FC2ブログ

『同期のサクラ』その4

第四話


1:
蓮太郎(岡山天音)、ピ~ンチ!!!!!
暗い、頭の回転が遅い、要領悪い、ウザイ、
ので、人気が無い、人望が無い。

ちょっとあり得ないんですが、設計部部長から社内コンペの時間変更を教えてもらえず。
ショック~、無断欠勤、クビ間近。
でも、サクラ(高畑充希)初め同期の心配と説得でなんとか復帰。

岡山天音、いいね(^^♪。
蓮太郎になっている(^^♪。
10年後の自信がある蓮太郎にもなっている(^^♪。

調べてみると、
観ていたドラマは、
『大切なことはすべて君が教えてくれた』、『黒の女教師』、『夜のせんせい』に出ていたけど、
全然記憶に無い(笑)。
更に、
観ていたのは、
『すべてがFになる』、『神の舌を持つ男』第六話、にも出ていたけど、覚えてない(笑)。

顔は覚えているんですけど、役と名前は、あららら~、覚えてない(笑)。
あの顔に相応しい存在感が薄い役だったんだろうか?


2:
高畑充希も表情が変わらないサクラを、当然ながら、巧く演じてます。


3:
脚本の方も誇張が強めながら、現実感があり、宜しい(^^♪。
観ている今季のドラマで一番出来がいい、第四話までは。


4:
次回も観ます。






タグ 相武紗季 椎名桔平 橋本愛 高畑充希 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『G線上のあなたと私』その3

第三話


1:
何かなぁ…
どうもねぇ…

ヴァイオリンと音楽が、いちおー、主題にはなっているのですが、
どうも弱い。
也映子(波留)、幸恵(松下由樹)、理人(中川大志)、この三人がまだヴァイオリンが上達しないのは、全然問題ありません。
むしろ本当に好きでやっていて、好きだけで上達するもんじゃないのがよく描かれていて好ましい。

也映子と幸恵は曲(G線上のアリア)の美しさとヴァイオリンの音色の美しさに惚れてヴァイオリンを始めたんですが、
少なくとも現在無職の也映子がもっと練習し夢中になると思うんですがねぇ。

ヴァイオリン講師の眞於(桜井ユキ)が好きな理人も気を引こうと思い、もっと練習すると思います。


2:
終盤、居酒屋で理人の恋ばなを聞いて也映子が泣くんですが、
泣くのが長すぎませんかね?

恋愛ドラマとしても、音楽ドラマとしても、ダメだなぁ…(溜息)。


3:
それでも、次回も観ます。






タグ 波留 松下由樹 中川大志 桜井ユキ 小木博明 夏樹陽子 滝沢カレン 日野陽仁







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ハル ~総合商社のおんな~』その2

第二話


1:
ハル(中谷美紀)、今回も大成功!
医療ビジネスを海外展開。
確かに敏腕だワイ(^^♪。

いちおーハルは「人たらし」と言う設定なんだけど、
どう見てもこの脚本では「人たらし」に見えないし、なっていません。

それにハル初め五木商事の皆さん、仕事している様に見えません。
これも脚本が悪いだけじゃなくて、演出も悪いなぁ(溜息)。

このドラマも詰めが甘いなぁ(溜息)。
何回も書いてますが、この程度の出来の脚本を許しているから、
ドラマを観なくなる、TV離れが進む。


2:
寺田心君、左利きじゃん。


3:
まぁ、次回も観るか。






タグ 中谷美紀 寺田心 藤木直人 白洲迅 奥田英二







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル』その2

第二話


1:
また観てしまった(笑)。

面白い、これは間違いありません。

でも、物足りなさがあります。
ガリレオ』を真似して、更に『ドクターX』も真似して、
主人公真奈子(松雪泰子)を無敵のヒロインにしたがっている。
大門未知子(米倉涼子)が「私、失敗しないので」と決め台詞をいうんで、それまで真似して、
真奈子は問題解決の糸口を見つけると「私、失敗しちゃった」(?)とか言うんだなぁ…(溜息)。

なんでこういう下品な事をNHKがやるんかねぇ…(溜息)。
スポンサー様がついて視聴率を稼ぐ必要が無いのに、なぜヒット作を真似なきゃいかんのかね?

スポンサーと視聴率にあまり縛られていないNHKだから、
新たなものを作って欲しい。


2:
また、観ちゃうんだろうなぁ(笑)。






タグ 松雪泰子 余貴美子 須藤理沙 高橋メアリージュン 堀井新太 ガリレオ ドクターX 米倉涼子






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ドクターX~外科医・大門未知子』 2019年版 その2

第二話


1:
It’s never to late to be happy, it’s all up to you.

初めの方で二色由里(上白石萌歌)が着ているTシャツの文句。
わざと間違えたんでしょうか?
正しくは、

It’s never too late to be happy, it’s all up to you

幸せになるのに遅過ぎることはない、でもそれはあなた次第。


“to late” じゃなくて “too late”


2:
相変わらずの大門未知子(米倉涼子)の超人振りで、面白い。
警察系ドラマと違い超優秀な医師が一人で大活躍、快刀乱麻の解決能力を発揮してもおかしくなりません。
ここが大きく違う点。


3:
次回も観ます。






タグ 米倉涼子 岸部一徳 内田有紀 市村正親 ユースケ・サンタマリア 清水ミチコ 武田真治 鈴木浩介 勝村政信







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『同期のサクラ』その3

第三話


1:
今回は女性に対するセクハラ。
百合(橋本愛)に対する社内セクハラとお得意からのセクハラ。
両方に対する無為無策。

セクハラ自体として捉えるべきではなく、花村建設に代表される大手企業内での女性の地位と捉えるべきでしょう。
百合が言う通り未だに男社会で女性に対する偏見が存在している、ですね。
能力を認めていない、です。

百合が最初にやった様に結婚して逃げるか、桜(高畑充希)の様に正論で戦うか、
少なくとも覚悟が必要でしょう。

実際、こういう事、自分の周りではありませんが、あるんでしょう。
日本の企業では女性の経営幹部が非常に少ないから直ぐに改善されるの望み絶望的。
(参考→ https://amp.review/2018/03/06/women-executives/ )

百合に対するお得意からのセクハラに対する対抗にお得意が怒り、
それが花村建設にまで伝わり、人事部長黒川(椎名桔平)は百合を社史編纂室へ移動を命ず。
ヤレヤレ(溜息)。


2:
次回も観ます。






タグ 相武紗季 椎名桔平 橋本愛 高畑充希 新田真剣佑 竜星涼






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『G線上のあなたと私』その2

第二話


1:
ヴァイオリン好きと言う事もあるんですが、
まぁ、いいんじゃない、面白いんじゃない(笑)。

あなたの事を知らないから何でも言える、とかなんとか、
也映子(波留)と理人(中川大志)がそんな事言いました。
本当に知らなかったら言えるはずないじゃん(笑)。
そうね、もっと知りたい、親しい関係になりたい、って事。
自分の考えや思いはよく分からないし、分かっているとしてもそのまま相手に言えるものでもありませぬ。

也映子と幸恵(松下由樹)が理人をだしにお喋りに盛り上がる短いカット、
この二人が女そのもの(笑)でとても巧い(^^♪。


2:
ハイ、こんな感じで悪くないので、次回も観ます(^^♪。






タグ 波留 松下由樹 中川大志 桜井ユキ 小木博明 夏樹陽子 滝沢カレン 日野陽仁







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ハル ~総合商社のおんな~』その1

★簡単な紹介

○放送
2019年10月21日~
月曜日 午後10:00~10:54
TV東京系
全回

○スタッフ
脚本:龍居由佳里、本田隆朗
演出:土方政人、都築淳一、三木茂
撮影:大石弘宜
照明:田中健一
音楽:ワンミュージック
プロデューサー:稲田秀樹、戸石紀子、栗原美和子、高田良平
チーフプロデューサー:浅野太

○出演
中谷美紀…………海原晴、五木商事経営企画部部長補佐
寺田心……………海原涼、晴の長男
藤木直人…………和田寿史、五木商事経営企画部部長、晴の元ダンナ
白洲迅……………青柳悠馬、五木商事経営企画部、晴の部下
奥田英二…………高山雄一郎、五木商事副社長




★評


第一話


1:
さてと、私のお好みの女優1番の中谷美紀が出るんで観てみると…

まぁ、お話の方は当然誇張と省略が入り現実離れしますが、
意外と悪くない(笑)。
観ていられます。

中谷美紀演じる青海晴と五木商事の上司和田寿史(藤木直人)が元夫婦だとか。

音楽の入れ方も私好みの最小限度。
趣味が大変宜しい(^^♪。

晴の息子涼を演じるのが、あの寺田心
『OUR HOUSE』(2016年)以来かぁ。
でも全然覚えてないんだよなぁ(笑)。
今回は悪くない(^^♪。

中谷美紀も変なところが無く宜しい(^^♪。


2:
音楽が耳障りにならないし、お話自体も崩れそうもないので、
次回も観ますか。






タグ 中谷美紀 寺田心 藤木直人 白洲迅 奥田英二







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『おかしな刑事 スペシャル』

○放送
2019年10月20日
日曜日 午後9:00~11:05
TV朝日系


★評


1;
何か、ヤバい話だなぁ(笑)。

監禁、誘拐を装って被疑者から一般市民が脅迫して供述を引き出す。
鴨志田刑事(伊東四朗)は地面師の根岸(ベンガル)が容疑者に復讐に行くと聞き、
それに乗る、利用したいと言う。
鴨志田刑事その現場のドアの外側にいたとは言え、いたのは間違いありません。
公正な証言や供述として裁判等に使えるのでしょうか?
被告の弁護士がこれを知ったら無罪放免に出来るんじゃないでしょうか?

こういう中途半端な脚本を認めるからドラマがつまらなくなる(溜息)。
TV離れが加速する(溜息)。






タグ 伊東四朗 ベンガル






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル』その1

★評


第一話


1:
さて、第一話放送前に番組HPを見てみると…

主人公天ノ真奈子(松雪泰子)は東京第一大学の工学部教授。
専攻は失敗学。

HPに書いてないけど、「裏設定」は、

大学院工学系博士後期課程修了、
海外の大学院か研究所か企業の研究部で更に研究。
博士論文を提出し受領され工学博士、
失敗学学会があり、所属していると毎年論文を書いている。

でしょう。

このドラマの脚本はオリジナルだそうで、原作は無し。
脚本家は3人。

八津弘幸(『陸王』等)
徳尾浩司(『おっさんずラブ』等)
吉田真侑子

それでHPによると、以下の人々に協力してもらったそうです。

失敗学監修:畑村洋太郎
工学考証:岡本正行
化学工場安全管理指導:南川忠雄
科学実験考証:NPO法人ガリレオ工房
食品安全考証:古賀涼司
法律考証:石黒麻利子
医事指導:中澤暁雄、山本昌督
工事現場考証:大庭義信
警察考証:倉科孝靖
エレベーター事故考証:青木義男
エレベーター安全管理指導:釜池宏
カウンセラー考証:種市康太郎

何かねぇ、出来もしないのに無理して作った感しかありません。


2:
それでも、「美味い不味いは食してから言うもの」なんで第一話を観てみると…

変わり物の天才科学者が問題を解決する『ガリレオ』と同じドラマで、
ガリレオ』にまたしても完敗。
まずお話の科学が薄過ぎ、少な過ぎ。
科学者を主役にした意味がこれでは無い。
主役の天ノ真奈子を演じる松雪泰子がダメだ(溜息)。
この女優、薄幸の女をやると誰よりも不幸に見えるんですが、
今回は知識と知能にあふれる切れ者に全く見えん(溜息)。
『ドクターX』で大門未知子を演じる米倉涼子も超有能な外科医に見えないけど、それを黙らせる何やら「力」が有り嵌ってるんだけど、
松雪泰子にはこの役に必要な「力」が残念ながら無い。


3:
まぁ、それでも、もう一回観てみるか…(溜息)。






タグ 松雪泰子 米倉涼子 ガリレオ






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ドクターX~外科医・大門未知子』 2019年版 その1

★評


1:
観る気なかったんですが、たまたま観たら…


2:
第1シーズン(2012年)、第3シーズン(2014年)は観たんですが、
どうも大門未知子(米倉涼子)に対する敵役が弱過ぎて興味喪失。

今回はニコラス・丹下(市村正親)が医師にして事業再生家。
今迄の敵役と違い、段違いの切れ者、頭の良さ。
神原昌(岸部一徳)が未知子と城之内博美(内田有紀)の手術代の請求に対し、
未知子がAIの指示に従うと契約したのにしなかった違約金を請求する(^^♪。

これは、ひょっとすると、面白くなるかもしれません(^^♪。


3:
と言う訳で、次回も観てみます。






タグ 米倉涼子 岸部一徳 内田有紀 市村正親 ユースケ・サンタマリア 清水ミチコ 武田真治 鈴木浩介 勝村政信







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『同期のサクラ』その2

第二話


1:
営業部に菊夫(竜星涼)、上司からの無理な指示に根を上げ、緊急入院。
でも、終盤、担当先でトラブルが発生すると率先して出向き、協力、
そして当然ながら目出度し、目出度し。

上司が新人に負荷を掛けるのは、当然ですが、
今回は誇張し過ぎでしょう。
桑原営業部長が菊夫が部長の言う通りには出来ないと言うと、
お前の事をどうにでも出来る(?)とか脅すのは明らかに言い過ぎで、職権乱用、パワハラです。

この辺の誇張、どうも日本のドラマには多過ぎる気がします。
マンガが原作だからこの程度なんかねぇ。


2:
1日中表情を変えないサクラ(高畑充希)。
心や決心や夢が変わらない強さを表しているのは明らかですが、
現実感が無い。
嘘丸出しです。
演技にたとえると、大根役者。
原作のマンガに従っているのか、この程度の演出しか考えられないのか、
どちらにしろダメな演出でしょう。

高畑充希ならそんなつまらん演出しなくても、サクラを演技出来ると思うんですがねぇ。


3:
それと気になるのが番組HP。
「忖度」が何度も出て来る。
時代に即したドラマを作りたいのでしょう。
言い換えれば視聴者に媚を打った脚本しか許さないプロデューサーって事でしょう。


4:
とまぁ文句ばっかり書いてますが、
来週も観ますよ、ハイ(笑)。






タグ 相武紗季 椎名桔平 橋本愛 高畑充希 新田真剣佑 竜星涼







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『G線上のあなたと私』その1

★簡単な紹介

○放送
2019年10月15日~
火曜日 午後10:00~10:54
全回

○スタッフ
原作:いくえみ綾
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀、武村謙太郎、福田亮介
撮影:井澤昭彦、寺田将人
照明:赤羽洋介
音楽:末廣健一郎、MIYUKO

ヴァイオリン指導、監修:上地芙美

チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:佐藤敦史

○出演
波留………………小暮也映子
松下由樹…………北河幸恵
中川大志…………加瀬理人
桜井ユキ…………久住眞於
永野宗典…………庄野真盛

小木博明…………北河弘章
夏樹陽子…………北河由美子

滝沢カレン………加瀬芙美

日野陽仁…………小暮健治




★評


楽器で好きなのが、ヴァイオリン、トランペット。
どちらも高音。
バッハのヴァイオリン曲が好き。
迷わず観ます、このドラマ、ハイ(^^♪。


第一話


1:
喜劇調で面白いです、ハイ(^^♪。

でもなぁ、最初のシークウェンス。
ショッピングモールにイベントスペースで久住眞於(桜井ユキ)がヴァイオリンで
バッハの管弦楽組曲3番2曲目「G線上のアリア」(「エア」ともね)を弾くんですが、
問題外の下手さ(溜息)。
音大出て、音楽教室で教えられる腕前じゃない(溜息)。
ピアノは演奏しているところを誤魔化せるのですが、ヴァイオリン等は丸見え。
音と曲、弓の動きが全然合っていない(溜息)。
この辺が日本の演劇界のレベルの低さ(溜息)。


2:
嬉しい驚きが小暮也映子を演じる波留(^^♪。
どんなもんかと観たんですが、これが巧い。
表情に自然な、演技を感じさせないメリハリがあり、いい(^^♪。
特に喜劇に必要な不意を突かれた時の表情が固まる無表情が驚きの巧さ(^^♪。

黒目が大きく色白の美女だけで、力を抜いた時の基本的な表情が無表情なんだな、波留は。
それがほんの少し顔を動かすと表情が生まれます。
こんな表情をする俳優、男優と女優を通じ他に直ぐ思い浮かびません。
特徴があると言う事で個性的で非常に宜しい(^^♪。

波留、喜劇をやると大躍進するんじゃないだろうか?
コメディエンヌの誕生ですゼ(^^♪。

それと対照的なのが、北河幸恵を演じる松下由樹
よくある、と言う事は一般的と言う事でどこにでもいそうな女性と言う事で、普通に滑らかに変わる表情です。
松下由樹、彼女もいいんだよねぇ、普通のおばさんに巧くなっていて(^^♪。


3:
もう一人の主役が加瀬理人。
「理人」は「りひと」と読むそうな。
「りひと」?
バッハ、ドイツ、ドイツ語で「りひと」と言えば”Licht”。
ドイツ語の普通名詞なんで大文字から始まります。
光の意。


4:
今後主役三人を演じる波留松下由樹中川大志が真面にヴァイオリンを弾けるようになるか、
少なくとも最終話でなっていれば、このドラマ、成功です。

次回も観ます。






タグ 波留 松下由樹 中川大志 桜井ユキ 小木博明 夏樹陽子 滝沢カレン 日野陽仁







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『警視庁・捜査一課長 スペシャル』 2019年10月

○放送
2019年10月13日
日曜日 午後9:00~11:05
TV朝日系


★評


1:
まぁ、面白い。

このドラマでいいのは、捜査の地味さ、地道さを多めに描いている事。
もっといいのは超人的な活躍をする登場人物が出現しない事。
主人公の捜査一課長大岩純一(内藤剛志)が一人で何でも出来る課長ではなく、部下を使う課長であるのが非常に良い。

脚本の主軸、骨格はいいんですが、肉付けの「おもてなし」があざとい。
脚本家が消化出来ていません。






タグ 内藤剛志





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『同期のサクラ』その1

★簡単な紹介

○放送
2019年10月9日~
水曜日
午後10:00~10:54
NTV系

○スタッフ
脚本:遊川和彦
演出:明石広人、南雲聖一
撮影:二ノ宮行弘
照明:西村昌幸
音楽:平井真美子
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:大平太、田上リサ

○出演
高畑充希…………北野桜、花村建設2009年入社

橋本愛……………月村百合、桜と同期
新田真剣佑………木島葵、桜と同期
竜星涼……………清水菊夫、桜と同期
岡山天音…………土井蓮太郎、桜と同期
津嘉山正種………北野柊作、桜の祖父

中村小梅…………大野いと、桜のアパートの隣人

相武紗季…………火野すみれ、花村建設人事部
椎名桔平…………黒川森雄、花村建設人事部長

柳谷ゆか…………喫茶「リクエスト」店主、リクエストすると何でも料理する




★評


第一話


1:
高畑充希が出るんで観ましたが、
まぁ、面白いかな。

でもなぁ、
物怖じしないエラく心が強く、正義感も強い新人が大企業で騒動を起こしながら、
改善していきそうなお話は多過ぎませんかね?


2:
第二話以降桜(高畑充希)の上司になる黒川森雄人事部長。
演じるは椎名桔平

冷酷そう、頭の回転が速く要領がいい、謎めいているけど相手が自分より下だからそう思わせてるだけらしく、
実は中身空っぽ、要領の良さで昇進しただけ…

こういう役をやると嵌るなぁ、椎名桔平(^^♪
このドラマは若手中心だから椎名桔平がドラマの出来を引き締めそう。


3:
勿論次回も観ます(^^♪。






タグ 相武紗季 椎名桔平 橋本愛 高畑充希 新田真剣佑






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ポカリスエットCM 2019年『ポカリ青ダンス』

今年もやってます、ポカリスエットの若く、元気な、CM

と言っても、公開されたのが、魂の方が4月、雨のち晴れの方が7月(^^;)。

『ポカリ青ダンス 魂の叫び』
https://www.youtube.com/watch?v=jE94TSUCmgE

『ポカリ青ダンス 雨のち晴れ』
https://www.youtube.com/watch?v=sgb6sZO0jBc


高校生モノはここ5年程かな、やってるの。
今年は今までに一番醜い。

だからねぇ、記事にしようかどうしようかと迷っていてエラく遅くなりました(^^;)。

『魂の叫び』も『雨のち晴れ』も醜い。
誤解して欲しくないんですが、あれがごく一般的な高校生なんです。
自身の若い頃を思い出せば納得いくでしょう?
言い換えると、写実的だって事。
生まれてから15,6年しか経ってないんだから、知識、経験、知恵なんかあるはずないんだから、
やる事が醜くなって当然。
このシリーズの過去の作品が美し過ぎ、違和感が大き過ぎたんです。
あんな風に美しいはずがないんです。

それでも、最初から主題として流れているのは不変。
無我夢中、一心不乱、生きる、等々
だから、醜い映像でも作品として崩れ、壊れることはありません。

でもね、毎年こういうのを見せられると、いやがられる。
来年はどうなるでしょうか?
興味津々。






タグ ポカリスエット





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

『ドクターY~外科医・加地秀樹』

○放送
2019年10月6日
日曜日 午後9:00~11:05
TV朝日系


★評


1:
ちょっと苦しい脚本。

自分の娘に生体肝移植するドナーになる島田美里(倉科カナ)。
しかし、その手術の前に詐欺で捕まる。
入院中の大沢正一郎議員(本田博太郎)の力で超法規的措置で逮捕の前に生体肝移植を行い、成功。

これは、検事の判断で出来るんじゃないでしょうか?


2:
それ以外は『ドクターX 外科医・大門未知子』にある喜劇風味を強め、悪くナシ(^^♪。






タグ 勝村政信 倉科カナ 本田博太郎






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『放射能X』

★簡単な紹介

○上映
米国:1954年6月19日

○上映時間
1時間34分

○原題
“Them!”

○スタッフ
原案:ジョージ・イェーツ
脚本:テッド・シャードマン、ラッセル・ヒューズ
演出:ゴードン・ダグラス
撮影:シド・ヒコックス
特殊効果:ラルフ・エヤーズ
音楽:ブロニスラウ・ケイパー
プロデューサー:デヴィッド・ウェイスバート

○出演
ジェームズ・ホイットモア…ベン・ピーターソン
エドマンド・グウェン………ハロルト・メドフォード
ジェームズ・アーネス………ロバート・グレアム




★評


1:
これは、意外や意外、掘り出し物(^^♪、面白い(^^♪。
同じ年の日本が誇る傑作『ゴジラ』と同じ様な内容。
但し、出て来るやつらがアリなんで、ゴジラ程強力じゃないし、破壊の魔王でもなし(笑)。


2:
脚本が破綻していません。
演出も巧い。
アリの出し方がいいね。


3:
とても出来のいいSF映画で、
ハリウッドなら『2001年宇宙の旅』以前では1,2を争う名作(^^♪。





タグ ゴジラ 放射能X







★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






映画ランキング



人気ブログランキング

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

『タイタンの戦い』1981年版

★簡単な紹介

○公開
米国:1981年6月12日
日本:1981年12月19日

○上映時間
1時間58分

○原題
“Clash of the Titans”

○スタッフ
原作:ギリシア神話
脚本:ビヴァリー・クロス
演出:デズモンド・デイヴィス
撮影:テッド・ムーア
音楽:ローレンス・ローゼンタール

特殊効果:レイ・ハリーハウゼン

プロデューサー:チャールズ・H・シニア、レイ・ハリーハウゼン

○出演
ハリー・ハムリン……………ペルセウス
ローレンス・オリヴィエ……ゼウス
ジュディ・バウカー…………アンドロメダ
パージェス・メレディス……アモン、詩人にして劇作家
クレア・ブルーム……………ヘーラー
マギー・スミス………………テティス
ウルスラ・アンドレス………アフロディーテ
シアン・フィリップス………カシオペア
ジャック・グウィリアム……ポセイドン
スーザン・フリートウッド…アテナ
パット・ローチ………………ヘーパイストス
ニール・マッカーシー………カリボス
ティム・ピゴット=スミス…サロー
ドナルド・ヒューストン……アクリシオス
ヴィダ・テイラー……………ダナエ
ハリー・ジョーンズ…………狩人




★評


ハリーハウゼン最後の劇場公開映画。

私CYPRESS、結構な歳だったけど、1981年に日本で劇場公開されたなんて、全然記憶に無し。
家庭用ヴィデオもまだまだ一般的になってない頃。
だから、観たい映画や観逃がした映画を観るのは、TV放送を待つか、
ぴあ誌で上映館を探すしかありませんでした。
だから、ハリーハウゼンの特撮映画は『アルゴ探検隊の大冒険』をTV放送で観たけど、それ以外は観た覚え無し。
今みたいに簡単にハリーハウゼンや東宝特撮映画を色々観られたら、この映画、劇場で観たらどんなもんかと観に行ったろうなぁ。

と言う訳で、観てみると…


1:
ハリーハウゼンが関わった映画の中では面白い方(^^♪。
元になったのがギリシャ神話であり得ない事が起こる世界だから、
絵空事を納得しやすい。


2:
ジュディ・バウカー
何か聞いたことあると思って調べたら、『ブラザー・サン、シスター・ムーン』でクレアを演じたていた(@_@)。
この映画ではヒロイン役のアンドロメダを演じています。
上映されたことさえ知らなかったんだから、ジュディ・バウカーが出ていたの知ってるはずないよなぁ。

1954年の生まれだそうだから、今年2019年は65歳じゃん(@_@)。


3:
レイ・ハリーハウゼンの特撮は相変わらず良いデス、ハイ(^^♪。
ただ、
気になるのが、冒頭、クラーケンが津波を起こしアルゴスを壊滅するシークウェンス。
2011年の東日本大震災の津波を観た後では、あんな生易しいもんじゃないと興醒め、落胆(溜息)。






タグ レイ・ハリーハウゼン ジュディ・バウカー ローレンス・オリヴィエ





★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






映画ランキング



人気ブログランキング

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

『コートールド美術館展 魅惑の印象派』

★簡単な紹介

2019年9月10日(火)~12月15日(日)
東京都美術館

HP→ https://courtauld.jp/ 


★評


1:
この展覧会もなぁ…(溜息)。

すんごいコレクションです、ホント。

それでも心を捉える作品はありませんでした(溜息)。


2:
まぁ、それでも見たかったのは、

2-1:
作品番号:35
「フォリー=ベルジェールのバー」
エドゥアール・マネ
コートルード美術館蔵

これも有名だよなぁ。
マネや印象派の本によく載っています。
ちょっとおかしな絵です。
人物の配置は√型で、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの名品、
「エマオの晩餐」(→2016年に国立西洋美術館に来た方)
と同じ。
背景が、実は、鏡に写ったバーのお客さんと店内風景。
人物の配置とは、バーのおねーさんと鏡に写ったおねーさんの後ろ姿と注文したお客さん。
鏡に写った二人が画面右側にあるので右側が少々重いのですが、かすれ気味、薄目に描いているので、
バランスを保ち絵を壊していません。
ただ、実際にこの絵の様に鏡に写るでしょうか?

ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は5.1chの様にあちこちからざわめきが聞こえてくる様な名品でしたが、
この絵はダメだ(溜息)。

悪くないですが、残念ながら心も視線も捉えず(溜息)。


2-2:
作品番号:34
「草上の昼食」
エドゥアール・マネ
コートルード美術館蔵

「美の巨人たち」2012年10月6日に特集、放送されました。
この絵もかなり前から知っていて、なんで女性だけ裸なんだと当時のフランス人と同じく思ってました(笑)。
21世紀の人間が見ると当時のフランス人と違い、全然エロくない(笑)。
物や人を大き目の面で捉え、色を塗っています。
このまま進むと表現主義風になりそうな表現。
悪くないです。
でも、この絵も視線も心も捉えず(溜息)。


3:
お好みの絵師の絵が2枚。

3-1:
作品番号:2
「花咲く桃の木々」
フィンセント・ファン・ゴッホ
コートルード美術館蔵

色彩がとてもキレイです。
穏やかな風景と雰囲気を感じられます。
いい絵です、間違いありません。
でもねぇ、何か足りないんだなぁ。
好みの画家なんで、ハイ、評価が厳しくなります(笑)。

ゴッホと言うと、やはり、情熱的な人柄、激しさや強さの絵、
と言うイメージでしょう。
でも、ゴッホも人間。
いつも激しいだけではありません。
美しい風景を見て穏やかな心持になることもあります。
そういう事を教えてくれる一枚です。
部屋に飾るなら、激しい絵よりこういう穏やかな絵の方が落ち着けるので宜しい(^^♪。


3-2:
作品番号:23
「税関」
アンリ・ルソー
コートルード美術館蔵

今回展示された他の絵と全く違う一枚です。
不思議な魅力がある絵です。
とても小さな絵で40.6㎝×32.7㎝。

この絵が一番良かった(^^♪。


4:
サント=ヴィクトワール山初めポール・セザンヌの風景画が最初に5枚展示されました。
どの絵も基調が緑。
そう、日本画の緑青が影響しているのは間違い無いです。


★まとめ


エドゥアール・マネは「笛を吹く少年」が一番、断トツ、別格。
「フォリー=ベルジェールのバー」は残念ながら「笛を吹く少年」に敵いません。

ルノワールも「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が一番で、
今回来た「桟敷席」も敵いません。

アンリ・ルソーの「税関」は他の展示された絵と全く違い、エラく得してました(笑)。
魅力が際立ってました。

欧米の絵画は今や私CYPRESSに魅力が減少しているので、
予想通りのイマイチの展覧会でした。






タグ ゴッホ アンリ・ルソー ルノワール マネ セザンヌ






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






美術鑑賞・評論ランキング



人気ブログランキング

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『世界の中心で、愛をさけぶ』その182

第九弾


最終話


1:
その他の登場人物の左右、再度その1


1-1:
1987年、
8分37秒付近、
葬儀場、
父潤一郎(高橋克実)、父真(三浦友和)にサク(山田孝之)の愚行を謝る。

左(上手):潤一郎
右(下手):真

…サクの父親として謝る潤一郎。
…同じ親として子供を失った辛さが分かるので、哀悼の意を伝えます。
…だから潤一郎が「主」。


1-2:
8分59秒付近、
稲代総合病院、
佐藤医師(浅野和之)が母富子(大島さと子)にサクの事を説明する。

左(上手):佐藤医師
右(下手):富子

…ここも佐藤医師がサクの事を説明するので「主」。


1-3:
9分41秒付近、
松本家、
父潤一郎が帰宅。

右(下手):潤一郎
左(上手):母富子

…普段はぼ~っとしていても、意外と心は強い潤一郎なんで「主」。


1-4:
11分24秒付近、
葬儀場、
会葬者を映すカット、

左(上手):母綾子(手塚理美)
右(下手):父真

…真が祭壇とアキ(綾瀬はるか)の亡骸に近いですから、喪主の位置に座っていると言う事です。
…「主従」はありませんね。


1-5:
続いて、
11分28秒付近、
同じく葬儀場、
会葬者を映すカット。

左(上手):智世(本仮屋ユイカ)
中央:スケちゃん(田中幸太朗)
右(下手):ボウズ(柄本佑)

…アキとの親密さの順番。
智世>スケちゃん>ボウズ
デス。


1-6:
続いて、
11分37秒付近、
同じく葬儀場、
会葬者を映すカット、

左(上手):池田久美(浅香友紀)
中央:黒沢千尋(水野ゆかり、現在は鹿嶋ゆかり)
右(下手):安浦正学級委員(田中圭)

…これは、中々面白い、興味深い演出。
…今までハッキリとは示していませんが、ここでこの3人とアキの関係を仄めかしているのでしょう。
…池田久美>黒沢千尋>安浦正の順番でアキに対して心の距離感が変わっています。
…一番近いのが池田久美。何か悪いことしちゃったなぁ、とか思ってますな。
だから両目を伏せています。
…二番目が黒沢千尋。アキに対してそれ程思っていない、って事でしょう。
アキが休んでいる間に学級委員になる人柄の様なものがあるので、池田久美程悪く思ってないのでしょう。
両目の伏せ具合が3人の中で中間。
…意外とアキとの隔たりがあるのが安浦正。
まだ女性や人生の経験が少ないのでアキの唇を奪っちゃった事を間違いなく気にしています。
両目を伏せていません。


1-7:
15分45秒付近、
葬儀場、
号泣し泣き崩れる母綾子を抱え上げる父真。

左(上手):綾子
右(下手):真

…こういう状況での男と女の違いです。
真が綾子に泣かせてあげているんです。
…愛情の量の違いではありません。


1-8:
16分23秒付近、
宮浦町西斎場、
煙突から昇る煙を見上げる、
谷田部先生、スケちゃん、智世、ボウズ。

左(上手):谷田部先生
中央左寄り:スケちゃん
中央右寄り:智世
右(下手):ボウズ

…しっかりしなきゃ、と思ってる順番。
だから、
谷田部先生>スケちゃん>智世>ボウズ
…谷田部先生は大人だし、担任だから
「この子達のためにも、気を引き締めないとね」
だから「主」。


1-9:
続いて、
16分35秒付近、
宮浦西斎場、
母綾子、3人組+谷田部先生にアキのカセットテープを渡す。

左(上手):ボウズ
中央左寄り:智世
中央右寄り:スケちゃん
右(下手):谷田部先生

右(下手):綾子

…流す涙の量。
…心に秘めたものがあるボウズが「主」。


1-10:
エンドロール、
2005年の登場人物。
…「2004年」ではありません。
一樹の入学写真から「2005年」だとわかります。
下の「C」参照。

A.
智世、結婚し娘アリ。
上田薬局で両親と同居中。

表札は、

上田康雄
  育子

大林達明
  智世
  亜紀

急いで走り去る大林亜紀に弁当を渡そうとする智世。

左(上手):智世
右(下手):亜紀

…智世のお父さんは「康雄」
お母さんは「育子」かぁ、知らんかった(笑)。

B.
ボウズ、
期待通り(笑)、本物の僧侶。

「たこ焼きパパさん」の大将は、
「たこはち」とボウズが呼んでいます。
「たこ焼きパパさん」未だに営業中。

二人共後ろから撮り、

左(上手):ボウズ
右(下手):たこはち

C.
スケちゃん、
漁師、子供アリ。

サクとアキが夢島へ行った時の写真を船に飾っている。

…スケちゃんの子供をやった少年、
謙太郎が自転車の乗り方を教えていた時のサクを演じた少年ではないかな?

D.
谷田部先生、
「ロミオとジュリエット」を今度はやらせる。

E.
廣瀬夫妻、
堤防でお弁当、カニクリームコロッケらしき物を食す。

左(上手):綾子
右(下手):真

…おや、この夫婦、亭主関白でしたが、
少しは丸くなったか(笑)。

カメラが変わり、
後ろから撮る。

左(上手):真
右(下手):綾子

…やっぱり、変わらん(笑)。

F.
松本夫妻、
松本寫眞館で、

ここは絶対変わらない(笑)。

左(上手):富子
右(下手):潤一郎

一樹の小学校入学写真、

左(上手):明希
中央:一樹
右(下手):サク

…まぁ、当然でしょう(笑)。
…一樹が入学したのは沢原小学校。
平成十七年度。

その横は、
スケちゃんの子供時代の写真、
谷田部先生の何年前か分からない(笑)写真。

G.
もう一つの松本夫妻(のはず)
自転車三人乗り。

左(上手):明希
中央:一樹
右(下手):サク

…当然この位置(笑)。
サクが明希の尻に敷かれないはずがありません(笑)。
…二人を乗せて一生懸命漕ぐサク。
…祖父謙太郎の代わりに明希と一樹を乗せる日がやってきました。






タグ 浅香友紀 水野ゆかり 鹿嶋ゆかり 田中圭 田中幸太朗 柄本佑 本仮屋ユイカ 高橋克実 浅野和之






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

『あの家に暮らす四人の女』

○放送
2019年9月30日
月曜日 午後9:00~11:08
TV東京系


★評


1:
中谷美紀が出るんで観ましたが…

このドラマもなぁ…(溜息)。
弱い、魅力が無い。
「もののけ」が無い。
3人の若目(笑)の女性の恋の芽生えがあるけれど、何かねぇ…

開かずの間がある杉並のデカイお屋敷を舞台にしているんですが、
この開かずの間を活かせてないなぁ。
河童もねぇ、佐知(中谷美紀)の亡くなったお父さんの象徴らしいけど、
これも活かせてるとは言えません。

三浦しをんの小説が原作なんで、その小説と同じ感性が無いと心に響かないなぁ…(溜息)。






タグ 中谷美紀 三浦しをん 宮本信子 永作博美 吉岡里帆 要潤 田中泯






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






ドラマランキング



人気ブログランキング

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
20位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

須藤理沙 堀井新太 高橋メアリージュン 松本まりか 市村正親 新田真剣佑 竜星涼 岡山天音 高畑充希 橋本愛 西岡徳馬 夏樹陽子 滝沢カレン 松下由樹 波留 中川大志 桜井ユキ 小木博明 寺田心 白洲迅 奥田英二 舟屋 伊根町 天橋立 無伴奏「シャコンヌ」 シャルリー・バン・ダム カノン エドガー パッフェルベル 仙厓 威風堂々 中園ミホ 梶原善 甲本雅裕 南野陽子 田中美奈子 矢柴俊博 上川隆也 丸山智己 今田美桜 津嘉山種正 正倉院 アンリ・ルソー ロイスダール ブリューゲル ヴェラスケス ベンガル 伊東四朗 ポカリスエット 本田博太郎 放射能X ローレンス・オリヴィエ ジュディ・バウカー ルノワール マネ セザンヌ 水野ゆかり 田中幸太朗 鹿嶋ゆかり 浅香友紀 柄本佑 三浦しをん 吉岡里帆 麻生久美子 江口のりこ ベッキー 重岡大毅 角田晃広 柳葉敏郎 加藤唐九郎 長次郎  仲條友彪 鳥羽潤 萩原健一 戸田菜穂 松井愛莉 宮沢氷魚 瀬戸利樹 MEGUMI 岸田劉生 窪塚俊介 長塚京三 圓山応挙 森田望智 和久井映見 シン・ゴジラ 宮澤崇史 相葉雅紀 雪舟等楊 桐山漣 岡崎体育 伊藤紗莉 のん 眞島秀和 私を旅館に連れてって 辺見えみり 金田明夫 マイケル・クレイグ エゴン・シーレ クリムト 中条あやみ 鈴木紗理奈 中村靖日 中越典子 瀬戸康史 近藤公園 小手伸也 中山美穂 瀧川英次 東出昌大 織田梨沙 北村一輝 久保田紗友 唐田えりか リー・ヴァン・クリーフ 山崎育三郎 満島真之介 松山ケンイチ 斎藤工 山田純大 向井康二 山崎豊子 仲代達矢 高倉健 新田次郎 木村大作 八甲田山 三國連太郎 狩野永徳 久隅守景 武野功 高田純次 燕子花図 財前直見 モンキー・パンチ 淀川長治 二谷英明 火災旋風 庵野秀明 東寺 運慶 ディーン・フジオカ 小原古邨 吉田博 池部良 伊藤久哉 安西郷子 千田是也 角野卓造 水野はるか 城田優 青木さやか 戸塚純貴 玉田志織 中川知香 岡田結実 福田純 関沢新一 土屋太鳳 田島義文 堺左千夫 今井朋彦 水野友加里 前田美波里 新藤英太郎 大河内傳次郎 花沢徳衛 千葉真一 江原真二郎 牧冬彦 渡瀬恒彦 松方弘樹 小川知子 金子信雄 大友柳太郎 藤木悠 瀬戸朝香 詩経 小田野直武 緒方直人 藤田まこと 石田禮介 粗にして野だが卑ではない 岡田建史 ムロツヨシ 菊地凛子 ブタネコ ルーベンス ムンク  手塚勝巳 山本廉 鈴木豊明 香山滋 紀比呂子 三條美紀 大村崑 イーデス・ハンソン 浜美枝 ヘドラ 内野聖陽 横山歩 横溝菜帆 井之脇海 菅田将暉 八木莉可子 石井杏奈 ヘビーデューティーの本 塚本晋也 仁村紗和 木下ほうか 箭内夢菜 高橋源一郎 般若 龍居由佳里 キングギドラ 上田耕一 中尾彬 高橋メアリージェン 松平不昧 小島漆壺斎 狩野伊川院栄信 油滴白覆輪天目 禾目天目 不染鉄 幸阿弥長重 曽我蕭白 尾形乾山 鏑木清方 上村松園 50周年 刑務所のリタ・ヘイワース アルマンド・トロヴァヨーリ マルコ・ヴィカリオ 東出雅大 水田伸生 俵屋宗達 土曜スペシャル ルドン 石原さとみ 橋本真美 木場勝巳 ウォークマン 仁和寺 二十八部衆 道明寺 葛井寺 大阪府藤井寺市 芳根京子 薬師丸ひろ子 次屋尚 天童よしみ 美空ひばり 悲しい酒 ジェームズ・スチュワート ジューン・アリスン ジョン・ウェイン ゲド戦記 手塚とおる 波瑠 原田美枝子 歌川国芳 シャガール 入野自由 花澤香菜 メガギラス デストロイア バルタリ 北斎 F-14 光村利藻 メカゴジラ 間宮祥太郎 歌川広重 草剪剛 ヘミングウェイ 頬に夜の灯 吉田美奈子 井上ひさし 本の運命 三宅弘城 間宮祥太朗 蛭子能収 佐伯日菜子 島崎遥香 米倉斉加年 金城一紀 銀粉蝶 石黒賢 本田翼 中尾明慶 相築あきこ 笛木優子 池田成志 猫背椿 坂井真紀 鈴木伸之 佐藤玲 原田佳奈 ファン・ゴッホ 吉田都 ロバート・ハインデル 中村吉衛門 川口和空(かわぐちわく) 山賀琴子 画狂老人 湛慶 康慶 正阿弥勝義 池田学 川口和空 徳間康快 ラピュタ 寺田農 狩野元信 野田秀樹 西村まさ彦 滝藤賢一 真矢ミキ 奥田瑛二 横山だいすけ 清原翔 橋本環奈 石川恋 西尾まり 竹内涼真 中島ひろ子 アルチンボルド ラ・トゥール ジャコメッティ 山本茂美 あゝ野麦峠 皆川妙子 川端龍子 竹内涼馬 ロッセリーニ ジョン・エヴァレット・ミレイ サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 梅沢富美男 和田アキ子 市原隼人 道枝駿佑 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 獣人雪男 加藤晴彦 春風亭昇太 桂文枝 クリスティーズ 山口桂 吉田羊 雪村周継 ボス 長谷川利行 了入 カフェ・パウリスタ 樂家 本阿弥光悦 道入 卯花墻 油滴天目 曜変天目 稲葉天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 スラヴ叙事詩 ミュシャ 瑛蓮 鈴木省吾 福田ゆみ 篠原篤 平成館 平岡祐太 鈴木亮平 坂口健太郎 八木亜希子 富澤たけし 松たか子 有線七宝 無線七宝 東京都庭園美術館 住田萌乃 シシド・カフカ ヤオ・アイニン 新井浩文 キムラ緑子 工藤阿須加 渡辺大 大島蓉子 Mummy-D 平幹二郎 菊池亜希子 タイム・トラベラー 石山透 グイン・サーガ 栗本薫 神保悟志 リー・ウェイ リー・パオティエン 山田美紅羽 篠川桃音 風間俊介 水谷豊 緒形拳 秋吉久美子 新克利 田中要次 柄本時生 小堺一機 女工哀史 野麦峠 志尊淳 ビリギャル 森次晃嗣 地井武男 川崎紘菜 山田涼介 篠井英介 新川優愛 岩田剛典 津田寛治 川津明日香 稲垣来泉 佐野勇斗 佐竹署山 秋田蘭画 解体新書 青木崇高 加賀丈史 デトロイト美術館 モディリアーニ モネ 向井潤吉 クレラ―・ミュラー美術館 ゴーギャン ファン・ゴッホ美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 長澤芦雪 円空 戦争論 小林よしのり アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 伊藤修子 曜変天目茶碗 油滴天目茶碗 松林図屏風 立石鐡臣 奥村公延 大塚周男 石川進 今井悠貴 みかんの花 望郷 海の星 雲の糸 スピットファイア― メッサーシュミット ハインケル 新国立美術館 ポルト・リガトの聖母 久松郁美 中村倫也 本多力 三田真央 やべきょうすけ 光宗薫 佐々木心音 山本裕典 東京藝術大学 森田藻己 恵順 朝顔図屏風 富田靖子 村上虹郎 高畑裕太 真剣佑 片桐仁 松尾幸美 浅茅陽子 時計じかけのオレンジ ルドヴィコ療法 福山翔大 小室哲哉 富士眞奈美 細うで繁盛記 金田誠一郎 根本りつ子 ダリ展 京都市美術館 福岡市美術館 黒島結菜 菊池風磨 林田悠作 小野塚勇人 滝沢沙織 赤間麻里子 小島梨里杏 ジュディ・オング 鈴之助 山田将之 妹尾青洸 エミール・ガレ 森永悠稀 高月彩良 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 紅白梅図屏風 ボッティチェリ ダ・ヴィンチ 銅鏡 拙宗等揚 青木宗嵩 原菜乃華 大和書房 大空真弓 橋田壽賀子 石井ふく子 再販制度 Amazon 泰明画廊 府中市美術館 川栄李奈 尾藤イサオ 松坂恵子 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 倉光泰子 藤原さくら 松田芹香 加藤清史郎 渡辺舞 シャーロット・ケイト・フォックス 保栄堂版 太田記念美術館 東海道五十三次 由紀さおり 大友花恋 康すおん 田能村竹田 青木木米 池大雅 与謝蕪村 浦上玉堂 T45 成宮寛貴 メラン デューラー ビュラン エングレーヴィング 町田市立国際版画美術館 柄澤齊 Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 高野野十郎 目黒区美術館 目黒川 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 安井曾太郎 安田靫彦 岡本太郎 北蓮造 中村研一 田村孝之介 佐伯祐三 和田三造 野波麻帆 今野浩喜 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 ティーチャ 原安二郎 六十余州名所図会 千絵の海 富士三十六景 坂上忍 エマオの晩餐 誰が袖図屏風 小西真奈美 白石美帆 佐藤直紀 高浮彫 暗花 釉下彩 釉裏紅 大人計画 松尾スズキ 陣内孝則 村上弘明 池内淳子 東京西洋美術館 エッケ・ホモ 妻への家路 陳道明 チェン・ダオミン 森川葵 高良健吾 伊藤歩 真飛聖 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 秋野暢子 世田谷美術館 糸巻きの聖母 江戸東京博物館 福山庸治 水差しを持つ女 天文学者 レンブラント 高田彪我 西村彦兵衛 象彦 川崎敬三 山形勲 バイラス 平岳大 中島裕翔 多岐川裕美 平澤宏々路 サンダーバード 木皿泉 弓をひくヘラクレス ブールデル 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 立川談志 中村勘九郎 宮川大輔 田邊哲人 当麻蹴速 谷汲観音像 松本喜三郎 安本亀八 生人形 野見宿禰 聖女 聖プラクセディス 植田正治 マグリット カンディンスキー 龍安寺方丈庭園 抽象芸術 秋冬山水図 枯山水 小堀遠州 抽象画 松岡茉優 星野源 美保純 蛍雪次朗 上島竜兵 加賀まりこ 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 DVD 再販売価格維持制度 ブルーレイ CD 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 神奈川県立歴史博物館 小林清親 歌麿 写楽 五姓田義松 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 松崎町 鏝絵 入江長八 伊豆の長八 神田沙也加 川平慈英 葵わかな 西内まりや 内山理名 冷泉家 總持寺 蔵王権現 三佛寺 投入堂 西新井大師 藤原道長 山田望叶 市川由衣 大原櫻子 馬場園梓 太賀 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 山下リオ 貝桶 初音蒔絵調度 沈金 蒔絵 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 種田陽平 クリスチャン・ベール 半藤一利 昭和史 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 吉本美憂 田上唯 ピノキオ ディズニー 高畑勲 黒川智花 松下洸平 警部マクロード 宮地雅子 櫻井淳子 中庸 儒教 すぐやる課 内館牧子 吉本美優 高杉真宙 桐原亮司 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大瀑布図 氷図 松に孔雀図 大乗寺 相国寺 大英博物館 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 遊星より愛をこめて スペル星人 高橋二三 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 金すんら 石田えり 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 近藤芳正 郷ひろみ 大はしあたけの夕立 三遠法 星月夜 規矩の法 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ベット・ミドラー ローズ 愛なんていらねぇよ、夏 落合モトキ 「PIECE 阿部サダオ MY OF WISH」 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ シェル フェラーリ ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 佐野亜裕美 中村橋之助 東山紀之 橋部敦子 夜王 零士 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 未来からの挑戦 NHKアーカイブス 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 島田久作 薄宏 狩野永祥 岡本信人 小林正寛 村井良大 高橋真唯 原田泰造 岩井堂聖子 早見あかり 戸次重幸 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD 山中崇 つみきみほ 鈴木杏樹 山本道子 永島瑛子 原日出子 織本順吉 小林星蘭 千葉雄大 伊那 キッチンが走る 森下能幸 安藤玉恵 不破万作 大滝秀治 古谷一行 狩野常信 狩野尚信 狩野重信 乾山 仁清 狩野探幽 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 陳坤 劉燁 小さな中国のお針子 ジュウ・シュン リウ・イエ チェン・コン 周迅 矢本悠馬 高橋けい 淵上泰史 牧進 名樹散椿 速水御舟 ダンカン 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 上野の森美術館 ボストン美術館 下村観山 東京国立近代美術館 莫言 フォ・ジェンチイ モォ・イエン サン・バオ グオ・シャオドン リー・ジア 故郷の香り 霍建起 転校生 大林宣彦 団時朗 筒井真理子 大谷亮介 はろるど 鹿島 アントラーズ 東京オリンピック 大宮政志 中村鴈治郎 キングコング 上原陸 西山潤 石井トミコ 田辺修斗 研ナオコ 杉田成道 青柳翔 おやじの背中 三谷幸喜 藤本隆弘 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 徳井優 石橋蓮司 被爆再現人形 中国新聞 広島平和記念資料館 平和データベース 広島平和資料館 原爆の絵 オルセー美術館 イルカ なごり雪 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 NHKスペシャル お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR