『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展』

★簡単な紹介

○開催
2016年1月14日(木)~3月31日(木)
10:00~20:00
森アーツセンターギャラリー

HP→http://www.roppongihills.com/events/2016/01/macg_vermeer_rembrant/

TBSのサイト→http://www.tbs.co.jp/vermeer2016/


メトロポリタン美術館のフェルメール水差しを持つ女』が来るんで、見逃す訳には行かず、
行ってきました。


1:
展示番号48:『水差しを持つ女

この絵も『天文学者』同様気になる部分があるので絵葉書とクリアファイルを買い、
家に帰ってからも見てみました。

1-1:
第一印象、「ちっちぇ~」デス(笑)。
45.7cm×40.6cmしかありません。
警報にも引っ掛からず、警備員にも見つからず、監視カメラにも映らなければ、
大きめのバッグに入っちゃいます。
今迄、盗まれなくて幸運でした(^.^)。

1-2:
第二印象、「明るい」。
フェルメールが光の絵師と言われているからではなく、
この絵に辿り着くまで、他の絵が褐色系ばかりだったからです(笑)。
肖像画、静物画、風景画、17世紀のオランダ絵画に主要色が褐色なんです。
だから、この絵の室内の乳白色の壁が必要以上に目立ち、新鮮に見えます。

1-3:
さて、落ち着いて見ると…

まず、目立つのはお馴染みのラピスラズリの青。
女性が着ているスカートの色。
(スカートと言うよりも21世紀の現代の分類ではワンピースではないでしょうか?)
そしてテーブルクロスの赤、と言うか、臙脂(エンジ)。
背景の壁の乳白色、女性が被っている薄い布の頭巾の白。

色では、ラピスラズリの青と臙脂で画面上一番目立つバランスを取っています。
スカートの描写は、これは巧く考え省略してる様な感じが漂ってます。
襞やプリーツ、飾りなど無く、更にシワもありません。
単純な布にしてテーブルクロスの模様が持つ力を打消し、テーブルクロスが目立ち過ぎない様にしてますな。
単純な布にしたのはフェルメールの演出ですよ、間違い無く。

バランスで考えると、背景の壁に掛かっている薄い茶色の地図、これもフェルメールの演出ですな。
この画面右上の薄茶が無いと、白い頭巾と乳白色の壁の色の差が大変少ないため女性が目立たず存在感が弱まります。
フェルメールが単に描き加えてのではなく、本物の地図をここへ持ってきて掛けたのでしょう。

臙脂のテーブルクロスが映り込む水差しの下のお盆、背景のラピスラズリの布が映り込む水差し、
まぁ、これ位ならフェルメールや同等の技術があれば誰でも可能。
それより興味深かったのは女性が被る白い頭巾の薄さの表現。
下の服が透けて見える描写で薄さを表現。
同時に女性の右腕上腕の当りはあまり透けず、光が反射し、少々艶がある布だと教えてくれます。

さて、構図の方は相変らずフェルメール的な絵の中心に消失点を据えた透視図法。
女性の曲げた右腕を中心に”W”型の直線にし、穏やかな画面にリズム感や動きを与えてるのが分かります。

1-4:
さてさて、光の絵師と呼ばれるヨハネス・フェルメール。
光と影、つまり明度で一番目につくのは、水差しを持つ左腕の前腕。
題名の通り水差しが主題で、そこへ視線を持ってきたい訳です。
ですから、窓枠を持つ右手下側、右腕前腕下側、ここに光が当り、左腕前腕へと続く斜線を作っています。
女性の視線→右手下側(の光)→右腕前腕下側(の光)→視線を誘導する斜線→左腕前腕(の光)→水差し(の影、光との対比)
となってます。

また、フェルメールは存在するものをありのままには描かない嘘吐き(笑)でもあります。
真珠の耳飾りの少女』の光は自然な光線ではなく、『牛乳を注ぐ女』に描かれるテーブルは五角形。
写実絵画、写実描法だからと言って存在しているものをそのまま描いている訳ではないのです。
まぁ、別に難しく考える必要は無く、誰も見たことないキリストを描いているのと同じです。

この絵でも物の前後、影が気になります。

水差しに映り込むラピスラズリの布、これがどうも気になります。
画面中央右側、下寄りにある布です。
最初は背景の椅子に乗るか、掛けてあると思いましたが、水差しに映りこんでいますから、
テーブル載っていなければ映りこみません。
その証拠に水差しの下のお盆の影になっている部分があります。
この布、実は背景ではなく、水差しと女性との間にあり、近景と中景の間にあります。
前後の位置で考えると女性の両腕と同じ位置になります。

また水差し自体も気になります。
描かれている殆どの部分が脚の部分を除き影になっています。
画面の構成上は左腕前腕の光に当たり明るい部分との対比から正しいのですが、
実際にそうなのでしょうか?
持ち手の部分と注ぎ口は直線状にならなければ使い勝手が非常に悪くなります。
ところがこの絵の中では、どうも直線状には見えません。
つまりフェルメールが明度の対比の為に敢て注ぎ口を画面左寄りに寄せ描いた様に見えるんです。
おそらく正しい直線状にすると光が当る部分があらわれ、女性の上着の左袖のベージュと同じ明度になり、また色も近い色になり、
水差しの存在感を弱めるためでしょう。
気を付けて見ると分かりますが隣り合い接している色を同じにしていません。


その次に気になるのが女性の影。
背景の椅子に女性の影が掛かってもいいような気がしますが、
地図の茶色によって保ってるバランスが崩れるのは明らかです。
この絵の光の方向や角度を調べる方法がありませんから、詳しい事は不明。
また、女性が体をどれ位曲げているか、ひねっているかも不明。
実際にこの絵の通りになるかもしれませんし、フェルメールが絵の構成を考え描かなかったのかもしれません。

この辺の不自然そうな描写、演出と思われる描写をPCとか使って解析すると面白そうです。
その内『美の巨人たち』でやるんじゃないでしょうか?

まぁ、こうやって色々考えるのがフェルメールの特徴の一つ、楽しみですな、
まだ二つしか本物を見てないけど(笑)。


1-5:
全体の雰囲気は『天文学者』の鋭く強い雰囲気とは無縁。
穏やかな絵です。
天文学者』と比べると退屈と言っても過言ではありません。
注文主の依頼やフェルメールの意図が全く違うのでしょう。
誰がどういう絵にしてくれと注文したのか、気になりますね。

個人的には訴える力が強い『天文学者』の方が好きです。

ところでもう一つ気になったのが(笑)、
画面左下にあった皮脂らしい汚れ。
絵葉書やクリアファイル等写真にすると写ってません。
額のガラスに指が走り、帯状に皮脂が残った様です。
近付くと意外と目立ちます。
画面の構成を完全に壊しますから、フェルメールが描いたはずありません。


2:
ところでこの展覧会は閉館時間が遅く午後8:00。
これは便利です。
私は土曜日の午後6:00過ぎに行き、並ばずに入場出来、場内の観客もそれ程いませんでした。
水差しを持つ女』がやはり一番人気で一番人がいましたが、多くても10人程で楽に、長く、好きなだけ、遠慮せずに(笑)、
見る事が出来ました。
時間に余裕があれば遅い時間をお勧めします。

また、52階にありますから窓からの眺めも中々いい。
天気が良ければ夜景がキレイだし、予算が合えば(笑)夜景を楽しみながら食事も楽しめます。

お土産ではフェルメールかレンブラントの絵のマグカップを期待してましたが、
無し(涙)。




タグ フェルメール レンブラント 真珠の耳飾りの少女 牛乳を注ぐ女 天文学者 水差しを持つ女 美の巨人たち




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『わたしを離さないで』その3

第三話


1:
相変らずドラマとしての力が弱い。
視聴者の関心を繋ぎ止める力、「次はどうなるんだ」と思わせる力が脚本にありません。


2:
今回は登場人物紹介編。
第三話でこんな事をしてちゃなぁ…(溜息)。

意地悪な美和(水川あさみ)となぜか美和を庇う恭子(綾瀬はるか)。

友彦(三浦春馬)と恭子のすれ違いは、ありきたりでイマイチ訴える力が弱い。

心の醜さを顔付きに出す水川あさみの演技は中々いい。
今のところ、水川あさみの演技以外にいい所がこのドラマに無い(涙)。


3:
このドラマ、ダメだね。
第三話で自滅。

視聴率でも同じTBSの金10ドラマの隠れた佳作『愛なんていらねぇよ、夏』にさえ負けてる。

まぁそれでも、水川あさみの演技に演技はいいし、
綾瀬はるかのファンなんで、
次回も観ます。





タグ 綾瀬はるか 水川あさみ 三浦春馬 鈴木梨央 麻生祐未 甲本雅裕 伊藤歩 真飛聖





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ナオミとカナコ』その3

第三話


1:
相変らず小気味良いテンポで話が進み、面白い。
ナオミ(広末涼子)の決断の速さと行動力がその原因。
登場人物の設定と描写がいいんです。


2:
それでも、終盤、ナオミとカナコ(内田有紀)が夕陽と富士山の絶景を眺めるカットが入り、
順調な始まりが夕陽で「終わる」事を暗示しています。

林さん(佐藤隆太)は不法滞在で逮捕されそうだし、
達郎(佐藤隆太、二役)はナオミと共に斉藤順子(富司純子)を訪れ、順子が認知症ではないかと疑問を持ち、
李さん(高畑淳子)はナオミの行動に怪しさを感じています。

ほ~ら、面白そうでしょう(笑)。
好奇心を刺激する巧い脚本です。


3:
次回も観ます(^.^)。




タグ 広末涼子 内田有紀 高畑淳子 佐藤隆太 吉田羊 富司純子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『フラジャイル』その3

第三話


1:
面白い(^.^)。

理由は、まず、岸京一郎を演じる長瀬智也がいい。
それなりに有能に見える。
『MR.BRAIN』で九十九龍介を演じた木村拓哉が全然賢そうに見えなかったのとはかなり違います。

次に、京一郎が超人的主人公なので他の医師が無能にならざるを得ないのですが、
誇張が少なく無能であっても不自然さが少ない。


2:
医療物、天才変人物の佳作ですから、
次回も観ます。




タグ 長瀬智也 北大路欣也 小雪 武井咲




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『お義父さんと呼ばせて』その2

第二話


1:
保(遠藤憲一)の秘密その1が判明。
ワインだとエラく酒癖が悪くなる。
花澤家の秘密その1が判明。
静香(和久井映見)が自分の記入欄を記入済み離婚届を隠し持っている。

フムフム。

難題が発生したんじゃなくて、こうやってお互いにありのままの姿を見て、確認して、
仲が近付き、仲が良くなっていきます。
でも、静香が離婚届を隠し持ってるのを知ってるのは、静香と視聴者だけか(笑)。


2:
次回も観ます。




タグ 遠藤憲一 渡部篤郎 蓮佛美沙子 和久井映見




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』その2

第二話


1:
今回も誇張が強く鼻に付きます。

それでも、練(高良健吾)と音(有村架純)のすれ違いと再会、いや、こりゃ切なくて中々いい(笑)。
まぁ、第二話で再会しちゃったら、脚本家に残された手段は(笑)、
ドロドロしかない。

だから井吹朝陽(西島隆弘)が単なるお金持ちの御曹司ではなく、認知症の専門医を志しているかぁ…


2:
最近、私CYPRESSが注目しております高畑充希演じる木穂子は、金回りがいいだけでなく、
不倫中。
そんな木穂子は練の優しさ、穏やかさから離れられず、部屋のカーテンまで買って来た。
カーテンなんてのは、色々な物事を象徴してます。
まぁ、現状一番ありそうなのは、辛い自分の不倫関係を忘れたい、練といる時だけは忘れたい、ですな。


3:
佐引穣次を演じる高橋一生、いいね(^.^)。
『名前をなくした女神』の時の嫁をいじめる安野英孝も良かった。
『Woman』の時の澤村友吾医師とかより、こういう不良役の方が嵌る(^.^)。

練の祖父曽田健二を演じる田中泯もいい。
日焼けしてないのが玉に瑕ですが、土との親和性とも言うべきものが雰囲気にあり、農夫に見えます(^.^)。


4:
このドラマ、ひょっとすると、恋愛の切なさが堪らん佳作になる可能性アリ(^.^)。
次回、どうなるか、楽しみ(^.^)。





タグ 高良健吾 高畑充希 有村架純 安田顕 小日向文世 八千草薫 田中泯 高橋一生 西島隆弘





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『家族ノカタチ』その2

第二話


1:
ん~、何かなぁ…

どうも脚本に無理がある。
主人公大介(香取信吾)が常に一人でいたい。
自分で稼ぎ、マンションのローンも滞りなく払える。
何にも問題ありません。

そこへ父親陽三(西田敏行)が再婚相手の里恵(水野美紀)の子供浩太(高田彪我)を連れて来る。
年金暮らしらしいけど、年金だけで不足なら元漁師なんだからまた漁師で稼げるからわざわざ大介の所へ来る必要が無い。
大介の所で暮らすなら、なぜ働かないのだろう?
働きもしないで大介に結婚しろなどエライやりたい放題。

この設定、親子が逆なら分かりますが、これじゃなぁ…

それに、里恵は浩太をほっておいて何をしてるんだろう?


2:
このドラマ、ダメだね。

それでも惰性で次回も観ます。





タグ 香取信吾 上野樹里 観月ありさ 風吹ジュン 荒川良々 田中圭 森本レオ 水野美紀 西田敏行 高田彪我





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『三井家 伝世の至宝』

★簡単な紹介

2015年11月14日(土)~2016年1月23日(土)
三井記念美術館


1:
今回も三井家秘蔵(笑)の安藤緑山の牙彫が出ていました。

図録番号:2013、2014 「染象牙果菜置物、貝尽置物」
仏手柑、蜜柑、柿、イチジク、茄子、貝色々

今回初めて見たのが、蜜柑、イチジク、貝。
蜜柑はここでやった『超絶技巧! 明治工芸の粋』(2014年)で清水三年坂美術館蔵の物を観てますから、
それ程驚きませんでした。
でもね、これも凄い(@_@)。
イチジクも蜜柑同様皮の色艶質感が驚異の写実表現(@_@)。
貝は貝殻ですが、これもねぇ、凄い(笑)。

安藤緑山を見るのは今回で3回目ですが、毎度の事ながら、今回も圧倒され茫然自失。
とんでもない技術、表現力、です。
なんで国宝にならないのでしょう?


2:
図録番号:21 「雪松図屏風」 圓山應擧

安藤緑山の迫力に圧倒されますが、私が絵画系のためか、
この「雪松図屏風」はそれ以上の迫力(@_@)。

前回見た時も保存状態に驚きましたが、今回もその「新しさ」(笑)に、まず、ビックリ。
絵具の剥落皆無、染み無し、汚れほんの少々。
300年から200年前の出来たての美しさを保っています。
そんな驚きを満喫出来る我等21世紀人の幸せ(^.^)。

そして、濃墨、薄墨、胡粉、金だけしか使わず、省略した描き方なのに、
松の立体感、風景の遠近感、
なんでこんなに写実的になるんでしょうか?

今回は2回目なんで、前回よりは落ち着いて見て楽しみ、色々観察し考えられました。


2-1:
まず、松は左隻から右隻へと歳を重ねていきます。

これは木の大きさで表すより葉で表しています。
左隻左側の松は幹、枝、の細さと樹勢の弱さもありますが、それよりも葉が少なく、
そのために雪もあまり枝に積もっていません。
左隻右側の松は青年、壮年期で葉がたっぷりあり、雪も多く積もっています。
クノールカップスープのCFの川口春奈のたっぷり、腰がある髪の様です(笑)。
葉が一杯あるんで、雪も一杯積もってます。
そのふっくらした立体感がとても素晴らしい。
そして右隻。
大きさから見て、一番の老年なのは明らか。
何と言っても大き過ぎて屏風の中に入り切っていない(笑)。
この松も葉がたっぷりあるんですが、その下の枝に元気が無く(笑)、
垂れています、そう腰が無いんです(笑)。
だからあまり雪が積もってません。

松の樹齢、そのまま見て楽しめば十分ですが、
人の一生とも捉えられます。
でもねぇ、人の一生、喜怒哀楽なんか笑い飛ばす(笑)様な松の迫力があるんで、
そんな人間の小賢しい(笑)考え、不要だと妙に(笑)納得させる力があります。


2-2:
圓山應擧の心、日本人の精神

まぁ、冗談はさておき、

>(前略)天心にとって絵画とは、現実の世界を正確に再現提示するものではなく、あるいはそれだけではなく、
見るものの心に深い感慨を呼びさますような暗示性を具えたものでなけらばならないということである。
『日本人にとって美しさとは何か』から「きらめく朦朧体」p.218
高階秀爾

「雪松図屏風」もこの高階秀爾大原美術館館長の言葉通りですな。
文字通り風雪に耐える長寿、です。
そして、この屏風、大英博物館にある風炉先屏風「氷図屏風」と同じく蒸し暑い夏に涼を感じてもらおうと
描かれたのではないでしょうか?
または注文主の北三井家が夏用に注文したのかもしれません

松の樹齢による魅力の違いを味わい楽しむ、それだけで十分の様な気もします。
それ位松には魅力があると言う事で、社会的に應擧の頃とは違う21世紀初頭の日本人でも同じ様に感じ楽しめる、
この点がとても重要で貴重だと思います。
そして自然とは対立するのではなく添い寝している日本人の自然観と感性も應擧の頃から全く変わっていないのも実感出来る「雪松図屏風」です。


2-3:
表現法

当然ながら濃墨で陰を表しています。
陰が出来るのは、一般的には下側。
そしてこの屏風ではもう一か所、奥。
奥の枝には濃墨を多く使い、遠近感を出しています。
これが非常に効果的で、右隻の中央、斜めに走る太枝の後の葉が茂る枝の描写に使われています。
この部分、美しいです。
左隻右側の松の枝の濃墨に陰も効果的だし、とても美しい。

松は全体に立体的に描いているのですが、右隻の松の幹だけ違っています。
ここだけ平面的に描いてます。
濃淡の対比を強めに描き、視線を斜めに走る幹へ導き、それから立体的な枝や葉へと向かう様にしてますな。
左側へと流れる枝もあるので、左隻へも視線を動かします。
そう、絵の入り口にしています。

とてもよく考えた画面の構成です。
これが、今回よく分かりました。


2-4:
まとめ

大変素晴らしい絵画です。
国宝であるのも納得です。


3:
図録番号:209 「月宮殿蒔絵水晶台」漆器屋象彦西村彦兵衛

水晶を載せる蒔絵のすんごいテーブルです。
凄い、
これ以外に他に何を書けばいいのか、素人なんで分かりませぬ(笑)。


4:
この展覧会で展示されている様な芸術品が常に身近にある生活、
芸術を解する心が無ければ、何にも変わらんでしょうが、
絵心があっても時間が無ければ楽しめません。
少なくとも毎日1時間一人になれる時間が無ければ文字通りの宝の持ち腐れ。
お金持ちの生活は違うなぁ。




タグ 三井記念美術館 圓山應擧 安藤緑山 象彦 西村彦兵衛





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『わたしを離さないで』その2

第二話


1:
ん~、困りますね(溜息)。

臓器提供のための子供達ぃ~?

こういう大袈裟な話は、馬鹿馬鹿しく好みではありません。

引き波で過去への回想と導く演出も大袈裟な音を入れ、何かなぁ…(溜息)。

それでも、この臓器提供と言う大袈裟な設定で今後、何を見せるか、何を強調するか、
馬鹿にせず(笑)、油断せず(笑)、もう少し観ましょう。

ただ、大ゴケする可能性もあります。




タグ 綾瀬はるか 水川あさみ 三浦春馬 鈴木梨央 麻生祐未 甲本雅裕 伊藤歩 真飛聖




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ナオミとカナコ』その2

第二話


1:
このドラマ、今回第二話までは、面白い。

こういう殺人物は好みじゃないんですが、このドラマは面白い(^.^)。
話の緊張感が途切れることなく続き、好奇心を刺激し次回を観たいと思わせます。

ひょっとすると大穴になる可能性が出てきました(^.^)。


2:
今回は認知症のお金持ちの老人、斎藤順子(富司純子)が登場し、
これで主要人物が全て揃った様です。


3:
次回も観ます(^.^)。




タグ 広末涼子 内田有紀 高畑淳子 佐藤隆太 吉田羊 富司純子




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『フラジャイル』その2

第二話


1:
このドラマも単純に面白い。
脚本が橋部敦子なんだけど、このドラマでは目障り、耳障りが無く、安心して観ていられます。

岸京一郎の描き方がいい。
反権威的、反抗的、不良的だけど、患者第一であり、有能と言う非常に魅力的な描き方が成功しています。
特に権威に媚びない不良性がいい。
そして長瀬智也が大変巧く演じてます。

新人病理医の宮崎智尋の奮闘振りも悪くなく、演じる武井咲もいい。

京一郎の指導医だった中熊薫を演じる北大路欣也は、まぁ、これ位出来て当然か(笑)。
今回だと京一郎に一声「おい」と声を掛ける時、この「おい」の重々しさが素晴らしい。
暴走しがちな京一郎を心配し、気を付けろと叱る気持ちがこの「おい」の一言に入り、十分伝わります。


2:
京一郎の理想主義と臨床医の現実の対立が面白く、京一郎の理想主義に説得力があるのが大変良い。
京一郎と智尋が毎回、決定的証拠を臨床医達に突きつけるからです。

これも安心して観ていられる理由。


3:
次回も観ます(^.^)。



タグ 長瀬智也 北大路欣也 小雪 武井咲





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

『お義父さんと呼ばせて』その1


★簡単な紹介

○放送
2016年1月19日~
午後10:00~10:54
火曜日
関西TV系

○スタッフ
脚本:林宏司
演出:星野和成
撮影:須藤康夫
照明:稲木健
音楽:木村秀彬
プロデューサー:安藤和久、萩原崇、遠田孝一、清水真由美

○出演
遠藤憲一…………大道寺保
蓮佛美沙子………花澤美蘭
渡部篤郎…………花澤紀一郎、美蘭の父
和久井映見………花澤静香、美蘭の母
中村アン…………相川希和
加治将樹…………小松川慎吾、保の部下
伊藤修子…………八千草千代、保の部下
山崎育三郎………砂清水誠
中村倫也…………花澤葉理男、美蘭の兄
新川優愛…………花澤真理乃、美蘭の妹
品川徹……………花澤昭栄、美蘭の祖父




★評


第一話


1:
面白い(^.^)。
可笑しい(^.^)。

まぁ、これで十分ですな、このドラマ(^.^)。

次回も観ます(^.^)。



タグ 遠藤憲一 渡部篤郎 蓮佛美沙子 和久井映見




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』その1

★簡単な紹介

○放送
2016年1月18日~
月曜日 午後9:00~9:54
フジTV系
全回

○スタッフ
脚本:坂元裕二
演出:並木道子、石井祐介、高野舞
撮影:福澤亮介、坂本裕樹
照明:桑原伸也
音楽:得田真裕
プロデューサー:村瀬健

○出演
有村架純………杉原音
高良健吾………曽田練
高畑充希………日向木穂子
西島隆弘………井吹朝陽
森川葵…………市村小夏
坂口健太郎……中條晴太

浦井健治………神部正平
福士誠治………井吹和馬
森岡龍…………加持登

満島ひかり……音の母の声

安田顕…………白井篤史
大谷直子………林田智恵、音の養母
柄本明…………林田雅彦、音の養父
田中泯…………増田健二
高橋一生………佐引穣次
小日向文世……井吹征二郎
八千草薫………仙道静江




★評


頬っぺたの脂肪が可愛いと言う非常に珍しい美点の有村架純ではなく、
表情に豊かさでは現在日本一と言える高畑充希目当てで観てみると…


第一話

1:
お話の方は、これもなぁ、主人公練(高良健吾)と音(有村架純)の出逢いを描きたいので、
細かい事は省略、なんでしょう。
成功してるかと聞かれると、私の好みじゃない。

「ドラマとはそれ自体が大きな嘘なのだから、その中に小さな嘘があってはいけない」
と言う倉本聰の言葉に同意してるんで、こういう脚本は好きになれません。


2:
それでもこのドラマも役者は悪くない。
弱々しい練を演じる高良健吾は中々いい。
音演じる有村架純も不自然な所が無く好ましい。

白井篤史演じる安田顕のいやらしくさもしい雰囲気は流石。


3:
このドラマも『家族ノカタチ』同様いい役者を集めてますが、
宝の持ち腐れにならん事を祈ります。

まぁ、次も観てみますか。




タグ 高良健吾 高畑充希 有村架純 安田顕 小日向文世 八千草薫 田中泯




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『家族ノカタチ』その1

★簡単な紹介

○放送
2016年1月17日~
日曜日 午後9:00~9:54
TBS系
全回

○スタッフ
脚本:後藤法子
演出:平野俊一、酒井聖博、松田礼人
撮影:
照明:
音楽:大間々昴、兼松衆
音楽プロデューサー:志田博英
編成・プロデューサー:韓哲(はんちょる)
プロデューサー:佐藤敦司

○出演
香取信吾…………永里大介
上野樹里…………熊谷葉菜子

風吹ジュン………熊谷律子、葉菜子の母
西田敏行…………永里陽三、大介の父
水野美紀…………永里恵、陽三の再婚妻
高田彪我…………永里浩太、恵の連れ子
浅茅陽子…………永里美佐子、陽三の元妻、死別
森本レオ…………シゲさん、陽三の幼馴染

観月ありさ………大野美佳、大介の元カノ
田中圭……………高瀬和弥、葉菜子の元ダンナ

千葉雄大…………入江春人、大介の部下
荒川良々…………佐々木彰一、大介の同僚
奥田達士…………澤喜伸
小西キス…………福田亜由美
永尾まりや………小山有香

水原希子…………田中莉奈、葉菜子の部下
柳原可奈子………山根さとり、葉菜子の同僚
柴浩二……………安藤智治
入江雅人…………田中伸明

中村アン…………梢あや、大介のトレーナー


★評

上野樹里西田敏行風吹ジュン観月ありさ田中圭荒川良々森本レオ
これだけ役者を集めちゃ見逃す訳にはいかんゼヨ。

第一話


1:
う~ん、何と言いますか、まぁ、悪くはない。
でも、何か物足りません。


2:
熊谷葉菜子を演じる上野樹里、いいね。
自己主張の強さ、少々高飛車、他人に対する厳しさ、冷たさ、その元にある仕事での有能さ、自立して生活している自信、
こういうモノがよく演技出来ています。

対する永里大介を演じる香取信吾、も悪くない。
親(西田敏行)に冷たく厳しいのも自立して生活しているから。
葉菜子と同類。

ただ、二人があまりに簡単に近付き過ぎ。
相手に対する警戒が無さ過ぎ。


3:
まぁ、次回も観ますか。




タグ 香取信吾 上野樹里 観月ありさ 風吹ジュン 荒川良々 田中圭 森本レオ 水野美紀 西田敏行




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『宇宙人東京に現る』

★簡単な紹介

○上映
1956年1月29日

○上映時間
1時間22分

○スタッフ
原案:中島源太郎
脚本:小国英雄
演出:島耕三
撮影:渡辺公夫
照明:
音楽:大森盛太郎

特撮:的場徹、築地米三郎、田中捨一
色彩指導:岡本太郎
宇宙人デザイン:岡本太郎

プロデューサー:永田雅一

○出演
南部彰三…………磯辺直太郎
目黒幸子…………磯辺徳子
川崎敬三…………磯辺徹
見明凡太郎………小村芳雄
永井ミエ子………小村多恵子
山形勲……………松田英輔
平井岐代子………松田清子
苅田とよみ………青空ひかり/天野銀子
小原利之…………平野健一

八木沢敏…………パイラ人第二号
夏木章……………パイラ人第三号
津田駿二…………パイラ人第四号




★評

日本初のカラーで撮った特撮SF映画だとか。
これもAmazonのプライムでタダで観ると…

1:
これ、初めて観ましたな。
内容は、まぁ、破滅物の一種。
特撮は最小限ですが、ハッキリ言って、特撮を売り物にしている日本物よりかなり巧い。
『ゴジラ』や『大怪獣ガメラ』より、よく考え、出来る事だけしていて、それが巧く行ってます。

1956年、昭和で言えば31年。
当時の風俗、街並みがキレイなカラーで観られるのも貴重です。

SFパニック、破壊物映画なんですが、その辺のものは少なく落ち着いた内容です。

しかし、この作品も脚本が駄目、冗長なんです。
退屈。


3:
フィルムの劣化のためか、画像に汚れがある部分があります。
主な所では、
34分付近、中禅寺湖で青空ひかり(苅田とよみ)らしき美人が発見されるシークウェンス。
52分近辺(ジョージ齋藤が松田英輔博士(山形勲)を自宅に訪ねる)から62分近辺(Rの接近により無人の街と化した都会)まで。



タグ 川崎敬三 山形勲




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』

★簡単な紹介

○上映
1968年3月20日


上映時間
1時間21分

○スタッフ
脚本:高橋二三
演出:湯浅憲明
撮影:北崎晃
照明:上原正一
音楽:広瀬健次郎
プロデューサー:永田秀雅

特撮
演出:湯浅憲明
撮影:藤井和文
合成:金子友三
照明:石坂守
操演:関谷治雄
音響効果:小倉信義
デザイン:間野重雄
怪獣造形:八木正夫、エキスプロダクション

○出演
本郷功次郎……………島田伸彦、ボーイスカウトのリーダー
高塚徹…………………中谷正夫、ボーイスカウト
カール・クレイグJr.…ジム・モーガン
八重垣路子……………中谷マリ子、正夫の姉、ボーイスカウト指導員
渥美マリ………………青山順子、ボーイスカウト指導員
八代順子………………柴田正子、ボーイスカウト指導員
北原義郎………………正夫の父
橋本力…………………医者らしい男
藤山浩二………………自衛隊司令官
篠田三郎………………ボーイスカウト
メリー・ムロース……ジムの母
若山弦蔵………………ボス(バイラス)の声

荒垣輝雄………………ガメラ




★評


Amazonのプライム会員なんで、プライムヴィデオで無料で観られるんで、
観てみると…


1:
こりゃ、と言うより、これも酷い出来だわ(溜息)。
こんな出来の悪い映画を作ってちゃ大映が潰れるはずだわい(溜息)。
逆に大映末期で超低予算だからこんな映画しか出来ないのか(溜息)?


2:
非常に冗長な脚本。
子共を中心にした設定は耐えられても、この退屈で無駄に長い脚本には閉口。


3:
さらに、バイラスが出てこない(溜息)。
ガメラ並の大きなバイラスになるのが、
1時間10分辺り。
1時間20分の映画で怪獣同士が戦うのが、残り10分。

こんなんで怪獣映画と言えるんでしょうか(溜息)?


4:
駄作。




タグ ガメラ バイラス



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『わたしを離さないで』その1

★簡単な紹介

○放送
2016年1月15日~
金曜日 午後10:00~10:54
TBS系
全回

○スタッフ
原作:カズオ・イシグロ
脚本:森下佳子
演出:吉田健、山本剛義、平川雄一郎
撮影:須田昌弘、寺田将人
照明:横山修司、遠藤和俊、諸岡亮、鈴木彩花、鋤野正彦
音楽:やまだ豊
プロデューサー:渡瀬暁彦、飯田和孝

○出演
綾瀬はるか……………保科恭子
鈴木梨央………………幼少期の恭子
水川あさみ……………坂井美和
瑞城さくら……………幼少期の美和
三浦春馬………………土井友彦
中川翼…………………幼少期の友彦
エマ・バーンズ………幼少期の真実
本間日陽和……………幼少期の珠世
濱田ここね……………幼少期の花
小林喜日………………広樹
石川樹…………………聖人

山野海…………………克枝
真飛聖…………………マダム

伊藤歩…………………堀江龍子
甲本雅裕………………山崎次郎

麻生祐未………………神川恵美子





★評

綾瀬はるかのファンなんで観てみると…

第一話

1:
何やらかなりいわくありげな大人が自分の小学生時代を回想する第一話。
10年前の『白夜行』と同じ。

白夜行』では綾瀬はるかの子供時代を福田麻由子が好演し、今回は『Woman』でお馴染みの鈴木梨央
悪くはないけど、少々誇張し過ぎ。
監督からの指導の様な気がします。


2:
お話の方は臓器移植関連なのは間違いないでしょう。
この手の話は大仰で興味をそそられん。

それでも綾瀬はるかが出てるんでもう少し観ますか。


3:
次回も観ます。




タグ 綾瀬はるか 水川あさみ 三浦春馬 鈴木梨央 麻生祐未 甲本雅裕 伊藤歩 真飛聖 福田麻由子 白夜行




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ナオミとカナコ』その1

★簡単な紹介

○放送
2016年1月14日~
木曜日
午後10:00~10:54
フジTV系
全回

○スタッフ
原作:奥田英朗
脚本:浜田秀哉
演出:金井紘、葉山浩樹、品田俊介
撮影:大鋸恵太
照明:鈴木敏雄
音楽:ガブリエル・ロベルト
プロデューサー:長部聡介、大木綾子

○出演
広末涼子………小田直美
内田有紀………服部加奈子
佐藤隆太………服部達郎/林竜輝
高畑淳子………李朱美
吉田羊…………服部陽子
宮川一朗太……内藤伸吾
山地和弘………浅井信之
手塚快晴………犬飼貴丈
富司純子………斉藤順子



★評


第一話


1:
お話の方はまぁまぁの出来。
ナオミ(広末涼子)とカナコ(内田有紀)がカナコのダンナ達郎(佐藤隆太)を巧く始末しようとし、
達郎ソックリの林竜輝(佐藤隆太)を利用すると先が読めています。
でも、竜輝の上司李朱美(高畑淳子)と言う胡散臭いけど魅力的な登場人物がいるので、緊張感と保ち視聴者の関心と興味を掴んでいます。


2:
私にとって広末涼子はドラマ、映画、そして絵画へと再び導いた少々特別な女優。
2006年版の『愛と死をみつめて』の大島みち子さんを演じた女優。
だから、何と言いますか、10年経っても少々心に波が立つ女優なんですな。

去年の『聖女』と『ウロボロス』以来演技を観ると、やはり巧いね(^.^)。
驚いた時に目を大きく瞠るんですが、これ明らかに誇張した演技。
しかしだ、その誇張に不自然さが皆無で演技に句読点を与えナオミに巧く感情を与えています。
それに『聖女』と『ウロボロス』と違い、普通の市民に近い役のせいか伸び伸び演技している様な気がします。


3:
ところで、日本語じゃ「ドメスティックバイオレンス」を使うけど、
私が25年前、英語の実習でアメリカのニュース雑誌やミステリィを読みまくっていた頃、
“domestic violence”は見たことなく”domestic abuse”が使われてましたな。


4:
次回も観ます。




タグ 広末涼子 内田有紀 高畑淳子 佐藤隆太 吉田羊




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『フラジャイル』その1

★簡単な紹介

○放送
2016年1月13日~
午後10:00~10:54
水曜日
フジTV系
全回

○スタッフ
原作:草水敏、恵三朗
脚本:橋部敦子
演出:石川淳一、城宝秀則、池部安智
撮影:川村明弘
照明:金子拓矢
音楽:林ゆうき、橘麻美

病理、医事監修:田村浩一(東京逓信病院)

プロデューサー:小林宙


○出演
長瀬智也………岸京一郎、天才変人病理医
武井咲…………宮崎智尋、新人病理医
小雪……………細木まどか、婦人科医
野村周平………森井久志、検査技師
北大路欣也……中熊薫、慶楼大学病理学教授
津田寛治………佐田臨床検査部長



★評

長瀬智也小雪北大路欣也武井咲
これだけ出るんじゃ観ない訳にはいかん。

第一話

1:
面白い(^.^)。


2:
主人公岸京一郎がいい。
口が悪い変人、まだよく分からんけど天才らしい。
話す事だけだと熱血漢のようでありながら、
決して感情的ならず医師に相応しい冷静さを失いません。
また定時に帰りながらも、実はどこかで研究してる徹底振りも説得力があります。
第一に考えるのが、患者であって臨床医やコストでない、この理想論が心地いい。
演じる長瀬智也がいい。
『クロコーチ』で黒河内圭太を演じて見せた様に、不良性をやらせると大変いい。
『ガリレオ』の湯川学先生(福山雅治)の「正」と「陽」に対し、「負」と「陰」の天才になる予感濃厚(^.^)。


3:
冷静沈着徹底聡明な病理医岸京一郎を写実的で誇張を少なし、
臨床医側を誇張気味にする演出も巧く行き、効果的。


4:
コストや医師の面子でなく患者第一と言う理想論をどれ位、視聴者に納得させられるか、脚本家に期待。

次回も観ます。




タグ 長瀬智也 北大路欣也 小雪 武井咲 福山雅治 津田寛治 平岳大




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その42

その2
分析と解釈


第十話
その2

1:
登場人物の左右の立ち位置 その1

1-1:
冒頭、製材所で働く英治(香取信吾)。
昼休みに同僚と食事、お喋り。
すると、「実物」(笑)雫(八木優希)が来た。

右(下手):英治
左(上手):同僚

…正しい位置です。
…まぁ、それ程親しい間柄ではないので当り障りの無い程度で本当の事を伝える英治。
…雫がやって来るのは英治の視線から右(下手)側から。
…この雫との関係も正しい位置になっています。


1-2:
柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)、食堂で美桜(竹内結子)と舜(玉山鉄二)。
舜が瑠璃(本仮屋ユイカ)と雫の事を安西院長(三浦友和)に黙っていてくれた事を美桜に感謝します。
美桜は礼を言うなら院長の憎しみを一身に受けいていた英治にしろと反論。
舜はどういう事かと聞き返します。

右(下手):舜
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…二人の位置から解釈すると、舜、英治が自分の身代わりになっていた事を知りませんでした。


1-3:
再び製材所。
英治の同僚にお茶をいれる雫。
雫に黙って来たのかと尋ねると、
雫は言って来たと答えます。

右(下手):雫
左(上手):英治

…間違った位置です。
…何かおかしいと感じる英治です。


1-4:
再び柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)の食堂。
今迄のいきさつを話す美桜。
英治は君の知ってる様な人間ではないと舜。
瑠璃が雫を生んだことを知らなかった舜。
子供の事を聞くとその場を立ち去る舜。

右(下手):舜
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…舜が雫の事を知り動揺したのは間違いありません。

1-5:
再び製材所。
お昼休みが終わり午後の仕事開始の笛を吹く雫。

右(下手):英治
左(上手):雫

…正しい位置です。
…午後の仕事開始時間を5分早めたのではありません(笑)。

続いて、
雫を抱き上げる英治。

右(下手):雫
左(上手):英治

…間違った位置です。
…色々解釈できるカットです。
…話の流れから考えると、本当は英治ではなく、舜が抱き上げて歩くんだ、
が妥当でしょう。
…また、二人が離れて暮すのは間違っている、もあり。


1-6:
喫茶コロンに英治、四条健吾(寺島進)、菱田さん(池内淳子)、小野優貴先生(釈由美子)集合。
皆、英治と雫の事を知ってると伝えようと決めた。
雫の生物学的父親まで知ってると伝える。
この事を絶対、雫に伝えないと決めた。
でも、英治はその事を雫にいつか伝えようと決めている。

右(下手):英治
左(上手):四条健吾、菱田さん、小野優貴先生

…全員の位置から本音を語っています。


1-7:
柊友会病院(しゅうゆうかいびょういん)屋上で直哉(松田翔太)が美桜に神山舜について話す。
安西院長に教えたと言う。

右(下手):直哉
左(上手):美桜

…正しい位置です。真実を伝える直哉。

しかし、直ぐに位置が変わり、
院長の代わりに舜が美桜の父辰巳(尾藤イサオ)の手術をすると言う美桜。

右(下手):美桜
左(上手):直哉

…舜が父辰巳の手術をするのが、気に入らない美桜。


1-8:
製材所を後にする雫。

右(下手):英治
左(上手):雫

…正しい位置です。
…英治、雫、安西院長、この三人の関係が正しく、巧く行っていると示しています。

…雫を乗せた車が製材所を後にするカットは、背景が丘と林です。その前が工事中の現場です。
それまでのカットが海か河口に近い川ですから、少々違和感があります。
…ロケ場所を変えた理由は、ロングで撮れなかったからか、それとも演出の意図があるためか?
…演出の意図があるとすれば、中景にある工事中の現場ですね。
…英治、雫、安西院長、三人の関係は今のところ巧くは行っていますが、まだ新たな関係を作っている最中、
と言う事でしょう。


1-9:
続いて、そこへ舜がやってきた。
雫の事、瑠璃の愛情と思いを英治が伝え、この事を安西院長が知っている様だと伝える。

右(下手):英治
左(上手):舜

…正しい位置です。
…まぁ、衝撃の事実だからネ(笑)。


1-10:
美桜、病院のロビーで菱田さんとお話。
美桜は、
アパートを出て病院の寮で暮らしている、
英治には瑠璃の様な自分よりもっといい人が現れるかも。
菱田さんは、
美桜の父辰巳の件を知らなかったから一方的に責めた、
私が二人の間に入って執り成そうかと、提案。

右(下手):菱田さん
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…ドラマも終盤ですから、腹の探り合いなんかしないで本音トーク(笑)。


1-11:
美桜の父辰巳の病室、手術当日、

右(下手):美桜
中央:辰巳
左(上手):安西院長

…間違った位置です。
…何やら縁起の悪い位置。

病室の外で、
安西院長は舜が手術に必要だと認め、
美桜は安西院長が立派な方だと伝える。

右(下手):安西院長
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…ここでも、本音トーク(笑)。


1-12:
元美桜のアパートの部屋で、
たい焼きを食べる英治と四条健吾。
健吾が英治に美桜が出て行ったけど、それでいいのかと尋ねる。
英治は仕方ない、といつもの答え。

右(下手):四条健吾
左(上手):英治

…間違った位置です。
…本当はそう思ってない英治。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 玉山鉄二




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ルパン三世』2014年実写版

○放送
2016年1月11日(月)
午後9:00~10:54
TBS系

★評


1:
主要五人は、とりあえずアニメの登場人物と同等の魅力があり、なんとか合格、ギリギリ合格ライン。

ルパン三世小栗旬、次元大介の玉山鉄二はいい。

小栗旬ルパン三世はこの映画を観ると、直ぐに他の男優を思いつかず、合格以上。
アニメでお馴染みの軽さがあり、これが出来ているから文句無し。
もう少し笑いが出来る様になれば最高。
次回作があれば、どうなるか楽しみ。

大正解は次元大介を演じた玉山鉄二
アニメでは完全にルパンに喰われてますが、この映画ではルパンから少々距離を置ける「強さ」があり、
新たな次元像を作り、非常に魅力的。
玉山鉄二の悪の魅力が大変巧く活かされています。

五ェ門を演じた綾野剛は、イマイチ線が細い。
強そうに見える必要は無いんですが、強さ、隙の無さ、鋭い切れ味、こういう雰囲気が無いのが痛い。
少なくとも禁欲的な雰囲気が無いと剣豪としては辛い。
剣豪と言って直ぐに思い出すのは『七人の侍』で久蔵を演じた宮口精二
エラく違う、と言うより雲泥の差、綾野剛宮口精二と比べると下手過ぎ。
それでも、今迄のアニメを観ると分かる様に未だに「修行中」の若輩者なんで、この作品でなら合格。
もし同じ配役で第二作が作られるなら、かなり気合を入れた「修行」が必要で、さもないと他の役者の足を引っ張りかねません。

銭形警部の浅野忠信は脂っこさやギラツキが不足。
アニメの銭形警部は御存じ睫毛クッキリのパッチリお目目。
あのお目目で絶対にルパンを捕まえてるって言う執念深さを表している訳です。
その少々「病気」っぽい一本気と正義感が銭形のとっつぁんの魅力なんですが、
この映画の中の浅野忠信は単なるサラリーマン警察官。
着たきり雀でワイシャツの袖と襟が垢で汚れても全く気にしないのが銭形のとっつぁんでしょう。
そういう汚れ役が出来るのは、豊川悦司とか香川照之だよなぁ。
浅野忠信は清潔過ぎ。

峰不二子を演じた黒木メイサは、悪くないんだけど、笑顔に魅力が無い。
可愛くもなければ、艶っぽさもない。
これではルパンの心を捉えられません。


2:
上映時間が133分物を2時間以下のTV用に切りまくりを観たんで、
演技はともかく内容をあーだこーだ言うのは気が引けますが、
こりゃ駄目だ。
アニメの持つストーリーの小気味いい早さと軽さ、これが無い。
先週やったアニメ『ルパン三世 イタリアンゲーム』と比べると、完敗。
格闘場面の目にも止まらぬ(笑)早さのおかげで話の展開の遅さが余計に目立つ(溜息)。

ネットでオンデマンドで完全版を観られますが、わざわざ2時間以上も観る気が湧きませぬ、
今のところは。
それに、アニメのスペシャルよりお値段高いなぁ。




タグ 小栗旬 玉山鉄二 綾野剛 黒木メイサ 宮口精二 豊川悦司 香川照之 ルパン三世 浅野忠信




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : ルパン三世
ジャンル : アニメ・コミック

『刑事バレリーノ』

★簡単な紹介

○放送
2016年1月9日(土)
午後9:00~10:54
NTV系

○スタッフ
脚本:金子茂樹
演出:堤幸彦
撮影:唐沢悟、池田英孝
照明:山口泰一郎
音楽:杉浦遊、yuma yamaguchi 佐藤研二
音楽プロデューサー:茂木英則

VFXスーパーバイザー:小坂一順
VFXディレクター:白石哲也
CGディレクター:木川裕太

バレエ指導:辻本知彦
バレエ吹替:望月寛斗

プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之

○出演
中島裕翔…………臼島くるみ
高嶋政宏…………鷲尾鷹男

松井玲奈…………古森杏子
長谷川純…………羽賀翔
大和田伸也………大崎守
綾田俊樹…………金城文彦
内田紳一郎………片桐大二郎

カンニング竹山…鬼山紋二郎
杉本哲太…………小曽根大輝
永作博美…………深平あずさ

多岐川裕美………小高和恵
多岐川華子………小高和恵、40年前
渡辺哲……………布来唐人
映見くらら………臼島月子

平澤宏々路………戸波典華




★評


1:
冒頭の湖、北海道の「レタッチリ湖(列田尻湖)の設定なんですが、
どう見ても北海道ではないんだなぁ…(溜息)。
生えてる植物が津軽海峡以南のものですよ(溜息)。

堤監督の『20世紀少年』でも第三章の最後でアフリカらしき平原を舞台にしてるんですが、
全くアフリカに見えないのと同じ。

あぁ、予算不足巨大(溜息)。

幸先非常に悪い。


2:
もう一つ幸先悪いのがバレエ。
堤幸彦監督とバレエと言えば『池袋ウエストゲートパーク』のG-Boysからブラックエンジェルスを結成した尾崎京一を演じた西島千博。
この方が本職はバレエダンサー。
でも演技は下手。
こういう過去があるからなぁ…(溜息)。


3:
、と思って観たら、あらま、面白い。
まず、中島裕翔演じる主人公臼島くるみがやたらとバレエを踊るんですが、
これに違和感が全く無い。
これで成功ですよ、このドラマ(^.^)。

この変わり者臼島くるみ刑事と相棒を組む鷲尾鷹男の疲れ具合が中々いい。
対比が面白い。
演じる高嶋政宏が中々宜しい(^.^)。


4:
最近よく目にする子役、平澤宏々路も出演。
この子、可愛い目をしてる(^.^)。

それから、多岐川裕美、あらまぁ、こんなに歳取っちゃって(涙)。
私の世代だと、NHK少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』の主人公火田七瀬。
とても美しかった(^.^)。
そんな多岐川裕美、年相応の老醜を見せる女優としての心意気、見事です(^.^)。


5:
このスペシャルドラマも連ドラになりそう。
連ドラにしても面白そう。




タグ 堤幸彦 中島裕翔 高嶋政宏 平澤宏々路 多岐川裕美




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『サンダーバード ARE GO』その8

第八話 『人工知能の反乱』

1:
面白い(^.^)。


2:
今回の主役はサンダーバード5号。
舞台は宇宙。
チンケなミニチュアを作る必要無し。
基本的に真っ暗だから背景を大幅に省略可。
その分、サンダーバード5号と登場人物に金を掛けられる。
無重力だからかなり自由に画面の中のものを動かせる。

CGの実力発揮であります。


3:
もうミニチュア特撮の時代じゃないのをハッキリ証明した回です。
CG大作並に100億円単位の予算を掛ければ、良い作品が作れるでしょが、
それだけの大金を出せる会社や国はあるでしょか?




タグ サンダーバード




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』

★放送
2016年1月8日(金)
午後9:00~10:54
NTV系


★評


1:
面白い(^.^)。
それだけ十分でしょう。
カリオストロの城』のオマージュ。




タグ ルパン三世 カリオストロの城



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : ルパン三世
ジャンル : アニメ・コミック

『薔薇のない花屋』その41

その2
分析と解釈


第十話
その1

1:
夕方

1-1:
舜(玉山鉄二)が英治(香取信吾)の仕事場へやって来た。
雫(八木優希)の事を尋ねる。
英治は瑠璃(本仮屋ユイカ)が舜を愛していた、家庭を持ってほしいと思っていたと伝える。
また、この事を安西院長(三浦友和)が知った様だと伝える。

…自分勝手の舜ですから、このシークウェンスで重要なのは瑠璃の相手が舜である事を安西院長に知られた事でしょう。
…上昇志向が強い舜ですから、脳外科医として順調に進んできた人生が挫折するかもしれません。

…オマケに演出上では、背景が川です。それも画面の中の大部分を占めています。
…舜の人生が大きく変わると捉えられます。


1-2:
怖いお兄さん達にボコボコにされた直哉を英治が救い出した後。
場所はここも水辺、海辺です。

…遠景に大きな船なんか入れて、新たな人生を強調してます。
…直哉の償いが終わった事を示してます。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 本仮屋ユイカ 釈由美子 尾藤イサオ 玉山鉄二




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その40

その2
分析と解釈


第九話
その4

1:
登場人物の左右の立ち位置 その3

1-1:
美桜(竹内結子)も公園へ。

1-1-1:
舜(玉山鉄二)と英治(香取信吾)が瑠璃(本仮屋ユイカ)と父親安西院長(三浦友和)の事について話しています。

英治は舜が留学するので瑠璃に中絶しろとうまく話すと約束しましたが、結局言えませんでした。
それに詰め寄る舜。
瑠璃に気が有ったから言わなかったんだろうと責める舜。
ワザと言わなかったんだろう、と舜。
そうだよ、と認める英治。
舜との別れ話を言うつもりは無かった、と英治。
瑠璃が死んだのも俺のせいだ、と英治。
安西院長は恋人は俺だった思い今でも憎んでいる、と英治。

自分の害が及ばないと知り安心した舜。

それを思わず立ち聞きする美桜。

右(下手):英治
左(上手):舜

…正しい位置です。
…冷たい事実です。
…舜の気持ちもハッキリ表しています。

1-1-2:
自分に害が及ばない、火の粉が掛からないと分かり英治を抱く舜。

英治を正面から撮ると、

右(下手):舜
左(上手):英治

舜を正面から撮ると、

右(下手):英治
左(上手):舜

…英治にとっては間違った位置です。
…舜にとっては正しい位置です。
…舜の身勝手さに困っている英治です。
…自分の出世にとっては英治が身代わりになってくれれば文句皆無、問題解決の舜です。
…英治には舜が少なくとも謝り、感謝して欲しかったと思っていたと解釈していいでしょう。

1-1-3:
美桜がいたのに気付いた英治と舜。

右(下手):英治
左(上手):舜

…正しい位置です。
…二人共、ある意味、正気に返った瞬間です。

1-1-4:
「ホントなの 今の話 お花屋さん」と真実を知った美桜。
舜が美桜の方へ近付きます。
舜は「秘密にしてくれないか」
「安西院長が知ったら美桜の父辰巳(尾藤イサオ)の担当から外す」
「美桜のお父さんは僕じゃないと助けられない」

右(下手):美桜
左(上手):舜

英治も入るカットになると、

右(下手):美桜
中央:舜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…全員間違った位置です。
…舜の汚い説得に従わざるを得ない美桜と英治です。


1-2:
喫茶コロンで英治とマスター四条健吾(寺島進)。
健吾が例の金を英治に返します。
実は元刑事で暴力団担当だったらしく、小野優貴先生(釈由美子)には心配かけたら悪いと正体を明かさず。
英治はまた、直哉の事を心配。
美桜との事も何やら…

右(下手):英治
左(上手):健吾

…正しい位置です。
…健吾が手数料とか取ってないと言ってるのは、ハイ、その通り。
…英治が暴力団担当の元刑事だったとか、と健吾の過去を予想してますが、
当りでしょう。


1-3:
とある田舎、美桜と父辰巳(尾藤イサオ)。

1-3-1:
辰巳がタダ同然で農協から土地を借りられるので農業を始めると語ります。
でも一人じゃ駄目でから、手伝って欲しいと辰巳。
生きる希望なんだと辰巳。

右(下手):美桜
左(上手):辰巳

…間違った位置です。
…辰巳の言う事を信用していない美桜です。

1-3-2:
しかし、話が美桜の恋人になると位置が変わります。
美桜はイチゴとか作ってみたいと言います。

右(下手):辰巳
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…おや、美桜、新たな暮らしを考えてます。


1-4:
英治と美桜、再会。

1-4-1:
父の手術が近いので病院で、と美桜。
英治が良ければここで暮らせる、と美桜。
美桜はもう戻らない、と英治。
ええ、と美桜。

舜が言った事を尋ねる美桜にその通りだ、と英治。
瑠璃の死の原因は英治かと尋ねる美桜にええ、と英治。

さようならと、美桜。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…二人の真実です。

1-4-2:
去る美桜、坂を下ります。
後から二人を撮るカットでは位置が変わり、

右(下手):美桜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…後から、つまり、視聴者から見れば二人が間違った事をやったのが分かる、と言う構図。
別れるのは間違ってると視聴者に伝えています。


1-5:
一人バスに乗る美桜。
お守りの白いハズレ玉を右手で取り出して。

右(下手):白い玉(=英治)
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…英治への思いは変わっていません。
…今でも愛しています。


1-6:
フラワーショップ雫に車で戻ってきた英治。
後のドアを開けると何かが落ちました。
赤い薔薇の花束でそれを拾い、胸に抱きます。

右(下手):英治
左(上手):赤い薔薇の花束(=美桜)

…正しい位置です。
…英治も美桜への思いは変わっていません。
…騙されても、それでも愛しています。





タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 本仮屋ユイカ 釈由美子 尾藤イサオ 玉山鉄二




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その39

その2
分析と解釈


第九話
その3

1:
登場人物の左右の立ち位置 その2

1-1:
美桜(竹内結子)の部屋で、

1-1-1:
お茶を淹れる美桜。

右(下手):美桜
左(上手):英治(香取信吾)

…間違った位置です。
…舜(玉山鉄二)がいるので機嫌が悪い美桜。

1-1-2:
美桜がお茶を淹れ終わるのを待つ3人
英治は給仕するので立ち、二人は座りテーブルに着いています。

右(下手):英治
中央:舜
左(上手):小野優貴先生(釈由美子)

…正しい位置です。
…二人に対し何のわだかまりも無い英治です。

1-1-3:
美桜が画面に入るとカメラの位置も少し動きます。
舜が「英治とは子供の頃からの知り合いで、二人は名もなき戦士」
「薔薇にはトゲがある」
英治が花屋で薔薇を扱わない事も話題になります。
舜「自分を売り物にはしない」

右(下手):美桜
中央右(下手)寄り:英治
中央左(上手)寄り:小野先生
左(上手):舜

…舜が言った事は美桜と小野先生には不明。
…英治には分かっている様です。
…その事は小野先生にはそれ程の大きな問題ではないと示す「正しい位置」。
…でも美桜にはちと気になる問題だと示す「間違った位置」。


1-2:
製材所で働く英治

1-2-1:
働く英治を紹介するカット。

右(下手):英治
左(上手):同僚

…正しい位置です。
…まぁ、普通に真面目に働いてんですから、当然この位置です(笑)。

1-2-2:
そこへ雫(八木優希)がやって来た。

a:
二人が抱き合う時、

右(下手):英治
左(上手):雫

…正しい位置です。
…当然です(笑)。

b:
その前に雫が転び、そのためにお土産の「もも」が汚れてしまう。

右(下手):雫
左(上手):英治

…間違った位置です。
…父ちゃんが好きな「もも」が食べられなくなっちゃいました(涙)。
…小学2年生がこんな事のなったら泣いてもおかしくないんですが、
流石に雫は泣かない良い子です。

c:
二人で食事。
「もも」を食す二人。
場所は水辺、時間は夕方。

右(下手):英治
左(上手):雫

…正しい位置です。

d:
雫は英治に別れて暮して寂しくないかと尋ねます。
英治は母ちゃんと違い雫と会えるから我慢出来ると答え、
それを聞いた雫も我慢すると言います。
二人の実際の位置は変わらず背後から撮り、

右(下手):雫
右(下手):英治

…間違った位置になりました。
…ここは難しく考えず、本当は二人共会えなくて凄く寂しいと捉えるべきでしょう。


1-3:
英治、帰宅。

1-3-1:
ドアを美桜に開けてもらい入ると、

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。

1-3-2:
ところが、上がると、

右(下手):美桜
左(上手):英治

…間違った位置になります。
…美桜が何か考えている様です。
…そうだとすると、嘘を吐くか黙っていようと決めたと考えられます。

1-3-3:
食卓に着くと、

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置になります。
…出逢いから現在迄の事を英治に説明しようと決心した美桜。
…となると、美桜はこの前のカットからの関連で嘘を吐かず、全てを話そうと決心したと捉えるべきでしょう。

1-3-4:
そこへ、英治のケータイに着信。
英治は右手でケータイを持ちます。
背後から撮り、

右(下手):英治
左(上手):ケータイ

…正しい位置です。
…まぁ、普通に掛かってきたケータイに応じるんですから、当然この位置です。

続いて、
「そこで待っていてくれるか」
と答え、ケータイを切るカットは横から撮り、

右(下手):ケータイ
左(上手):英治

…間違った位置に変わりました。
…話の流れから英治は美桜にケータイの内容を話す気は無いと暗示しています。

1-3-5:
そして英治は用事が出来たらしく美桜の部屋を出て行こうとします。
美桜はまだ今迄の事を全て話してないので、英治を引き留めようとします。
結局英治は合鍵を置いて部屋を後にします。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…美桜は謝りたい気持ちで一杯。
そしてやり直したい。
…英治は、重要な事なんですが、許しているし恨んでもいません。
それでも、一緒に暮らしてはいけない。


1-4:
公園で会い、話す英治と舜。
安西院長(三浦友和)、瑠璃(本仮屋ユイカ)の事を舜に告げる英治。

右(下手):舜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…舜が瑠璃の事を認めない、と暗示しています。
…同時に雫の事を認めないとも暗示しています。


1-5:
部屋に残った美桜。

1-5-1:
合鍵を手にする。

右(下手):合鍵(=英治)
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…美桜、英治はいなくなり改めて英治を愛しとても重要な人物だと実感してます。

1-5-2:
出掛けようとするとケータイ着信。
左手で取ります。

右(下手):ケータイ
左(上手):美桜

…正しい位置です。

カットが変わり、相手は直哉(松田翔太)。

右(下手):ケータイ(=美桜)
左(上手):直哉

…間違った位置です。
…どうやら良からぬお話。
…と思ったら、「雫の本当に父親は英治じゃない」だった(笑)。
美桜はとっくに知っていた(笑)。
…まぁ、直哉の方はこの位置になるな(笑)。
…直哉が「その野郎の名前は絶対突き止める」と言った時には切れていた(笑)。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 本仮屋ユイカ 玉山鉄二




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『薔薇のない花屋』その38

その2
分析と解釈


第九話
その2

1:
登場人物の左右の立ち位置 その1

1-1:
美桜(竹内結子)のアパートを訪れた英治(香取信吾)。

1-1-1:
英治がノックしますが美桜、不在。
でも直ぐに美桜が帰ってきます。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…まぁ、単純に嬉しいかな(笑)。

1-1-2:
美桜が、英治も鍵を持ってるんだから開けて先に入っていればよかった言います。
そして「はい、開けて」と美桜。

カメラの位置が変わり、

右(下手):美桜
左(上手):英治

…おや、間違った位置になりました。
…ふ~ん、二人で暮らす事が正しくない、と暗示してますな。

1-1-3:
ところが、英治が錠を開けると再び位置が変わります。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…やはり、二人で暮らすことは嬉しい事ですが、
…前のカットから続いてるので美桜の部屋へ英治が入る事は、良くない事であると暗示しています。

1-1-4:
美桜が英治にもっと「大きな声で」と言い、英治は「からかうのは 止めて下さい」。
再び位置が変わります。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…こういうおふざけが楽しい事、つまり「何でもない様な事が幸せだったと思う」なんですが、
「実は…」、と何やら雲行きが怪しくなりそうと暗示しています。

1-1-5:
そして、美桜が「ただいまー」と言い、ドアを開け先に入ります。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…ここで明らかになりました。
…二人で暮らす事は間違っている、良くない事が二人を待っている、とハッキリ示しました。

1-1-6:
美桜が「はい次の方」と言い、ドアを閉めます。
英治がドアを開け、「近所の目もありますから」。
美桜は「こそこそしてる方がやらしいのよ」と言いドアを閉めます。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…それでも、二人で暮らす事は嬉しい事でもあります。
…まぁ、当然だわな(笑)。

1-1-7:
結局、英治はドアを開け中へ入ります。
英治「ただいま」
美桜「お帰りなさい」

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…もぉ、好きにしなさい(笑)。


1-2:
美桜の部屋に入った英治。

1-2-1:
最初、躊躇う英治。

右(下手):美桜
左(上手):英治

…間違った位置です。
…美桜の部屋に入ったカットが間違った位置です。
…宜しくない事が起こるのは避けられないゾ、明示してます。

1-2-2:
英治、右のワークブーツを履いてないのを美桜に教える。

右(下手):英治
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…次のカットで外の廊下にワークブーツがあるのが映ります。
…どういう事でしょうか?
…簡単に解釈すると、美桜の部屋に全部入らなくて正解、ですな。
…やはり、この同棲、共同生活、巧く行くはずない、です。


1-3:
美桜、病院で。
舜(玉山鉄二)にタクシーで帰ろうと誘われ、舜は父辰巳(尾藤イサオ)について説明すると言う。

右(下手):舜
左(上手):美桜

…正しい位置です。
…舜、医師として真面目な話をすると言う事。


1-4:
帰りのタクシー車中。
辰巳について説明する舜。
手術の成功について安西院長(三浦友和)は五分五分、
舜は三分七分。
美桜に恋人がいるかとも聞く舜。

右(下手):舜
左(上手):美桜

…同じく正しい位置。
…成功の望みが小さい事を正直に話しています。
…恋人はいるし、一緒に暮らしていると美桜、そりゃそうだ(笑)。


1-5:
小野優貴先生(釈由美子)、美桜のアパートに英治を訪ねてやってくる。

1-5-1:
喫茶コロンのマスター四条健吾(寺島進)が行方不明で心配だと告げる。

右(下手):英治
左(上手):小野先生

…正しい位置です。
…事実を正しく伝える小野先生。

1-5-2:
ところが、英治の顔を映すカットでは位置が逆になり、
また、会話の内容も直哉(松田翔太)が金を借りた闇金屋から金を取り返すとか、物騒な話。
小野先生が警察に連絡しようと言うと英治はまずいと言う。
健吾はハードボイルドだからそっち方面は大丈夫だ、と英治。

右(下手):小野先生
左(上手):英治

…間違った位置です。
…どうやら英治は健吾の裏の顔を知っていて、それをまだ小野先生には言えない様です。

1-5-3:
そこへ美桜が帰ってくる。
タクシーが通過。

右(下手):美桜
中央:小野先生
左(上手):英治

…間違った位置です。
…前のカットからつづくシークウェンスですから、美桜も英治から健吾の裏の顔を知らされていない、
と解釈出来ます。

1-5-4:
タクシーから舜が降り、加わる。
小野先生と舜は初めて会う。
舜は美桜と英治の関係を知らない。
英治は皆をアパートでお茶に誘う、美桜は乗り気じゃない。

右(下手):美桜
中央右(下手)側:英治
中央左(上手)側:小野先生
左(上手):舜

…複雑な位置ですが、英治の位置に注目すると会話の内容通りです。
…英治と小野先生、舜は正しい位置です。
色々話すべき事があります。
…美桜と舜は間違った位置です。
辰巳の手術の難しさやナンパされた事もあり、
美桜にはあまり心地いい状況ではありません。
…英治と美桜も間違った位置です。
美桜は舜と一緒にいたくないないのを、英治は知りません。
それに「新婚状態」ですから、英治と二人っきりになりたかったと思っているかもしれません(笑)。




タグ 八木優希 香取信吾 竹内結子 寺島進 松田翔太 三浦友和 池内淳子 釈由美子 尾藤イサオ 玉山鉄二




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『富士ファミリー』

★簡単な紹介

○放送
2016年1月2日(土)
午後9:00~10:28
NHK総合

○スタッフ
脚本:木皿泉
演出:吉田照幸
撮影:迫信博
照明:白倉孝雄
音楽:阿南亮子

特殊メイク:江川悦子

プロデューサー:郷田悠

○出演
小泉今日子……………小国ナスミ、次女、故人
薬師丸ひろ子…………小国鷹子、長女
片桐はいり……………小国笑子、笑子バアさん
ミムラ…………………栗林月美、三女
吉岡秀隆………………日出男、ナスミのダンナ

中村ゆりか……………果澄

高橋克実………………春田雅男
仲里依紗………………樋口愛子

細田善彦………………小柴洋平

深水元基………………栗林和己、月美のダンナ
鴇田蒼太郎……………栗林大地、月美の息子

マキタスポーツ………行田万助
小倉一郎………………百合植道




★評


1:
面白い。
いい話です。
パラパラと振り掛けられたユーモア、笑いも悪くありません。

内容もほのぼのとして、これも悪くありません。

「富士ファミリー」店舗を初め、富士山を背景にしたロケ地は中々の景勝地。


2:
ただ、それだけなんです。
そう、それで十分なドラマ。





タグ 小泉今日子 薬師丸ひろ子 片桐はいり 吉岡秀隆 高橋克実 木皿泉





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




ドラマ ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『博物館に初もうで』 2016年

★簡単な紹介

○場所
東京国立博物館

○期間
2016年1月2日(土)~1月31日(日)

HP→http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=8124


1:
今年も行ってきました。
昼前に到着すると、入場券購入行列が去年より少々長かった。
それでも、券売機に到着するのは去年とそれ程変わらず。


2:
でも、天候が良かったせいか、入場者数は去年より多かったみたい。
本館のミュージアムショップは、何と、支払い待ち行列が出来ていた(@_@;)。


3:
本館の階段の踊り場には大きな活け花があり、見物人と写真撮影で少々渋滞。
展示室へ行くと、そのまま混んでました。

見たかった長谷川等伯の『松林図屏風』、ここも人出が絶える事が今回は無し。
ヤレヤレ(溜息)。
特に右隻はその右横に解説があるので、読んでからそのまま見るの人の滞りがあり、大変な盛況(笑)。
オマケにこの国宝も撮影可なので、写真を撮る人が多く、絵に近付くのを遠慮しました。

それでも、長谷川等伯の腕前と絵心は並外れていて、これだけの群衆に囲まれていても、
空間感覚、奥行き感、静謐な雰囲気は人々の頭の間から漏れこちらにまで漂ってきます(笑)。
そして、世俗を離れた人類の至宝とガラス一枚で隔てられた我等煩悩に満ちた人々との差が面白かった。
長谷川等伯自身、自分の描いた屏風が450年後にこれ程人が押し寄せると想像したことがあったでしょうか?

人混みが少々薄れると近付いて細かい所を観察。
やはり、筆致が見事。
『開運!なんでも鑑定団』でよく耳にする「筆に迷いが無い」です。
特に幹の筆使い。
一気に力強く描いてます。
素人には真似の出来ない技です。
葉の描写の力強さ。
近景は墨で描いているのですが、どんな筆を使っているのか、イマイチ分からん描写です。
普通の筆ではないかもしれません。
硬め毛の筆の様な、紙を使ってる様な、そんな感じです。
中景の薄墨で描いてる葉も強さを失っていません。

去年気になった幹の真っ直ぐ具合、改めて便利なネットで調べると、等伯が描いた様な真っ直ぐな幹もありますな(^_^;)。


4:
北斎の有名な、
凱風快晴
山下白雨
神奈川沖浪裏
木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝(諸国滝巡りから)
も展示されていたのですが、こちらも人波が途絶えず、更に屏風と違い小さいので遠くから見るのは不可能なので、
今回は諦めました。


5:
今回は『松林図屏風』だけを見て東京国立博物館を後にしました。

帰りに国立西洋美術館に寄り、迷いましたが結局館内には入りませんでした。
代わりに、出入口のそばにある有名なブールデルの『弓をひくヘラクレス』でちょっと面白い事がありました。
丁度午後1:00過ぎでしたが、ヘラクレスの狙いの先に太陽があり、
まるでヘラクレスが本当に怪鳥ステュムファリデスを射ようとしてるみたいでした。
屋外の彫刻には時間が重要で、こんな見方があるとは…(@_@;)。



タグ 長谷川等伯 松林図屏風 北斎 凱風快晴 山下白雨 神奈川沖浪裏 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 弓をひくヘラクレス






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
37位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

西村まさ彦 三宅弘城 長塚京三 野田秀樹 真矢ミキ 滝藤賢一 奥田瑛二 佐藤二朗 高畑充希 黒木瞳 横山だいすけ 石川恋 橋本環奈 清原翔 西岡徳馬 竹内涼真 中島ひろ子 西尾まり 横山歩 久保田紗友 アルチンボルド ラ・トゥール 歌川国芳 ジャコメッティ 不染鉄 カラヴァッジョ あゝ野麦峠 山本茂美 浦沢直樹 紀比呂子 皆川妙子 ウォークマン 川端龍子 竹内涼馬 ジョン・エヴァレット・ミレイ 吉田博 歌川広重 ロッセリーニ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 和田アキ子 芳根京子 梅沢富美男 門脇麦 市原隼人 高橋メアリージュン 道枝駿佑 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 加藤晴彦 春風亭昇太 桂文枝 伊藤若冲 山口桂 クリスティーズ 吉田羊 ボス ブリューゲル 雪舟等楊 雪村周継 長次郎 樂家 道入 了入 尾形乾山 本阿弥光悦 カフェ・パウリスタ 長谷川利行 加山又造 相葉雅紀 油滴天目 曜変天目 卯花墻 稲葉天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 中村蒼 福田ゆみ 鈴木省吾 篠原篤 大倉孝二 瑛蓮 平成館 東京国立博物館 平岡祐太 金田明夫 鈴木亮平 坂口健太郎 富澤たけし 八木亜希子 吉岡里帆 松たか子 有線七宝 濤川惣助 超絶技巧 並河靖之 東京都庭園美術館 無線七宝 住田萌乃 シシド・カフカ 木野花 ヤオ・アイニン キムラ緑子 新井浩文 工藤阿須加 山本未來 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 菊豆 リー・ウェイ リー・パオティエン 山田美紅羽 篠川桃音 手塚とおる 風間俊介 桜田ひより 水谷豊 秋吉久美子 高倉健 緒形拳 三國連太郎 新克利 新田次郎 田中要次 小堺一機 柄本時生 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 原田美枝子 地井武男 山田涼介 川崎紘菜 木下ほうか ディーン・フジオカ 篠井英介 土屋太鳳 新川優愛 津田寛治 稲垣来泉 岩田剛典 田中直樹 佐野勇斗 川津明日香 小田野直武 菱田春草 佐竹署山 解体新書 秋田蘭画 石原さとみ 青木崇高 本田翼 加賀丈史 江口のり子 菅田将暉 デトロイト美術館 モディリアーニ モネ 向井潤吉 ゴーギャン ファン・ゴッホ美術館 クレラ―・ミュラー美術館 圓山應擧 根津美術館 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 仙厓 出光美術館 円空 曽我蕭白 長澤芦雪 正倉院 戦争論 アメリカン・スナイパー 小林よしのり 続・タイム・トラベラー 鈴木其一 聖トマス マネ 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 油滴天目茶碗 長谷川等伯 藤花図屏風 曜変天目茶碗 俵谷宗達 酒井抱一 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 雲の糸 みかんの花 望郷 海の星 ハインケル メッサーシュミット スピットファイア― 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 三田真央 久松郁美 中村倫也 佐々木心音 本多力 光宗薫 やべきょうすけ 山本裕典 満島真之介 東京藝術大学 森田藻己 恵順 宮川香山 朝顔図屏風 坂井真紀 富田靖子 石井杏奈 村上虹郎 高畑裕太 真剣佑 寺尾聰 松尾幸美 片桐仁 宅間伸 木村文乃 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 福山翔大 時計じかけのオレンジ 小室哲哉 細うで繁盛記 富士眞奈美 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 京都市美術館 福岡市美術館 ルノワール 黒島結菜 八木莉可子 菊池風磨 小島梨里杏 小野塚勇人 林田悠作 滝沢沙織 赤間麻里子 ジュディ・オング 鈴之助 妹尾青洸 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 風神雷神図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI 拙宗等揚 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 橋田壽賀子 石井ふく子 大空真弓 Amazon 再販制度 府中市美術館 泰明画廊 尾藤イサオ 川栄李奈 小芝風花 松坂恵子 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 水野美紀 倉光泰子 渡辺舞 松下由樹 橋爪功 加藤清史郎 シャーロット・ケイト・フォックス 山本耕史 寺田心 松田芹香 北斎 保栄堂版 太田記念美術館 東海道五十三次 広重 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 青木木米 池大雅 富岡鉄斎 与謝蕪村 狩野元信 浦上玉堂 着艦 T45 発艦 成宮寛貴 デューラー 柄澤齊 町田市立国際版画美術館 エングレーヴィング ビュラン メラン Leola 濱田龍臣 藤田弓子 飯豊まりえ 松井愛莉 目黒区美術館 目黒川 高野野十郎 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 安田靫彦 和田三造 佐伯祐三 岸田劉生 岡本太郎 北蓮造 安井曾太郎 中村研一 田村孝之介 今野浩喜 竜星涼 野波麻帆 夏秋草図屏風 舟橋蒔絵硯箱 風神雷神図 燕子花図屏風 光琳 ティーチャ 千絵の海 名所江戸百景 原安二郎 六十余州名所図会 富士三十六景 坂上忍 矢柴俊博 カキツバタ 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 白石美帆 佐藤直紀 小西真奈美 釉下彩 高浮彫 暗花 釉裏紅 大人計画 松尾スズキ 皆川猿時 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 陳道明 カストラート チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 真飛聖 甲本雅裕 伊藤歩 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 和久井映見 蓮佛美沙子 福士誠治 ダニエル・ブリュール クリス・ヘムズワース 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 高田彪我 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 中島裕翔 平澤宏々路 多岐川裕美 サンダーバード 薬師丸ひろ子 木皿泉 弓をひくヘラクレス 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 中村勘九郎 宮川大輔 立川談志 田邊哲人 当麻蹴速 谷汲観音像 松本喜三郎 安本亀八 生人形 野見宿禰 聖プラクセディス 聖女 マグリット 植田正治 枯山水 龍安寺方丈庭園 秋冬山水図 小堀遠州 抽象画 カンディンスキー 抽象芸術 松岡茉優 江口のりこ 星野源 蛍雪次朗 美保純 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 DVD 再販売価格維持制度 CD ブルーレイ 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 写楽 歌麿 神奈川県立歴史博物館 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 池田成志 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 1984年 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 松崎町 入江長八 鏝絵 川平慈英 城田優 神田沙也加 葵わかな 西内まりや 尾美としのり 内山理名 投入堂 蔵王権現 藤原道長 西新井大師 三佛寺 總持寺 冷泉家 山田望叶 上川隆也 市川由衣 大原櫻子 馬場園梓 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 貝桶 沈金 初音蒔絵調度 蒔絵 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 半藤一利 種田陽平 クリスチャン・ベール 昭和史 生きている兵隊 石川達三 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード すぐやる課 櫻井淳子 内館牧子 中庸 儒教 宮地雅子 桐原亮司 高杉真宙 吉本美優 吉田都 熊川哲也 ロバート・ハインデル 早見ひかり 佐藤蛾次郎 相国寺 大瀑布図 大乗寺 松に孔雀図 大英博物館 氷図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 鈴木勝大 丸山智己 浅利陽介 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 石田えり 金すんら 中野裕太 池津祥子 山西惇 水原希子 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 星月夜 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 床嶋佳子 鶴見信吾 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ MY 「PIECE 阿部サダオ OF WISH」 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 ダニエル・キイス 山口智久 浮世絵 シューマッハ シェル フェラーリ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 中村橋之助 佐野亜裕美 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 小林正寛 岡本信人 高橋真唯 原田泰造 岩井堂聖子 村井良大 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 不破万作 安藤玉恵 柴田理恵 古田新太 大滝秀治 古谷一行 狩野重信 乾山 狩野尚信 狩野常信 仁清 狩野探幽 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 陳坤 劉燁 ジュウ・シュン チェン・コン 周迅 リウ・イエ 小さな中国のお針子 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 牧進 横山大観 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 ダンカン 早乙女太一 麿赤兒 ボストン美術館 上野の森美術館 東京国立近代美術館 岡倉天心 下村観山 フォ・ジェンチイ 故郷の香り リー・ジア 莫言 サン・バオ 霍建起 モォ・イエン グオ・シャオドン 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 中田喜子 大谷亮介 はろるど アントラーズ 鹿島 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 石井トミコ 西山潤 上原陸 研ナオコ 田辺修斗 平愛梨 藤原薫 杉田成道 橋本愛 眉村卓 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 藤本隆弘 中村ゆりか 財前直見 井上真樹夫 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 広島平和記念資料館 被爆再現人形 中国新聞 広島平和資料館 平和データベース 原爆の絵 渡瀬恒彦 オルセー美術館 なごり雪 広瀬すず イルカ 柳沢慎吾 宮武美桜 役所広司 天宮良 故宮博物院 翠玉白菜 NHKスペシャル アンギラス 矢島健一 強き蟻 ブラザーサン オラトーニ シスタームーン 石塚英彦 冨木宗行 高瀬好山 冨木宗好 自在置物 アートシーン 明珍 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 山崎光 真夏の方程式 LiLiCo 石田ニコル 三浦理恵子 遊井亮子 没後90年 永井大 蔦の細道図屏風 松島図屏風 中村梅雀 六平直政 ルコック・スポルティフ デサント本社 マイヨージョーヌ 日月烏鷺蒔絵額 白山松哉 清水三年坂美術館 村田理如 村田コレクション あべまみ 21世紀少年 ザ・スタンド 復活の日 動物農場 蝿の王 波濤図屏風 今井雅之 牙彫 自在 刺繍絵画 薩摩焼 金工 印籠 榎木孝明 應擧 夏秋渓流図屏風 見頃 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 藤城清治 オーヴェールの教会 福島第一原発 船橋洋一 原発敗戦 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 ソルジャー・ブルー 大虐殺 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ Dr.DMAT イリス レギオン 艦載機 戦力外捜査官 関根勤 TAKAHIRO 大木隆行 有川浩 大後寿々花 三上博史 渡邉このみ 呉天明 チェン・カイコ― 陳凱歌 酒井美紀 奥村和一 橘らい四郎 山西省日本軍残留問題 山西省残留日本兵 蟻の兵隊 奥崎謙三 原一男 今村昌平 ゆきゆきて神軍 新版画 デビット伊藤 第七の封印 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン ステファノ・ディオニジ ジェラール・コルビオ 仮面の中のアリア ホセ・ファン・ダム 迎賓館 七宝花鳥図三十額 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 谷中村 足尾銅山 田中正造 栃木 棄民 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 慈恵病院 眞葛博物館 渡蟹水盤 小林正樹 切腹 武満徹 章子怡 蒔田光治 雲龍図 天龍寺 岩井俊二 桜井美南 なぞの転校生 京野ことみ 宮里駿 ミッキー・カーチス 本郷奏多 赤の愛 チュイトウ ステンドグラス シャルトルの大聖堂 王妃の紋章 チョウ・ユンファ 秋菊の物語 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR