FC2ブログ

『太陽への脱出』

★簡単な紹介

○公開
1963年

○上映時間
1時間50分

○スタッフ
企画:高木雅行、林本博佳
脚本:山田信夫、山崎巌
演出:舛田利雄
撮影:山崎善弘
照明:藤林甲
美術:松山崇
特殊技術:金田啓治
音楽:伊部晴美

○出演
石原裕次郎………速水志郎
岩崎加根子………楊愛蓮
二谷英明…………佐伯正平
殿山泰司…………松浦利明
田中明夫…………呉山
南田洋子…………杉浦秋子
高品格……………ダンロム警部
宇野重吉…………社会部デスク
内藤武敏…………野党議員




★評


1:
つまらん映画だなぁ…(溜息)。
単に冗長、ダラダラと引き延ばしてるだけ(溜息)。
映画全盛期終盤に作られたのにこの程度の出来とは、絶望的状態(溜息)。
これではアクション映画でハリウッドに永遠に勝てないよなぁ(溜息)。


2:
この映画を知ったのは、
『MGCをつくった男 総括編』と『世界映画・拳銃大図鑑 小林弘隆ベストワーク集』に出ていたから。
日活からモデルガンメーカーのMGCにP08とトンプソン・サブマシンガンの製作を依頼したとか。

これらの本によると、両方とも撃つと空薬きょうが排莢されとか。

その通り、本当に、ちゃんと排莢された(@_@)。
5秒くらいのカットが3回。

P08のトグルの動きが遅すぎますが、これは、凄い、良くやった(^^♪

当時は両方共モデルガンさえ無かったから、ほぼ手作りじゃなかったんじゃないでしょうか?
現在の目で見ると形のおかしさが目につきますが、それなりの形にはなっていますし、
撃つと空薬きょうがちゃんと排莢されるのには、私の様な銃ヲタクには、ただただ驚きでした(^^♪。

当時の日活アクション映画に出て来るピストルは「日活コルト」と言う銃口から火が出るだけの物でしたからね。


3:
亡くなられた淀川長治さんが、
「映画の中に何か一つでもいいものがあれが、それはいい映画」
と言ってました。
まぁ、この映画もいい映画と認めにゃいけません。






タグ 二谷英明 石原裕次郎 淀川長治






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






映画ランキング



人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『図書館戦争 映画版のテレビ特別編集版』

○放送
2015年10月4日(日)
午後9:00~10:54
TBS系


1:
何か、これも詰め込み過ぎて自滅(溜息)。

検閲とそれへの抵抗。

恋物語。

新人の成長物語。

やたらとある銃撃戦。

つまらなくなる要素のてんこ盛り(溜息)。


2:
図書館、本、検閲、焚書、と言えば、
ブラッドベリーの『華氏451度』。

本を燃やすと言えば”fire man”=「焚書官」で、
これも正に『華氏451度』。


3:
新しいものと言えば、話をつまらなくさせるもののてんこ盛り位。
と言う訳で、全然面白くなかった(溜息)。



タグ 図書館戦争 華氏451度



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『弾痕』

★簡単な紹介

○公開
1969年9月10日

○上映時間
1時間34分

○スタッフ
脚本:永原秀一
演出:森谷司郎
撮影:斉藤孝雄
照明:小島正七
美術:村木与四郎
音楽:武満徹
プロデューサー:貝山知弘

○出演
加山雄三…………………滝村憲
太地喜和子………………有村沙織
佐藤慶……………………三宅
岡田英次…………………ジョージ・北林
立花マリ…………………久野薫
納谷悟朗…………………渡海
小沢忠臣…………………野瀬
岸田森……………………楊
ロルフ・ジェサップ……コムルスキー
アンディ・シームズ……トニー・ローズ
田中浩……………………阿洪



★評

『狙撃』が好評だったんで続いて作られた東宝のアクション物。


1:
つまらん。
銃は『狙撃』に続き、工夫してるけどね。

ヒロイン有村沙織を演じた太地喜和子は、悪くないね。
杉村春子が可愛がっていただけの事はあります。



タグ 加山雄三 岸田森 太地喜和子 杉村春子



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村




映画(全般) ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『誰も知らない』

★簡単な紹介

○公開
2004年8月7日

○上映時間
2時間21分

○スタッフ
脚本:是枝裕和
演出:是枝裕和
撮影:山崎裕
美術:磯見俊裕
音楽ゴンチチ
制作:テレビマンユニオン
プロデューサー:是枝裕和

○出演
柳楽優弥(福島明)
北浦愛(福島京子)
木村飛影(福島茂)
清水萌々子(福島ゆき)
韓英恵(水口沙希)
YOU(福島けい子)
串田和美(吉永忠志、大家)
岡元夕紀子(吉永英理子、大家の妻)
平泉成(中延司、コンビニの店長)
加瀬亮(広山潤、コンビニ店員)
タテタカコ(宮嶋さなえ、コンビニの店員)
木村祐一(杉原、タクシーの運転手)
遠藤憲一(京橋、パチンコ屋の店員)
寺島進(少年野球の監督)



★評

1:
“Pain is a fact of life”

実に退屈な映画。
誤解して欲しくないですが、駄作ではありません。
単なる日常生活を描いているからです。

普段の生活なんて、自分の生活を振り返れば分かる通り、波風立たないもんです。
毎日が興奮に満ちた生活なんて、何かしら生命を脅かされている証明ですから、御免蒙りたい。

しかし、苦痛も不幸も人生の中の事実の一つに過ぎないのも、これまた真実で避けられないもの。

そして人間はどんな物事にも慣れるものですから、苦痛にも慣れ、苦痛に満ちた生活にも退屈を感じるようになります。

この映画の中の福島四兄弟姉妹は、徐々に迫るためか、貧困に対し決して感情的になることがありません。
淡々と毎日を過ごして行くのみ。
誰も文句を言いません。
電気を切られても、
「あ、お兄ちゃん、電気が点かない」
で終わり。

貧困、不幸、餓死の恐怖、こんなものも洗濯や歯磨きやお風呂となんら変わりがない人生の一コマにすぎません。

まさに英語の
“Pain is a fact of life”
です。


2:
幼い兄弟が死んだ弟や妹を葬るのは、『火垂るの墓』を初め、つい60年前迄はそれ程珍しくなかった事。
第二次大戦で何人の方が幼い手で妹や弟のために墓を掘ったことか…


3:
「明るさ」と「たくましさ」

DVDのオマケの演出ノートに

>これは登場人物を演じてくれた子供たちの力の追うところが大きいのだが、
この“明るさ”、“たくましさ”が捨てられたこどもの時間と空間を、
ある種の逆ユートピアとして浮上させたように思う。

と是枝監督が書いてますが、正にその通り。

悲惨さをいい意味で完全に消し去っています。
正に”Pain is a fact of life”です。

続けて

>そのことによって、この子供達が単純な犠牲者としてとらえらてることを、
彼ら自身が拒絶するという逆転が起きたのだと思う。
これは全くの予想外の出来事だった。

この「全くの予想外」というのは、ちと怪しい。
半分位は意図していたような気がします。
それがハッキリ分かるのが、家賃を払えなくなった福島兄弟姉妹に水口沙希(韓英恵)が
出会い系サイトでオヤジを捉まえカラオケで一稼ぎするけど、長男明(柳楽優弥)がその金を受け取らない場面。
子供に純真さ、「明るさ」、「たくましさ」以外の何物でもありません。

そしてこの「明るさ」と「たくましさ」は母親福島けい子(YOU)から来ているように思え仕方ありません。
何回も男にフラれ子供を押し付けられても男を求め続けるのもけい子の「たくましさ」。

そして育児を放棄する事もけい子にとっては大した事ではなく、それもけい子の「明るさ」でしょう。
長男明が何とか家事をやってくれてるし、新しい男と何とか巧く行けば子供達を迎えに来ようとしてたのではないでしょうか?
実際には貧困に陥ってたので決して見逃す訳には行きませんが。


4:
地味な死

そして不幸と死は決して賑やかに人の上に降りかかるものではなく、
密やかに、静かに、地味に、他の出来事と同じ様にやって来ます。
だから、末っ子ゆき(清水萌々子)の死の描き方は大変いい。

5:
独立

ゆきを明と埋めに行くのが沙希。
演出ノートを読むと是枝監督はなぜ沙希にしたのか、よく分からなかった様です。
ゆきが震える明の手を抑えるカットを観ると、明が他人に弱さを見せ、他人からの慰めを初めて受け入れたと捉えられます。
自分の弱さを認め他人の力が必要なのも認めたとも、解釈出来ます。
それが母親ではなく、ゆきである事。
親離れ、独立です。
この点は沙希の関しても同様。

深夜にゆきを埋め、夜明けを沙希と迎えた明。
希望への第一歩以外の何物でしょうか?
張藝謀(チャン・イーモウ)の
『至福のとき』(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-421.html )

『キープ・クール』(参考→ http://cypresshushizen.blog.fc2.com/blog-entry-440.html )
風の終わり方。

後味いい終わり方なのは、このため。


6:
素晴らしい子役達

福島四兄弟姉妹を演じた
柳楽優弥
北浦愛
杉浦飛景
清水萌々子

水口沙希を演じた
韓英恵

全員溜息が出る巧さ。
素晴らしい。


7:
母親けい子を演じたYOUも悪くありません。



タグ 誰も知らない 是枝裕和 YOU 柳楽優弥 北浦愛 杉浦飛景 清水萌々子 韓英恵 ゴンチチ


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『冷たい熱帯魚』

★簡単な紹介

○公開
2011年1月29日

○上映時間
2時間26分

○スタッフ
脚本:園子温、高橋ヨシキ
演出:園子温
撮影:木村信也
照明:尾下栄治
音楽:原田智英
プロデューサー:千葉善紀、木村俊樹

○出演
吹越満(社本信行)
でんでん(村田幸雄)
黒沢あすか(村田愛子)
神楽坂恵(社本妙子)
梶原ひかり(社本美津子)
渡辺哲(筒井高康)


★評

1:
こりゃ、凄いゼ。

血塗れ映画、文字通りの血塗れ映画ですから、万人向けではないし、その点を理解出来る人にだけしか勧められない映画。

2:
ここまで趣味悪く作る徹底ぶりに、園子温監督の決意と覚悟に圧倒されます。

何回か書きましたが、映画やドラマで映像表現で表す表現媒体だと思っていますから、
この手の直接的、説明的とも言える映像は個人的には好みではありません。

しかしここまで直接的に表現すると、ハッキリ言って、見事です。

3:
また、最初から最後迄映画を見入っていたのも、事実です。

殺人、命のやり取りは非常に魅力的だからです。

なぜ犯罪が無くならないか、その答えが仄かに感じられます。
「感じられる」で、「分かる」ではありません。
犯罪、特に殺人には人の心を鷲掴みにする、暗い、魅力が有るのがハッキリ分かる映画です。
『愛と死をみつめて』や『世界の中心で、愛をさけぶ』を同じく生と死を直接扱うからです。

死はそれ位人の心を捉える魅力、力が有るのです。
生と死はコインの裏表ですから、間接的に、月の裏側の様に全く生に触れることなく、生の魅力を伝えていると言ってもいいでしょう。

4:
でんでん演じる村田幸雄は素人善人相手(社本信行)に本音しか言わないから、痛快。
犯罪者の黒い魅力を巧く表す設定。

5:
でんでん
吹越満
渡辺哲
黒沢あすか
皆さん見事に演技してます。

黒沢あすかって、映画版『嫌われ松子の一生』で終盤、中谷美紀(松子)を心配してた親友沢村めぐみを演じた人だね。


6:
東野圭吾の『幻夜』を原理主義的(笑)、根本主義的(笑)、に映画化するとこの映画風になるね。


タグ 冷たい熱帯魚 園子温 でんでん 吹越満 渡辺哲 黒沢あすか 東野圭吾 幻夜


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

映画版『テルマエ・ロマエ』

★簡単な紹介

○公開
2012年4月28日

○上映時間
1時間48分

○スタッフ
原作:ヤマザキマリ
演出:武内英樹
脚本:武藤将吾
照明:鈴木敏夫
撮影:川越一成
美術:原田満生
音楽:住友紀人
プロデューサー:稲葉直人、菊地美世志、松崎薫

○出演
阿部寛(ルシウス、古代ローマ帝国の浴場設計技師)
上戸彩(山越真美、漫画家志望)
北村一樹(ケイオニウス、次期ローマ皇帝候補)
市村正親(ハドリアヌス、第14代ローマ皇帝)
宍戸開(アントニヌス、ハドリアヌスの側近)
キムラ緑子(山越由美、真美の母親)
笹野高史(山越修造、真美の父親)
竹内力(館野)


★評

1:
TV放送を観ると…

2:
全然面白くない。
笑いのセンスが合わないから、笑える所が皆無。

お話しの方も、何かなぁ…
大昔のローマ人が現代の日本に来て、お風呂とその環境や習慣に驚き、ローマに真似して作ると言う話は、斬新でいいんですが、
その斬新さを活かしていません。
後半、在り来たりな日本人的発想になり、古代ローマの話になっていません。

当時世界最高の民族だと自負していた民族がそんなに簡単に見たことも聞いたこともない民族の考え方を取り入れるかなぁ?


3:
阿部寛は相変わらずの大雑把な演技。
目立つのは驚いた時の大きな両目。

上戸彩は、意外と良かった。
仕事で巧く行かず、そのため全てにおいて自信が無い頼り無げな雰囲気が良かった。

4:
『のだめ』がいかに優れた作品か、いかに超えるのが難しいか、『のだめ』の監督自身で実証。



タグ ヤマザキマリ 阿部寛 上戸彩


★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『劍岳 点の記』

★簡単な紹介

〇公開
2009年6月20日

〇スタッフ
原作:新田次郎
演出:木村大作
脚本:木村大作、菊池淳夫、宮村敏正
撮影:木村大作
音楽監督:池辺晋一郎
プロデューサー:菊池淳夫、長坂勉、角田朝雄、松崎薫、稲葉直人

〇出演者
宮崎あおい
松田龍平
浅野忠信
香川照之


★評

『八甲田山』並のロケ映画と言う事でTV放送を観てみると…

1:
長い。長過ぎます。

2:
地味な仕事を題材にした映画だから地味で退屈になって当然。
盛り上がらないのは殉職者がいないから。「仕事」としては成功しても「物語」としてはかなり苦しい。

3:
山岳ロケを売り物にした映画だと思いますが、音楽を入れ過ぎ。映像で勝負してくると思っていましたから期待ハズレ。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

映画版『タイヨウのうた』

★簡単な紹介

〇公開
2006年6月17日

〇スタッフ
原作:坂東賢治
脚本:坂東賢治
演出:小泉徳宏(ROBOT)
撮影:中山光一
音楽:YUI、椎名KAY太
プロデューサー:榎望、堀部徹、鈴木謙一、守屋圭一郎

〇出演者
YUI
塚本高史
岸谷五朗
麻木久仁子


★評

沢尻エリカ「様」の演技を見たいので山田孝之と共演してる連ドラの『タイヨウのうた』を狙ってます。まずは映画版をTV放送で観ると…

1:
長いなぁ~。「間」じゃなくて「隙間」だらけ。
脚本が悪い。

2:
主演のYUIも苦しい。
台詞の語尾がマズい。語尾の微かな抑揚で台詞に表情が付くんですが、そこが平板、直線的。
喋る時に最後まで集中力が続かない、という感じ。
また、難病で死にそうに見えません。原因は塚本高史に抓られるほっぺた。あのふくよかで健康的なほっぺたはマズいでしょう。少なくとも『セカチュウ』の綾瀬はるかみたいな削げた頬の線がなくちゃねぇ…
歌の方もねぇ、宇多田の影響が強いのか高音が弱い女性の歌手が多く、YUIもその一人。女声の高音は妙なる響きなんですけど…。

3:
XPの恐怖を描いてません。
紫外線、闇、太陽、光、月、夜、等々映画の基本である光で恐怖を表現出来るのになぜ?
XP=Xeroderma Pigmentosum
xero=乾燥した
derma=皮膚病
pigmento=色素の

色素性乾皮症

4:
鎌倉、七里ヶ浜、サーファー、高校生、江ノ電、
ん~、食傷な設定。桑田佳佑、だけじゃなくて『俺たちの朝』、更には『太陽の季節』の影響から未だに脱せず、でしょうか。

5:
棺の中の薫を埋めるヒマワリ。
光と夏の象徴として使っているのでしょう。天国へ行ったら好きなだけ光を浴びろ、好きなだけ屋外へ行け、という事。
しかし花言葉は、
「私の目はあなただけを見つめる」
だからこの使い方は素人っぽい。
夏の花を使えば光と輝く日々を象徴出来ますから、花言葉で選ぶと、例えば、

・朝顔→「愛情、平静」
→天国でも愛されるように、穏やかな日々を送れるように
・ブーゲンビレア→「あなたは魅力に満ちている」
→天国で歌手として成功しろ

こういう使い方をすると最後のラジオの場面に繋がるんです。
また葬儀へ行った事がある方なら分かると思いますが、棺の中に入れる花は菊が普通。
花言葉で花を選ぶ事(=薫の事が大好きだから、一手間掛ける)により遺された人々の薫への深い思いも暗示出来ます。

6:
良いところは、
薫と孝治のキスの場面。踏切ですよ、踏切。橋じゃなくて、踏切。踏切の真ん中。
命懸けの恋に相応しい。
弛んだ映画なので、この場面だけが「ギョッと」する程効果的。この場面はいい。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

映画版『チーム・バチスタの栄光』

★簡単な紹介

〇公開
2008年2月9日

〇スタッフ
原作:海堂尊
脚本:斉藤ひろし、蒔田光治
演出:中村義洋
音楽:佐藤直紀
撮影:佐々木原保志
プロデューサー:佐倉寛二郎、山内章弘

〇出演者
竹内結子
阿部寛


★評

「TV版『仁』その1」で引用したので書きます。

1:
原作を書いた海堂尊は医学で博士号を持つ現役の医師だそうですが、同じ資格を持つロビン・クックが30年前から同じ様な小説を書き続けています。
ですからから個人的には物語自体に新味はなく興奮する内容でもありません。(外科医を主人公にして最も興奮するのは、救急救命室で命を救うために瞬時に判断し秒単位で処置する話)。
映画としては面白いのですが、舞台を病院にした単なる犯人探しで心を捉えるものがありません。
演出も誇張が強過ぎ興醒めな場面が目立ちます。

2:
映画を面白くしているのは主演の二人。
2-1:
竹内結子は『薔薇のない花屋』で心の葛藤を巧く演技しましたが今回のおっとりした「ゆるさ」もいい。
2-2:
阿部寛の演技は相変らず巧いとは言えなんですが目立つ両目とデカい図体で押しが強く傲慢な雰囲気を作っています。
阿部の特徴は幅が広く直立した強力な肩で普段から摂生しているのが分かります。私が観た限りでは阿部は強力な肩を「撓める」事が出来ないのですが、今回の白鳥の様な「力」のある人物だと見事に嵌ります。個人的に好みの演技ではありませんがちょっと気になる不思議な役者。

3:
この映画だけではありませんが(『ガリレオ』等)個性が強い主人公が二人いると、どうしても他の登場人物の描写が弱くなり、作品として物足りなくなります。またこの映画では手術を描写する必要があるため更に人物描写が弱くなります。
つまり主人公一人分、何かを犠牲にする必要があります。医療ミステリーだから医療関係を削る訳にはいかず、削れるものは登場人物しかありません。
『ガリレオ』ではラブコメにして観客の関心を逸らし巧く逃げましたが、あからさまに真似出来るはずもなく、また阿部の演技力不足もありこれは難しい。
主人公二人が魅力的なので次作では工夫してほしい。脚本家に大いに期待しています。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

映画版『どろろ』(妻夫木聡+柴咲コウ)

★簡単な紹介

〇公開
2007年1月27日

〇スタッフ
原作:手塚治虫
脚本:NAKA雅MURA、塩田明彦
演出:塩田明彦
撮影:紫主高秀
音楽:安川午朗、福岡ユタカ
プロデューサー:平野隆

〇出演者
柴咲コウ
妻夫木聡
瑛太
中井貴一
原田芳雄

★評

Amazonのレビューには100件以上あるけどそんなに書いてあげる価値の無い駄作です。

1:
こういう欠点に満ちた作品を「評論家を欣喜雀躍させる作品」と言います。
欠点を一つだけ書くと映像が悪過ぎます。
SF(的)映画は映像を作るのが非常に難しく、映像の奇抜さや美しさで観客の関心を捉えるのはほぼ不可能。絵画の天才が多過ぎるからです。欧米人には思いもつかないブっ飛んだ構図の北斎や広重の浮世絵、発想の源を想像することさえ出来ないダリの絵、その他諸々。こういう絵を知ってると「普通」の映像では驚きません。自分の実力を知らないと思わせる映画人が多過ぎます。
傑作と言われる「2001年宇宙の旅」。その中に現われるモノリスでさえアルトドルファーの「アレクサンダー大王のイッソスの戦い」(1529年)の宙に浮かぶ額のパクリだと私は思っています。
ましてや妖怪魔物が跳梁跋扈する世界となるとヒエロニムス・ボッスの数々の絵という強敵があり、まず凌駕するのは不可能。
どろろ」の制作陣はこういう現実をわきまえてないとしか思えず、映像もCGも観るべき価値皆無。更に悪いのは湿度と太陽の高度が違うニュージーランドのロケで、他の場面との光と色が完全に違い違和感が大き過ぎます。

2:
だが演技陣は悪くありません。
2-1:
まず妻夫木は額と首筋がいい。百鬼丸は身体的には人間未満だが心は人間。その心の人間らしさを「物語る」のが広い額。自分の容貌や存在理由を悩むフランケンシュタインの広い額に通じます。
弱々しい首筋は強力な戦闘力を持ちながらも親の愛情を求める人間的な「弱さ」を「物語ってる」。
外見でこれだけ百鬼丸を表せるから文句無。
2-2:
柴咲コウは少年らしさを十分表しています。問題は演技ではなく身長であり、どろろを原作通り少年に設定にした点。黒澤明の「乱」での狂阿彌(道化)の様な設定の方が良かったのではないかな?

3:
私の様に柴咲の演技を観たい等目的が無い限り観る価値無。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

『たそがれ清兵衛』

★簡単な紹介

〇公開
2002年11月2日

〇スタッフ
原作:藤沢周平
脚本:山田洋次、朝間義隆
演出:山田洋次
音楽:冨田勲
プロデューサー:大谷信義(松竹)、荻原敏雄(日本TV)、岡素之(住友商事)、宮川智雄(博報堂)、菅徹夫(日本出版販売)、石川富康(衛星劇場)

〇出演者
真田広之
宮沢りえ
田中泯


★評

1:
自然と添い寝する日本、
武士道に根差した生き方、
この二つが大変美しい映画。

2:映像
2-1:驚きの映像。
セットとロケ地が美しく欠点がありません(→よくある「隙が無い)という事)。現在の日本でもこれ程美しい映像を撮れるとは…(溜息)。
撮ろうとすれば自然と添い寝していた頃の日本の美しさを今でも撮れることを山田洋次は見事に実証しました。
素晴らしい。
黒澤明の白黒侍映画と同じ位美しい。当時黒澤がカラーで撮ればこの映画と同じ様な映像になったのでしょう。
セットとロケ地がこの上なく美しい。カラーを活かせ切れなかった黒澤明の『乱』と『影武者』より美しい。
2-2:
黒澤監督の白黒侍映画は、
1,白黒の映像
2,日本の美
3,侍映画
の頂点の一つ。美しさを作り出したのは二科展に二回入選した黒澤の絵心に間違いありません。
美しさを感じる心と繊細であり清濁併せ呑む五感がある芸術家でなければ映画でも美しい作品を作れません。寅さん映画という外見をしていながらも芸術家の心を持つ事を山田洋次はこの映画で示し驚かせてくれました(^_^)v。
『椿三十郎』のリメイクを作った森田芳光とは根本的に違います。
2-3:
また映像は全体的に仄かに橙色を掛け、
2-3-1:
たそがれ清兵衛』の夕方の「たそがれ」を表わし、
2-3-2:
また夕方は一日の終わりですから一つの「時」の終わり、つまり幕末も表わしています。

3:
主人公井口清兵衛と朋江の立ち居振る舞いと行動の美しさは武士道の賜物。信義、礼儀、潔白、質素、倹約、愛情、忠誠、名誉、等の言葉が二人の指針になっているのがよく分かります。

4:
冨田勲の音楽も美しい。『新日本紀行』のテーマ曲を作った腕前を発揮しました。
黒澤映画の音楽は映像と合っていますが、映像と比べると見劣りしてます。やはり画家だから映像で語らせようとしているのが分かります。
この点も『たそがれ清兵衛』を観ると改めて分かり新鮮な驚きでした。

5:役者
真田、宮沢、田中泯を初めに全員文句無し。
5-1:
清兵衛の娘以登の晩年を演じた岸惠子の気品が素晴らしい。武士道の美点によって育てられるとこうなるのだろう、と言う説得力があります。
岸のおかげで清兵衛の清廉さが最後迄途切れず素晴らしい終わり方になっています。
5-2:
田中泯は雰囲気や表情は文句無しですが喋りが少し苦しい。
(→でも『メゾン・ド・ヒミコ』での「あなたが好きよ」を聞けば進歩したのが分かります。並の演技者ではありません。)

6:演出
終盤、上意討ちの場面、余吾が清兵衛と語ってる間は影から出ません。余吾が光の中に入るのは抜刀してから。刀と殺人でしか語る事が出来ない侍の悲哀と無駄。殺陣の見栄えの良さだけの場面ではありません。余吾の「これからは侍の時代ではない」を強調しています。
素晴らしい。

7:欠点
7-1:但し目立つ欠点が一つあります。
物語の終盤、余吾善右衛門の屋敷内が舞台になりますが木の柱や梁が不自然に灰色過ぎます。新築ではなく歳月の流れを表わすためなのは明らかですが灰色が目立ち過ぎています。
桂離宮の解体修理の時の様に100年以上経った家屋の埃を集め木材に刷り込めば歳月の流れを再現出来たのではないでしょうか?
この辺までに予算を使えないのが現在の日本映画の限界でしょう。また白黒なら照明を工夫すれば巧く誤魔化せそうな気もします。黒澤の白黒映画も実際にはこれ位の物だったのかもしれません。
7-2:
もう一つの欠点は山田洋次が30年前に撮らなかった事。30年前にこの映画が撮られたら黒澤の『影武者』と『乱』の映像は全く違ったものになったかもしれません。

8:解釈
清兵衛の小太刀流と言えば宮本武蔵に敗れる京都の吉岡清十郎。吉岡流は京都で発展し、室内戦も想定した市街戦に対応した流派。
一方、余吾善右衛門の一刀流は柳生新陰流等と同じく合戦のための流派。
幕末という時代設定を考えれば勝者は明らか。勝ったとしてもその後も予想が付きます。
(余吾が抜刀した後チラッと梁を見ますが、こいつになら切られてもいいと暗示?)

9:まとめ
黒澤明を継ぐ佳作、素晴らしい。



★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
20位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

須藤理沙 堀井新太 高橋メアリージュン 松本まりか 市村正親 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 高畑充希 橋本愛 西岡徳馬 夏樹陽子 滝沢カレン 松下由樹 波留 中川大志 桜井ユキ 小木博明 寺田心 白洲迅 奥田英二 舟屋 伊根町 天橋立 無伴奏「シャコンヌ」 シャルリー・バン・ダム カノン エドガー パッフェルベル 仙厓 威風堂々 中園ミホ 梶原善 甲本雅裕 南野陽子 田中美奈子 矢柴俊博 上川隆也 丸山智己 今田美桜 津嘉山種正 正倉院 アンリ・ルソー ロイスダール ブリューゲル ヴェラスケス ベンガル 伊東四朗 ポカリスエット 本田博太郎 放射能X ローレンス・オリヴィエ ジュディ・バウカー ルノワール マネ セザンヌ 水野ゆかり 田中幸太朗 鹿嶋ゆかり 浅香友紀 柄本佑 三浦しをん 吉岡里帆 麻生久美子 江口のりこ ベッキー 重岡大毅 角田晃広 柳葉敏郎 加藤唐九郎 長次郎  仲條友彪 鳥羽潤 萩原健一 戸田菜穂 松井愛莉 宮沢氷魚 瀬戸利樹 MEGUMI 岸田劉生 窪塚俊介 長塚京三 圓山応挙 森田望智 和久井映見 シン・ゴジラ 宮澤崇史 相葉雅紀 雪舟等楊 桐山漣 岡崎体育 伊藤紗莉 のん 眞島秀和 私を旅館に連れてって 辺見えみり 金田明夫 マイケル・クレイグ エゴン・シーレ クリムト 中条あやみ 鈴木紗理奈 中村靖日 中越典子 瀬戸康史 近藤公園 小手伸也 中山美穂 瀧川英次 東出昌大 織田梨沙 北村一輝 久保田紗友 唐田えりか リー・ヴァン・クリーフ 山崎育三郎 満島真之介 松山ケンイチ 斎藤工 山田純大 向井康二 山崎豊子 仲代達矢 高倉健 新田次郎 木村大作 八甲田山 三國連太郎 狩野永徳 久隅守景 武野功 高田純次 燕子花図 財前直見 モンキー・パンチ 淀川長治 二谷英明 火災旋風 庵野秀明 東寺 運慶 ディーン・フジオカ 小原古邨 吉田博 池部良 伊藤久哉 安西郷子 千田是也 角野卓造 水野はるか 城田優 青木さやか 戸塚純貴 玉田志織 中川知香 岡田結実 福田純 関沢新一 土屋太鳳 田島義文 堺左千夫 今井朋彦 水野友加里 前田美波里 新藤英太郎 大河内傳次郎 花沢徳衛 千葉真一 江原真二郎 牧冬彦 渡瀬恒彦 松方弘樹 小川知子 金子信雄 大友柳太郎 藤木悠 瀬戸朝香 詩経 小田野直武 緒方直人 藤田まこと 石田禮介 粗にして野だが卑ではない 岡田建史 ムロツヨシ 菊地凛子 ブタネコ ルーベンス ムンク  手塚勝巳 山本廉 鈴木豊明 香山滋 紀比呂子 三條美紀 大村崑 イーデス・ハンソン 浜美枝 ヘドラ 内野聖陽 横山歩 横溝菜帆 井之脇海 菅田将暉 八木莉可子 石井杏奈 ヘビーデューティーの本 塚本晋也 仁村紗和 木下ほうか 箭内夢菜 高橋源一郎 般若 龍居由佳里 キングギドラ 上田耕一 中尾彬 高橋メアリージェン 松平不昧 小島漆壺斎 狩野伊川院栄信 油滴白覆輪天目 禾目天目 不染鉄 幸阿弥長重 曽我蕭白 尾形乾山 鏑木清方 上村松園 50周年 刑務所のリタ・ヘイワース アルマンド・トロヴァヨーリ マルコ・ヴィカリオ 東出雅大 水田伸生 俵屋宗達 土曜スペシャル ルドン 石原さとみ 橋本真美 木場勝巳 ウォークマン 仁和寺 二十八部衆 道明寺 葛井寺 大阪府藤井寺市 芳根京子 薬師丸ひろ子 次屋尚 天童よしみ 美空ひばり 悲しい酒 ジェームズ・スチュワート ジューン・アリスン ジョン・ウェイン ゲド戦記 手塚とおる 波瑠 原田美枝子 歌川国芳 シャガール 入野自由 花澤香菜 メガギラス デストロイア バルタリ 北斎 F-14 光村利藻 メカゴジラ 間宮祥太郎 歌川広重 草剪剛 ヘミングウェイ 頬に夜の灯 吉田美奈子 井上ひさし 本の運命 三宅弘城 間宮祥太朗 蛭子能収 佐伯日菜子 島崎遥香 米倉斉加年 金城一紀 銀粉蝶 石黒賢 本田翼 中尾明慶 相築あきこ 笛木優子 池田成志 猫背椿 坂井真紀 鈴木伸之 佐藤玲 原田佳奈 ファン・ゴッホ 吉田都 ロバート・ハインデル 中村吉衛門 川口和空(かわぐちわく) 山賀琴子 画狂老人 湛慶 康慶 正阿弥勝義 池田学 川口和空 徳間康快 ラピュタ 寺田農 狩野元信 野田秀樹 西村まさ彦 滝藤賢一 真矢ミキ 奥田瑛二 横山だいすけ 清原翔 橋本環奈 石川恋 西尾まり 竹内涼真 中島ひろ子 アルチンボルド ラ・トゥール ジャコメッティ 山本茂美 あゝ野麦峠 皆川妙子 川端龍子 竹内涼馬 ロッセリーニ ジョン・エヴァレット・ミレイ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 梅沢富美男 和田アキ子 市原隼人 道枝駿佑 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 獣人雪男 加藤晴彦 春風亭昇太 桂文枝 クリスティーズ 山口桂 吉田羊 雪村周継 ボス 長谷川利行 了入 カフェ・パウリスタ 樂家 本阿弥光悦 道入 卯花墻 油滴天目 曜変天目 稲葉天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 スラヴ叙事詩 ミュシャ 瑛蓮 鈴木省吾 福田ゆみ 篠原篤 平成館 平岡祐太 鈴木亮平 坂口健太郎 八木亜希子 富澤たけし 松たか子 有線七宝 無線七宝 東京都庭園美術館 住田萌乃 シシド・カフカ ヤオ・アイニン 新井浩文 キムラ緑子 工藤阿須加 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・ウェイ リー・パオティエン 山田美紅羽 篠川桃音 風間俊介 水谷豊 緒形拳 秋吉久美子 新克利 田中要次 柄本時生 小堺一機 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 地井武男 川崎紘菜 山田涼介 篠井英介 新川優愛 岩田剛典 津田寛治 川津明日香 稲垣来泉 佐野勇斗 佐竹署山 秋田蘭画 解体新書 青木崇高 加賀丈史 デトロイト美術館 モディリアーニ モネ 向井潤吉 クレラ―・ミュラー美術館 ゴーギャン ファン・ゴッホ美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 長澤芦雪 円空 戦争論 小林よしのり アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 伊藤修子 曜変天目茶碗 油滴天目茶碗 松林図屏風 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 みかんの花 望郷 海の星 雲の糸 スピットファイア― メッサーシュミット ハインケル 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 久松郁美 中村倫也 本多力 三田真央 やべきょうすけ 光宗薫 佐々木心音 山本裕典 東京藝術大学 森田藻己 恵順 朝顔図屏風 富田靖子 村上虹郎 高畑裕太 真剣佑 片桐仁 松尾幸美 浅茅陽子 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 福山翔大 小室哲哉 富士眞奈美 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 京都市美術館 福岡市美術館 黒島結菜 菊池風磨 林田悠作 小野塚勇人 滝沢沙織 赤間麻里子 小島梨里杏 ジュディ・オング 鈴之助 山田将之 妹尾青洸 エミール・ガレ 森永悠稀 高月彩良 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 紅白梅図屏風 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 銅鏡 拙宗等揚 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 大空真弓 橋田壽賀子 石井ふく子 再販制度 Amazon 泰明画廊 府中市美術館 川栄李奈 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 倉光泰子 藤原さくら 松田芹香 加藤清史郎 渡辺舞 シャーロット・ケイト・フォックス 保栄堂版 太田記念美術館 東海道五十三次 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 青木木米 池大雅 与謝蕪村 浦上玉堂 T45 成宮寛貴 メラン デューラー ビュラン エングレーヴィング 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 安井曾太郎 安田靫彦 岡本太郎 北蓮造 中村研一 田村孝之介 佐伯祐三 和田三造 野波麻帆 今野浩喜 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 ティーチャ 原安二郎 六十余州名所図会 千絵の海 富士三十六景 坂上忍 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 小西真奈美 白石美帆 佐藤直紀 高浮彫 暗花 釉下彩 釉裏紅 大人計画 松尾スズキ 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 妻への家路 陳道明 チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 伊藤歩 真飛聖 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 高田彪我 西村彦兵衛 象彦 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 中島裕翔 多岐川裕美 平澤宏々路 サンダーバード 木皿泉 弓をひくヘラクレス ブールデル 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 立川談志 中村勘九郎 宮川大輔 田邊哲人 当麻蹴速 谷汲観音像 松本喜三郎 安本亀八 生人形 野見宿禰 聖女 聖プラクセディス 植田正治 マグリット カンディンスキー 龍安寺方丈庭園 抽象芸術 秋冬山水図 枯山水 小堀遠州 抽象画 松岡茉優 星野源 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 DVD 再販売価格維持制度 ブルーレイ CD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 神奈川県立歴史博物館 小林清親 歌麿 写楽 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 松崎町 鏝絵 入江長八 伊豆の長八 神田沙也加 川平慈英 葵わかな 西内まりや 内山理名 冷泉家 總持寺 蔵王権現 三佛寺 投入堂 西新井大師 藤原道長 山田望叶 市川由衣 大原櫻子 馬場園梓 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 山下リオ 貝桶 初音蒔絵調度 沈金 蒔絵 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 種田陽平 クリスチャン・ベール 半藤一利 昭和史 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 吉本美憂 田上唯 ピノキオ ディズニー 高畑勲 黒川智花 松下洸平 警部マクロード 宮地雅子 櫻井淳子 中庸 儒教 すぐやる課 内館牧子 吉本美優 高杉真宙 桐原亮司 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大瀑布図 氷図 松に孔雀図 大乗寺 相国寺 大英博物館 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 近藤芳正 郷ひろみ 大はしあたけの夕立 三遠法 星月夜 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ 「PIECE 阿部サダオ MY OF WISH」 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ シェル フェラーリ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 島田久作 薄宏 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 村井良大 高橋真唯 原田泰造 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 永島瑛子 原日出子 織本順吉 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 安藤玉恵 不破万作 大滝秀治 古谷一行 狩野常信 狩野尚信 狩野重信 乾山 仁清 狩野探幽 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 陳坤 劉燁 小さな中国のお針子 ジュウ・シュン リウ・イエ チェン・コン 周迅 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 牧進 名樹散椿 速水御舟 ダンカン 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 東京国立近代美術館 莫言 フォ・ジェンチイ モォ・イエン サン・バオ グオ・シャオドン リー・ジア 故郷の香り 霍建起 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 大谷亮介 はろるど 鹿島 アントラーズ 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 上原陸 西山潤 石井トミコ 田辺修斗 研ナオコ 杉田成道 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 中国新聞 広島平和記念資料館 平和データベース 広島平和資料館 原爆の絵 オルセー美術館 イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 NHKスペシャル お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR