FC2ブログ

『俺たちはみんな神さまだった』

★簡単な紹介

○初版
2017年12月20日

ベンヨ・マソ著
安家達也訳

未知谷刊


★評


1:
ロードレースの本は英語でかなり読み、イギリス人記者、フランス人記者の取材の徹底ぶりや勉強ぶりに何回も圧倒されましたが、
この本の関係者へのインタビューを含めた調査の完璧さは他に類を見たことありません(*_*)。

著者のマソの本職は社会学者だそうですが、
普段の仕事でやっている論文と同じ手間暇、精神力を掛けこの本を書いたのは間違いありません。

正確さを期する心構えは正に学者や研究者のものであり、良心の賜物です。

子母沢寛が永倉新八初め存命の新撰組組員や関係者にインタビューして書き上げた「新撰組始末記」に匹敵する力作です。


この様な良書を僅か数千円で読める喜びは人生の喜びであり、
内容は至上のものでありながらも、大して売り上げを期待出来ない本を出した未知谷には感謝の仕様がありません。
またこの良書を見つけた訳者初め関係者にもただただ感謝するだけです。


2:
この本が取り上げているのは、1948年のツール・ド・フランス

どんなレースだったかと言うと、
○第二次大戦後、2回目のツール。
○イタリアのバルタリが10年振りに優勝。
バルタリはピレネー2区間連勝、アルプスでは、何と、3区間連勝(*_*)。

、とこれ位は記憶に残ってました。

レキップが出した「ツール100年」の中の泥道のクロワ・ド・フェール峠を登るボベとバルタリの写真も覚えてます。

訳者はフランスチームの選手達の「自由奔放さ」を満喫した様ですが、
私CYPRESSには、バルタリ初め選手達の心の動きが興味深かった。
中でも驚いたのはツール終盤のバルタリの神経質とも言える心配振り。
全盛期のメルクスと同じ(*_*)。
神経質なのではなくあらゆる事態を考慮に入れているだけ。
「細大漏らさぬ心配性」はチャンピオンとして当然の心構えと改めて納得しました。


3:
しかし、
私CYPRESSにとって一番印象的だったのはレース自体ではなく、報道に関する事。

p.104から

それにもかかわらず、彼らがこのようなやり方で作り上げたイメージは決して完全なものではなかった。空想で補わざるを得ない隙間というものが常に残された。

(引用終わり)

色々本を読むと同じ事でも内容が少しづつ違うんです。
原因は、記事や本には字数制限があるんで筆者が取捨選択するためだけではない様です。

名著や定番と言われている物でも鵜呑みにしない冷静さが我等ファンにも必要なんですなぁ(溜め息)。

4:
この年のツール自体は大変スペクタルな展開でありながらも、
全編にわたりマソの筆が滑る事がないのも注目すべきでしょう。

一つの事象に対して報道陣は複数の解釈をしますが、真実は当事者しか分かりません。
レース後に選手達にインタビューしても色々な事情から真実を話しているとは限りません。
また締め切りなどから、選手達にインタビューし確認しているとも限りません。

この本は報道の「悪意皆無の誤報」に対する警戒心がとても強く、冷静さがあちこちから立ち上っています(^o^)。


5:
ただ、この良書がロードレース好きの万人向きかと言うと、ビミョー(笑)。

かなり「強い」本だからです。

私CYPRESSが最近好きな日本画で例えると、
伊藤若沖の「動植綵絵」や長谷川等伯の「松林図屏風」と同じ位「強い」。

私の様なビョーキ(笑)でない方は少しづつ読んだ方がいいです。
1ステージに3、4日掛けて読んだ方が心に負担が少ない。


6:
p.346 訳者のあとがきから

スポーツをただの刹那的な娯楽、その場限りの憂さ晴らしと考えるのではなく、一つの文化の流れと考えてみることは大切なことだと思う。

(引用終わり)

バルタリの母国イタリアではフェラーリデイをローマで行い、数々のレースカーが公道を走り多くのファンを楽しませています。
お台場でF1日本グランプリが開催される日は来るのでしょうか?

この良書がスポーツも文化の一つと日本人に気付かせる一助なると信じているのは、
私CYPRESSだけでしょうか?





タグ バルタリ ツール・ド・フランス
スポンサーサイト



テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

ヘミングウェイと自転車 その2

ヘミングウェイは自転車レースそのものを小説や短編に書いていませんが、
自転車レースを舞台にした短編は書いています。

ヘミングウェイ全短編1
われらの時代
男だけの世界

In Our Time
Men without Women

の中の

追い抜きレース

A Pursuit Race

新潮文庫版だと、p,421~p,429





タグ ヘミングウェイ







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村




自転車競技 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

ヘミングウェイと自転車

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway 1899年7月21日~1961年7月2日)は、
自転車のロードレースとトラックレースが好きだった。


1:
この事を知ったのは、30年程前の1986年、John Willcoksonが殆どの記事を書いたInside Cycling誌の創刊準備号の中。
この雑誌は本棚から行方不明になり詳細は不明ですが、覚えている事は;
○1920年頃、パリへ渡り魅力に嵌まった。
○小説、短編を書こうとしたが、自転車用語が仏語なので諦めた。

当時、インターネットは存在せず、またヘミングウェイの著作の多さから出典を調べる気にもなりませんでした(^_^;)。
それから20年程経ち2000年代、私もPCを漸く買いネットに接続。
そこで英語のサイトを色々見ると、ある自転車フォーラムにヘミングウェイからの引用があった(@_@)。

It is by riding a bicycle that you learn the contours of a country best,
since you have to sweat up the hills and coast down them.
Thus you remember them as they actually are,
while in a motor car only a high hill impresses you,
and you have no such accurate remembrance of country you have driven through as you gain by riding a bicycle.

Ernest Hemingway

どこかの国へ行った時、地形を知る一番いい方法は自転車に乗る事だ。
なぜなら、丘があれば汗をかきながら登らねばならず、下りは重力が引っ張ってくれる。
こうして地形を地形通りに覚える。
その一方で車では標高の高い丘しか印象に残らない。
自転車に乗った時の様な正確なその国の記憶は、車を運転した時には無理だ。
(拙訳)

この頃は自転車熱が冷めていたので、これを発見しただけで満足し、またしても出典を調べる気がしませんでした(^_^;)。

最近、ふと思い出し、調べると当然ながら直ぐに出元がわかりました。
ヘミングウェイの死後に編集された評論、書評、著名入り記事集でした。

By-Line:Ernest Hemingway Selcted Articles and Dispatches of Four Decades

Edited by William White

IV.World War II

BATTLE FOR PARIS

-Collier’s August 19.1944

p.364

三笠書房刊
ヘミングウェイ全集
第2巻
『狩と旅人友人たち』
これが日本語訳最初。


IV 第二次大戦

「パリ奪還の戦い」

p.318

からでした(^.^)。


2:
“The sun also rises”
『日はまた昇る』

新潮文庫版
p.432~p.435

→“トゥール・デュ・ペイ・バスク”、ボテッチア、“トゥール・ド・フランス”
なんてのが話題になっとります。

p.437

→『ロト(自動車)』誌
そう、フランスのスポーツ新聞。勿論ツールの事も載ってる。


3:
“The moveable feast”
『移動祝祭日』

「副業との訣別」
p.88~p.96

p.92の

>「競馬より面白いものって、どんなものがあるんだろう?」
>「自転車レースがあるじゃないか」

からトラックレースについて書かれます。


4:
“A farewell to arms”
『武器よさらば』
p.341

→ここは単に自転車について描写。

p.348

→ドイツ軍の自転車部隊が出てきます。


5:
参考にしたのは、

ヘミングウェイと自転車レース」

http://italiakaikan.jp/culture/publish/img/Corrente301.pdf


当然ですが、私など全く敵わない方です。
大変参考になりました。






タグ ヘミングウェイ






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村




自転車競技 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『The death of Marco Pantani』

マルコ・パンターニの伝記。
著者は何回も参考文献に出て来る『Official Tour de France centennial 1903-2003』の英語訳を編集したマット・レンドール(Matt Rendell)。

1:
実に詳細に調べてある本です。
パンターニの本を読むのはこれで二冊目ですが、この本以降新たなパンターニ本を読む気を無くしました。
それ位詳しく調べてあります。
熱意、好奇心、探求心、行動力、徹底的にやる気質、日本人自転車記者に無い美徳を備えた人物であるのがよく分かります。

例えば、パンターニの生涯最初のロードレースの勝利だけでなく、
(→チェゼーナのヌオヴァ・カセ・カスタニョーリ・スポルト(Nuova Case Castagnoli Sport)主催のレース、1984年4月22日)
初めてTV放送に映ったと思われるレースまで調べています。
(→1987年7月7日フォルリ・モンテコロナロ(Forli-Montecoronaro)のヒルクライム、ジュニアカテゴリー)

更に驚きが、1995年10月11日、ミラノ~トリノでコースに進入して来た日産パトロール743と正面衝突し脛骨を複雑骨折。
この時、交通規制を巧く出来なかった警察の無線交信の写しが載っています(@_@)。

2:
パンターニファンは少なくないと思いますが、ファンの方々はパンターニの事をどう思っているのでしょう?
最後はコケインの過剰摂取で死んだ悲劇のヒーローでしょうか?

本書によるとパンターニのヘマトクリットの基準値は43.1%。
人間での値の変動は10%。
パンターニの場合最大でも47.1%。
ところが、1998年7月に49.2%、1999年7月には53%になっています。

私の掛かり付け医は第一線を退いた心臓外科医で血管心臓学会とか何とか言う所の認定医で血液と心臓の専門家。
認定番号が二桁だそうで、まぁ、じーさん先生です(笑)。

(因みに東大の教授陣はこの認定医の資格が無い先生が多いそうで、バイパス手術とか出来ないんだとか。
臨床医でなく研究家が多いんです)

その先生に本書P.288のパンターニのヘマトクリット値の二つのグラフを見て説明してもらったところ、
「こんなに変わるのは、高地トレーニングか腎臓障害が無いと起こらん。自然には起きない。変わるとしたらエリスロポエチンを使っている。」
と本書に書いてある事と一致。

当時エリスロポエチン(=EPO(=erythropoietin))は禁止薬物ではありませんでした。

倫理、道徳の問題です。
Wikiの日本語のページを見ると「走る哲学者」と黒いウィットで書いてありますな(笑)。
(参考→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B )


こんな訳で、個人的には、パンターニはアームストロングと並び大嘘吐きであり、ロードレース界の面汚しだと思ってます。

(では、アンクティルは?
残念ながら検査すべき血液が残ってない様です(笑))

3:
実に興味深い本です。
英語に自信が有る方、お勧めします。
2006年の本ですが、まだ日本のAmazonでも購入可。安いヨ。



タグ パンターニ アームストロング EPO Matt Rendell エリスロポエチン



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『The official Tour de France centennial 1903-2003』

1:
L’equipeが出した100 ans de Tour de Fraceの英語訳。
私のロードレースの記事でよく引用したり参考にしている本です。
10年前ツール100周年で出した本ですが、未だにAmazonの日英米仏加に中古が有りますな。
フランスのAmazonには、原著のフランス語版が有ります。
日本のAmazonに出てる英語訳は英か米の古本屋が出品してるヤツですが。

良く見ると記録に間違いが多いのですが、それでも非常に素晴らしい本です。
なぜ?
当時のロト紙(L’auto)やレキップ紙(L’equipe)から引用されている記事が全て一時資料だからです。
つまり、有名どころではピエール・シャニー(Pierre Chany)を筆頭に実際にレースを見た記者が書いた記事しか載ってないのです。
「!」です。
それを日本語では無理ですが、ちょっと無理すれば読める英語で読める!

アームストロングを筆頭にロードレースの醜さを含めロードレースを愛している方にお勧めします。
上記の「!」と同じ思いがある方は絶対手に入れた方が宜しい。

こういう本で英語を勉強すると楽しいですゾ。

2:
ところで私の場合、2003年に新宿の紀伊国屋で買ったんですが、¥7,250+消費税。
次に入った時は¥1,000程安かった(?_?)。
その次に入った時は、ペーパーバックになり、何と、\4,000台だった(@_@)。

何なんでしょう、これ(涙)。



タグ ツール・ド・フランス ピエール・シャニー ロト レキップ



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『KELLY』

David Walsh著
HARRAP刊
1986年発行
ISBN 0 245-54331-7

素晴らしい本です。
題名と発行年から分かる通り1985年迄のショーン・ケリーの伝記です。

さて、英米のロードレースジャーナリズムについて、日本の一般のロードレースファンはどう思ってるでしょう?
私の場合、英語の勉強のために1982年から数年間、日本の英字新聞を読んでいて、
後年レモンの伝記を書くサミュエル・アプト(Samuel Abt)の署名入り記事も読んでいました。
その頃はまだ、ケネディ兄弟社から毎年出ていたツールとジロの記録位しか読んだことなく、別に印象を受けませんでした。
アメリカのロード選手はジョナサン・ボイヤー、グレッグ・レモン、エリック・ハイデン位しかいなくて、まぁ記者の方も日本並に大したことないだろうと思ってました。

そんな、先入観を吹き飛ばしたのが、この『KELLY』です。
筆者は後に『L.A confidetial』を書くデヴィッド・ウォルシュ(David Walsh)。
そしてこの本以降読んだアメリカ人とイギリス人記者の書いた本は質が高いものばかりで、毎回の様に息を飲むのであります。

ロードレースの世界で日本がアメリカに勝ってるのは、島野だけです(涙)。

残念ながらのこの本は現在絶版になっていて、日本のAmazonには当然ながら無くアメリカやイギリスのAmazonにも中古本さえ出ていません。

では著作権法に引っかからない程度に内容を紹介します。

1:
「ケリーはオリンピックに永久に出場できない。」
1975年、南アフリカはアパルトハイトを実施していて、そこで行われるスポーツ大会にアマチュア選手が参加する事をIOCとUCIは禁止していました。
しかしながら、その年の秋、ラポート・ツァー(Raport Tour)にイギリスの「マム・フォー・マン」(Mum for Men)チームのメンバーとして、

スコットランドの
ジョン・カラン(John Curran)、
ヘンリー・ウィルブラハム(Henry Wilbraham)、

アイルランドの
パット・マクウェイド(Pat McQuaid)

→あの現UCI会長

キエロン・マクウェイド(Kieron McQusid)
ショーン・ケリー(Sean Kelly)

が参加。
どうやって?
偽名を使って。
なぜバレた?
この年、エリザベス・テーラーとリチャード・バートン夫妻が2回目の新婚旅行の地に南アフリカを選択。
イギリスのデイリー・メイル紙に記事を送っていたジョン・ハーデゲン(John Hartdegen)は、
ラポート・ツァーで好成績を収めていたイギリス人選手とこの夫妻を一緒に写真に撮ろうとしました。
オウツフルーン(Oudtshoorn)へゴールする区間でこの写真を撮りたいとMfMチームのトミー・シャードゥロウ(Tommy Shardelow)監督に頼むと、
「駄目」。
ハーデゲンは疑問に思い独自に調査し、解明。
この件の記事を書き、デイリー・メイル紙は1975年10月16日に一面全面を使い発表。

その結果は、容易に想像可。

…へ~、こんな事があったんだぁ。


2:
1978年、ケリーはフランドリアチーム(Flandria)に所属していました。
私と同年代を過ごした方は「自転車競技マガジン」にフランドリアのジャージを着た新人ケリーの写真が載ったのを覚えていると思います。

そして「1978年」と言う年が仄めかす様に、そう、ツールに走りラルプデュエにいました。
ドーピング検査で他人の尿を使って誤魔化しバレたミッシェル・ポランティエ(Michel Pollentier)もフランドリアでした。

その事件の夜の事も書いてあります。


3:
この本の貢献度の一番大きいものは、特にアメリカに関しては、間違い無くツール後のクリテリウムの実態を紹介した事でしょう。
この本が出た1986年当時、アメリカのロードレース専門誌は”Winning”しか無く、記事はレースの記録が殆どでした。

フランスの「ミロワール・ド・シクリスム」誌や年鑑の「アネ・ド・シクリスム」は定期的に入荷してはいたものの、仏語の知識皆無の私には
英語からロードレースの知識を仕入れていたので、ツールが終わった後のクリテリウムは賞金金額が高く選手の大事な収入源程度の知識しか有りませんでした。

この本に書いてあるのは、こんな事

八月中、招待された西側ヨーロッパ各地を転戦。
一晩で数百キロから1000キロの移動。
優勝賞金は500ポンド。
フランスのクリテリウムだと、距離は100㎞程。
有力選手には参加料数千ポンドを支給。

ケリーのある週は、
水曜日、金曜日、土曜日にレース
移動は全て車、ほぼケリーが運転。距離3,500㎞
収入約6,000ポンド

…かなりの辛さ。疲れる仕事なのは明白。


4:
1985年のクレテイユ~シャヴィユ(Creteil-Chaville)とロンバルディア一周(Giro di Lombardia)。

日本人でプロロード選手になった人は何人かいますが、この様なクラシックレースの偉大なレースやグランツールの先頭集団で競った日本人は一人もいません。
また、サッカーのプロリーグが始まり世界レベルへ挑戦出来る環境が整った2013年現在、間違いなく運動能力が優れた日本人はロードレースなどやるはずなく、
未来永劫に世界一位を争うロードレースの先頭集団で戦う選手は出て来ません。

つまり、この様な世界最高の集団の中で何が行われているか語れる日本人は永久に現れません(溜息)。

凄い事が行われています。
内容はこの本の「キモ」なので、自分で読んで下さい(爆)。



タグ ケリー KELLY マクウェイド McQuaid クリテリウム デヴィッド・ウォルシュ David Walsh ドーピング アパルトハイト


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

『ツール・ド・フランス 100回 グレートヒストリー ~祭りの日々~』その1

1:
“La Grand Histoire du Tour de France Jours de tete”の日本語訳
ツール100回目を記念に出したツールの歴史書。
2013年2月22日(金)発行
八重洲出版刊 
ヤエスメディアムック387
\3,500+消費税

著者
フランソワーズ・ラジェ
セルジュ・ラジェ
フィリップ・カザバン
ジル・モンジェルモン

序文
ジャンマリー・ルブラン

日本語訳
宮本あさか

2:
画期的な本です。
ツールを実際に数十年取材した記者がまとめたツールの歴史書。
自転車ロードレースに関するこんな偉大な本が史上初めて日本で出版されました。

しかし、

間違いなくこんな本に日本人は興味が無く、売れません。
サイクルスポーツ誌を出版してる八重洲出版だから出したんでしょうが、この本に関しては間違い無く赤字、売れ残り、在庫の山。

売れるんだったら、10年前ツール100周年の時にレキップが出したツール100年の歴史の本の日本語訳を出したはずです。

オマケに\3,500+消費税というお値段。
ペーパーバックでこの値段は、買うのを躊躇するでしょう。
私はちと、悩みました。
こういう偉大な本は厚くて硬い表紙が付いた本にして耐久性を高めて欲しい。

3:
さて、まだ拾い読みしただけですが、やはり内容は日本人の自転車記者には書けない素晴らしい内容。
その一例を紹介。

3-1:
マイヨージョーヌを総合1位の選手に与えるようになったのは、1919年。
最初に着たのは、フランス人のウジェーヌ・クリストフ。
7月19日(土)第11区間、グルノーブル~ジュネーヴ区間のスタート時に着ました。

そして、史上初めてマイヨージョーヌを着た選手がカラーで印刷物に載ったのが、
“La Vie au Grand Air”誌。

…、とここまではジャン=ポール・オリビエの”Le Maillot Jaune”の英語訳に書いてあって知っていましたが、
それがどんな物かは、全く分かりませんでした。
それが、この本には、その”La Vie au Gramd Air”誌の表紙がp,87に転載されています。



ビックリしました。
息を飲む素晴らしさです。
私が持っている本では、この表紙が転載されている本は有りません(溜息)。
著者達の細大漏らさず伝えようとする熱い情熱と冷静な注意力に圧倒されました。

「神々は細部に宿る」の典型です。
この小さな転載された写真でこの本の偉大さが分かります。

この本を買う事を決めたのも、この小さな写真のためです。

4:
それでも、この偉大な本にも間違いが有ります。

p,262の上の写真の説明文

>1977年―観客から殴られた? それとも邪魔された?
とにかく、メルクスはやられた

→正しくは、「1975年」です。

5:
大ウソつきのランス・アームストロング、参加チームと選手に1ユーロも放送権料を支払わないツール主催者のASO、
こんなものを含めて自転車のロードレースを愛してる方、

ロードレースの深さを覗いてみたい方、

こういう方にはお勧めします。



タグ ツール・ド・フランス 


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村


テーマ : 自転車ロードレース
ジャンル : スポーツ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
12位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

長塚京三 内野聖陽 松下由樹 団時朗 伊藤英明 萩原聖人 ムロツヨシ 水谷豊 上白石萌音 羽田美智子 斎藤暁 伊東四朗 松村邦洋 森口瑤子 宇津井健 高田純次 富澤たけし 高橋英樹 浅香航大 浅利陽介 藤井隆 大谷亮平 星野源 須藤理沙 堀井新太 高橋メアリージュン 市村正親 高畑充希 竜星涼 西岡徳馬 岡山天音 新田真剣佑 波留 中川大志 小木博明 桜井ユキ 夏樹陽子 滝沢カレン 丸山智己 白洲迅 奥田瑛二 寺田心 松本まりか 奥田英二 舟屋 伊根町 天橋立 エドガー カノン 威風堂々 シャルリー・バン・ダム 無伴奏「シャコンヌ」 仙厓 パッフェルベル 中園ミホ 甲本雅裕 南野陽子 梶原善 矢柴俊博 田中美奈子 上川隆也 今田美桜 津嘉山種正 正倉院 アンリ・ルソー ブリューゲル ロイスダール ヴェラスケス ベンガル ポカリスエット 本田博太郎 放射能X ジュディ・バウカー ローレンス・オリヴィエ ルノワール セザンヌ マネ 浅香友紀 鹿嶋ゆかり 田中幸太朗 水野ゆかり 三浦しをん 吉岡里帆 麻生久美子 江口のりこ 角田晃広 ベッキー 重岡大毅 柳葉敏郎 長次郎 加藤唐九郎  仲條友彪 鳥羽潤 戸田菜穂 萩原健一 松井愛莉 MEGUMI 宮沢氷魚 瀬戸利樹 岸田劉生 窪塚俊介 圓山応挙 森田望智 和久井映見 シン・ゴジラ 相葉雅紀 宮澤崇史 雪舟等楊 伊藤紗莉 桐山漣 岡崎体育 のん 眞島秀和 私を旅館に連れてって 金田明夫 辺見えみり マイケル・クレイグ クリムト エゴン・シーレ 中条あやみ 鈴木紗理奈 瀬戸康史 中越典子 中村靖日 近藤公園 瀧川英次 織田梨沙 中山美穂 小手伸也 東出昌大 北村一輝 久保田紗友 唐田えりか リー・ヴァン・クリーフ 松山ケンイチ 満島真之介 山崎育三郎 斎藤工 山田純大 向井康二 山崎豊子 仲代達矢 高倉健 新田次郎 木村大作 八甲田山 三國連太郎 狩野永徳 久隅守景 武野功 燕子花図 財前直見 モンキー・パンチ 淀川長治 二谷英明 火災旋風 庵野秀明 東寺 運慶 ディーン・フジオカ 吉田博 小原古邨 伊藤久哉 安西郷子 千田是也 池部良 角野卓造 水野はるか 岡田結実 戸塚純貴 玉田志織 中川知香 城田優 青木さやか 関沢新一 福田純 土屋太鳳 堺左千夫 田島義文 今井朋彦 水野友加里 前田美波里 新藤英太郎 花沢徳衛 大河内傳次郎 千葉真一 江原真二郎 牧冬彦 渡瀬恒彦 小川知子 大友柳太郎 金子信雄 松方弘樹 藤木悠 瀬戸朝香 小田野直武 詩経 緒方直人 藤田まこと 石田禮介 岡田建史 粗にして野だが卑ではない 菊地凛子 ブタネコ ルーベンス ムンク  手塚勝巳 香山滋 山本廉 鈴木豊明 三條美紀 紀比呂子 イーデス・ハンソン 大村崑 浜美枝 ヘドラ 横山歩 井之脇海 横溝菜帆 菅田将暉 石井杏奈 八木莉可子 ヘビーデューティーの本 仁村紗和 塚本晋也 木下ほうか 箭内夢菜 高橋源一郎 般若 龍居由佳里 キングギドラ 中尾彬 上田耕一 高橋メアリージェン 松平不昧 小島漆壺斎 狩野伊川院栄信 禾目天目 油滴白覆輪天目 不染鉄 曽我蕭白 幸阿弥長重 尾形乾山 上村松園 鏑木清方 50周年 アルマンド・トロヴァヨーリ マルコ・ヴィカリオ 刑務所のリタ・ヘイワース 東出雅大 水田伸生 俵屋宗達 土曜スペシャル ルドン 石原さとみ 木場勝巳 橋本真美 ウォークマン 二十八部衆 仁和寺 道明寺 葛井寺 大阪府藤井寺市 芳根京子 薬師丸ひろ子 次屋尚 悲しい酒 美空ひばり 天童よしみ ジューン・アリスン ジョン・ウェイン ジェームズ・スチュワート ゲド戦記 手塚とおる 原田美枝子 波瑠 シャガール 歌川国芳 花澤香菜 入野自由 メガギラス デストロイア バルタリ 北斎 F-14 光村利藻 メカゴジラ 間宮祥太郎 歌川広重 草剪剛 吉田美奈子 頬に夜の灯 ヘミングウェイ 本の運命 井上ひさし 間宮祥太朗 蛭子能収 佐伯日菜子 島崎遥香 三宅弘城 米倉斉加年 中尾明慶 金城一紀 相築あきこ 銀粉蝶 石黒賢 本田翼 笛木優子 猫背椿 坂井真紀 池田成志 佐藤玲 鈴木伸之 原田佳奈 ファン・ゴッホ 中村吉衛門 吉田都 ロバート・ハインデル 川口和空(かわぐちわく) 山賀琴子 画狂老人 湛慶 康慶 正阿弥勝義 池田学 川口和空 寺田農 徳間康快 ラピュタ 狩野元信 西村まさ彦 野田秀樹 滝藤賢一 真矢ミキ 橋本環奈 石川恋 清原翔 横山だいすけ 西尾まり 中島ひろ子 竹内涼真 ラ・トゥール アルチンボルド ジャコメッティ 山本茂美 あゝ野麦峠 皆川妙子 川端龍子 竹内涼馬 ロッセリーニ ジョン・エヴァレット・ミレイ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 和田アキ子 梅沢富美男 市原隼人 道枝駿佑 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 獣人雪男 桂文枝 加藤晴彦 春風亭昇太 山口桂 クリスティーズ 吉田羊 ボス 雪村周継 本阿弥光悦 道入 了入 カフェ・パウリスタ 長谷川利行 樂家 卯花墻 曜変天目 稲葉天目 油滴天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 スラヴ叙事詩 ミュシャ 瑛蓮 篠原篤 鈴木省吾 福田ゆみ 平成館 坂口健太郎 鈴木亮平 平岡祐太 八木亜希子 松たか子 東京都庭園美術館 有線七宝 無線七宝 シシド・カフカ 住田萌乃 ヤオ・アイニン 渡辺大 工藤阿須加 新井浩文 キムラ緑子 大島蓉子 Mummy-D 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー 栗本薫 グイン・サーガ 神保悟志 リー・パオティエン リー・ウェイ 篠川桃音 山田美紅羽 風間俊介 秋吉久美子 新克利 緒形拳 田中要次 柄本時生 小堺一機 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 地井武男 山田涼介 川崎紘菜 篠井英介 新川優愛 稲垣来泉 川津明日香 岩田剛典 佐野勇斗 津田寛治 佐竹署山 解体新書 秋田蘭画 加賀丈史 青木崇高 モネ モディリアーニ デトロイト美術館 向井潤吉 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 円空 長澤芦雪 小林よしのり アメリカン・スナイパー 戦争論 続・タイム・トラベラー 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 伊藤修子 松林図屏風 曜変天目茶碗 油滴天目茶碗 立石鐡臣 奥村公延 石川進 大塚周男 今井悠貴 みかんの花 雲の糸 海の星 望郷 ハインケル スピットファイア― メッサーシュミット 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 三田真央 光宗薫 佐々木心音 やべきょうすけ 久松郁美 本多力 中村倫也 山本裕典 東京藝術大学 森田藻己 恵順 朝顔図屏風 村上虹郎 真剣佑 高畑裕太 松尾幸美 片桐仁 浅茅陽子 時計じかけのオレンジ 福山翔大 ルドヴィコ療法 小室哲哉 富士眞奈美 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 福岡市美術館 京都市美術館 ダリ展 黒島結菜 菊池風磨 小野塚勇人 小島梨里杏 林田悠作 赤間麻里子 滝沢沙織 ジュディ・オング 妹尾青洸 鈴之助 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 紅白梅図屏風 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 銅鏡 ダ・ヴィンチ 拙宗等揚 ボッティチェリ 青木宗嵩 原菜乃華 橋田壽賀子 大空真弓 石井ふく子 大和書房 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 尾藤イサオ 川栄李奈 松坂恵子 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 藤原さくら 倉光泰子 松田芹香 渡辺舞 加藤清史郎 シャーロット・ケイト・フォックス 太田記念美術館 東海道五十三次 保栄堂版 由紀さおり 大友花恋 康すおん 池大雅 田能村竹田 青木木米 与謝蕪村 浦上玉堂 T45 成宮寛貴 ビュラン 柄澤齊 町田市立国際版画美術館 エングレーヴィング デューラー メラン Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 目黒川 高野野十郎 目黒区美術館 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 中村研一 和田三造 北蓮造 田村孝之介 岡本太郎 佐伯祐三 安田靫彦 安井曾太郎 野波麻帆 今野浩喜 夏秋草図屏風 舟橋蒔絵硯箱 ティーチャ 千絵の海 六十余州名所図会 富士三十六景 原安二郎 坂上忍 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 白石美帆 小西真奈美 佐藤直紀 釉下彩 釉裏紅 高浮彫 暗花 松尾スズキ 大人計画 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 陳道明 チェン・ダオミン 高良健吾 森川葵 真飛聖 伊藤歩 鎌田敏夫 品川徹 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 レンブラント 水差しを持つ女 天文学者 高田彪我 西村彦兵衛 象彦 山形勲 川崎敬三 バイラス 平岳大 中島裕翔 多岐川裕美 平澤宏々路 サンダーバード 木皿泉 弓をひくヘラクレス 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 中村勘九郎 宮川大輔 立川談志 田邊哲人 谷汲観音像 安本亀八 松本喜三郎 当麻蹴速 生人形 野見宿禰 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 枯山水 龍安寺方丈庭園 秋冬山水図 抽象画 小堀遠州 カンディンスキー 抽象芸術 松岡茉優 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 CD ブルーレイ 再販売価格維持制度 DVD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 神奈川県立歴史博物館 写楽 歌麿 五姓田義松 小林清親 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 華氏451度 図書館戦争 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 入江長八 松崎町 鏝絵 伊豆の長八 川平慈英 神田沙也加 葵わかな 内山理名 西内まりや 西新井大師 投入堂 總持寺 藤原道長 三佛寺 冷泉家 蔵王権現 山田望叶 馬場園梓 大原櫻子 太賀 市川由衣 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 山下リオ 蒔絵 沈金 貝桶 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 半藤一利 昭和史 種田陽平 クリスチャン・ベール 武士道 新渡戸稲造 大友加恋 円谷プロ 石田登星 吉本美憂 田上唯 ピノキオ ディズニー 高畑勲 黒川智花 松下洸平 警部マクロード 櫻井淳子 内館牧子 宮地雅子 中庸 すぐやる課 儒教 高杉真宙 吉本美優 桐原亮司 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 氷図 大瀑布図 松に孔雀図 大乗寺 大英博物館 相国寺 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 鈴木勝大 井原剛志 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 石田えり 金すんら 中野裕太 池津祥子 山西惇 水原希子 近藤芳正 郷ひろみ 三遠法 規矩の法 星月夜 大はしあたけの夕立 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 藤井流星 歌川椎子 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 東福寺本坊庭園 菊地成孔 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ 阿部サダオ WISH」 「PIECE OF MY 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 NUDE SUMMER 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ フェラーリ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東山紀之 橋部敦子 零士 夜王 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 紺野美沙子 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 吉俣良 清野とおる 椿かおり SAYUKI 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 島田久作 薄宏 狩野永祥 小林正寛 岡本信人 村井良大 原田泰造 岩井堂聖子 高橋真唯 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 安藤玉恵 不破万作 大滝秀治 古谷一行 狩野常信 乾山 狩野尚信 狩野探幽 狩野重信 仁清 児童虐待 広島の少年少女のうったえ 原爆の子 宇野祥平 荒谷清水 古畑星夏 小さな中国のお針子 陳坤 周迅 劉燁 ジュウ・シュン リウ・イエ チェン・コン 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 牧進 名樹散椿 速水御舟 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 ボストン美術館 上野の森美術館 下村観山 東京国立近代美術館 モォ・イエン 故郷の香り グオ・シャオドン リー・ジア フォ・ジェンチイ サン・バオ 霍建起 莫言 大林宣彦 転校生 大谷亮介 筒井真理子 はろるど アントラーズ 鹿島 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 西山潤 田辺修斗 石井トミコ 上原陸 研ナオコ 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 徳井優 石橋蓮司 広島平和記念資料館 中国新聞 被爆再現人形 平和データベース 原爆の絵 広島平和資料館 オルセー美術館 なごり雪 イルカ 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR