『ラスト・シンデレラ』その8

第八話

1:
遠山桜演じる篠原涼子、巧いなぁ。
下品な笑いをやっても下品にならず、可愛げを見せる巧さ。
視聴率上昇中も納得の演技。

脚本と演出も宜しい。

意外と細かく丁寧な作りで、『大切なことはすべて君が教えてくれた』を思い出しますなぁ。
(参考→ 『大切なことはすべて君が教えてくれた』その1 http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-32.html 他)
主演も同じく三浦春馬だし。

だもんで今回は色使いを少々。

2:
今迄何回も書いてますが、英語で”green”は嫉妬も表す言葉。

2-1:
凜太郎(藤木直人)の元カノかすみ(三浦理恵子)の後へ近付く千代子(菜々緒)。
千代子は見事に緑尽し。
黄緑掛かった黄色のカットソーに黄緑のカーディガン。
ヒラヒラスカートは緑地に赤紫系バラ柄。

ラルフローレン原宿旗艦店で広斗(三浦春馬)と買い物をする時もこの衣装。
オマケに背後にさりげなく、しかしシッカリと目立つように緑系のシャツやネクタイを入れ、
広斗と桜が巧く行ってる事への嫉妬も表しています。

2-2:
SOBARえんどうで立花凜太郎(藤木直人)と元カノかすみ(三浦理恵子)。
かすみの飲み物はジントニックに間違いないでしょう。
ジントニックの中に入っているのが、ライム皮付き。
ライムグリーンでかすみの凜太郎の恋心への嫉妬心を表しています。
ライムが小さいから大して嫉妬していません。
そこへ現れる千代子(菜々緒)。
緑のワンピースの上にベージュのボレロ。
嫉妬心を隠しながらも、その心の底には激しい嫉妬心。
こ、怖い(笑)。

3:
次は青。
英語の”blue”には忠誠心という意味も有ります。
マドンナの”True blue”って曲が有りますな、ラブソング。
青を正直な気持ちって意味でこのドラマでも使ってます。

3-1:
ドラマ冒頭、かすみが凜太郎の前に現れる時、凜太郎のアパートで凜太郎を抱き締め、2人でキスする時、
青い刺繍入りの白いワンピース。
今でも凜太郎が好きを表してますが、刺繍で仄かに表している通り歳喰ったオバサンらしく熱狂してません(笑)。

3-2:
ドラマが進み、次にかすみが凜太郎の背中に頬を寄せる時、凜太郎は抱き返しません。
この時凜太郎が着ているのが紺のウエスタンシャツ。
かすみは好きだけど、本命は別っ、て使いかた。

3-3:
広斗が桜とお泊りする時のスーツが濃紺。
勿論広斗の桜への純真な恋心。

その後、お部屋の中での二人がスーツとワンピースからバスローブへ着替えますが、
色は白。
白は両極端の意味を持ち、
真っ白純真な心

白々しい嘘。
広斗の告白の意図は、どっちだぁ、桜を落とすためだけかもしれないゾ、
と思わせる演出。
スタッフが視聴者を不安がらせているだけです(笑)。

4:
青と緑。
桜と凜太郎が二人だけでいる場面。
バッティングセンターでの場面がこの色。

待合室は青が主要な差し色。
ベンチの板の一部、鉄骨、内装の縁取り、ペットボトルのラベル等々。
2人が二人きりでいる時に話す事は嘘偽り無しって事。

そして面白いのバッティングケージ。
ネットが緑、ボールが当たる板も緑。
嫉妬に狂う二人が全力でボールを撃ち返す、跳ね返す(笑)。
逆境に負けぬ純愛カップルか(笑)?

これだから他人の恋愛は笑える、可笑しい、ドラマになる(笑)。


5:
おっと書き忘れてました。
凜太郎とかすみが凜太郎の部屋で一夜と過ごした後、
Happy Go Luckyへ着てきたシャツの左胸にある刺繍が、
Guilty parties

「罪人」、「犯罪者」、「犯罪者側」を意味する言葉。
凜太郎の左胸に付いてますから、凜太郎の疾しさを表すだけでなく、
凜太郎はかすみとやっちゃったネ(笑)。

オマケに色が赤系統。
“adultery”の“A”を表す赤。
姦通、不貞、不倫を表す色。
(参考→ TV版『白夜行』その27 http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-1050.html )

こういう事を教えてくれるスタッフの親切な(笑)演出です。

6:
次回も楽しみ、楽しみ(^.^)。
BDbox、欲しくなってきました。


タグ 篠原涼子 飯島直子 大塚寧々 藤木直人 三浦春馬 遠藤章造 菜々緒 市川由依 遠藤理恵子 大切なことはすべて君が教えてくれた


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『幽かな彼女』その8

第八話

1:
今回の粗筋は、
アカネの死亡原因解明。
霧澤和泉副校長(真矢みき)が中学の時の担任がアカネで、殺人事件に関わっていた。

京塚りさ(山本舞香)が穏やかに森野小夜(森迫永依)を攻撃開始。
しかし、神山暁教諭(香取信吾)がイジメが行われているのを知ってる、助けられないかもしれないけど見守っていると言いりさの第一撃を撃破。

りさ(山本舞香)は第二弾、実力行使を開始。

2:
性格がひねくれたりさを山本舞香が巧く演じ、ぶん殴ってやりたくなります(笑)。
山本のおかげでドラマに集中出来る、出来る(笑)。

3:
次回、暁教諭(香取信吾)対りさ(山本舞香)、りさの両親(父親は政治家、母親はPTA会長)。
面白くなってきました。
勿論観ます。



タグ 香取信吾  前田敦子 真矢みき 佐藤二郎 森迫永依 未来穂香 山本舞香 高嶋政宏



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『鴨、京都へ行く。』その8

第八話

1:
仲代財務大臣(松平健)と総理大臣(田村亮)の面子の張り合い。

そして当然ながら主人公上羽鴨(松下奈緒)が昔からのお得意様の財務大臣を総理に歩み寄らせる。

鴨助(笑)、また一歩前進(^.^)。

面白い。

またしても脚本の出来の良さにやられたCYPRESSです(笑)。

2:
次回は、鴨が仲代大臣の隠し子騒動、
のはず。
当然、観ます(笑)。


タグ 松下奈緒 椎名桔平 若村麻由美 笹野高史 かたせ梨乃 堀内敬子 伊武雅刀 松平健 市毛良枝 田村亮


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ガリレオ』2013年TV版その7

第七話

1:
ん~、今回もねぇ…
ロッキングチェアの解析は面白かったんですが、それ以外はアカンわ。

烏天狗が全く活かされていません。

そろそろ自爆の雰囲気が漂い始めた『ガリレオ』。

視聴率が急降下しそうな予感。



タグ 福山雅治 ガリレオ 柴咲コウ 吉高由里子 澤部佑 北村一樹 渡辺いっけい 東野圭吾


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『太陽がいっぱい』

★簡単な紹介

○公開
1960年6月11日

○上映時間
1時間58分

○スタッフ
原作:パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)
脚本:ルネ・クレマン(Rene Clement)、ポール・ジェゴフ(Paul Gegauff)
演出:ルネ・クレマン(Rene Clement)
撮影:アンリ・ドカエ(Henri Decae)
音楽:ニーノ・ロータ(Nino Rota)
プロデューサー:ロベール・アキム(Robert Hakim)、レイモン・アキム(Reymond Hakim)

○出演
アラン・ドロンAlain Delon (トム・リプリー(Tom Ripley))
モーリス・ロネMauride Ronet (フィリップ・グリンリーフ(Philippe Grennleaf))
マリー・ラフォレMarie Laforet (マルジュ・デュヴァル(Marge Duval))
エルノ・クリサErno Crisa (リコルディ(Riccordi))
フランク・ラティモアFrank Latimore (オブライエン(O’brien))
ビリー・カーンズBilly Kearns (フレディ・マイルズ(Freddy Miles))
エルヴィール・ポぺスコElvire Popesco (ポポヴァ夫人(Popova))


★評

TVで2回、ヴィデオで1回は最低でも観ました。
それ位面白い。
今回は、最新のデジタルリマスター版BDで。

1:
相変わらず、と言うか、何度観ても面白い!(^^)!。
犯罪者映画の佳作ですなぁ。
トム・リプリーに完全に感情移入出来て、映画の流れと共にドキドキ出来ます。

あーだら、こーだら、言う必要が無い映画。

☆そう言う訳で、以下、どうでもいい事。

2:
トム・リプリー(アラン・ドロン)について

2-1:
上目使いの演出が多い。
貧困層と言う社会の下層の住民である事の証。

2-2:
最初に現れた時に着ているのが、水色のオックスフォード地のBDシャツとホワイトジーンズ。
これには、驚きました。
完全にアメリカスタイル。
しかも、BDシャツは変な形じゃないから間違いなくブルックス・ブラザース製かJプレス製でしょう。
日本じゃVANが細々作ってた頃で、くろすとしゆき氏がメンズクラブ誌にデビューしたのがこの映画が作られた1959年(の4月号)。

靴はスリップオンのモカシン。

ジャケットは三つボタンの上二つ掛け。
オマケにフィリップにストライプのジャケットなんか、石津謙介氏のブレザーそっくり(@_@)。
(参考→『VANヂャケット博物館』(扶桑社刊1993年7月30日発行)p,17)

アメリカのアイビーファッションが表すのは、アメリカ東部の名門大学の学生ファッションですから、当然富裕層への憧れ。
トムは富裕層の人間ではありませんから、水色のBDシャツで似非富裕層を表しています。
文字通りのブルーカラー(=blue collar)、肉体労働者の色。シャンブリーのワークシャツの色。
(蛇足:色(=color)じゃなくて襟(=collar)です)
最初にトムがどんな人間か、着ている物で説明しています。
良く考えてある演出です。


メンズクラブ誌の映画欄をあまり読んだことないんですが、『太陽がいっぱい』にアイビースタイルが出て来るなんて
記事書かれたこと有ったんでしょうか?
何か、もっと話題になっても良かった気がするんですが、私が高校生の頃のメンクラ誌には載ってた記憶が有りません。

2-3:
トムが犯罪を犯すのを納得させるアラン・ドロンが漂わせる何かに飢えた雰囲気。
何やら危ない雰囲気を漂わせています。
見事です。

3:
トムが港の市場を廻るとやはり魚が多い。
その中で細身の魚が出て来るんですが、
何と、サヨリ(@_@)。
地中海にもいるんだ。
地中海の漁村に言ったら、サヨリのカルパッチョだゼ(^.^)。
(参考→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A8%E3%83%AA )

4:
ジェネオンから出たDVDのスペシャル版は野沢那智(アラン・ドロン)と堀勝之祐(モーリス・ロネ)の吹き替え、2枚組、オマケ沢山付き、で評判いいですが、
このBDは日本語吹き替えさえ無し。
個人的には、この映画を最後に観たのは、NHKの教育放送で字幕付きだったし、ヴィデオも字幕付きだったので、まぁ、吹き替えは無くても構いません。
最初にも書いた様に、映画として完成され面白いので、特典が無くても不自由しません。


タグ 太陽がいっぱい アラン・ドロン ルネ・クレマン ニーノ・ロータ パトリシア・ハイスミス モーリス・ロネ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

TV版『白夜行』音楽その18

第三弾

音楽の使われ方その18

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第九話その1

1:
1秒~29秒
  前回からの続き。
  亮司と栗原典子との出逢い。
♪白夜を行く(1曲目)
…この曲が入ると言う事は、亮司が典子に近付いたのは犯罪が目的なのは、明らか。

2:
1分9秒~1分15秒
  亮司、笹垣探偵事務所を訪ねる。
♪殺人は落ち着いて(7曲目)
…物騒な雰囲気を湛えてる亮司(笑)。

3:
1分20秒~分42秒
  亮司、笹垣探偵事務所に無断で入る。
♪夜更け、独り言(4曲目)
…笹垣なんかとは話す気すら無い亮司。

4:
1分58秒~2分52秒
  笹垣、江利子の強姦事件調査のために布施出張。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

5:
3分28秒~5分6秒
  笹垣、江利子と会い質問。
♪追跡(9曲目)
…警察のテーマ(笑)ですから、これは本気です、笹垣探偵。

6:
6分39秒~7分丁度
  亮司、典子と再会。
  食事に誘う。
♪月蝕(5曲目)
…夜の灯の月光が無くなる。
…このドラマは犯罪のドラマですから、犯罪者が身を隠すための「月蝕」
…亮司が典子に近付いたのは、犯罪のために利用するため。
…愛情皆無。

7:
7分32秒~8分32秒
  夜の公園で、秋吉雄一=亮司が典子に幽霊の小説を書くと言う。
  笹垣、調査を復習、思案。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

8:
9分9秒~9分50秒
  秋吉雄一=亮司、典子に理解を示す。
  秋吉雄一=亮司、典子のアパートにお泊り。
♪君を照らしたい夜に(11曲目)
…二人の位置と音楽から考えると、亮司は典子の事を、少なくともこの時点では、利用するだけとは考えてなかったみたい。

途切れず続いて、
9分50秒~10分13秒
  それでも雪穂の事を考えている亮司。
  タイトルバック。
♪君を照らしていたい(2曲目)
のサビ
…亮司がハサミを出すとロクな事が無い(笑)。

9:
11分32秒~13分20秒
  秋吉雄一=亮司、典子に青酸カリの事を聞く。
  雪穂と母親礼子。
  典子、青酸カリについて説明する。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

10:
13分51秒~14分40秒
  秋吉雄一=亮司、射精しない事を典子と話す。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。



タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『家族ゲーム』2013年TV版その2

第六話

1:
ふ~ん、家庭教師吉本荒野(櫻井翔)、沼田家(父一茂(板尾創路)、母佳代子(鈴木保奈美)、二男茂之(浦上晟周))を取り込みましたな。
長男慎一(神木隆之介)が吉本を殺人犯だと弾劾しても効果無し。

この吉本の取り込み具合を表す吉本、一茂、佳代子、茂之が直線上に並ぶ構図。
これでは慎一に勝ち目は無し。

2:
今回は茂之演じる浦上晟周の出番が少なかったのが不満。
それ位浦上晟周の演技は巧い。
長男慎一演じる神木隆之介もいいけど、浦上君は他にいない演技をするんでね。

3:
吉本荒野の正体は、一体何なんでしょう?
次回も観るゼ(^.^)。


タグ 浦上晟周 神木隆之介 板尾創路 鈴木保奈美 忽那汐里 櫻井翔


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『お天気お姉さん』その7

第七話

1:
今回のお題は「雷」。

今回も天才気象予報士安倍晴子(武井咲)が不要なお話。
この程度の事なら鑑識に分かるだろう、って言う内容。

『ガリレオ』と同じ状態になってます。
説得力が無い脚本から立ち直るのは、不可能でしょう。
『ガリレオ』も視聴率が20%を切りましたからね。

このドラマも武井咲の実力で持ち堪えてます。

武井咲の演技を観たいので、次回も観ます。


タグ 武井咲 大倉忠義 佐々木蔵之介 佐々木希 壇蜜 高知東生



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ラスト・シンデレラ』その7

第七話

1:
今回の目玉は武内美樹演じる大塚寧々
ダンナの公平(遠藤章造)と志麻姉さん(飯島直子)がバーから出たところを目撃してから以降。

ついに「その時」が訪れ、美樹はどうなるか?
、と思い観ていると…

驚き、静かな怒り、嫉妬、働き口が無い惨めさ、子供への心配、不信、
なんかで刻み込まれた老け顔、見事(^.^)。
女としては見せたくないはずの老け顔を晒す、大塚の気概、これも立派。

こういう実力派を引き立てているのが、道化役遠山桜演じる篠原涼子
篠原が真面目に、真面に、道化を演じてるから実力派がいつでも真面目な場面を演じられる訳です。

2:
最後に立花凜太郎(藤木直人)に第三の女、登場。
誰?
どーゆー関係?
好奇心を刺激されないはずなし。
脚本家の小手先技(笑)に見事に引っかかったCYPRESSです(笑)。

次回も楽しみ。


タグ 篠原涼子 飯島直子 大塚寧々 藤木直人 三浦春馬 遠藤章造 菜々緒 市川由依



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『鴨、京都へ行く。』その7

第七話

1:
何かねぇ、放送前の予想と違い嵌ってきました(笑)。

上羽鴨(松下奈緒)の成長物語に無理が無いんです。

失敗を恐れぬ気性の強さを前面に出した人物設定も成功しています。
(でも、気が強い女は個人的には嫌い(笑))

2:
今回は塩見鞠子女中頭(かたせ梨乃)がいい事を言いました。

>上羽やにはVIPはおりません。

どんなお客さんにも等しくいい接待、接客をする。
当然であります。
毎日一人一人にお客さんに最高のもてなしをして、それを何十年も続けていく。

簡単ではないから老舗高級旅館になる訳です。

説得力の有る一言、

>上羽やにはVIPはおりません。

3:
今回のゲストは三遊亭圓楽師匠。
長年高座で鍛えられたことがあり、流石に喋るのが巧い。

4:
勿論、次回も観ます。


タグ 松下奈緒 椎名桔平 若村麻由美 笹野高史 かたせ梨乃 堀内敬子 伊武雅刀 松平健 市毛良枝 三遊亭圓楽


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『幽かな彼女』その7

第七話

1:
今回のお題は、間違いを認める。

自分の「負」や「陰」の部分が有る事を認める。

自分が決して善人ではなく、悪人である事も認める。

大変重要な事であり、主人公神山暁教諭(香取信吾)も認めました。
暁教諭は根津亮介(森本慎太郎)にいい事を言いました。

>被害者面して いつまでも うじうじ引きずってたって
>時間の無駄だって そろそろ気付けよ
>俺はそうやって 7年間無駄にしてきたんだよ。
>お前は2年で十分だろう!

こういう先生は確かにウザいけど、いいのも確か。

2:
隠れた問題児京塚りさ(山本舞香)いよいよ爆発開始。
手始めに森野小夜(森迫永依)にイジメ開始。

物語は最終章へ。

勿論、次回も観ます。


タグ 香取信吾  前田敦子 真矢みき 佐藤二郎 森迫永依 未来穂香 山本舞香 高嶋政宏 森本慎太郎


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ガリレオ』2013年TV版その6

第六話

1:
今回も脚本が弱い。

野木裕子(夏川結衣)の犯行の目撃者がいないから、野木が否認し続ければ立証はかなり難しい。
放送では出ませんでしたが犯行現場に残ったはずの証拠も野木の職業と関係する物ですが、野木が犯行をしたとは断定出来ません。
状況証拠しか有りません。
被疑者の自白頼りじゃなぁ…

2:
今回も書く事は同じ。
主演の福山雅治吉高由里子が好演してるし、脚本の全体の作りもいい。

物語の主となる犯罪が弱く、説得力が非常に弱い。

今回もわざわざ天才物理学者湯川学准教授に登場してもらう理由が非常に弱い。

このドラマ、自爆しそうな予感が濃くなってきました(溜息)。



タグ 福山雅治 ガリレオ 柴咲コウ 吉高由里子 澤部佑 北村一樹 渡辺いっけい 東野圭吾 夏川結衣



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『冷たい熱帯魚』

★簡単な紹介

○公開
2011年1月29日

○上映時間
2時間26分

○スタッフ
脚本:園子温、高橋ヨシキ
演出:園子温
撮影:木村信也
照明:尾下栄治
音楽:原田智英
プロデューサー:千葉善紀、木村俊樹

○出演
吹越満(社本信行)
でんでん(村田幸雄)
黒沢あすか(村田愛子)
神楽坂恵(社本妙子)
梶原ひかり(社本美津子)
渡辺哲(筒井高康)


★評

1:
こりゃ、凄いゼ。

血塗れ映画、文字通りの血塗れ映画ですから、万人向けではないし、その点を理解出来る人にだけしか勧められない映画。

2:
ここまで趣味悪く作る徹底ぶりに、園子温監督の決意と覚悟に圧倒されます。

何回か書きましたが、映画やドラマで映像表現で表す表現媒体だと思っていますから、
この手の直接的、説明的とも言える映像は個人的には好みではありません。

しかしここまで直接的に表現すると、ハッキリ言って、見事です。

3:
また、最初から最後迄映画を見入っていたのも、事実です。

殺人、命のやり取りは非常に魅力的だからです。

なぜ犯罪が無くならないか、その答えが仄かに感じられます。
「感じられる」で、「分かる」ではありません。
犯罪、特に殺人には人の心を鷲掴みにする、暗い、魅力が有るのがハッキリ分かる映画です。
『愛と死をみつめて』や『世界の中心で、愛をさけぶ』を同じく生と死を直接扱うからです。

死はそれ位人の心を捉える魅力、力が有るのです。
生と死はコインの裏表ですから、間接的に、月の裏側の様に全く生に触れることなく、生の魅力を伝えていると言ってもいいでしょう。

4:
でんでん演じる村田幸雄は素人善人相手(社本信行)に本音しか言わないから、痛快。
犯罪者の黒い魅力を巧く表す設定。

5:
でんでん
吹越満
渡辺哲
黒沢あすか
皆さん見事に演技してます。

黒沢あすかって、映画版『嫌われ松子の一生』で終盤、中谷美紀(松子)を心配してた親友沢村めぐみを演じた人だね。


6:
東野圭吾の『幻夜』を原理主義的(笑)、根本主義的(笑)、に映画化するとこの映画風になるね。


タグ 冷たい熱帯魚 園子温 でんでん 吹越満 渡辺哲 黒沢あすか 東野圭吾 幻夜


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

TV版『白夜行』音楽その17

第三弾

音楽の使われ方その17

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第八話その2

1:
25分47秒~26分丁度
  亮司、持ち帰りお弁当屋さんで栗原典子、再び見掛ける。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

2:
26分3秒~27分38秒
  雪穂、亮司にケータイに掛ける。
  雪穂、高見を挑発。
♪?
→これもサントラ盤に無し(涙)。

3:
28分30秒~29分18秒
  雪穂、亮司に殴ってくれと頼む。
  雪穂、出来るだけ離婚に強い裁量が欲しい。
♪レクイエム(12曲目)
…魂、良心が死んでしまった人のやる事。

4:
29分45秒~32分30秒
  雪穂、亮司に殴られた痕を高宮に見せる
  高宮、イーグルゴルフコース三沢千都留と会い相談。
  興信所社員、東西電装の重役陣に例の件について説明、
  関係者は、秋吉雄一、三沢千都留、高宮。
  秋吉雄一=亮司は、例の件から解放される。
  雪穂は高宮から無事に慰謝料付きで離婚成立。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

5:
32分57秒~34分10秒
  離婚後、話をする高宮と篠塚。
  高宮、金に執着する雪穂が惨めに見えてきちゃって。
  それを盗み聞きする亮司。
♪ふたりの約束(6曲目)
…醜さを抱えて生きていく、と約束した亮司と雪穂。

6:
34分43秒~4k0分31秒
  亮司、雪穂に株を違法行為で手に入れた山本光代名義の預金で買うように教える。
  マネーローンダリングじゃん(笑)。
  昔と変わらない雪穂。
  大江町立図書館でHPの書き込みを読む谷口真文。
  MAKOTO’S CLOSETがR&Yになった。
  亮司、ハサミを見ながら物思い。
  篠塚、R&Yを訪れる。
♪白夜を行く(1曲目)
…金のために体売って、嫌われないために媚売って、昔と変わらない雪穂を強調する音楽。
…もう一度亮司と一緒に太陽の下を歩きたい雪穂。これも昔と変わらず。

7:
41分10秒~43分38秒
  篠塚、笹垣探偵事務所を訪ねる。
  篠塚、笹垣に江利子の大学時代の強姦事件を話す。
  亮司、PCの婚活サイトで調べもの。
  雪穂、亮司に篠塚が気付いているかもしれないと電話。
  篠塚、笹垣に江利子の強姦事件の調査依頼。
♪振動が止まらない(21曲目)
…悪事の波動が止まらない。
…亮司雪穂組にとっても、篠塚笹垣組にとっても。

8:
43分39分~46分3秒
  亮司、結婚相談所ブライダルサポートのサイトで栗原典子を見る。
  亮司、栗原典子と出逢う。
  R&Yに礼子、やって来る。
  笹垣、江利子と会う。
主題歌『影』
…次回への続きを紹介と言う面も有りますが、
…重要になる人物達ですな。


タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『お天気お姉さん』その6

第六話

1:
これも、『ガリレオ』並に脚本が弱いなぁ。
天才気象予報士が必要な事件じゃないんです。

今回は干満の話で、警察の事件捜査じゃ基礎的な知識でしょう。
少なくとも鑑識ならこの程度の知識は知ってるでしょう。

干満を使うなら「こんな物が流されるのか?」と思わせる様な物が出て来なきゃねぇ。

2:
武井咲の魅力頼みのドラマになりつつあります。

3:
今のところ、脚本家が気象学に負けています。

今回のロケ地の一つが行ったことある所で、ドラマに親近感が増してきたので、大石静脚本家に是非奮起して欲しい。



タグ 武井咲 大倉忠義 佐々木蔵之介 佐々木希 壇蜜 高知東生


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ラスト・シンデレラ』その6

第六話

1:
立花凜太郎(藤木直人)が遠山金、じゃなくて(笑)、遠山桜(篠原涼子)を改めて女として意識した回。
構図とか画面構成とか調べると凜太郎の気持ちの変化が分かるはずですが、そこまで出来のいいドラマではなし。

2:
では何がいいかと言うと、勿論、篠原涼子の期待通りの巧さ。
道化役を一人でやってますが、ふざけ過ぎていません。
同時に可愛さも有り、大したもんです。

薔薇のない花屋』で強面の寺島進が真面目な((笑)ヤクザではありません(笑))喫茶店の店主になり、
更に道化役をやりドラマの錘になり安定させていたのを思い出させます。

3:
凜太郎が桜に恋心を抱いたのは間違いない…はず。
起承転結の「転」に入りました。
次回も楽しみ、観ます。

篠原涼子、やはり、巧いなぁ。


タグ 篠原涼子 飯島直子 大塚寧々 藤木直人 三浦春馬 遠藤章造 菜々緒 市川由依 寺島進 薔薇のない花屋


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『鴨、京都へ行く。』その6

第六話

1:
衣川周平支配人(椎名桔平)の正体が明らかになりました。
次回はなぜ上羽やへ来たのか、明らかになるか?

2:
「失敗上等」で困難に挫けぬ人々の回になりました。

上羽鴨(松下奈緒)の奮闘振りがいいんだな。
鴨を盛り立てる仲居頭塩見鞠子(かたせ梨乃)が変に優しさや仏心を見せず、厳しく接し鍛錬するのが中々宜しい。

脚本がいい。
妥協してない様です。

3:
次回も観ます。



タグ 松下奈緒 椎名桔平 若村麻由美 笹野高史 かたせ梨乃 堀内敬子 伊武雅刀 松平健 市毛良枝



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『家族ゲーム』2013年TV版その1

第五話

1:
私にとって『家族ゲーム』って言うと、松田優作が主演した映画。
大昔に友人がこの映画での松田優作を絶賛していたんでね。
その内に観てみようと思っていました。

2:
今日、たまたま櫻井翔主演の2013年のTV版を観たら…

久し振りにビックリした演技を観ました。
沼田慎一役の神木隆之介は勿論巧いけど、前から知ってるから驚きは無し。

慎一の弟茂之を演じてる浦上晟周(=うらがみせいしゅう)がスゲーわ(@_@)。

ネットで調べると吉瀬美智子主演の『ハガネの女season2』に出てたんだけど、全く記憶に無し(涙)。

両目の表情が非常に豊かで、両目だけで演技やってる(@_@)。
神木隆之介も同じなんだけど、浦上は神木より目が小さいけど神木より大きく見開く(@_@)。

何か、スゲー若手男優が出て来た。

日本の演劇界にとって大変喜ばしい(^.^)。

3:
櫻井翔は、もう少し不気味さが欲しいけど、まぁ、合格かな。

でも完全に神木隆之介浦上晟周に完全に喰われちまってるゼ(溜息)。



タグ 浦上晟周 神木隆之介 板尾創路 鈴木保奈美 忽那汐里 櫻井翔


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『幽かな彼女』その6

第六話

1:
神山暁教諭(香取信吾)、再びやる気を取り戻してきたみたい(^.^)。

教師の仕事は、やはりかなり大変。
生徒や児童の生き方を正しい方向に導くのですから、どうしても子供達の生活に関わらない訳には行きません。
子供達の親の生き方に口を挟み、えらそーな事を言わねばならん時も出て来ます。

私には出来ん仕事です。

2:
そして暫く静かにしていた京塚りさ(山本舞香)が小噴火開始。

面白くなってきました。

3:
そんな事を吹っ飛ばす程今回目が点になったのは、
浮遊霊吉岡さん(佐藤二郎)の一言、

>しかし 残念だなぁ~。
>あの 今日と明日ね 僕らね 軽井沢なの。
>なんとジョン・レノンが
>死後4回目の来日ツアーに来てるから。

これにはビックリしました!(^^)!。
こんなスゲー台詞、聞いたことなし!(^^)!。



タグ 香取信吾  前田敦子 真矢みき 佐藤二郎 森迫永依 未来穂香 山本舞香 高嶋政宏


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ガリレオ』2013年TV版その5

第五話

1:
さて、福山雅治は知的で冷静で、切れ者の湯川学准教授を完全に表現しています。
吉高由里子も少々(かなりか?(笑))小生意気な岸谷美砂刑事を予想以上に巧く演じています。

脚本も破綻が無く、毎回まずまずの出来具合です。

全体に軽い仕上がりになり、毎回ハズレが無く面白い。

2:
しかし、脚本に欠陥が目立ってきました。

犯罪や事故のネタが弱いんです。

「天才物理学者湯川学准教授が本当に必要か?」

と思わせる内容が多い。

前回の放送時もその手の内容が有りましたが、今回は二度目のシリーズと言う事もあり、前回よりも目立っています。
この点を改善しないとつまらなくなります。
福田靖脚本家の奮闘に期待しましょう。



タグ 福山雅治 ガリレオ 柴咲コウ 吉高由里子 澤部佑 北村一樹 渡辺いっけい 東野圭吾 桐谷健太 桐谷美鈴


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』音楽その16

第三弾

音楽の使われ方その16

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第八話その1

1:
1秒~50秒
  回想と今迄のおさらい。
♪白夜を行く、再び(18曲目)
…第五、六、七話と同じ構成。

2:
1分12秒~3分10秒
  メモリックスで働く秋吉雄一=亮司。
  雪穂、「MACOTO’S CLOSET」開店、営業。
  高宮は雪穂の嫌がらせにもかかわらず、離婚を切り出さず。
♪会いに行くよ(17曲目)
…このまま醜さを抱え、昼間の人生を歩み、いつの日にか君に。。。

3:
4分26秒~5分18秒
  雪穂、いつになったら高宮と離婚し慰謝料を取れるか、思わず溜息。
  亮司、ネットカフェで三沢千都留の調査結果を見る。
♪夜更け、独り言(4曲目)
…人様には言えない事をこそこそと、着実に実行中。

4:
6分丁度~7分10秒
  亮司と雪穂、三沢千都留について電話でお話し。
  別人秋吉雄一として昼間の世界を生きる亮司。
♪君を照らしたい夜に(11曲目)
…お互いへの思い。
…昼間の世界を歩かせてくれた雪穂への感謝。
…二人の台詞を補強する音楽。

切れ目なく続いて
7分10秒~7分52秒
  亮司の語り。
  雪穂が何を求めているのか分からなくなった。
  タイトルバック。
♪白夜を行く(1曲目)
の最後のサビ
…ドラマの最初に流れると言う事は、新たな「白夜行」を始めると予告。
…新たな犯罪か非道徳的、非倫理的行為をやると予告。

5:
8分32秒~9分28秒
  イーグルゴルフクラブで高宮、三沢千都留と再会。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

6:
11分10秒~13分丁度
  笹垣、古賀刑事未亡人に亮司についての推論を話す。
  亮司、男二人組に付けられる。
  高宮、ラルフ・ローレンのハンカチを出し三沢千都留を思い出す。
  高宮、雪穂に一緒に不妊検査を受けようと言う。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

7:
13分9秒~14分5秒
  亮司、メモリックスの社長と「金属加工エキスパートシステム β版」の出所について話す。
  亮司、雪穂へ興信所の手が届かないようにしようと策を考える。
♪背徳の調べ(14曲目)
…メモリックスの社長も、意外と悪。
…亮司が悪事を考えているのは音楽が教えてます。

8:
14分43秒~17分14秒
  亮司、自分を高宮を繋ぐ接点として三沢千都留を利用する事を雪穂に伝える。
  夜中、三沢千都留に迷惑電話、by亮司。
  三沢千都留に迷惑電話が会社に掛かる、by亮司。
  三沢千都留、帰宅するとケータイに迷惑電話、by亮司。
  亮司、三沢千都留のアパート近くで二人組の男に付けられる。
♪夜の彷徨い(3曲目)
…曲名とは違い、単に彷徨ってるのではなく、目的が有る亮司。

9:
17分35秒~18分5秒
  高宮、相談のために三沢千都留のアパートを訪れる。
  迷惑電話だけでなく、クイーンホテルでの出来事も話す。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

続いて
18分6秒~19分43秒
  三沢千都留の話を聞いて驚く高宮。
  高宮、帰宅すると不妊治療の話をするために早く帰宅した雪穂がいて驚く。
  雪穂、高宮に難癖をつけわざと口喧嘩。
♪月蝕(5曲目)
…はぁ~、なるほど。
…「♪月蝕(5曲目)」は夜の道を照らす月明かりが突然消えた、って事なんだ。
…三沢千都留の話の重大さに驚いた高宮。
…高宮は家に戻るとまた雪穂と口喧嘩し、「明るい」新婚生活には程遠い。

10:
20分12秒~22分24秒
  篠塚、新婚の江利子と会いお話し。
  亮司と雪穂、互いの近況報告。
♪月光を集めて(22曲目)
…夜、月の光を集めて足元を照らしてくれる様な江利子の夫。
…今回は三沢千都留を利用する事が亮司と雪穂に二人にとって互いの足元を照らす事になります。

11:
24分20秒~25分32秒
  ウィスキーに睡眠薬を仕込む雪穂。
  高宮、帰宅。
高宮、雪穂の1週間のイタリア買付旅行を聞いていないと文句。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。



タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

映画版『黒部の太陽』

★簡単な紹介

○公開
1968年2月17日
日比谷映画劇場から開始

○上映時間
3時間16分

○スタッフ
原作:木本正次
脚本:井出雅人、熊井啓
演出:熊井啓
撮影:金宇満司
照明:平田光治
美術:平川透徹、山崎正夫、小林正義
音響効果:杉崎友治郎
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
特別技術指導:株式会社熊谷組、株式会社笹島建設
プロデューサー:三船敏郎石原裕次郎

○出演
三船敏郎 (北川覚、黒四発電所設計事務所次長、第一工区から第三工区担当)
石原裕次郎 (岩岡剛、京都の建築事務所の設計士、第三工区を担当する熊谷組の岩岡班の班長)
樫山文枝 (北川由紀、北川覚の長女、岩岡剛と結婚する)
高峰三枝子 (北川加世、北川覚の嫁)
宇野重吉 (森、第四工区担当の佐藤工業社員)
芦田伸介 (黒崎、黒四発電所設計事務所の建設部部長、関西電力社員)
加藤武 (国木田、第一工区担当間組所長代理)
二谷英明 (小田切、佐藤工業の工事課長)
岡田英次 (吉野、黒四発電所設計事務所の建設部次長、関西電力社員)
大滝秀治 (上条、間組上条班、班長)
滝沢修 (太田垣士郎、関西電力社長)
志村喬 (芦原、関西電力常務取締役)
辰巳柳太郎 (岩岡源三、岩岡剛の父、熊谷組の下請け岩岡土木の社長)
川口晶 (北川君子、北川覚の三女)
佐野周二 (平田、黒四発電所設計事務所の所長、関西電力社員)
玉川伊佐男 (佐山、岩岡班幹部)
寺尾聰 (森賢一、森の長男、佐藤工業社員)
北林谷栄 (森きく、森の嫁)
日色ともゑ (北川牧子、北川覚の次女、白血病で亡くなる)


★評

DVD、BD化が不可能と思われていた作品。
フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』やゴッホのメトロポリタン美術館蔵の『糸杉』も絶対日本には来ないと思っていたら来たけど(笑)、
そのおかげか(笑)?
とにかく出たんで『ゴジラ』のBDと共に家電量販店のポイントで入手。

この映画、観たことなかったけど、吉村昭の『高熱隧道』で黒三発電所建設の話を読んだのでいつか観たいと思ってました。

こんな訳で観てみると…

1:
いやぁ~、これは、力作であります。

BDで観て正解。

最初のシークウェンスからビックリ仰天の高画質。
これもHDヴィデオで撮影したんじゃないかと見間違う高画質。
これは、凄いゾ。

三船敏郎演じる関西電力の北川覚率いる先遣隊が冬の終わりの黒部峡谷(?)を登山。
この場面の美しさにビックリ。

雪山の雪が凍っていて三船が履く登山靴のアイゼンが氷に刺さってないんだな。
雄大な景色は当然ながら、このアイゼンが刺さらないアイスバーン状の根雪からもロケをやってるのが分かり、
最初から観てる人間の関心を鷲掴みします。

映像の美しさと冬山でのロケ、この二つの事が最初から分かり、駄作になるはずがありません。

こんな具合に最後迄一気に見せる力が有る力作です。

2:
また物語の中心であるトンネルのセットも見事。
美術を担当した平川透徹、山崎正夫、小林正義の三名には感服しました。
落盤一瞬前の盤膨れの映像と音声の迫力は大変素晴らしい。
鉄と松材のしなる音、これがわざとらしさが無く、これも素晴らしい。
音響効果担当の杉崎友治郎も素晴らしい。

出来の悪い場面が多い円谷プロ系のミニチュア特撮とは段違いの出来具合。

3:
映像も美しさだけでなくカメラワークも中々宜しい。
ワザとらしい映像、カットが全く有りません。
カメラの位置だけでなく、
カット割りも巧くトンネル堀りや土木工事の素人にトンネル掘りを説明するシークウェンスも、
説明してると分からせない巧さ。
特に破砕帯に達してからの盤膨れや小規模な落盤や出水のカットを入れ、
「事故が起きるんじゃないか?」と観ている人間に思わせ映像に集中させてるからなんですな。
実際に工事に携わった人々と同じ作業、行動、緊張感を味あわせているんです。

もう一つ説明的に数回入るのが黒部峡谷を形作る山々の空撮カット。
冬山と夏山の二種類ですが、これが急峻と言う言葉を観て分からせる見事なカット。
浸食された急勾配の崖と峰ばかりの鋸の歯みたいな山の中に穴を掘るんだから、これは簡単には行かんだろうと納得させるカットです。

編集の丹治睦夫、大したもんです。

撮影の金宇満司
映像を撮らせ、編集を指示した熊井啓
この二方も勿論素晴らしい。

3:
演技陣も映画と舞台で鍛えられた実力者揃いなので、在り来たりな脚本や台詞、演出でも不自然な所が無く見事。

文字通りの「歩く土方」を演じた辰巳柳太郎なんか、日本アカデミー賞が有れば間違いなく最優秀助演男優賞ですゼ(溜息)。

一人下手なのは、映画デビュー作になる、何と、寺尾聰(@_@)。
オマケにオヤジ殿の宇野重吉と親子の役。
同じ映像の入るカットが2回も。

樫山文枝はNHKの『おはなはん』を子供の頃に観ましたが、最近観たのは今回が初めて。
剛力彩芽のお母さんみたいな感じ、と言うかお祖母さんだな(笑)。

4:
カメラワークが素晴らしく、脚本も悪くないし、演技陣も実力者揃い、
そんな中で欠点は、
最後の辰巳柳太郎演じる岩岡源三の臨終場面。
子供への愛情と後悔を表す場面ですが、あまりにも直接的。
工夫が足りません。

5:
香取信吾主演の2009年のドラマ版も観ましたが、殆ど印象が残ってません。
この映画はドラマ版と違い費用を掛けて50年前を再現する必要が無いから有利ですが、それでも出来具合の差は歴然。

数回入る黒三トンネル工事のカットは大袈裟な演出ではなく、吉村昭の『高熱隧道』に書かれている通りです。
宇野重吉演じる森が「地獄」と言ってますが、その通りで詳しくは『高熱隧道』をどうぞ。

ウルトラQの第一話『ゴメスと倒せ!』も建設中のトンネルが舞台になってますが、
作られた年代を考えると『黒部の太陽』の原作が影響してると考えられます。

6:
ギリシャ神話から来た言葉に
ダモクレスの剣
と言うのがありますが、『黒部の太陽』や『高熱隧道』から想像出来ます。



タグ 石原裕次郎 三船敏郎 黒部の太陽 辰巳柳太郎 熊井啓 ダモクレスの剣 高熱隧道 金宇満司 丹治睦夫


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『お天気お姉さん』その5

第五話

1:
今回は、武井咲にやられた(笑)。
この若手、『東京全力少女』で喜劇を出来るのを実証し、演技力が有るのを見せましたが、
このドラマでも見せた(笑)。
実力派へまた第一歩進んだ(^.^)。

2:
無表情な安倍晴子ですが、今回は、3回も表情が変わりました。

2-1:
青木豪太刑事(大倉忠義)が、

>安倍さんは 本当に大切な人を 失った事がないんだ!
>だから そんな事言えるんだ。

、と言った後。
振り返ると表情を変え、

>青木さん
>もうすぐ雨が降ります。

…この時の晴子の気持ちは、日本語だと「やさしさ」となるんでしょうが、「親切」の方が適切。
…知的な晴子は感情的になりにくいですから、相手に対する受け入れる気持ち、好意的な気持ちを表すのは、「親切」なんです。
…こういう設定の晴子を無表情にほんの僅かな柔らかな表情を加えて演技した武井咲です。

2-2:
青木刑事が「蜜の味」で榎本正行(岩松了)の駒田先生(鈴木正幸)に対する殺人の推理を話す場面。
ここでは、お目目を少々見開いて、怒りを表してます。

2-3:
お約束の犯人が殺人を自白する(笑)場面。

晴子は静かな怒りを込め、榎本をお説教(笑)。
晴子が榎本をビンタしてからのシークウェンス、

>人は天候を操る事をできません。

>天候によって 大切な人を失ったあなたが

>天候を利用して 人の命を奪うなんて…

>そのような 思い上がった人間を

>天は許しません!

>あなたは 許されません。

…台詞が進むと共に少しづつ表情も変化していきます。
…>天候を利用して 人の命を奪うなんて… 迄は悲しみが込み上げて来ています
…>そのような 思い上がった人間を からは、怒りに変わって行きます

…見事(溜息)。

3:
でもねぇ、脚本が駄目なんだなぁ(T_T)。

まず、榎本が駒田先生を飲みに誘う時、なんで青木刑事がいたんだ?
ご都合主義の典型。

榎本が犯行を自白しちゃう場面。
どう考えても手抜き、2時間ドラマのお約束をそのまま利用。



タグ 武井咲 大倉忠義 佐々木蔵之介 佐々木希 壇蜜 高知東生 岩松了 鈴木正幸


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ラスト・シンデレラ』その5

第五話

1:
話が展開してきました。
広斗(三浦春馬)は桜(篠原涼子)にちょっと本気になって来ました。
志麻姉さん(飯島直子)と公平(遠藤章造)はホテルから出て来たところを桜に目撃される(@_@)。

広斗と千代子(菜々緒)が兄弟で大神グループの社長の御曹司と令嬢であるのが、バレました。

2:
何かよくありがちな展開になり、中弛み。

中谷まゆみ脚本家、頑張って下さいよ。



タグ 篠原涼子 飯島直子 大塚寧々 藤木直人 三浦春馬 遠藤章造 菜々緒 市川由依


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『鴨、京都へ行く。』その5

第五話

1:
やれやれ、個人的に嫌いな成長物語に嵌って来ました(笑)。
脚本に無理な所が無いんですな、チクショウ(笑)。

無理難題を無理強いするお客に応えられた上羽やの皆さん。
そして、そのお客の心を掴んだ上羽や。

今回、鴨(松下奈緒)はその困ったお客さんに、「申し訳ありませんでした」と土下座(@_@)。

良くやった心の中で叫んだ私、CYPRESSです(笑)。

2:
今回のゲストは嫌な女を演じた高岡早紀
『タイトロープの女』で池脇千鶴を小馬鹿にしてた演技が良かったから、今回も期待通りに高飛車女が良かった。
(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-928.html )
松雪泰子が薄幸の女をやると嵌る様に、高岡早紀は高慢な女をやると嵌るなぁ(笑)。

3:
このドラマでもう一ついいのは、女優陣の和服姿の美しさ。
眼福(笑)。

4:
来週は衣川修平支配人(椎名桔平)と梅垣や女将梅垣鈴風(若村麻由美)の過去が明らかになる?

来週も観ます。



タグ 松下奈緒 椎名桔平 若村麻由美 笹野高史 かたせ梨乃 堀内敬子 伊武雅刀 松平健 市毛良枝 高岡早紀


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『幽かな彼女』その5

第五話

1:
今回は言葉の暴力、そして生徒を信じるお話。

かなり誇張された脚本ですが、良かった(^.^)。

岩名清二教諭(高嶋政宏)、自分の職業を賭けて生徒を信じました。
こんな教師、いて欲しい。

2:
それにしても、日本人は温和な民族だから打たれ弱い。
攻撃されると耐えるだけで、反撃しません。
力を使って問題を解決しようとしないのは、決して悪くはありませんが、今回の様に無法、無茶な敵には付け入れさせてしまいます。
更に解決に時間が掛り過ぎます。

3:
さて、もう一つの主題の方の地縛霊アカネ()。
徐々に死因へ近付いています。

4:
次回も観ます。



タグ 香取信吾  前田敦子 真矢みき 佐藤二郎 森迫永依 未来穂香 山本舞香 高嶋政宏


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ガリレオ』2013年TV版その4

第四話

1:
一見、放火。
一見、不倫。

ではなかった(^.^)。

事件ではなく、事故だった。
良かった(^.^)。

2:
こういう風に事件が起こらないのって、意外と観た後の後味が宜しい(^.^)。

連ドラ全11回から考えると、途中に何回か悪人が出ない回が有ると精神的に「息抜き」になり飽きません。
非常に巧い作りです。

3:
しかし、何か、毎回、事件の鍵が、難しくないんだよなぁ…
わざわざ湯川学准教授(福山雅治)に協力してもらわなくても解決出来そうなんです。

謎解きが簡単でもその他が破綻してないので、まぁ、面白い。

次回も観ます。



タグ 福山雅治 ガリレオ 柴咲コウ 吉高由里子 澤部佑 北村一樹 渡辺いっけい 東野圭吾


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

TV版『白夜行』音楽その15

第三弾

音楽の使われ方その15

サントラ盤に入ってる曲
1、 白夜を行く
2、 君を照らしていたい
3、 夜の彷徨い
4、 夜更け、独り言
5、 月蝕
6、 ふたりの約束
7、 殺人は落ち着いて
8、 疑惑の鍵
9、 追跡
10、ずっと待っている
11、君を照らしたい夜に
12、レクイエム
13、君の指先
14、背徳の調べ
15、光と影
16、見えない視線
17、会いに行くよ
18、白夜を行く、再び
19、この静かな闇
20、君を照らす朝
21、振動が止まらない
22、月光を集めて
23、僕の体温
24、Love & letter
25、祈り
26、影(Inst for TV)

そして柴咲コウの主題歌
『影』

第七話その2

1:
25分15秒~27分26秒
  笹垣、刑事部長からお叱り。
  雪穂、母礼子と結婚式前日のお話
  亮司、警察手帳を見つめる。
  高宮、三沢千都留から貰ったラルフ・ローレンのハンカチを見つめる。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

2:
28分16秒~29分23秒
  三沢千都留、引っ越しトラックを見送る。
  雪穂、高宮に実は独身最後のデートをしたかっただけと言う。
♪夜の彷徨い(3曲目)
…亮司と雪穂の事ではなく、高宮の「夜の彷徨い」です。
…高宮も二人と同じくある意味、雪穂に嘘を吐いています。
…三沢千都留に告白してもどうなるか分からないし、雪穂に連れ回されています。
…この様に高宮にも「♪夜の彷徨い(3曲目)」が相応しい。

3:
29分47秒~31分31秒
  結婚式前日、夜、雨の中、クイーンホテルへ向かう三沢千都留。
  予定通り(?)高宮を迎えに現れた篠塚。
  クイーンホテルに到着、亮司、三沢千都留、
  そして笹垣。
♪レクイエム(12曲目)
…死か死と同等の物を。
…与えられるのは、高宮と三沢千都留。
…与えるのは、亮司と雪穂。

4:
31分38秒~33分51秒
  クイーンホテルに笹垣も到着。
  亮司、三沢千都留を追い払うのに成功。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

5:
34分27秒~35分55秒
  笹垣、篠塚と接触。
♪?
→サントラ盤に無し(涙)。

6:
36分22秒~38分31秒
  雪穂と高宮の結婚式。
  亮司、栗原典子、見掛ける。
  大江町立図書館でHPの書き込みを読む真文。
  ビルの屋上にいる亮司、そこへ雪穂現る。
主題歌『影』
…重要な事、人物です。

7:
39分46秒~44分59秒
  ビルの屋上で、亮司と雪穂。
  雪穂、亮司に高宮の東西電装でのIDとパスワードを渡す。
  雪穂、高宮との結婚の目的を話す。
  笹垣、弥生子の店に行く。
♪白夜を行く(1曲目)
…結婚の目的はお金。母親と変わらない雪穂。
…この曲が入るはずです。

8:
45分20秒~45分50秒。
  雪穂、ブティックの店舗として高宮の父親のビルを希望。
  亮司、メモリックスの秋吉主任になる。
♪振動が止まらない(21曲目)
…悪事を続ける主人公二人。



タグ 山田孝之 綾瀬はるか 余貴美子 麻生祐未 武田鉄矢 小出恵介 渡部篤郎 田中幸太郎 福田麻由子 柴咲コウ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ゴジラ』その2

1:
とある家電量販店のポイントがかなり貯まっていたので新品BDを購入。
やはりお金を出してまでして買う気は起りません。

2:
DVDと同時に見比べていませんが、記憶と比べても画質は驚く程良くなってはいません。
特典映像に入っている公開当時の予告編と比べると、段違いに良くなってはいます。
音声も同様。音声の方は字幕付きなので問題はありません。

3:
この映画も昼間の自然光で撮った部分はやはりキレイです。
(参考『タクシードライバー』SUPERBIT版→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-547.html )

それでも、シークウェンス毎にキレイさが違っています。
海上保安隊のゴジラ爆雷攻撃のシークウェンスが一番汚い。
おそらく東宝が撮影したのではなく海上保安隊提供のフィルムを使ったためでしょう。

4:
ミニチュアを使った特撮何回観ても、やはり、チャチでショボイですが、
冒頭の大戸島を襲う暴風雨のシークウェンスは今回観ると意外と良く出来ています。
特に泡立つ波頭は見事。

5:
また、ゴジラに襲われた大戸島の壊れた住宅のセットも良く出来ています。

6:
ゴジラが品川に上陸し、EF58が牽引する旅客列車がゴジラの脚に激突し、ゴジラが客車を咥えるカット迄、
映画前半は緊迫感を保ち、観てられます。

7:
ミニチュアで一番目立つ欠点は、火災の炎の動きが速過ぎる事。
実際にセットで起こした炎をそのまま映したため。
出来れば高速度で撮影し、セットの縮尺に合わせた炎の動きにして欲しかった。
ゴジラが勝鬨橋を壊し、大波が岸壁に押し寄せるカットは高速度撮影で現実感を出しているので、惜しい。

8:
若手の宝田明河内桃子平田昭彦は下手。
作られたのが1954年昭和29年、TVドラマ以前の時代なので実戦で鍛えられる場が少なかったので、
最近の若手と比較するのは気の毒。
それでも観る人間の眼は騙せず、下手なのは事実。
その下手さを誤魔化すために大袈裟な演出が増えてしまっています。

9:
脚本の問題。
芹澤博士(平田昭彦)がオキシジェンデストロイヤーの秘密を守るために自分の命を絶つ事は、脚本上、悪くありません。
自分の行動に責任を持つ生き方はゴジラを眠りから甦らせた科学者達との対比になっています。

しかし、一般市民がゴジラの様な国家に対する脅威に対し攻撃に参加するのは無理が有り過ぎ。
一般市民の生命の安全を保障出来ない事をやらせるはずありません。
そういう危険な事を納税者の代わりにやってもらうために税金を払ってるんです。

10:
いちおー生物学的には生命は水から発生した事になっています。
なんせ人類が一人もこの地球の上にいなかった頃の話なんで(笑)。

ところがキリスト教では、

>エホバ神土の塵を以て人を造り 生氣(=いのちのいき)を其鼻に嘘入れ(=ふきいれ)たまへり人即ち生霊(=いけるもの)となりぬ
(創世記 第二章7)

>汝は面(=かお)に汗して食物を食ひ(=くらい)終に土に歸らん其は其中より汝は取れたればなり汝は塵なれば塵に皈る(=かえる)べきなり
(創世記 第三章19)

土から生まれ土に帰ります。
マイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』では正にこの通りで、
琥珀の中に封じ込められた蚊の血液を取り出し恐竜のDNAを更に取り出します。

この点、『ゴジラ』は日本人が海洋民族のためか、水から生れ水に帰ります。
ゴジラは太平洋大戸島の遙か沖合で生まれ(、と言うか出現し)、
東京湾でオキシジェンデストロイヤーで死にます。



タグ ゴジラ 宝田明 河内桃子 平田昭彦


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : ゴジラシリーズ
ジャンル : 映画

『お天気お姉さん』その4

第四話

1:
へぇ~、今回は気象予報士安倍晴子(武井咲)が気象について失敗しました。
主人公が自分の専門分野で失敗するとは、今迄観た覚え無し。
こういう現実感が有る脚本を書ける脚本家がいるんだぁ…
見直しましたゼ、大石静脚本家(^.^)。

2:
今回ゲストは佐藤寛治少年を演じた男の子の子役加部亜門
観たことあると思ったら、『グッドライフ』で反町隆史の息子をやった子。
(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-447.html )

相変わらずのイケメン子役。
将来、本当にイケメンになるかも。
それ位顔立ちがいい。

3:
今回は脚本が立ち直りました。
次回も観ます。



タグ 武井咲 大倉忠義 佐々木蔵之介 佐々木希 壇蜜 高知東生 加部亜門


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
18位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

銀粉蝶 中尾明慶 青木さやか 本田翼 金城一紀 石黒賢 池田成志 坂井真紀 猫背椿 鈴木伸之 三宅弘城 佐藤玲 蛭子能収 ディーン・フジオカ 山賀琴子 島崎遥香 川口和空(かわぐちわく) 酒井抱一 鈴木其一 尾形乾山 濤川惣助 並河靖之 正阿弥勝義 池田学 川口和空 寺田農 徳間康快 ラピュタ 狩野元信 長塚京三 野田秀樹 西村まさ彦 真矢ミキ 奥田瑛二 滝藤賢一 佐藤二朗 高畑充希 黒木瞳 石川恋 橋本環奈 横山だいすけ 清原翔 西岡徳馬 中島ひろ子 西尾まり 竹内涼真 横山歩 久保田紗友 アルチンボルド 歌川国芳 ラ・トゥール ジャコメッティ カラヴァッジョ 不染鉄 山本茂美 あゝ野麦峠 皆川妙子 紀比呂子 浦沢直樹 ウォークマン 川端龍子 竹内涼馬 歌川広重 吉田博 ロッセリーニ ジョン・エヴァレット・ミレイ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 梅沢富美男 和田アキ子 芳根京子 市原隼人 門脇麦 高橋メアリージュン 道枝駿佑 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 桂文枝 加藤晴彦 春風亭昇太 山口桂 伊藤若冲 クリスティーズ 吉田羊 ボス ブリューゲル 雪村周継 長次郎 雪舟等楊 本阿弥光悦 了入 カフェ・パウリスタ 加山又造 長谷川利行 道入 樂家 相葉雅紀 稲葉天目 油滴天目 曜変天目 卯花墻 破獄 マリオカート 東京藝術大学大学美術館 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 大倉孝二 瑛蓮 篠原篤 鈴木省吾 福田ゆみ 東京国立博物館 平成館 平岡祐太 鈴木亮平 坂口健太郎 金田明夫 吉岡里帆 松たか子 富澤たけし 八木亜希子 東京都庭園美術館 無線七宝 超絶技巧 有線七宝 シシド・カフカ 木野花 住田萌乃 ヤオ・アイニン 新井浩文 山本未來 キムラ緑子 工藤阿須加 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・ウェイ リー・パオティエン 風間俊介 手塚とおる 篠川桃音 山田美紅羽 桜田ひより 水谷豊 三國連太郎 高倉健 新克利 新田次郎 秋吉久美子 緒形拳 田中要次 柄本時生 小堺一機 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 地井武男 原田美枝子 森次晃嗣 山田涼介 川崎紘菜 木下ほうか 新川優愛 篠井英介 土屋太鳳 津田寛治 田中直樹 岩田剛典 川津明日香 佐野勇斗 稲垣来泉 菱田春草 佐竹署山 秋田蘭画 解体新書 小田野直武 菅田将暉 青木崇高 江口のり子 石原さとみ 加賀丈史 モディリアーニ デトロイト美術館 向井潤吉 モネ クレラ―・ミュラー美術館 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 山田太一 円空 長澤芦雪 曽我蕭白 仙厓 出光美術館 正倉院 戦争論 アメリカン・スナイパー 小林よしのり 続・タイム・トラベラー マネ 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 藤花図屏風 曜変天目茶碗 長谷川等伯 油滴天目茶碗 俵谷宗達 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 雲の糸 みかんの花 海の星 望郷 スピットファイア― メッサーシュミット ハインケル ポルト・リガトの聖母 新国立美術館 光宗薫 三田真央 佐々木心音 中村倫也 久松郁美 やべきょうすけ 本多力 山本裕典 満島真之介 東京藝術大学 恵順 宮川香山 森田藻己 朝顔図屏風 富田靖子 高畑裕太 真剣佑 寺尾聰 石井杏奈 村上虹郎 片桐仁 松尾幸美 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 福山翔大 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 小室哲哉 富士眞奈美 仲代達矢 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 ルノワール 黒島結菜 八木莉可子 菊池風磨 滝沢沙織 林田悠作 小野塚勇人 小島梨里杏 赤間麻里子 ジュディ・オング 山田将之 妹尾青洸 鈴之助 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 八ッ橋図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 風神雷神図屏風 MEGUMI ボッティチェリ 拙宗等揚 ダ・ヴィンチ 銅鏡 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 大空真弓 橋田壽賀子 石井ふく子 Amazon 再販制度 府中市美術館 泰明画廊 川栄李奈 小芝風花 尾藤イサオ 松坂恵子 徳井義美 蘭寿とむ マルシア 永山絢斗 黒木華 水野美紀 倉光泰子 藤原さくら 松下由樹 寺田心 加藤清史郎 シャーロット・ケイト・フォックス 橋爪功 渡辺舞 松田芹香 山本耕史 保栄堂版 太田記念美術館 北斎 東海道五十三次 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 富岡鉄斎 与謝蕪村 青木木米 池大雅 浦上玉堂 発艦 T45 着艦 成宮寛貴 メラン デューラー エングレーヴィング ビュラン 柄澤齊 町田市立国際版画美術館 Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 藤田弓子 松井愛莉 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 岸田劉生 岡本太郎 佐伯祐三 安田靫彦 田村孝之介 安井曾太郎 北蓮造 中村研一 和田三造 竜星涼 野波麻帆 今野浩喜 風神雷神図 光琳 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 燕子花図屏風 ティーチャ 千絵の海 富士三十六景 六十余州名所図会 原安二郎 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 カキツバタ 誰が袖図屏風 小西真奈美 白石美帆 佐藤直紀 釉下彩 釉裏紅 暗花 高浮彫 大人計画 松尾スズキ 皆川猿時 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 妻への家路 カストラート 陳道明 チェン・ダオミン 高良健吾 森川葵 真飛聖 伊藤歩 甲本雅裕 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 和久井映見 蓮佛美沙子 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 水差しを持つ女 レンブラント 天文学者 高田彪我 西村彦兵衛 象彦 山形勲 川崎敬三 バイラス 平岳大 平澤宏々路 中島裕翔 多岐川裕美 サンダーバード 木皿泉 薬師丸ひろ子 弓をひくヘラクレス ブールデル 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 宮川大輔 中村勘九郎 立川談志 田邊哲人 谷汲観音像 松本喜三郎 生人形 当麻蹴速 野見宿禰 安本亀八 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 枯山水 小堀遠州 カンディンスキー 龍安寺方丈庭園 抽象画 秋冬山水図 抽象芸術 江口のりこ 星野源 松岡茉優 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 ブルーレイ 再販売価格維持制度 CD DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 写楽 歌麿 五姓田義松 神奈川県立歴史博物館 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー 明日、ママがいない 1984年 オーウェル 華氏451度 図書館戦争 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 鏝絵 入江長八 松崎町 神田沙也加 城田優 川平慈英 葵わかな 西内まりや 尾美としのり 内山理名 蔵王権現 西新井大師 三佛寺 藤原道長 投入堂 總持寺 冷泉家 山田望叶 上川隆也 太賀 市川由衣 馬場園梓 大原櫻子 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 初音蒔絵調度 貝桶 沈金 蒔絵 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 半藤一利 石川達三 生きている兵隊 クリスチャン・ベール 種田陽平 昭和史 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 高畑勲 ピノキオ ディズニー 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 儒教 中庸 すぐやる課 内館牧子 櫻井淳子 宮地雅子 吉本美優 高杉真宙 桐原亮司 熊川哲也 ロバート・ハインデル 吉田都 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大瀑布図 氷図 松に孔雀図 大乗寺 大英博物館 相国寺 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 丸山智己 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 中原丈雄 石丸幹二 石田えり 金すんら 中野裕太 山西惇 水原希子 池津祥子 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 規矩の法 三遠法 星月夜 大はしあたけの夕立 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 床嶋佳子 鶴見信吾 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 WISH」 MY 「PIECE 阿部サダオ OF 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シェル フェラーリ シューマッハ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる 椿かおり SAYUKI 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 高橋真唯 岩井堂聖子 村井良大 原田泰造 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 波留 永島瑛子 ベンガル 原日出子 織本順吉 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 小関裕太 安藤玉恵 柴田理恵 不破万作 古田新太 大滝秀治 古谷一行 仁清 乾山 狩野尚信 狩野探幽 狩野常信 狩野重信 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 ジュウ・シュン 小さな中国のお針子 周迅 チェン・コン 陳坤 リウ・イエ 劉燁 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 横山大観 牧進 名樹散椿 速水御舟 ダンカン 石田法嗣 麿赤兒 早乙女太一 ボストン美術館 上野の森美術館 岡倉天心 東京国立近代美術館 下村観山 故郷の香り フォ・ジェンチイ サン・バオ リー・ジア 霍建起 グオ・シャオドン モォ・イエン 莫言 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 大谷亮介 中田喜子 はろるど 鹿島 アントラーズ 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 平愛梨 西山潤 上原陸 研ナオコ 藤原薫 石井トミコ 田辺修斗 杉田成道 橋本愛 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 藤本隆弘 井上真樹夫 中村ゆりか 財前直見 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 岡山天音 秋山菜津子 徳井優 石橋蓮司 中国新聞 広島平和記念資料館 被爆再現人形 平和データベース 広島平和資料館 原爆の絵 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず なごり雪 イルカ 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 NHKスペシャル 故宮博物院 翠玉白菜 アンギラス 強き蟻 矢島健一 シスタームーン オラトーニ ブラザーサン 石塚英彦 自在置物 冨木宗行 アートシーン 高瀬好山 冨木宗好 明珍 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 真夏の方程式 山崎光 三浦理恵子 石田ニコル LiLiCo 遊井亮子 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 六平直政 中村梅雀 ルコック・スポルティフ デサント本社 マイヨージョーヌ 村田コレクション 村田理如 清水三年坂美術館 白山松哉 日月烏鷺蒔絵額 あべまみ 復活の日 動物農場 蝿の王 ザ・スタンド 21世紀少年 波濤図屏風 今井雅之 自在 刺繍絵画 牙彫 薩摩焼 印籠 金工 榎木孝明 見頃 應擧 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン ジョン・フランケンハイマー ジェームズ・ガーナ― イヴ・モンタン アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 オーヴェールの教会 原発敗戦 船橋洋一 福島第一原発 伏字 検閲 閉ざされた言語空間 江藤淳 キャンディス・バーゲン ピーター・ストラウス 大虐殺 ソルジャー・ブルー 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ イリス レギオン 艦載機 関根勤 大木隆行 TAKAHIRO 戦力外捜査官 有川浩 大後寿々花 三上博史 渡邉このみ チェン・カイコ― 陳凱歌 呉天明 酒井美紀 山西省残留日本兵 奥村和一 山西省日本軍残留問題 橘らい四郎 蟻の兵隊 原一男 奥崎謙三 ゆきゆきて神軍 今村昌平 新版画 デビット伊藤 第七の封印 イングマール・ベルイマン マックス・フォン・シドー ステファノ・ディオニジ ジェラール・コルビオ 仮面の中のアリア ホセ・ファン・ダム 迎賓館 七宝花鳥図三十額 オフィーリア ラファエル前派 ミレイ オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 足尾鉱毒事件 足尾銅山 渡良瀬遊水池 棄民 田中正造 栃木 谷中村 慈恵病院 眞葛博物館 渡蟹水盤 切腹 小林正樹 武満徹 章子怡 蒔田光治 天龍寺 雲龍図 ミッキー・カーチス 京野ことみ 宮里駿 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR