『心がポキッとね』その4

第四話

1:
駄目だ、私には合わん、このドラマ。
笑いのセンスは合わないし、お話も「だから何?」状態。

それでも観るのは、山口智子
若かりし時の美貌を保ち、仕事に一生懸命、恋も何とかもう一花咲かせたい中年のおばさん、静を巧く演じてるからなぁ。
少々無理をしてる静なんです。
それに不自然さが無い山口智子
見事。

もう観る気無いんだけど、山口智子の演技を観てると次回もだらだらと観続けちゃうんです。

と言う訳で次回も観るんだろうなぁ。



タグ 山口智子 阿部サダオ 藤木直人 水原希子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『特別公開 広重「名所江戸百景展」』後期展

★簡単な紹介

前期:2015年3月28日(土)~4月19日(日)
後期:4月21日(火)~5月10日(日)

東京都江戸東京博物館

HP→http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/3811/%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%80%e5%ba%83%e9%87%8d%e3%80%8c%e5%90%8d%e6%89%80%e6%b1%9f%e6%88%b8%e7%99%be%e6%99%af%e3%80%8d%e5%b1%95/


1:
行ってきました、後期展も。
今回は祝日。
だもんで、午前10:45頃到着。
今回も3回吹き曝し入場券売り場を目指す。
あの広い階段に人影無し。
「らっき~」と喜んだのも束の間。
何と、前回土曜日正午前より全然多い人間が並んでいる(@_@)。

その数、ざっと見、300人(@_@)。

ウォークマンでビートルズを聞きながら岩波文庫版『孟子』上巻を読みながら、
大人しく並び、待ちました。

ありがたい事に、吹き抜ける風が初夏一歩手前で非常に心地良かった(^.^)。
これが8月とかだったらエライ事ですよ。

20分位並んで買えました。
休日なんで働いてる時と違い時間を気にせず。
30分くらいだったかもしれません。

この入場券購入行列、帰り午後1:00頃は、何と、来た時より少なく、ざっと見、100人程。
何だ、こんなんだったらもっとゆっくり来ればよかった、
と思うのもちゃんと早く来たから(笑)。


2:
作品

2-1:
近像型
さて、今回は何点あるか、絵を見ながら、また「近像型」と呼ぶにはびみょーな物もあるので考えながら、数えてみました。
個人的な判断なのでアダチ版画だとか、渡邊美術木版画舗とかの専門家の皆様方とは違うかもしれません。
悪しからず。

次の19点。

展示番号21:芝愛宕山
展示番号35:隅田川水神の森真崎
展示番号37:墨田川橋場の渡かわら竈(=かま)
展示番号39:吾妻橋金龍山遠望
展示番号43:日本橋江戸ばし
展示番号45:八つ見の橋
展示番号51:糀町一丁目山王まつりねり込
展示番号55:佃しま住吉の祭り
展示番号61:浅草川首尾の松御厩河岸(=まつのおんまやがし)
展示番号62:綾瀬川鐘か淵
展示番号65:亀戸天神境内
展示番号73:市中繁栄七夕祭
展示番号75:神田紺屋町
展示番号77:鉄砲洲稲荷橋湊神社
展示番号81:高輪うしまち
展示番号89:上野山内月のまつ
展示番号99:浅草金龍山
展示番号101:浅草田甫酉の町詣
展示番号115:高田の馬場

2-1-1:
近像型と言っても、ぶっ飛んだ「広重型」と言う物ばかりでなく、大人しい(笑)、真面な(笑)作品も在ります。

展示番号35:隅田川水神の森真崎
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail323.html)

展示番号99:浅草金龍山
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail279.html?sights=sensoji)

遠近法に挑戦する様なマネばかりしている訳ではないのです。
「隅田川水神の森真崎」は桜の花の美しさ、視線の邪魔をする物が無く広がる風景の気持ち良さを表し、
「浅草金龍山」は雪景色の美しさ、雪の静謐さ、そして鳥居自体ではなく、鳥居に掛かる大提灯で神域を表し同時に神聖さも表しています。
厳かな雰囲気、人々の金龍山(=浅草寺)に対する思いが大変よく伝わってきます。

2-1-2:
驚天動地の才能躍如
私の様に絵画の「いろは」を知ってるとその驚き倍増、倍増、倍増、倍増、倍増(笑)。
虚を突かれ、心が一瞬消し飛ぶのであります。
プロの絵描きでなくて良かったと安堵のため息が何回も出ます(笑)。
こんな絵見せられちゃ、描き続けられんゼ。
19世紀末から20世紀初頭のパリのサロンの重鎮達は広重や北斎の傑作を見てどうしたんでしょう?

2-1-2-1:
展示番号21:芝愛宕山
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail143.html)
これ、絵の主題は神事を行う神職が持ってる杓文字か(笑)?
厳島神社のつもり(笑)?
オマケにこの杓文字で絵を縦に二分、どっか~ん(笑)。

2-1-2-2:
展示番号37:墨田川橋場の渡かわら竈(=かま)
(参考→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312273)
だいたい立ち上る煙を主題にしようとした絵なんて、他にある(笑)?
大気汚染反対、脱硫装置促進のポスターなんじゃないの、これ(笑)?
広重は当時のロンドンの石炭の排煙の被害を知っていたのか(笑)?

2-1-2-3:
展示番号43:日本橋江戸ばし
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail084.html)
これはちょっと面倒臭いので正確な割合を計ってませんが、橋の欄干で画面の三分の一を隠すとは何なんだ(笑)?

2-1-2-4:
展示番号55:佃しま住吉の祭り
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail060.html?sights=tsukudajima)
この絵は題名から分かる通り祭を主題にした絵で、どう考えても中央の神輿と担ぐ人々が主題のはずなんですが、
なんでその神輿と人々を幟でぶった切り隠すんでしょう(笑)?
オマケにこの絵でも幟で絵を縦に二分、どっか~ん(笑)。

2-1-2-5:
展示番号77:鉄砲洲稲荷橋湊神社
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail065.html)
竹竿を二本も立てて何をしたいんだ(笑)?
絵の中ではこういう物は強力で、画面左の竹竿は富士山の稜線をぶった切っています。
そこで富士山の存在感をかなり弱め、竹竿と竿を支える二本の綱で富士山の代わりの「富士山」型を作ってます。
その「富士山型」竹竿の根本は隅田川、そこに浮かぶは米俵を満載した船、船。
そして河岸には蔵、蔵、蔵。
ほ~、ここまで見ると分かってきました。
この絵、富士山を眺め広大な江戸の町並みを楽しむ絵ではありません。
設定された季節は秋ですから、五穀豊穣、人々繁栄を願った絵なんです。

2-1-2-6:
展示番号81:高輪うしまち
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail179.html)
「どひゃぁ~」な絵(笑)。
こんな単純な風景画の中に大八車を入れ見る人々の意表を突く絵。
大八車の車輪は絵の中で強力この上なく、二匹の子豚の如き子犬の存在感を見事に半減(笑)、
普通の子犬にしている、つもりか(笑)?
いや、どう見ても子豚、ミニ豚じゃないか(笑)。
まぁ、そんな戯言を考えさせる程この大八車は強力なんです。
画面左手の虹はこの大八車を画面上でバランスを取るための脇役にすぎません。

2-1-2-7:
展示番号89:上野山内月のまつ
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.089.jpg)
こんな松、あるはずねーだろー、
と思ったのは19世紀末の白人も現代の私CYPRESSも同じ。
し、か、し、だ皆の衆。
あるんだ(@_@)。
上野経済新聞の記事↓
http://ueno.keizai.biz/headline/1241/

何もゆー事はありません(笑)。

2-2:
天才の凄味。
天才の恐ろしい程の能力。

近像型で数々のぶっ飛んだ才能を見せた歌川広重
そのもう一つの才能の面を示した一枚が在りました。
それもぶっ飛んだ絵を何枚も示した連作の中に入れました。
広重の伝記や研究書を読んでないので確かなことは分かりませんが、
広重自身は間違い無く近像型の画面構成、構図は絵を壊す事を知っていたに違いありません。
そして自身には絵を壊さずに近像型の作品を作れる才能がある事も知っていたに違いありません。
それを示した、実証した作品が、

展示番号75:神田紺屋町
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail023.html?artists=utagawa-hiroshige-1)

近景の藍染した浴衣生地を何枚も描き、他の近像型に見られる中景と遠景の殆どを見せず殺しています。
特に画面右半分は完全に消し、近景の浴衣生地を強調し、
左半分は小さく描き無理なく遠近感を出しています。
左半分から進む視線の流れは右半分の浴衣生地のおかげで遮られ画面の外へ流れず、「ん?何だ」と画面内に留まり、
浴衣生地の垂直線に沿って動くとそこには版元魚栄(=ととえい)の一文字「魚」。
「魚」の行列。
版元の宣伝を無意識に読まされているのです(笑)。

近像型で絵を壊さない秘訣は、強調した近景の背後に中景と遠景を描かない。
ここまででも脱帽ですが、オマケにその近景に版元の宣伝までする頭の働き具合。

圧倒的な実力、
天才とはこういう能力を言うのです(溜息)。

2-3:
気になる作品。

2-3-1:
展示番号33:四つ木通用水引き船
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.033.jpg)
この用水、解説のよると絵と違い真っ直ぐだったとか。
どこが気になるかと言うと、画面左側ほぼ中央、右に向かって三角形の濃い墨の部分。
かなりおかしい。
この濃い墨の三角形が用水の曲がり具合と一致してます。
はは~ん、分かりましたゾ。

画面の中の垂直線や水平線は動きが無いんです。
単なる直線でも斜めにすると動きが生まれるように人間の目には見え、関心を捉えるものなのです。
だから写真で「物撮り」をする時、物を斜めに置いて撮ります。
特に広告では、まず人に見てもらわなければ何事も始まらないので絶対動きを感じさせる構図や構成にします。

この「四つ木通用水引き船」では、用水を蛇行させ絵に動きを与えました。
更に絵に「関心獲得力」を加えるために、今度は明度に強弱を加えました。
それが用水右岸の薄い黄色の道と画面左側の濃い墨の「三角形」です。
「三角形」から違和感、わざとらしさを減らすために形を用水に合わせ三角形にしたんです。

ん~、だからと言って巧いとは言えん。
かなり強引。
広重でも苦し紛れでこういう事をするんだ(笑)。

2-3-2:
展示番号59:両国橋大川ばた
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail117.html)
これ、広重とは思えない色使いをしています。
それは、お馴染み、べろ藍。
重たく強い色なので大変注意深く広重は使っています。
例えば、川を描く場合、
絵の一番下に入れるか、一番下にならなくても河原等を描き重さを分散させ感じさせないようにする、
などしています。

ところがこの絵では大川の川岸沿いに入れているのですが、
画面上、その下に両国の露店とそこの集まる人々があり、完全に押し潰しています。

これはおかしい。
実に変です。
色のバランス、特に明度のバランスが悪く、絵を壊しています。
広重は何も考えずこんな色使いをするはずありません。

では、広重の意図を考えましょう。
大川に負けぬ両国の露店と江戸の人々でしょうね。
現代の隅田川と当時の大川の恐ろしさは違うのです。
気象衛星と天気予報の無かった時代ですから、川を初め自然は遥かに恐ろしかった。
こう考えると広重の意図も納得。

2-3-3:
展示番号58:大はしあたけの夕立
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.052.jpg)
前期後期共に展示されたのは、他に「亀戸梅屋鋪」、「亀戸天神境内」位。

改めて、と言うかもう一度見ると、やはり、墨線の細さと鋭さは、「名所江戸百景」の中でも随一。
木版ではなく、一枚一枚ペンで描いたかの様であります。
彫師と摺師の腕前に感嘆。
やはり傑作です。


3:
まとめ

やはり素晴らしい(笑)。
まぁ、当然か(笑)。

それでも大したことない絵も少なくはありません。
広重の絵心を刺激しない風景と題材だったのでしょう。
おそらく、人の「匂い」や「存在感」を感じない風景だったのではないでしょうか?
単なる田園風景、そんなもんに関心が無かったのかもしれません。
それはそういう風景を見慣れた当時の人だったからで、逆に現代の我々が退屈な田園風景を見るといかに心休まるか、
視線を遮る悪く目立つ人工物ない風景がいかに目に心地良いか、感動しきりだったかもしれません。
この点のことは、石川英輔が書いた『大江戸神仙伝』初め『大江戸シリーズ』で主人公速水洋介が何度も経験しています。

また、花見を初め物見遊山を題材にしても、どうも行楽や娯楽とは見えません。
それぞれの行楽の名所でも人出の少なさが我々現代人には、残念ながら不自然に写ってしまします。
まぁ、幕末の江戸市中の人口は100万人程度だったらしく、現在の東京都だけでも1,300万人もいるんで当然と言えば当然。
逆に、速水洋介が体験する様に行楽地でもない極普通の市街地、田園でも美しかったのでしょう。


4:
オマケ
常設展E3-1
ここに広重の「亀戸梅屋鋪」の版木と摺の見本があります。
この絵は15回摺ったそうな。




タグ 広重 名所江戸百景 石川英輔 大江戸神仙伝 神田紺屋町 大はしあたけの夕立




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ようこそ、わが家へ』その3

第三話

1:
面白くなってきました(^.^)。
「名無し君」、徐々に倉田家へ深く進入中。
電話番号はともかく、家の鍵を入手したとはただ事ではありません。

2:
ナカノ電子部品の間瀬部長(竹中直人)、とんでもない情報収集力有り。
西沢摂子(山口紗弥加)がシルビアとしてキャバクラで働いている事まで知っている(@_@)。
子飼いの何でも屋部下がいなきゃ不可能。

3:
それにしても、「名無し君」は誰だろう?
今回はヒントがあります。
倉田家の家の鍵を手にする事が出来た人物。

これだけじゃ分からんゼヨ(笑)。

4:
次回も観ます。



タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 高田純次 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『天皇の料理番』2015年版 その1

第一話

1:
『心がポキッとね』が面白くないんで、その代わりに観てみるかと観ると、
まぁまぁかな。
気になるのが、音楽のうるささ。
何で映像作品なのに音楽に頼るんだろう?
主人公秋山篤藏を演じてる佐藤健、音楽で補わなくちゃいけない程下手じゃありませんゾ。

この手のドラマの課題はただ一つ。
料理を描けるか、それだけ。
第一話を観ると、やはり、弱い。
これが日本の演劇界での料理の限界だね。
芝居や映画やドラマで一生の仕事を決める程の感動をしたから、
役者も製作陣も芸能界に入ったんだろうけど、
同じ位料理で感動したことある芸能人、特に監督、脚本家、プロデューサーはいるんだろうか?


2:
とりあえず次回も観ますか。



タグ 佐藤健



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『アルジャーノンに花束を』2015年版その3

第三話

1:
ん~、いいじゃん(笑)。
純真、純情な咲人(山下智久)。

でも、相変わらず一生懸命演技してんのが両肩の上に乗っかってますゼ、山下智久クン(溜息)。


2:
今回は2.5回も(笑)夕方が出て来た。

2-1:
1回目は梨央(谷村美月)がパパの別荘へ咲人、檜山康介(工藤阿須加)、柳川隆一(窪田正孝)、小出舞(大政絢)を誘い出掛けるシークウェンス。
その中で、梨央は咲人と浜辺(!)を歩く時が、夕方。
梨央は咲人は今のままでいいと言う。
すると突然崩れ落ち、咲人が誰だか分からなくなる。

2-2:
0.5回目は(笑)、その次のシークウェンス。
梨央はこのままでは脳が委縮し、遷延性意識障害(=せんえんせいいしきしょうがい)=植物状態になる(@_@)。
梨央の父親は河口玲二(中原丈雄)、興帝メディカル産業社長。
興帝メディカル産業は、蜂須賀大吾(石丸幹二)が所属する脳生理科学研究センターのスポンサー。
その治療のために、臨床試験の第一弾として咲人を手術すると蜂須賀大吾。
この事実を知った望月遥香(栗山千明)。

絶望した遥香はセンターを後にしようとすると、咲人が追いつき遥香をだっこし、遥香の胸に掌を当て言葉に出来ない思いを告げます。
この時が、夕方と言うにはちと早過ぎる時間の光の色。
なので「0.5」回なんです(笑)。

2-3:
そして最後の場面。
遥香がいないので手術を拒否し、遥香を探しに脱出(@_@)。
そして、遥香のアパートに着いた時。
ここでは咲人が遥香が一番好きな女の子だと分かったと告げます。

2-4:
2回共、咲人の純真さ、純情さを二人の登場人物が視聴者に伝える場面です。
そして、咲人の純真さ、純情さが失われると暗示する場面でもあります。
夕方は「終わり」と「変化」を象徴するものだからです。

「0.5」の場面は(笑)、母親(草刈民代)初め女性に自分の思いが伝わらないのが終わり、伝わった事を示しています。

2-5:
更に、梨央と咲人が浜辺を歩く場面は、海ですから「始まり」や「出発」を象徴してます。
梨央と咲人には新しい事が始まると暗示しています。


3:
さて、遥香がいないために手術室から逃走した咲人。
咲人が出てくる場面で高度医療研究センター病院の外は橋の上と遥香のアパート。
橋は「変化」や「決心」の肯定と否定の両方を表します。
渡り切れば肯定的で「変わる」や「決めた」。
渡り切らなければ否定的で「変わらない」や「決められない」。

このシークウェンス、この連ドラの前半でおそらく最も、一番、最高に、重要です。

咲人は橋の上で人とぶつかり倒れます。
大きな問題に直面し、自分で決定しなければなりません。
ドラマの中では橋の上のカットから遥香のアパートのカットに直ぐ変わり、
咲人が橋を渡ったのか、渡らなかったのか、自力で渡れたのか、それとも誰かの助けを借りたのか、
何も分かりません。
つまり、咲人は遥香が一番好きな女の子であると自覚しましたが、その思いを伝え、また会いたいと思っても、
自力で遥香のアパートまで辿り着けたかどうかは不明のままです。
「決心」は出来たとしても、自分の現状を「変化」出来たかは分からないのです。

これは前回第二話の冒頭、
花屋の配達で隆一が康介に咲人が一緒ならナビいらないだろうと言い、
実際に咲人は次々と道の指示を康介にしますが、目印にしていたタバコ屋が無くなと途方に暮れるシークウェンスと繋がっています。

つまり、咲人は、ひょっとすると、前回第二話と違い自分で遥香のアパートまでの道を発見出来たかもしれないと暗示しています。
と言う事は蜂須賀大吾達の検査でも発見出来なかった知能の進歩が見られたかもしれない、
脳の手術は不要かもしれない、と捉えられるのです。
その原因は、勿論、咲人の遥香への恋心、愛情です、と思い込みたいのが視聴者(笑)。
私はどう思うか?
はい、そう思いたい(笑)。


4:
こんな感じで嵌りつつあるCYPRESSです(笑)。
話の筋は分かってますが、それでも次回が楽しみ(笑)。




タグ 山下智久 草刈民代 工藤阿須加 窪田正孝 石丸幹二 中原丈雄 栗山千明 谷村美月 大政絢



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その3

第三話

1:
恋愛に付き物のドロドロ風に成ってきましたゾ(笑)。
他人の恋愛はこうでなくちゃ(笑)。
そうじゃないとドラマにならん。

登場人物のドロドロ関係はHPの人物相関図をご覧あれ
http://www.fujitv.co.jp/ishitachi_no_renaijijou/chart/index.html

仁志祐介准教授(井原剛志)と市川友子(板谷由夏)を更に接近させるために、
仁志の代わりに白石久仁子(床嶋佳子)を教授代理にする。
それ以外の何物でもなし。

千鶴医師(石田ゆり子)の目の前には元婚約者柏木誠司(鶴見信吾)が入院患者として表れる。
これは晴樹医師(斉藤工)の心に大波(笑)を立てる目的以外の何物でもなし。


2:
ドラマとか映画は人間の覗き趣味を満足させるもの。
この連ドラをこれを十分満たしています。
私も趣味が悪い普通の人間の一人。
だから次回も観ます(笑)。



タグ 斉藤工 石田ゆり子 金田明夫 平山浩行 相武紗季 床嶋佳子 板谷由夏 鶴見信吾 井原剛志 生瀬勝久



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密』前期展

★簡単な紹介
根津美術館
2015年4月18日(土)~5月17日(日)
(展示替えがあるので、
前期:4月18日(土)~5月3日(日)
後期:5月4日(月)~5月17日(日))

HP→http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html


1:
1年振りに根津美術館へ。

今回も地下鉄表参道駅から歩いて行ったのですが、国道413号(=みゆき通り)の歩道の狭さには閉口(溜息)。
歩行者の多いこと、多いこと。
歩行者の量と歩道の大きさが全く合っていません。
原宿の駅から表参道交差点までは歩道の広さは広いのですが、そこから先の狭さ、非常に不快、不愉快。
何とか拡幅出来んのかね?

オマケに帰りは光琳と俵谷宗達の素晴らしさに日常感覚が麻痺し、原宿駅まで歩いたアホさ加減(笑)。
ポール・スチュワートとかラルフ・ローレンとか寄り道していっても、人出の多さは変わらず。
原宿、青山の人気にウンザリしながら改めて納得したアホでした(笑)。


2:
とは言っても、お昼前に根津美術館自体の人出は入場券待ち行列10人程で安心(^.^)。
帰りは1時半頃でしたが、20人位でそれ程混んでいませんでした。

この季節の根津美術館庭園の呼び物カキツバタは1分咲きと言った程度(4月25日(土))。
それでも心地良い風が吹き渡る庭園をそぞろ歩くのは都会とは思えぬ贅沢な時間でした。
庭園の美しさと心地良さは1年前と変わらず、ま、当然ですナ(笑)。

今回は敷地内の根津カフェでお昼にしようかと思っていたのですが、
お昼前には既に席待ち行列が出来ていて諦めました。


3:
展示作品

3-1:
展示番号6:紅白梅図屏風
尾形光琳

参考、MOA美術館のHPから→http://www.moaart.or.jp/collection/japanese-paintings54/

今回の目玉がこれでしょう。
わざわざ熱海まで見に行く気力が無いので、今回の展示は非常にありがたい。

静かな絵です。
非常に上品な絵です。
圓山應擧の『藤花図屏風』の様な強力な魅力を持った作品ではありませんが、
かなり目立ち視線と関心を捉える絵です。
その理由は中央の水流。
流れの波紋の表現が意標をついています。
派手と言うのではなく、関心と美しいものを求める心の本能的な傾向を捉える絵です。
意匠化、デザイン化、これが大変素晴らしい。
更に色がいい。
他に類を見ない個性的、斬新な意匠を用いたので色で主張する必要がありません。
色は黒と茶(でいいのかな?)。
これ、ルイ・ヴィトンのモノグラムと同じ色使いと構成じゃん(@_@)。
模様は19世紀末、日本の家紋から考え付いたらしいですが、色はどうなのでしょう?
まぁ、人間だから同じ様な物を考え付いたのでしょう。

そして左右の紅白梅。
たらし込みによる幹と枝の表現は抽象的、意匠的ですが写実の範囲を超えていません。
この点は実に見事。
光琳はじめ琳派はこの手の幹に緑青で苔を加えるんですが、これが中々現実感がありいいんです。
近付いて右隻の紅梅をよく見ると、おや、根本から上、真ん中位までは人の両脚と下半身の様な形。
光琳が意識的に描いたかどうかは、当然ながら不明。
左隻の幹は大部分を描かず、画面左側の外へと視線を流し、画面上から枝を下へ向かわせ視線を画面内へ戻します。
それから枝は再び上へ向かい、右へと流れます。
この視線の誘導は、それ程強くなく、あまり意識しているとは思えません。
それだけ中央の流れの描写が強いからです。
次は梅の花。
白と紅。
この左右の屏風の中で色らしい色と言えるのは梅の花の色だけです。
これも目立ち過ぎることもなく、花がもつ美しさを伝えます。

全体は300年の年月を経て、間違い無く出来た当時より鮮やかさが減っているはずです。
金箔の反射が減り巧い具合に派手さが消され、落ち着きが300年前より出ているのではないかと思います。
そして写実表現の範囲内での意匠化の巧さ、その頂点に立つ作品に間違いありません。
写実の範囲内で光琳が思う存分遊んだ作品、と言ってもいいでしょう。
「光琳デザイン」の頂点の一つです。

一つ気になるのは、近付くと分かるのですが痛みが目立ちます。
左隻下部、流れに絵具の剥落が目立ちます。
何とか修復して欲しいものです。

3-2:
展示番号5:燕子花図屏風
尾形光琳

参考、根津美術館のHPから→http://www.nezu-muse.or.jp/jp/collection/detail.php?id=10301

独特のリズム感があり、目に楽しい絵です。
意匠化や遊び心と言った点では、この絵ではあまり意図してないのは間違いないと思います。
花の群青と葉の緑青だけでも視線を奪う美しさ、それを堪能するための作品だと思います。

3-3:
展示番号14:扇面散貼付屏風
俵谷宗達

参考→http://www.museum.or.jp/modules/topics/?action=viewphoto&id=635&c=4

これには、驚きました。
秋草を中心にした風景画とも言える絵を描き、その上に、何と、扇を10も描いているのです(@_@)。
それを写実表現で描写。
シュールレアリズムの如き絵画。
扇屋の広告と言われても、誰も違うとは言わんでしょう。

こんな絵、描く人がいるんだぁ、と圧倒されました(笑)。

この絵には二つの物が、それも二律背反が存在しています。
現実感と非現実感。
日常と非日常。
写実と抽象。
対比の美と面白さ。
対比に魅力に満ち溢れた絵です。
素晴らしい絵です。
これも西洋美術を笑い飛ばす絵です。

宗達の才能にやられました(笑)。
絵画と芸術の広さ、深さに圧倒されました(^.^)。

今回展示されたのは、右隻だけで、
左隻は5月4日(月)~5月17日(日)に展示されるとか。
絶対もう一度見に行きますゾ。

俵谷宗達、スゲー絵師です。
発想力とか感性が並の絵師とは違います。


4:
こんな感じで満足した展覧会でした。
そして俵谷宗達の「扇面散貼付屏風」の左隻、光琳の「孔雀立葵図屏風」が5月4日(月)から展示されるので、
もう一度絶対行くゾ(笑)。



タグ 尾形光琳 燕子花図屏風 紅白梅図屏風 俵谷宗達 扇面散貼付屏風




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その2

第二話

1:
大島優子
この方、女優として一歩前進中(^.^)。
それを今回も目撃(笑)。

バクちゃんを巧く演じています。
表情を殺し、瞬きを抑え、溢れる憎悪と怒りの右眼。
非常にいい。
大島優子の代表作になりそうです。

道化役の三ヶ島翔を演じる北村一樹とのバランスが大変いい。


2:
脚本も冷静な警察物の中に思い遣りが巧い割合で入り、安心して観ていられます。


3:
最後まで観ます。



タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 田中哲司 遠藤憲一 名取裕子 でんでん




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その3

第三話

1:
予想よりも春太(阿部サダオ)と静(山口智子)が元夫婦だった事がバレました。
心(藤木直人)とみやこ(水原希子)も含む4角関係の始まり。
ゴタゴタ、モヤモヤのラブコメの始まり。


2:
最後まで観ていられるんだけど、観終わっても何も心に残らないんだなぁ…
役者は山口智子阿部サダオを筆頭に悪くないんだけど。

次回からラブコメになりそうなんで、観ます。



タグ 山口智子 阿部サダオ 藤木直人 水原希子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その20

その2
分析と解釈


第三話
その3

1:
最初の方、美桜(竹内結子)からケータイで呼び出され、アパートへ行くとカレーが待っていた場面。
英治(香取信吾)は出掛ける前に白いガーベラを一輪選びます。
美桜のアパートのカットになるとやたらとこの白いガーベラを目立たせます。

更に最後の渋谷で私を探して大作戦でも出ます。

花言葉を調べると、
希望、常に前進、辛抱強さ、神秘
(→http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_251.html)
神秘的な美しさ、悲しみ、希望、神秘、究極の美
(→http://hanakotoba-labo.com/6ka-ga-bera.htm)

へぇ~、やっぱり「辛抱強さ」だな(笑)。


2:
最後の渋谷で私を探して大作戦、渋谷の昼間のロケですよ、あ~びっくら(@_@)。
それも、香取信吾がハチ公前交差点を駆け足で渡る(@_@)。
竹内結子も街中をうろうろしてるし(笑)。

こりゃ、スゲ~(@_@)。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ようこそ、わが家へ』その2

第二話

1:
まぁ面白い。


2:
さて、今回の「領収書デカ」こと西沢摂子(山口紗弥加)。
平井課長(戸田昌宏)への問い質し方、全然ダメじゃん(溜息)。
あんな真実だけを強要したら本当の事を言うはずなし。
平井課長の事情とかを全く考えていません。
西沢摂子は30代後半の設定ですから、今回の高校生の様な世間知らずの正義感振りはするはずありません。
こんな事を言わなければおかしい。

「平井課長にも何か事情とか、問題があったのではありませんか?
でなければこのような横領紛いの架空請求など平井課長の様な真面目な方がするはずありません。
その辺に事も話して頂ければ、社長も心の広い方です、決して悪い様にはしないと思います。
この倉持部長(寺尾聰)も口添えしてくれるとお約束します。」


3:
今回の様な欠点を続けると、自爆しますゾ、このドラマ。
次回も観ます。



タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 戸田昌宏 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『特別公開 広重「名所江戸百景展」』前期展

★簡単な紹介

前期:2015年3月28日(土)~4月19日(日)
後期:4月21日(火)~5月10日(日)

東京都江戸東京博物館

HP→http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/3811/%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%80%e5%ba%83%e9%87%8d%e3%80%8c%e5%90%8d%e6%89%80%e6%b1%9f%e6%88%b8%e7%99%be%e6%99%af%e3%80%8d%e5%b1%95/

名所江戸百景」をまとめて見られるのはここ数年無かったので喜び勇んで行ってきました。
ただし、HPには前期と後期については明示してません。
前期の終わり間近にまず行ってきました。


1:
JR両国駅に降りたのは、数十年振りだと思います。
この駅は何と言っても大相撲と両国国技館ですよ、ハイ。
構内改札口手前には横綱白鳳の巨大肖像画や歴代横綱の手形のコピーが在り、中々良い雰囲気であります。

土曜日のお昼前に行くと、3回の吹き曝し入場券購入待ち行列は5人程。
帰り午後1:30頃には、これが200人程になり、1階のミュージアムショップ横でも100人程並んでました。
「大関ヶ原展」のおかげで、こちらは入場制限してました。


2:
HPには展示替えがある事は書いてありますが、期間が書いてません。
展示作品も浮世絵は全部で139点。
ほぼ半数が展示替えされます。

入場料は\600と常設展の料金で見られますが、前期後期両方見ると\1,200。
ん~、何か納得いかん微妙なお値段。

でも広重だから全部見たい、2回行くゾ(笑)。

3:
展覧会とか展示法とかに文句は有っても、作品自体に文句があるはずありません。
天才でありますから。

天才の作品ですから、「素晴らしい」に類した形容詞しか書いていませんので、そのつもりで(笑)。
別に提灯持ちのつもりはないんですが(笑)。
でもそうしてしまう実力が未だに衰えないのが広重大先生であります(笑)。


3-1:
これだけ本物が揃ったのは初めて。
まず目に付くのは、色の鮮やかさ。
19世紀後半、初めてヨーロッパの白人が見て驚いたのを容易に想像出来ます。
オマケに多色摺りの版画なんて当時の欧米に無かったからねぇ~。
その技術、特に「見当」には驚いた事でしょう。

色では、やはりべろ藍が一番目立つし、だからと言ってべろ藍を目立つだけにしない色使いと構図の巧みさ。

構図はこれだけ見ると、直線的なジグザグ型が多いのが発見でした。

では、全作品に書くのは面倒臭いから(笑)、
印象が強かった物を、

3-2:
有名どころから、
展示番号30:亀戸梅屋舗
展示番号58:大はしあたけの夕立

3-2-1:
展示番号30:亀戸梅屋舗
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail348.html?sights=umeyashiki)

私が好きなファン・ゴッホが模写して日本では超有名になった作品。
近景の梅の幹のボカシ具合が非常に美しく、巧い。
19世紀後半の白人はこの幹のボカシを見ただけでも非常に驚いたでしょう。
琳派のたらし込みで表現する幹の効果も素晴らしいですが、この木版でのボカシ具合も美しさを強調する点で大変素晴らしい。

3-2-2:
展示番号58:大はしあたけの夕立
(参考、国立国会図書館のHPから→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312294)

これもファン・ゴッホが模写し超有名になりました。
天才ファン・ゴッホが気に入るだけあり、この絵も素晴らしい。
この絵、本物を見た方なら納得出来ると思いますが、非常に不安定。
見続けるとくらくらしてくる程です。
こんな不安定な絵、白人は描こうとさえ思った事無いでしょう。
広重が天才と言われる所以は、この大胆な発想を実行出来る点にあるんです。

夕立だけなら、こんな不安定な構図は必要在りません。
では、なぜ?
夕立と仲良し(笑)雷が落ち、火災が発生する恐れですな。
江戸の街は火災だけではなく、大火が多かったのでその恐怖ですよ。
その犠牲になるか、ならないかは大川の彼岸と此岸の差かもしれません。
だから急いで橋を渡ってるのです。

もう一つは、台風の恐怖。
それに台風や高潮による洪水の恐れもあります。
夏の雨から台風の恐怖を当時の江戸の人々が直ぐに連想したでしょう。
現代の東京とは違います。

当時の自然に対する恐怖、これが非常によく、痛い程伝わってくる不安定な構図です。

また、夕立の強い雨脚を表す無数の墨線、これも素晴らしい。
その細さが鋭さを際立たせ、非常に効果的です。

大変素晴らしい絵です。

3-3:
近像型

3-3-1:
展示番号35:真崎辺より水神の森内川関屋の里を見る図
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail459.html)

これ、何が主題なんでしょう(笑)?
こんな構図と画面構成、絵画的常識を笑い飛ばしとります(笑)。

私の様に少しでも絵の基本を知ってると、ビックリを通り過ぎ笑顔になる絵です。

3-3-2:
展示番号52:赤坂桐畑
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail123.html)

画面構成上、最も近い桐の木で画面を縦に真っ二つにするは、
絵の主題が桐の木なのか、風景画なのか、常識を吹っ飛ばす怪作、傑作(笑)。
もおぉ~、広重の発想の大胆さとそれを作る実行力、そんな絵を許す版元魚栄(=ととえい)。
こういう絵を見てると、白人の描き続けた絵は退屈で興味を失います。
こういう絵に敵うのは、白人だとファン・ゴッホだけだなぁ、個人的には。

3-3-3:
展示番号72:はねたのわたし弁天の杜
(参考、国立国会図書館のHPから→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312308)

この絵の主題、舟をこぐ人なのか、羽田の弁天様なのか、
そんな事を笑い飛ばす素晴らしい画面構成の絵。
広重の才能に圧倒されればいい、それだけ(笑)。

3-3-4:
展示番号80:金杉橋芝浦
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail151.html)

風景画なのか、幟を描いた商品見本の絵なのか(笑)?
大胆不敵の絵師、広重
天才!

3-3-4:
展示番号86:四ツ谷内藤新宿
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail182.html?sights=naitoshinjuku)

私が広重の才能に驚いた最初の絵がこれです。
馬の後姿を描いた絵なんて、誰が描こうと思いますか(笑)?
しかも前後の両脚だけですよ(笑)。
オマケに小さいながら馬糞まで描く写実描写(笑)。

最初に見たのは、30年前か40年前か、何年前かは覚えてなくても、
その時の驚きは今でもクッキリと記憶に刻み込まれています。

驚天動地の才能です。

こういう天才が同じ日本人にいると日本人として大変誇らしい(^.^)。

3-3-5:
展示番号94:真間の紅葉手古那の社継はし
(参考、国立国会図書館のHPから→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312330)

これ、いちおー、風景画なんです(笑)。
それなのに、何で画面中央を近景のモミジの葉っぱで隠すんだろう(笑)?
オマケにこれを描いた時、60歳ですよ、60歳(笑)。
現在の60歳の画家でこんなぶっ飛んだ構図の絵を描ける画家はいないだろうなぁ(溜息)。

「天才」と言う形容詞を私がこのブログで殆ど使わないのは広重や北斎がいたからです。

3-4:
不安定構図
こんな絵描く絵師、お茶目な広重以外いないなぁ(笑)。
私が見た限り、北斎でもこういうある意味アホな(笑)絵は描いていません。

3-4-1:
展示番号70:中川口
(参考、国立国会図書館のHPから→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312306)

これ、画面左上の川の描写がおかしい。
参考映像を見て頂くとわかるんですが、川の水が溢れそうだしそこにいる猪牙船(=ちょきぶね)が手前、見ている人の方に落ちてきそう(笑)。
ところがもう少し絵に近付いて見ると、その川の上に霞が掛かっていて、その霞が無ければそうは見えない、思えないんです。
つまり、この画面構成、見ている人の関心を掴んでこの絵「中川口」をもっとよく見てもらおうとしてるんです。
こーゆーのを、お茶目と言うんです(笑)。

やられた(笑)。
天才です、広重は(笑)。

3-4-2:
展示番号78:鉄砲洲築地門跡
(参考、国立国会図書館のHPから→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail053.html?artists=utagawa-hiroshige-1)

この絵では、後景の築地本願寺が大き過ぎ、明らかに遠近感が狂ってます。
しかし、この絵も「何でだ?」ともう一度見直すと、築地本願寺の手前にある霞のおかげで遠近感が狂ってる様に見えているだけなのが分かります。

またしても広重の思う壷の嵌ったCYPRESSです(笑)。

広重、お茶目(笑)、最高(笑)、大好き!(^.^)。


4:
天才の圧倒され続け、あーだこーだと書くつもりはないけど…、
書いているか(笑)。
構図や色使い、画面構成の分析、こーゆーのはやる気が起きません。
面倒臭いから(笑)。

ただ、今回気付いたのは、べろ藍で水を強調してる事。
川岸両岸に使い際立たせたり、水流の中央に使い川の流れを強調してます。

その理由を考えるのが面倒臭くなる、それが天才の実力であります(笑)。


5:
この展覧会で気になったのは、説明の中で「ベロリン・ブルー」と書いてある事。
「べろ藍」でしょう、浮世絵なんだから。
カッコつけただけのカタカナ表記は非常に醜い。


6:
後期展も絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、行くゾ(笑)。





タグ 広重 名所江戸百景 江戸東京博物館




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その1

★簡単な紹介

○放送
2015年4月16日~6月18日
木曜日 午後9:00~9:54
TBS系
全10回

○スタッフ
脚本:櫻井武春
演出:堤幸彦、加藤新、坪井敏雄、白石達也
撮影:斑目重友
Bカメ:池田英孝
照明:山口泰一郎
音楽:fox capture pro、武内亨
プロデューサー:植田博樹、伊藤雄介、楠千亜紀(オフィスクレッシェンド)

○出演
大島優子……………永光麦秋、警視庁組織犯罪対策部第三課、暴力団離脱者電話相談室、通称“足抜けコール”担当。通称“バクちゃん”
北村一樹……………三ヶ島翔、警視庁組織犯罪対策部第三課、暴力団離脱者電話相談室、通称“足抜けコール”担当
勝地涼………………佐野直道、暴力団追放運動推進都民センター、通称“暴追センター”暴追アドバイザー

本田翼………………永光遥、麦秋の妹、有留医院看護師
宮武美桜……………永光さくら、麦秋の妹
名取裕子……………永光由美子、麦秋、遥、さくらの母親

山口紗弥加…………有留章子、有留医院医師

田中哲司……………石山博文、警視庁組織犯罪対策部第三課、暴力団離脱者電話相談室、通称“足抜けコール”室長
庄野崎謙……………東条剣、警視庁組織犯罪対策部第三課、暴力団離脱者電話相談室、通称“足抜けコール”担当
岡田浩暉……………水原公樹、警視庁組織犯罪対策課第四課(=マルボウ)、刑事

山口馬木也…………谷川永徳、警視庁警務部人事課課長

金すんら……………水田千一、関東貴船組若頭、水千組組長
坂田聡………………藤田喜一郎、関東貴船組構成員、元久瀬組構成員
遠藤憲一……………橘勲、関東貴船組六代目組長




★評

堤幸彦監督は好きなんで、無条件で観ますよ。

第一話

1:
まぁ、面白い、と言うか今季の連ドラでは『医師たちの恋愛』と同じ位面白い。
脚本の出来が悪くならなければ、今季一番の出来になりそう。


2:
まず、主人公永光麦秋を演じる大島優子がいい。
明らかに目を強調する右目だけを出した髪型。
そしてここ数年の流行りらしい瞬かない主人公のお目(目)。
「ゲゲの鬼太郎」だよな、これ。
見逃しちゃいけないのは、前髪で隠している左目。
鬼太郎みたいに無いのかもしれませんゾ、皆の衆。

大島優子、バクちゃんの冷静、聡明、をチャンと演じています。
最近の『銭の戦争』での紺野未央も悪くなかったから、女優としての道を着実に進んでますな、
大変結構、大変宜しい(^.^)。

バクちゃんの黒尽くめ喪服衣装、これは父親の死と関係ありそう。
この手の際立つ衣装は『SPEC』の当麻紗綾(戸田恵梨香)と同じ(→ローファーに白のソックス三つ折り、学生服風スーツ)。


3:
ただ、相変わらず堤監督の笑いのセンスは私には合いません。


4:
次回も観ます。




タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 田中哲司 遠藤憲一 名取裕子 戸田恵梨香




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『アルジャーノンに花束を』2015年版その2

第二話

1:
はいはい、いよいよ『アルジャーノンに花束を』になってきました。

「心」と「頭」
「情」と「知」
Heart and mind

であります。

まぁ、キイスの小説は50年ほど前の小説だから、まぁ、ネタバレとも言えない状況か(笑)。

今回は咲人(山口智久)の情、優しさを強調。

ドラマは夕方を迎え、新しい段階へと進むんです。
どうなるかは、簡単に想像出来ます。


2:
小説を英語と日本語で読んで中身を知ってるんで、ワクワクもドキドキも無し。
あぁ、こんな感じか、程度。

それに山口智久が「頑張ってるなぁ」って演技で、かなり苦しい。


3:
それでも、まぁ、次回も観ますか。




タグ 山口智久 ダニエル・キイス




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その2

第二話

1:
題名の通り恋のゴチャゴチャ、ドロドロ、も開始(笑)。

守田春樹先生(斉藤工)、工藤千鶴先生(石田ゆり子)に対して大変積極的。
それに対し嬉しいような、困ったような千鶴。
演じるは石田ゆり子で、中々宜しい(^.^)。


2:
まぁ、こんなとこですが、落ち着いた脚本で好ましい。

次回も観ます。




タグ 斉藤工 石田ゆり子 金田明夫 平山浩行 相武紗季 三宅弘城 板谷由夏 根岸季衣 井原剛志 生瀬勝久




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その2

第二話

1:
「心がポキッとね」春太を演じる阿部サダオ
気弱振りがいい。
予想を裏切らぬ実力(^.^)。

それよりいいのが、春太の元妻静を演じる山口智子
巧いなぁ~(^.^)。
今回だと春太とお茶しながら何で心(藤木直人)の所にいるんだとか、
色々責めている時に仕事の依頼が飛び込んでくるシークウェンス。
ここの「お仕事静」が見事によそ行き、少々ブリッコモード。
春太と話してる時と全然違う(@_@)。


2:
これでお話が面白ければ文句無しですが、
面白くない(溜息)。


3:
それでも山口智子の演技を観たいんで、次回も観る。




タグ 山口智子 阿部サダオ 藤木直人 水原希子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『開館30周年記念「没後100年小林清親展 文明開化の光と影をみつめて」』

★簡単な紹介
2015年4月5日(日)~5月17日(日)
練馬区立美術館

HP→https://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/kiyochika2015.html

1:
NHKの日曜美術館(2015年2月22日、3月1日)で放送され知った浮世絵師が小林清親
参考→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0222/index.html

悪くない絵だったんで、練馬区立美術館まで本物を見に行ってきました。


2:
まず、気になるのが、作品保護のためこの展覧会でも展示替えがあります(溜息)。
それも、5回(@_@)。
週一回(@_@)。
全作品を見るには、3回は行かないとダメ(涙)。

なんか、なぁ…


3:
さて、気を取り直して見ると…
う~ん、1枚目から何かなぁ…

3-1:
展示番号1:東京五大橋之一 東京真景
明治9年作
(展示期間:4月5日(日)~4月12日(日)、4月14日~4月19日)

これ、北斎が若い頃に女性を描いた浮世絵みたい、と言うよりそれ以上に赤が強く、目立ち過ぎ。
べろ藍を空と海に使い、構図を考え抜き、近像型の広重のまとまりの良さとは対極の絵。
何か、最初にある絵でガッカリ(溜息)。
気を取り直して見直してみると、墨線の細さは江戸時代そのもので気持ちいい。
ん~、何かいい所ってこれしかなかった。

非常に幸先悪い(溜息)。

3-2:
展示番号35:高輪朧月景
明治12年作
(展示期間:4月5日(日)~4月26日(日))
展示番号:36
明治12年作
(展示期間:4月5日(日)~5月17日(日))

同じ絵で色を変えてます。
蒸気機関車が下手(溜息)。
軽くデッサンが狂ってます。

3-3:
展示番号94:旧本丸雪晴
明治12年作
(展示期間:4月5日(日)~4月26日(日))

騎馬兵の集団が描かれているのですが、これがプロとは思えぬ下手さ(溜息)。
素人が描いた様な平板的表現(溜息)。

3-4:
展示番号99:橋場の夕暮れ
明治13年作
(展示期間:4月5日(日)~4月19日(日))
展示番号101:橋場の夕暮れ
明治13年作
(展示期間:4月5日(日)~4月5月17日(日))

両方同じ絵で、色を変えてあります。
画面中央左寄りに虹を描いているんですが、この虹がショボイ(涙)。
酷いなぁ(溜息)。


4:
明治15年頃に風景の浮世絵を清親は止めちゃうんですが、納得の腕前の悪さ(溜息)。
間違い無く自分に北斎や広重に匹敵する浮世絵での表現力が無いのに気付いたんでしょう。

西洋の技法で描いた水彩画も10点程展示され、決して下手ではありません。
一皮剥ける前に、開眼する前に、独自の浮世絵を作り出す前に、模索中に浮世絵は止めた雰囲気が濃厚です。
志途中で止めた点では、早逝した菱田春草みたいです。


5:
それでも、風景画ですから当時の東京の街並みや景色を楽しめます。
清親自身は風景を写しているだけで意識してないと思われる描写があります。
全体に水平線の位置が低く、空が大きい。
現在の東京では不可能な空の大きさです。

高台に登れば東京の街並みが高い建物に遮られず広がり、遠くには富士山の姿が目に入ります。
わざわざ遠くまで出かけなくても東京の中心部でもこういう広がりを見られれば充分日常を忘れることが出来たのが、容易に想像出来ます。
江戸は世界有数の庭園都市でしたから、明治の10年頃の東京は間違い無くその庭園の大部分が残っていたハズですから、
落ち着いた心休まる都市だったでしょう。


6:
こんな感じで私には魅力の無い展覧会でした。




タグ 小林清親 浮世絵




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ようこそ、わが家へ』その1

★簡単な紹介

○放送
2015年4月13日~6月15日
月曜日 午後9:00~9:54
フジTV系
全10回

○スタッフ
原作:池井戸潤
脚本:黒岩勉
演出:中江功、谷村政樹
撮影:星谷健司、三村純一
照明:松浦喬史
音楽:得田真裕、佐藤彰信
プロデューサー:羽鳥健一

○出演
相葉雅紀……………倉田健太
寺尾聰………………倉田太一、健太の父、青葉銀行からナカノ電子部品出向中、総務部長
南果歩………………倉田珪子、健太の母
有村架純……………倉田七菜、健太の妹

山口紗弥加…………西沢摂子、ナカノ電子部品、太一の部下
竹中直人……………間瀬博樹、ナカノ電子部品、営業部長
近藤芳正……………持川徹、ナカノ電子部品、社長

沢尻エリカ…………神取明日香、円タウン誌記者
佐藤二朗……………蟹江秀太朗、円タウン誌編集長

高田純次……………八木通晴、青葉銀行人事部長代理、太一と同期

堀内敬子……………下村民子、珪子と同じ陶芸教室へ通う
真島秀和……………波戸清治、陶芸教室講師

藤井流星……………辻本正輝、七菜の元カレ
足立梨花……………保原万里江、七菜の大学の同級生




★評


第一話

1:
健太(相葉雅紀)が地下鉄で割り込もうとした男を引きずりだしたんですが、
その男が健太一家に嫌がらせをしているとは、限りません。
怪しいですがね。

最後の場面で雨の中、濃色のジャケットのフードを被るのが、
明日香(沢尻エリカ)、波戸清治(真島秀和)、七菜の元カレ辻本正輝(藤井流星)、そして謎のニット帽の男。
怪しい登場人物が4名いると視聴者に明示してます。

単純ではないヨ、と第一話でバラしています。


2:
気弱な健太演じる相葉雅紀が悪くないんで、次回も観ますか。




タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 高田純次 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『日曜美術館 光琳は生きている~琳派400年・現代作家たちの挑戦』

★放送
2015年4月5日

番組HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0222/index.html

1:
尾形光琳の絵画で2点だけある国宝の「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」。
そしてこの2点に触発されて作られた作品を紹介。

千住博→黒地に蛍光白を使って瀧を描く。
鴻池朋子→赤い牛革に「紅白梅図」の波模様を描き着物を作る。
杉本博司→デジタルカメラで「紅白梅図屏風」を撮影し、夜の「紅白梅図屏風」を作る。
合田誠→「燕子花図屏風」から「群娘図」を作る。
猪子寿之とチームラボ→CGとテクノロジーを使用。

触発されただけで、次の段階に進んでないなぁ。
鈴木其一(=すずききいつ)の「朝顔図屏風」が「燕子花図屏風」の触発されたのは見れば明らかで、
更に次に段階へ進み其一独自の絵になったのとは大違い。
才能が枯渇しているのか、志が低いのか、この5人の作品は残念でした。




タグ 尾形光琳 燕子花図屏風 紅白梅図屏風 鈴木其一 朝顔図屏風




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

フェラーリF1のTVコマーシャル

1:
こんなカッコいいTVコマーシャル、日本じゃ見たことない(@_@)。

1-1:
まずは、シェルのVパワー編

https://www.youtube.com/watch?v=LeuawrirUzc


ロケ地がマンハッタン、香港?、モナコ、リオ、ローマ
最初に観た時、すげーって言葉が出る前に溜息が出た。

これのメイキング。これだけ観ても興奮、面白い。
本当に公道で撮ってる(@_@)。

https://www.youtube.com/watch?v=Ocq_KQFJ27M



1-2:
次はフィアット600編。

https://www.youtube.com/watch?v=fnOzM6VQV0U


ここもローマ。フェラーリデイでもないのに公道でF1を走らせてくれるイタリア、ローマ(@_@)。

2:
さて、シューマッハが出てるシェルのコマーシャルも、

その1
https://www.youtube.com/watch?v=kIrFlBIlqcE


その2
https://www.youtube.com/watch?v=qWO1KG3_AlU


その3
https://www.youtube.com/watch?v=JfWhJ7kf9uE



これのメイキングヴィデオ
https://www.youtube.com/watch?v=OpPRV4pxRyM


3:
F1ってすんごく速い。
フィアットとフェラーリマラネロ550とフェラーリF1が競争すると、次元が違うのがよく分かる

https://www.youtube.com/watch?v=cpJ751g4QyA


4:
F1じゃないけど、私より上の世代だと懐かしい『大脱走』のパロディ(^.^)。
シェルってかなりカッコつけてる(笑)、いい意味で。

https://www.youtube.com/watch?v=a5oXvEtjr6Y




タグ シェル フェラーリ シューマッハ




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

『アルジャーノンに花束を』2015年版その1

★簡単な紹介

○放送
2015年4月10日~6月10日
金曜日 午後10:00~10:54
TBS系
全10回

○スタッフ
原作:ダニエル・キイス
脚本:池田奈津子
脚本監修:野島伸司
演出:吉田健、酒井聖博、松田礼人
撮影:森哲郎
照明:鈴木博文

医学監修:
中野信子
高橋琢哉(横浜市立大学医学部 生理学)
すずきゆめ(横浜市立大学附属病院)
社会福祉法人 東京都知的障碍者育成会

音楽:千住明
編成・プロデューサー:韓哲
プロデューサー:佐藤敦司

○出演
山下智久……………白鳥咲人
工藤阿須加…………檜山康介
窪田正孝……………柳川隆一
栗山千明……………望月遥香
谷村美月……………河口梨央
中原丈雄……………河口玲二、梨央の父親
大政絢………………小出舞
萩原聖人……………竹部順一郎
いしだ壱成…………白鳥久人、咲人の父親
草刈民代……………白鳥窓花、咲人の母親
菊池風磨……………小久保一茂
石丸幹二……………蜂須賀大吾
河相我聞……………杉野史郎
朝加真由美…………檜山涼子、康介の母親



★評

『アルジャーノンに花束を』を読んだのは、35年程前だなぁ…
映画やドラマで「知的障碍者」と言えば『道』でジェルソミーナを演じたジュリエッタ・マシーナ
日本では、『マラソン』で主人公宮田彰太郎を演じた二宮和也が良かった。
(HP→http://www.tbs.co.jp/program/marathon.html)
(私の記事→http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-104.html)

山下智久の演技がどんなもんかと観ると…


第一話

1:
駄目だね(溜息)。
完全に力不足。

二宮和也には敵わん(溜息)。


2:
それでも次回も観るか(溜息)。





タグ 二宮和也 ジュリエッタ・マシーナ 山下智久




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その1

★簡単な紹介

○放送
2015年4月9日~6月18日
午後10:00~10:54
木曜日 フジTV系
全11回

○スタッフ
脚本:秋山竜平、坂口理子、小山正太
演出:田中亮、平野眞、関野宗紀
撮影:宮田伸
照明:藤本潤一
音楽:井筒昭雄、笹野芽実、末廣健一郎

医療監修:松本尚、原義明(両名とも日本医科大学千葉北総病院救命救急センター)
医療アドバイザー:筒井冨美
看護指導:石田喜代美

プロデューサー:中野利幸

○出演
斉藤工………………守田春樹
石田ゆり子…………近藤千鶴
金田明夫……………永島教授
平山浩行……………高橋宗太郎
相武紗季……………河合奈々
三宅弘城……………大根良太
板谷由夏……………市川友子
根岸季衣……………晴樹の母
井原剛志……………仁志祐介
生瀬勝久……………渡辺幹夫



★評


第一話

1:
おや、登場人物が感情的にならず、好ましい(^.^)。
特に主人公守田春樹(斉藤工)は熱血漢らしいですが、医師に相応しい冷静さがあり現実感があります。

脚本と演出に大袈裟なところが無く、このドラマ、この調子で行けば成功しそうな予感。


2:
経営管理部長の渡辺幹夫(生瀬勝久)が利益とコストを強調しまくってますが、
私立の医大附属病院は最近ではどこでも似たり寄ったりらしいです。

私の掛かり付け医は現役を引退した心臓外科医で、この先生が若かった頃は、
大学病院の理事会は金の事はこっちで考えるから、先生方は医療に専念してくれと言われてたそうです。
ところが最近はこのドラマと同じ様に、「金!金!金!」になってしまったとか。

結構誇張しているの様な脚本ですが、実はかなり現実的と捉えて問題なさそうです。
この点もこのドラマのいい点です。


3:
冒頭と最後の春樹と千鶴(石田ゆり子)が満開の桜の中のシーン、
堤防が明らかに舞台となる病院の構内ではありません。
宗太郎(平山浩行)が窓から目撃出来るのは、奇跡です(笑)。
撮影したのも、3月の下旬でしょう。


4:
少々難がありますが許容範囲内。
こんな訳で次回が楽しみです(^.^)。




タグ 斉藤工 石田ゆり子 金田明夫 平山浩行 相武紗季 三宅弘城 板谷由夏 根岸季衣 井原剛志 生瀬勝久




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その1

★簡単な紹介

○放送
2015年4月8日~6月10日
水曜日 午後10:00~10:54
フジTV系
全10回

○スタッフ
脚本:岡田惠和
演出:宮本真理子、都築淳一、宮脇亮
撮影:川越一成
照明:花岡正光
音楽:瀬川英史

医療監修:香山リカ

プロデューサー:森安彩

○出演
阿部サダオ………小島春太
山口智子…………鴨田静
藤木直人…………大竹心
水原希子…………葉山みやこ
富田涼……………永瀬匡
徳永えり…………糸山扶美
池津祥子…………庄司加代子
山下リオ…………牧野江里子
山西惇……………白神



★評

慌てて走り回る姿が日本で一番似合う男優、阿部サダオが出るんで観てみると…

第一話

1:
山口智子演じる鴨田静が出た最初のカット。
大竹心(藤木直人)のために料理を作り、あーだら、こーだら、言って可愛い女に見せようとします。
これが、エラく上滑り、顔付きや雰囲気、着てる物と全く合いません(@_@)。
山口智子ってこんなに下手だったか?、驚き(@_@)。

こりゃ駄目かぁ~、配役に失敗したかぁ、と観続けたら素顔を見せるカットになると、あらまぁ、全然変じゃない。
ぎょぎょぎょ、分かりました(^.^)。

最初にカットは、35年前の言葉を使えば、完全に「ブリッ子」(=可愛い女の振り)を演じていたんです。
巧いね。
完全に嵌められました(笑)。

いい女優じゃないか、山口智子(^.^)。


2:
ストーカー気質の葉山みやこを演じた水原希子
この女優も今回の様なお下品な不良っぽい役をやると悪くない。
まぁ顔立ちが上品とは言えないからなぁ。


3:
さて、今回の期待の役者阿部サダオはどうかと言うと…
う~ん、可も無く不可も無くだね。
元妻役の山口智子の演技が見事なんで役柄もあり今回は目立たず。


4:
話は退屈。
偶然に頼った有り得ない話で、説得力が皆無。
嘘を忘れさせるものが何も在りません。

話の悪さを象徴してる様なカットが初めの方の井の頭公園での夕方のカット。
光と影がどう見ても冬の夕方ではなく、オレンジのフィルター越しに撮ったのが明らか。
何でこんな手抜きをしたんでしょう?


5:
まぁ、山口智子が悪くないんでとりあえず次回も観ます。



タグ 山口智子 阿部サダオ 藤木直人 水原希子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その19

その2
分析と解釈


第三話
その2

1:
登場人物の左右の立ち位置 その2

1-1:
柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)の屋上で、美桜(竹内結子)と父親平川辰巳(尾藤イサオ)。
タバコを吸おうとする辰巳を諌める美桜。

右(下手):美桜
左(上手):辰巳

生真面目な今の美桜が別人じゃないのか、と辰巳
美桜の子供の頃はわがままで大変だったけど、無邪気で可愛かった、と辰巳。
空気ばっかり読んでたまに息苦しくなるだろう、と辰巳。

…美桜は覚えてないと言ってます。
…でも、この立ち位置だと覚えてますゾ(笑)。

1-2:
夜、雫(八木優希)が英治の部屋へ来て、英治の右腕を腕枕して寝ます。
そして英治が雫を抱き締めます。

右:雫
左:英治

…二人が横になっているので「上手と下手」はパス、ややっこしいから(笑)。
…不良君を思いっきり握ったのも右手。
…勿論そんな事を知らない雫ですが、英治はかなり気にしてる位置です。
…俺はこの子の父親としての資格があるのだろうか?と悩んでいると解釈するのが一番無理がありません。

1-3:
汐見家でシチューを作る美桜。

1-3-1:
台所で、菱田さん(池内淳子)と雫が味見をして「おいし~!」。

右(下手):雫、菱田さん
左(上手):美桜

…美桜の料理の腕前は、間違い無し、立ち位置が示すには(笑)。

1-3-2:
居間へ移動した三人。
コタツに入る。

三人の位置は、

右(下手):雫
中央:美桜
左(上手):菱田さん

だからこうなります。


右(下手):美桜
左(上手):菱田さん

右(下手):雫
左(上手):美桜

雫:>父ちゃんは雫を傷つけたりしないから。
菱田さん:>そういう人のそばなら 安心してホントの自分でいられるのにね。

…位置から解釈すると、美桜の心の中は、
…雫の言う通り英治は凄くいい人。
…でも今の自分は菱田さんの言う通りには出来ない(涙)。

1-4:
英治、公園で喫茶コロンのマスター四条健吾(寺島進)と焼き芋を食べながらお話。

右(下手):英治
左(上手):四条健吾

位置から考えて二人が言ってる事は、嘘ではありません。

四条→小野先生とこそこそやりやがって
英治→そんな事ありません。

四条→あの美桜ってコが本命か?
英治→本命かだなんて、ただ目が不自由だから心配なだけなんで。
恋愛なんて忘れました。
雫と店のことだけで手一杯です。

四条→誰も文句いわねぇよ、亡くなった雫の母ちゃんだってな。
だから他の女好きになれよ。

…前の美桜がシチューを作るシークウェンスと対になっています。
…英治は美桜と違い、四条の言う通りかなと同意してると捉えられます。

1-5:
美桜、どこかの喫茶店かレストランで。

右(下手):バッグに一輪挿した白のガーベラ
左(上手):美桜

…これは不自然極まりないカット。
…こんな風にして花を持ち歩くもんではありません。
…この白のガーベラはお花屋さんを象徴してるのは間違いありません。
…そのガーベラに美桜は微笑みかけていますから、英治を大変好ましく思っているに違いありません。

1-6:
英治、美桜の作ったシチューを食す。

1-6-1:
菱田さんが美桜の言づけを伝える。
手がすいたらケータイに電話が欲しいと。

右(下手):英治
左(上手):菱田さん

…英治が菱田さんの作にしては美味過ぎるわいと疑問に思ったのも当然(笑)。
…美桜と違い屈託なく菱田さんとお話出来る英治です。

1-6-2:
美桜にケータイを掛ける英治。

右(下手):ケータイ(=美桜)
左(上手):英治

…美桜に対し何やらわだかまりがある英治です。
…勿論それは不良君達に絡まれた時の自分の怒りの爆発と右手の強力な掴み。
…美桜には見られていないと思ってますが、自分の残酷さを持て余してると捉えられます。

1-6-3:
それに応える美桜。
これから渋谷にいる私を見つけるゲームをしよう、と誘う。

右(下手):ケータイ(=英治)
左(上手):美桜

…美桜は何ら英治にたいしてわだかまりが無く、素直な気持ちでケータイに出ています。
…これは明らかに父親辰巳が言った子供の頃の美桜は遊園地等でワザと迷子になって俺に探させた、の現代版(笑)。
…ここへと繋がってる訳です。
…英治の愛情を試してる悪い女でもあります(笑)。
…同時に辰巳が言っていた子供の頃の様な素直な自分に戻れるか、試していますな。
…辰巳が言っていた通り大変なコだよ、美桜は(笑)。

…自分でもウザい、面倒な女だと認めてますが、まぁ、早い話、英治に女として甘えてる訳です。
…それでも分かりました、探しに行きます、と英治。
…もぉ~、友達以上、恋人間近の二人じゃん、ぷりぷり(笑)。

1-7:
英治、渋谷駅構内で、美桜、発見。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…恋物語でもありますから、当然二人にとって正しい位置。

1-8:
渋谷駅、券売機に並ぶ英治と美桜。

1-8-1:
右(下手):美桜
左(上手):英治

…何と、またしても、視聴者を不安にさせる二人の位置(怒)あ~んど(笑)。
…この野島伸司と言う脚本家は…(笑)。
…英治と美桜は老婆の後に並び、冒頭のスーパーのカットで雫が言っていた通りの事をしてます。

1-8-2:
最後の英治が美桜を発見するカット。
場所が渋谷駅の券売機コーナー。

なぜそこにしたのでしょう?

二人の新たな旅立ち、次なる展開へ進む、と暗示であります。
同時に終電に間に合うか、この二人、もあります。
と言う事は何かの機会を失うかもしれないと暗示してます。
他の券売機が空いているのに、老婆を急かしては申し訳ないと思う英治の思い遣りのために乗り遅れる恐れがあります。
英治のやさしさのために二人が不幸になるかも、と視聴者を不安にさせる場所です。

中々巧い演出とロケ地であります。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その18

その2
分析と解釈


第三話
その1

1:
登場人物の左右の立ち位置 その1

1-1:
冒頭、汐見家、菱田さん(池内淳子)が作ったカレーで夕食中、
英治(香取信吾)へ美桜(竹内結子)からケータイが掛かる。

右(下手):ケータイ(=美桜)
左(上手):英治

…菱田さんの作ったカレーはイマイチだし、食事中にケータイが掛かり、多分気分が良くない英治(笑)。

1-2:
英治、美桜のアパートへ。
そこに待っていた物は、何と(笑)、またしてもカレー(笑)。
オマケにお代わりどうぞなどと言われ(笑)。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…これでは、二人があるべき位置になるはず無し(笑)。

1-3:
美桜と父平川辰巳(尾藤イサオ)、病室で。
食事中の父親のためにお茶を淹れてます。

右(下手):美桜
左(上手):辰巳

…美桜はあるべき位置とは反対側にいますが、背中を向けています。
「反対の反対」ですから、正しい位置と捉えて間違いないでしょう。
…お金の心配をする父親に心配しなくていいと言います。
文字通りに捉えていいでしょう。

そして出来たお茶を運ぶと、

右(下手):辰巳
左(上手):美桜

と美桜の正しい位置。
話題は更に進み、院長と何かあるのと辰巳が尋ね、
美桜はそんな事無いと答えます。
…まぁ、辰巳の想像してる事はありませんが(笑)。

…この位置の変化は、お茶を淹れ、供するという極普通の動作に合わせ、
美桜の内に秘めた気持ちも巧く表しています。
…最初に辰巳に背を向け、人間として許せない気持ちを表し、
…次に辰巳と共にカメラの方向に向き、それでも父親としては、嫌いになり切れない気持ちを表していますね。

1-4:
喫茶コロンで小野優貴先生(釈由美子)から省吾(今井悠貴)の万引きを伝えなかった事を説教される英治

右(下手):英治
左(上手):小野先生

…英治の正しい位置です。
…、と言う事は英治は直ぐに小野先生に省吾の件を連絡すべきだった、と反省してます。

1-5:
夜、美桜のアパート

1-5-1:
直哉(松田翔太)がまた来た。
英治には小野先生と言う美人で性格のいい強力なライバルがいるゾ、威す直哉。

右(下手):美桜
左(上手):直哉

1-5-2:
そこへ、英治が昨夜のカレーのお礼にと特売で買い過ぎたオレンジを持ってやって来た。
ドア越しに話す二人。
二股は嫌いヨ、と美桜。
近所じゃ噂になってて知らないのは英治だけヨ。
帰ってと追い返した美桜。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…まぁ、楽しい口喧嘩ゴッコ(笑)、ではなく、
…正しい位置ですから美桜の本音、嫉妬で怒っていると解釈出来ます。

1-5-3:
美桜のアパートを後にした英治と直哉が会う。
左足を痛めた直哉。
心を痛めた英治。

右(下手):直哉
左(上手):英治

…英治に位置が間違ってますから、本当の事を言えない二人を表してます。

1-6:
小野先生、英治の自宅を訪れ、昨日の言い過ぎをお詫び。
省吾について話し合う二人。

右(下手):英治
左(上手):小野先生

…英治が正しい位置にいますから真面目な話し合い。
…英治は省吾が「名も無き戦士」ではないかと話す。

1-7:
そこへ美桜が来て、小野先生と御対面。

右(下手):美桜
中央:小野先生
左(上手):英治

美桜は小野先生と英治が近所で噂になってると言います。
小野先生は英治がとっても好きよ、と反撃。

怒った美桜は去り、それを英治が追います。
二人の位置は

右(下手):英治
左(上手):美桜

から

右(下手):美桜
左(上手):英治

へ変わり、英治があたふた。

1-8:
機嫌が悪い美桜を追い掛ける英治。
美桜が傍若無人振りを発揮し、英治が不良に絡まれる。
止めようとした美桜が振り払われ倒れると、英治が相手の腕を掴み反逆。
不良は逃げる。
倒れた美桜が立ち上がるのを助ける英治。
この時が、

右(下手):美桜
左(上手):英治

…美桜は目が見える事を誤魔化しました。
…また美桜は英治の優しさを受け入れる状況ではありません。
…だからこの間違った位置になります。

…ここで英治が美桜から意気地なしだと言われ、そうだと答えます。
…二人の立ち位置が示す事から考えると、英治がそう思っていたとしても、少なくとも実際には違います。





タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その17

その2
分析と解釈

第二話
その3

1:
夕方
「その1」の段階で飛ばし気味だったので、細かく見ていきましょう。

1-1:
英治(香取信吾)が省吾(今井悠貴)を河原で発見。

1-1-1:
…河原→出帆→始まり、
夕方→終わり、変化、
を表しますから、英治が省吾に関わり何かを変えると暗示、伏線を張っています。
…ここではまだこの「何か」は不明。

1-1-2:
省吾が川に石を投げています。

…ここで、細かい事も気になる視聴者が気になる点がこの演出。
…全く不自然な点が無い演出ですが、無意味なことをやらないのがプロの製作陣。
…と言う事で解釈すると、力も金も無い小学二年生が川の流れと言う全く抵抗出来ない事に抵抗している事を暗示しています。
…川自体は、時間を象徴する事が多い。
…省吾が必死に時間の流れに抵抗しているのですが、全く効果無し。
…オマケにその苦闘、奮闘を知っている大人がいない。
…それに気付いたのは、英治のみ。

…またこの時点では、川の流れが実際に何を象徴しているかは、「時間」以外は不明。

1-2:
菱田さん(池内淳子)、省吾を河原で発見。

…「1-1」と同じ状況。
…菱田さんも英治同様に省吾と関わる、と暗示、伏線設置。

1-3:
バス停で英治、菱田さん、発見。
続いて雫(八木優希)もやって来る。

一緒に暮らさないかと英治が菱田さんを誘う。
雫も。

…菱田さんの一人暮らしも終わり。
…英治と雫との暮らしの始まり。


2:
リンゴ
2回出て来ます。
最初は初めの方。
雫、英治、直哉の夕食中。
直哉が英治にあまり美桜に気を持たせる様な事はやらない方がいいと言うと、
そっと来ていた美桜がその話を立ち聞きし、怒って英治に投げます。
次は、中盤。
直哉が美桜のアパートを訪れ、美桜の気持ちを聞きながら冷蔵庫から勝手に取り出し齧ります。

美桜の口に出せない気持ちをリンゴで表してますね。
最初は、英治に八つ当たり(笑)。
英治は安西輝夫院長(三浦友和)が言った様な悪い人間ではないし、だからこんな英治を騙す事なんかやりたくない。
でも、言えな~い(涙)。
二回目は、直哉が、「美桜さんの正体も知ってるし、美桜さんの気持ちも俺は分かっています」と強調してます。





タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その16

その2
分析と解釈


第二話
その2

1:
登場人物の左右の立ち位置 その2

1-1:
バス停で、誰にも告げず一人去ろうとした菱田さん(池内淳子)。
それを見つけた英治(香取信吾)。雫(八木優希)。

1-1-1:
最初

右(下手):英治
左(上手):菱田さん

1-1-2:
雫もやって来た。
英治が一緒に暮らさないかと提案する。

右(下手):英治、雫
左(上手):菱田さん

1-1-2:
雫がおばあちゃん、一緒に寝ようと誘う。

右(下手):英治
左(上手):菱田さん、雫

…雫に位置が変わります。
…菱田さんと同じ位置になります。
…雫はまだ英治に守られ、育てられる存在ですから、
菱田さんも雫の様に守られまようよ、と雫が仄めかしてます。

…更に英治から家族にならないか、と言われるは、両側から攻められる(笑)、菱田さん。

…最後まで観たから分かるんですが(笑)、ここで英治が重要な事を言ってます。
…>血は繋がってなくても一緒に住めば家族になれると思うんですよね。
…雫は英治の方ではなく、菱田さんの方にいます(画面上手)。
…雫は英治にとって菱田さんと同じ関係だと、ここで暗示しています。


1-2:
美桜(竹内結子)、同僚に誘われた合コンで。

1-2-1:
カラオケ屋の部屋を出て、美桜は帰る。
可愛いコ目当ての相手の男性からは、
性格悪いとか嫌味を言われる美桜。

右(下手):相手側の男性
左(上手):美桜

…美桜の外見、噂、憶測等々職場の人間からどう思われてるか、です。
…この位置だと、美桜さん、反論の余地の無い事実の羅列(笑)。


1-3:
英治、美桜からの通話、ケータイを取る。

右(下手):ケータイ(=美桜)
左(上手):英治

美桜のカットも入り、

右(下手):美桜
左(上手):ケータイ(=英治)

…二人にとっては正しくない位置。
…、と言う事は、相手にとって好ましくない時間です。
…なんでこんな時間に掛けてくるんですか、美桜さん、by 英治、です。


1-4:
英治、美桜を迎えに新宿の公園に到着。

1-4-1:
ケータイで話してる二人は、
「1-3」と同じ
英治は、
右(下手):ケータイ(=美桜)
左(上手):英治

美桜は、
右(下手):美桜
左(上手):ケータイ(=英治)

1-4-2:
英治が美桜の所に来ると、

右(下手):英治
左(上手):美桜

…、と正しい位置になります。
…まぁ、あれこれ書かなくても二人の気持ちがどうだか明白(笑)。

1-4-2:
美桜の例の「人は誰だってお荷物」発言。

右(下手):美桜
左(上手):英治

と位置が逆になります。
…これは、美桜の助けて、力になって、英治さん、と捉えていいでしょう。
…まだ本当の事を英治に言えない美桜の苦しさを表現してる、ですね。

1-4-3:
そして、英治が自分のジャケットを美桜に掛けると、
さり気なく(笑)、
位置を元に戻し(笑)、
英治の例の「包装してるんです。あなたはお荷物だそうですね。特別に大切にいなきゃいけない。壊れやすいから」

右(下手):英治
左(上手):美桜

…いいなぁ(笑)。
…『薔薇のない花屋』の中でも特筆すべき名場面(^.^)。

1-4-4:
そして、英治は美桜をお姫様抱っこ。
し、か、し、ですね、

右(下手):美桜
左(上手):英治

、と逆になります。

それから階段を下りるカットになると、
背後から撮り、

右(下手):英治
左(上手):美桜

と正しい位置なりますが、背後から撮ってるので、
実際の二人の位置は間違った位置のまま。

…伝えようとする事は、単純です。
…二人の気持ちは純粋でも、簡単には成就しませんゾ、ご覧の皆さん、と伝えてます。





タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その15

その2
分析と解釈


第二話
その1

1:
登場人物の左右の立ち位置 その1

1-1:
冒頭

1-1-1:
公園で焼き芋を食べる英治(香取信吾)と美桜(竹内結子)。

右(下手):美桜
左(上手):英治

1-1-2:
続いて、英治が先に立ち上がり、美桜が「お花屋さ~ん」と呼ぶ。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…美桜がからかってるんでこの位置になるのかぁ

1-1-3:
汐見家夕食、直哉(松田翔太)が美桜にあまり期待させない方がいいと英治に言う。
それを聞いちゃった美桜。

右(下手):美桜、後姿
左(上手):英治

カットが変わり、美桜がリンゴを投げる時、

右(下手):美桜
左(上手):英治、後姿

店の外、美桜転び、怒る

右(下手):英治
左(上手):美桜

1-1-4:
美桜のアパートに戻る。
まだ怒ってます。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…安西輝夫院長(三浦友和)から英治を誘惑し、破滅させろと命令された事を思い出している美桜。

続いて、美桜がお茶を淹れるために入れるカット。

右(下手):美桜、後姿
左(上手):英治

…ここまで見ると、美桜が後姿になる演出の意図が分かってきます。
…安西輝夫院長に指示されるカットから分かる様に、本当は怒ってない美桜です。
…お湯を沸かすカットでは、本当に自分が英治の事をなんとも思ってないのか、自信がないとか、疑問に思ってるとかを示しています。


1-2:
柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)で

1-2-1:
スタッフルームで、

まず、美桜が後輩を説教

右(下手):美桜、後姿
左(上手):後輩看護師、看護師長

続いて師長が美桜を諌める。
(→そんなに責める必要は無い、美桜も後輩の様に少しは明るく患者に接しろ)

右(下手):後輩看護師、看護師長
左(上手):美桜

…最初のカットは美桜が後姿なので、3人の位置は逆だと捉えていいでしょう。
…次のカットで美桜が正しい位置になります。
…どういう人物かと言うと、後輩には厳しく、有能だけど、師長から愛想が悪いと能力よりも低評価されています。
…柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)での美桜の立場や評判を説明してます。

1-2-2:
院長室に呼び出され、安西輝夫院長(三浦友和)とお話。
直哉(松田翔太)について。

右(下手):安西輝夫院長
左(上手):美桜

英治を騙せないと美桜は言うが、別人になったつもりでやればいいと説得する安西院長

右(下手):美桜、安西院長に背を向ける
左(上手):安西院長

…美桜は父が嫌いとは言ってますが、やはり、親子は親子。
…この点を美桜に安西院長に対して背を向けさせ、ハッキリさせています。


1-3:
小学校でパンジーを植えながら小野優貴(釈由美子)と話す英治

1-3-1:
菱田さん(池内淳子)のお別れ会に参加しないかと誘う英治。
菱田さんについて説明もする。
また、転校生の広田省吾(今井悠貴)をもう少しよく見ていて欲しいと頼む。

右(下手):英治
左(上手):小野先生

ところが、英治が小野先生に好みの男性のタイプを尋ねると位置が反対になります。

右(下手):小野先生
左(上手):英治

…小野先生が英治を男性として意識しているのを教える立ち位置。
…小野先生にとって英治は菱田さんや転校生の省吾とは違う人間であるとハッキリさせています。


1-4:
再び柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)

1-4-1:
美桜、父親平川辰巳(尾藤イサオ)の部屋を訪れる。

右(下手):辰巳
左(上手):美桜

病室を整理しながら、母親の再婚について尋ねられる美桜。
小さなクローゼットが画面下手にあるので、そちらへ行き答える。

右(下手):美桜、当然背を向ける
左(上手):辰巳

「お父さんと違っていい人よ」

…美桜のあるべき位置と反対側にいます。
…オマケに背を向けています。
…、と言う事は、「反対の反対」になりますから、実際にいい人と捉えて間違い無し。

…同時に、
…実の父に対する思いも「反対の反対」です。
…この親子に過去に嫌な事があり、娘の美桜は素直になれないと示しています。


1-5:
美桜のアパートで美桜と直哉(松田翔太)。

1-5-1:
最初、直哉が自身を語る。
右(下手):美桜
左(上手):直哉

…明らかに直哉を快く思ってない美桜。

1-5-2:
次に、直哉が英治と美桜の気持ちを色々と言う。
美桜はこの「仕事」をもう降りると言う。
英治を騙している事に罪悪感を感じている美桜。
右(下手):直哉
左(上手):美桜

…これは美桜の正直な気持ち。
…このシークウェンスで直哉がリンゴを冷蔵庫から勝手に出し食べます。
…「禁断の知恵の実」を象徴するのが、リンゴ。
…直哉、美桜の本当の気持ちを聞き出している、それも自覚せずに、と捉えていいでしょう。

1-5-3:
直哉、美桜の父平川辰巳(尾藤イサオ)の手術が難しいと、軽く威す。
父親を放り出すのと英治を騙すのでは、どちらを罪悪感を感じるかと、軽く威す。

右(下手):直哉
左(上手):美桜

…迷いの表情を美桜は見せ、美桜の本音が垣間見えます。
…ここでも美桜は直哉に怒りの表情を見せ、ここでも正直な気持ち。





タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その14

その2
分析と解釈


第一話
その2

1:
夕方、

1-1:
オープニングタイトルの後、
雫(八木優希)と転校生広田省吾(今井悠貴)との「出来事」の後、
二人が逆上がりをする美桜(竹内結子)を目撃。

…英治(香取信吾)と雫だけの生活の終わり。
二人の生活に美桜が関わってくると告げています。

1-2:
続いて、
英治(香取信吾)、菱田さん(池内淳子)の家で雫(八木優希)の学校での出来事と雫について話す。

…二人の会話から菱田さんは雫の母親が出産時に亡くなった事を知ってるので、
二人の過去を知ってる様です。
…ここも主人公二人だけの生活の終わりと捉えていいでしょう。
そして菱田さんとの生活も始まると暗示。

…夕方の演出とは別ですが、菱田さんの紹介のシークウェンスでもあります。

1-3:
河原で、英治が雫に母親の事、自分の雫への思いを話し、雫がピンクの頭巾を取る。

…雫の頭巾生活が終わりを表す夕方。
…雫の新たな生活が始まるを表す河原。

…それでも、やはりよく分からない雫の頭巾。
何を表しているのでしょう?
何を象徴しているのでしょう?

1-4:
英治、チロルを探すが、見つからず、橋の上。

…ここでは、単に時間の経過を表してるだけだろうなぁ。
…ただ最後まで観ると分かるんですが、英治はチロルを見つけます。
そうなると、ここではチロル捜索の終わりですな。

1-5:
続いて、
カットが変わり、美桜の勤め先病院の院長室。
美桜が安西輝夫院長(三浦友和)に英治について報告。
美桜は英治が悪い人間に思えない。
安西院長は英治を破滅させろ、美桜には選択の余地無し。

…ここでは、美桜が次の段階へ進む、と示してますな。


2:
美桜と英治の出逢い。
雨の中。
英治の商売は花屋だから、肯定的な意味と捉えるべきでしょう。
芽生えに必要な水を供給する雨。
慈雨でしょうね。


3:
登場人物の左右の立ち位置

3-1:
雨の中、フラワーショップ「雫」の店頭での出逢い。

A:
店内、後から撮るカット。

左(下手):英治
右(上手):美桜

シャッターで見えませんが、そのシャッターの前に美桜がいると分かります。
後ろから撮っているので登場人物の位置と左右が一致してます。

B:
店頭、英治が傘を貸そうと美桜に言う。
英治の親切運動(笑)。

右(下手):美桜
左(上手):英治

C:
二人が初めて同じ画面に入ると、

上手:英治
下手:美桜

二人が向かい合っているので、こういう関係。
英治が黙るのは、美桜の美貌に言葉を奪われてるから、に間違い無し。

D:
店内、英治がヒーターを点け、美桜にタオルを渡す。
オマケにココアも。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…英治の親切と美桜が受け入れる。
…二人のあるべき姿、位置になります。

E:
英治が美桜の好きな花を尋ね、美桜が真っ赤なバラの花と答える。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…おや、位置が逆になりました。
…「真っ赤なバラの花」と「問題」が同列だと仄めかしてます。

F:
雫の学校のすぐ外側、逆上がりをする美桜
それを見る英治と雫。

右(下手):美桜
左(上手):英治、雫

…ふ~ん、ちょっと謎、引いちゃう美桜の行動です。

G:
美桜を送る英治。
美桜が英治の身上調査(笑)。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…英治の礼儀正しさだからこの位置。

3-2:
英治、空き巣に入られた美桜の元へ。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…美桜が困り、英治が助ける時だからこの位置。

3-3:
夜、雨の中、交差点、美桜、渡り切れず立ち往生。
英治が助けに行く。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…またしても美桜が困り、英治が助けます。
…オマケに二人で美桜の白杖を拾うんだからなぁ(笑)。


4:
撮影協力に
“PLAYER’S CLUB Dios”

工藤直哉(松田翔太)が裏でボコボコにされる所。
『愛なんていらねえよ、夏』が撮影された所じゃん(@_@)。
今回DVDを見直すまで気付きませんでした(@_@)。

ほんでもってネットでDiosを探すとあった。
撮影に使われたと同店のブログに記事がありました(@_@)。
http://ameblo.jp/dios-blog/entry-10088145065.html

(『いら夏』の記事にもしましたが、こちらにも載せました)




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その13

その2
分析と解釈

演出を細かく見ていきましょう。


第一話
その1

1:
導入部

1-1:
最初のシークウェンス。
彼女(本仮屋ユイカ)のヴィデオグラム。
パーマでもじゃもじゃ髪の英治(香取信吾)が病院を走ります。

英治の走りが速いんで分かりにくいんですが、
髪の毛はパーマを掛けもじゃもじゃ、
そして右手に一輪の赤い薔薇を持っているのが分かります。

走っているカットでは赤い薔薇を右手に持っているのを強調してるカットが多く、
強調しているのが分かります。

右(下手):赤い薔薇
左(上手):英治

1-2:
最初のシークウェンスが終わります。
夕方、夕陽にカメラを合わせます。
屋上に柵に寄り掛かり泣き崩れる英治。
英治の後の方から撮ります。

右(下手):太陽
左(上手):英治
(最初は逆ですが、最後のカットにこうなります)

1-3:
次が雨の中のタンポポのカット。
夕方の太陽がタンポポに代わります。
車が跳ねる泥水が掛かります。

右(下手):タンポポ
左(上手):手を伸ばす英治と赤ちゃん

このタンポポは持ち帰り、部屋の中で鉢植えになります。
英治は自分で髪を切ります。

これ以降、色々な花が部屋を飾り、また街中に現れ、
英治は色々な仕事をし、雫は成長していきます。
最後は「フラワーショップ 雫」と英治。

1-4:
解釈

英治の右側にに来るのが、

赤い薔薇→夕陽→タンポポ
(時間は、夕方→夜、雨→昼間)

と変わってきました。

映像から解釈すると、心や愛情を注ぐものを表してるでしょう。

「彼女」を失い、代わりに赤ちゃんの誕生。
そして夜の雨の中、タンポポを見つけ手を差し伸べる。
英治は色々な仕事をし、どうやら花屋「フラワーショップ 雫」を始めた。

「彼女」は常に家の中を花で一杯にしたいとヴィデオグラムの中で言っていたので、
英治は花屋を始めたと捉えて間違いないでしょう。

第一話の最初の場面なので、これ以上は不明。

1-5:
花言葉から解釈。

赤い薔薇
「愛情」「模範」「貞節」「情熱」
(帯紅(おびべに、ていこう)だと、「私を射止めて」)
(参考→http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_179.html)

…「愛情」、「情熱」を英治が失ったのは間違い無し。
…「貞節」や「模範」に関しては、不明。
…最終話までに英治はこれらのものを失うのか、再び手にするか、と楽しみにした方がいいでしょう(笑)。
(ただ、放送とDVDで最終話まで2回観たのでどうなるか知ってる(笑))

タンポポ
「真心の愛」「神のお告げ」「愛の神託」「思わせ振り」「別離」
(参考→http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_139.html)
「神のお告げ」「神託」「軽率」「軽薄」「真心の愛」
(参考→http://hanakotoba-labo.com/16ta-tanpopo.htm)

…これは、最終話まで観ると巧く「赤ちゃん」に当てはまってます。
…打算的な生き方から考えると、今後の英治の行動は「軽率」「軽薄」。
…「赤ちゃん」の存在は英治にとって、「真心の愛」で「神からのお告げ」で「神託」です。
…そして英治には「赤ちゃん」との「別離」が待ってます。

2:
その後、連続するカットで登場する花は、
順番に、

A,
英治の部屋、カットと共に変わります。
タンポポ、切り取ったペットボトルの底の鉢植え

野菊(薄紫)、空の牛乳瓶に差す

朝顔(青)、鉢植え

B,
英治が道路工事で交通整理、英治が手を差し延ばします
コスモス(白)、道路工事の道端 

C,
英治の部屋、ここもカットと共に変わります
チューリップ(赤紫)→これは下の方が映らずどうなってるか不明。

プリクラを二人で貼る
?藤色か水色の花、鉢植え

D,
英治、建設現場、お昼
群生するパンジーの看板の前

E,
英治の部屋、夜
野菊(赤紫)、空の牛乳瓶に差す

F,
英治、不動産屋の店頭で、
シクラメン(ピンク)、鉢植え

G,
英治、夜、赤ちゃんを谷川医院へ、
金魚草(白)、医院の中、

H,
夜のビルの清掃、建物の外側に、
オンシジウム(黄色)

I,
堤防で四葉探し、
シロツメグサの群生

J,
神田明神で七五三、
菊(ピンク、管物(=くだもの))

K,
英治の部屋、二人でプリクラを貼る
ケイトウ、小さい(黄色、赤)、鉢植え

L,
英治の部屋、寝ている英治と赤ちゃん、
桔梗、空き瓶に差す
枕元の本の表紙の絵は、チューリップ(赤と橙色)?

M,
英治、貯木場で食事中、
?キク科?(ピンク)

N,
英治の部屋、雫の誕生日
デイジー(黄色、橙色)

かすみ草(白)
空き瓶(多分、ケーキで見えません)に差す

O,
不動産屋の前、英治と雫
?(黄色)、鉢植え

P,
英治の部屋、夜、英治、店舗用物件の間取り図を見る
?(赤紫)、空の牛乳瓶に差す

Q,
夕方の運河(?)、英治と雫が遊ぶ、
二人の近景に、
ヒメジョオン(白)?


3:
夕方

「『薔薇のない花屋』その2」でも書きましたが、補足とまとめ。

3-1:
屋上で後姿の英治が(多分)泣き崩れるカット。
母親の死と赤ちゃんの誕生。
古い時代の終わりと新しい時代の始まり、です。

英治の子育ての始まりです。

3-2:
「2 Q」のカット。
英治と雫だけの生活の終わりです。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 本仮屋ユイカ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
30位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

国立新美術館 スラヴ叙事詩 ミュシャ 鈴木省吾 福田ゆみ 篠原篤 村井國夫 瑛蓮 中村蒼 大倉孝二 東京国立博物館 平成館 稲葉天目 金田明夫 坂口健太郎 平岡祐太 鈴木亮平 八木亜希子 吉岡里帆 松たか子 富澤たけし 有線七宝 並河靖之 無線七宝 濤川惣助 超絶技巧 東京都庭園美術館 木野花 住田萌乃 シシド・カフカ ヤオ・アイニン 工藤阿須加 キムラ緑子 渡辺大 新井浩文 山本未來 黒木瞳 佐藤二朗 芳根京子 高畑充希 大島蓉子 石川恋 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 篠川桃音 手塚とおる 風間俊介 山田美紅羽 桜田ひより 水谷豊 新克利 三國連太郎 緒形拳 秋吉久美子 高倉健 新田次郎 田中要次 小堺一機 柄本時生 女工哀史 野麦峠 山本茂美 志尊淳 ビリギャル 地井武男 森次晃嗣 原田美枝子 川崎紘菜 山田涼介 木下ほうか 新川優愛 ディーン・フジオカ 篠井英介 土屋太鳳 佐野勇斗 稲垣来泉 田中直樹 川津明日香 岩田剛典 津田寛治 秋田蘭画 小田野直武 佐竹署山 菱田春草 解体新書 サントリー美術館 青木崇高 石原さとみ 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 向井潤吉 モディリアーニ モネ デトロイト美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 アルチンボルド 伊藤かずえ ブリューゲル ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 曽我蕭白 円空 長澤芦雪 仙厓 出光美術館 正倉院 小林よしのり 戦争論 アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー 聖トマス ラ・トゥール 鈴木其一 マネ カラヴァッジョ 賀来千賀子 エデンの東 曜変天目 油滴天目 禾目天目 伊藤修子 油滴天目茶碗 曜変天目茶碗 円山応挙 藤花図屏風 松林図屏風 長谷川等伯 雪松図屏風 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 市原隼人 望郷 海の星 みかんの花 雲の糸 メッサーシュミット ハインケル スピットファイア― 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 久松郁美 本多力 三田真央 光宗薫 中村倫也 やべきょうすけ 佐々木心音 満島真之介 山本裕典 恵順 森田藻己 宮川香山 東京藝術大学 朝顔図屏風 富田靖子 横山歩 坂井真紀 高畑裕太 石井杏奈 真剣佑 村上虹郎 寺尾聰 滝藤賢一 片桐仁 松尾幸美 三宅弘城 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 福山翔大 時計じかけのオレンジ 小室哲哉 20世紀少年 浦沢直樹 富士眞奈美 細うで繁盛記 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 ルノワール 黒島結菜 菊池風磨 竹内涼真 八木莉可子 吉田博 川瀬巴水 赤間麻里子 小野塚勇人 小島梨里杏 林田悠作 滝沢沙織 ジュディ・オング 妹尾青洸 鈴之助 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 八ッ橋図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 風神雷神図屏風 MEGUMI 伊藤若冲 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 拙宗等揚 雪舟等楊 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 石井ふく子 大空真弓 橋田壽賀子 大和書房 Amazon 再販制度 泰明画廊 府中市美術館 門脇麦 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 川栄李奈 蘭寿とむ マルシア 徳井義美 瀬戸康史 永山絢斗 黒木華 水野美紀 藤原さくら 倉光泰子 山本耕史 シャーロット・ケイト・フォックス 松下由樹 橋爪功 加藤清史郎 渡辺舞 寺田心 松田芹香 北斎 広重 太田記念美術館 保栄堂版 東海道五十三次 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 与謝蕪村 狩野元信 青木木米 富岡鉄斎 池大雅 浦上玉堂 着艦 発艦 F14 T45 成宮寛貴 メラン ビュラン デューラー 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 エングレーヴィング Leola 濱田龍臣 西岡徳馬 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 岡本太郎 岸田劉生 安井曾太郎 安田靫彦 佐伯祐三 和田三造 中村研一 田村孝之介 北蓮造 野波麻帆 今野浩喜 竜星涼 風神雷神図 舟橋蒔絵硯箱 本阿弥光悦 燕子花図屏風 夏秋草図屏風 光琳 ティーチャ 名所江戸百景 原安二郎 富士三十六景 六十余州名所図会 千絵の海 坂上忍 矢柴俊博 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 カキツバタ 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 高浮彫 釉下彩 釉裏紅 暗花 皆川猿時 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ チェン・ダオミン カストラート 鞏俐 陳道明 妻への家路 高良健吾 森川葵 真飛聖 甲本雅裕 伊藤歩 鎌田敏夫 吉田羊 野村周平 和久井映見 蓮佛美沙子 品川徹 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 江戸東京博物館 糸巻きの聖母 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 牛乳を注ぐ女 高田彪我 三井記念美術館 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 多岐川裕美 平澤宏々路 中島裕翔 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 弓をひくヘラクレス 立川談志 宮川大輔 中村勘九郎 田邊哲人 生人形 松本喜三郎 安本亀八 谷汲観音像 野見宿禰 当麻蹴速 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 小堀遠州 龍安寺方丈庭園 枯山水 秋冬山水図 抽象画 抽象芸術 カンディンスキー 松岡茉優 星野源 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 再販売価格維持制度 CD ブルーレイ DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 写楽 歌麿 神奈川県立歴史博物館 小林清親 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー 1984年 オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 鏝絵 入江長八 松崎町 川平慈英 神田沙也加 葵わかな 城田優 内山理名 西内まりや 尾美としのり 三佛寺 蔵王権現 投入堂 西新井大師 藤原道長 冷泉家 總持寺 山田望叶 上川隆也 大原櫻子 馬場園梓 太賀 市川由衣 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 貝桶 蒔絵 沈金 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 歌川国芳 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 生きている兵隊 半藤一利 昭和史 石川達三 種田陽平 クリスチャン・ベール 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 儒教 櫻井淳子 中庸 すぐやる課 宮地雅子 内館牧子 吉本美優 高杉真宙 桐原亮司 熊川哲也 ロバート・ハインデル 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 氷図 大瀑布図 大乗寺 大英博物館 相国寺 松に孔雀図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 安藤健二 封印作品の謎 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 丸山智己 井原剛志 市川猿之助 相葉雅紀 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 星月夜 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ローズ ベット・ミドラー 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 MY 「PIECE WISH」 OF 阿部サダオ 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 フェラーリ シェル シューマッハ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 狩野永徳 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 紺野美沙子 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 歌川広重 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 原田泰造 村井良大 高橋真唯 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 柴田理恵 不破万作 安藤玉恵 古田新太 大滝秀治 長塚京三 古谷一行 狩野尚信 狩野重信 狩野常信 狩野探幽 仁清 乾山 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 リウ・イエ チェン・コン 劉燁 小さな中国のお針子 ジュウ・シュン 陳坤 周迅 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 横山大観 加山又造 牧進 川端龍子 山種美術館 名樹散椿 速水御舟 石田法嗣 ダンカン 早乙女太一 麿赤兒 ボストン美術館 上野の森美術館 岡倉天心 東京国立近代美術館 下村観山 莫言 故郷の香り モォ・イエン グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ サン・バオ 霍建起 転校生 大林宣彦 団時朗 大谷亮介 筒井真理子 中田喜子 はろるど アントラーズ 鹿島 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 平愛梨 藤原薫 石井トミコ 研ナオコ 田辺修斗 上原陸 西山潤 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 井上真樹夫 中村ゆりか 浅田美代子 財前直見 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 広島平和記念資料館 中国新聞 平和データベース 原爆の絵 広島平和資料館 渡瀬恒彦 オルセー美術館 イルカ なごり雪 広瀬すず 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 翠玉白菜 NHKスペシャル 故宮博物院 アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン シスタームーン オラトーニ 石塚英彦 明珍 冨木宗好 高瀬好山 自在置物 アートシーン 冨木宗行 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 LiLiCo 遊井亮子 三浦理恵子 石田ニコル 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 六平直政 中村梅雀 マイヨージョーヌ ルコック・スポルティフ デサント本社 白山松哉 村田コレクション 村田理如 日月烏鷺蒔絵額 清水三年坂美術館 あべまみ 21世紀少年 ザ・スタンド 復活の日 蝿の王 動物農場 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 刺繍絵画 自在 印籠 薩摩焼 金工 榎木孝明 夏秋渓流図屏風 見頃 應擧 MOZU BORDER スモーキングガン 決定的証拠 ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 藤城清治 風の又三郎 オーヴェールの教会 青の愛 トリコロール キェシロフスキ 福島第一原発 原発敗戦 船橋洋一 検閲 伏字 江藤淳 閉ざされた言語空間 大虐殺 キャンディス・バーゲン ソルジャー・ブルー ピーター・ストラウス 神田隆 栄光のル・マン スティーヴ・マックイーン 田宮二郎 加賀まり子 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 TAKAHIRO 関根勤 戦力外捜査官 大木隆行 有川浩 渡邉このみ 大後寿々花 三上博史 呉天明 陳凱歌 チェン・カイコ― 酒井美紀 山西省日本軍残留問題 橘らい四郎 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥村和一 ゆきゆきて神軍 今村昌平 奥崎謙三 原一男 新版画 デビット伊藤 第七の封印 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ ホセ・ファン・ダム 仮面の中のアリア 七宝花鳥図三十額 迎賓館 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 谷中村 田中正造 棄民 栃木 足尾銅山 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 小林正樹 武満徹 切腹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 宮里駿 桜井美南 岩井俊二 本郷奏多 なぞの転校生 京野ことみ ミッキー・カーチス 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 チョウ・ユンファ 王妃の紋章 秋菊の物語 大怪獣 バラン 逸見東洋 種まく人 大田区立郷土博物館 石倉三郎 小林古径 奥村土牛 コリント前書第13章 ジュリエット・ビノシュ 小松左京 愚行の輪 深海獣雷牙 深海獣レイゴー 山本學 菊池均也 決死圏SOS宇宙船 日曜洋画劇場 ジュリー・アンダーソン 生きものの記録 安達祐実 カイユボット ブリヂストン美術館 ケリー・マクギリス トップガン アメリカの巨大軍需産業 広瀬隆 点描の画家たち 印象派を越えて ミレー クレラ―=ミュラー美術館 ニミッツ キャサリン・ロス マーティン・シーン お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR