FC2ブログ

『美の巨人たち フィンセント・ファン・ゴッホ 「星月夜」』

★放送
2105年6月6日(土)
TV東京系

放送分HP→http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/backnumber/150606/index.html

図版Wikiから→http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/VanGogh-starry_night.jpg


1:
さて、この絵、20年位前に上野で見ました。
調べてみると、
MoMa展第一回
上野の森美術館
1993年
の事でした。

この時、アンリ・ルソーの代表作『眠れるジプシー女』も来てましたなぁ(遠い目)。
有名な絵で黒山の人だかりでしたが、画集で見た通り、静謐さと不思議さに満ちた中々の絵でした。
そして、『星月夜』の前も黒山の人だかり。
それでも暫くすると人だかりが薄れ、近付き隅から隅まで見て調べると、
「?」。
「あれ?」
よく見るとあちこちにキャンバスの地が見え、塗り残しが(@_@)。
下塗りも無く、純粋なキャンバスの繊維の目がハッキリ見える(@_@)。
な、何だ、これ?
1980年頃からゴッホの絵が来ると欠かさず見に行ってましたが、塗り残しがある作品は見たことなし。
色の塊で配置を考えたりしないで、一気に描きあげたのは明らかでした。

何だか手抜きみたいで、急速にこの絵に対する熱が冷めて行ったのを今でもハッキリ覚えています。

さて、今回の放送でもアップの連続で塗り残しが記憶通り、ある、ある、ある(笑)。
ゴッホの他の絵と違う『星月夜』、どんな風に放送されるか興味深く観ました。


2:
筑波大学の芸術系、齊藤泰嘉教授は星空の描写は北斎の『神奈川沖浪裏』から来ているのではないかと指摘しています。
(『神奈川沖浪裏
参考Wiki→http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0a/The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpg)

2-1:
この『神奈川沖浪裏』の画面構成は「規矩の法」だけでなく、「三遠法」が使われているとも齊藤泰嘉先生は指摘。
三遠法」文字通り下記の3種類の遠近法から成っています

深遠→手前の高い位置(山や波)から下を覗きこむ視点
高遠→下から上を見上げる視点
平遠→広く平らな場所を見る

更に画面中央(手前の波と奥の富士山)は西洋式の線遠近法が使われ、
三角形の相似形に組み合わせになり画面に奥行を与えていると齊藤先生は指摘しています。

そして、ゴッホの『星月夜』も同じ構成になっていると齊藤先生は指摘しています。

平遠法→画面中央から右側寄り
神奈川沖浪裏→波の底と船
星月夜→村の風景

深遠法→画面左側
    神奈川沖浪裏→船の舳先
    星月夜→糸杉の奥の大地

高遠法→画面左側
    神奈川沖浪裏→大波
    星月夜→糸杉と一面の夜空

線遠近法→画面中央付近
     神奈川沖浪裏→手前の小波と奥の富士山
     星月夜→小さい方の糸杉と奥の教会の尖塔

2-2:
瞬く星の数は「11」個。
この「11」と言う数は、
旧約聖書創世記、第三七章九節から来てるらしい。

>ヨセフ叉一の夢をみて之をその兄弟に述べていひけるは我また夢をみたるに
日と月と十一の星われを拝せりと

太陽と月はヨセフの両親、11の星は兄弟たちを表し、
兄弟たちから虐げられていたヨセフが将来彼らを救うという予知夢なんだとか。

つまり、ゴッホは創世記のこの部分を描こうとしてのではないか、
宗教画なのではないか、
とこの番組は解釈してます。

説得力がありますね。

2-3:
造形家の青木世一氏が『星月夜』の立体模型を作り、
『神奈川沖浪裏』の波を加えると、
見事に夜空と波が一致します(@_@)。
違和感皆無(@_@)。

2-4:
もう一つこの番組では解釈していて、それが次の事。
糸杉は西洋では墓地に植えられる事が多く死を象徴している、
(私も自己紹介の記事でこの件を書いています→http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-category-12.html)
そして死に引かれていく自分をこの絵でゴッホは繋ぎとめようとしていたのではないか、
月と11の星に願いを込めて。

ゴッホがこの『星月夜』を描いたのは、自分の精神状態に不安になりサン・ポール・ド・モーゾール修道院に入院していた時ですから、
この意見も説得力があります。


3:
改めて、ガッカリする事無く(笑)、落ち着いて見ると、

3-1:
また齊藤先生の解釈と青木氏の実証のおかげで『星月夜』の魅力や実力が分かってきました。
また、齊藤先生のおかげでゴッホの描写力と構成力にも感心しました。
ゴッホが『星月夜』を描いた時、北斎の『神奈川沖浪裏』を参考にしたか、手元に在ったか、分かりませんが、
塗り残しの多さから急いで一気に描きあげたのは間違いありません。
だとすると、参考にしたとしても手元に置いて見比べながら描かなかったと考える方が妥当でしょう。
大波、小波の形だけでなく、三遠法の構図も含め全てを覚えていて、まるで下描きがあるの様に描いたと考えても間違ってないでしょう。
ゴッホの描写力を考えると、実は簡単な事だったのではないでしょか?

3-2:
また今回気付いたのは、この『星月夜』、少々バランスが崩れています。
夜空が強過ぎ、地面が空を支え切れていません。
自分の精神状態の不安を表す意図的なことなのか、
それとも絵のバランスと取ろうにも取れない精神状態だったのか、
今となっては謎です。

ゴッホも模写した広重の『大はしあたけの夕立』の不安定の影響もあるかもしれません。
(参考→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312294)

3-3:
この放送のおかげで興味が湧いてきて、また見たくなりました。
でも、マンハッタンは熱海より遠い(笑)。
オマケにこの美術館、入場料がエラく高い。
何と、$25だぜ、\2,500以上(@_@)。
(参考→http://www.moma.org/visit/infoplans/japanese_plan#generalinfo_ja)



4:
今回番組のプレゼントが『星月夜』の収蔵元ニューヨーク近代美術館で売ってる『星月夜』柄の折り畳み傘。
この傘、日本でも売ってます。
東京は表参道のMoMA DESIGN STORE。
NY近代美術館の初の海外出店だとか。
通販もあり。
興味がある方はどうぞ。
HP→https://www.momastore.jp/momastore/products/detail/product_id/1443/



タグ ゴッホ 星月夜 北斎 神奈川沖浪裏 広重 大はしあたけの夕立 三遠法 規矩の法



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








スポンサーサイト



テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

『特別公開 広重「名所江戸百景展」』後期展

★簡単な紹介

前期:2015年3月28日(土)~4月19日(日)
後期:4月21日(火)~5月10日(日)

東京都江戸東京博物館

HP→http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/3811/%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%80%e5%ba%83%e9%87%8d%e3%80%8c%e5%90%8d%e6%89%80%e6%b1%9f%e6%88%b8%e7%99%be%e6%99%af%e3%80%8d%e5%b1%95/


1:
行ってきました、後期展も。
今回は祝日。
だもんで、午前10:45頃到着。
今回も3回吹き曝し入場券売り場を目指す。
あの広い階段に人影無し。
「らっき~」と喜んだのも束の間。
何と、前回土曜日正午前より全然多い人間が並んでいる(@_@)。

その数、ざっと見、300人(@_@)。

ウォークマンでビートルズを聞きながら岩波文庫版『孟子』上巻を読みながら、
大人しく並び、待ちました。

ありがたい事に、吹き抜ける風が初夏一歩手前で非常に心地良かった(^.^)。
これが8月とかだったらエライ事ですよ。

20分位並んで買えました。
休日なんで働いてる時と違い時間を気にせず。
30分くらいだったかもしれません。

この入場券購入行列、帰り午後1:00頃は、何と、来た時より少なく、ざっと見、100人程。
何だ、こんなんだったらもっとゆっくり来ればよかった、
と思うのもちゃんと早く来たから(笑)。


2:
作品

2-1:
近像型
さて、今回は何点あるか、絵を見ながら、また「近像型」と呼ぶにはびみょーな物もあるので考えながら、数えてみました。
個人的な判断なのでアダチ版画だとか、渡邊美術木版画舗とかの専門家の皆様方とは違うかもしれません。
悪しからず。

次の19点。

展示番号21:芝愛宕山
展示番号35:隅田川水神の森真崎
展示番号37:墨田川橋場の渡かわら竈(=かま)
展示番号39:吾妻橋金龍山遠望
展示番号43:日本橋江戸ばし
展示番号45:八つ見の橋
展示番号51:糀町一丁目山王まつりねり込
展示番号55:佃しま住吉の祭り
展示番号61:浅草川首尾の松御厩河岸(=まつのおんまやがし)
展示番号62:綾瀬川鐘か淵
展示番号65:亀戸天神境内
展示番号73:市中繁栄七夕祭
展示番号75:神田紺屋町
展示番号77:鉄砲洲稲荷橋湊神社
展示番号81:高輪うしまち
展示番号89:上野山内月のまつ
展示番号99:浅草金龍山
展示番号101:浅草田甫酉の町詣
展示番号115:高田の馬場

2-1-1:
近像型と言っても、ぶっ飛んだ「広重型」と言う物ばかりでなく、大人しい(笑)、真面な(笑)作品も在ります。

展示番号35:隅田川水神の森真崎
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail323.html)

展示番号99:浅草金龍山
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail279.html?sights=sensoji)

遠近法に挑戦する様なマネばかりしている訳ではないのです。
「隅田川水神の森真崎」は桜の花の美しさ、視線の邪魔をする物が無く広がる風景の気持ち良さを表し、
「浅草金龍山」は雪景色の美しさ、雪の静謐さ、そして鳥居自体ではなく、鳥居に掛かる大提灯で神域を表し同時に神聖さも表しています。
厳かな雰囲気、人々の金龍山(=浅草寺)に対する思いが大変よく伝わってきます。

2-1-2:
驚天動地の才能躍如
私の様に絵画の「いろは」を知ってるとその驚き倍増、倍増、倍増、倍増、倍増(笑)。
虚を突かれ、心が一瞬消し飛ぶのであります。
プロの絵描きでなくて良かったと安堵のため息が何回も出ます(笑)。
こんな絵見せられちゃ、描き続けられんゼ。
19世紀末から20世紀初頭のパリのサロンの重鎮達は広重や北斎の傑作を見てどうしたんでしょう?

2-1-2-1:
展示番号21:芝愛宕山
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail143.html)
これ、絵の主題は神事を行う神職が持ってる杓文字か(笑)?
厳島神社のつもり(笑)?
オマケにこの杓文字で絵を縦に二分、どっか~ん(笑)。

2-1-2-2:
展示番号37:墨田川橋場の渡かわら竈(=かま)
(参考→http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1312273)
だいたい立ち上る煙を主題にしようとした絵なんて、他にある(笑)?
大気汚染反対、脱硫装置促進のポスターなんじゃないの、これ(笑)?
広重は当時のロンドンの石炭の排煙の被害を知っていたのか(笑)?

2-1-2-3:
展示番号43:日本橋江戸ばし
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail084.html)
これはちょっと面倒臭いので正確な割合を計ってませんが、橋の欄干で画面の三分の一を隠すとは何なんだ(笑)?

2-1-2-4:
展示番号55:佃しま住吉の祭り
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail060.html?sights=tsukudajima)
この絵は題名から分かる通り祭を主題にした絵で、どう考えても中央の神輿と担ぐ人々が主題のはずなんですが、
なんでその神輿と人々を幟でぶった切り隠すんでしょう(笑)?
オマケにこの絵でも幟で絵を縦に二分、どっか~ん(笑)。

2-1-2-5:
展示番号77:鉄砲洲稲荷橋湊神社
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail065.html)
竹竿を二本も立てて何をしたいんだ(笑)?
絵の中ではこういう物は強力で、画面左の竹竿は富士山の稜線をぶった切っています。
そこで富士山の存在感をかなり弱め、竹竿と竿を支える二本の綱で富士山の代わりの「富士山」型を作ってます。
その「富士山型」竹竿の根本は隅田川、そこに浮かぶは米俵を満載した船、船。
そして河岸には蔵、蔵、蔵。
ほ~、ここまで見ると分かってきました。
この絵、富士山を眺め広大な江戸の町並みを楽しむ絵ではありません。
設定された季節は秋ですから、五穀豊穣、人々繁栄を願った絵なんです。

2-1-2-6:
展示番号81:高輪うしまち
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail179.html)
「どひゃぁ~」な絵(笑)。
こんな単純な風景画の中に大八車を入れ見る人々の意表を突く絵。
大八車の車輪は絵の中で強力この上なく、二匹の子豚の如き子犬の存在感を見事に半減(笑)、
普通の子犬にしている、つもりか(笑)?
いや、どう見ても子豚、ミニ豚じゃないか(笑)。
まぁ、そんな戯言を考えさせる程この大八車は強力なんです。
画面左手の虹はこの大八車を画面上でバランスを取るための脇役にすぎません。

2-1-2-7:
展示番号89:上野山内月のまつ
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.089.jpg)
こんな松、あるはずねーだろー、
と思ったのは19世紀末の白人も現代の私CYPRESSも同じ。
し、か、し、だ皆の衆。
あるんだ(@_@)。
上野経済新聞の記事↓
http://ueno.keizai.biz/headline/1241/

何もゆー事はありません(笑)。

2-2:
天才の凄味。
天才の恐ろしい程の能力。

近像型で数々のぶっ飛んだ才能を見せた歌川広重
そのもう一つの才能の面を示した一枚が在りました。
それもぶっ飛んだ絵を何枚も示した連作の中に入れました。
広重の伝記や研究書を読んでないので確かなことは分かりませんが、
広重自身は間違い無く近像型の画面構成、構図は絵を壊す事を知っていたに違いありません。
そして自身には絵を壊さずに近像型の作品を作れる才能がある事も知っていたに違いありません。
それを示した、実証した作品が、

展示番号75:神田紺屋町
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail023.html?artists=utagawa-hiroshige-1)

近景の藍染した浴衣生地を何枚も描き、他の近像型に見られる中景と遠景の殆どを見せず殺しています。
特に画面右半分は完全に消し、近景の浴衣生地を強調し、
左半分は小さく描き無理なく遠近感を出しています。
左半分から進む視線の流れは右半分の浴衣生地のおかげで遮られ画面の外へ流れず、「ん?何だ」と画面内に留まり、
浴衣生地の垂直線に沿って動くとそこには版元魚栄(=ととえい)の一文字「魚」。
「魚」の行列。
版元の宣伝を無意識に読まされているのです(笑)。

近像型で絵を壊さない秘訣は、強調した近景の背後に中景と遠景を描かない。
ここまででも脱帽ですが、オマケにその近景に版元の宣伝までする頭の働き具合。

圧倒的な実力、
天才とはこういう能力を言うのです(溜息)。

2-3:
気になる作品。

2-3-1:
展示番号33:四つ木通用水引き船
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.033.jpg)
この用水、解説のよると絵と違い真っ直ぐだったとか。
どこが気になるかと言うと、画面左側ほぼ中央、右に向かって三角形の濃い墨の部分。
かなりおかしい。
この濃い墨の三角形が用水の曲がり具合と一致してます。
はは~ん、分かりましたゾ。

画面の中の垂直線や水平線は動きが無いんです。
単なる直線でも斜めにすると動きが生まれるように人間の目には見え、関心を捉えるものなのです。
だから写真で「物撮り」をする時、物を斜めに置いて撮ります。
特に広告では、まず人に見てもらわなければ何事も始まらないので絶対動きを感じさせる構図や構成にします。

この「四つ木通用水引き船」では、用水を蛇行させ絵に動きを与えました。
更に絵に「関心獲得力」を加えるために、今度は明度に強弱を加えました。
それが用水右岸の薄い黄色の道と画面左側の濃い墨の「三角形」です。
「三角形」から違和感、わざとらしさを減らすために形を用水に合わせ三角形にしたんです。

ん~、だからと言って巧いとは言えん。
かなり強引。
広重でも苦し紛れでこういう事をするんだ(笑)。

2-3-2:
展示番号59:両国橋大川ばた
(参考→http://www.ndl.go.jp/landmarks/details/detail117.html)
これ、広重とは思えない色使いをしています。
それは、お馴染み、べろ藍。
重たく強い色なので大変注意深く広重は使っています。
例えば、川を描く場合、
絵の一番下に入れるか、一番下にならなくても河原等を描き重さを分散させ感じさせないようにする、
などしています。

ところがこの絵では大川の川岸沿いに入れているのですが、
画面上、その下に両国の露店とそこの集まる人々があり、完全に押し潰しています。

これはおかしい。
実に変です。
色のバランス、特に明度のバランスが悪く、絵を壊しています。
広重は何も考えずこんな色使いをするはずありません。

では、広重の意図を考えましょう。
大川に負けぬ両国の露店と江戸の人々でしょうね。
現代の隅田川と当時の大川の恐ろしさは違うのです。
気象衛星と天気予報の無かった時代ですから、川を初め自然は遥かに恐ろしかった。
こう考えると広重の意図も納得。

2-3-3:
展示番号58:大はしあたけの夕立
(参考→http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/ukiyoe/ukiyoe/edo100/No.052.jpg)
前期後期共に展示されたのは、他に「亀戸梅屋鋪」、「亀戸天神境内」位。

改めて、と言うかもう一度見ると、やはり、墨線の細さと鋭さは、「名所江戸百景」の中でも随一。
木版ではなく、一枚一枚ペンで描いたかの様であります。
彫師と摺師の腕前に感嘆。
やはり傑作です。


3:
まとめ

やはり素晴らしい(笑)。
まぁ、当然か(笑)。

それでも大したことない絵も少なくはありません。
広重の絵心を刺激しない風景と題材だったのでしょう。
おそらく、人の「匂い」や「存在感」を感じない風景だったのではないでしょうか?
単なる田園風景、そんなもんに関心が無かったのかもしれません。
それはそういう風景を見慣れた当時の人だったからで、逆に現代の我々が退屈な田園風景を見るといかに心休まるか、
視線を遮る悪く目立つ人工物ない風景がいかに目に心地良いか、感動しきりだったかもしれません。
この点のことは、石川英輔が書いた『大江戸神仙伝』初め『大江戸シリーズ』で主人公速水洋介が何度も経験しています。

また、花見を初め物見遊山を題材にしても、どうも行楽や娯楽とは見えません。
それぞれの行楽の名所でも人出の少なさが我々現代人には、残念ながら不自然に写ってしまします。
まぁ、幕末の江戸市中の人口は100万人程度だったらしく、現在の東京都だけでも1,300万人もいるんで当然と言えば当然。
逆に、速水洋介が体験する様に行楽地でもない極普通の市街地、田園でも美しかったのでしょう。


4:
オマケ
常設展E3-1
ここに広重の「亀戸梅屋鋪」の版木と摺の見本があります。
この絵は15回摺ったそうな。




タグ 広重 名所江戸百景 石川英輔 大江戸神仙伝 神田紺屋町 大はしあたけの夕立




★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村








テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
8位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

森崎ウィン 斉藤由貴 矢野浩二 鈴木裕樹 塙亘之 本田博太郎 床嶋佳子 金田明夫 田口浩正 津田寛治 羽田美智子 原沙知絵 山田祐貴 伊東四朗 村上弘明 世良公則 市村正親 東山紀之 森川葵 中越典子 キムラ緑子 松尾諭 マイケル・J・フォックス 吉谷彩子 上地雄輔 中園ミホ 南野陽子 松下由樹 中村アン 眞島秀和 出口夏希 井之脇海 岸井ゆきの 石橋静海 醍醐虎汰郎 ガッパ 菊池麻衣子 范文雀 皆川妙子 紀比呂子 佐野浅夫 中村梅之助 美村里江 松村雄基 原日出子 矢柴俊博 山崎貴 栗田貫一 小林清志 山寺宏一 浪川大輔 沢城みゆき 滝藤賢一 中村倫也 小松政夫 吉柳咲良 森七菜 井上陽水 いかりや長介 植木等 角野卓造 阿川佐和子 宅麻伸 中尾彬 国生さゆり 飯田基祐 山中崇 望月歩 森口瑤子 岡江久美子 柴俊夫 市原隼人 菅田俊 升毅 ムロツヨシ 松本穂香 萩原聖人 団時朗 伊藤英明 水谷豊 上白石萌音 中本賢 毎熊克哉 清原翔 貫井徳郎 戸田菜穂 原田龍二 藤谷美紀 仁科亜季子 風見しんご 加藤雅也 神保悟志 夏菜 岡田義徳 内山理名 濱津隆之 美保純 笠松将 長塚京三 斎藤暁 松村邦洋 宇津井健 富澤たけし 高橋英樹 高田純次 浅利陽介 浅香航大 大谷亮平 藤井隆 星野源 須藤理沙 堀井新太 高橋メアリージュン 高畑充希 新田真剣佑 西岡徳馬 竜星涼 中川大志 小木博明 波留 桜井ユキ 夏樹陽子 滝沢カレン 丸山智己 寺田心 奥田瑛二 白洲迅 松本まりか 奥田英二 舟屋 伊根町 天橋立 無伴奏「シャコンヌ」 シャルリー・バン・ダム 威風堂々 パッフェルベル カノン エドガー 仙厓 梶原善 甲本雅裕 上川隆也 田中美奈子 今田美桜 津嘉山種正 正倉院 アンリ・ルソー ブリューゲル ヴェラスケス ロイスダール ベンガル ポカリスエット 放射能X ローレンス・オリヴィエ ジュディ・バウカー セザンヌ ルノワール 田中幸太朗 水野ゆかり 浅香友紀 鹿嶋ゆかり 三浦しをん 吉岡里帆 麻生久美子 江口のりこ ベッキー 角田晃広 重岡大毅 柳葉敏郎 長次郎  加藤唐九郎 仲條友彪 鳥羽潤 萩原健一 松井愛莉 瀬戸利樹 MEGUMI 宮沢氷魚 岸田劉生 窪塚俊介 圓山応挙 森田望智 和久井映見 シン・ゴジラ 相葉雅紀 宮澤崇史 雪舟等楊 伊藤紗莉 岡崎体育 桐山漣 のん 私を旅館に連れてって 辺見えみり マイケル・クレイグ クリムト エゴン・シーレ 鈴木紗理奈 中条あやみ 近藤公園 中村靖日 瀬戸康史 中山美穂 北村一輝 瀧川英次 小手伸也 織田梨沙 久保田紗友 唐田えりか リー・ヴァン・クリーフ 松山ケンイチ 満島真之介 斎藤工 山崎育三郎 向井康二 山田純大 山崎豊子 仲代達矢 三國連太郎 八甲田山 高倉健 木村大作 新田次郎 狩野永徳 久隅守景 武野功 燕子花図 モンキー・パンチ 淀川長治 二谷英明 庵野秀明 火災旋風 運慶 東寺 ディーン・フジオカ 小原古邨 吉田博 池部良 千田是也 伊藤久哉 安西郷子 水野はるか 青木さやか 岡田結実 城田優 玉田志織 戸塚純貴 中川知香 福田純 関沢新一 土屋太鳳 堺左千夫 田島義文 今井朋彦 水野友加里 前田美波里 大河内傳次郎 新藤英太郎 花沢徳衛 江原真二郎 千葉真一 牧冬彦 松方弘樹 大友柳太郎 小川知子 金子信雄 藤木悠 瀬戸朝香 小田野直武 詩経 緒方直人 藤田まこと 岡田建史 粗にして野だが卑ではない 石田禮介 菊地凛子 ブタネコ ルーベンス ムンク  手塚勝巳 鈴木豊明 山本廉 香山滋 三條美紀 イーデス・ハンソン 大村崑 浜美枝 ヘドラ 横山歩 横溝菜帆 菅田将暉 八木莉可子 石井杏奈 ヘビーデューティーの本 塚本晋也 仁村紗和 木下ほうか 箭内夢菜 高橋源一郎 般若 龍居由佳里 キングギドラ 上田耕一 高橋メアリージェン 狩野伊川院栄信 小島漆壺斎 松平不昧 禾目天目 油滴白覆輪天目 曽我蕭白 幸阿弥長重 不染鉄 尾形乾山 鏑木清方 上村松園 50周年 アルマンド・トロヴァヨーリ マルコ・ヴィカリオ 刑務所のリタ・ヘイワース 東出雅大 水田伸生 俵屋宗達 土曜スペシャル ルドン 石原さとみ 橋本真美 木場勝巳 ウォークマン 仁和寺 二十八部衆 葛井寺 大阪府藤井寺市 道明寺 芳根京子 薬師丸ひろ子 次屋尚 美空ひばり 悲しい酒 天童よしみ ジェームズ・スチュワート ジューン・アリスン ジョン・ウェイン ゲド戦記 手塚とおる 原田美枝子 波瑠 シャガール 歌川国芳 入野自由 花澤香菜 メガギラス デストロイア バルタリ F-14 光村利藻 メカゴジラ 間宮祥太郎 歌川広重 草剪剛 井上ひさし 吉田美奈子 ヘミングウェイ 本の運命 頬に夜の灯 間宮祥太朗 蛭子能収 島崎遥香 佐伯日菜子 三宅弘城 米倉斉加年 金城一紀 笛木優子 銀粉蝶 中尾明慶 本田翼 石黒賢 猫背椿 池田成志 坂井真紀 佐藤玲 鈴木伸之 原田佳奈 ファン・ゴッホ 中村吉衛門 ロバート・ハインデル 吉田都 川口和空(かわぐちわく) 山賀琴子 画狂老人 湛慶 康慶 正阿弥勝義 池田学 川口和空 寺田農 ラピュタ 徳間康快 狩野元信 野田秀樹 西村まさ彦 真矢ミキ 石川恋 橋本環奈 横山だいすけ 西尾まり 竹内涼真 中島ひろ子 アルチンボルド ラ・トゥール ジャコメッティ 山本茂美 あゝ野麦峠 川端龍子 竹内涼馬 ジョン・エヴァレット・ミレイ ロッセリーニ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 梅沢富美男 和田アキ子 道枝駿佑 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 獣人雪男 加藤晴彦 春風亭昇太 桂文枝 クリスティーズ 山口桂 吉田羊 雪村周継 ボス 本阿弥光悦 樂家 道入 長谷川利行 了入 カフェ・パウリスタ 曜変天目 卯花墻 稲葉天目 油滴天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 福田ゆみ 鈴木省吾 篠原篤 瑛蓮 平成館 鈴木亮平 坂口健太郎 平岡祐太 八木亜希子 無線七宝 有線七宝 東京都庭園美術館 シシド・カフカ 住田萌乃 ヤオ・アイニン 新井浩文 工藤阿須加 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー グイン・サーガ 栗本薫 リー・ウェイ リー・パオティエン 風間俊介 山田美紅羽 篠川桃音 緒形拳 秋吉久美子 新克利 柄本時生 小堺一機 野麦峠 女工哀史 志尊淳 ビリギャル 地井武男 森次晃嗣 山田涼介 川崎紘菜 新川優愛 篠井英介 佐野勇斗 稲垣来泉 岩田剛典 川津明日香 解体新書 秋田蘭画 佐竹署山 加賀丈史 青木崇高 向井潤吉 モディリアーニ デトロイト美術館 ファン・ゴッホ美術館 クレラ―・ミュラー美術館 ゴーギャン 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ バベルの塔 ボイマンス美術館 円空 長澤芦雪 戦争論 小林よしのり アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 伊藤修子 油滴天目茶碗 曜変天目茶碗 松林図屏風 立石鐡臣 奥村公延 石川進 大塚周男 今井悠貴 海の星 雲の糸 みかんの花 望郷 メッサーシュミット ハインケル スピットファイア― ポルト・リガトの聖母 佐々木心音 久松郁美 本多力 三田真央 光宗薫 やべきょうすけ 山本裕典 東京藝術大学 恵順 森田藻己 朝顔図屏風 真剣佑 村上虹郎 高畑裕太 片桐仁 松尾幸美 浅茅陽子 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 福山翔大 小室哲哉 細うで繁盛記 富士眞奈美 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 京都市美術館 福岡市美術館 黒島結菜 菊池風磨 小島梨里杏 小野塚勇人 滝沢沙織 赤間麻里子 林田悠作 ジュディ・オング 山田将之 鈴之助 妹尾青洸 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 紅白梅図屏風 ダ・ヴィンチ 銅鏡 拙宗等揚 ボッティチェリ 青木宗嵩 原菜乃華 橋田壽賀子 大和書房 石井ふく子 大空真弓 Amazon 再販制度 泰明画廊 府中市美術館 尾藤イサオ 松坂恵子 川栄李奈 小芝風花 マルシア 蘭寿とむ 徳井義美 黒木華 藤原さくら 倉光泰子 松田芹香 渡辺舞 シャーロット・ケイト・フォックス 加藤清史郎 東海道五十三次 太田記念美術館 保栄堂版 大友花恋 康すおん 田能村竹田 青木木米 浦上玉堂 池大雅 与謝蕪村 T45 成宮寛貴 デューラー メラン 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 エングレーヴィング ビュラン Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 目黒区美術館 高野野十郎 目黒川 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 和田三造 中村研一 安井曾太郎 佐伯祐三 北蓮造 岡本太郎 田村孝之介 安田靫彦 今野浩喜 野波麻帆 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 ティーチャ 千絵の海 富士三十六景 原安二郎 六十余州名所図会 坂上忍 誰が袖図屏風 エマオの晩餐 佐藤直紀 白石美帆 小西真奈美 暗花 釉裏紅 釉下彩 高浮彫 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 陳道明 チェン・ダオミン 妻への家路 高良健吾 伊藤歩 真飛聖 鎌田敏夫 品川徹 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 秋野暢子 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 天文学者 レンブラント 水差しを持つ女 高田彪我 象彦 西村彦兵衛 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 多岐川裕美 中島裕翔 平澤宏々路 サンダーバード 弓をひくヘラクレス ブールデル 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 立川談志 宮川大輔 田邊哲人 安本亀八 生人形 野見宿禰 松本喜三郎 当麻蹴速 谷汲観音像 聖プラクセディス 聖女 マグリット 植田正治 秋冬山水図 龍安寺方丈庭園 枯山水 カンディンスキー 抽象画 抽象芸術 小堀遠州 松岡茉優 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 ブルーレイ 再販売価格維持制度 CD DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 小林清親 歌麿 神奈川県立歴史博物館 写楽 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 伊豆の長八 入江長八 鏝絵 松崎町 川平慈英 葵わかな 神田沙也加 西内まりや 藤原道長 總持寺 冷泉家 西新井大師 投入堂 蔵王権現 三佛寺 山田望叶 馬場園梓 大原櫻子 市川由衣 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 山下リオ 蒔絵 貝桶 沈金 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 昭和史 半藤一利 種田陽平 クリスチャン・ベール 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 吉本美憂 田上唯 ディズニー 高畑勲 ピノキオ 松下洸平 黒川智花 警部マクロード 儒教 櫻井淳子 すぐやる課 内館牧子 中庸 桐原亮司 吉本美優 高杉真宙 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 相国寺 松に孔雀図 氷図 大乗寺 大瀑布図 大英博物館 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 スペル星人 遊星より愛をこめて 高橋二三 鈴木勝大 井原剛志 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 山西惇 水原希子 近藤芳正 郷ひろみ 三遠法 規矩の法 星月夜 大はしあたけの夕立 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 山口馬木也 藤井流星 歌川椎子 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 「PIECE OF MY 阿部サダオ WISH」 鈴木長吉 水晶置物 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シェル シューマッハ フェラーリ ジュリエッタ・マシーナ 佐野亜裕美 中村橋之助 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 紺野美沙子 NHKアーカイブス 吉俣良 清野とおる 椿かおり SAYUKI 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 島田久作 薄宏 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 高橋真唯 岩井堂聖子 村井良大 原田泰造 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 雪松図 松林図 篠原ゆき子 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 永島瑛子 織本順吉 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 不破万作 大滝秀治 狩野常信 狩野尚信 狩野探幽 乾山 狩野重信 仁清 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 陳坤 チェン・コン リウ・イエ ジュウ・シュン 劉燁 小さな中国のお針子 周迅 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 牧進 速水御舟 名樹散椿 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 上野の森美術館 ボストン美術館 東京国立近代美術館 下村観山 サン・バオ グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ モォ・イエン 霍建起 大林宣彦 転校生 はろるど 鹿島 アントラーズ 大宮政志 東京オリンピック お天気お姉さん シュールレアリズム ギララ 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR