『悲しみは海の色』

私が初めて心を捉えられたドラマ。

★簡単な紹介

〇放送
1972年6月3日~24日
NHK総合
毎週土曜日18:05~18:35
全4回
東京放送局制作
少年ドラマシリーズの第五作目

〇スタッフ
原作:山下喬子
脚本:田波靖男
演出:佐藤和哉
音楽:渋谷毅
プロデューサー:柴田和夫

〇出演者
飯島洋子(→桐林芙美)
角田徹(→中川和也)
玉川伊佐男(→芙美の父)
木村俊恵(→芙美の母)
小川悦子(→野村ちか子)
西沢利明(→塚田先生)

★評

1:
40年近く前かぁ…(汗)。
内容は山下喬子の同名少女小説を基にした女子中学生の初恋物語。題名の通り自殺騒動なんかが出て来ます。

2:
最終話を録音した程好きだったのでまた観てみたいんですが、マスターテープが残ってる可能性ゼロ。録音したテープも引越しと共にどこかへ…(涙)。

3:
観た当時若かったせいもあると思いますが、このドラマは記憶の隅に残り原作があるのを知っていたので、いつかは手に入れたいと思っていました。
そして放送から16年後の1988年頃、ついにあるスーパーの古本市で見つけました(^_^)v。
それが

★『悲しみは海の色
山下喬子
偕成社
少女小説シリーズ-1
さし絵:小林秀美
昭和45年8月10日発行

値札に書いてあるお値段\100! 文学青年でも読書家でもない私なので、この本を見つけた時以上の喜びは未だにありません。
「少女小説シリーズ」の一冊ですから、漢字に全てルビがふってある小学校高学年の女の子向けの小説。ヲヤヂに足を踏み入れつつある頃に読みましたから、2,3時間で読み終えたと思います。

4:
それから更に13年後、放送から29年後の21世紀、2001年、『少年ドラマシリーズ』に関する本が出ました。

★『NHK少年ドラマシリーズのすべて』
増山久明編著
株式会社アスキー
2001年7月26日発行

悲しみは海の色』は勿論、筒井康隆原作で第一作目の『タイムトラベラー』等全99本てんこ盛り!
悲しみは海の色』のスチール写真だけでなく、台本から書き起こした各回のあらすじまで載ってます!
台本が現存しまだ持っている人がいる事に圧倒されました。
話はやはり脚色されています。

5:
小説は特にどうと言うものではありません。
ドラマの方も同じでしょう。大人になって初めて観れば感動もしなければ、心に残ることもないと思います。
それでも小説の方は人に勧められる様なものではなくても、良かった(^_^)v。
心の片隅に子供の頃と同じものがあったという事です。
ドラマの方を観ると心の何処かが共鳴するか、気になるところですが、観られないからなぁ…。残念(涙)。

6:
ところで「スタッフ」に音楽を加えたのは、音楽をまだ覚えているからです。






★お気に召しましたら、以下の全てのボタンのクリックをお願いします

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

恥ずかしがり屋さん(笑)、コメントありがとうございます。
これからもお暇な折に遊びにいらして下さい<m(__)m>。

偶然たどり着きました。少年ドラマシリーズは『時をかける少女』しか覚えていないのですが、何故か後続のドラマの最終回のワンシーンが、頭の隅に残っています。
もしかしたらこれかな?と思い、お尋ねします。
波打ち際で、『死に来たなんて嘘みたい』『そうさ、嘘さ』このドラマの最終回でしょうか?

Re: タイトルなし

> 偶然たどり着きました。少年ドラマシリーズは『時をかける少女』しか覚えていないのですが、何故か後続のドラマの最終回のワンシーンが、頭の隅に残っています。
> もしかしたらこれかな?と思い、お尋ねします。
> 波打ち際で、『死に来たなんて嘘みたい』『そうさ、嘘さ』このドラマの最終回でしょうか?

昔の少女さん、今日は。
コメント、ありがとうございます<m(__)m>。

記事にも書いた通り、最終話のテープを紛失したので確認不可能ですし、『NHK少年ドラマシリーズ』を確認したところこの本にも最終回の台詞は載っていませんでした。

と、こ、ろ、が、です。

原作を確認したところ、何と、p,195に同じ台詞が載っていました。
原作の最後から二番目の章、「浜辺の奇跡」に在ります。
このページは短いので全文をそのまま引用しても著作権法に抵触しないと思いますので、ここに引用します。

以下引用

芙美は立ちあがった。
もう、そろそろ船の出る時刻ではないだろうか。
それにして、このまぶしい太陽の輝きようはどうだろう。
足もとで砂金がくずれ、水晶の波がさらってゆく。
わたしがいなくなる、というのに、なぜ、光はそんなにはねまわるのか。
「死に来た、なんてうそみたい。」
芙美ははらがたったので、すこし大きな声でいってやった。
むろん、相手はいない。
していえば、はねまわっている陽光や波に対していってやった。
だから、返事はかえってこないはずであった。
ところが、
「そうさ。うそさ。」
背後で声をきいた。
ふりかえった。

(太字はCYPRESS)

引用終わり

ビックリしました。
目が点です、昔の少女さん(笑)。
おそらく昔の少女さんの記憶通りだと思います。
『悲しみは海の色』第4回(最終話、1972年6月24日(土)放送)の台詞に間違いないと思います。

個人的にはこの次の台詞が記憶に残っています。
これも原作に在る台詞です。

芙美:和也さん
(→「そうさ。うそさ。」の後、芙美が和也に駆け寄りしがみつく)

待合所のおじさん:おーい、船が出ますだよう、お客さーん。

和也:ふたりで仏ヶ浦へ行こうよ


嬉しい驚きのコメント、ありがとうございました、昔の少女さん。
お暇な折にまたいらして下さい。




早速の回答ありがとうございます。
凄いですね、感動です。

と、云うか、(多分)40年も前の事をよくこれだけ詳しく知ってる(調べられた?)のが、凄いです。
私も、あの頃はテレビくらいしか楽しみの無かった時代だと思うので、忘れてしまったけれど、このドラマも見ていたのだと思います。
少年ドラマシリーズで話題になるのは、大体『タイムトラベラー』や『謎の転校生』でしたね。
タイムトラベラーは初作と云う事で、印象が強く、原作も買って読みましたが実はかなり短編で、ビックリした記憶があります

NHKにも映像が残ってなくて、視聴者が録画した最終回だったかが紹介されたことがありましたね。
続編が、出ましたが、たしか、原作者の作ではなく、脚本の方の作だったと思いますが、ちょっと飛躍し過ぎた感じがしました。
それでもノベライズは買ったのですが…

『悲しみは海の色』に戻りますが、多分この最終回の台詞も、当時からずっと覚えていたわけではないのです。
何かのきっかけで、少年ドラマシリーズと云うキーワードが、記憶を呼び覚ましたのだと思います。
原作は、(強い口調)だったのですね。私の記憶の映像は、波打ち際に、話しかけるイメージでした。
でも、長年の胸のつかえがとれた気分です。
多分、ドラマ全体を思い出す事はないと思いますが、原作も読んでみたいですね。復刻を待つしかないようですが…

気が付いたら、3年も前のスレッドに、コメントしたにもかかわらず、丁寧に調べて頂いてありがとうございました。



Re: タイトルなし

昔の少女さん、私がやったのは本から写しただけですから、汗顔の至りです(^_^;)。
このドラマのスタッフ、配役、放送日時はアスキーから出た『NHK少年ドラマシリーズのすべて』からです(^_^;)。
昔の少女さんも間違い無く気に入る本だと思います。


映像に関しては絶望的ですが、音声は、私が録音したくらいですから、全四話分残っている可能性があります。
気長に出て来るのを待ちましょう。

ところで、美術の塚田先生を演じた西沢利明氏が昨年亡くなったのをご存じですか?

『タイムトラベラー』の最終回の再(?)放送は観ました。
案内役が加賀美幸子アナウンサーだったので驚きましたね(笑)。

『悲しみは海の色』の音声の出現と原作の復刊を祈りましょう。
では、また。


一部分ですが録音があります

「断捨離」ということで、
  古い音源、古すぎるものを一応再生してデジタル化しています。
  その中で、記憶にあるものが出てきました。
  タイトルも何も不明。ネットでググると出てきました。
  一部分ですが録音があります。

原作者の、山下喬子氏とは、ハガキでのやり取りがあり先日実家で発見しました。
 もしかしたら、原作本を持っているかもしれません。

http://www.47news.jp/CN/200402/CN2004021001000884.html

---------------------------------- 以下は引用

http://nhkdrama.blogspot.jp/

NHK少年ドラマシリーズ
№5 「悲しみは海の色」

1972年(昭和47年)6月3日~6月24日 毎土曜日18時05分~18時35分

原作:山下喬子「悲しみは海の色」

脚本:田波靖男
音楽:渋谷 毅
演出:佐藤和哉

出演
飯島洋子:桐林芙美
角田 敏:中川和也
玉川伊佐男:芙美の父
木村俊恵:芙美の母
小川悦子:野村ちか子
西沢利明:塚田先生

全4回(サブタイトルなし)


夏休み明けの新学期、江南中学3年の芙美のクラスに中川和也という名の男子生徒が転校してきた。

芙美は和也の顔に見覚えがあった。

その年の春休み、親友の野村ちか子と下北半島に旅行に行った時、自殺の名所として有名な仏が浦に向かうバスの中で乗り合わせ、海岸に打ち上げられた水死体の傍らにたたずんでいた少年だったのだ。


----

No title

「悲しみは海の色」

  断捨離」ということで、
  古い音源、古すぎるものを一応再生してデジタル化しています。
  その中で、記憶にあるものが出てきました。
  タイトルも何も不明。ネットでググると出てきました。
  一部分ですが、録音があります。

 原作者の、山下喬子氏とは、ハガキでのやり取りがあり先日実家で発見しました。
 もしかしたら、原作本を持っているかもしれません。

はがき画像なども
http://ozawajun.blogspot.jp/2015/10/httpwww.html

Re: No title

小沢さん、今日は。
コメントありがとうございます<m(__)m>。

山下喬子さんからのお手紙、拝見しました。
大変貴重な物ですね。
当時はNHK気付でファンレターとか感想文を送るなんて事を考え付きもしませんでした(^_^;)。
小沢さんの様に出して返信を頂けたら、大変な宝物になっていたのですが…(溜息)。
「悲しみは海の色」の録音をネット上で発見されたのですか?
私も改めて探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。
出来ればURLを張って頂けると大変うれしく思います。

お時間がありましたらまた遊びにいらして下さい。

CYPRESSさん

>山下喬子さんからのお手紙、拝見しました。
>大変貴重な物ですね。
>当時はNHK気付でファンレターとか感想文を送るなんて事を考え付きもしませんでした(^_^;)。

 順番が違うのです。例のハガキにありますが、「陽は夜のぼる」という作品を読んで、ハガキのやり取りが始まりました。山下喬子さんから NHK でやるということをお知らせいただき、TV を見たのです。ご自宅の住所にどうやってたどり着いたかは記憶がありません。

 悲しみは海の色 が、原作とかなり違うのは、山下喬子さんが 少年少女向けに 大幅に変えた と ハガキに書いていますので、TV化に当たって、山下喬子さんご自身が、書き直している可能性が高いと思います。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: CYPRESSさん

小沢純さん、今日は。

またしても貴重なコメント、大変ありがとうございます<m(__)m>。
小説と脚本の違い、山下さん自身から大幅に変えたと教えて頂いたとは…(溜息)。
山下さんは既に亡くなり、NHKと受信料以外(笑)接点も関係も無い我等部外者には知る由も有りません(溜息)。

他にも何かご存知でしたら、是非コメントをお願いします<m(__)m>。

改めて、コメント、ありがとうございます<m(__)m>。
またのお越しをお待ちしています。

Re: No title

承知しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

了解いたしました<m(__)m>。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

恥ずかしがり屋さん、またしてもコメントをありがとうございます。

山下さんとのはがき

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 山下さんとのはがき

小沢純さん、こんにちは。
これまた貴重な手紙のお知らせ、ありがとうございます。
私も放送後、または『悲しみは海の色』の小説を手に入れた20年前、山下喬子さんにファンレターを出すべきでした。
でも、当時はそんな事思いも付きませんでしたからねぇ…(溜息)。

改めて貴重な書き込み、ありがとうございます<m(__)m>。

Re: No title

恥ずかしがり屋さん、今日は。
あまり気になさらないで下さい。
最後の2行、楽しみにしています。
またのお越し、お待ちしております。

ドラマと原作との違い

「悲しみは海の色」の第1回の音声をYouTubeにアップして頂いた小沢さんによると、年ドラでドラマ化するにあたって、原作者の山下喬子さんが原作に手を加えられてたんですね。
ドラマでは、東京から下北に転居した中川和也の一家ですが、東京で生れ育った母親が下北での生活に耐えきれず、家を出てしまったのだろうと推測しています。
一方原作では、画家である夫の下で絵画を勉強していた芙美の母親の弟(芙美の叔父)の許に和也の母親が逃げてしまいます。(不倫?)
これは今でも別の意味でドラマ化出來そうですね。
この手の話は昔からありますが、小学校高学年から中学生対象の小説にはちょっと重い内容だったと思います。特にNHKの年ドラですから、尚更原作者自ら手を加えられたんでしょうね。
それから、原作もシナリオも大間崎の灯台は海に面した崖の上に建つ白亜の灯台のイメージのようですが、現地に行くと、大間崎の沖合の弁天島に建つ高さ25m程の白と黒のツートンカラーの灯台です。
また、仏ヶ浦に向かう船の発着所は佐井村にありますが、「NHK少年ドラマシリーズのすべて」の写真のような漁村ではなく、ちゃんとした施設が整っていました。そして仏ヶ浦の近くには、最終回で、芙美が和也に駆寄るシーンの砂浜のような場所はありませんでした。
私が大間崎や仏ヶ浦を周ったのはドラマ放送から10年程経ってからですが、ドラマでの風景との違いに、ロケ地は東京近郊(房総半島辺りか)なんだとがっかりした記憶があります。

Re: ドラマと原作との違い

Don JoseⅢ世さん、コメントありがとうございます<m(__)m>。

『悲しみは海の色』が好きな人がいらっしゃるとは、ファンとしては嬉しい限りです(^.^)。
ちょっと忙しいので、取り急ぎお礼を。

後ほど返信を書きます。

CYPRESS様

ご多忙のところ申し訳ありません。
にのPさんの「少年ドラマ伝説」からこちらにお邪魔させて頂きました。
私も最終回の放送をカセットテープに録音した口の一人で、中学時代は日課のように何度も録音を聴いてましたが、そのテープは今何処へ・・・
もし、「悲しみは海の色」の再放送があったなら、「タイム・トラベラー」のように全4話とも録音したと思います。
初めは女の子の恋愛ものかという程度で見てましたが、だんだんドラマに引き込まれ、年ドラの中でも思い入れのある作品のひとつとなりました。桐林芙美役の飯島洋子さんに憧れていたのかもしれません。
飯島洋子さんはこのドラマの後、教育テレビの小学生の社会科の番組のアシスタントや、ドラマ「特捜最前線」に出演してましたね。(「タイム・トラベラー」の島田淳子(浅野真弓)さんと共演)

Re: CYPRESS様

Don JoseⅢ世さん

私と同じ様に録音されていたとは、これまた嬉しい限りです(^.^)。
最終話の脚本をお持ちとは、これは羨ましい。
コメントを読むと原作もお持ちの様ですね。
書き込んで頂いた最終話終盤の内容は、原作と違っていて、
この点からも脚色されているのが分かり、大変助かりました。

大間崎の灯台について
1986年に函館から大間崎へ渡ったことがあるのですが、
燈台について記憶が全くありません。
また、仏ヶ浦へも行こうと思ったんですが、どうも熱が冷めていた様で、
行きませんでした(^_^;)。
今思うと、もったいない事で、なぜいかなかったのか、分かりません(^_^;)。
ところで、大間崎の灯台は、原作では次のように書かれています。

p,194
>O町からバスで来る途中、大間崎の燈台が見えた。
赤と白のだんだらに塗りわけられた燈台である。


NHKの番組発掘プロジェクトを見るとあちこちから古い録画が出て来ているので、
我等の『悲しみは海の色』も出て来ないとは、言いきれません。
いつの日か全四話が出て来るのを祈りましょうネ。

それから、Don JoseⅢ世さん、
「CYPRESS様」は仰々し過ぎますから、次回からは「さん」でお願いします<m(__)m>。

大間崎灯台

CYPRESSさん、私の誤記を指摘頂き有難うございました。
コメントを投稿する前に改めて原作を読んでみたのですが、大間崎灯台が赤白のツートンカラーとの記述は全く頭に残っていませんでした。
私の思い込みで白亜の灯台と書いてしまい、申し訳ありませんでした。
私が初めて大間崎に行った時には、灯台が弁天島にあり、ツートンカラーの色と意外と小さかったことに驚きました。当時あのマグロのモニュメントはまだありませんでした。(平成6年頃設置?)
ドラマでは大間崎灯台(代替灯台含む)の映像があったはずですが、全く記憶に残っていません。

「悲しみは海の色」の資料

「悲しみは海の色」の現存している写真等の資料はあまりありません。
私の知る限りでは、年ドラの資料として有名な「東京おとなクラブ5号」、ムック本の「NHK少年ドラマシリーズのすべて」、NHKサービスセンターの「ステラ2000年⚪️月⚪️日号」そして別冊「テレビ50年」位です。
現在単身赴任中のため、これらの本は手元になく、詳しくは記せないのですが、「ステラ」と「テレビ50年」には飯島洋子さんと角田徹の2人が写ったモノクロのスチール写真がそれぞれ1枚載っています。

前記の中で、角田徹さんに敬称を付け忘れ、申し訳ありませんでした。
今、お二人は何をされているんでしょうか。引退されたのでしょうか。もし、こちらのサイトを見られたら何かコメント欲しいですね。

Re: タイトルなし

Don JoseⅢ世さん

返信が遅れ、申し訳ありません。

『悲しみは海の色』への愛情は、自分自身もかなりのものと思ってしましたが、
Don JoseⅢ世さんには敵いません(笑)。
原作は資金力があれば現在でも入手可能ですが、流石に脚本はほぼ不可能。
ヤフオクで今検索しても何もありません。

私の場合、脚本をヤフオク初め、ネット上で探そうともしなかったので、
この時点でDon JoseⅢ世さんに負けています(笑)。

さて、さて、
『悲しみは海の色』の出演者、スタッフの方からの書き込みがあれば、
とても嬉しいですね。
ブログをやり続けた甲斐があると言うモノです(^.^)。

Don JoseⅢ世さん、
大量の書き込み、ありがとうございます<m(__)m>。
またの書き込み、お待ちしています。

「悲しみは海の色」が私の心を捉えた作品になった理由を考えてみると、先ず佐藤和哉さんによる演出、次に田波靖男さんによる脚本が挙げられます。
作品としては年ドラの中でもあまり目立たない小品ですが、この二大要素がきっちりと固められていたため、心に響くドラマになったのではないかと思います。
佐藤さんといえば、「タイム・トラベラー」、「つぶやき岩の秘密」、「ユタとふしぎな仲間たち」、「二十四の瞳」等の名作の演出を手掛けています。
一方田波さんは、「未来からの挑戦」のほか、あの「太陽にほえろ!」等を担当してます。
演出と脚本が如何に大事かは去年放送された日テレの「時をかける少女」が証明しています。悪評が高かったフジテレビの南野陽子版の「時かけ」(1985年)を遥かに凌駕する出来の悪さで、低視聴率が話題になりましたね。
二大要素の次は、渋谷毅さんによる物悲しいピアノのテーマ曲です。初回の放送後、自宅のピアノで拾い弾きし、携帯の着信音として自分で打ち込んでいた位ですから、とても気に入っている曲です。
今聴くことが出来るYouTubeの「悲しみは海の色」では、初回の放送と最後の挿入歌以降の最終回の放送とを繋いてあります。そのため、ピアノソロの演奏とストリングが加ったピアノの演奏との2パターンを聴くことか出来ます。
そして、もしかしたら放送当時中学生だったので、いちばんの理由だったのかもしれませんが、飯島洋子さんへの憧れがあったと思います。大学で教職課程を取った時に、思春期の子供を対象にした青年心理学の講義があり、自分にあてはめて考察したことがあります。確か教科書通りで変わったことはなかったと思います。
ところで、前のコメントで記した「ステラ」は2000年6月2日号で、本屋でたまたま見つけました。和也の制服のボタンをつける芙美の写真が載ってます。
また、「テレビ50年」の写真では芙美と和也そして野間晶子(?)の3人が教室の席に座っています。
Amazonに100円以下で出品されているものもありますね。

Re: タイトルなし

Don JoseⅢ世さん、

何回でも書きますが、敵いません(笑)。
殆ど記憶が無いので、なんで心を捉えられたのかもよく分からん始末(笑)。
YouTubeの録音を聞くと、主演の桐林芙美を演じた飯島洋子嬢の演技のお粗末さばかり耳に残り、
今なら一回で観るのを止めるか、気を入れないで観ちゃいそうです(^_^;)。
内容から考えると、当時私も中学生でしたから、ドラマで描かれた恋愛に感情移入していたんでしょうなぁ(遠い目)。

おぼろげな記憶を辿ると、当時、クラスで話題になったのは『悲しみは海の色』ではなく、
『タイムトラベラー』と『続タイムトラベラー』でしたね。
鶴書房から出ていた筒井康隆の原作を買った級友も少なくなかった記憶があります。

更に記憶を辿ると、小学生の時にやっていた紀比呂子主演の『アテンション・プリーズ』の方が、
遥かにクラスで人気がありました。

CYPRESSさん
年ドラはシリーズ第1作の「タイム・トラベラー」のインパクトがあまりにも大き過ぎました。このインパクトの大きさにより、その後「時かけ」が何度もリメイクされることになるのはご存知の通りです。年ドラというとどうしてもSF作品が話題になりますね。それだけ秀作が多かったといえます。
「悲しみは海の色」の飯島洋子さんはじめ、年ドラの出演者たちは自分の身近にいそうな小中高校生という設定となってましたので、私は多少演技力に難点があってもあまり気にせずに見ていました。確かにどのドラマの主役たちの演技もお世辞にも上手いとは言えなかったと思います。今の子役たちの方が遥かに演技力があると思います。年ドラを経て俳優として大成したのは、池上季実子さん、古手川祐子さん、斉藤友子さん、紺野(佐藤)美沙子さん位でしょうか。男性陣はダメでしたね。
また、年ドラ自体、意外と見たことがない人が多く、というより見てた人が少ないんですね。年ドラを知らない人が本当に多いです。同じ世代でも全く話が合いません。
上記のコメントで「アテンションプリーズ」の話がありましたが、私も「サインはV」に続けて見ていました。森英恵デザインの紺のミニスカートが眩しかったです。ザバーズの歌は懐かしいですね。YouTubeに当時の写真付きでアッフされてます。

Re: タイトルなし

Don JoseⅢ世さん

当時は当然、演技がどうのこうの関係無く、夢中になったもんです。
以前にも書きましたが、いい歳になったヲヤヂが観るとどうなるか、心に引っかかるものがあるか、
非常に気になってます。

役者の仕事は非常に難しく、少年ドラマシリーズ出演者に限らず、子役でデビューし、いい歳したオッサン、オバンでもやってる人はほぼいませんね。
直ぐに思い浮かぶのは、大竹しのぶ位しかいません。
しかも、その大竹しのぶの様に若い頃の演技が単に役に嵌るだけでなかった役者になると…

『サインはV』は私も観てましたが、『アテンションプリーズ』の前番組だとは、最近まで忘れていました。
実は、最近のDon JoseⅢ世さんの書き込みに触発され『アテンションプリーズ』1970年版を検索したところ、
2006年に全32話のDVDboxが発売されていたので、思い切って買いました。
古色蒼然です(笑)。

CYPRESSさん。
「アテンションプリーズ」のDVDを買われたんですか。いや〜懐かしいですね。よく47年前の映像が残ってましたね。紀比呂子さん、范文雀さん、小憎らしく嫌味な香川妙子役の皆川妙子さん、そして教官役の佐原健二さん。条件反射的に思い出しました。
こちらのブログのテーマから逸れてしまいましたね。
原作本とシナリオを初回から読直してみたのですが、やはり映像が思い出せません。狭山湖のスケッチ旅行なんて放送された?っていう感じです。芙美の家や教室や美術室でのシーン、喫茶店でのシーンや文化祭のシーンをはじめ、CYPRESSさんがYoutubeに書込みされた美術室の石膏像等の映像は全く思い出せません。思い出した断片的な映像は次の通りです。
〈第1話〉
・バスの右側中央の席に座る芙美と ちか子
・同じバスの左側前の席(オタ席? )に座り、ちか子の声に振返る和 也
・莚を被せられた父親の遺体の傍に 跪く和也
・和也がカンバスに描いた目玉のよ うな黒っぽい湖の絵
〈第2話〉
なし
〈第3話〉
なし
〈第4話〉
・夜行列車のクロスシートの左側の 席に座る芙美と芙美におにぎりを 勧める相席のおばさん
・砂浜で和也に駆寄る芙美
・エンディングのテーマ曲と波が打 ち寄せる岩場
この程度のことしか思い出せませんでした。
心理学の手法として、催眠術で深層心理に迫ることが出来るそうで、記憶の奥底に眠っている記憶を呼び起こせるとのことです。

Re: タイトルなし

Don JoseⅢ世さん

石膏像の場面は、最初か最後のクレジットですね。
石膏像が記憶に残ったのは、当時、よく絵を描いてからではないかと思います。

他に記憶に残っている場面は、Don Jose三世が書かれた第4話の夜行列車の芙美と相席のおばさんの場面。
行先を尋ねられた芙美が仏ヶ浦へ行くと言うと、野辺地で乗換だねとおばさんが応えるのが記憶に残ってます。
「野辺地」の地名を覚えたのはこの時でした。
以来忘れた事はありません(笑)。

CYPRESSさん
中学の美術室といえば、胸像、首像、トルソ等の石膏像がありましたが、音楽室の作曲家の肖像のような画家の肖像はありませんでしたね。
私も小さい時から絵を描くことが好きで、小中学では美術部に入ってました。そのため、美術部を舞台にしたこの作品が琴線に触れることになったのかもしれません。
Youtubeで聴くことが出来る第1話では、和也が描いている音や芙美が筆箱を扱う音から木炭デッサンではなく鉛筆デッサンをしているようですね。
しかし、ドラマの中に出てきた絵画は、和也が描いた目玉のような湖が記憶に残っているだけで、授業中のデッサンの絵や文化祭の芙美やちか子や和也の絵等は全く思い出せません。

Re: 最終回シナリオの続き

Don JoseⅢ世さん

う~ん、全然記憶に有りません(笑)。
少しづつ観直してる『アテンションプリーズ』も記憶に有りません(笑)。

CYPRESSさん
「悲しみは海の色」についてコメント出来るのは、こちらのブログの他にはほんの数える程しかありません。
長年私の中にたまりに溜まっていたものを少し出させて頂き、とても感謝しています。
放送から45年の月日が経ち、こちらのブログにコメントを記入しながら、自分の記憶が如何に曖昧かや記憶が飛んでしまっていることを実感しています。
手元にあるシナリオについても、実際の放送と多少異なっていますが、著作権等に抵触しなければ、第1話から第4話までの全てをこちらのブログに記したいと考えています。

Re: タイトルなし

Don JoseⅢ世さん

せっかく書き込んで頂いた第四話の脚本ですが、改めて見ると長過ぎましたので、
削除しました。
今後脚本の書き込みはご遠慮願います。

Don JoseⅢ世さんが紹介したい気持ちもよく分かりますし、
私自身、読んでみたい気持ちには変わりありません。

著作権を初め法律、公序良俗に反しない限り、書き込みは歓迎です。


著作権について簡単に説明します。
以下、弁護士に聞く機会があり、教わった事です。
まず、
文章の場合、著作権保有者に無許可で引用出来るのは、
約200文字まで。
著作権保護期間は、日本の場合、作者の死後50年まで。
ネットでコピーするのも問題があるようですが、新聞の切り抜きと同じで、
基本的には問題ありません。
しかし、コピーした物をサーバーにアップした時点で著作権を侵害しています。
自分のPCや記憶装置に保存している分には問題無し。

著作権は、現状では、作者及び著作権保有者が権利を侵害されていると訴えない限り違法にはなりません。
親告罪というものです。
ネット上の大半は著作権保有者から大目に見られているのが実情だそうです。
宣伝になるから全く気にしてない方も多いらしいです。

CYPRESSさん
著作権に抵触しない範囲についてお教え頂き、有難うございました。
ネットで調べても著作権侵害の許容範囲がなかなかわからず、良かれと思い最終回のシナリオを転記してしまい、ご迷惑をお掛けしました。
プロフィール

CYPRESS

Author:CYPRESS
最近好きな女優は杉村春子と中谷美紀。
好きな監督は黒澤明と張藝謀。
気になる監督は堤幸彦。
山田孝之の実力が分かってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お客様数
FC2ブログランキング
気に入った記事が有りましたら、クリックをお願いします。 ↓

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
28位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村のランキングです。
気に入った記事が有りましたら、「このブログに投票」をクリックして下さい。
"BLOG RANKING"のランキング
アットウィズ社提供のブログランキングです。気に入った記事が有りましたらクリックをお願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

銀粉蝶 金城一紀 中尾明慶 石黒賢 本田翼 坂井真紀 池田成志 猫背椿 佐藤玲 島崎遥香 三宅弘城 蛭子能収 ディーン・フジオカ 鈴木伸之 庵野秀明 石原さとみ シン・ゴジラ 酒井美紀 原田佳奈 ファン・ゴッホ 中村吉衛門 吉田都 ロバート・ハインデル 川口和空(かわぐちわく) 山賀琴子 頬に夜の灯 吉田美奈子 画狂老人 運慶 康慶 湛慶 青木さやか 酒井抱一 尾形乾山 鈴木其一 正阿弥勝義 濤川惣助 並河靖之 池田学 川口和空 徳間康快 ラピュタ 寺田農 狩野元信 西村まさ彦 長塚京三 野田秀樹 真矢ミキ 滝藤賢一 奥田瑛二 黒木瞳 高畑充希 佐藤二朗 石川恋 橋本環奈 横山だいすけ 清原翔 竹内涼真 西岡徳馬 西尾まり 中島ひろ子 横山歩 久保田紗友 歌川国芳 アルチンボルド ラ・トゥール ジャコメッティ カラヴァッジョ 不染鉄 山本茂美 あゝ野麦峠 紀比呂子 皆川妙子 浦沢直樹 ウォークマン 川端龍子 竹内涼馬 ロッセリーニ 吉田博 ジョン・エヴァレット・ミレイ 歌川広重 サントリー美術館 借りぐらしのアリエッティ 和田アキ子 梅沢富美男 芳根京子 市原隼人 門脇麦 高橋メアリージュン 道枝駿佑 木場勝巳 井上芳雄 村井國夫 清原果耶 20世紀少年 獣人雪男 春風亭昇太 桂文枝 加藤晴彦 クリスティーズ 山口桂 伊藤若冲 吉田羊 雪舟等楊 雪村周継 ブリューゲル 長次郎 ボス 本阿弥光悦 長谷川利行 道入 樂家 カフェ・パウリスタ 了入 相葉雅紀 油滴天目 卯花墻 稲葉天目 曜変天目 破獄 東京藝術大学大学美術館 マリオカート 瀬戸康史 佐野ひなこ 人間の証明 森村誠一 ミュシャ スラヴ叙事詩 大倉孝二 鈴木省吾 篠原篤 瑛蓮 福田ゆみ 東京国立博物館 平成館 金田明夫 平岡祐太 坂口健太郎 鈴木亮平 吉岡里帆 八木亜希子 松たか子 富澤たけし 東京都庭園美術館 有線七宝 超絶技巧 無線七宝 シシド・カフカ 住田萌乃 木野花 ヤオ・アイニン 山本未來 工藤阿須加 新井浩文 渡辺大 キムラ緑子 大島蓉子 Mummy-D 眞島秀和 中川知香 平幹二郎 菊池亜希子 石山透 タイム・トラベラー 栗本薫 グイン・サーガ 神保悟志 リー・ウェイ リー・パオティエン 風間俊介 手塚とおる 山田美紅羽 篠川桃音 水谷豊 桜田ひより 緒形拳 新克利 三國連太郎 秋吉久美子 新田次郎 高倉健 田中要次 柄本時生 小堺一機 野麦峠 女工哀史 志尊淳 ビリギャル 地井武男 原田美枝子 森次晃嗣 山田涼介 川崎紘菜 木下ほうか 篠井英介 新川優愛 土屋太鳳 佐野勇斗 稲垣来泉 津田寛治 岩田剛典 川津明日香 田中直樹 秋田蘭画 菱田春草 解体新書 小田野直武 佐竹署山 江口のり子 菅田将暉 青木崇高 加賀丈史 モディリアーニ デトロイト美術館 モネ 向井潤吉 ファン・ゴッホ美術館 ゴーギャン クレラ―・ミュラー美術館 根津美術館 圓山應擧 国立西洋美術館 伊藤かずえ ボイマンス美術館 バベルの塔 山田太一 仙厓 長澤芦雪 出光美術館 曽我蕭白 円空 正倉院 戦争論 小林よしのり アメリカン・スナイパー 続・タイム・トラベラー マネ 聖トマス 賀来千賀子 エデンの東 禾目天目 伊藤修子 松林図屏風 曜変天目茶碗 藤花図屏風 長谷川等伯 油滴天目茶碗 俵谷宗達 立石鐡臣 奥村公延 石川進 大塚周男 今井悠貴 海の星 望郷 雲の糸 みかんの花 ハインケル メッサーシュミット スピットファイア― ポルト・リガトの聖母 新国立美術館 やべきょうすけ 中村倫也 三田真央 光宗薫 本多力 佐々木心音 久松郁美 満島真之介 山本裕典 森田藻己 宮川香山 東京藝術大学 恵順 朝顔図屏風 富田靖子 高畑裕太 真剣佑 石井杏奈 寺尾聰 村上虹郎 片桐仁 松尾幸美 木村文乃 宅間伸 浅茅陽子 ルドヴィコ療法 時計じかけのオレンジ 福山翔大 小室哲哉 富士眞奈美 細うで繁盛記 仲代達矢 金田誠一郎 根本りつ子 京都市美術館 福岡市美術館 ダリ展 ルノワール 八木莉可子 黒島結菜 菊池風磨 小野塚勇人 林田悠作 赤間麻里子 小島梨里杏 滝沢沙織 ジュディ・オング 妹尾青洸 鈴之助 山田将之 エミール・ガレ 高月彩良 森永悠稀 十二ヵ月花鳥図貼付屏風 紅白梅図屏風 風神雷神図屏風 八ッ橋図屏風 MEGUMI ダ・ヴィンチ 銅鏡 拙宗等揚 ボッティチェリ 青木宗嵩 原菜乃華 大空真弓 橋田壽賀子 石井ふく子 大和書房 再販制度 Amazon 府中市美術館 泰明画廊 川栄李奈 松坂恵子 尾藤イサオ 小芝風花 蘭寿とむ 徳井義美 マルシア 黒木華 永山絢斗 水野美紀 倉光泰子 藤原さくら 加藤清史郎 シャーロット・ケイト・フォックス 橋爪功 寺田心 渡辺舞 松下由樹 山本耕史 松田芹香 東海道五十三次 保栄堂版 太田記念美術館 北斎 ムロツヨシ 由紀さおり 大友花恋 康すおん 青木木米 富岡鉄斎 田能村竹田 池大雅 与謝蕪村 浦上玉堂 発艦 着艦 T45 成宮寛貴 エングレーヴィング 柄澤齊 町田市立国際版画美術館 ビュラン メラン デューラー Leola 濱田龍臣 飯豊まりえ 藤田弓子 松井愛莉 目黒川 目黒区美術館 高野野十郎 大谷亮平 冨士三十六景 松下奈緒子 りりィ 岸田劉生 田村孝之介 北蓮造 安田靫彦 岡本太郎 中村研一 安井曾太郎 和田三造 佐伯祐三 竜星涼 今野浩喜 野波麻帆 舟橋蒔絵硯箱 夏秋草図屏風 風神雷神図 光琳 燕子花図屏風 ティーチャ 六十余州名所図会 千絵の海 原安二郎 富士三十六景 坂上忍 矢柴俊博 エマオの晩餐 カキツバタ 誰が袖図屏風 白石美帆 佐藤直紀 小西真奈美 暗花 釉裏紅 釉下彩 高浮彫 松尾スズキ 大人計画 皆川猿時 村上弘明 陣内孝則 池内淳子 エッケ・ホモ 東京西洋美術館 妻への家路 カストラート 陳道明 チェン・ダオミン 高良健吾 森川葵 伊藤歩 甲本雅裕 真飛聖 鎌田敏夫 野村周平 品川徹 蓮佛美沙子 和久井映見 福士誠治 クリス・ヘムズワース ダニエル・ブリュール 柄本佑 秋野暢子 世田谷美術館 江戸東京博物館 糸巻きの聖母 福山庸治 水差しを持つ女 レンブラント 天文学者 高田彪我 西村彦兵衛 象彦 山形勲 川崎敬三 バイラス 平岳大 平澤宏々路 中島裕翔 多岐川裕美 サンダーバード 木皿泉 薬師丸ひろ子 弓をひくヘラクレス 木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝 ブールデル 立川談志 中村勘九郎 宮川大輔 田邊哲人 生人形 安本亀八 野見宿禰 当麻蹴速 松本喜三郎 谷汲観音像 聖女 聖プラクセディス マグリット 植田正治 秋冬山水図 龍安寺方丈庭園 カンディンスキー 抽象画 抽象芸術 枯山水 小堀遠州 星野源 松岡茉優 江口のりこ 美保純 蛍雪次朗 加賀まりこ 上島竜兵 受胎告知 綾戸智恵 真野恵里菜 平井真美子 中條友彪 森口瑤子 ブルーレイ CD DVD 再販売価格維持制度 世界中心で、愛をさけぶ 本阿弥勝義 神奈川県立歴史博物館 小林清親 写楽 五姓田義松 歌麿 清水富美加 マルモッタン美術館 琳派 思い出のマーニー 1984年 オーウェル 明日、ママがいない 図書館戦争 華氏451度 日本伝統工芸展 ハウルの動く城 井上由美子 古沢良太 松崎町 伊豆の長八 入江長八 鏝絵 葵わかな 川平慈英 神田沙也加 城田優 西内まりや 内山理名 尾美としのり 投入堂 總持寺 藤原道長 冷泉家 西新井大師 三佛寺 蔵王権現 山田望叶 上川隆也 太賀 大原櫻子 馬場園梓 市川由衣 中島美嘉 稲森いずみ 小林涼子 窪塚俊介 山下リオ 蒔絵 沈金 貝桶 初音蒔絵調度 水上剣星 塚地武雄 平成狸合戦ぽんぽこ 国芳 半藤一利 昭和史 石川達三 クリスチャン・ベール 生きている兵隊 種田陽平 新渡戸稲造 武士道 大友加恋 円谷プロ 石田登星 相築あきこ 吉本美憂 田上唯 ディズニー ピノキオ 高畑勲 黒川智花 松下洸平 中条あやみ 警部マクロード 宮地雅子 中庸 すぐやる課 内館牧子 儒教 櫻井淳子 高杉真宙 桐原亮司 吉本美優 熊川哲也 早見ひかり 佐藤蛾次郎 大英博物館 相国寺 大瀑布図 松に孔雀図 大乗寺 氷図 鴨井玲 藤本飛龍 アンギアーリの戦い 開運!なんでも鑑定団 狂鬼人間 スペル星人 遊星より愛をこめて 高橋二三 丸山智己 浅利陽介 鈴木勝大 井原剛志 市川猿之助 高田純次 モーリス・ユトリロ 大野敏哉 石丸幹二 中原丈雄 石田えり 金すんら 中野裕太 池津祥子 水原希子 山西惇 近藤芳正 足立梨花 郷ひろみ 星月夜 三遠法 規矩の法 大はしあたけの夕立 紫吹淳 上野なつひ 橋本稜 鶴見信吾 床嶋佳子 山口馬木也 歌川椎子 藤井流星 山本浩司 天野ひろゆき 真島秀和 重森三玲 菊地成孔 東福寺本坊庭園 カメラオブスクラ ローズ ベット・ミドラー 落合モトキ 愛なんていらねぇよ、夏 MY 阿部サダオ WISH」 OF 「PIECE 水晶置物 鈴木長吉 小松彩夏 仁科亜希子 扇面散貼付屏風 イグアナの娘 SUMMER NUDE 神田紺屋町 戸田昌宏 山口智久 ダニエル・キイス 浮世絵 シューマッハ フェラーリ シェル ジュリエッタ・マシーナ 松尾諭 中村橋之助 佐野亜裕美 東出昌大 東山紀之 橋部敦子 零士 夜王 清野菜名 田山涼成 アリスの棘 檜図屏風 狩野永徳 Woman オレンジデイズ 大藪晴彦 大根仁 山口祥行 NHKアーカイブス 未来からの挑戦 紺野美沙子 吉俣良 清野とおる SAYUKI 椿かおり 岩本多代 野際陽子 東京都北区赤羽 尾上松也 根付 嶋田久作 野島伸司 ずっと一緒さ 中尾彬 島田久作 薄宏 狩野永祥 小林正寛 岡本信人 原田泰造 高橋真唯 村井良大 岩井堂聖子 戸次重幸 早見あかり 森カンナ 信長協奏曲 えなりかずき 松林図 雪松図 篠原ゆき子 賀来賢人 田口淳之介 堀部圭亮 BD つみきみほ 山中崇 鈴木杏樹 山本道子 波留 ベンガル 永島瑛子 織本順吉 原日出子 小林星蘭 千葉雄大 キッチンが走る 伊那 森下能幸 小関裕太 柴田理恵 安藤玉恵 不破万作 古田新太 大滝秀治 古谷一行 狩野常信 狩野探幽 狩野尚信 乾山 仁清 狩野重信 児童虐待 原爆の子 広島の少年少女のうったえ 荒谷清水 宇野祥平 古畑星夏 劉燁 小さな中国のお針子 リウ・イエ チェン・コン 周迅 ジュウ・シュン 陳坤 矢本悠馬 淵上泰史 高橋けい 牧進 横山大観 名樹散椿 速水御舟 ダンカン 石田法嗣 早乙女太一 麿赤兒 上野の森美術館 ボストン美術館 東京国立近代美術館 岡倉天心 下村観山 故郷の香り グオ・シャオドン サン・バオ 霍建起 莫言 モォ・イエン リー・ジア フォ・ジェンチイ 大林宣彦 転校生 団時朗 大谷亮介 中田喜子 筒井真理子 はろるど 鹿島 アントラーズ 大宮政志 東京オリンピック 中村鴈治郎 キングコング 西山潤 上原陸 研ナオコ 石井トミコ 田辺修斗 藤原薫 平愛梨 杉田成道 橋本愛 青柳翔 三谷幸喜 おやじの背中 内野聖陽 井上真樹夫 中村ゆりか 藤本隆弘 財前直見 六角精児 田中泰生 二階堂智 リサ・ローブ 秋山菜津子 岡山天音 徳井優 石橋蓮司 中国新聞 広島平和記念資料館 被爆再現人形 広島平和資料館 原爆の絵 平和データベース 渡瀬恒彦 オルセー美術館 広瀬すず なごり雪 イルカ 宮武美桜 柳沢慎吾 役所広司 天宮良 故宮博物院 NHKスペシャル 翠玉白菜 アンギラス 強き蟻 矢島健一 オラトーニ ブラザーサン シスタームーン 石塚英彦 明珍 アートシーン 自在置物 冨木宗好 冨木宗行 高瀬好山 白本彩奈 マコは生きた! 草村礼子 竹内力 山崎光 真夏の方程式 三浦理恵子 石田ニコル LiLiCo 遊井亮子 没後90年 永井大 松島図屏風 蔦の細道図屏風 中村梅雀 六平直政 ルコック・スポルティフ デサント本社 マイヨージョーヌ 日月烏鷺蒔絵額 村田コレクション 村田理如 清水三年坂美術館 白山松哉 あべまみ 動物農場 復活の日 ザ・スタンド 21世紀少年 蝿の王 波濤図屏風 今井雅之 刺繍絵画 自在 牙彫 薩摩焼 印籠 金工 榎木孝明 應擧 見頃 夏秋渓流図屏風 MOZU BORDER 決定的証拠 スモーキングガン イヴ・モンタン ジェームズ・ガーナ― ジョン・フランケンハイマー アイルトン・セナ 影絵 風の又三郎 オーヴェールの教会 船橋洋一 福島第一原発 原発敗戦 検閲 伏字 閉ざされた言語空間 江藤淳 キャンディス・バーゲン ソルジャー・ブルー ピーター・ストラウス 大虐殺 神田隆 スティーヴ・マックイーン 栄光のル・マン 加賀まり子 田宮二郎 太地喜和子 狙撃 国本圭一 ドゴラ イリス レギオン 艦載機 大木隆行 有川浩 大後寿々花 渡邉このみ 三上博史 チェン・カイコ― 呉天明 陳凱歌 奥村和一 山西省残留日本兵 橘らい四郎 蟻の兵隊 山西省日本軍残留問題 ゆきゆきて神軍 原一男 奥崎謙三 今村昌平 新版画 デビット伊藤 第七の封印 マックス・フォン・シドー イングマール・ベルイマン ジェラール・コルビオ ステファノ・ディオニジ 仮面の中のアリア ホセ・ファン・ダム 迎賓館 七宝花鳥図三十額 ミレイ オフィーリア ラファエル前派 オランダの光 白の愛 葡萄ノ蔓ニ蜂ノ巣花瓶 優希美青 渡良瀬遊水池 足尾鉱毒事件 足尾銅山 谷中村 田中正造 栃木 棄民 慈恵病院 渡蟹水盤 眞葛博物館 武満徹 小林正樹 切腹 お天気お姉さん ガッパ シュールレアリズム ギララ 三船史郎 

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR