『アルジャーノンに花束を』2015年版その8

第八話

1:
ALGの完成形のために蜂須賀部長(石丸幹二)に協力を求める咲人(山下智久)。

遥香(栗山千明)と暮らし始めた咲人。

柳川(窪田正孝)には顔を見れて嬉しかったと咲人。

こういう事は、
咲人、知能が向上して以来、見せなかった暖かな心。
それが表すのは、知能が向上する以前の咲人。
つまり、知能の退行が密かに進んでいる事を暗示です。


2:
蜂須賀部長の部屋に壁に掛けてある絵は、
グスタフ・クリムトの
「死と生」(1915年)
の複製だな。
参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%88#/media/File:Gustav_Klimt_-_Death_and_Life_-_Google_Art_Project.jpg


3:
最後のシークウェンス、柳川、檜山(工藤阿須加)、舞(大政絢)が梨央(谷村美月)の治療の協力を咲人に頼むために
脳生理科学研究センターを訪れ、遥香が応じます。
冷たく追い返す遥香。

なぜ?

そりゃ退行が進む咲人にALGを完成して欲しいから。
愛です、愛。


4:
このドラマ、成長物語でもありますな。
大人になり、知恵が付き、その代り捨てたものもある、ってお話。
その捨てたものを再び手にするには、どうすべきか?
簡単ではありません。

人生の失敗に気付くのも簡単ではなく、失敗の償いをするのは更に難しい。


5:
柳川との付き合いが増えた舞。
着ている物が変わってきています。
黒いストッキングで女を強調するのをやめ、何と、パンツに。
心の変化です。


6:
今回も、何かなぁ、面白くない。
咲人が梨央の治療に何かするか、この点に興味が有るんで、
次回も観ます。



タグ 山下智久 草刈民代 工藤阿須加 窪田正孝 石丸幹二 中原丈雄 栗山千明 谷村美月 大政絢



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『アルジャーノンに花束を』2015年版その7

第七話

1:
α-Lipoxanthine-Glucoside


2:
いよいよ、物語が後半へと入りました。

咲人(山下智久)が蜂須賀部長(石丸幹二)へ、言っちゃいました。
「あなたにはまごころがない」

知能が発達してから初めて「情」を見せました。

まぁ以降は原作通りでしょう。

違うのは、


3:
梨央(谷村美月)が檜山(工藤阿須加)に自分の病気の事を話しました。
そして檜山の目の前で発作を起こす。

その前に起きていた事を振り返ると、

蜂須賀部長は梨央の父親河口玲二(中原丈雄)にALGが進行性要素性障害への効果が無いと言い、
更に、
学会で発表したおかげで世界中から資金提供の申し入れが来ていると告げる。
河口玲二(中原丈雄)に今後は今後資金提供を辞退する事も告げる。
咲人は自分でALGを作れるようになっていた。

、と言う事は、
咲人は自分でALGを作れるから、
梨央の為に進行性要素性障害の治療薬を作る、かな?


4:
それで、このドラマ、面白いかと言うと、
う~ん、大して面白くない。

それでも、次回も観ます。



タグ 山下智久 草刈民代 工藤阿須加 窪田正孝 石丸幹二 中原丈雄 栗山千明 谷村美月 大政絢



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その8

第八話

1:
毎回の事なんで書くのが面倒臭くなってきました。

「医師たちのドロドロ事情」です(笑)。

最後はやはり仁術の守田晴樹先生(斉藤工)、近藤千鶴先生(石田ゆり子)、仁志先生(井原剛志)と、
算術の渡辺幹夫経営本部長(生瀬勝久)との対決になるんだろうなぁ。


2:
やはり恋愛ドラマですから、晴樹先生と千鶴先生の恋の行方が見もの。
今回は再び近付く二人ですが、次回はまたも柏木誠司医師(鶴見信吾)が現れ、ハラハラ展開へ(笑)。

恋愛ドラマの王道、お約束を素直に進み大変良心的な作りであります(笑)。
恋愛ドラマはこうでなくちゃいけません(笑)。


3:
次回も観ます。



タグ 斉藤工 石田ゆり子 床嶋佳子 平山浩行 相武紗季 鶴見信吾 板谷由夏 根岸季衣 井原剛志 生瀬勝久




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その7

第七話

1:
ホレ、ホレ、やはり関東貴船組組長橘勲(遠藤憲一)がバクちゃん(大島優子)の「生物学的」父親だった(^.^)。


2:
物語が後半戦へと動き出しました。
永光遥(本田翼)、有留章子医師(山口紗弥加)、ヤクザに対して逃げるのではなく、反撃開始。
二人共バクちゃんに協力すると言うも、バクちゃんはつれなく断る。

橘勲の息子、麦蒔が出所、足抜けを希望す。
その真意は、橘勲の真意は、何ぞ?

面白くなってきました。


2:
バクちゃんが警視庁警務部人事課課長谷川永徳(山口馬木也)にあれだけいたぶられ(=パワハラ)ても、
なぜ警官でい続けたいのでしょう?
「亡き父親を喜ばせたい」、これだけではどうも説得力が弱い。

この辺、次回以降に明らかになるでしょうか?


3:
次回も観ます。




タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 田中哲司 遠藤憲一 名取裕子 本田翼 山口馬木也




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その7

第八話

1:
今回は駄目だね(涙)。
全然面白くない(涙)。

阿部サダヲに限らず誰かの目が点になる様な凄い演技を期待しても、皆無。

それでも、次回も観ますか。



タグ 山口智子 阿部サダヲ 藤木直人 水原希子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ようこそ、わが家へ』その7

第七話

1:
倉田家に侵入し、オマケに健太(相葉雅紀)を刺したのは七菜(有村架純)の大学の同級生保原万里江(足立梨花)だった。
七菜のストーカーだと思われていた辻本正輝(藤井流星)は万里江に脅され、それにもめげず七菜を助けようとしていたのが判明。

まぁ、まだ第七話なんだからこんなに簡単に終わるハズなし。
だから、

父親太一(寺尾聰)の方は…。
例の新品ドリルを間瀬営業部長(竹中直人)が開拓してきた(株)イーグル精密に売ることになっているが、
この2年間赤字、オマケに手形で3,000万円を払う事になっている。
そこを青葉銀行時代の部下村井(小市慢太郎)に調べてもらう。
村井の情報ではかなり危ない。
しかし、ナカノ電子部品持川徹(近藤芳正)社長の話では三和エレキが買収合併し、新規取引先を紹介され来季はV字回復すると。
こちらは間瀬営業部長から。

健太の母親珪子(南果歩)が陶芸教室仲間の中島家(歌川椎子)に空き巣が入り、その容疑者に珪子がなる。


2:
名無しさんが最後の攻勢を掛けてきました。
敵役はこれ位強くなくちゃいかん(笑)。
これから面白くなるゾォ(笑)。


3:
怪しいのは下村民子(堀内敬子)。
本当にダンナはあれ程稼いでいるのか?
ダンナとはらぶらぶか?
幸せな家庭か?


4:
次回も観ます。



タグ 堀内敬子 有村架純 寺尾聰 南果歩 小市慢太郎 竹中直人 足立梨花 藤井流星 近藤芳正 歌川椎子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『天皇の料理番』2015年版 その5

第五話

1:
「暗夜行路」の回でした。

篤蔵(佐藤健)、俊子(黒木華)と晴れて所帯を持つために、
食堂開店資金として100円を父(杉本哲太)から何とか借りるよう説得に成功するも、
俊子が見限りバイバイ(@_@)。

篤造、俊子がいないなら、パリへ修行に行くから100円ではなく200円貸せと父に言うと、
勘当された(笑)。

兄周太郎(鈴木亮平)の労咳は悪化している(涙)。


2:
篤造を演じる佐藤健は相変わらず巧い。
パッチリお目目を巧く利用して喜怒哀楽を少々強調気味に表現。


3:
さて、次回は篤造がパリへ行く様です。
だから観ます。



タグ 佐藤健 黒木華 美保純 小林薫 桐谷健太 柄本佑 杉本哲太 佐藤蛾次郎 高岡早紀 森下佳子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『妄想彼女』その1

★簡単な紹介

○放送
2015年5月23日~6月20日
午後11:40~0:05
土曜日 フジTV系
全4回

○スタッフ
原案:地主恵亮『妄想彼女―頭の中で作りあげた僕の彼女』
脚本:大野敏哉
演出:後藤庸介
撮影:貝谷慎一
照明:小西章永
音楽:KOSEN
プロデューサー:後藤庸介

○出演
木南晴夏………………鎌倉由紀
浅利陽介………………高島圭祐
広瀬アリス……………はる
丸山智己………………安西晃平
鈴木勝大………………伊藤琢磨
三宅ひろみ……………女子アナ



★評


中条あやみ出演の「She」を観なくて、同じ時間帯のこっちを観てみるかぁ
目玉は広瀬アリスでもなく、色白の浅利陽介でもなく、
木南晴夏
出演者をざっと見ても、演技力と見た目の「強さ」でも木南晴夏が一番。
見た目が宜しい女性をドラマで眺める趣味はCYPRESSにはもうありませぬ。
役者は、まず、演技であります。
見た目はその次。
だから若手女優で気になるのは広瀬アリスではなく、蓮佛美沙子門脇麦です。
だから綾瀬はるかのファンでありながら、ボコボコにし続けたのです。

さて、広瀬アリスの出演歴を振り返ると、最初に観たのは、
『大切なことはすべて君が教えてくれた』2011年
次は
『黒の女教師』2012年

浅利陽介だと、実際の放送ではなくDVDですが、
『永遠の仔』2000年
椎名桔平演じる有沢梁平の子供時代を演じてました。
勝地涼も渡部篤郎演じる長瀬笙一郎の子供時代をね。

では、第一話を観てみると…


第一話

1:
内容は「恋愛はめんどくせ~」。
だから妄想で十分。
ハイ、その通りです。
生きていく事自体が面倒臭い。
恋愛も生きる事の一部ですから、絶対面倒臭い。
だから、年長者が「今時の若者が恋愛は面倒臭い等と言うとは覇気、元気が無い」なんて言うのは、
傲慢でありアホですよ、全く(溜息)。


2:
内容は、
自分の妄想通りの彼女ですからねぇ、
これが面白いかどうかが評価の分かれ目。

広瀬アリス演じるはるに「萌え」になる方にはいいんでしょうが、
私CYPRESSには全く面白くない、少なくとも第一話では。

大した顔してない木南晴夏演じる鎌倉由紀がどんな風になるか、
このドラマの鍵でしょう。


3:
取り敢えず、次回も録画予約しときました(笑)。



タグ 木南晴夏 浅利陽介 勝地涼 中条あやみ 綾瀬はるか 広瀬アリス 蓮佛美沙子 門脇麦 鈴木勝大 丸山智己



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その6

第六話

1:
バクちゃん(大島優子)の過去がまた一つ明らかに。
幼い頃のバクちゃんと家族を知っている警邏の岩井田守(金田明夫)。
橘勲(遠藤憲一)はバクちゃんの母由美子(名取裕子)の元へ何度も訪れ、それを岩井田が追っ払っていたとか。

まぁ、ここまで来たら橘勲がバクちゃんの「生物学的」父親でしょう。


2:
そして今回は谷川永徳警視庁警務部人事課課長(山口馬木也)が大きく出て来て、その意味が初めて明らかになりつつあります。
組織の中の「人事課長」と言えば、そこに属する人間の生殺与奪を握る重鎮。
それが制服を着たバクちゃんをいたぶっていたんですから、バクちゃんの父が橘勲であるのは間違い無いでしょう。


3:
今回のもう一人のゲスト小牧(山本浩司)の腐った心の件はバクちゃんの過去と比べると、
弱過ぎ。

バクちゃんがヤクザと元ヤクザをいたぶるのは、飽きてきました。


4:
それでも、次回も観ます。



タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 山口馬木也 遠藤憲一 名取裕子 金田明夫 山本浩司



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その6

第七話

1:
お話の方はもうどうでもいい。
私には全く面白くない。
だから、今回第七話で観るのを止めようと決定。
それでも最後までは観るだけは観よう、と観ると、


2:
やられました(笑)。
またしても、あの隠れ二枚目に(笑)。
阿部サダヲです、阿部サダヲ(笑)。

最後のから2番目のシークウェンスで、みやこ(水原希子)と一緒に帰ってきた春太(阿部サダヲ)。
そこで目にしたのが元妻静(山口智子)が、昔、春太と言い合っていた様に、心(藤木直人)と言い合い楽しそうにしている。
それを見て、なぜか泣く春太。
カッコ悪いから一生懸命に堪える春太。

この時の阿部サダヲの表情(@_@)。

実に素晴らしい。

侮れんぜ、この中堅俳優(^.^)。
日本を代表する男優の一人。

すげ~(^.^)。


3:
こんな訳で観るのを止めるに止められず(笑)。
次回も観ます。



タグ 山口智子 阿部サダヲ 藤木直人 水原希子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その22

その2
分析と解釈


第四話
その2

1:
登場人物の左右の立ち位置 その1

1-1:
冒頭

1-1-1:
美桜(竹内結子)がバスを降りたら英治(香取信吾)が待っていました。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…二人共ニコニコなんですが、
…ほらほら、前回第三話の最後から繋がり、位置が逆じゃん(溜息)。
…間違い無く何やら宜しくない事が今回起こりますヨ、視聴者の皆さん、と告げる演出。

1-1-2:
続いて食器売り場でも同じ。

右(下手):美桜
左(上手):英治

でも、1回、位置が正しくなりますが、

1-1-3:
そして福引のお知らせの前で。
一等が液晶TV です、と英治。
欲しい、と美桜。

右(下手):英治、背後から
左(上手):美桜

…正しい位置ですが、英治がカメラに背を向けています。
…目が不自由な事を忘れた美桜とそれを疑問に思う英治です。

1-1-4:
福引会場で。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…美桜のために一等を当てたいと本気の英治。

1-1-5:
そこで知り合いの江原(天野ひろゆき)に当たりを出せと軽く威す。

右(下手):江原、遠景に美桜
左(上手):英治

…どんな事をしてでも(笑)、美桜の為に一等液晶TVを手に入れる気の英治です。

1-1-6:
そんな事を英治がしている間に美桜がやっちゃって白玉残念賞。
だけど、英治は金を鳴らし一等にしちゃった(@_@)。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…あ~らら、やっちゃたヨ、英治君(@_@)。
…まぁ、恋は盲目(笑)へ向かってスタートを切ったて事。


1-2:
喫茶コロンで、英治、江原、四条健吾(寺島進)。
省吾(今井悠貴)の万引きの濡れ衣について話す。

右(下手):江原
中央:英治
左(上手):四条

四条は江原が冷たいと責めます。
江原は万引きの被害の大きさを訴え、今回は間違えため省吾の親から慰謝料を請求されてると困ってます。
江原は省吾が今度は親のケータイの番号を直ぐ教えたし、省吾の親が取った店での行動を考えると、英治と江原は「はめられた」。
この件に関しては、四条は「考え過ぎだろう」

…ここでは英治の態度と言うより、二つの事実の間にいる英治です。
…と言う事は、省吾と同じ様な経験をしているかも、と暗示しています。
…最初に英治と美桜の立ち位置がここへ、まず、繋がっている様です。


1-3:
続いて

1-3-1:
小野優貴先生(釈由美子)がフラワーショップ雫へやって来て、省吾の件を英治と話す。
省吾は親から育児放棄されているのかもしれない、と英治。

右(下手):英治
左(上手):小野先生

…英治が正しい位置にいますから、話は深刻化、重大化しそうな雰囲気濃厚。

1-3-2:
二人が車で省吾を探しに行き、いつもの河原で川に石を投げている省吾を発見。
車の中の二人は、

右(下手):英治
左(上手):小野先生


1-4:
美桜、汐見家で夕食を作り、菱田さん(池内淳子)、雫(八木優希)、直哉(松田翔太)が絶賛。
直哉が美桜の仕事を尋ね、菱田さんがマッサージ、指圧と言い、美桜がその通りと答える。

右(下手):菱田さん、雫、直哉
左(上手):美桜

…勿論嘘で、それを強調する位置。


1-5:
その後、外で、美桜と直哉。
雫や菱田さんにまで嘘を吐いて罪悪感を感じてると美桜。
罪悪感を感じてない直哉は心が無いと美桜。
院長先生(三浦友和)は英治を誤解してると思うから、その誤解を解きたいと美桜。

「例のDVD」を美桜に渡し、観てみろと直哉。

右(下手):直哉
左(上手):美桜

…美桜の正しい位置ですから、かなり嘘に罪悪感を感じ、心の重荷になってます。

1-6:
夜、ラーメン屋で英治、省吾、小野先生。

英治、
>君みたいな子のこと 「名も無き戦士」っていうんだよ。
必死に 毎日 戦ってんのに知らないんだよね 誰も。

(中略)

>実は俺も 小さいとき そうだったんだ。
>俺も名も無き戦士さ

英治と省吾が握手。
英治、
>よろしく

右(下手):英治
中央:省吾
左(上手):小野先生

…英治の重大発表であります。

1-7:
小学校で雫が省吾に正義の味方から変わったメルアドを渡す。

右(下手):雫
左(上手):省吾

…英治と同じ位置に来る雫。
…英治と同じく省吾の味方です。

1-8:
職員室から小野先生が英治に電話を掛ける。
省吾の前の学校での様子を話す。
省吾の虐待と保護についても話す。

右(下手):小野先生
左(上手):受話器(=英治)

英治の方は、

右(下手):英治
左(上手):ケータイ(=小野先生)

…英治と小野先生では電話の位置が反対、逆になっています。

しかし、話が進むと小野先生も受話器の位置が反対に変わり、英治との関係を示す正しい位置になります。

右(下手):受話器(=英治)
左(上手):小野先生

…省吾の件の重大さ、深刻さに小野先生も気付いた、と解釈出来る受話器の持ち替え。
…このシークウェンスの前、夜のラーメン屋でのシークウェンスで自分の子共の頃の虐待を話した英治。
だから虐待とそこからの保護について小野先生よりも詳しいとケータイの持ち方で、台詞を補強しています。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 天野ひろゆき 今井悠貴



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ようこそ、わが家へ』その6

第六話

1:
善の側、いよいよ反撃開始!

名無しさんを巧いこと倉田邸に忍び込ませた健太(相葉雅紀)。
一緒にいたのは妹七菜(有村架純)。
しかし、
健太は名無しさんから七菜を守ろうとして刺される。

これは一大事。
単なる嫌がらせ、ストーカー事件から立派な傷害事件となってしまいました。
場合によっては殺人未遂にまでなってしまいます。

名無しさん、引くに引けない状況に陥るかも。
そうする自暴自棄になり倉田家一家惨殺にまでなる可能性も、
有る訳ない(笑)。
そんな脚本、放送出来るはずないからネ(笑)。


2:
一方健太の父親太一総務部長(寺尾聰)の方は、間瀬営業部長(竹中直人)が3,000万円で購入したドリルが廃棄品と判明。
この件を太一は西沢摂子(山口紗弥加)と共に間瀬営業部長に知らせ慌てさせ、ボロを出させようとする。
しかし、
発注通りの新品3,000万円分がちゃんと直ぐに納入された(@_@)。

こちらも巧く行かんわい。


3:
さて、次回から大きく変わるゾ。
子供を傷付けられた親がどれ程怒り、豹変するか、
自分のことを考えず復讐するか、
太一の変貌振りがどうなるか楽しみです。

次回も観ます。



タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 高田純次 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『天皇の料理番』2015年版 その4

第四話

1:
面白い(^.^)。

秋山篤蔵(佐藤健)、最初の壁に突き当たる。
宇佐美シェフ(小林薫)が「ぺて公」を野菜担当のシェフにしようとしていたのに、
英国公使館でも修行していたのがバレ、首(涙)。

だからと言って、あんまり長いこと事実っぽく篤蔵を無職にしとくと連ドラが終わるんで(笑)、
早くも次の職場発見。
バンザイ軒であります。
主人は森田仙之介(佐藤蛾次郎)、奥方は守田梅(高岡早紀)。


2:
相変らず篤蔵を演じる佐藤健は巧いけど、
今回は役者離れ、素人離れした包丁さばきを見せた(@_@)。
スゲ~(@_@)。


3:
そして脚本は森下佳子
『白夜行』の第一話以来の出来の良さ(^.^)。


4:
次回も観ます。



タグ 佐藤健 黒木華 美保純 小林薫 桐谷健太 柄本佑 杉本哲太 佐藤蛾次郎 高岡早紀 森下佳子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『日曜美術館 永遠のモダン 京の春・重森三玲の庭』

★放送
2015年5月17日(日)
NHKEテレ

放送分HP→http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2015/0517/index.html

重森三玲について。
略歴、主な著書、主な庭→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/mirei_bio.html

最近の関連書籍、雑誌→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/book_list.html

重森三玲について少々詳しく→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/about_mirei01.html

重森三玲庭園美術館→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/association-jp.html

同庭園美術館見学予約→http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/open_01.html



1:
maeboo.さんのブログの記事を見て重森三玲(1896~1975)を知り、
(maeboo.さんの記事→http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2015-05-09-1)
いつもの様に『日曜美術館』のHPを見てると、

何と!

「永遠のモダン 京の晴・重森三玲の庭」
の文字がある(@_@)。

こんなタイミングで放送されるとは、ビックリ(@_@)。

好奇心を刺激され観てみました。


2:
いや、これが久し振りの大穴、大当たり(^.^)。
大変興味深く、面白かった(^.^)。

江戸時代までの日本画と変わらん(@_@)。
ハッキリ言って全く同じ(@_@)。

植物、岩、砂と言う自然の中で、
自然の範囲を越えず、
自由奔放に、
庭を作りました。

写実の範囲の中で、
自由奔放に心(=想像力、閃き、色彩感覚、空間感覚等)を解き放った
偉大な絵師を全く同じです。

たらし込みと写実描写で描いた琳派の絵師に近いと思って観ていたら、
砂利に粗い熊手で描いた砂紋は尾形光琳の『松島図屏風』の波の表現と変わらん(@_@)
(参考 名古屋美術館での「ボストン美術館展」のHPから。松島図屏風→http://www.nagoya-boston.or.jp/boston-nippon/point/)
日本独自の紋様なんだなぁ。

これは大した芸術家ですゾ、重森三玲は。

立体的な日本画であります。

インタビューが残っていて、
>元禄時代以降、特に明治以降の庭は庭じゃない。
→これ、明治以降の日本画にも言えます。
川合玉堂、加山又造とか素晴らしいのですが、心のぶっ飛び具合が残念ながら敵ってないんです。

>石の方からどう組めばいいか語ってくる。
→この感覚、分かる気がします。
絵画も雰囲気を漂わせ、見ている人間がその雰囲気を感じられるのがいい作品で、非常に主観的なんです。
客観的な名画、名作なぞ無く、多くの人が雰囲気を感じられる作品は名作、名品、佳作、傑作なんです。


2:
「永遠のモダン」と言ってますが、日本人独自の古より綿々と受け継がれる美意識です。
日本画と変わりません。
日本人の「万古不変の美意識」ですよ。


3:
ジャズミュージシャンの菊地成孔氏が登場し、感銘を受けていらした。
この方の感じ方を観てると、間違い無く、江戸時代の日本画を見始めたら嵌りますゾ。


4:
日本庭園が日本画と同じ感性、美意識で作られ立体と平面との違いしか無いのを初めて知りました(^.^)。
久し振りに嬉しい驚きに遭いました(^.^)。
また、日本庭園という新たな美に出逢い、新たな楽しみが出来ました(^.^)。

欠点は、重森三玲が作った庭で東京近辺で公開してる所が無い(笑)。

5:
幸運と偶然に感謝。
maeboo.さんの記事が無ければ観なかったよなぁ。
maeboo.さんにも感謝です。



タグ 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『美の巨人たち ヨハネス・フェルメール「天文学者」』

★放送
2015年5月16日(土)
TV東京系


放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150516/index.html


1:
やはり私の様な素人と違い予算があるTV番組。
絵画に描かれた物を調べる事が出来ます(^.^)。

1-1:
壁に書いてあるローマ数字は、
“MDCLXVIII”
=1668年
(1668=(M=1,000)+(D=500)+(C=100)+(L=50)+(X=10)+(V=5)+(III=3))

これは薄く、実物を近くでゆっくり見れないとよく分かりません。
勿論私も分かりませんでした(笑)。

1-2:
後に掛けてある絵は「モーセの発見」
旧約聖書「出エジプト記」から。
映画『十戒』(主演:チャールトン・ヘストン、ユル・ブリンナー)、最近だと『エクソダス:神と王』を見た方なら御存じ。
ユダヤの民を率いてエジプトから約束の地へと向かったモーセ。
モーセは大移動を行うために現在位置を知り、進む方向を知るために天文学の知識に長けていたと考えられています。

説得力有り。
私の様な素人にはどんな絵なのか、推理する事さえ不可能(笑)。

1-3:
机の上に広げてある本は、
「天文学・地理学案内書」
第二版
アドリアーン・マティウス著
1621年版
、と分かるそうです(@_@)。
描かれている挿絵から第二版だと分かるそうです(@_@)。

1-4:
天球儀の左上の描写は「おおぐま座」、中央は「うしかい座」。
神話の世界を暗示しているとか。
これも私の様な研究不熱心な素人にはお手上げ(笑)。

1-5:
天球儀の手前に置いてあるのは、アストロノーム(=天体観測器)。
これは当時の物がどんな物か調べなきゃ分かりません(@_@)。
日本で調べられるのかなぁ…


2:
下絵を作るために「カメラオブスクラ」を使ったとか。
空気感、つまり、空気中の水蒸気を表し、空気を描いてる訳です。
フェルメールの現存するアトリエからカメラオブスクラの画像を単になぞってるだけではないのも、
研究から分かってるとか(@_@)。

カメラオブスクラは「美の巨人たち」で今迄に数回取り上げれましたナ。


3:
まぁ、こんな能書き(笑)、知らなくてもいい絵です(笑)。
でも、知って損になる知識というものは一つも無いのも事実。
より楽しむには知っていた方が良いデス。

現在、新国立美術館で展示中。
お勧めの一枚です。
展覧会HP→http://www.ntv.co.jp/louvre2015/


4:
この絵の私の解釈と感想文は、
http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-2098.html




タグ 美の巨人たち フェルメール 天文学者 カメラオブスクラ 新国立美術館



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『アルジャーノンに花束を』2015年版その6

第六話

1:
冷酷な知的になっていく咲人(山下智久)であります。

この辺から原作『アルジャーノンに花束を』が嫌いになっていく私CYPRESSです。
脳の知的な機能が改善されると、なぜ情や思い遣りが減っていくのか、原作では何ら描写も暗示も無かったはず。
ただ、原作を読んだのは35年程前なので、記憶にないだけかもしれず、その場合はご容赦を。


2:
それでも、ベット・ミドラーの『ローズ』共に盛り上がり、終わる最後のシークウェンスは中々の出来栄え。
知の発達を祝う栄光の凱歌か。
情の没落を嘆く挽歌か。

ローズ』自体が愛と人生の明暗、陰陽を歌った歌。

参考→http://alohayou.com/2009/10/the_rose/


3:
そして、このドラマも分水嶺、転換点を迎えました。
咲人、梨央(谷村美月)はどうなるんでしょうか?


4:
梨央役の谷村美月は当たり役。
デカくて丸い大人顔は、育ちのいい、躾のいい、深窓のお嬢さんに相応しい。
衣装もダサ目で、男を引っ掛けるためにファッションを気にする必要の無いお金持ちのお嬢さんらしい。


5:
まぁ、粗筋がどうなるか分かってますが、次回も観ます。



タグ 山下智久 草刈民代 工藤阿須加 窪田正孝 栗山千明 谷村美月 大政絢 ベット・ミドラー ローズ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その6

第六話

1:
転換点、分水嶺の回。
登場人物が覚悟を決めた回。

「人を傷付けても愛する人を選ぶ」
です。
何事も代償無くしては手に入らぬのが人の世の習い。
You’ve gotta pay the price for it.
です。

と言う事でドロドロ具合が更に粘度を上げ、下種な覗き趣味に視聴者をワクワクさせております(笑)。
そう言っていられるのも登場人物が仕事に有能だし、やたらと感情的にならない脚本の匙加減の巧みさ故。
働く大人を主人公にした恋愛ドラマの合格作へと邁進しております。
傑作とか佳作とかはまだ言えませんがネ。


2:
次回も観ます。



タグ 斉藤工 石田ゆり子 金田明夫 平山浩行 相武紗季 三宅弘城 板谷由夏 根岸季衣 井原剛志 生瀬勝久




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

脚本家 高橋二三(=たかはしにいさん)氏、逝去

ガメラ(『大怪獣ガメラ』、『大怪獣空中戦 ガメラギャオス』、『大怪獣決闘 ガメラバルゴン』等)の
脚本を書いた高橋二三氏が2015年5月5日(火)に亡くなりました。

奇しくも、子供の日に亡くなりましたね。
1960年代の子供達を夢中にさせた方には相応しい亡くなり方と言っていいでしょう。

大した事の無い映画と脚本ですが、「ガメラ」と言う魅力的な怪獣を作り出し、その種を蒔いたのは間違い無く、
その功績は讃えなくてはいけません。

その種を『平成ガメラ』シリーズで発芽させはしましたが、成長、結実、収穫までは行っていないのが残念です。

『ガメラ』を初め『ゴジラ』等怪獣物で決定版を作るのが高橋二三氏への一番の供養になるでしょう。
映画人への奮起を期待します。

合掌



タグ ガメラ 高橋二三 ギャオス バルゴン



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その5

第五話

1:
今回の目玉は、最後の屋上でのシークウェンス。
バクちゃん(大島優子)の表情が変わりました。
しかし、そこへ三ヶ島(北村一樹)がやって来ると元の無表情へ。

三ヶ島がバクちゃん自身の事や過去を尋ねても相変わらず無視。

それでも、時刻は夕焼け時。
バクちゃんの秘密も終わり、次回から新たな展開へ、と明示してます。


2:
今回は堤幸彦監督の隠れた佳作『愛なんていらねぇよ、夏』を思い出させる演出がありました。

まず、野口大輝(落合モトキ)がバクちゃんから貰った「麦踏神社」のお守りを窓から投げ捨てる場面。
『いら夏』第四話で咲子(坂口良子)が亜子(広末涼子)のスーパーボールを投げ捨てる場面がありましたな。

最後の方で佐野直道を演じる勝地涼が明らかに『いら夏』ではレイジを演じた渡部篤郎の真似をしてました。


3:
現在のバクちゃんの右眼だけを出した髪型。
気になりますね。
毎回話す「ヤクザに利益供与をした堅気は絶対許さない」を強調してるとも捉えられる髪型です。


4:
次回から物語が新たな面へと変わりそうです。
次回も観ます。



タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 遠藤憲一 落合モトキ 坂口良子 渡部篤郎 愛なんていらねぇよ、夏




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『心がポキッとね』その5

第六話

一週見逃し。
まぁ、大した出来じゃないんで集中力、注意力が切れました。

1:
、と大して期待もせず、今回は春太演じる阿部サダヲが実力発揮。
凄く良かった。

静(山口智子)に引っ張られカラオケへ。
仕事が巧く行かない悩みを今井美樹「PIECE OF MY WISH」で発散。
それでもね、静は「心がポキッとね」状態。
その静の横顔を見る春太の両目。
これが優しさに満ち溢れ、今でも愛してるのが分かる、分かる、分かる(^.^)。

この両目の演技が素晴らしかった(^.^)。

改めて阿部サダヲの演技力に感心しました(^.^)。


2:
次回も観るかなぁ。



タグ 山口智子 阿部サダオ 藤木直人 水原希子 今井美樹 「PIECE OF MY WISH」



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『美の巨人たち 鈴木長吉「水晶置物」』

★放送
2015年5月9日(土)

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150509/index.html

またしても明治の超絶技巧細密写実描写工芸品(@_@)。
今回は鋳物。
そして、またしても「すげえ~」のみ(笑)。

藝大の「ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト 明治ニッポンの美」展で展示中。
2015年4月4日(土)~5月17日(日)

HP→http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2015/doubleimpact/doubleimpact_ja.htm


見に行きたいけど、可能性かなり低し(涙)。



タグ 鈴木長吉 水晶置物



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ようこそ、わが家へ』その5

第五話

1:
ん~、何かなぁ…
神取明日香(沢尻エリカ)を歩道橋から突き落とした犯人、
簡単に捕まりました。
これが簡単に見つかり過ぎ。

ガス(→猫)が郵便受けに入れられてた時、その時の男をタクシー会社のGPS記録から発見。
七菜の元カレ辻本正輝(藤井流星)だった。
これも簡単に見つかり過ぎ。


2:
重要なのは健太(相葉雅紀)が自分の知識と記憶で明日香の犯人の住所を割り出し、
勇気を絞り出して取り押さえ、逮捕に協力した事。

ドラマの展開中、鍵となるのは分かりますが、どうも「取っ手付けた」感が強い。
つまり、別なくてもいいシークウェンス。

作る方からすると今後の展開上必要ですが、難しい所です。

ハッキリしているのは、倉田健太を演じた相葉雅紀の下手さ。
どう見ても震える両脚に耐え勇気を絞り出している様には見えません。


3:
もう一つのドラマ展開上の鍵は、ナカノ電子部品での3,000万円分のドリルの在庫不明。
主役は勿論間瀬営業部長(竹中直人)。
西沢“元シルビア”摂子(山口紗弥加)が倉田太一総務部長(寺尾聰)に言う通り「かなり怪しい」。
前回第四話で西沢+倉田部長連合に巧く「嵌められた」間瀬営業部長ですから、再反撃を狙ってるのは間違いありません。

今迄は脚本上、一話の中で不正疑惑は完了してましたが今回は完了してません。
また、今迄とは金額が一桁多く3,000万円。
この金額だと間瀬営業部長は一気に西沢摂子と倉田総務部長をクビにしようとしてますな。


4:
ちょっと中弛み気味ですが、次回も観ます。



タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 藤井流星 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『天皇の料理番』2015年版 その3

第三話

1:
面白い(^.^)。
秋山篤蔵(佐藤健)の描き方が巧く、演じる佐藤健がとてもいい。

登場人物の描き方が巧いんで、成功しそうな雰囲気が漂ってきました。


2:
問題は料理の描き方。
秋山篤蔵はまだ修行中なんで第一話の鯖江の連隊で食べたカツレツしか出て来ませんが、
今後はどうなることやら。
料理は味だけではありません。
香と食感、彩もあるのです。
特に明治の日本に香辛料はあっても、ハーブ、エルブはあったのかなぁ?

料理を描けたら、
秋山篤蔵を料理の道に進ませた以外に一品でも人の人生に大きく関わる様な料理を描けたら、
例えば子供の母親との思い出の料理とかを描けたら、
このドラマ、料理ドラマの傑作になります。
それ位人物の描き方は巧く行ってます。


3:
勿論次回も観ます。



タグ 佐藤健 黒木華 美保純 小林薫 桐谷健太 柄本佑 日野陽仁 杉本哲太 大島さと子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『アルジャーノンに花束を』2015年版その5

第五話

1:
ふ~ん、転換点の回ですな。
夕方とその後の汀のシークウェンスなんて言ったら、他に示す事無し。

咲人(山下智久)の知能の向上。
そして、恋心。
簡単には割り切れぬ面倒臭いものに嵌らずにはおれぬのが人。

更に、河口玲二興帝メディカル産業社長(中原丈雄)が蜂須賀大吾脳生理科学研究センター部長(石丸幹二)に研究結果を
来月の横浜の学会で発表しろと迫る。
発表すれば咲人自身も世間に知られストレスになり、遥香(栗山千明)との恋も巧く行かなければかなりのストレスになり絶望するかもしれない、
と蜂須賀部長。
だから遥香はフリでいいから咲人の恋人になれ、と蜂須賀部長。
そんなウソは吐けないと言う遥香をキスで口封じする蜂須賀部長。
それを目撃、咲人。

咲人は梨央(谷村美月)をデートに誘い、海へ。
そこで梨央が咲人にキス。

舞(大政絢)は康介(工藤阿須加)と隆一(窪田正孝)に梨央が進行性要素性障害にかかっていると教える。


2:
咲人と遥香。
康介と梨央。
梨央と咲人。
隆一と舞。
蜂須賀部長と遥香。
色々な恋心がこんなにあります。
う~ん、何かねぇ、下手すると自爆しそうな恋愛物語の展開。
恋を絡ませ過ぎています。

「知」と「情」の話なのをお忘れずに。


3:
次回も観ます。




タグ 山下智久 草刈民代 工藤阿須加 窪田正孝 石丸幹二 中原丈雄 栗山千明 谷村美月 大政絢




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『医師たちの恋愛事情』その5

第五話

1:
いいねぇ、ドロドロになってきた(笑)。
他人の不幸を喜ぶ下種な覗き趣味を満足させる展開(笑)。


2:
市川友子先生(板谷由夏)の前に仁志先生(井原剛志)の奥さん恵美(櫻井淳子)が出て来た(@_@)。
最後のシークウェンスでは晴樹先生(斉藤工)の前には元カノ由梨絵(小松彩夏)が現れる(@_@)。


3:
勿論次回も楽しみ、楽しみ(^.^)。



タグ 斉藤工 石田ゆり子 小松彩夏 平山浩行 相武紗季 櫻井淳子 板谷由夏 根岸季衣 井原剛志 生瀬勝久



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』その4

第四話

1:
バクちゃん(大島優子)の秘密、思った程解明が進まず。
分かったのは巨大麩菓子「大麩豪」はバクちゃんの父親との思い出である事。
親子の愛情とかでなく、ヤクザと関わった自分に厳しくするための戒め。


2:
何回も書きますが、バクちゃんを演じる大島優子が予想以上の巧さ(^.^)。
美貌のアイドルが美貌を完全に消してる、この点だけでも見事であります。


3:
次回も観ます。



タグ 堤幸彦 大島優子 北村一樹 勝地涼 山口紗弥加 田中哲司 遠藤憲一 名取裕子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その21

その2
分析と解釈


第四話
その1

1:
夕方

1-1:
英治(香取信吾)が小野優貴先生(釈由美子)と共に車で省吾(今井悠貴)を探し、いつもの河原で発見。
いつもの様に川に石を投げている。

…今回は担任の小野先生まで来ました。
…いよいよ大きく動き出すゾ、と暗示してます。


2:
雫(八木優希)が学校で省吾(今井悠貴)に「正義の味方」からのメモ書きを渡す前、
身体測定のカットが入り、省吾が覗き窺ってると示すカットが在ります。
省吾が裸を見られるのを何らかの理由で避けていると暗示するシークウェンスです。
その理由は間違い無く虐待を裏付ける痣が一つや二つでないからでしょう。


3:
安西久美子(仁科亜希子)が安西輝夫院長(三浦友和)邸を去るシークウェンス。
ここで久美子が本(または、本の様な物)を戸棚から取り出すんですが、これがDVDなので何だか分かりません(溜息)。
BDだと分かるのに(溜息)。


4:
省吾救出大作戦。

切ないよなぁ(溜息)。
生物学的母親よりも、他人を選ばざるを得ない省吾。

台詞を無くし、音楽だけにし、駒落し映像。
短いけど省吾の人生には大変重要な瞬間だったと強調してる訳です。

4-1:
中身が飛び散る羽枕。
これは、省吾の母親の愛情の象徴でしょう。
柔らかく暖かな愛情が有りながらも、省吾を愛せなかった省吾の母親。

4-2:
第一話で雫が被っていた黄色と桃色の頭巾を被って省吾を救出した英治と健吾(寺島進)。
なぜ?
勿論身元を隠すため。
省吾に実行犯を知らせないため。
仮に警察等から聴取を受けても、相手を特定出来ず犯人を隠した事にならないから。
では、なぜ雫が被っていた頭巾を?
省吾は雫が被っていたのを知っているし、「正義の味方」のメルアドを変更したのを伝えたのも雫だから、
「正義の味方」が来たのを確実に知らせるため。
その代り、省吾の母親と男は知らないから。


5:
最後、美桜の目が見えるのがバレたんじゃないか、と一瞬ギョッとさせる終わらせ方。
最高です(^.^)。
非常に巧い終わらせ方。
次回への好奇心をこの上なく高めます(^.^)。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 仁科亜希子 釈由美子 尾藤イサオ 今井悠貴




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『尾形光琳300年忌記念特別展 燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密』後期展

★簡単な紹介
根津美術館
2015年4月18日(土)~5月17日(日)
(展示替えがあるので、
前期:4月18日(土)~5月3日(日)
後期:5月4日(月)~5月17日(日))

HP→http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html


1:
行ってきました。
連休中と言う事もあり、午前10:30頃にもかかわらず入場券購入待ち行列、美術館前の歩道にまで続く始末(@_@)。
でも、スムーズに進み10分程で支払完了、入場。

そして、根津カフェ。
午前11:00過ぎには早くも席待ち行列(溜息)。
今回もお昼を出来ませんでした(溜息)。

根津美術館でこの季節と言えば、カキツバタ。
HPを見て頂ければ分かる通り5月5日(火)、満開でした(^.^)。
その代り、藤は終わっていて残念。
あの芳香の中でカキツバタを満喫したかったのですが。
それでも今年もカキツバタは美しく、光琳の燕子花図屏風も負けていませんでした(^.^)。


2:
展示作品

2-1:
展示番号14:扇面散貼付屏風 左隻
俵谷宗達

今回はこれを見たかった。
前回の右隻同様、こっちも素晴らしかった。

マックス・エルンストがフロッタージュで描いた様な雰囲気を漂わせています。

「草花を金泥で描き、その上に扇を貼る」、
その非現実感、日常では想像出来ない美しさ、ただただ圧倒され息を呑むのみであります。
こういう絵を作ろうと思う発想がこの上なく素晴らしい。

全体に経年による汚れ、くすみ、絵具や金箔の剥落が多い印象ですが、
近付いてよく見るとそうではありません。
剥離ではなく金泥銀泥で描いたためだと分かります。

ただ展示室2はこの絵を見るには少々狭く、これが欠点でした。
展示していた場所が展示室1から来ると最初の場所になり、
ここに展示される物の説明の垂れ幕がありそれを読む人がいて人の流れが止まり混雑しやすレイアウトになってしまいました。

2-2:
展示番号1:四季草花図屏風
尾形光琳

この絵は意外と手早く作った雰囲気があります。
草花の配置が大体この辺だろうと決め、後は白い花と赤い花を各扇にいれてバランスを取り、
全体のリズム感と空間処理をしたのではないかと思えます。

2-3:
展示番号8:夏草図屏風
尾形光琳

この絵はリズム感ではなく、心地良い穏やかな流れを作ってますね。
右上の真ん中辺りから左下へと向かう緩やかな流れです。

2-4:
展示番号7:孔雀立葵図屏風
尾形光琳

左隻の立葵は垂直線の連なりで安定させています。
よく分からないのが右隻の孔雀。
なんで孔雀を描いたのか、納得出来る答を考え出せず。
具象と抽象の対立、対比の美を面白さ、こんなところでしょう。

2-5:
展示番号5:燕子花図屏風
尾形光琳

はい、何回見てもお見事、いい絵です(笑)。
カキツバタを完全に意匠化し、しかもたったの2色。
これは間違い無くかなり工夫し、頭を使って描いたのに間違いありません。
そうでないと単調になりつまらない絵になってしまいます。
「四季草花図屏風」や「夏草図屏風」とは違います。

2-6:
展示番号6:紅白梅図屏風
尾形光琳

改めて見ると、まぁ、当然ですが、スゲーや(笑)。
左右の梅の木と花が互いに存在感の強さで打ち消し合って平衡させてます。
左隻の梅は幹を殆ど描かず、視線を左側画面外へ誘導しその大きさを見てる人間に想像させ、
頭の中でバランスを取らせてるんです。

ひょっとすると、
神社にある一対の狛犬や東大寺南大門でお馴染み一対の金剛力士像が心の隅にあったのかもしれません。

力対力の大技でバランスを取っています。

そして、かなり「遊び」、つまり自由な心や感性、発想で描いています。
水の表現と画面の中の位置を見れば一目瞭然です。
今回の展覧会の宗達の「扇面散貼付屏風」が完全に写実描写と現実の下で描いているのと好対照ですし、
全体の構成で「燕子花図屏風」よりも抽象化、意匠化が進んでいます。
出来れば宗達の「扇面散貼付屏風」を隣に展示出来れば比較しやすく、見てる人間はもっと楽しめたと思います。

さて、
光琳はこの絵を描く前、下絵や習作を作り入念に考え準備したのでしょうか?
それとも、
モーツァルトの様に頭の中で完成形が全て出来ていて、それを画才と感性、各種感覚に任せて迷いや躊躇無く描いたのでしょうか?
今回の展覧会で光琳の他の絵と見比べると、モーツァルト風に一気呵成に描いた様な感じが伝わってきます。
隣の展示された「燕子花図屏風」の持つ計算され尽した感じとはかなり違うのです。
こういうモーツァルト型とも言うべき事が出来たとしたら、それは勿論今迄の画業、経験があったためです。

もし光琳が、
モーツァルトの様に下書きも無く頭の中で全て完成しそれを憑りつかれた様に、同時に冷静極まりなく描いたとしたら、
恐るべき能力の絵師です。


3:
この様に人類の至宝と美しい庭園を今回も満喫しました(^.^)。

それよりも、
今回気付いた事があります。
金箔、金泥を使う意味。
豪華さ、絢爛さのためだけでないのが分かりました。
今回展示された絵画は殆どが植物を描いています。
墨で輪郭線を描いていないのに、どれもが際立っています。
そう、金箔を背景に使うと植物が際立つのです。
金箔は土の色の薄い色、明るい色でもあり植物の背景として、文字通り、「不自然」ではないのです。
大変写実的表現でもある訳です。

植物画の背景に金箔を使うのは、日本での金の産出量が多いのが理由にあるでしょうが、
やはり、古より山川草木、花鳥風月に親しみ愛でる習慣と感性があり、
影響したのは間違いありません。
土と植物は、自然科学だけでなく、芸術や人間の感性にとっても相性が悪いはずがありません。
植物と金箔の組み合わせは絵として不自然な点が無いのです。
この点を光琳等は気が付いていたに違いありません。

改めて光琳初め日本の絵師の底知れぬ実力に圧倒され、心動かされました(@_@)。


大変素晴らしい経験をした一日でした(^.^)。




タグ 尾形光琳 燕子花図屏風 紅白梅図屏風 俵谷宗達 扇面散貼付屏風



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『ようこそ、わが家へ』その4

第四話

1:
面白い。
こういう善と悪の対決物は悪の強さが出来具合の決め手。
「名無しさん」はどっかで鍵を手に入れ勝手に倉田家に入り、現金を持っていくは、盗聴器を仕掛けるは、
七菜(有村架純)の古いケータイは持っていくは、法律無視のやりたい放題。
最後には歩道橋の階段で神取明日香(沢尻エリカ)を突き落す狼藉振り。
敵役はこうでなくちゃいかん(笑)。

オマケに(株)ナカノ電子部品の間瀬営業部長(竹中直人)のワルぶりも中々のもの(笑)。
今回は漸く太一総務部長(寺尾聰)と西沢“シルビア”摂子(山口紗弥加)が知恵を絞り出し何とか一矢を報いました(^.^)。


2:
まだ第四話ですから、
善の側の倉田家、西沢“シルビア”摂子、神取明日香、蟹江秀太朗(佐藤二朗)が本格的に反撃を開始するのは、
第六話位でしょう。
それまでは、「名無しさん」に大暴れしてもらいましょう。

間瀬営業部長の方は、単なる金目当てですから、改心するのは早いと予想してます。


3:
次回も観ます。




タグ 相葉雅紀 有村架純 寺尾聰 南果歩 高田純次 竹中直人 山口紗弥加 佐藤二朗 沢尻エリカ 真島秀和




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『天皇の料理番』2015年版 その2

★簡単な紹介

○放送
2015年4月26日~
日曜日 午後9:00~9:54
TBS系 全回

○スタッフ
原作:杉森久英
脚本:森下佳子
演出:平川雄一郎、岡本伸吾、中前勇児、山室大輔
撮影:須田昌弘、矢崎勝人
照明:川里一幸
音楽:羽毛田丈史、やまだ豊

料理監修:脇雅世(トワ・スール)
料理指導:佐藤月彦(服部栄養専門学校)
料理協力:服部栄養専門学校
宮内省 大善監修:高橋恒雄(第四代主厨長)

時代考証:山田順子

医療指導:池添佑大

方言指導:日野陽仁、山崎倫子、片山亨、中島宏太郎

プロデューサー:石丸彰彦

○出演
佐藤健………………秋山篤蔵
黒木華………………高浜俊子
桐谷健太……………松井新太郎
柄本佑………………山上辰吉
高岡早紀……………森田梅
佐藤蛾次郎…………森田仙之介
芦名星………………茅野、吉原の女郎

小林薫………………宇佐美鎌一

坪倉由幸……………奥村、華族会館厨房、チーフ
西沢仁太……………佐々木正志、華族会館事務方
黒田大輔……………荒木、華族会館厨房、野菜係
大西武志……………関口、華族会館厨房、肉係
渡邊衛………………杉山、華族会館厨房、魚係
大熊ひろたか………藤田、華族会館厨房、スープ係
城戸祐次……………鈴木、華族会館厨房、デザート係

鈴木亮平……………秋山周太郎

武田鉄矢……………桐塚尚吾

伊藤英明……………田辺祐吉

郷ひろみ……………粟野慎一郎、大使

麻生祐未……………お吉、竜雲館の女将、周太郎の下宿先
加藤雅也……………五百木竹四郎、英国大使館シェフ
日野陽仁……………高浜金之介
大島さと子…………高浜ハル江
美保純………………秋山ふき
杉本哲太……………秋山周蔵


★評


第二話

1:
驚き(@_@)、
面白い(笑)。

主人公秋山篤蔵演じる佐藤健、いいじゃない、予想以上(^.^)。
嘘を吐けず感情が直ぐに出る篤蔵を大変巧く演じてます。


不良っぽい松井新太郎を演じる桐谷健太
生真面目な山上辰吉を演じる柄本佑
優れた料理人と人物の大きい宇佐美鎌一を演じる小林薫
大らかな秋山ふきを演じる美保純
純真でしっかり者が垣間見える高浜俊子を演じる黒木華
皆好演。


2:
脚本の出来も良く、
秋山篤蔵を筆頭に巧く人物を描けています。

演出も巧く、華族会館厨房で働く篤蔵の後に壁に貼ってある料理人心得を何回も入れるのですが、ピントが合っていません。
つまり、まだまだ駆け出し料理人で料理人としての心構えが出来てない篤蔵を表しています。
今回の内容と完全に一致してる演出です。


3:
問題は料理をドラマとして描けるか、この一点のみ。
まぁ、無理でしょう。


4:
次回も観ます。




タグ 佐藤健 黒木華 美保純 小林薫 桐谷健太 柄本佑 日野陽仁 杉本哲太 大島さと子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
32位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

西村まさ彦 三宅弘城 長塚京三 野田秀樹 真矢ミキ 滝藤賢一 奥田瑛二 佐藤二朗 高畑充希 黒木瞳 横山だいすけ 石川恋 橋本環奈 清原翔 西岡徳馬 竹内涼真 中島ひろ子 西尾まり 横山歩 久保田紗友 アルチンボルド ラ・トゥール 歌川国芳 ジャコメッティ 不染鉄 カラヴァッジョ あゝ野麦峠 山本茂美 浦沢直樹 紀比呂子 皆川妙子 ウォークマン 川端龍子 竹内涼馬 ジョン・エヴァレット・ミレイ 吉田博 歌川広重 ロッセリーニ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 和田アキ子 芳根京子 梅沢富美男 門脇麦 市原隼人 高橋メアリージュン 道枝駿佑 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 加藤晴彦 春風亭昇太 桂文枝 伊藤若冲 山口桂 クリスティーズ 吉田羊 ボス ブリューゲル 雪舟等楊 雪村周継 長次郎 樂家 道入 了入 尾形乾山 本阿弥光悦 カフェ・パウリスタ 長谷川利行 加山又造 相葉雅紀 油滴天目 曜変天目 卯花墻 稲葉天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 中村蒼 福田ゆみ 鈴木省吾 篠原篤 大倉孝二 瑛蓮 平成館 東京国立博物館 平岡祐太 金田明夫 鈴木亮平 坂口健太郎 富澤たけし 八木亜希子 吉岡里帆 松たか子 有線七宝 濤川惣助 超絶技巧 並河靖之 東京都庭園美術館 無線七宝 住田萌乃 シシド・カフカ 木野花 ヤオ・アイニン キムラ緑子 新井浩文 工藤阿須加 山本未來 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 山田美紅羽 篠川桃音 手塚とおる 風間俊介 桜田ひより 水谷豊 秋吉久美子 高倉健 緒形拳 三國連太郎 新克利 新田次郎 田中要次 小堺一機 柄本時生 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 原田美枝子 地井武男 山田涼介 川崎紘菜 木下ほうか ディーン・フジオカ 篠井英介 土屋太鳳 新川優愛 津田寛治 稲垣来泉 岩田剛典 田中直樹 佐野勇斗 川津明日香 小田野直武 菱田春草 佐竹署山 解体新書 秋田蘭画 石原さとみ 青木崇高 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 デトロイト美術館 モディリアーニ モネ 向井潤吉 ゴーギャン ファン・ゴッホ美術館 クレラ―・ミュラー美術館 圓山應擧 根津美術館 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 出光美術館 円空 曽我蕭白 長澤芦雪 正倉院 戦争論 アメリカン・スナイパー 小林よしのり 続・タイム・トラベラー 鈴木其一 聖トマス マネ 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 油滴天目茶碗 長谷川等伯 藤花図屏風 曜変天目茶碗 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 雲の糸 みかんの花 望郷 海の星 ハインケル メッサーシュミット スピットファイア― 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 三田真央 久松郁美 中村倫也 佐々木心音 本多力 光宗薫 やべきょうすけ 山本裕典 満島真之介 東京藝術大学 森田藻己 恵順 宮川香山 朝顔図屏風 坂井真紀 富田靖子 石井杏奈 村上虹郎 高畑裕太 真剣佑 寺尾聰 松尾幸美 片桐仁 宅間伸 木村文乃 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 福山翔大 時計じかけのオレンジ 小室哲哉 細うで繁盛記 富士眞奈美 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 京都市美術館 福岡市美術館 ルノワール 黒島結菜 八木莉可子 菊池風磨 小島梨里杏 小野塚勇人 林田悠作 滝沢沙織 赤間麻里子 ジュディ・オング 鈴之助 妹尾青洸 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 風神雷神図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 拙宗等揚 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 橋田壽賀子 石井ふく子 大空真弓 Amazon 再販制度 府中市美術館 泰明画廊 尾藤イサオ 川栄李奈 小芝風花 松坂恵子 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 渡辺舞 松下由樹 橋爪功 加藤清史郎 シャーロット・ケイト・フォックス 山本耕史 寺田心 松田芹香 北斎 保栄堂版 太田記念美術館 東海道五十三次 広重 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 青木木米 池大雅 富岡鉄斎 与謝蕪村 狩野元信 浦上玉堂 着艦 T45 発艦 成宮寛貴 デューラー 柄澤齊 町田市立国際版画美術館 エングレーヴィング ビュラン メラン Leola 濱田龍臣 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 目黒区美術館 目黒川 高野野十郎 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 安田靫彦 和田三造 佐伯祐三 岸田劉生 岡本太郎 北蓮造 安井曾太郎 中村研一 田村孝之介 今野浩喜 竜星涼 野波麻帆 夏秋草図屏風 舟橋蒔絵硯箱 風神雷神図 燕子花図屏風 光琳 ティーチャ 千絵の海 名所江戸百景 原安二郎 六十余州名所図会 富士三十六景 坂上忍 矢柴俊博 カキツバタ 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 白石美帆 佐藤直紀 小西真奈美 釉下彩 高浮彫 暗花 釉裏紅 大人計画 松尾スズキ 皆川猿時 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 陳道明 カストラート チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 真飛聖 甲本雅裕 伊藤歩 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 和久井映見 蓮佛美沙子 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 高田彪我 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 中島裕翔 平澤宏々路 多岐川裕美 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 弓をひくヘラクレス 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 中村勘九郎 宮川大輔 立川談志 田邊哲人 当麻蹴速 谷汲観音像 松本喜三郎 安本亀八 生人形 野見宿禰 聖プラクセディス 聖女 マグリット 植田正治 枯山水 龍安寺方丈庭園 秋冬山水図 小堀遠州 抽象画 カンディンスキー 抽象芸術 松岡茉優 江口のりこ 星野源 蛍雪次朗 美保純 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 DVD 再販売価格維持制度 CD ブルーレイ 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 写楽 歌麿 神奈川県立歴史博物館 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 1984年 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 松崎町 入江長八 鏝絵 川平慈英 城田優 神田沙也加 葵わかな 西内まりや 尾美としのり 内山理名 投入堂 蔵王権現 藤原道長 西新井大師 三佛寺 總持寺 冷泉家 山田望叶 上川隆也 市川由衣 大原櫻子 馬場園梓 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 貝桶 沈金 初音蒔絵調度 蒔絵 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 半藤一利 種田陽平 クリスチャン・ベール 昭和史 生きている兵隊 石川達三 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード すぐやる課 櫻井淳子 内館牧子 中庸 儒教 宮地雅子 桐原亮司 高杉真宙 吉本美優 吉田都 熊川哲也 ロバート・ハインデル 早見ひかり 佐藤蛾次郎 相国寺 大瀑布図 大乗寺 松に孔雀図 大英博物館 氷図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 鈴木勝大 丸山智己 浅利陽介 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 石田えり 金すんら 中野裕太 池津祥子 山西惇 水原希子 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 星月夜 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 床嶋佳子 鶴見信吾 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ MY 「PIECE 阿部サダオ OF WISH」 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 シューマッハ シェル フェラーリ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 中村橋之助 佐野亜裕美 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 小林正寛 岡本信人 高橋真唯 原田泰造 岩井堂聖子 村井良大 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 不破万作 安藤玉恵 柴田理恵 古田新太 大滝秀治 古谷一行 狩野重信 乾山 狩野尚信 狩野常信 仁清 狩野探幽 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 陳坤 劉燁 ジュウ・シュン チェン・コン 周迅 リウ・イエ 小さな中国のお針子 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 牧進 横山大観 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 早乙女太一 麿赤兒 ボストン美術館 上野の森美術館 東京国立近代美術館 岡倉天心 下村観山 フォ・ジェンチイ 故郷の香り リー・ジア 莫言 サン・バオ 霍建起 モォ・イエン グオ・シャオドン 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 中田喜子 大谷亮介 はろるど アントラーズ 鹿島 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 石井トミコ 西山潤 上原陸 研ナオコ 田辺修斗 平愛梨 藤原薫 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 藤本隆弘 中村ゆりか 財前直見 井上真樹夫 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 広島平和記念資料館 被爆再現人形 中国新聞 広島平和資料館 平和データベース 原爆の絵 渡瀬恒彦 オルセー美術館 なごり雪 広瀬すず イルカ 柳沢慎吾 宮武美桜 役所広司 天宮良 故宮博物院 翠玉白菜 NHKスペシャル アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン オラトーニ シスタームーン 石塚英彦 冨木宗行 高瀬好山 冨木宗好 自在置物 アートシーン 明珍 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 山崎光 真夏の方程式 LiLiCo 石田ニコル 三浦理恵子 遊井亮子 没後90年 永井大 蔦の細道図屏風 松島図屏風 中村梅雀 六平直政 ルコック・スポルティフ デサント本社 マイヨージョーヌ 日月烏鷺蒔絵額 白山松哉 清水三年坂美術館 村田理如 村田コレクション あべまみ 21世紀少年 ザ・スタンド 復活の日 動物農場 蝿の王 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 自在 刺繍絵画 薩摩焼 金工 印籠 榎木孝明 應擧 夏秋渓流図屏風 見頃 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 藤城清治 オーヴェールの教会 福島第一原発 船橋洋一 原発敗戦 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 ソルジャー・ブルー 大虐殺 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 戦力外捜査官 関根勤 TAKAHIRO 大木隆行 有川浩 大後寿々花 三上博史 渡邉このみ 呉天明 チェン・カイコ― 陳凱歌 酒井美紀 奥村和一 橘らい四郎 山西省日本軍残留問題 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥崎謙三 原一男 今村昌平 ゆきゆきて神軍 新版画 デビット伊藤 第七の封印 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン ステファノ・ディオニジ ジェラール・コルビオ 仮面の中のアリア ホセ・ファン・ダム 迎賓館 七宝花鳥図三十額 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 谷中村 足尾銅山 田中正造 栃木 棄民 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 慈恵病院 眞葛博物館 渡蟹水盤 小林正樹 切腹 武満徹 章子怡 蒔田光治 雲龍図 天龍寺 岩井俊二 桜井美南 なぞの転校生 京野ことみ 宮里駿 ミッキー・カーチス 本郷奏多 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 王妃の紋章 チョウ・ユンファ 秋菊の物語 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR