『Answer ~警視庁検証捜査官』その7

第七話

1:
ん~、困ったもんです。
警察系ドラマを作る上で主人公が事件を解決しなくちゃいけないのは分かりますが、
警視庁捜査一課は全く事件を解決出来る能力が無く常に新海晶(観月ありさ)頼み。
最初から新海を捜査一課長にすれば時間の無駄が省け非常にいいのになぁ。

以前にも書きましたが「検証捜査」を使う必要が全くない話になっています。

事件のトリックと謎解きに全精力を使い果たし他に何も出来ない無能な脚本家と
新しいドラマを作り出そうとする気概が無いプロデューサーに辟易してます。

タグ 松重豊 片岡鶴太郎 遠藤憲一 警視庁検証捜査官

★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『37歳で医者になった僕』その8

第八話

1:
すず(ミムラ)と紺野祐太先生(草なぎ剛)が一緒に住む?
ん~、ますます『僕の生きる道』に似てくる(溜息)。

2:
物語は後3回、残りの1/4。
浮かび上がりつつある佐伯教授(松平健)の医療ミス。
まぁ、草なぎ剛主演だから絶対正義は勝つけどどうやって勝つが問題。

エンディングクレジットのシークウェンスの中で病院の建物内の橋を想像させる部分で
沢村瑞希先生(水川あさみ)と森下和明(田辺誠一)がすれ違い、森下先生だけが反対側を進むカットが有ります。
オマケに橋を渡り切ったと想像させるカットが入ります。
次回以降沢村先生は森下先生と佐伯教授の件で最終的には決別すると、ん~、予告ですね(笑)。

3:
最後のシークウェンスで心停止になった伊達(竜雷太)の点滴に入れたのが「エピネフリン」
アメリカの本物の医者が書いた医療ミステリーによく出てくる強心剤がこのエピネフリン。
略称が「EPI」。アドレナリンの事です。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

広末涼子の実力(?) その2

最近、『外事警察 その男に騙されるな』(→HP)の番宣で渡部篤郎がよくテレビに出ています。

1:
2012年5月25日(金)
フジTV系
午後9:00~9:54
『とんねるずのみなさんのおかげでした』
『食わず嫌い王』に出演。
渡部は自分のモノマネをする山本高広が好きという事で山本も少々登場し渡部の「来いや」をやりました。
渡部が「『愛なんていらねえよ、夏』でやった?」と聞いたら、
山本は「やってません」。完全に山本の創作オリジナル。
(山本自身のブログでこの出演と思われる記事有り→ここ)

2:
2012年5月28日(月)
NTV系
午後10:00~10:54
『しゃべくり007』
本日のゲストの一人が渡部篤郎
先週の『とんねるずのみなさんのおかげでした』の『食わず嫌い王』ではそれ程目立たなかった小声だったけど、
ここではいじられていました。
『しゃべくり007』では好きな女性のタイプをやり、答えが、
博多弁
四国弁
を喋る女性。
四国弁を喋る女性につては、広末涼子と共演した時、休憩中に母上らしき方とケータイで四国弁で話していたのを聞き、
大変チャーミングだと思ったからだそうです。
二人が共演した作品と言えば、『いら夏』こと『愛なんていらねよ、夏』しかない(はず)。

3:
いら夏』は2012年夏季の連ドラ、平均視聴率7.8%。
自宅近辺のレンタル屋さんで見たこともなく、全5巻のDVDもAmazonで新品が有るのは第2巻のみで、それも後1点。
こんな不遇な連ドラでも1週間で2回も触れられるとは『いら夏』好きの私には大変嬉しい(^.^)。
『しゃべくり007』ではハッキリ言ってないけど、他に共演作品が無さそうだからその点は無視(笑)。

4:
広末涼子は『愛と死をみつめて』で草なぎ剛を落とした(笑)けど(参考→私の記事)、
いら夏』でもプライベートで渡部を(笑)。
亜子(広末涼子)を好きになっちゃうレイジ(渡部篤郎)という話だから、それも関係してるに違いなし。


お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『阪急電車 片道15分の奇跡』

☆簡単な紹介

○公開
2011年4月29日

○上映時間
1時間58分

○スタッフ
原作:有川浩
脚本:岡田恵和
演出:三宅喜重
撮影:池田英孝
照明:原田洋明
音楽:吉俣良
プロデューサー:沖貴子、田村勇気

○出演
中谷美紀(高瀬翔子)
戸田恵梨香(森岡ミサ)
芦田愛菜(萩原亜美)
宮本信子(萩原時江)
南果歩(伊藤康江)
谷村美月(権田原美帆)
有村架純(門田悦子)
小柳友(カツヤ)
勝地涼(小坂圭一)
玉山鉄二(遠山竜太)


☆評

中谷美紀若手女優#1、戸田恵梨香赤丸急上昇中(→SPECで本当に鼻の孔に指を突っ込んだ美人)、芦田愛菜子役女優#2(→#1は八木優希)
女優がこんだけいいんだから観ないわけにはいかんゼヨ。

1:
最初の15分間、8人の主要登場人物の紹介。
各シークウェンスは夕方か夜で終わり。
そしてタイトルバックは鉄橋を渡る阪急電車をロングで真横から。
8人の人生、変わりまっせぃ、どないなるんでしょう?さぁ、お客はん、最後まで観てや、っていう演出。
(最近の関西では「行ってみいひん?」って言うんだ。私が子供の頃は「行ってみてへん?」でした。
「できひん」ではなく「でけへん」でした。大阪圏と神戸圏の違い?)
それからこのウィンドウズのIME日本語変換、大阪弁に全く対応してまへん(笑)。だから大阪弁で書くとエラい時間が掛りまんなぁ(笑))

2:
「復路3月」で康江(南果歩)とミサ(戸田恵梨香)が「門戸厄神」で降り座ったベンチの後ろの広告が、
「コージーライフ介護福祉センター」

ん~、笑っていいのか?

3:
美帆(谷村美月)が圭一(勝地涼)から「ゴンヲタ」と言われて有頂天になるカットで花が咲きます。
『僕の生きる道』第五話で小林秀雄先生(草なぎ剛)がみどり先生(矢田亜希子)からキスされて花火が打ち上げられるカットと同じじゃん。
三宅喜重も『僕の生きる道』の演出をやっていたから第五話の演出を確認したら星護でした(涙)。
でもあの花火の演出、絶対意識してるに違いない。

4:
それにしてもやたらと阪急電車が橋を渡り変化の演出になってますが、駅と橋の関係は正しいのでしょうか?
気に入った映画だと徹底して調べるんですが、そこまで出来は、この映画、良くない。

5:
やはり、中谷美紀は素晴らしい。
一つづつの台詞と演技に抜かりが有りません。非常に丁寧に演じてます。
演技してない様に見せる実力を今回も見せています。
『最後から二番目の恋』で吉野千明を演じた小泉今日子も中々巧かったけど、この映画のちょっと落ち着いて上品な高瀬翔子は無理だろうなぁ。
小泉は基本的に少々アクが強くタバコと酒が似合う「不良」なんだな。そのアクを消せないんじゃないかと思えて仕方ない。
逆に中谷は『電車男』のエルメスでも見せた様に上品を演じられ、
更に『嫌われ松子の一生』の弾けた松子だとか『自虐の詩』の薄幸の森田幸江んなかも出来るんだからなぁ…(溜息)。
中谷の美貌が活きるのは柴咲コウと同じく着飾らない時。
この映画の中だとスーパーでウェディングドレスからシャツとジーンズと白いコンバースに着替えたカット。
少々見惚れました(笑)。

中谷以外も主要登場人物を演じた役者は巧かった。
芦田愛菜は、ん~、ちょっと難有だったなぁ。
決して悪くはないんですが、演技し過ぎって感じです。どうも監督からの指示の様な気がします。
南果歩を見るのは思い出せない程久し振りですが、気弱なオバンが中々宜しい。
南果歩もこんな役をやる歳になったんだぁ…。
勝地涼の軍ヲタ振りはこの映画の目玉かな。
周りの目を常に気にしてる弱気な雰囲気が大変宜しい。
直ぐに思い出せるのは『永遠の仔』で長瀬笙一郎(モウル)を演じた渡部篤郎の子供時代、『小児救命』の小暮賢斗、『亡国のイージス』の如月行だけですが、
いい意味でかなり器用な役者みたいな気がします。

6:
映像は全体にソフトフォーカスではなく、光を和らげ柔らかな物語に相応しい柔らかな光になってます。

7:
全体に各部分は合格以上の出来ですが、映画としての出来はあまり良くない。
盛り上がりが何も無いからです。
一番の原因は高瀬翔子で、失恋に一番効く薬は新しい恋なのに恋の予感が無いこと。
小林駅の駅員がまめに駅をキレイにしていてひょっとしてと観客に思わせておきながら、何にも無しは現実的過ぎで映画じゃないゼヨ。


お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『カエルの王女さま』その7

第七話

1:
ん~、いいね、このドラマ。
音楽の使い方が巧く、活かした方が非常に宜しい。

シャンソンズのメンバーが孤独を感じた時は、
『M』
ここ

哲郎(小泉孝太郎)と忠子の仲直りの時は、
『ウェディング・ベル』
ここ

音楽は人生や地球と結びつかないと単なる耳に心地よい音にすぎませんが、
結びつくと突然全く別の様相や顔を見せます。
単なる音にすぎなかった歌詞が意味が有る言葉に変わります。
登場人物達の影や足跡になるんです。

製作陣の勝利!、と言える日が近付きつつあります(^.^)。
第七話までの出来具合を考えると、画期的なドラマとして、ドラマ史上に残る可能性が出てきましたゾ!(^^)!。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Answer~警視庁検証捜査官』その6

第六話

1:
地道に捜査し疑問を解決していく脚本はいいんですが、なんで警視庁捜査一課は毎回事件を正しく解決出来ないんでしょう?
この脚本なら事件を解決するのが別に検証捜査係である必要が有りません。
「送致書を検察へ送る前に再検証する」
は大変面白い設定なんですが、やってる事が今迄の警察系ドラマと同じ。
今迄通りの警察が事件を捜査し解決するドラマを観たい人には悪いドラマではありませんが、
私の様に今迄とは違うドラマを観たい人には、このドラマ、もう終わってます。

このドラマを観て思い出すのが芦田愛菜を有名にした『Mother』。
ひょっとしたら何か新しい事をやるんじゃないかと期待したら旧態依然のまま。

2:
それでもなぜ見続けているかと言うと、観月ありさの顔を眺めているから(笑)。
まぁ、草なぎの顔を見たい人が『37歳で医者になった僕』を観ているのと同じか(笑)。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『37歳で医者になった僕』その7

第七話

1:
腎臓移植がほぼ不可能になった恋人に結婚を申し込む理想主義の研修医。
何か話が『僕の生きる道』になりつつあります。
ヤレヤレ(溜息)。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

日本の映画とドラマの中での銃

日本では銃刀法により拳銃を所持するのは不可能。
ライフルや散弾銃は所持可能ですが、最近ではドラマや映画に本物を使うのは不可能の様です。
平成版の『ガメラ』では自衛隊の64式とか使ってたので自衛隊の物なら可能かも。
そうすると小道具で使うのは市販を許可されているレプリカガン(=モデルガンとエアソフトガン)。
銃ヲタクの監督がいないためか使い方、演出が全くダメなんです。

1:
レプリカガンで出来る事は手描き(入力CG)アニメーションと同じく非常に少ない。
1-1:
まず材質と重さがかなり違うので見た目と役者がエラく軽く扱うんでどう見ても本物に見えずオモチャそのもの。
つまり銃が出た瞬間にドラマや映画が絵空事で戯言だと思い出させ嘘の中で楽しく過ごせなくなります。
下手な役者が作品を壊すのと同じなんです。
1-1-1:
本物は炭素鋼を主に使い、最近ではアルミ合金や高分子プラスティック等と組み合わせて使います。
レプリカガンでは耐衝撃性のプラスティックを主に使い小さな部品には亜鉛合金を使っています。
(ライフル等長物は亜鉛合金で主要部品も作れますが、拳銃は不可)
大きな部分をプラスティックで作っているのでどうしても本物より軽くなってしまい、役者が軽く扱っても監督の方も知らないもんですから、
鉄の重さを表せないんです。
1-1-2:
それとプラスティックだと製作時にどうしても「ヒケ」と言う歪みや変形が起こり、レプリカガンの場合、コストの関係からこの「ヒケ」を削ったりして修正出来ず
本物にはあり得ない歪みが起こり画面にハッキリ映ってしまいます。
1-1-3:
また本物の銃の表面は黒いのですが、これは鉄の部分を赤錆から防ぐための酸化被膜(=黒錆、青黒いので「ガンブルー」や「ブルー」と呼ばれてます)のため。
この被膜はメッキより薄く弱いため薄く油を塗り表面が空気と触れるの防ぎます。
この酸化被膜は本当に弱く、布で油を塗っているだけでも徐々に薄くなり鉄の下地(→銀色)が透けてきます。
ですからアメリカの本物の銃のオークションサイトを見るとブルーの残り具合を80%とか書いてあります。
ところが日本のレプリカガンは主要部品を黒いプラスティックで作っているのでブルーが薄れることは、決してありません。
つまりドラマや映画の中で現れる銃は常に、新品、なんです。
日本の現状を考えれば新品がそんなに現れるはずありません。
特に二束三文で買った手入れをしてない中古を法外な(笑)値段で買わされるであろうヤクザが真っ黒な銃を持ってるはずありません、多分(笑)。

1-2:
銃声の問題。
Youtube等本物の銃声が分かる時代です。
またサウンドサプレッサー(「サイレンサー」の事。正確には「消音」ではなく「音を抑える」だけです)を使った時の音も分かります。
銃声がかなり抑えられ銃の金属性の作動音がハッキリ聞こえます。
日本の作品の中の銃声は製作陣の妄想と手抜きです。

1-3:
次に銃を持つ人間の方の問題。
銃は非常に危険な物で常に弾が装填され撃てる状態として扱わねばなりません。
銃を持ったり身に着けている時、1/5秒でも銃から意識が離れると危険な状態になるかもしれません。
つまり半分無意識な緊張感や注意力が必要です。
この精神状態は登山をする人なら想像出来ると思います。山に入っている時は常に足元に注意し下山し人里に戻って来ると安心し緊張感が解けます。
あの山に入っている時の感覚です。
ドラマや映画の中でこの感覚を漂わせている役者がいないんです。
日本だけでなくハリウッド映画の中でも。
少なくとも銃の扱いには注意して欲しいものです。銃の扱い方が危険な物を扱う扱い方ではなく、エラくぞんざいなんです。
この辺もYoutube等を観ればどんな演出をすべきか分かります。

2:
ではどんな演出をすべきでしょうか?
日本の現状を考えれば銃を使わないのが最も賢明(笑)。
それでも使いたければ次のものを参考に。
2-1:
私が観た作品の中で唯一真面な銃の演出をしていたのは、『今を生きる』(1989年アメリカ映画、ロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督)。
これだけ。
詳しい事はネタバレに近いので書きませんが、この監督のやり方は日本のオモチャそのもののレプリカガンでも可能。
銃を研究し理解し考えを巡らせれば真面な演出が出来るはずです。
2-2:
またスティーヴン・ハンターの小説
『極大射程』(マーク・ウォルバーグ主演で映画化してますが、改悪されてます)
『ダーティ・ホワイト・ボーイズ』
を読むと銃を描写するとはどういう事かよく分かります。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

映画版『白夜行』

☆簡単な紹介

○公開
2011年1月29日

○上映時間
2時間29分

○スタッフ
原作:東野圭吾
脚本:深川栄作、入江信吾、山本あかり
演出:深川栄作
撮影:石井浩一
照明:椎原教貴
音楽:平井真美子
切り絵制作、指導:蒼山日菜
プロデューサー:児島里佳、朴木浩美、井上竜太、橋口一成

○出演
堀北真希(西本、唐沢雪穂)
高良健吾(桐原亮司)
田中哲司(松浦勇)
戸田恵子(桐原弥生子)
船越英一郎(笹垣潤三刑事)


☆評
白夜行』の映画版なので観てみると…

1:
まず、音楽が殆ど入らず映像に集中させる作りが中々宜しい。
最初に質屋桐原の主人殺しのチャプターでは、室内の場面で照明を褐色+灰色+緑(=淀んだ水、ミズゴケの色)にし陰鬱さと貧困を表しこれも中々宜しい。
堀北真希は綾瀬はるかと違い下手じゃないからこれまた宜しい。そして堀北を筆頭に下手な役者がいなくて宜しい。
船越英一郎演じる笹垣潤三はTV版と違いやたらと興奮しないから宜しい。脚本のおかげ。
でもいいのは全体の三分の一位です。
残り三分の二は作りが薄い。
TV版と違い時間を掛けて描写出来ないんでしょうがないんですが、原作を読まないと映画だけでは分かりにくい。
最後に笹垣潤三(船越英一郎)が篠塚一成(姜暢雄)に事件の経過を話して終わりにんるんですが、
ん~こうならざるを得ないのも分かりますが、やはり話を端折り過ぎ。
原作と同じく亮司がなぜ犯罪を犯し続けるのか描写が無いので、雪穂と亮司の人生が悲惨に思えません。

作品としての力が弱く佳作になり損ねました。

2:
ところで篠塚家のお屋敷は鎌倉の旧華頂宮家邸。
『いら夏』の鷹園家のお屋敷と同じロケ地。


お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『37歳で医者になった僕』その6

第六話

1:
今回は紺野祐太(草なぎ剛)が医者になった理由。
し、
か、
し、
内容とか演出とかについて何とか言う前に、紺野医師が倉田誠(浅利陽介)と東央医科大学病院で出会った時、
何なんだ、草なぎの表情と演技(怒)
倉田誠の父親の自殺の一因が自分に有ると悩み自分を責めているのに、なんで表情も変わらず体が強張ったりしないんだ?
最初から2番目のシークウェンスでこんな事されちゃドラマに集中出来んぜよ。

それでも毎回視聴率13%になる草なぎ人気と皆大好き心温まる勧善懲悪脚本。
ヤレヤレ。

2:
終盤、谷口篤志医師(桐山漣)が応急処置を試みるシークウェンス。
あれ?
最初に意識が有るか再度確認してないゾ。
人工呼吸の前に医者なのに気道確保もしてないゾ。
ふ~ん、最初のシークウェンスで沢村瑞希医師(水川あさみ)が意識を確認し胸骨圧迫をやってるのと対になってる訳だ。
谷口医師の無能ぶりを表してるんですな。

3:
他にも書く事が有りますが、草なぎの相変わらずの大根振りで書く気を失せました。
下田健太郎医師をやってる同じ事務所の後輩八乙女光の方が巧いんだから困ったもんです。
いつまでこんな大根役者を使うんだろう?


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

柴咲コウ 『KOU SHIBASAKI LIVE 2011 "CIRCLE & CYCLE" 2011.11.28 Tour Final @ NIPPON BUDOUKAN』

柴咲コウの4枚目のコンサートDVD。
これもbookoffで買ったんだけど、高(涙)。定価の3割引き(涙)。
まぁ新しいし私みたいな柴咲好きが多いってこと。
でも柴咲好きとか言いながら新品を買って柴咲に貢献したことなし(笑)。
新品で買わなかった言い訳は『かたち あるもの』が入ってないんでね(^_^;)。
では、いそいそと観てみると…

1:
まず目立つのは派手で主張する美貌。
相変わらず美しい。
隣にいたらまず5分は目を離せないでしょう。
前回の『ラブ☆パラ』では最初はかなり演出の化粧が濃かったのですが、今回は最初から化粧が控えめで宜しい。

2:
柴咲はリズムに乗って勢いで歌うより、メロディと共に歌詞を一言づつ紡ぎだすバラード系の方がいい。
ダンサーと役者の違いと言えばいいでしょうか。
歌う時の振付が殆ど無い事からも明らか。
、…と言うか振付ないしね。

3:
今回は化粧が濃すぎませんでしたが、声の化粧が有り、これは良くない。
galaxias!名義の3曲はテクノ調で良くない。
9曲目の『galaxias!』はオマケにCGアニメーションで柴咲は声の出演のみ!
13曲目の『JOY』も!
そして14曲目の『ルージュの伝言』、15曲目『最愛』を普通の生の声で歌うといい、声の良さが引き立つ引き立つ(^.^)。
声の良さを改めて分からせるための演出なんでしょうか?

一番いい曲はバンドの楽器が最小限(ギター、ベース、ドラム、ピアニカ(?)→14曲目『ルージュの伝言』~17曲目『月のしづく』までのunplugged)の17曲目『月のしずく』。
柴咲の声が美貌と同じく美声であるのがよく分かり聞き惚れました。

4:
柴咲はやはり間接的に自己表現する役者であり歌手であるのが今回のDVDからも分かりました。
普通に喋る時に歌声で出す美声が出ないし、相変わらずぎこちない。
喋る事に意識を集中してなくて直ぐに声が小さくなるんです。

5:
それでも17曲目の『月のしづく』を筆頭に損の無いDVDです。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

『カエルの王女さま』その6

第六話

1:
コーチ倉坂澪(天海祐希)の正体がシャンソンズの面々にバレましたが、
結局シャンソンズの雇われ復帰しました。
1-1:
この時の歌が、『何度でも』
(参考→ここ)
単純な選曲ですが、歌に意味と力が有り今回も良い。
1-2:
ドラマや映画は無声映画から発生しましたから、基本的に台詞も音楽も不要だと思ってます。
逆に音楽がいいと作品が非常に引き立ちます。
このドラマの様に音楽を主題にし重要な役をやらせると下手な演出より遥かにいい。

今回も音楽の秘めた力に関心しました。

2:
井坂忠子(石田ゆり子)には旦那の井坂哲郎(小泉孝太郎)と桜井玲奈(片瀬那奈)の仲がバレました。
こっちの方はシャンソンズみたいに巧く行くかなぁ…?


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Answer〜警視庁検証捜査官』その5

第五話

1:
今回は最初から集中して観ましたが、お話がイマイチつまらなかった。
警察官が不正に対し感情的になるのは、まぁ、許せますが、
取り乱す程興奮するのはウンザリ。
良い警察官や正義感の発露を表す演出ですが、演出家と監督は他のやり方を考え付かんのかねぇ?
他にも脚本に綻びが有りますが、一々書く気にならず。

それと犯人の父親深澤役の前田吟
任意で取り調べ中露骨に怒りの表情を表すんですが、この表情がベテランらしからぬエラく大袈裟。

ふ~ん、脚本を含めこりゃ何か撮影中にあったな。
そうじゃなきゃ前田吟があんな素人みたいな表情をするはずないでしょう。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『リーガル・ハイ』その5

第五話

1:
今回のお題は、ん~、何だ(笑)?
収賄で有罪判決になった有力政治家の控訴。
金で何でもやる政治家(江守徹)と金で何でもやる古美門研介弁護士(堺雅人)。
オマケに地検の特捜検事は証拠をデッチ上げ。
結局政治家は懲役2年4か月を選択。
なぜ?
政界に復帰した時に検察の不正を利用出来るから。

中々狡賢い話で、こういう話、好きです。
やたらと正義感ぶったり、暴力を使う話よりはいい。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』その26

第二弾
第三話その2

1:
西口奈美江の勤め先
大都銀行
昭和支店
法人第一課
主任

布施市栄町5丁目

2:
亮司のアパートの玄関のドアが緑。
簡単に考えれば「進め」だから出入り自由。
まだ他人と関われる亮司、ってことでしょう。

3:
都子を送りその時雪穂が笹垣と7年振りに会います。
話を終わらせ学校へ向かう雪穂。
この時坂を下って行きます。
罪を償い更生する気など無く堕落の道を下る事を選んだ雪穂です。

4:
雪穂がご乱行を働くのは教会ではなく、精華学園の礼拝堂でしょう。
蝋燭付き燭台を投げてステンドグラスを割ります。
色々解釈出来る演出です。
善と聖なるものとの決別が一番有りそう。
悪の人生を送る宣誓です。
それにしても、このシークウェンスは綾瀬はるかじゃなくて沢尻エリカの唐沢雪穂を観てみたい。
沢尻の方が絶対いいと思うんだけどね。

5:
終盤、弥生子は亮司に、亮司が子供の頃お前は海賊になりたかったと言ってたと教え、
亮司が雪穂へ残した物にも海賊になりたかったと書きました。
これは亮司の独白通り『風と共に去りぬ』から。
少し補足すると、レット・バトラーは船長であり、北軍に封鎖された港を突破して物資をアトランタへ運びました。

6:
最後、プラットフォームでの亮司と雪穂の別れの場面。
雪穂が亮司のために作ったハサミ用ケース(→、と書くより刃物を入れるもんだから「鞘」だよなぁ)。
なぜ雪穂は作ったんでしょう?
二人が犯した犯罪を隠すためです。
それが雪穂の亮司への愛情表現になっています。

タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 大塚ちひろ 柏原崇 福田麻由子 柴咲コウ

★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『家族のうた』その5

2012年5月12日(土)ヤフーのニュースの見出しを見ると、
このドラマが低視聴率のため第八話で打ち切りの一文。
ふ~ん、だから危険高度と言ったのになぁ。
墜落しちまったゼ。
大根二枚目草なぎ剛と古谷和尚脚本家の妄想の『37歳で医者になった僕』に完敗とは、あ~、ショック。
オダギリジョーの逆チョンマゲがいかんのかねぇ…

第五話

1:
友達に嫌われたくないから友達に合わせる…
こういう事してると巧く行くはずありません。
恋愛でこれをやると痛い目に遭うんだな。
相手に金を巻き上げられたり、極端になると「俺を愛してるんならお前もコークやれ」なんて。

こういう窮屈な生き方が大嫌いな正義クン(オダギリジョー)。
子供には偉そうに「ロックだゼ」と言えますが、現金収入が必要な最近の状況ではそろそろこの「ロックだゼ」も
考え直さねばと悩み初めてような正義クン。

どこまで世間に譲歩して金を稼ぐか楽しみなんですが、おそらく父親としての自覚物語になっちゃうんでしょう、次回から。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』その25

第二弾
第三話その1

1:
主人公二人と人々の左右
1-1:
亮司、大江図書館で真文と将来の事を少し話す。
右(下手):亮司
左(上手):真文
…真文に本当のことを言ってない亮司。
1-2:
学校帰りの雪穂
右(下手):雪穂
中央:川島江利子
左(上手):藤村都子
…ほぉ~、雪穂、少なくとも都子を自分にとって都合のいい女にしましたな。
全て予定通り。
1-3:
続いて都子の自宅前で雪穂、笹垣を発見。
右(下手):笹垣
左(上手):雪穂
…敵対関係だから当然この位置。
1-4:
亮司のアパートで逆「アルバイト」。
右(下手):亮司
左(上手):園村友彦、他男子高校生とオバサン達
…金づるだし、こんな事やってるから心を許せる友達でもなし。
…亮司の位置は主催者の位置。
1-5:
亮司のアパートへ行った帰りの雪穂。
酔い潰れた父親を連れて帰る少年を見つめる。
右(下手):酔い潰れた父親、少年
左(上手):雪穂
…3人を背中側から撮っています。
…雪穂の子供の頃の同じ状況のカットも入ります。
…?、どう解釈すればいいんでしょう?
…背中側からの位置そのものか、それとも背中が映っているから正面(逆)の解釈か?
…このハッキリしない事を考慮にいれると、雪穂は当時の事を未だに整理出来ていない、やった事が本当に正しかったかどうか判断出来ていないと捉えられます。
1-6:
亮司、松浦に男女逆「アルバイト」を止めたいと言うけど…
1-6-1:
松浦が亮司をしばく時、「アルバイト」をやるか止めるかを決めるのは亮司ではない。
右(下手):松浦
左(上手):亮司
…正しい位置になってます。
…犯罪者として正しい位置と言う事は、やはりお天道様の下を歩けない人生をすでに歩いてる亮司です。
1-6-2:
亮司の「事件」とハサミについて言う松浦。
右(下手):亮司
左(上手):松浦
…亮司の「事件」で亮司がどうなろうが知ったこっちゃない松浦です。
1-6-2:
このシークウェンスでは、松浦が亮司をしばき始めると松浦が常に亮司の上になってます。
二人の力関係です。
1-7:
犯罪の証拠品を川で捨てる亮司。
右(下手):亮司
左(上手):証拠品
…正しくない位置になると言う事は、犯罪人生を送りながらも亮司が
>だけど 俺はまだ 人間でいたかった
>犯した罪の跡形に 痛みを感じていたかったんだ
>せめて
>一つづつ良心を
>捨てていくような気がした
と思っているからです。
…亮司の思いを強調する構図です。
…でもハサミは捨てられない亮司です。
1-8:
被害届について相談する都子。
1-8-1:
右(下手):都子
左(上手):雪穂
…都子が被害届を出すかもしれない、これは困ったゾ、と雪穂。
…都子は勿論気づいていませんが、力関係が逆転してます。
1-8-2:
続いてキリストの磔刑像を見る雪穂。
右(下手):雪穂の後頭部
左(上手):磔刑像
…いちおー人間の罪を人間の代わりに一身に背負い亡くなった方ですし、
>求めよ、然ば與へられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かん。
~マタイ傳 第七章 7~
と言った方ですが、残念ながら2,000年間は死んでいるので実際には何も出来ません。
…亮司の死んだ父親洋介の財布を隠したのは雪穂の死んだ父親の骨壺だったし、同じ位置関係でした。
…正しい位置にくるのがまたしても死者。
…つまり、キリストの磔刑像の様に雪穂に優しい言葉を掛けても、実際に助ける人間はいない、と言う事。
1-9:
都子、朝、学校でまたあの写真を下駄箱で見つける。
右(下手):雪穂
左(上手):都子
…雪穂、都子の被害届に関しては問題解決。
1-10:
雪穂、都子の自宅玄関前で笹垣と会う。
1-10-1:
右(下手):雪穂
左(上手):笹垣
…ほほ~、磔刑像を見るカットと対になってますな。
…笹垣は雪穂にとっても父親の役なんです。
…叱られるのをおそれ逃げ回る雪穂です。
1-10-2:
雪穂が振り返り笹垣と互いに会釈するカットが入ります。
まず雪穂の顔を映すと、
右(下手):笹垣の後頭部
左(上手):雪穂
続いて笹垣の顔を映すと、
右(下手):笹垣
左(上手):雪穂の後頭部
…正しい位置になりません。
…雪穂は笹垣の世話になる気は全く無く、笹垣はまだ成長した雪穂を知りません。
1-11:
次のシークウェンス、笹垣、雪穂の腕を掴み引き留め、腕を放し少々お話。
右(下手):笹垣(の後頭部)
左(上手):雪穂(の後頭部)
…笹垣は雪穂だと気づきましたが、気が急いて冷静に雪穂に近付けなかった、と言う事。
…父親ではなく刑事として接してしまいました。
…まだ雪穂への接し方が分かっていない笹垣です。

1-12:
礼拝堂で、雪穂と江利子。
1-12-1:
背後からの映像。
右:雪穂
中央:キリストの磔刑像
左:江利子
1-12-2:
次に正面からの映像。
右(下手):雪穂
左(上手):江利子
…雪穂「神様って不公平」
…二人は互いに生まれ変わったら相手になりたいと言います。
…江利子は雪穂の美貌に憧れ、雪穂は江利子の平和で貧乏とは無縁だった育ちに憧れています。
1-13:
何か危なそうな所にいる亮司と松浦。
1-13-1:
右(下手):松浦
左(上手):亮司
…「いい加減に善人ヅラやめろ」と松浦。
…悪と堕落の道をまっしぐらに進む先輩後輩ってこと。
1-13-2:
そして歩き始めると位置が反対になります。
右(下手):亮司
左(上手):松浦
…花岡夕子のケータイから亮司宛てに電話が入ります。
…「何か厄介事が起きても俺にはかんけーねーからな ~by松浦~」、って言う演出。
1-13-3:
園村友彦から花岡夕子が死んだと電話。
右(下手):ケータイ
左(上手):亮司
…「俺は自分のためにやるんだ。どっちにしろこの恩を忘れるんじゃねーぞ、園村」、と暗示する演出。
…こう解釈するのもどうなるか知ってるから(笑)。
1-14:
花岡夕子が旅立ったホテルの一室で。
右(下手):亮司
左(上手):松浦
…松浦の「お前の監督責任だからお前が責任とれ」と言う台詞を強調する位置。
1-15:
埠頭で自分が死ぬ船松浦と共にを見送る亮司。
右(下手):亮司
左(上手):松浦
…松浦は「生んだ人には会っておけ」とか殊勝な事を言ってますが、口先だけなのは二人の位置から明らか。
1-16:
雪穂の自室で、江利子と。
右(下手):江利子
左(上手):雪穂
…江利子に全く心を許してない雪穂です。
1-17:
亮司が雪穂に公衆電話を掛ける。
右(下手):亮司
左(上手):公衆電話
…「あげたい物が有る」と亮司が言ってますが、好ましくない物みたいです。
1-18:
大江工業高校の卒業証書を手にする弥生子
右(下手):弥生子
左(上手):亮司の卒業証書入り筒
…母親らしい事をしなかった弥生子ですが、亮司を今でも愛してます。
1-19:
卒業式の日の夜、自宅に帰って来た亮司。
右(下手):亮司
右(下手):弥生子
…亮司の方は弥生子と親子の縁を切りました。
1-20:
死亡届を発見した弥生子。
右(下手):死亡届
左(上手):弥生子
愕然とすると、
右(下手):弥生子
左(上手):死亡届
…母親として今でも亮司を愛してる弥生子です。
1-21:
弥生子、家を去る亮司に今生の別れを伝える。
右(下手):弥生子
左(上手):亮司
…母親として今でも亮司を愛してる弥生子です。
1-22:
大江図書館で真文に別れの挨拶をする亮司。
右(下手):真文
左(上手):亮司
…亮司の味方の真文。今でも変わりません。
1-23:
大江図書館で亮司が残した物を読んだ雪穂。
右(下手):雪穂
左(上手):亮司の残した物
…二人の変わらぬ思いと愛情。
…雪穂が右(下手)寄り、亮司の残した物が左(上手)寄りデス(笑)。
…机の上に置いた亮司の残した物に頬っぺたを重ねるのは亮司の胸に顔を埋めるのと同じ、
まぁ、いちいち書かなくても分かるか(笑)。

タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 大塚ちひろ 柏原崇 福田麻由子 柴咲コウ


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『リーガル・ハイ』その4

第四話

1:
今回のお題は日照権。
高層と言われる程高くなくても10階建て位の建物でも強風の時、風がその建物に当たり風向が下向きになり強い吹き降ろしになる事の方が、
日陰になるより迷惑になるじゃないですかね?
強い吹き降ろしだと住民だけでなく通行人まで迷惑を受けます。

2:
古美門研介(堺雅人)の今回の戦術は「分割と統治」。
集団訴訟の原告を一人づつ切り崩す。
相手の弱みに付け込みこちらの有利な条件で妥協させる。

建築会社が汚い事やると不満を言っても、人間誰しも一つや二つ他人に言えない事が有るもの。
その弱みを攻撃されれば妥協や譲歩は付き物。

古美門のやる事は汚いか?
今回の設定なら原告がやった事を被告側もやっただけ。
汚くありません。

正義を判断するのは古美門が言う通り弁護士の仕事ではありません。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『カエルの王女さま』その5

第五話

1:
今回の目玉は野々村まひる(大島優子)が踊る『Flashdance…What a Feeling』。
AKB48なんてのは学芸会の演目であって金を払って観るもんじゃないと思ってますが、
この『Flashdance…What a Feeling』のダンスは良かった。
「セクシーじゃないけど、カワイイ」
でした。
巧い演出に見事に一撃された私でした(笑)。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Answer〜警視庁検証捜査官』その4

第四話

1:
おや、今回は面白い。
、と言っても、内容は殺したと思ったけど死んでなくて殺したのは別人だった、と言うお馴染みのお話。
殺しに失敗した人間がなぜ殺そうとしたかと言うと、その人の知人が自分と同じ様にセクハラに遭いセクハラ野郎を殺して解決しようとしたから、
罪を犯すのはかわいそうと代わりに自分が殺そうとした。

私は違法行為をしないで地道に捜査する話が好きなので、今回は集中出来ました。
殺しに失敗した人間の過去を端折らずに描写し、またセクハラ野郎を殺そうとした動機がセクハラ被害者への思いやりだと言う設定も好ましい。
第四話になって集中出来て分かったのが、主人公新海晶(観月ありさ)が情熱や正義感や刑事の勘で事件を解決するのではなく、
「なぜ?」と考え解決するのが私の好みに合う事。
第四話にならなきゃ分からんとは…(笑)。

今回は丁寧に作ってありましたが、以前の作品も丁寧に作ってたかも(笑)。

やべぇ、次回も集中して観なきゃいかんぜよ(笑)。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『37歳で医者になった僕』その5

第五話

1:
看護師を蔑視する医師。
なんかかなり誇張されてる様な脚本。
医師の失敗を看護師のせいにしたり、看護師の意見を聞こうとしなかったり。
まぁ、大学病院ではどこでも多かれ少なかれ権威主義はあるでしょう。
旧態依然の病院を改革しようと奮闘するのはいいけど、昭和顔の二枚目で清廉潔癖風の草なぎ剛がやるのは現実感薄い。
「サラリーマンやって会社組織がどういうものか分かったけど、簡単なもんじゃなかった」っていう人生の年輪が顔のシワに刻まれてないし、
事の重大さを両肩に背負い肩が撓んだ痕跡も無い。
福山雅治が『ガリレオ』で湯川先生を演じた時に見せた切れ者風の雰囲気でも漂わせられれば違うんですが。

2:
演技してるのがよく分かる草なぎにウンザリしている今回、「おや?」とちょっと気を入れ直して観たのが相澤直美(真飛聖)の娘葵(大出菜々子)が出て来た時。
この大出菜々子、初めて見たけど、巧いじゃん。
八木優希が『薔薇のない花屋』に登場して以来子役のレベルが爆発的に上がったけど、この大出もその一人。

草なぎ剛ってのは、他の役者の演技力の引き立て役になりつつありますゾ。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『how beautiful you are』

『最後から二番目の恋』の主題歌『how beautiful you are』が欲しくて『Party Queen』のCD+DVDをほとんど定価で(涙)bookoffで購入。
私は浜崎の声が嫌いなんで全然浜崎に興味がないんですが、この値段が物語る浜崎人気(溜息)。
そしてAmazonのレビューは115件も有り、改めて人気を実感。

1:
『最後から二番目の恋』の記事でも書きましたが、今回『how beautiful you are』を聞くと、
ん~、いいね。
曲がいい。
そして歌詞が単純明快。
(参考→ここ)
(→私がよくリンクを貼るこのサイトはJASRAC他から許諾を受けて(いるらしい)歌詞を公開している良心的な所)
特にいいのが、
>今日も一日ありがとう
>そうしてそこに居てくれて
誰でもある程度歳を取ると身近な人間が一人や二人、死ぬものです。
何年も会う事がなくても、健康で生きていてくれればまた会えます。
「生きることは素晴らしい」と言うのは、こんな単純な事なんです。
歌詞を書いた浜崎はこの辺のことを知ってますな。

2:
DVDが付いているんで『how beautiful you are』のビデオクリップを観ると…
Amazonのレビューにはリアルゲイのキスは気持ち悪いから止めてくれなんてのも有りますが、
>You don’t know
>How beautiful you are
を動画で表現するとこういう映像になるでしょう。
「他の人間には分からないあなたの美しさ、素晴らしさを私はよく分かってます」って事ですからね。
そして映像は白黒で撮ってあります。背景を黒で飛ばし人物を浮かび上がらせています。
なぜ?
色相と彩度を省いて明度だけで表現すると言う事は、人物の特徴を単純化しています。
何を?
beautiful』をです。
「美しさ、素晴らしさ」は一人づつ違うもので、
「あなたの美しさと良さを一番分かっているのは私、
世間一般の考え方とは違っていてもね」
終盤強風の中を登場人物達が進むのは、「世間一般の考え方とは違っていてもね」です。

3:
白黒の映像が好きな私ですから、このビデオクリップもいい、好きです。

4:
こうして考えるとこの歌は『最後から二番目の恋』の内容そのもので大変ドラマと合っています。
曲がいいから、やはりドラマの力に負けぬだけの力が有ります。

5:
それにしても、浜崎が嫌いな私が、なんでまた、こんなに浜崎を褒めにゃいかんのかねぇ(笑)?

タグ 浜崎あゆみ


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : J-POP
ジャンル : 音楽

『家族のうた』その4

第四話

1:
ん~、マズイね、このドラマ。
元気が無くなってきました。
主人公正義クン(オダギリジョー)がイマイチ元気がないんです。
ロック魂溢れる「他人の言う事なんか関係無いゼ」の正論を言わなくなってきました。
言っても何か、大した事ない(溜息)。
いちおー少々デカいこと言ってもその言葉の責任を取っていたから面白かったんですが、
デカいこと言わなくなった正義クンは、正義クンが子供達に言ってる「お前ら、ちーせー、ちーせー、ちーせーミジンコ」です。

酒井雅秋脚本家、ここらで気を入れ替え、奮起して下さいよ。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『リーガル・ハイ』その3

第三話

1:
もう観ないかなと第一話で書きながら、まだ観てる(笑)。

今回のお題はストーカー。
ストーカー行為は恋愛の一つの形だから、非常に個人的な問題で当人達だけにしか分からない事が有りますから、
証言を得るのが非常に難しく真相を究明するのがほぼ不可能な場合も、当然有ります。
今回のドラマは正にその典型。
人間は嘘を吐くものだし、恋愛は「愛憎」と言い換えも不可能ではなし。
当事者の言葉を文字通り捉えていいものかどうか判断に苦しみます。
真相は藪の中。

頭が切れ冷静であり、感情的に訴訟に巻き込まれない主人公古美門研介(堺雅人)は、
この点をよく分かっています。
裁判は真相を明らかにするのではなく、勝つことが目的なんです。
訳知り顔で正義感を振り回さないからこの人物設定は中々好ましい。

2:
黛真知子を演じる新垣結衣、はて、今時珍しいアイライナーで目の輪郭をバッチリ強調。
、でなんでこんな事が目立つかと言うと、新垣が長身だから。
公称168cm。



★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『悪女について』

☆簡単な紹介

○放送
2012年4月30日(月)
21:00~23:25
TBS系

○スタッフ
原作:有吉佐和子
脚本:池端俊策
演出:鶴橋康夫
撮影:初瀬康一、高島一宗
照明:的場謙一、太田亘、平岡将仙、松村泰裕
音楽:下村晴之、石鍋邦広、松尾亮介
プロデューサー:八木康夫

○出演
沢尻エリカ(富小路公子、鈴木君子)
船越英一郎(沢山栄次)
東ちづる(沢山道代)
余貴美子(鈴木タネ)
泉谷しげる(伊藤銀次、弁護士)
西田敏行(友保清次郎)
高畑淳子(尾藤睦子)


☆評

1:
いやぁ~、まずは昭和37年からかよぉ。
2012年から50年前の事。
ロケ地なんかあるはずなし。
だから遠景に入る車がワンボックス。こんな車、昭和37年になかったゼイ(涙)。
冒頭からこんなカットを使うとは駄作の予感、劇的に濃厚(溜息)。
その他、電車、自転車、道路のマーキング、アルミのドア枠、等々、時代考証を完全に諦め、
ある意味ご立派。
それでも尾藤家やアパートのセットを昭和37年にしていてやっている事が中途半端。
ヤレヤレ。

2:
沢尻エリカ、初めて演技を観ましたが、ヤレヤレ、またしても綾瀬はるかより巧い美人女優発見(涙)。
綾瀬の演技力がお粗末過ぎるんですがね。
あの美貌の下にはどんな本性が隠れているんだ、という主人公公子にピッタリ。
真ん丸でクリクリして純真そうなお目目が非常に良い。
『白夜行』の雪穂は、
絶対、
沢尻の方が良かった。
両目を初め顔の造作が無垢な純真さに満ちていて「私は無害デス」と無言の大音声で訴えてます。

いや、こんなにいい女優だったとは、ん~『1リットルの涙』とTV版『タイヨウのうた』を観なくちゃいかん。

3:
その他船越英一郎余貴美子高畑淳子を初め下手な役者がいなくて目に優しい。
しかし、
物語の方は、弱い。
『風と共に去りぬ』とか『白夜行』とか『幻夜』なんて性悪女物語が有るから、
公子程度じゃ「悪女」とは呼べんぜよ。
「悪」の部分の描写が渡瀬家から五千万巻き上げるだけじゃ少な過ぎ。
公子の鬼畜振りを描き、たまにふと下品な表情を見せる演出だったら面白いドラマになったろうし、
沢尻が可愛い表情を見せるだけでなく秘めた実力も発揮出来たかもしれません。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

記事数が1,000件に到達

auの携帯ブログから続けてついに「『カエルの王女さま』その4」で記事数が、
1,000件
になりました。
私の記事を読んで興味を持ち、ドラマや映画を観て、オマケに気に入ってくれたら望外の幸せです。

これからもご贔屓の程、宜しくお願いします。

『不自然』主
CYPRESS

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

『カエルの王女さま』その4

第四話

1:
う~ん、どうもこのドラマ、「カエル」を題名に使ってるのにカエルが良くない。
英語の題名は間違ってるし、室内の場面で効果音としてカエルの鳴き声を入れるのはいいけど、
屋外の場面では季節が早春でちと違和感が強い。
特に今年2012年は寒さが続いたから余計に違和感が強い。

2:
気弱な野々村まひるを演じる大島優子、演技の方はまぁまぁだけど、歌の方はイマイチかも。
歌声が弱い。
第四話では私が嫌いな天海祐希に負けています。
まひるの気弱さを表すために声に力を込めていないのなら大したもんですが、
歌唱力が有るかどうかはドラマの展開上、まだ不明。

3:
乾一希(玉山鉄二)、ついにシャンソンズにギタリストとして参加。
だもんで玉山鉄二の歌の実力も未だに不明。
『ドクター・リリス』のボーカル担当でしたが、あまり歌わなかったので「不明」にしておきます。

4:
今回目立ったのは、一人乗り乗りだった桜井玲奈を演じた片瀬那奈
公称身長172cm、股下88cmで膝上20cmのミニスカートで乗り乗りショークワイアやるんだから目立つ目立つ。

5:
シャンソンズの皆さん方は毎回2曲は振付付きで歌うんだから、毎回「ご苦労様」。

6:
今回の歌のお題は山口百恵。
ロックンロール・ウィドウ→ここ
This is my trial(私の試練)→ここ
プレイバックPart2~イミテイション・ゴールド→ここ
                     →ここ
気弱で自分の弱さを他人のせいにしがちなまひるのための歌です。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『Answer〜警視庁検証捜査官』その3

第三話

1:
ん~、早くも飽きてきました(涙)
なんで主人公新海晶(観月ありさ)がこんなに恐れ知らずで正義感が強くなったのか、
第三話になっても全く不明、説明なし。
それに主人公が活躍しなくちゃ物語が成立しないのは分かりますが、
新海晶が一人だけ有能過ぎ。
…ま、そんな事気にせず観月の顔に見惚れていろと自分に言い聞かせながら観ている私です(笑)


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『37歳で医者になった僕』その4

第四話

1:
舞台となる東央医科大学病院、丘の上に有りますな。
俗界をはなれた天上的な神域ではなく、権威主義と利潤第一、つまりお値段が高いことを表してますな。

2:
下田健太郎を演じる八乙女光(Hey!Say!JUMP) 、半人前振りが意外といい。
草なぎ剛より巧い、と言うより草なぎが下手過ぎなんですが。

3:
それよりも、大学病院へ行ったことあれば分かるんですが、
どこの病院でも若い先生方は皆疲れています。
このドラマみたいに元気そうな若い先生って、個人的には見たことありません。
使命感に燃える主人公が元気一杯なのはいいとしても、疲労知らずの先生方しかいないこのドラマ、
脚本家の貧相な想像力の中だけの戯言にすぎません。


★お気に召しましたら、こちらのボタンのクリックもお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
20位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

坂井真紀 池田成志 猫背椿 三宅弘城 ディーン・フジオカ 鈴木伸之 山賀琴子 蛭子能収 島崎遥香 佐藤玲 本田翼 中尾明慶 石黒賢 銀粉蝶 金城一紀 川口和空(かわぐちわく) 尾形乾山 鈴木其一 酒井抱一 正阿弥勝義 濤川惣助 並河靖之 池田学 川口和空 徳間康快 ラピュタ 寺田農 狩野元信 野田秀樹 西村まさ彦 長塚京三 滝藤賢一 奥田瑛二 真矢ミキ 黒木瞳 高畑充希 佐藤二朗 石川恋 清原翔 橋本環奈 横山だいすけ 西尾まり 西岡徳馬 竹内涼真 中島ひろ子 横山歩 久保田紗友 アルチンボルド ラ・トゥール 歌川国芳 ジャコメッティ カラヴァッジョ 不染鉄 山本茂美 あゝ野麦峠 浦沢直樹 紀比呂子 皆川妙子 ウォークマン 川端龍子 竹内涼馬 吉田博 ジョン・エヴァレット・ミレイ 歌川広重 ロッセリーニ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 和田アキ子 芳根京子 梅沢富美男 市原隼人 門脇麦 道枝駿佑 高橋メアリージュン 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 桂文枝 春風亭昇太 加藤晴彦 伊藤若冲 山口桂 クリスティーズ 吉田羊 ボス ブリューゲル 長次郎 雪村周継 雪舟等楊 長谷川利行 了入 カフェ・パウリスタ 道入 樂家 本阿弥光悦 加山又造 相葉雅紀 油滴天目 曜変天目 稲葉天目 卯花墻 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 スラヴ叙事詩 ミュシャ 瑛蓮 福田ゆみ 篠原篤 鈴木省吾 大倉孝二 平成館 東京国立博物館 坂口健太郎 平岡祐太 金田明夫 鈴木亮平 八木亜希子 吉岡里帆 松たか子 富澤たけし 超絶技巧 有線七宝 東京都庭園美術館 無線七宝 木野花 住田萌乃 シシド・カフカ ヤオ・アイニン 新井浩文 キムラ緑子 渡辺大 山本未來 工藤阿須加 大島蓉子 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・ウェイ リー・パオティエン 風間俊介 山田美紅羽 手塚とおる 篠川桃音 桜田ひより 水谷豊 新田次郎 高倉健 緒形拳 秋吉久美子 新克利 三國連太郎 田中要次 柄本時生 小堺一機 野麦峠 女工哀史 志尊淳 ビリギャル 地井武男 原田美枝子 森次晃嗣 川崎紘菜 木下ほうか 山田涼介 新川優愛 篠井英介 土屋太鳳 稲垣来泉 田中直樹 津田寛治 佐野勇斗 岩田剛典 川津明日香 菱田春草 秋田蘭画 佐竹署山 小田野直武 解体新書 菅田将暉 石原さとみ 加賀丈史 青木崇高 江口のり子 デトロイト美術館 モネ モディリアーニ 向井潤吉 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 圓山應擧 根津美術館 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 曽我蕭白 長澤芦雪 円空 出光美術館 仙厓 正倉院 小林よしのり アメリカン・スナイパー 戦争論 続・タイム・トラベラー マネ 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 藤花図屏風 曜変天目茶碗 油滴天目茶碗 長谷川等伯 俵谷宗達 立石鐡臣 奥村公延 石川進 大塚周男 今井悠貴 みかんの花 望郷 海の星 雲の糸 スピットファイア― ハインケル メッサーシュミット 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 佐々木心音 中村倫也 本多力 三田真央 光宗薫 久松郁美 やべきょうすけ 満島真之介 山本裕典 恵順 東京藝術大学 宮川香山 森田藻己 朝顔図屏風 富田靖子 石井杏奈 真剣佑 高畑裕太 村上虹郎 寺尾聰 松尾幸美 片桐仁 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 福山翔大 小室哲哉 細うで繁盛記 富士眞奈美 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 ルノワール 八木莉可子 黒島結菜 菊池風磨 小野塚勇人 赤間麻里子 林田悠作 小島梨里杏 滝沢沙織 ジュディ・オング 山田将之 妹尾青洸 鈴之助 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 風神雷神図屏風 八ッ橋図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 MEGUMI 拙宗等揚 銅鏡 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 青木宗嵩 原菜乃華 石井ふく子 橋田壽賀子 大空真弓 大和書房 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 川栄李奈 尾藤イサオ 小芝風花 松坂恵子 徳井義美 蘭寿とむ マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 松下由樹 橋爪功 渡辺舞 山本耕史 寺田心 松田芹香 シャーロット・ケイト・フォックス 加藤清史郎 保栄堂版 北斎 太田記念美術館 東海道五十三次 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 浦上玉堂 与謝蕪村 青木木米 富岡鉄斎 田能村竹田 池大雅 着艦 T45 発艦 成宮寛貴 町田市立国際版画美術館 メラン ビュラン デューラー 柄澤齊 エングレーヴィング Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 藤田弓子 松井愛莉 目黒川 高野野十郎 目黒区美術館 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 佐伯祐三 田村孝之介 安井曾太郎 岸田劉生 岡本太郎 安田靫彦 北蓮造 和田三造 中村研一 今野浩喜 竜星涼 野波麻帆 光琳 夏秋草図屏風 舟橋蒔絵硯箱 風神雷神図 燕子花図屏風 ティーチャ 富士三十六景 六十余州名所図会 原安二郎 千絵の海 坂上忍 矢柴俊博 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 カキツバタ 小西真奈美 白石美帆 佐藤直紀 暗花 高浮彫 釉下彩 釉裏紅 皆川猿時 大人計画 松尾スズキ 村上弘明 陣内孝則 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 妻への家路 カストラート チェン・ダオミン 陳道明 森川葵 高良健吾 甲本雅裕 伊藤歩 真飛聖 鎌田敏夫 野村周平 蓮佛美沙子 和久井映見 品川徹 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 天文学者 レンブラント 水差しを持つ女 高田彪我 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 平澤宏々路 多岐川裕美 中島裕翔 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 弓をひくヘラクレス ブールデル 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 宮川大輔 立川談志 中村勘九郎 田邊哲人 谷汲観音像 松本喜三郎 安本亀八 野見宿禰 生人形 当麻蹴速 聖女 聖プラクセディス 植田正治 マグリット 龍安寺方丈庭園 カンディンスキー 枯山水 小堀遠州 秋冬山水図 抽象画 抽象芸術 江口のりこ 星野源 松岡茉優 蛍雪次朗 美保純 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 再販売価格維持制度 ブルーレイ DVD CD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 歌麿 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 小林清親 写楽 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー 明日、ママがいない 1984年 オーウェル 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 入江長八 鏝絵 松崎町 神田沙也加 葵わかな 城田優 川平慈英 内山理名 西内まりや 尾美としのり 蔵王権現 三佛寺 投入堂 冷泉家 總持寺 藤原道長 西新井大師 山田望叶 上川隆也 馬場園梓 太賀 大原櫻子 市川由衣 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 蒔絵 沈金 貝桶 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 クリスチャン・ベール 生きている兵隊 種田陽平 昭和史 半藤一利 石川達三 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 高畑勲 ピノキオ ディズニー 松下洸平 黒川智花 中条あやみ 警部マクロード 儒教 櫻井淳子 内館牧子 すぐやる課 宮地雅子 中庸 桐原亮司 吉本美優 高杉真宙 吉田都 熊川哲也 ロバート・ハインデル 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大乗寺 松に孔雀図 大瀑布図 氷図 大英博物館 相国寺 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 スペル星人 遊星より愛をこめて 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 丸山智己 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 水原希子 池津祥子 山西惇 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 大はしあたけの夕立 規矩の法 三遠法 星月夜 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 菊地成孔 重森三玲 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 阿部サダオ WISH」 MY OF 「PIECE 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 フェラーリ シューマッハ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 中村橋之助 佐野亜裕美 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 零士 夜王 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 紺野美沙子 NHKアーカイブス 吉俣良 SAYUKI 清野とおる 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 村井良大 原田泰造 岩井堂聖子 高橋真唯 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 安藤玉恵 不破万作 柴田理恵 古田新太 大滝秀治 古谷一行 狩野重信 狩野尚信 狩野常信 狩野探幽 乾山 仁清 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 小さな中国のお針子 リウ・イエ チェン・コン ジュウ・シュン 劉燁 陳坤 周迅 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 牧進 横山大観 速水御舟 名樹散椿 ダンカン 石田法嗣 麿赤兒 早乙女太一 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 東京国立近代美術館 岡倉天心 リー・ジア 莫言 霍建起 故郷の香り モォ・イエン グオ・シャオドン サン・バオ フォ・ジェンチイ 転校生 大林宣彦 団時朗 大谷亮介 中田喜子 筒井真理子 はろるど 鹿島 アントラーズ 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 西山潤 平愛梨 上原陸 石井トミコ 藤原薫 田辺修斗 研ナオコ 杉田成道 橋本愛 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 中村ゆりか 財前直見 井上真樹夫 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 広島平和記念資料館 中国新聞 被爆再現人形 平和データベース 広島平和資料館 原爆の絵 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず なごり雪 イルカ 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 NHKスペシャル 故宮博物院 翠玉白菜 アンギラス 強き蟻 矢島健一 シスタームーン オラトーニ ブラザーサン 石塚英彦 自在置物 冨木宗行 アートシーン 高瀬好山 冨木宗好 明珍 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 三浦理恵子 石田ニコル LiLiCo 遊井亮子 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 六平直政 中村梅雀 マイヨージョーヌ ルコック・スポルティフ デサント本社 村田コレクション 村田理如 清水三年坂美術館 日月烏鷺蒔絵額 白山松哉 あべまみ 動物農場 21世紀少年 ザ・スタンド 蝿の王 復活の日 波濤図屏風 今井雅之 自在 刺繍絵画 牙彫 薩摩焼 印籠 金工 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 オーヴェールの教会 原発敗戦 船橋洋一 福島第一原発 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 大虐殺 ソルジャー・ブルー 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ イリス レギオン 艦載機 関根勤 大木隆行 TAKAHIRO 戦力外捜査官 有川浩 大後寿々花 三上博史 渡邉このみ チェン・カイコ― 陳凱歌 呉天明 酒井美紀 奥村和一 山西省残留日本兵 山西省日本軍残留問題 蟻の兵隊 橘らい四郎 原一男 奥崎謙三 ゆきゆきて神軍 今村昌平 新版画 デビット伊藤 イングマール・ベルイマン 第七の封印 マックス・フォン・シドー ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ 仮面の中のアリア ホセ・ファン・ダム 迎賓館 七宝花鳥図三十額 ラファエル前派 オフィーリア ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 棄民 田中正造 足尾銅山 足尾鉱毒事件 谷中村 渡良瀬遊水池 栃木 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 切腹 武満徹 章子怡 蒔田光治 雲龍図 天龍寺 ミッキー・カーチス 宮里駿 京野ことみ 本郷奏多 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR