4:
日曜の午後8:00にこういう出来が悪い「映像」を観るのは、かなり辛い。ドラマが悪いのではないですよ、「映像」が悪い。
初回からこの程度の出来では先が思いやられます。
初回を観た限りでは録画してまで観たいとは思いませんし、一回観れば充分。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『さよなら ぼくたちのようちえん』

★簡単な紹介

〇放送
2011年3月29日(水)
21:00~23:09
日本TV系

〇スタッフ
脚本:坂元裕二
演出:水田伸生
プロデューサー:次屋尚

〇出演者
芦田愛菜


★評

主演が芦田愛菜ですから無条件で観ました。

1:


2:
とりあえず駄作です(涙)。
最初から無駄なカットが多くドラマに熱中出来ず、結局回復せずそのまま最後迄行っちゃいました。
隙間だらけのドラマで視聴者の集中力や関心を捉える事が出来ません。

3:
『Mother』のスタッフと芦田愛菜で作ったのでもっとまともなドラマを期待しましたが、見事に空振り。

中盤で放送順が乱れましたから、ひょっとすると序盤でも重要な場面が飛んでるかもしれません。
DVDで見直して、放送より良かったらまた書く予定。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その11

最終話
1:
あ~、ヤレヤレ、ようやく終わった。
上野樹里の不調が大誤算。
脚本もなぁ、北川悦吏子だからこんなもんですか。
上野樹里のファンだから最後まで観ました。
他に書く事無し。
残念(涙)。

タグ 素直になれなくて 上野樹里 玉山鉄二 瑛太 風吹ジュン 吉川晃司 井川遥



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その10

第十話
1:
リンダ、ナカジのおかげで命を取り留めました。
が、
その後なぜか容態急変し死亡。
どーゆーこと?
2:
最後にナカジ、ハルに好きだと言います。
リンダが残したメールを読んだから。
好きな女に好きだと言うのに人の命が一つ必要ねぇ…



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その9

第九話
1:
ドクター演じる玉山鉄二、悪くない。
『BOSS』、『薔薇のない花屋』、『Presents 合鍵』で玉山を観ましたが、今回の様な、「ちょっと問題がある」役か女を振る役。
(『農家のヨメになりたい』(2004年、NHK)、『わが家の歴史』(2010年4月9日~11日、フジTV)、映画版『チーム・バチスタの栄光』(2008年)で観てるはずですが、印象がありません(涙))
あのイケメンだからそれらしく、現実感があります。
2:
役者は、調子がイマイチの上野樹里を含め、まぁいいんですが、脚本がねぇ…。
同性愛だからって今時自殺?
オスカー・ワイルドの時代じゃありませんぞ。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その8

第八話
1:
あらら、揺り返しでハルとナカジが近付くと思ったら、近付かないゾ。
しかしハルとナカジは相手への自分の思いが分かってきたようです。
2:
『素直になれなくて』という題名の通り、どうやら二人の恋は最悪な事態にならんとうまくいかん様です。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その7

第七話
1:
今回はナカジの心の隙間に忍び寄る「魔の手」(笑)。
こうしてハルとナカジは恋愛的に隔離され、相手に対する思いを確かめられます。

振り子が頂点に達し、そろそろ反対側へ戻り始めます。

何か恋の行方にドキドキしないなぁ…
ナカジのアパート(?)は演出見え見えで興覚め。格好悪いこと甚だしい。

それでも観続けてるのは上野樹里のファンだから。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その6

第六話
1:
おや、おや、上野樹里、今回は悪くない。
ハルがナカジと動物園デートして、「ちょっと幸せかも(ハートマーク)」っていう雰囲気がいい。
素直になれなくて』が始まってから最初のまともな演技。
2:
そして二人が気が付けば恋人候補よりも親密な真面目な話をしてます。
ま、この辺も恋愛ドラマの方程式通り。
それでも上野が実力を発揮してきたので、今回は、少し持ち直しましました。

素直になれなくて 上野樹里 玉山鉄二 瑛太 井川遥 風吹ジュン 吉川晃司



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その5

第五話
1:
ナカジにジュース浴びせ掛けたのはハルではなく、ぴーチでした。
ん~、これは完全に予想外。
2:
主人公二人が物語中盤ですれ違う…、恋物語の定番。
3:
ハルは再び生徒を守ろうとします。
恋には強く行けないハルの性格を際立てるだけみたいな脚本。なんか不自然。

タグ 上野樹里 瑛太 風吹ジュン 吉川晃司 井川遥 素直になれなくて



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その4

第四話
1:
こちらも雲行きが怪しくなってきました。
ドクターはハルに付き合ってくれ、って言うし、
ナカジがハルにドクターとお似合いだよと言うと、ハルはナカジにジュース浴びせ掛けちゃうし、
桐子さんは恐ろしさ全開へ今回も一歩前進、
ナカジのお父さんは肺癌みたいだし、

ん~…

2:
相変わらずどうも上野樹里一人が浮いてんだなぁ…
それに比べ桐子さんをやってる井川遥は記憶以上にキレイだし、演技も悪くない。

3:
ハルの恋の行方にドキドキすることもない私です。
今回はこんなもんで。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その3

第三話
1:
はぁ、このドラマも第三話で前半の山場を迎えました。
1-1:
CHICAGOの『素直になれなくて』を流しながら、カミングアウトゲーム。
ピーち、ドクターは仕事を告白。ナカジは納豆にマヨを入れる事を。
リンダとハルは告白しなかった。
1-2:
ピーちはハルに妊娠を告げる。
リンダはEDを診断される。
ハルは桐子の攻撃に遭う。ナカジは桐子がハルに怪我させられたという話を信じる。

2:
奥田真理子(渡辺えり)のリンダへの嫌がらせは、誇張し過ぎ。
桐子のハルへの攻撃も現実感に乏しく、次回以降鼻に付きそうな予感。

3:
そろそろ観るのが辛くなって来ました。
北川悦吏子の脚本はこの程度だろうと心の準備が出来ていましたが、大誤算が上野樹里
『ラスト・フレンズ』の岸本瑠可は素晴らしかったし、『グーグーだって猫である』のナオミも悪くなかったのに、今回は駄目だなぁ。
ハルに存在感が無いんです。台詞も演技も何か、上滑りしてるみたい。簡単に言うと、下手(涙)。
ファンとしては残念至極(涙)。
この調子のムラが天才型の証明なんでしょうか?



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その2

第二話
1:
ん~、なんかなぁ…
まぁ恋の話。、で?
っていう感じ。第一話の視聴率が11%なのも納得。
2:
上野樹里、イマイチ可愛くない、キレイじゃない。
、と思ってたら、第二話後半、ナカジ(瑛太)にデートに誘われたと思い、気合い入れてオシャレし、髪型変え、ち~と化粧濃くしたら、
あらら、
キレイ。
3:
ハル(上野)とナカジ(瑛太)、第一話と第二話の最後の場面が駅のホーム。
第一話ではハルはナカジから「ガンバレ」と書かれた缶コーヒーをもらい、第二話では電車が発車したら反対側のホームにいたナカジがハルの近くへ。
ちょっと面白い演出。
二人の間にあるのが線路、そして電車。川なら反対側に渡る橋があるもんだけど、鉄道は渡る物じゃないからね。
相手とは顔も見えるし話も出来る距離しかありません。だけど渡るのは、ある意味難しい。
このドラマの舞台では相手の方へ行くには一度相手を見失なわなければ行けません。
相手が見えなくなった時、どうなるんでしょう?
またラッシュ時ならたとえ相手の方へ渡れたとしても、大変な人込みで相手を見失い永久の別れになるかも。
同じホームにいれば違う電車に乗っても進む方向が同じだから巧く行く可能がありますが、違うホームの電車に乗ればサヨナラ。
さてさて、どうなるでしょうか?

、って言う演出。
(映画版『電車男』でもホームを使う場面がありましたが、違った使い方でした)
4:
素直になれなくて』ってこのドラマより中年世代にはCHICAGOの1982年のヒット曲です。
、と思ってたら流れました。
水野祥子(風吹ジュン)と中島亮介(吉川晃司)の明らかに訳有り中年カップルが喫茶店で会う場面で。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『僕の生きる道』その5

僕の生きる道』色々その2
第二話迄観た限りでは

1:
中村先生には特に趣味とか無し。博打もやらない。
趣味やスポーツをやっていたら\5,000,000の使い途はいくらでもあります。
白衣と白いワイシャツ以外も着るだろうから太陽光で白飛びしないから影も薄くならない(笑)。
それに仕事以外にやる事があれば学校辞めてそっちをやるだろうから『僕の生きる道』にならない。こっちの方が問題か(笑)。

2:
癌の恐ろしさをどの様に表現するか楽しみ。
TV版『セカチュウ』では細かいけどかなり巧みに白血病の恐ろしさを表わし、更に死の表現は完璧でした。あの暗示を越えるのは超難しいゾ。
いや、超難しいというより死の表現の一つの頂点ですから、新たな表現を作り出さねばなりません。
あ、これも難しいか(笑)。

3:白と黄色
?、あ~既に出てます、あの花言葉が「思い出」の不吉な不吉な水仙の花。
水仙の花です。
花瓶に入った水仙を運び片付けたのがみどり先生。
白と黄色→卵黄と卵白→中村先生の生物の授業、発生→結婚
、と暗示。
この解釈は無理がない(^_^)v。
…でも真面目そうな綾瀬、じゃなくて杉田めぐみが片付けちゃったら(笑)



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『愛なんていらねえよ、夏』その5

第一弾
第一話その4

1:
亜子の部屋
二間続きのスイートルーム。流石お金持ちの御令嬢。
点字で読書する書斎はカーテンが閉じられ影の中。隣の寝室は逆にカーテンが開き光の中。
はて?明らかにおかしい。
寝室のカーテンは閉めておくもんでしょう。他人には見せない部分だから。
書斎は本で象徴される様に外から訪れるものの入口。
亜子の二つの部屋のカーテンの使い方は逆になってます。

なぜ?

他人には見せない部分も見せられ心を許せる人が欲しい、と亜子の心情を背景で説明。
レイジが初めて鷹園邸を訪れる時、幼馴染みの楓がいるのが書斎の方ですから亜子は楓に心を開いていません。

2:
ちょっと物語が戻りますが、亜子が自室でオルゴールを掛ける場面。
机の上に石が2個。家を出て行った母親と兄礼慈の象徴でしょう。石から想像すると、あれは墓石。
この時掛かっている曲は“Fly me to the moon”ですから、二人が元気で幸福でいてくれと言う願いです。

3:
レイジのホストとしての凄腕を示すのが、亜子と出逢ってから亜子が涙を流す迄の時間。
→約2分40秒
亜子が涙を流すのは兄と再会したからではなく、オルゴールの“Fly me to the moon”のため。
最初から亜子の心を全て捉えようとしてるのでありません。
攻撃の「糸口」を一つ作れば十分なんです。

4:
この時、レイジがまだ知らないために失敗したのは亜子の肩を抱いた事。
亜子に少なくとも一言言ってから触れないといかんのです。



タグ 愛なんていらねえよ、夏 堤幸彦 広末涼子 渡部篤郎 坂口良子 森本レオ 西山繭子 藤原竜也 有吉弘行 ゴルゴ松本



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『恋愛寫眞』その5

その5

第一印象その5

恋愛寫眞』は黒の使い方が巧いのですが、黒を使った映画の代表作になるには、力不足。堤監督もそこまでは狙ってないでしょう。
私が黒を使った映画の代表作にしたいのは、『雨あがる』。萌黄色の木立ちの中を寺尾聰が黒い着流しで歩く。この場面は、正に、黒楽にいれた抹茶と同じ美しさ。驚きの美しさと黒です。
ただ問題は、私が『雨あがる』を全部観てないんです(笑)。だから「したい」なんです(笑)。
次にマヨヌードル。『男おいどん』のラーメンライスの進化型。貧の象徴。ご飯=炭水化物の代わりにマヨネーズ=卵=タンパク質。栄養を考えているから進化してるんです。味についてはまだ好きなものを選べないから、貧の象徴。
小池栄子、合格かな?自分で「威圧系」と言ってた通りの狂女振り。



タグ 恋愛寫眞 堤幸彦 広末涼子 松田龍平 西山繭子 ドミニク・マーカス 山崎樹範 山下達郎 2000トンの雨 齋藤清貴


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『世界の中心で、愛をさけぶ』その5

第一弾

第三話その1。

1:
第三話にしてサク(山田孝之)はようやく私服で登場。いくらなんでももう少し着る物持ってるでしょう。

2:
サクはちょっと卑怯、やはり子供っぽい。『北の国』からの純と同じ。(→倉本聰脚本家の少年時代)
アキ(綾瀬はるか)は女の子だから大人だなぁ。サクの嘘に付き合って探し物して、オマケに嘘をかばってあげる。
サクが悲しめばそっと抱き締める。
優しいアキ、サクのことが好き。
…まぁこうやって男は女に頭が上らなくなる訳でして…
格好悪いところ、情け無いところ、素の自分を見せ近付いて行く二人です。
…この辺も良い所。端折らず丁寧に話を進めてます。

3:
そしてアキの病気も同時に少しづつ進めてます。扇動的でない演出が良い。

4:
自転車

思ったより重要。今回はサクとじいちゃん(仲代達矢)の絆。

5:
感情移入の邪魔をする演出と台本と演技がない佳作です。目障り耳障りな役者がいない珍しい作品。
特に綾瀬の活かし方が大変巧い。アキはニコニコしてるだけで十分でしょう?

6:
小林明希(桜井幸子)

ようやく意味を持ち始めました。2004年のサク(緒形直人)が抱き締められたのは何年振り?抱き締めるのは「明」日への「希」望の人。サクがアキから離れ明日への希望を持ち始めた第一歩。
それに比べアキの「亜紀」、年(=紀)に準ずる(=亜)、一年に満たない亜紀です。→死んじゃうよね。

7:
恒例花言葉

アジサイだと
「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」
だとか。
(注:「大スキ! 広末涼子さん&『ビーチボーイズ』」に書きまくっていた頃、ドラマ映画の分析の手掛かりに花言葉を使い始め今でも使ってます)

8:
「俺は堤幸彦に殺される」多分(笑)。



タグ 世界に中心で、愛をさけぶ 綾瀬はるか 山田孝之 堤幸彦 三浦友和 手塚理美 緒形直人 仲代達矢 桜井幸子 田中幸太郎





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『素直になれなくて』その1

★簡単な紹介

〇放送
2010年4月15日~6月24日
木曜日 22:00~22:54
全11回
フジTV系

〇スタッフ
脚本:北川悦吏子
演出:水野道夫、西坂瑞城
プロデューサー:中野利幸

〇出演者
上野樹里
瑛太


★評

第一話

1:
大丈夫かなぁ、主要登場人物全てに秘密があるゾ。
『ラスト・フレンズ』みたいな作り。
10話位で主要登場人物全員の問題を解決するのは99%不可能。この点も『ラスト・フレンズ』と同じ。

2:
上野樹里はのだめがチラホラ見えイマイチ。まだ調子が出てない感じ。
瑛太の方はいい。ハル(上野樹里)にライカM7を説明する時の興奮と夢中が微笑ましい。

3:
主題歌は全く印象に残ってない出来具合。

4:
『JIN~仁~』、『ラスト・フレンズ』も危なっかしい作りだったけど、さらに危なっかしい。
こんな感じで先行きかなり不安。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『外事警察』 スペシャル 〜リミックス版〜

2010年3月24日(水)午後10:00
NHK総合

内容は連ドラを編集したから同じです。

1:
ジュリオ・ロッシの会員制バーの店名が
「アレス」
だとは最初の放送の時に気付きませんでした。

ギリシャ神話の「アレス」です。
アレスは、ゼウスとヘラの息子で、戦闘の野性的な面を担当(?)する凶暴な戦神。

こんな事ですから、店名について文句の付けようがありません。

2:
最初に殺される協力者のコードネームが「ニケ」。
ニケ=ギリシャ神話の勝利の女神。
汚い諜報の世界で生き残れ、と言う事。

3:
ジュリオが愛子を殺そうとして腰の後から拳銃を抜く時、
ん?
拳銃の入れ方が上下反対。
この入れ方だと拳銃を標的に向けるまでに腕の動作が一つ増えるので、不利。

4:
全6回を2回分にまとめてるから内容は薄くなって当然。
速さと緊迫感が無くなったのが一番の違い。
特に第一話、後を付ける人間が次々と変わる追尾の場面がカットされたのは非常に惜しい。この連ドラの出来の良さが分かる最初の場面であり、ドラマの導入部の作りとしても最高です。

5:
ドラマの終わり方は連ドラと全く違います。

6:
改めて観ると、尾野真千子の目が大きいためか、松沢陽菜の目を強調するカットが多い。
もう少し両目に表情が欲しい。松沢はドラマ前半、人間的、感情的だから両目も同期しなくちゃ。
また尾野の顔でもう一つ目立つのが、鼻。三角定規だ(笑)。

7:
DVDbox、ほ、欲しい。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『僕の生きる道』その4

僕の生きる道』色々その1

1:『僕の生きる道』とTV版『セカチュウ』
鳥羽潤はTV版『セカチュウ』に出てた?、調べると真島順平役。病院で木を描いていた人。
教頭先生は佐藤医師になり綾瀬を救えず。特典映像では救えなかった事を後悔してます。

2:中村先生の白衣とワイシャツ
単純に経帷子、死装束、shroud、でいいのかなぁ?
担当教科が生物。
最初の授業が哺乳類の発生、次の授業がウニの発生。
生物学と言えば、
→食物連鎖、エネルギーの流れ、炭素、窒素の循環。
→流れ
命の流れ、中村先生の生の証しが人々に伝わり残る。

女性の場合、パストゥール以前、出産は本当に命懸けだったから(出産後の産褥熱の死亡率10%)、結婚≒死亡だから結婚衣装は白になるんだけど…

中村先生がみどり先生と結婚するとなると、そこに待ち構えてるのは死。ん~、やはり結婚≒死亡が成立するか…

だけど、
白→ラテン語のalbus→album(白い)+folium(書き板)→album=アルバム
→何もないアルバムにこれから記録を残す
の方がいいかな。

また、発生の話から
albus→albumen=卵白
卵白は胚の発生に必要な水分を供給し卵黄を物理的、化学的に保護する。
(参考→ http://ja.wikipedia.org/wiki/卵白 )
みどり先生はこれから「黄色」を身に着けると中村先生はみどり先生を守る。この解釈もあり、でもちょっと凝り過ぎ。

3:水仙
第二話で中村先生が無断欠勤した時中村先生の机の上に
不吉に
ちょっと置かれる花。
花言葉は色々あるけどこれですよ:
「思い出」
いや~不吉不吉。橋部敦子脚本家も悪趣味(笑)それとも星護監督の趣味(笑)?



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『恋愛寫眞』その4

その4

第一印象その4

ちょっと反則観直す。
松田龍平について。
あ~、やっぱり記憶の通りだった(^_^)v。
誠人は、ず~っとカーキのフード付コート(→N3-B、『恋愛寫眞PHOTO&DIARY』P.122による)を着てます。この色が重要、曲者なんです。静流が着てるのは、黒だけ。カーキは明度がかなり低く黒っぽい。
しかし、カーキのフード付コートを着てます。この色が重要、曲者なんです。静流が着てるのは、黒だけ。カーキは明度がかなり低く黒っぽい。
しかし、カーキは決して黒ではありません。
黒を着た静流は写真コンテストに入賞し、カーキを着た誠人は落選。
黒を着た静流はコンボイ母娘に認められ、カーキを着た誠人は3回もボコボコにされる。
静流と共に生きる決心をし、プロのフォトグラファーになると黒尽。
以前にも書いた通り、他の色を引き立てる究極の色です。『恋愛寫眞』では、他の色は、能力才能を表してます。
静流が誠人はプロになれると信じてると言ってます。なぜ?その根拠は?誠人がたまに黒をカーキのフード付コートの下に着てるから(笑)。
誠人がカーキを着てる間は、静流を追い掛けてるだけ。カーキでは、誠人を引き立てられません。少しはあるかもしれない誠人の才能を生かすに必要なものは何?
決意です。
プロになる決意をしたからにはカーキの様な中途半端な色はいらなくなるんです。
カーキを着てる時の幼さが残る顔、黒を着てる時の男前の男の顔。
松田龍平の二つの顔付きの違いが、鮮烈です。素顔がどちらに近いのか、想像出来ません。
そう、松田龍平広末涼子と同じ位巧いんです。
松田龍平がカーキを着てる時は、広末涼子の美しさの影に隠れてるのではなく、目立たずに引き立てるんです。
そして色の使い方も巧いんです。ん?、ということは、一人忘れてました、堤監督も巧い(笑)。
好きなんです、『恋愛写真』。


タグ 恋愛寫眞 堤幸彦 広末涼子 松田龍平 西山繭子 ドミニク・マーカス 山崎樹範 山下達郎 2000トンの雨 齋藤清貴


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『愛なんていらねえよ、夏』その4

第一弾
第一話その3
1:
Nanami Florist
=名波生花店
正しい英語です。
1-1:
さて季理子のこの花屋、誰が作ったのでしょう?
季理子の親?季理子の姉、栞が稼いで作った?ひょっとしてレイジが金を出した?
真壁弁護士が初めて尋ねて来た時、ここで長く商売をやっているって言うから、季理子の親かな。
誰が作ったのであれ、生き物の一つである花を扱う真っ当な商売(=嘘は不要)ですからレイジのホスト稼業と対になってるのは明らか。
1-2:
いいロケ地を見つけたもんです。
店の横の真直ぐな道の先に新宿の高層ビル群。
色々解釈出来る背景です。
例えば、
・花屋の様な真っ当な商売を地道に続けると成功する(=高層ビルの屋上が示す高み)とか、
・店の外側を飾る植物が育ち天まで届く。暗闇の中のホストクラブの愛と違い太陽光の元で育つお金で買えない愛を象徴とか、
・人を高みに上げるのは花を慈しみ育てる様なものとか、
・レイジの様に年に9桁稼ぐ生活(=高層ビル)と季理子のちっぽけだけど(=小さい店)潤いと美に満ちた生活とか、
1-3:
そしてこの場面で真壁弁護士が季理子に名刺を渡すんですが、この名刺を読み取れず真壁法律事務所の住所は依然として不明。

2:
レイジがタメゴローのために借りたアパートも同じく高層ビルの下。
金で築いた高層ビルと低収入でも借りられるアパート。
2-1:
ここも色々解釈出来ます。
・レイジの見下ろしていた過去の生活と見上げる現在の生活。
・高層ビルの上へ行くのは大変だし時間が掛かるけど、下へ落ちるのは僅か半年。
・同じ様にあんな高い所に住んでたら誰も訪れてくれません。

3:
レイジの名前
カタカナで音のみ。漢字が無いから意味、生きている意味がありません。
また音だけと言う事は好きな様に意味を与える事が出来ます。
タメゴローから「礼慈」を頂き、人生に意味が出来るでしょうか?
第一話では
英語のrage(=レイジ)、「激怒、猛烈、熱望、渇望」の意。
レイジの熱い思いが求めているのは、金、金、金、金、金。
…自分を捨てた親にも怒り心頭でしょう。

4:
亜子はカサブランカ、匂いの強い花が嫌い。
食物連鎖の頂点に立つ猛禽類でさえ雛はまだ弱く、蛇に捕食されることがあります。
だから鷹は常に巣を清潔に保ち、匂いで捕食動物を引きつけないようにします。
父親の回りと棺の中にあるのはカサブランカ、つまり線香。
こういう普通じゃない匂いも捕食動物を引きつけるので出来るだけ早く始末したいんです。亜子がカサブランカを投げ捨てるだけでなく、棺の蓋をサッサと閉めるのも同じ事。
そして忘れちゃいけないのは、亜子がまだ雛で弱いからこうします。弱さの現われなんです。
…よく考えた設定と演出です。

5:
タメゴローの名前
堤監督の年齢を考えると『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』でクレージーキャッツのハナ肇が言ってた「アッと驚く為五郎」からでしょう。
10億円も遺産を残してくれたんだから、ビックリして当然。




タグ 愛なんていらねえよ、夏 堤幸彦 広末涼子 渡部篤郎 坂口良子 森本レオ 西山繭子 藤原竜也 有吉弘行 ゴルゴ松本


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『世界の中心で、愛をさけぶ』その4

第一弾

第二話その2。

1:
狭い路地を自転車で飛すサク(山田孝之)

へぇ~よく撮りましたねぇ。狭い所で映像の揺れも少なく、流石唐沢カメラマン。


2:
安定した構図

人物を中央に置いた安定した構図が多い。二人が通う宮浦高校も手前に三角屋根の校舎があり安定してます。『いら夏』や『恋愛寫眞』と違い工夫してない様ですが、こういう正統的な映像も宜しい。


3:
アジサイ

撮影用に植えましたね。アジサイの根元だけ土が見え過ぎ。


4:
その他

4-1:
アジサイの山から見える街並。1987年には松崎プリンスホテルらしき建物がありません。ロケ地情報のあるサイトに書いてあった通り。

4-2:
『いら夏』と同じ様に葬儀の場面から始まるから、石丸Pは低視聴率が頭の中を過ぎらなかったのでしょうか?
医療監修は再び堤邦彦医師。

4-3:
それにしてもあの出来の悪い小説からこんなに素晴らしいドラマを作り出した森下脚本家と堤監督、何なんでしょうこの二人?
ちょっとひねくれ者と思ってた堤監督ですが、こういう正統的なドラマも作れるんですねぇ。
主題歌を歌うのが私の好みの柴咲コウ、…と良い人ばかり(^.^)。





タグ 世界に中心で、愛をさけぶ 綾瀬はるか 山田孝之 堤幸彦 三浦友和 手塚理美 大島とも子 高橋克実 桜井幸子 田中幸太郎





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『曲げられない女』その4

今回で終わり。
荻原早紀、なんで毎回怒鳴らないといかんのでしょう?
熱い心ややる気、熱意を表したいんでしょうか?
早紀の場合、熱血漢というより感情的で、また逆上型。
この調子だと裁判中にキレてとんでもない事を言って法定侮辱罪で何回も罰金を払いそう。

早紀の娘、灯(小学生)をやった子役、浅見姫香、巧い。大人達が大袈裟な演技をしてたんで、彼女の演技を引き立てました。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『曲げられない女』その3

この連ドラ、脚本が
遊川和彦

目に馴染みがある漢字の並びなのでネットで調べると、
作った連ドラに

土曜ドラマ「リミット-刑事の現場2-」



2009年の連ドラで最高の出来の2本の中の1本を書いた脚本家。
こんなに出来具合が違っていいんでしょうか?



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
43位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

村井國夫 瑛蓮 福田ゆみ 鈴木省吾 篠原篤 大倉孝二 中村蒼 平成館 東京国立博物館 稲葉天目 平岡祐太 金田明夫 坂口健太郎 鈴木亮平 八木亜希子 吉岡里帆 富澤たけし 松たか子 無線七宝 東京都庭園美術館 有線七宝 濤川惣助 並河靖之 超絶技巧 住田萌乃 木野花 シシド・カフカ ヤオ・アイニン キムラ緑子 山本未來 新井浩文 工藤阿須加 渡辺大 黒木瞳 高畑充希 佐藤二朗 芳根京子 大島蓉子 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・パオティエン リー・ウェイ 菊豆 手塚とおる 山田美紅羽 篠川桃音 風間俊介 水谷豊 桜田ひより 三國連太郎 新克利 新田次郎 緒形拳 秋吉久美子 高倉健 田中要次 柄本時生 小堺一機 野麦峠 山本茂美 女工哀史 志尊淳 ビリギャル 地井武男 森次晃嗣 原田美枝子 木下ほうか 山田涼介 川崎紘菜 土屋太鳳 新川優愛 ディーン・フジオカ 篠井英介 稲垣来泉 佐野勇斗 田中直樹 川津明日香 岩田剛典 津田寛治 秋田蘭画 解体新書 小田野直武 サントリー美術館 菱田春草 佐竹署山 江口のり子 菅田将暉 石原さとみ 本田翼 青木崇高 加賀丈史 デトロイト美術館 モネ 向井潤吉 モディリアーニ クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン 圓山應擧 根津美術館 アルチンボルド 国立西洋美術館 伊藤かずえ ブリューゲル バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 円空 出光美術館 長澤芦雪 曽我蕭白 正倉院 アメリカン・スナイパー 戦争論 小林よしのり 続・タイム・トラベラー カラヴァッジョ マネ 聖トマス ラ・トゥール 鈴木其一 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 油滴天目 曜変天目 伊藤修子 松林図屏風 長谷川等伯 油滴天目茶碗 円山応挙 雪松図屏風 藤花図屏風 曜変天目茶碗 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 市原隼人 今井悠貴 みかんの花 海の星 雲の糸 望郷 スピットファイア― メッサーシュミット ハインケル ポルト・リガトの聖母 新国立美術館 三田真央 本多力 中村倫也 佐々木心音 光宗薫 やべきょうすけ 久松郁美 満島真之介 山本裕典 東京藝術大学 宮川香山 恵順 森田藻己 朝顔図屏風 富田靖子 坂井真紀 横山歩 高畑裕太 真剣佑 寺尾聰 石井杏奈 村上虹郎 三宅弘城 滝藤賢一 松尾幸美 片桐仁 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 福山翔大 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 浦沢直樹 20世紀少年 小室哲哉 細うで繁盛記 仲代達矢 富士眞奈美 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 国立新美術館 福岡市美術館 京都市美術館 ルノワール 八木莉可子 竹内涼真 菊池風磨 黒島結菜 川瀬巴水 吉田博 赤間麻里子 滝沢沙織 小野塚勇人 林田悠作 小島梨里杏 ジュディ・オング 鈴之助 山田将之 妹尾青洸 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 風神雷神図屏風 紅白梅図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 雪舟等楊 銅鏡 ダ・ヴィンチ 拙宗等揚 伊藤若冲 ボッティチェリ 青木宗嵩 原菜乃華 橋田壽賀子 大和書房 大空真弓 石井ふく子 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 門脇麦 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 川栄李奈 徳井義美 蘭寿とむ 瀬戸康史 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 橋爪功 渡辺舞 山本耕史 松下由樹 寺田心 シャーロット・ケイト・フォックス 松田芹香 加藤清史郎 北斎 広重 東海道五十三次 保栄堂版 太田記念美術館 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 与謝蕪村 富岡鉄斎 狩野元信 池大雅 田能村竹田 青木木米 浦上玉堂 T45 F14 発艦 着艦 成宮寛貴 デューラー メラン 柄澤齊 ビュラン エングレーヴィング 町田市立国際版画美術館 Leola 濱田龍臣 藤田弓子 飯豊まりえ 西岡徳馬 松井愛莉 目黒川 高野野十郎 目黒区美術館 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 和田三造 安井曾太郎 安田靫彦 岡本太郎 岸田劉生 北蓮造 佐伯祐三 田村孝之介 中村研一 今野浩喜 野波麻帆 竜星涼 夏秋草図屏風 風神雷神図 光琳 燕子花図屏風 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 ティーチャ 富士三十六景 原安二郎 六十余州名所図会 名所江戸百景 千絵の海 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 カキツバタ 小西真奈美 佐藤直紀 白石美帆 高浮彫 暗花 釉下彩 釉裏紅 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 鞏俐 陳道明 妻への家路 カストラート チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 真飛聖 伊藤歩 甲本雅裕 鎌田敏夫 吉田羊 野村周平 品川徹 蓮佛美沙子 和久井映見 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 レンブラント 水差しを持つ女 牛乳を注ぐ女 天文学者 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 多岐川裕美 中島裕翔 平澤宏々路 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 弓をひくヘラクレス ブールデル 中村勘九郎 立川談志 宮川大輔 田邊哲人 松本喜三郎 谷汲観音像 安本亀八 生人形 当麻蹴速 野見宿禰 聖プラクセディス 聖女 植田正治 マグリット 小堀遠州 秋冬山水図 龍安寺方丈庭園 抽象画 枯山水 カンディンスキー 抽象芸術 星野源 松岡茉優 江口のりこ 蛍雪次朗 美保純 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 再販売価格維持制度 DVD ブルーレイ CD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 写楽 歌麿 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー オーウェル 1984年 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 入江長八 伊豆の長八 鏝絵 松崎町 神田沙也加 城田優 川平慈英 葵わかな 尾美としのり 西内まりや 内山理名 蔵王権現 西新井大師 冷泉家 三佛寺 藤原道長 投入堂 總持寺 山田望叶 上川隆也 大原櫻子 馬場園梓 市川由衣 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 窪塚俊介 小林涼子 山下リオ 貝桶 初音蒔絵調度 蒔絵 沈金 水上剣星 塚地武雄 歌川国芳 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 生きている兵隊 種田陽平 昭和史 石川達三 クリスチャン・ベール 半藤一利 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 松下洸平 黒川智花 中条あやみ 警部マクロード 内館牧子 宮地雅子 すぐやる課 中庸 儒教 櫻井淳子 吉本美優 桐原亮司 高杉真宙 吉田都 ロバート・ハインデル 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大乗寺 大瀑布図 相国寺 氷図 大英博物館 松に孔雀図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 封印作品の謎 安藤健二 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 丸山智己 鈴木勝大 井原剛志 相葉雅紀 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 山西惇 池津祥子 水原希子 足立梨花 近藤芳正 郷ひろみ 三遠法 大はしあたけの夕立 規矩の法 星月夜 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 藤井流星 歌川椎子 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 菊地成孔 東福寺本坊庭園 重森三玲 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ 「PIECE WISH」 OF 阿部サダオ MY 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ フェラーリ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる 椿かおり SAYUKI 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 歌川広重 岡本信人 小林正寛 村井良大 原田泰造 高橋真唯 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 柴田理恵 不破万作 安藤玉恵 古田新太 大滝秀治 長塚京三 古谷一行 狩野尚信 狩野常信 狩野探幽 仁清 乾山 狩野重信 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 ジュウ・シュン 陳坤 周迅 劉燁 チェン・コン 小さな中国のお針子 リウ・イエ 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 横山大観 山種美術館 加山又造 牧進 川端龍子 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 麿赤兒 早乙女太一 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 東京国立近代美術館 岡倉天心 グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ モォ・イエン サン・バオ 霍建起 莫言 故郷の香り 転校生 大林宣彦 団時朗 中田喜子 大谷亮介 筒井真理子 はろるど アントラーズ 鹿島 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 田辺修斗 研ナオコ 西山潤 上原陸 平愛梨 石井トミコ 藤原薫 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 財前直見 井上真樹夫 中村ゆりか 浅田美代子 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 岡山天音 秋山菜津子 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 原爆の絵 平和データベース 広島平和資料館 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 故宮博物院 NHKスペシャル 翠玉白菜 アンギラス 強き蟻 矢島健一 オラトーニ シスタームーン ブラザーサン 石塚英彦 高瀬好山 アートシーン 冨木宗行 明珍 冨木宗好 自在置物 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 LiLiCo 遊井亮子 石田ニコル 三浦理恵子 没後90年 永井大 蔦の細道図屏風 松島図屏風 六平直政 中村梅雀 マイヨージョーヌ ルコック・スポルティフ デサント本社 日月烏鷺蒔絵額 村田理如 村田コレクション 白山松哉 清水三年坂美術館 あべまみ 動物農場 復活の日 ザ・スタンド 21世紀少年 蝿の王 波濤図屏風 今井雅之 刺繍絵画 自在 牙彫 薩摩焼 印籠 金工 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジェームズ・ガーナ― ジョン・フランケンハイマー イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 藤城清治 オーヴェールの教会 キェシロフスキ トリコロール 青の愛 船橋洋一 福島第一原発 原発敗戦 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 大虐殺 ピーター・ストラウス ソルジャー・ブルー キャンディス・バーゲン 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 国本圭一 狙撃 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 大木隆行 関根勤 TAKAHIRO 戦力外捜査官 有川浩 渡邉このみ 三上博史 大後寿々花 陳凱歌 チェン・カイコ― 呉天明 酒井美紀 橘らい四郎 山西省日本軍残留問題 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥村和一 今村昌平 奥崎謙三 ゆきゆきて神軍 原一男 新版画 デビット伊藤 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン 第七の封印 ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 谷中村 田中正造 棄民 栃木 足尾銅山 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 武満徹 切腹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 宮里駿 桜井美南 岩井俊二 本郷奏多 なぞの転校生 京野ことみ ミッキー・カーチス 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 チョウ・ユンファ 王妃の紋章 秋菊の物語 バラン 大怪獣 逸見東洋 種まく人 大田区立郷土博物館 石倉三郎 奥村土牛 小林古径 ジュリエット・ビノシュ コリント前書第13章 愚行の輪 小松左京 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 カイユボット ブリヂストン美術館 ケリー・マクギリス トップガン アメリカの巨大軍需産業 広瀬隆 点描の画家たち 印象派を越えて ミレー クレラ―=ミュラー美術館 ニミッツ マーティン・シーン キャサリン・ロス お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR