ミシュランのタイア

紙の中のロードレースその7

ミシュランのタイア

1:
19世紀後半、自転車が生まれ、自転車レースも始まり、その頃から自転車や自転車部品を作り、今でも作っているメーカーと言えば、

タイアのミシュラン

自転車のプジョー

自転車のビアンキ

くらい。

今回のお題は、ミシュラン


2:
ランドナーが身近な自転車だった私の世代でミシュランと言えば、650Bの赤タイアと白タイア。
非常に主張の強い色のタイアなんで一般的ではありませんでした。
私はウォルバーの「スーパーランドナー」を使ってました。


3:
次にミシュランの名前が大きく出るのが、1985年。
700Cでパンクに強く、トレッドがつるつるのスリック、しかもWO(=クリンチャー)の「ハイライト(HI-LITE)」シリーズが発売された時。
ロード用では80年代に入るとアメリカのアヴォセット(Avocet)や日本の井上タイアがパンクに強いWOを出しましたが、主流になるのはまだ先の話。
ハイライト以前の700CのWOは細い物が無く(→25Cが一番細かった)、またケーシングが硬かったため乗り心地とコーナリング性能が悪かった。
これらの欠点を解決したのが、ハイライトでした。
それでも値段が高価だったし(→1本\6,200)、トレッドが摩耗に弱く減るのが早かった。

個人的には使わず友達の車輪を使わせてもらっただけでした。
WOに変えなかった理由は金額。
当時は5本\5,000のチューブラが有り使い捨てで使ったり、
ケーシングとチューブの間にポリウレタンの薄いベルトを入れたウォルバーの「SP-1」シリーズもありパンクにも比較的強かった。
ネオプロSP-1は1本\2,500程でしたな。

またWOを使うにはリムとスポークを変える必要があり、これも躊躇する理由でした。
(注:スポークはそのまま使えますが、耐久性を考えるとリムを交換する時に同時にスポークを全部変える方が無難)


4:
さて、ヨーロッパのロードレースで「ミシュラン」の名前が最初に出るのが、
パリ~ブレス~パリ
1891年9月6日(日)
1,200㎞
参加選手206人
午前6:17スタート
優勝:シャルル・テロン(Charles Terront) 71時間18分(=2日23時間18分!)
9月9日(水)午前6:35ゴール
使用タイア:ミシュラン製取り外し可能空気入りタイア

まぁ、この辺まではミシュラン特約店のHPにも書いてあるので、更に詳しい事を。


4-1:
19世紀末、無垢のゴム製タイア「ボーンシェイカー」(=bone-shaker=骨を揺るがす物)に対し、
スコットランドのジョン・ボイド・ダンロップ(John Boyd Dunlop)が「ゴム製のチューブに空気を入れ布で保護する」タイアを開発し、
特許を取りました。
このダンロップが開発した「ソーセージ」と呼ばれたタイアはボーンシェイカーより衝撃と振動の吸収性に優れていましたが、
リムに糊付けしてありパンクの時には無数の工具を使い複雑怪奇な手順を行わねばなりませんでした。
そのため修理の説明書は60ページにも及びました。

1889年のある春の日の昼下がり、フランスのクレルモン・フェラン市のミシュランの工場に自転車と自転車乗りを乗せた牛車が到着。
ダンロップのソーセージの1本がパンクしてました。
工員達はまだ珍しかった空気入りタイアに好奇心を刺激され、困った自転車乗りのために一肌脱いでやろうと奮闘しました。
おかげで修理は3時間で終わりましたが、糊の乾燥に時間が掛るので引き渡しは翌朝になりました。
(→現在のチューブラと同じ物と思われますが、詳細不明のため「糊」と「糊付け」にしました)
翌朝引き渡しの前、ミシュランの社長エドゥアル・ミシュラン(Edouard Michelin)はこのタイアに非常に関心が有ったので、クレルモン・フェラン市街へと走り出しました。
しかし、数分後戻って来ました、自転車を押しながら。

このパンクがエドゥアル・ミシュランのタイアを改良したいという興味に火を点けたと言っていいでしょう。

エドゥアル・ミシュランが掲げた目標は、
「15分以内にチューブを交換する。
方法は単純にする。
専門家を不要にする。
言い換えると、一般人が頭を悩ますことなく自分で修理できる取り外し可能タイア」

2年間の試行錯誤と努力の結果、3件の特許を含み完成。
3件目の特許の日付は1891年8月14日。
パリ~ブレス~パリのスタートの24日前でした。


4-2:
ミシュラン社はパリ~ブレス~パリには、実は、最初にテロンではなくこのレースで2位になるジョゼフ・ラヴァル(Joseph Laval)に接触しました。
ラヴァルは当時ダンロップと契約中であったのとミシュランの革新的取り外し可能タイアは現物が無く設計図しか無かったため契約しませんでした。

さて、ミシュラン社はテロンのパリ~ブレス~パリでの勝利がゴール前日に明らかになったので宣伝用のチラシを作りテロンがゴールすると同時に観衆に配りました。

4-3:
パリ~ブレス~パリでテロンはブレスの手前60㎞のモルレクス(Morlaix)でパンクしレースに復帰するのに42分掛かりました。
ミシュラン社はこの事実を見て見ぬ振りはせず、更に改良を重ねました。
その結果を発表したのは3か月後の12月、ロンドンのスタンリー自転車ショー(Stanley Cycle Show)でした。
このショーでミシュランの技術者は1分55秒でタイアを外し、来客にも実際に外させました。
速い人だと2分、遅くても4分で外せました。
他のタイアメーカーがこのデモンストレイションを見せ付けられどう思ったか想像に難くありません。

このタイアがミシュランの「デタッチャブル」(Detachable)です。

この事をキッカケにミシュラン社は大いに発展していくのです。


4-4:
当時のミシュランを率いていたのは、2人の兄弟でした。
兄がアンドレ・ミシュラン(Andre Michelin)で、建築家を目指していましたが広報と渉外を担当。
弟がエドゥアル・ミシュラン(Edouard Michelin)で、画家志望でしたが、開発と生産管理を担当。

5:
ツール・ド・フランスとミシュランで私の世代が思い出すのは、最近は見掛けなくなったキャラバン隊のビバンダム(Bibendum)の着ぐるみ。
やっていたのは、1973年から1989年まで。
モーターバイクに乗って立ち上がり両手を上げたり等の軽業を演じていました。
このモーターバイクで17年間軽業をやっていたのは、フィリップ・シャピュイ(Philippe Chapuis)。
ローラースケートの元フランスチャンピオンだそうです。



参考文献
La fabuleuse histoire du cyslisme
The Michelin Man, 100 years of Bibendum
Cycle Sport
Pro Cycling
Bicycle Club 1985年9月号
Miroir du cyclisme
Winning bicycle racing illustrated



タグ ツール・ド・フランス ミシュラン



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

TV版『白夜行』音楽その11

第三弾

音楽の使われ方その11

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第五話その2

1:
26分3秒~27分40秒
  亮司、友彦に人生は圧倒的に不公平だと思ったことあるかと尋ねる。
  礼子、雪穂にメンタルケアカウンセリングのパンフレットを見せる。
  礼子、雪穂が心の内を見せないので、怒る。
♪月光を集めて(22曲目)
…自分の心の中を月の光を集めて見てみる亮司。
…礼子には勿論自分の心の中を見せられない雪穂。

…この曲は、心の中を表す時のテーマ曲(笑)。

2:
28分40秒~30分11秒
  雪穂の留守電に入れる亮司。
  雪穂の心を他のやつよりは理解出来ると思う。
  でも賛成は出来ない。そんなことしても雪穂が後悔するだけ。
  江利子のカット。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

3:
31分6秒~33分45秒
  雪穂、松浦のケータイで亮司に掛ける。
  亮司、雪穂を探し走る。
  亮司、二人を発見。
  亮司、何も出来ず。
♪振動が止まらない(21曲目)
…怒り、悪の衝動。

4:
34分55秒~38分41秒
  雪穂から昔の写真を見せられた亮司。
  雪穂、昔の事をついて亮司に向けて八つ当たり、大爆発。
  亮司、やってやるよ。
  江利子、襲われる。
  亮司、教会を訪れる。
♪白夜を行く(1曲目)
…もうこの音楽が始まった時点で愛情表現のために犯罪を犯すのは、明らか。
…亮司にしか心の中を見せ感情的になれない雪穂。

5:
40分1秒~41分37秒
  雪穂、江利子からの伝言を伝え篠塚の車から降りる。
  雪穂、”Gone with the wind”を川に捨てる。
  古賀邸で夕飯を御馳走になる笹垣。
  親心は良心ではなく本能、と古賀夫人。
  弥生子、スナックやえこで亮司の切り絵を見る。
♪ふたりの約束(6曲目)
…言葉にはしてない雪穂の思い。
…亮司に誓った弥生子の約束。
…おそらく古賀刑事は笹垣に対し、この事件を解決、あるいは手伝うと心に誓ってるのでしょう。

6:
43分16秒~44分20秒
  雪穂のことを信じられなくなった亮司。
  亮司が自分で決めたんでしょう、と雪穂。
♪白夜を行く(1曲目)
…これね、痴話喧嘩(笑)。
…雪穂にとって言いたい事が言える亮司。
…雪穂が言ってる通り雪穂には亮司しかいません。
…犯罪も八つ当たりも痴話喧嘩も、自分の心の中を見せています。
…だからここでこの曲。

…単なる犯罪物語ではないのは、ここでも明らか。

7:
44分21秒~46分37秒
  雪穂、「だまされる方がばかなんだよ」
  亮司、ジャックと豆の木を投げる。
  エンドロール
♪主題歌『影』
…おやおや、痴話喧嘩が大ゲンカに大発展(笑)。
…主題歌=重要、ですから、大ゲンカ出来る位重要な人がいる亮司を雪穂。



タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

マルティン・”コチセ”・ロドリゲス・グティエレス

紙の中のロードレースその6

マルティン・エミリオ・“コチセ”・ロドリゲス・グティエレス
Martin Emilio “Cochise” Rodriguez Gutierrez

コロンビア史上、最強の選手。
サンチャゴ・ボテロ(Santiago Botero)以上の成績を残した偉大なコロンビア人。
御存じの方、いますかな?

1:
まず、詳細な記録は、
→ http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=2096

1942年4月14日生まれ、

主な勝利
1971年 世界戦アマ個人追い抜き

1973年 ジロ第15区間
     トロフィ・バラッキ(ジモンディと共に)
1975年 ジロ第19区間

そして、
1970年 アマアワレコード(屋外)
    メキシコシティー
    10月7日
    47.553㎞

2:
森師匠の若い頃、こんな凄い人がコロンビアにいたとは…(溜息)。

1961年、19歳の時に母国のヴエルタ・ア・コロンビアに初出場し最終成績が総合2位。
当時のコチセを知ってる人の話では、19歳にして既に完璧なロード選手で、最近の選手に例えるとミゲール・インドゥラインみたいっだそうです。
誰が見ても将来大物になるのが分かる選手だったらしい。

一人で走る時の快速振りは素晴らしく、
1968年(24歳)の時、メキシコオリンピック個抜きで当時の4,000m記録を破った4人の一人でした。
そしてロードでは、9位。

3:
メキシコでアワレコードに挑戦した時、資金と自転車を提供したのが、ジャチント・ベノット(Giacint Benotto)。
(→モゼール(Francesco Moser)が1977年世界戦プロロードで優勝した時の自転車。翌1978年には、パリ~ルーベにも優勝)
おそらくこの提供がアマ規約に抵触したらしく、1972年の世界戦には出場不可。

4:
そのため翌1973年にプロに転向。
チームがビアンキ・カンパニョーロ。
チームメイトだったジモンディ(Felice Gimondi)やリッター(Ole Ritter)がコチセについて語った事をまとめると、

登る技術が大変良かった。
それだけでなく平地では集団を50kmhで引く事も出来た。
逃げの集団を引き戻したい時にコチセに頼むと、コチセは馬鹿デカいギアを踏んでいったものだ。
これもトラック競技のおかげだろう。
もしコチセが22歳か23歳の時にヨーロッパに来ていたら、チームのリーダーになりジロの2区間優勝よりもっと優勝出来ただろう。
コチセはスプリント力も有り、山にも強く、タイムトライアルでも速かった。
もし自分のために走れたら、もっと多くのレースで勝てた。
またコチセはいつも機嫌が良く、チームの中では歌ったり冗談を言っては皆を和ませていた。

5:
日本人ロード選手が逆立ちしても勝てない無名のコロンビア人。
世の中には凄い人がいるもんです。


タグ ロドリゲス コチセ アワレコード



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『ダーティハリー5』

★簡単な紹介

○公開
1988年9月23日

○上映時間
1時間31分

○スタッフ
脚本:スティーヴ・シャロン
演出:バディ・ヴァン・ホーン
撮影:ジャック・N・グリーン
音楽:ラロ・シフリン
プロデューサー: デヴィッド・ヴァルデス

○出演
クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン刑事)
パトリシア・クラークソン(サマンサ・ウォーカー)
リーアム・ニーソン(ピーター・スワン)


★評

1:
おやおや、全二作がつまらんかったので、シリーズ五作目は面白い。
特にラジコンの車を使うアイデアは中々の傑作。
ここのシークウェンスの緊迫が非常感に宜しい。
また、上映時間も短め(1時間31分)なので話が間延びせず巧く行っています。

2:
それでもキャラハン刑事がチャイナタウンの食堂の強盗を「始末」するシークウェンスでは、
キャラハン刑事が強盗犯を逮捕する様には見えません。
相手に先に銃口を自分に向けさせ自分が発砲出来る言い訳を作ってるようにしか見えない脚本と演出。

3:
しかし、全体的に無駄が無いのでキャラハン刑事の少々異常と思える行動が気にならず、
最後迄集中力が切れずに観られる面白い映画になったのも間違いありません。



タグ ダーティハリー クリント・イーストウッド M29 スミス ウェッソン


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

ツール・ド・フランスその1

紙の中のロードレースその5

ツール・ド・フランスその1

『最下位と棄権』

何事も「カッコいい」とか「キレイ」とか「可愛い」だけを追い掛けていると飽きやすい、熱が冷めやすい。
ロードレースも同じで優勝選手やカッコいい事だけにしか関心が無いと直ぐに行き止まります。
TV中継のカメラに映らない「歌われない英雄」達もチャンピオン達と同じ位興味深い。
「カッコ悪い」時代のレースと選手も現在のものと同じ位興味深い。

エディ・メルクスとVANの栄光を知ってる最後の世代の一人の私ですが、昔程熱狂してはいませんが、それでも未だにロードレースと選手に興味が有ります。
そんな私が40年程も興味が続く理由を考えると、昔の「カッコ悪い」レースと「歌われない英雄」達に興味が有るからです。

今回はツールの最下位と棄権した選手の話。

1:
「区間優勝!」その1

総合順位最下位の選手が区間優勝したのを聞いたことある?読んだことある?見たことある?

私は有りませんでした、この人の話を読む迄。

ピエール・マティニャン(Pierre Matignon)
1943年2月11日~1987年11月1日
(詳細→ http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=5080 )

プロ生活3年間で優勝したのは、

1回

だけ。
それが、
1969年7月18日(金)
第56回ツール・ド・フランス
第20区間
ブリヴ~ピュイ・ド・ドーム
198㎞
6時間49分54秒

しかも、ゴールが山の頂上(@_@)。
距離11㎞で標高差965m。
平均勾配8.8%。
最大13%(残り8㎞~7㎞)。
最後の5㎞は平均11%。

マティニャンは残り90㎞位のシャヴァノン(Chavanon)の登りで逃げ、残り30㎞地点では5分差を付けました。
この時点で追跡が始まりましたが、残り20㎞地点では、7分30秒にまで広がりました。
しかし、ピュイ・ド・ドームへの登りが始まる残り10㎞地点でメルクスも追跡開始。
全盛期のメルクスですから、この追跡は速く付いて行けたのは、プリドール、それにマティニャンのチームメイトのポル・ギュティ(Paul Gutty)のみ。
残り1㎞の標識が見えた時点でついにマティニャンがメルクスグループの視界に入りました。
メルクスは更にペースを上げると残り500m地点でプリドールとギュティが千切れました。
マティニャンは蛇行しながらも全力を振り絞り、メルクスを抑え区間優勝。

鬼の様に強かったメルクスに勝ったんですから、
マティニャンに優勝を喜んでガッツポーズなんかする余力も無くストラップを緩めながらゴールするので精一杯。

…こんな選手とレース、二度と現れんね。


2:
「区間優勝!」その2

この記事を書くので色々読み直したり、ネットで調べると、何と、もう一人いた(@_@)。

1947年7月16日(水)
第34回ツール・ド・フランス
第18区間
レ・ザーブル・ドロンヌ~ヴァンヌ
236㎞
7時間10分7秒

ピエトロ・タルキーニ(Pietro Tarchini)

(参考→ http://www.cyclingarchives.com/coureurfiche.php?coureurid=7110 )

マティニャンみたいに、派手なメルクスがいなかったから全然目立ちませんでした。
シャニ―の”Le fabuleuse histoire de Tour de France”にも書いてないみたいだからなぁ…


3:
「ブルーム・ワゴンの車内」

悲喜こもごもなんですな、ツールを棄権するのは。

1986年のツールから。

ディーツェン(Dietzen)の場合。
1時間も泣いていた。
ドライバーもゼッケンを回収するツール役員も声を掛けられなかった。

ディル・ブンディ(Dill-Bundi)の場合。
ツールマレーを登る区間で、スタートすると直ぐにブルーム・ワゴンに近付くと、
「登りが始まったらよう、直ぐ止めるからよろしくな。」
ブルーム・ワゴンに乗ると、
「何か飲むもん無い?え、コーラ?赤ワインないの?」

サルヴィエッティ(Salvietti)の場合。
峠をいくつも超えるある区間で。
ドライバーの話。
「あいつは変な奴でな。自転車にまた乗って峠を下りたがってんだ。
なんでだって聞くと、『バカ、他人が運転する車じゃ怖いからに決まってんだろ』
それで下りの間中ずっとイタリア語で言ってたぜ。
『Piano,piano,piano』ってな。」
(→蛇足「ゆっくり行け、ゆっくりな、ゆっくりだゾ」)


参考
Winning Bicycle Racing Illustrated
Pro Cycling
Cycle Sport
Ascent,the mountains of the Tour de France
Cols mythiques du Tour de France
The official Tour de France centennial 1903-2003
Grands cols,les montagnes du Tour de France a velo
La fabuleuse histoire du Tour de France



タグ ツール・ド・フランス


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『ビブリア古書堂の事件手帳』その11

最終話

1:
ふ~ん、予想通り栞子(剛力彩芽)の母親智恵子(安田成美)がなぜ家族を見捨ててまで本を探すのか全く説明無し。


★まとめ

上品なミステリーですが、ただそれだけ。
本、古書、初版本、読書、こう言ったものの魅力を全く描写していません。

一番酷いのは、栞子が大輔(AKIRA)に言った一言。
>本を読めないあなたには、分かりません。
大輔に分からないのは全く問題有りませんが、視聴者に分からせないのは大問題。
原作に書いてないのか、脚本家が書かなかったのか、どちらかは分かりませんが、
視聴者に何も伝わらないのは大問題。

古書を題材にした着想は大変素晴らしいのですが、残念ながら活かせていません。
原作者か脚本家が古書の世界に負けたと言う事です。


タグ 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 鈴木浩介 内藤理沙 松坂慶子 安田成美 高橋克実 水野絵梨奈


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『dinner』その11

最終話

1:
映画『シェーン』と同じ終わり方。
どこからともなく救世主が現れ、問題を解決し、困った人々が自立出来るようになるのを確信すると、
来た時の様に去って行く。

江崎(江口洋介)も今井(松重豊)の腕前を確信し、辰巳日出男(風間杜夫)が意識を取り戻したのを知り、
ロッカビアンカから去りました。

ハッピーエンドで良かった!(^^)!。

★まとめ

視聴率が悪く、おかげでこの曜日と時間帯のドラマ枠をフジTVは止めるそうですが、
このドラマの出来は悪くはありませんでした。

特筆すべきは、主人公江崎究(江口洋介)が非常に楽しそうに調理し、無理難題に当たると俄然やる気を出す演出。
今迄の料理ドラマに無かった演出で、非常に良かった。


タグ 江口洋介 倉科カナ 松重豊 袴田吉彦 志賀廣太郎 風間杜夫 八嶋智人 ユースケ・サンタマリア 風間杜夫



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ダーティハリー4』

★簡単な紹介

○公開
1984年4月14日

○上映時間
1時間57分

○スタッフ
脚本:ジョセフ・スティンスン
演出:クリント・イーストウッド
撮影:ブルース・サーティース
音楽:ラロ・シフリン
プロデューサー:フリッツ・メーンズ

○出演
クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン刑事)
ソンドラ・ロック(ジェニファー)
オードリー・J・二―ナン(レイ)


★評

1:
何かなぁ、真面目に法律に則って捜査する馬鹿正直なハリー・キャラハン刑事が、変わってしまった(涙)。
やたらとM29をぶっ放す。

キャラハン刑事が発砲しても法的には問題無い様なので、演出が悪いんです。

2:
一番悪いのは、最後。

「被疑者の人権は守っても、被害者の人権はどうなの?」

と言う被疑者を逃がすキャラハン刑事。
観衆はこの登場人物が犯人だと分かっています。

法律を施行する人間が高い確率で違法行為に関わっていると思われる人間を見逃していいのでしょうか?
警察官の職業倫理に反している可能性が有ります。

地に落ちたハリー・キャラハン刑事であります(溜息)。

3:
オマケに、最後に有る敵役が死ぬカット。

趣味の悪さ全開。

どうしたんでしょう、イーストウッド?



タグ クリント・イーストウッド ダーティハリー M29


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『ダーティハリー3』

★簡単な紹介

○公開
1976年12月25日

○上映時間
1時間36分

○スタッフ
脚本:スターリング・シリファント、ディーン・リースナー
演出:ジェームス・ファーゴ
撮影:チャールズ・W・ショート
音楽:ジェリー・フィールディング
プロデューサー:ロバート・デーリー

○出演
クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン刑事)
ブラットフォード・ディルマン(マッケイ課長)
ティン・デーリー(ケート・ムーア)


★評

1:
何か、つまんないですね。
市長と殺人課課長の市長選とメンツに執着する態度にキャラハン刑事が反抗するのはいい。
新たな相棒が女性になったのも特に問題ありません。

問題は敵役が中途半端に残忍で、強くない事。

キャラハン刑事の愚直に法律を守る人物描写が消え、単なるアクション映画になってしまいました。


タグ クリント・イーストウッド ダーティハリー M29


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『最高の離婚』その11

最終話

1:
『最高の離婚』の意味する事?

この回迄観れば、明らかでしょう。

離れて分かる自分にとっての相手の意味、重要性、大切さ、良さ。

何かを得るには何かを失わねばならんのです。

You’ve gotta pay the price for it.

万古不易の事実。

2:
大切な人がいつも隣にいる安心感。

人間はどんな事にも慣れ、感じなくなります。

それが幸福であろうが、不幸であろうが、喜びであろうが、苦痛であろうが、感じなくなります。

これも万古不易の事実。

3:
相手を感謝する事を忘れるのは、大変いい状態なんです。

相手から慰めが必要じゃないから、感謝する必要が無いんです。

幸福な毎日が続いているんです。

何も起こらない退屈で平和な日々が。

4:
そして相手に感謝する必要が無ければ、言いたい事を言います。

遠慮が有りませんから、相手の痛い所を突きます。

小さな心の傷が増えていきます。

5:
そしてある日、心が大爆発。

心の傷の痛み、辛み、恨みが有りますから仲直りしたくても簡単には行きません。

それでも、相手が大事だし、大好きだから、その内に…(^.^)。

★まとめ

こんなありふれた愛情&夫婦物語を笑いで軽く、しかも上手にまぶして中々の連ドラになりました。

私が観た2013年1月季の連ドラの中で一番出来が良かった。

光生の「頭」的笑いと結夏の「心」的笑いの対比が効果的で、良かった。
それぞれを演じた瑛太尾野真千子が大変良かった。
特に尾野真千子は、喜劇が出来る事を見せ、大物になる予感濃厚。

BDbox?
欲しいなぁ、中古で(笑)。


タグ 瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛 八千草薫 時任三郎



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村





テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『KELLY』

David Walsh著
HARRAP刊
1986年発行
ISBN 0 245-54331-7

素晴らしい本です。
題名と発行年から分かる通り1985年迄のショーン・ケリーの伝記です。

さて、英米のロードレースジャーナリズムについて、日本の一般のロードレースファンはどう思ってるでしょう?
私の場合、英語の勉強のために1982年から数年間、日本の英字新聞を読んでいて、
後年レモンの伝記を書くサミュエル・アプト(Samuel Abt)の署名入り記事も読んでいました。
その頃はまだ、ケネディ兄弟社から毎年出ていたツールとジロの記録位しか読んだことなく、別に印象を受けませんでした。
アメリカのロード選手はジョナサン・ボイヤー、グレッグ・レモン、エリック・ハイデン位しかいなくて、まぁ記者の方も日本並に大したことないだろうと思ってました。

そんな、先入観を吹き飛ばしたのが、この『KELLY』です。
筆者は後に『L.A confidetial』を書くデヴィッド・ウォルシュ(David Walsh)。
そしてこの本以降読んだアメリカ人とイギリス人記者の書いた本は質が高いものばかりで、毎回の様に息を飲むのであります。

ロードレースの世界で日本がアメリカに勝ってるのは、島野だけです(涙)。

残念ながらのこの本は現在絶版になっていて、日本のAmazonには当然ながら無くアメリカやイギリスのAmazonにも中古本さえ出ていません。

では著作権法に引っかからない程度に内容を紹介します。

1:
「ケリーはオリンピックに永久に出場できない。」
1975年、南アフリカはアパルトハイトを実施していて、そこで行われるスポーツ大会にアマチュア選手が参加する事をIOCとUCIは禁止していました。
しかしながら、その年の秋、ラポート・ツァー(Raport Tour)にイギリスの「マム・フォー・マン」(Mum for Men)チームのメンバーとして、

スコットランドの
ジョン・カラン(John Curran)、
ヘンリー・ウィルブラハム(Henry Wilbraham)、

アイルランドの
パット・マクウェイド(Pat McQuaid)

→あの現UCI会長

キエロン・マクウェイド(Kieron McQusid)
ショーン・ケリー(Sean Kelly)

が参加。
どうやって?
偽名を使って。
なぜバレた?
この年、エリザベス・テーラーとリチャード・バートン夫妻が2回目の新婚旅行の地に南アフリカを選択。
イギリスのデイリー・メイル紙に記事を送っていたジョン・ハーデゲン(John Hartdegen)は、
ラポート・ツァーで好成績を収めていたイギリス人選手とこの夫妻を一緒に写真に撮ろうとしました。
オウツフルーン(Oudtshoorn)へゴールする区間でこの写真を撮りたいとMfMチームのトミー・シャードゥロウ(Tommy Shardelow)監督に頼むと、
「駄目」。
ハーデゲンは疑問に思い独自に調査し、解明。
この件の記事を書き、デイリー・メイル紙は1975年10月16日に一面全面を使い発表。

その結果は、容易に想像可。

…へ~、こんな事があったんだぁ。


2:
1978年、ケリーはフランドリアチーム(Flandria)に所属していました。
私と同年代を過ごした方は「自転車競技マガジン」にフランドリアのジャージを着た新人ケリーの写真が載ったのを覚えていると思います。

そして「1978年」と言う年が仄めかす様に、そう、ツールに走りラルプデュエにいました。
ドーピング検査で他人の尿を使って誤魔化しバレたミッシェル・ポランティエ(Michel Pollentier)もフランドリアでした。

その事件の夜の事も書いてあります。


3:
この本の貢献度の一番大きいものは、特にアメリカに関しては、間違い無くツール後のクリテリウムの実態を紹介した事でしょう。
この本が出た1986年当時、アメリカのロードレース専門誌は”Winning”しか無く、記事はレースの記録が殆どでした。

フランスの「ミロワール・ド・シクリスム」誌や年鑑の「アネ・ド・シクリスム」は定期的に入荷してはいたものの、仏語の知識皆無の私には
英語からロードレースの知識を仕入れていたので、ツールが終わった後のクリテリウムは賞金金額が高く選手の大事な収入源程度の知識しか有りませんでした。

この本に書いてあるのは、こんな事

八月中、招待された西側ヨーロッパ各地を転戦。
一晩で数百キロから1000キロの移動。
優勝賞金は500ポンド。
フランスのクリテリウムだと、距離は100㎞程。
有力選手には参加料数千ポンドを支給。

ケリーのある週は、
水曜日、金曜日、土曜日にレース
移動は全て車、ほぼケリーが運転。距離3,500㎞
収入約6,000ポンド

…かなりの辛さ。疲れる仕事なのは明白。


4:
1985年のクレテイユ~シャヴィユ(Creteil-Chaville)とロンバルディア一周(Giro di Lombardia)。

日本人でプロロード選手になった人は何人かいますが、この様なクラシックレースの偉大なレースやグランツールの先頭集団で競った日本人は一人もいません。
また、サッカーのプロリーグが始まり世界レベルへ挑戦出来る環境が整った2013年現在、間違いなく運動能力が優れた日本人はロードレースなどやるはずなく、
未来永劫に世界一位を争うロードレースの先頭集団で戦う選手は出て来ません。

つまり、この様な世界最高の集団の中で何が行われているか語れる日本人は永久に現れません(溜息)。

凄い事が行われています。
内容はこの本の「キモ」なので、自分で読んで下さい(爆)。



タグ ケリー KELLY マクウェイド McQuaid クリテリウム デヴィッド・ウォルシュ David Walsh ドーピング アパルトハイト


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

TV版『白夜行』音楽その10

第三弾

音楽の使われ方その10

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第五話その1

1:
1秒~1分16秒
  冒頭、
  回想、おさらい。
♪白夜を行く、再び(18曲目)
…今迄やった事の復習ですから、「再び」です(笑)。

2:
2分17秒~4分25秒
  亮司、自分たやった事と気持ちを思い返す。
  篠塚一成、川島江利子を相合傘で送る。
  亮司、雪穂が幸せじゃないと俺が死んだ意味ない。
♪影(Inst for TV)
→サントラ盤に無し。アレンジしてます。
…主題歌のアレンジが流れると言う事は、重要だと言う事。

この場面に現れる登場人物の心の中を整理すると、


2-1:
亮司→雪穂は篠塚と付き合った方が幸せ。
雪穂→亮司が好きなのを改めて実感。
篠塚→このシークウェンスでは江利子の魅力に気付く、と暗示してます。
2-2:
ふ~ん、音楽から愛憎物語の回になると言ってますな(笑)。

3:
6分4秒~6分33秒
  雪穂、真文に恋愛相談。
♪Love & letter(24曲目)
…雪穂にとって篠塚はこの曲調みたいに軽くて重大な問題ではありません、今のところは(笑)。

4:
7分10秒~8分35秒
  亮司、榎本経由でゲーム制作依頼される。
  雪穂、”Gone with the wind”をどうするか悩む。
  タイトルバック。
♪君を照らしていたい(2曲目)
の低音弦楽器の部分
→これもサントラ盤に無し(涙)。
…相手の事を思い悩む二人。

5:
8分53秒~10分48秒
  雪穂一人でいると、篠塚現れる。
  そこへ川島江利子遅れてやって来る。
♪月光を集めて(22曲目)
…よく分からない自分の心の中を月の光を集めて見てみると。。。

6:
12分40秒~13分35秒
  松浦、榎本と仕事してる件で亮司に文句。
  亮司、大きく出る。
  雪穂、篠塚と江利子の関係を応援する事に決定。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。
…それぞれ今迄と人間関係が変わりそう。

7:
14分25秒~15分7秒
  笹垣、唐沢邸を訪問。
  雪穂の件で礼子に鎌をかける。
  メンタルケアカウンセリングのパンフレットを礼子に渡す。
♪追跡(9曲目)
…事情聴取ではなく、捜査で来た、と伝える音楽。

8:
17分10秒~18分7秒
  友彦、亮司に信じられるものを尋ねる。
  雪穂、ソーシャルダンス部の経費収支製作完了。
♪祈り(25曲目)
…亮司の方は雪穂のカットが入りますが、雪穂の方は入りません。
…篠塚と江利子が巧く行く様に祈る雪穂。

9:
18分50秒~22分3秒
  飲み屋で、雪穂、江利子、篠塚
  篠塚、自分の子供時代を語る。
  篠塚、雪穂の子供時代を尋ねるが、江利子が遮る。
  篠塚、江利子の魅力を語る。
  雪穂、篠塚と江利子を見送ると亮司を訪問。
  雪穂、「やっちゃってくんないかな」
♪月光を集めて(22曲目)
…月光を集めて見える雪穂の心の中は、好ましくなかった。

10:
22分13秒~23分46秒
  雪穂、「藤村都子と同じ目してくんないかな」
  亮司、俺は人を不幸にしたいと思ったことはない。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

11:
23分50秒~24分49秒
  雪穂、ほんとうにそうおもうことない?
  亮司、ねえよ。
  雪穂、自宅でユリの花を握り潰す。
  礼子、それを目撃
♪?
→サントラ盤にこれも無し(涙)。



タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ビブリア古書堂の事件手帳』その10

第十話

1:
おや、鹿山邸(横山めぐみ、名高達男)、『いら夏』でお馴染み、旧華頂宮邸。
まぁ、鎌倉がロケ地ですから、近場の豪邸と言えば、ここ。

2:
栞子(剛力彩芽)のお母さん篠川智恵子(安田成美)、本格的に登場。
情報収集能力の異常な高さ、本に対する妄執とも言うべき執着心、この辺について後一回で全部描写して終わりかぁ…
全部納得行く話で終わるのは難しそう。

物足りない終わり方になりそうな予感。

上品な推理物でいいドラマなんですが、最後迄物足らなくなるんでしょうなぁ…



タグ 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 鈴木浩介 内藤理沙 横山めぐみ 安田成美 高橋克実 佐野史郎


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ツール・ド・フランス 100回 グレートヒストリー ~祭りの日々~』その1

1:
“La Grand Histoire du Tour de France Jours de tete”の日本語訳
ツール100回目を記念に出したツールの歴史書。
2013年2月22日(金)発行
八重洲出版刊 
ヤエスメディアムック387
\3,500+消費税

著者
フランソワーズ・ラジェ
セルジュ・ラジェ
フィリップ・カザバン
ジル・モンジェルモン

序文
ジャンマリー・ルブラン

日本語訳
宮本あさか

2:
画期的な本です。
ツールを実際に数十年取材した記者がまとめたツールの歴史書。
自転車ロードレースに関するこんな偉大な本が史上初めて日本で出版されました。

しかし、

間違いなくこんな本に日本人は興味が無く、売れません。
サイクルスポーツ誌を出版してる八重洲出版だから出したんでしょうが、この本に関しては間違い無く赤字、売れ残り、在庫の山。

売れるんだったら、10年前ツール100周年の時にレキップが出したツール100年の歴史の本の日本語訳を出したはずです。

オマケに\3,500+消費税というお値段。
ペーパーバックでこの値段は、買うのを躊躇するでしょう。
私はちと、悩みました。
こういう偉大な本は厚くて硬い表紙が付いた本にして耐久性を高めて欲しい。

3:
さて、まだ拾い読みしただけですが、やはり内容は日本人の自転車記者には書けない素晴らしい内容。
その一例を紹介。

3-1:
マイヨージョーヌを総合1位の選手に与えるようになったのは、1919年。
最初に着たのは、フランス人のウジェーヌ・クリストフ。
7月19日(土)第11区間、グルノーブル~ジュネーヴ区間のスタート時に着ました。

そして、史上初めてマイヨージョーヌを着た選手がカラーで印刷物に載ったのが、
“La Vie au Grand Air”誌。

…、とここまではジャン=ポール・オリビエの”Le Maillot Jaune”の英語訳に書いてあって知っていましたが、
それがどんな物かは、全く分かりませんでした。
それが、この本には、その”La Vie au Gramd Air”誌の表紙がp,87に転載されています。



ビックリしました。
息を飲む素晴らしさです。
私が持っている本では、この表紙が転載されている本は有りません(溜息)。
著者達の細大漏らさず伝えようとする熱い情熱と冷静な注意力に圧倒されました。

「神々は細部に宿る」の典型です。
この小さな転載された写真でこの本の偉大さが分かります。

この本を買う事を決めたのも、この小さな写真のためです。

4:
それでも、この偉大な本にも間違いが有ります。

p,262の上の写真の説明文

>1977年―観客から殴られた? それとも邪魔された?
とにかく、メルクスはやられた

→正しくは、「1975年」です。

5:
大ウソつきのランス・アームストロング、参加チームと選手に1ユーロも放送権料を支払わないツール主催者のASO、
こんなものを含めて自転車のロードレースを愛してる方、

ロードレースの深さを覗いてみたい方、

こういう方にはお勧めします。



タグ ツール・ド・フランス 


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『dinner』その10

第十話

1:
今回は銀行が融資を続けるべきか、調査に来て、
最悪、担保になってる土地建物を競売に掛けられる恐れが有りました。

でも当然、江崎料理長(江口洋介)、瀬川さん(ユースケ・サンタマリア)を筆頭に優秀であるところを見せつけ、
新たに始めたランチも盛況、オマケにランチに来たお客さんが6組も夜の予約を入れ、挽回成功!

かなりロッカビアンカには好都合に進んだ話ですが、こういう平和な話も誠に宜しい。

2:
次回最終回。
最大の難問にぶち当たるロッカビアンカ。

江崎料理長の引き抜きです。

大体どうなるかは見当付きますが、それでも楽しみ(^.^)。


タグ 江口洋介 倉科カナ 松重豊 袴田吉彦 志賀廣太郎 風間杜夫 八嶋智人 ユースケ・サンタマリア 勝村政信


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『サンザシの樹の下で』

★簡単な紹介

○公開
2011年7月9日

○上映時間
1時間54分

○スタッフ
原作:エイ・ミー
脚本:尹麗川(イン・リーチュヒン)
演出:張藝謀(チャン・イーモウ)
撮影:趙小丁(チャオ・シャオティン)
音楽:キガン・チェン(→ピンインから。間違っていたらご寛容を)
プロデューサー:張偉平(チャン・ウェイピン)、江志強(ビル・コン)

○出演
周冬雨(チョウ・ドンユイ)→ジンチュウ
竇驍(ショーン・ドウ)→スン
奚美娟(シー・メイチュアン)→ジンチュウの母
李雪健(リー・シュエチェン)→村長
成泰(チェン・タイシェン)→ルオ先生
孫海英(スン・ハイイン)→スンの父


★評

1:
よく有る悲恋物語だけど、まぁ、いいかな。

2:
張藝謀を全て観た訳じゃないけど、私が観た限りでは、色が他の作品と違います。
フィルムなのか、デジタル処理なのか、色が全体に薄い。
白黒作品をカラー化したみなたいな色になっています。

『古井戸』(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-433.html )
より時代設定が10数年前になり、文化大革命と下放の最中の設定。

『古井戸』では、ある意味、極彩色の映像でしたが、この『サンザシの樹の下で』では鮮やかさを殺し、
古さを表していると解釈出来ます。

その意図は何なのでしょうか?

3:
フェルメールの絵と同じ構図の場面が多い。
画面左側下手に窓が有り、その横に机、その机に着く主人公ジンチュウ。
その他の場面でも部屋の窓の位置は同じで画面左側下手。

光が画面左側下手方面から射して来ると言う事。

3-1:
ジンチュウがスンと出逢う時、スンは画面左側下手から現れます。
3-1-1:
2人が初めて手を繋ぐ時も、
画面左側下手:スン
画面右側上手:ジンチュウ

スンがジンチュウの生活に新たな息吹を吹き込む存在であるのが分かります。

3-1-2:
2人が一つにベッドに入る時、
画面左側下手:ジンチュウ
画面右側上手:スン

まぁ、一歩進めないね(笑)。

3-1-3:
最後、別れの場面では、
画面左側下手:スン
画面右側上手:ジンチュウ

まぁ、映像の通りデス(笑)。

3-2:
もう一つ画面左側下手に現れるのが、題名にも入ってる、
サンザシ。

2人の恋愛の絆、象徴になってます。

4:
最後の場面

4-1:
スンはアキと同じ病気になるんですが、外見大違い(@_@)。
現実にはスンみたいになるんでしょうなぁ…

4-2:
スンにかんしてアキと同じなのは、天井に貼ったスンとジンチュウの写真。



人間、誰でも考えるのは同じような事なんですなぁ…

(参考、TV版『世界の中心で、愛をさけぶ』第九話→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-category-62.html )

5:
さて、主人公ジンチュウを演じた周冬雨(チョウ・ドンユイ)。
アキを演じた綾瀬はるかと全然違い、演技にぎこちなさが無い(溜息)。

場面、状況に応じて素直に表情が変わるんだなぁ。

映画初出演だから、伸びるゼ、この若手!(^^)!。

もう一人巧いのがジンチュウのお母さんを演じた奚美娟(シー・メイチュアン)。
高学歴、知識職を思わせる事物を冷静に判断出来る落ち着き振りが見事。
公式サイトを見ると中国のトップレベルの女優の一人だとか。
納得の演技です。
(参考→ http://sanzashi.gaga.ne.jp/about/cast_staff.html )

6:
ロケ地は、
都会が

湖北省(Hubei フーベイ)宣昌市(Yichang イチャン(?)) 遠安県
例の三峡ダムが有る所だとか。

農村は、
湖北省宣昌市青龍村

サンザシの樹があるのは、
百里荒と言う景勝地

農村は日本とよく似てます。

7:
サンザシの樹の下で』は悪い作りじゃないし、
主人公を演じた周冬雨(チョウ・ドンユイ)も綾瀬はるかより遥かに巧い。
それでも堤幸彦監督のTV版『世界の中心で、愛をさけぶ』を観ちゃうと、
この手の悲恋物は、物足りません。


タグ 周冬雨 チョウ・ドンユイ 竇驍 ショーン・ドウ 奚美娟 シー・メイチュアン 張藝謀 チャン・イーモウ サンザシの樹の下で 綾瀬はるか


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

『信長のシェフ』その10

最終話

1:
と言う事で終わり。

何かねぇ…

ケン(玉森祐太)は平成に帰らず、信長(及川光博)と夏(志田未来)と共に。
瑤子(香椎由宇)も平成に帰ったと思ったら帰ってなかった。

説得力が弱い中途半端な終わり方。

★まとめ

一番の問題はケンがあまりにも簡単に食材を手に入れる事。
これでは視聴者の集中力を保てません。
非常に数少ない食材でケンの知識と経験を駆使して驚きの料理を作れば良かったんですが。

期待外れのドラマ。


タグ 玉森祐太 及川光博 志田未来 香椎由宇 ゴリ 芦名星 宇梶剛 カンニング竹山 正名僕蔵 稲垣吾郎


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『最高の離婚』その10

第十話

1:
このドラマ、男女四人が主人公ですが、誰が一番の主人公でしょか?
光生(瑛太)? 結夏(尾野真千子)? 諒(綾野剛)? 灯里(真木よう子)?
逆巻き、渦巻く感情の嵐の中で冷静さを保ち論理的に考えられ結論を下せる人物
なら、
勿論灯里。

今回も凄い事言ったもんなぁ…

>諒と結婚する。
>現実的な選択だから。
>諒は愛していない。

光生にこの事を話し、光生がなんでこんな事を僕に話すんですかと問われると、

>今は光生君の方が少し好きだから。
>それに、10年前の仕返し(笑顔で)

オマケに諒の浮気性につて光生が、もうやらない、変わったと諒が言っていたと告げると、

>ううん、人間なんて変わらない。
>いつかまたするかもしれない。

この決意と気迫、男には有りませんゼ(^_^;)。

この時の光生の驚き具合、狼狽振り、正に男の代表(笑)。
肚の座った女には、男は絶対勝てません(@_@)。

そして、灯里演じる真木よう子の表情、ん~、俺が光生だったら一生忘れられませんゼ(^_^;)。

2:
こんな具合に灯里だけ変わらない、変わろうとしない、人間は変わらないと信じています。

光生は秋葉原で、触れる系アイドルのライブ会場で「俺の人生」を見つけそう。
結夏は女優(爆)になろうとしている。
諒は勿論浮気をもうしない、灯里だけを愛していこうとしている。

さて、次週は最終話。
どうなるんでしょう?
第十話の最後まで視聴者の興味を繋ぎ止めた中々の脚本。
ここまでは、坂元裕二の脚本、良くやりました。
最後に崩れないで下さいよ。



タグ 瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛 八千草薫


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』音楽その9

第三弾

音楽の使われ方その9

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第四話その2

1:
お互いの事を思う亮司を雪穂。
1-1:
25分24秒~25分59秒
  大江町立図書館を訪れた雪穂。
  雪穂、真文にここに来たことないと言う。
♪君を照らしていたい(2曲目)
1-2:
26分丁度~27分40秒
  真文、雪穂に亮司を心配している事を話す。
  亮司、偽造キャッシュカード作成完了。
♪月光を集めて(22曲目)
→似てるけど、怪しい(涙)。
1-3:
27分42秒~28分30秒
  亮司、雪穂を会いたくなる。
  雪穂、練習場の落書きを消しに行く。
♪君を照らしたい夜に(11曲目)

…使っている曲からも二人の気持ちを強調してます。

2:
31分4秒~31分19秒
  篠塚、雪穂を車で送る。
♪君の指先(13曲目)
…指先位ちょっとした事でお互いに似ている点が有ります。

3:
33分30秒~35分37秒
  雪穂、走り去る篠塚を見つめる。
  亮司、そんな雪穂の姿を見て恋してるのに気付き、
  傷付けてやると決心。
♪影
…主題歌が入ると言う事は、重要であると言う事。
…亮司が雪穂を好きだ、大好きだとハッキリしました。

4:
36分45秒~38分40秒
  奈美江、亮司の言われるままにする。
  雪穂、亮司から紙袋を受け取り。
♪?
→この曲もサントラ盤に無し。

5:
38分44秒~39分20秒
  偽造キャッシュカードで現金引き下ろし。
  奈美江、換気扇の点検人を部屋に入れる。
♪振動が止まらない(21曲目)
…犯罪をする時の緊張感。

6:
39分27秒~40分20秒
  亮司、誰かに「じゃあ、1週間後にグレースホテルで」
  西口奈美江の死亡ニュース。
♪振動が止まらない(21曲目)
…ちょっと怒りが収まらない亮司。

7:
41分50秒~45分48秒
  雪穂を問い詰める亮司。
  理屈じゃない、しょうがないじゃん、と雪穂。
  篠塚一成。
  谷口真文。
  笹垣刑事。
  川島江利子。
  亮司と雪穂。
♪君を照らしていたい(2曲目)
…いい事も、悪い事も、あなたが好きだから。


タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『牛の鈴音』

★簡単な紹介

○公開
2009年12月19日

○上映時間
1時間18分

○スタッフ
脚本:イ・チュンニョル
演出:イ・チュンニョル
撮影:チ・ジェウ
音楽:ホ・フン、ミン・ソユン
プロデューサー:コー・ヨンジェ

○出演
チェ・ウォンギュン
イ・サムスン


★評

1:
年老いた農家夫妻とメスの仕事牛の記録映画。
撮影に3年掛かったとか。

2:
寡黙で頑固で一途な夫。
夫と老牛の文句しか言わない妻。

金銭的ではなく、体が弱ってきているために出て来る妻の小言。
苦しい状況だから文句を言って当然。
こういう時に女が文句を言わないと、その夫婦の仲はヤバい。

この老妻は文句の形でしか喋る事で出来なくなっていますが、年老いた夫の事を心配し思い遣りのある言葉を掛けています。

かなり仲のいいご夫妻です。

3:
そして老牛。
老夫妻と同じ様に体が言う事を聞かなくなっても、何とか働き二人の役に立っています。

立てなくなり、最後にやった仕事は大量の柴を老夫妻の家迄運んできた事。
冬を越すための暖房用だと思います。

4:
身を粉にして9人の子供を育て、独立させた夫妻と牛。

こういう夫妻、一見ただただ働いてるだけで趣味も何にもなく退屈そうな人生を送ってると思う人もいるでしょう。
特に思春期の方。
別にそう思っても構いません。
但し、だからと言って軽蔑したり馬鹿にしたりしてはいけませんゾ。
自分のためにだけしか生きていないからそう思うんです。
まぁ、人を愛してないと言ってもいいでしょ。

大切な事、貴重な事は大昔から単純な事なんです。

子供を育てる事。
夫婦の思い遣り。
衣食住に困らずオマケに十分な教育まで受けさせてくれた親への感謝。

以前にも他の記事で書きましたが、
「いい本とは分かり切った事を書いてある本」
この記録映画も単純で分かり切った事を表しています。

5:
ハイビジョン撮影の大変美しい空気の映像と共に、たまには育ててくれた方を思い出すには最適な映画です。

また、記録映画だけあり農業の辛さ、苦痛もそのまま描いてあり中々好ましい。

気になるのは、美しい映像。
これは両刃の剣で、実際よりキレイ過ぎる恐れがあります。


タグ 牛の鈴音

★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

『ビブリア古書堂の事件手帳』その9

第九話

1:
今回も上品な謎解き話で、良かった(^.^)。

でも、今回も少々強引な脚本で問題を解決しましたな。

今回も、決して悪くはないんですが、物足りないのも同じ。

2:
物足りなさの原因は栞子(剛力彩芽)とお母さん(安田成美)の関係を省いているからの様な気が…

来週は何やら栞子とお母さんとの対決みたい。
その前振りで今回は高坂晶穂(矢田亜希子)とお母さん(かとうかず子)の関係と葛藤をやりましたな。

このまま物足らないまま終わるか、今迄の雰囲気とは一変して最終話へ向かうか、楽しみです。


タグ 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 鈴木浩介 内藤理沙 松坂慶子 安田成美 高橋克実 水野絵梨奈 矢田亜希子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

答えようがない問い合わせ

コメントを書き込まれる方の中に、私が記事にした作品に関わる人々(役者、スタッフ、著者等)の情報を問い合わせる方がいらっしゃいます。
芸能記者でもないので、全く分かりません(笑)。
仮に分かったとしても、例えば役者なら芸能活動と個人的な事の区別が難しいので、個人情報の保護とプライバシーの尊重を考えれば、記事に出来ません。
特に一般の方がたまたま世間に知られたような場合ですと、私自身がその方について調べようが有りませんし分かったとしても公開するつもりも有りません。
(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-854.html )

ですから、個人情報に類する様な質問に関してはお答えする事は有りませんので書き込みを控えるようお願いします。
悪しからず。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : ちょっとしたこと書きます
ジャンル : ブログ

『dinner』その9

第九話

1:
料理長江崎(江口洋介)→出張調理から帰ってない!
副料理長今井(松重豊)→仕込中、ギックリ腰で動けなくなる!
肉、魚料理担当大野大樹(袴田吉彦)→営業中、ギックリ腰で動けなくなる!

メインのホウボウと羊を調理したのは、パスタ担当の武藤はづき(関めぐみ)。
スマホとタブレットを使い、途中まで江崎料理長の指示を受けながら。

そして、お客様、完食、大成功!(^^)!。

まぁ、単純な話ですが、面白かった。

2:
今回のゲスト古くからのお得意様篠崎様を演じたのが田島令子
バイオニックジェミー、登場(笑)。

3:
次週、店が借金を返せず差し押さえになるみたい(@_@)。

楽しみ、楽しみ(^.^)


タグ 江口洋介 倉科カナ 松重豊 袴田吉彦 志賀廣太郎 風間杜夫 八嶋智人 ユースケ・サンタマリア


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『世界の中心で、愛をさけぶ』その108

映画版と尾野真千子

1:
尾野真千子は現在『最高の離婚』で喜劇も出来る事を見せ、私のお気に入り女優の中でも上位五位に入ってます。
初めて観たのはおそらく『外事警察』だったと思います。
『火の魚』の方が先に作られてますが、東京地方では『外事警察』の方が放送が早かったはずです。

最近、私のブログを訪れる方で
世界の中心で、愛をさけぶ 尾野真千子
をキーワードにしている方がいらっしゃいます。



はて、出ていたかなと調べると、映画版に出ていました。
サク(森山未来)のお姉さん千恵子役でした。

2:
出て来る場面は、次の一ヶ所のみ

25分13秒~25分30秒
 →1986年、サクが帰宅した場面
  
自宅居間、足の爪を切っている

  姉千恵子「遅いぞ 女か 朔太郎」
  サク「うっせい ブス」
  姉千恵子「うっせいよ」
  
 …最初は足の爪を切るんで下を向いてるし、サクに言い返す時も奥を向くんで顔が殆ど映りません。
 …DVDの字幕で役名は「姉」
 …名前は『世界の中心で、愛をさけぶ ~Visual story BOOK~』に収録されている台本から。

3:
1カット、二言の登場ながらも、エンドロールのクレジットに名前が出て来ます。

『セカチュウ』に夢中の頃は尾野真千子を知らなかったんで、長いこと出ていた事に気づきませんでした(^_^;)


タグ 世界の中心で、愛をさけぶ 尾野真千子 千恵子 


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

『愛なんていらねえよ、夏』その58

第一弾

その7

1:
2013年3月9日(土)
グーグルで久し振りに「愛なんていらねえよ、夏」を検索すると、私のブログが10ページ目に登場。
まぁ、この辺に有れば満足です。

その途中で気になる抜粋を発見。
「アマゾンでは新品DVDboxを30万以上で売ってます」





「ホントかよお~?」とAmazonへ行ってみると、
本当でした(@_@)。

新品→\328,000
中古→\41,600~76,000

ヤフオクには中古が1点で
→\29,000

2年前、2011年年末には新品のバラ売りも品薄でしたが、最近は有ります。
それを考えると、何かねぇ、売る気が無いね、この値段は。



タグ 愛なんていらねえよ、夏 堤幸彦 広末涼子 渡部篤郎 坂口良子 森本レオ 西山繭子 藤原竜也 有吉弘行 ゴルゴ松本



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『信長のシェフ』その9

最終話

1:
2013年3月8日(土)
WBCの延長のため『信長のシェフ』最終話は休止、順延15日に同時刻に放送。

あんなアメリカ礼賛の象徴、アフリカが参加しない冬季オリンピックと同じ世界的に極端に偏向したスポーツのために休止する必要無し。

野球を嫌悪している人間がいないと思うのは無知の証拠。

サブチャンネルで放送出来なかったんでしょうか?

タグ 玉森祐太 及川光博 志田未来 香椎由宇 ゴリ 芦名星 宇梶剛 カンニング竹山 正名僕蔵 稲垣吾郎



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『最高の離婚』その9

第九話

1:
いや、すげ~…。

灯里(真木よう子)と光生(瑛太)はやけぼっくいに火が点いた。
結夏(尾野真千子)は今でも離婚した光生が好き。
諒(綾野剛)は今でも灯里が好きなんだけど、イマイチハッキリしてない。

今迄4人が隠していた恋心がバレた。
それも4人が同じ場所、時に。

こんな面白い事有るか?(笑)。

坂元裕二の脚本の素晴らしさ!

そして結夏の子供っぽい素直さ、純真さ。
演じる尾野真千子の素晴らしさ。

2:
どうやら灯里は妊娠いてるみたい。

ますます面白くなってきました。

3:
次回も絶対観ます。

タグ 瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛 八千草薫


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』音楽その8

第三弾

音楽の使われ方その8

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第四話その1

1:
冒頭~47秒
  雪穂、花に水をやりながら亮司の事を思い出す。
♪君を照らしていたい(2曲目)
…のピアノソロ。つまりサントラ盤に入ってません。

2:
1分丁度~1分33秒
  笹垣刑事、亮司の墓に来る。
  友彦、亮司に会い、花岡夕子の件の真相を知る。
♪レクイエム(12曲目)
…死に関係するもの、二つ。

3:
2分5秒~2分30秒
続いて
2分50秒~3分15秒
  西口奈美江を呼び出す。
  お誘い。
♪背徳の調べ(14曲目)
…友彦に続き、奈美江も悪の道へ。

4:
3分58秒~5分42秒
  亮司、精華女子学園短大のそばのビルに引っ越し。
  園村友彦の名前を使いWebの世界で動く。
  雪穂、精華女子学園短大入学。
  雪穂、永明大ソーシャルダンス部入部
♪白夜を行く(1曲目)
…相変わらずお天道様の下を歩けない二人。

5:
6分10秒~6分24秒
  笹垣、歎異抄を口ずさむ。
♪追跡(9曲目)
…笹垣の台詞から解釈すると、この辺から二人の、特に亮司の父親としても追い掛けている様です。

6;
6分58秒~8分41秒
  雪穂の大学生活。
  亮司、友彦、奈美江の偽造キャッシュカード作り。
  雪穂、篠塚一成に気付く。

  タイトルカット

♪君を照らしていたい(2曲目)
…お互いに密かに相手を思い遣りながら過ごす日々。

7:
8分52秒~9分5秒
  友彦、変装して偽造キャッシュカードで現金を引き出す。
♪夜の彷徨い(3曲目)
…人様の目を盗んでこそこそ生きると言うより、まだ偽造キャッシュカードに自信が無い、でしょう。

8:
10分45秒~12分49秒
  雪穂と篠塚一成の出逢い。
  永明大ソーシャルダンス部練習後飲み会、
  そこで篠塚一成の人物紹介場面。
  雪穂の好きなタイプ「レットバトラー」
  亮司、友彦、奈美江、仕事の後のビール。
  亮司の好きなタイプ「スカーレットオハラ」
♪君の指先(13曲目)
…雪穂にとっては指先が触れ合う様な小さな、しかし決定的な出逢いの瞬間。
…亮司にとっては犯罪同好会ですから、この程度の小さな触れ合いでも控えたい。

9:
12分56秒~14分18秒
  雪穂の声を聞きたくなった亮司。
  でも雪穂に不利になる点が多いから止めておこう。
♪ふたりの約束(6曲目)
…他人の振りをしていよう。

10:
16分48秒~18分20秒
  榎本宏を筆頭に怖いお兄さん達、亮司の隠れ家に登場。
♪殺人は落ち着いて(7曲目)

♪?
…本格派登場。亮司と違って落ち着いて殺人出来る方々。

11:
19分21秒~20分12秒
  ホテルに榎本宏から隠れている西口奈美江。
♪夜更け、独り言(4曲目)
…こそこそと榎本に不正送金していた奈美江。

12:
21分19秒~21分30秒
  亮司、榎本宏筆頭に怖いお兄さん達から焼き入れられる。
♪?
…また分からん音楽(涙)。

13:
21分41秒~23分5秒
  奈美江、友彦に身の上話をする。
♪不明
…どれかのピアノの部分みたい。

14:
23分40秒~24分38秒
  松浦、奈美江の扱いを亮司に教え、説得。
♪追跡(9曲目)
…榎本の手から逃れられません。

タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Micro

マイケル・クライトン(Michael Crichton)の遺稿を『ホット・ゾーン』(Hot Zone)のリチャード・プレストン(Richard Preston)が完成させた小説。

日本語訳『マイクロワールド』は早川ノヴェルズから上下二巻\1,785×2=\3,570なんて相変わらずのとんでもない値段。

1:
100分の1に縮小された7人の大学生がハワイの熱帯降雨林の中で元の大きさに戻るために死闘を繰り広げる話。
悪人達とも戦いますが、最大の敵は、虫。
ファーブルの『昆虫記』の話が続きます。

この虫との戦いが大変面白い。
やはり人間の貧相な想像力は自然界の生物と出来事には敵いません。
自然と自然科学の深さと面白さがよく分かる小説です。

2:
クライトンらしくない展開は、キス。
クライトンの小説でキスシーンって無かったんじゃない?
見ず知らずの男女の登場人物が出来ちゃうってのもクライトンらしくない。
“Congo”でも”Rising Sun”でも他の小説家なら男と女をくっ付けちゃうところをくっ付けなかったからなぁ…

3:
最後に敵役の一人が改心しちゃうのが、興醒め。
ここはプレストンが書いたんでしょう。
力不足が明らか。

4:
内容は、
デズモンド・バグリィ『高い砦』
ファーブル『昆虫記』
アジモフ『ミクロの決死圏』
マイケル・クライトン”Prey”
を混ぜ合わせたお話し。

5:
面白い話です。
特に私の様に生物学系が好きな人にお勧め。

タグ マイケル・クライトン リチャード・プレストン Micro マイクロワールド


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : 洋書
ジャンル : 本・雑誌

『ビブリア古書堂の事件手帳』その8

第八話

1:
今回も栞子(剛力彩芽)の頭の働きの良さ全開。
、で悪くないんですが、今回も何か物足りないのも同じ。

でも今回は嫌味な古書店主役に私が好きな佐野史郎が出ていたので、少しは今迄よりもいい。
佐野史郎はこういう嫌味な人間をやると、あのちっちぇー両目から「嫌味光線」を発し誠に宜しい。

2:
前回から引き続き栞子のお母さん(安田成美)が登場人物に語られました。
次回から本格的に話の中心になるのでは?
後3話しかないし、今迄伸ばし過ぎでしょう。

全体的には面白いんですが、栞子のお母さんに関しては視聴者に期待させ過ぎています。

次回以降、今迄の中弛みを解決出来るか、どうか、楽しみ楽しみ。

タグ 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 鈴木浩介 内藤理沙 松坂慶子 安田成美 高橋克実 水野絵梨奈 佐野史郎


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
43位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

村井國夫 瑛蓮 福田ゆみ 鈴木省吾 篠原篤 大倉孝二 中村蒼 平成館 東京国立博物館 稲葉天目 平岡祐太 金田明夫 坂口健太郎 鈴木亮平 八木亜希子 吉岡里帆 富澤たけし 松たか子 無線七宝 東京都庭園美術館 有線七宝 濤川惣助 並河靖之 超絶技巧 住田萌乃 木野花 シシド・カフカ ヤオ・アイニン キムラ緑子 山本未來 新井浩文 工藤阿須加 渡辺大 黒木瞳 高畑充希 佐藤二朗 芳根京子 大島蓉子 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・パオティエン リー・ウェイ 菊豆 手塚とおる 山田美紅羽 篠川桃音 風間俊介 水谷豊 桜田ひより 三國連太郎 新克利 新田次郎 緒形拳 秋吉久美子 高倉健 田中要次 柄本時生 小堺一機 野麦峠 山本茂美 女工哀史 志尊淳 ビリギャル 地井武男 森次晃嗣 原田美枝子 木下ほうか 山田涼介 川崎紘菜 土屋太鳳 新川優愛 ディーン・フジオカ 篠井英介 稲垣来泉 佐野勇斗 田中直樹 川津明日香 岩田剛典 津田寛治 秋田蘭画 解体新書 小田野直武 サントリー美術館 菱田春草 佐竹署山 江口のり子 菅田将暉 石原さとみ 本田翼 青木崇高 加賀丈史 デトロイト美術館 モネ 向井潤吉 モディリアーニ クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン 圓山應擧 根津美術館 アルチンボルド 国立西洋美術館 伊藤かずえ ブリューゲル バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 円空 出光美術館 長澤芦雪 曽我蕭白 正倉院 アメリカン・スナイパー 戦争論 小林よしのり 続・タイム・トラベラー カラヴァッジョ マネ 聖トマス ラ・トゥール 鈴木其一 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 油滴天目 曜変天目 伊藤修子 松林図屏風 長谷川等伯 油滴天目茶碗 円山応挙 雪松図屏風 藤花図屏風 曜変天目茶碗 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 市原隼人 今井悠貴 みかんの花 海の星 雲の糸 望郷 スピットファイア― メッサーシュミット ハインケル ポルト・リガトの聖母 新国立美術館 三田真央 本多力 中村倫也 佐々木心音 光宗薫 やべきょうすけ 久松郁美 満島真之介 山本裕典 東京藝術大学 宮川香山 恵順 森田藻己 朝顔図屏風 富田靖子 坂井真紀 横山歩 高畑裕太 真剣佑 寺尾聰 石井杏奈 村上虹郎 三宅弘城 滝藤賢一 松尾幸美 片桐仁 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 福山翔大 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 浦沢直樹 20世紀少年 小室哲哉 細うで繁盛記 仲代達矢 富士眞奈美 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 国立新美術館 福岡市美術館 京都市美術館 ルノワール 八木莉可子 竹内涼真 菊池風磨 黒島結菜 川瀬巴水 吉田博 赤間麻里子 滝沢沙織 小野塚勇人 林田悠作 小島梨里杏 ジュディ・オング 鈴之助 山田将之 妹尾青洸 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 風神雷神図屏風 紅白梅図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 雪舟等楊 銅鏡 ダ・ヴィンチ 拙宗等揚 伊藤若冲 ボッティチェリ 青木宗嵩 原菜乃華 橋田壽賀子 大和書房 大空真弓 石井ふく子 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 門脇麦 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 川栄李奈 徳井義美 蘭寿とむ 瀬戸康史 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 橋爪功 渡辺舞 山本耕史 松下由樹 寺田心 シャーロット・ケイト・フォックス 松田芹香 加藤清史郎 北斎 広重 東海道五十三次 保栄堂版 太田記念美術館 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 与謝蕪村 富岡鉄斎 狩野元信 池大雅 田能村竹田 青木木米 浦上玉堂 T45 F14 発艦 着艦 成宮寛貴 デューラー メラン 柄澤齊 ビュラン エングレーヴィング 町田市立国際版画美術館 Leola 濱田龍臣 藤田弓子 飯豊まりえ 西岡徳馬 松井愛莉 目黒川 高野野十郎 目黒区美術館 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 和田三造 安井曾太郎 安田靫彦 岡本太郎 岸田劉生 北蓮造 佐伯祐三 田村孝之介 中村研一 今野浩喜 野波麻帆 竜星涼 夏秋草図屏風 風神雷神図 光琳 燕子花図屏風 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 ティーチャ 富士三十六景 原安二郎 六十余州名所図会 名所江戸百景 千絵の海 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 カキツバタ 小西真奈美 佐藤直紀 白石美帆 高浮彫 暗花 釉下彩 釉裏紅 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 鞏俐 陳道明 妻への家路 カストラート チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 真飛聖 伊藤歩 甲本雅裕 鎌田敏夫 吉田羊 野村周平 品川徹 蓮佛美沙子 和久井映見 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 レンブラント 水差しを持つ女 牛乳を注ぐ女 天文学者 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 多岐川裕美 中島裕翔 平澤宏々路 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 弓をひくヘラクレス ブールデル 中村勘九郎 立川談志 宮川大輔 田邊哲人 松本喜三郎 谷汲観音像 安本亀八 生人形 当麻蹴速 野見宿禰 聖プラクセディス 聖女 植田正治 マグリット 小堀遠州 秋冬山水図 龍安寺方丈庭園 抽象画 枯山水 カンディンスキー 抽象芸術 星野源 松岡茉優 江口のりこ 蛍雪次朗 美保純 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 再販売価格維持制度 DVD ブルーレイ CD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 写楽 歌麿 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー オーウェル 1984年 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 入江長八 伊豆の長八 鏝絵 松崎町 神田沙也加 城田優 川平慈英 葵わかな 尾美としのり 西内まりや 内山理名 蔵王権現 西新井大師 冷泉家 三佛寺 藤原道長 投入堂 總持寺 山田望叶 上川隆也 大原櫻子 馬場園梓 市川由衣 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 窪塚俊介 小林涼子 山下リオ 貝桶 初音蒔絵調度 蒔絵 沈金 水上剣星 塚地武雄 歌川国芳 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 生きている兵隊 種田陽平 昭和史 石川達三 クリスチャン・ベール 半藤一利 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 松下洸平 黒川智花 中条あやみ 警部マクロード 内館牧子 宮地雅子 すぐやる課 中庸 儒教 櫻井淳子 吉本美優 桐原亮司 高杉真宙 吉田都 ロバート・ハインデル 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大乗寺 大瀑布図 相国寺 氷図 大英博物館 松に孔雀図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 封印作品の謎 安藤健二 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 丸山智己 鈴木勝大 井原剛志 相葉雅紀 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 山西惇 池津祥子 水原希子 足立梨花 近藤芳正 郷ひろみ 三遠法 大はしあたけの夕立 規矩の法 星月夜 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 藤井流星 歌川椎子 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 菊地成孔 東福寺本坊庭園 重森三玲 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ 「PIECE WISH」 OF 阿部サダオ MY 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ フェラーリ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる 椿かおり SAYUKI 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 歌川広重 岡本信人 小林正寛 村井良大 原田泰造 高橋真唯 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 柴田理恵 不破万作 安藤玉恵 古田新太 大滝秀治 長塚京三 古谷一行 狩野尚信 狩野常信 狩野探幽 仁清 乾山 狩野重信 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 ジュウ・シュン 陳坤 周迅 劉燁 チェン・コン 小さな中国のお針子 リウ・イエ 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 横山大観 山種美術館 加山又造 牧進 川端龍子 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 麿赤兒 早乙女太一 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 東京国立近代美術館 岡倉天心 グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ モォ・イエン サン・バオ 霍建起 莫言 故郷の香り 転校生 大林宣彦 団時朗 中田喜子 大谷亮介 筒井真理子 はろるど アントラーズ 鹿島 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 田辺修斗 研ナオコ 西山潤 上原陸 平愛梨 石井トミコ 藤原薫 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 内野聖陽 財前直見 井上真樹夫 中村ゆりか 浅田美代子 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 岡山天音 秋山菜津子 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 原爆の絵 平和データベース 広島平和資料館 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 故宮博物院 NHKスペシャル 翠玉白菜 アンギラス 強き蟻 矢島健一 オラトーニ シスタームーン ブラザーサン 石塚英彦 高瀬好山 アートシーン 冨木宗行 明珍 冨木宗好 自在置物 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 LiLiCo 遊井亮子 石田ニコル 三浦理恵子 没後90年 永井大 蔦の細道図屏風 松島図屏風 六平直政 中村梅雀 マイヨージョーヌ ルコック・スポルティフ デサント本社 日月烏鷺蒔絵額 村田理如 村田コレクション 白山松哉 清水三年坂美術館 あべまみ 動物農場 復活の日 ザ・スタンド 21世紀少年 蝿の王 波濤図屏風 今井雅之 刺繍絵画 自在 牙彫 薩摩焼 印籠 金工 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジェームズ・ガーナ― ジョン・フランケンハイマー イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 藤城清治 オーヴェールの教会 キェシロフスキ トリコロール 青の愛 船橋洋一 福島第一原発 原発敗戦 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 大虐殺 ピーター・ストラウス ソルジャー・ブルー キャンディス・バーゲン 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 国本圭一 狙撃 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 大木隆行 関根勤 TAKAHIRO 戦力外捜査官 有川浩 渡邉このみ 三上博史 大後寿々花 陳凱歌 チェン・カイコ― 呉天明 酒井美紀 橘らい四郎 山西省日本軍残留問題 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥村和一 今村昌平 奥崎謙三 ゆきゆきて神軍 原一男 新版画 デビット伊藤 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン 第七の封印 ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 谷中村 田中正造 棄民 栃木 足尾銅山 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 武満徹 切腹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 宮里駿 桜井美南 岩井俊二 本郷奏多 なぞの転校生 京野ことみ ミッキー・カーチス 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 チョウ・ユンファ 王妃の紋章 秋菊の物語 バラン 大怪獣 逸見東洋 種まく人 大田区立郷土博物館 石倉三郎 奥村土牛 小林古径 ジュリエット・ビノシュ コリント前書第13章 愚行の輪 小松左京 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 カイユボット ブリヂストン美術館 ケリー・マクギリス トップガン アメリカの巨大軍需産業 広瀬隆 点描の画家たち 印象派を越えて ミレー クレラ―=ミュラー美術館 ニミッツ マーティン・シーン キャサリン・ロス お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR